【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2006/06/01
Posted by: kaoruko
これは、『KAORUKOブランドコース』のレッスン模様です。
三越本店のカルチャーサロンは、おかげさまで、KAORUKOの直接指導のコースが、3コースあります。
(他のレッスン模様はこのブログのレッスンカテゴリーをクリックしてください。及び、KAORUKO公式ホームページ参照詳しく内容載っています)

このコースはKAORUKOのブランド商品のお花のアクセサリーや、ビジュー、プリザーブドフラワーを使ってレッスンします。趣味からはじめる楽しいレッスンでしたが、次第に皆さんプロ顔負けとなりつつあります。楽しみです。

今日のレクチャーを真剣に聞いてます。


手取り足取り。。。みなさん憩いのレッスンということで楽しんでいらっしゃいます。
私が花のガーランドを組んでます
ほら!素敵でしょ?自画自賛しながら皆さんも作ってね
「いかがですか?」「簡単そうで意外と難しいですね」
ピュアなまなざしでブーケに向き合う姿は皆さんかっこいいです
 一人でわくわくと不安な気持ちで、習いだしたけど、いつしか仲良しこよしにも。可愛く組み立ててます
ハイポーズ!!
皆さんの完成です。それぞれのパラソルブーケが咲きました。梅雨時も心が楽しくなりそう。プリザーブドと、KAORUKOセレクトキラキラグリンだから素敵!
KAORUKO流パラソルブーケは、チュールレースで、傘を作るところからはじめます。
ぽわーんとした可愛さ。
お徳なカルチャーレッスンです。

私はこれで食べてるわけじゃないから採算考えずに可愛い素材をふんだんに使うんです。皆さんに喜んでもらえて、私も楽しいひと時が過ごせればと思って直接指導を楽しみにしてるんです。
「花を教えだした時の初心の気持ちに戻れるし、皆さんの感激の笑顔に接し、自分が習いだした時の原点を思い出させてくれる。だから大切なひと時なんです。私にとっても。」
〜以前あるテレビの収録時に「KAORUKOさんは世界の舞台で活躍したり、芸能人を手掛けたり、日本全国からのプロを指導しているのに、なんでこの初心者の方の趣味のレッスンを直接指導にお忙しい中始めたんですか?」〜とのインタビューに私が答えたセリフです。

Posted by: kaoruko
マナーハウス(中世の貴族の館をホテルにしたもの)に滞在。
数日は、こんなところでゆっくり。他はロンドン市内の最も便の良いホテルに滞在して、仕事の時は、ロンドン中を駆け回っていましたが、たまには全てから遮断されてのんびりします。
歴史を感じさせる蔦の絡まる建物は、イギリスらしいですね。

この近くに息子が留学しています。パリコレの時や、ロンドンでの仕事の時は、それを利用して、たまに顔をミニ行きます。
 
イギリスのガーデニングは本当に美しいですね。入り口もさりげなくでも素敵愛しのデルフィニウもブルーが映えてどんよりのイメージのイギリスも6月は、美しい青空も見え、光も眩しくロンドンキングスクロス駅「9と4分の3番線から11時発」〜「バカバカシイ9と4分の3番線なんてあるわけない」/ハリーポッターと賢者の石・静山社より。。。
本当にある日突然できていたこの9と4分の3ホーム。ここからホグワーツの魔法の国にKAORUKOも出発です。
。。こんなのを本当に物語に便乗して作ってしまうのはさすがジョークの国イギリスです。

優しい午後の光が入り込む窓辺に見とれて。紅茶の香りが漂います。
 



» Read More

Category: General
Posted by: kaoruko
本日は、ビジネス会食でした。
ほとんど昼か夜は、こんなのが、多いから、なかなか進まないのです。何って・・・ダイエットが。
このブログで宣言して以来、あう人会う人「ダイエットは順調ですか?」とか、「KAORUKO先生は、そのままがかわいいですぅ」とか、「マスコットみたいだからやせないほうが」とか皆さん気を使ってくださって(汗)。。。

今日は、メンバー制の麻布のアメリカンクラブでした。ここは、一歩入るとアメリカだから、お食事もアメリカサイズ。ここでは、有名な評判の良いというローストビーフが、ひる時なのに6オンスからでして、もちろん全部頂きました。しかも、そこにいたるまでに、濃厚な、蟹のポタージュも頂き、カリフォルニアワインで、乾杯だったり。
デザートはニューヨークスタイルのこってりチーズケーキ。
某一流ホテルの社長、会長との5人での、プライベートに近い会食でしたから、楽しい会話と、美味しいお食事がはずみ。(まぁ今日は仕方ないと自分に言い聞かせ)
その後は、次のビジネスティータイムで日本橋。「KAORUKO先生クリームあんみつお好きでしたよね」という流れで。
場所が和風茶屋に設定されていて。。「ハイ黒蜜もかけてください」なんて、反射して答えていた私。

そして、夕方は、先日ロンドン行っている間に振り替えていただいた三越本店のお教室のKAORUKOブランドレッスンで、この生徒さんは、KAORUKOブログデビュー後初めてお会いするから、やはり開口一番に冒頭のセリフから始まり、お約束の流れ、(フォロー・・やせなくてもいいという)になるのでした。
*このレッスンの模様はまた後日写真お楽しみに!
Posted by: kaoruko
このごろ会う人会う人、「ブログ毎日見てます!」とお声をかけていただくようになりました。ありがとう。皆さん。
また、面白いとか、盛りだくさんとか、花が素敵とか、写真付きが楽しいとか、言われて、また張りきっちゃいます!
ついつい素のKAORUKOになっています。

でも、昨今の誘拐事件。あのセレブ女医・女子大生事件ですが、あれ以来「KAORUKOさんも気をつけて」ともいわれたり。あの方は、私が去年ソロモンに出た直後に出演なさっていた方です。そういえば、料理研究家の藤野真紀子さんもKAORUKOの翌週だかの出演で、その数週間後には、刺客として、政治の世界へいかれ、その時もKAORUKOさんも刺客声かかったんですか?などと会う人会う人に聞かれたり・・・
でも大丈夫。私は、幸か不幸かそれほどまでに、なってないから。。。。でもあまりブログで、今日はどこそこ、明日はどこそこって言うのは、少しオブラートにしないとね。ついつい、サービス精神おうせいな私としては、声援を浴びると、素になりすぎまして。。
普段の本業の仕事は、張り詰めたる緊張感の連続だったり、クスリともニコッともできないくらいの集中した時がもの凄い速度で、流れたり、孤独との戦い、自分との戦い、の毎日ですから、このホットした時間についはまりだしてしまいました。!!


イギリス  ロンドン郊外  June 2006



ブローディア・ブローディア
いたいけなブローディア
おすましのブローディア
野に咲くブローディアを初めてみた
風にフルフルとふるふると ゆれていた
優しくきらきらと光を抱えて
KAORUKO



ここのところ、なぜか、あるいは意図的にブルーの花が多い。
このコーナーの写真アンドKAORUKOポエム。
背景に融合するかのように選んでしまう。
または、今の気分が紫からブルーのオーラなのかも。
今回のイギリスの旅では、たくさんの花を写してきた。
これは、ロンドンキングスクロス駅から、列車で、40分ほどの郊外とある町の野原にて。
切花でしか知らなかったブローディアが土に生えていて、なんだか可愛いのにたくましかった。




ある表紙の撮影です。
去年放送された、テレビ東京の「ソロモン」で、KAORUKOの1時間特集の際もこの撮影現場にも密着が入りました。
なぜって、それはそれは、こだわりにこだわった撮影です。一流の審美眼の選りすぐりチームによる、作品撮りなのですから。
芸術作品として、みなさま楽しみにして下さっているとのことです。

     がんばらなっくっちゃ!!


本日は、9月号の撮影。まだこれから夏が来るというのに気分はもう先月から秋です。この撮影のデザイン画を2ヶ月前に提出。このページの一番下の写真見てね。
グラマラスシックな秋です。(去年は、秋枯れでしたから、今年は、ちょっとオシャレに女っぽく。
私の出したコンセプトにあわせて、今日スタジオは、このように、紫、モーブに、セット。じゃーん!バンダ蘭。これは2003年のパリコレの際パリに滞在した時、パリでたくさん出逢って、感動の一品。でも、日本ではまだ当たり前にないから、KAORUKOが流行らせてます。そうあじさいのようにね。(ブログさかのぼって・・KAORUKOがはやらせたあじさい)この美しいこっくり色のバラは、リークとロワイヤル。さあ。いよいよ真剣です。一本一本心を入れます。花の植生を良くみて、花と語り合います。「あなたはここね」って。私のリクエストのぶどういろいろをたくさん集めてくださいました。スタイリストさん(左)ありがとう。表紙のレイアウトのデザイナー審美眼の鋭さで(右)真剣にチェック吟味して。この中から舞台に上がれるのはほんの数房。たった一つの作品撮りのために今日一日を費やして。これは、作品を引き立てるための背景のこだわり。あるときは、このこだわりで、例えばしわ1本をどう生かすか殺すかで、3時間くらいかけたり。ドアップで。生の巨峰と作り物のぶどうと区別つきますか?カラー水を調合。ガラス瓶に入れて、透明だけど調和させるために使うアイディアです。これもパリに行くと市場で買い付けます。KAORUKOがいったいどれだけ買って使った事か?これも2003年のパリコレ以来日本で流行らせようとして。緊張が、高まります。  産み落としたばかりの作品。左側が、表1(表紙表)右側の小さいのがが表4(裏)グラマラスシックな秋?化粧品のCMみたいかも。やはり、こだわりの審美眼カメラマンと、スタイリストさん
 撮影チームの皆さん
 生まれたての可愛い作品たちよこの全作品はちかじかKAORUKOホームページで、ギャラリーをオープンしますからお楽しみに!!そのデザイン画たち。大体撮影2ヶ月前にデザインして、提出。この作品を再現するためにこの皆様たちが、会議を重ねます。まだ今日いらっしゃらなかったスタッフさんたちもたくさんいます。

たった一つにかける真剣勝負。
でも、これだけじゃなくて、他の仕事だって毎日がこんな風にみなさんも私も、こだわりの、妥協を許さない仕事をしています。・・・わかりあえる視線って、凄く大切。まぁいっかって言う辞書がない人どうしの仕事は。
  パリコレはじめ、桂由美先生のショーも、コンマ1ミリや1度調整しましょう。といった具合に本番OKまでには、やりなおしやりなおしを経て、やっとトータルな美しさが出る。アーティスト、クリエーターとしての醍醐味は、こういう、仕事をできるということですね。

本日の作品のデザイン画。。。アー今日もまた、いい仕事ができました。お疲れ様!


アール・ドゥ・ヴィーヴル花story vol5
イギリス  ロンドン郊外    June2006

あなたたちだったのね
こんなとこでそよいでいたのは
芳香を風にのせて
誘われるままに足をはこんでみたら
こんなかたすみに
ラベンダーがいた
今日一日を幸せ気分にしてくれる
ありがとう  ラベンダーたち
KAORUKO


今回のイギリスは、ロンドン郊外のマナーハウス(中世の貴族の館)にも滞在をしました。
館の裏の駐車場の片隅にほんの少しだけ
ラベンダーが咲いていました。
デビューしたてのデジカメで、思わず写しました。
広大な高原のように写っているでしょ?
カメラアングルもクリエーター度が出るものだと
私はカメラにもなんだかはまりそう
イギリス ロンドン郊外 June2006

可憐。かれん。カレン。Karen。か・れ・ん。
そのWordしか思い浮かばない
愛しいあなたたちよ
ひらひら・ふわふわ・そよそよ
風に舞う  風に溶ける
いつまでも 見つめていたいの
KAORUKO



これも今回の旅での一枚。我ながら素晴らしい写真のでき。
ただ押すだけのデジカメなんだけど、KAORUKOの魂が入り込んだって感じしませんか?
先日のラベンダーと言い。
ほんの小さな一角に咲いていたこの子たちを寝そべって撮ってみたら、広大な高原にそよぐ花のようです。
寝そべってまで撮った甲斐がありました。

だれかこのかわいい花の名前を知っていたら教えてください。初めて出会った花でした。
Posted by: kaoruko
横浜経済界の方々から、「KAORUKO先生に是非ご紹介したい方がいる」とお誘いをうけて、本日お目にかかりました。
やはり、時の人。オーラで輝いていましたよ。

横浜の自民党神奈川1区の松本純衆議院議員の勉強会の集まりが、私の仕事先の横浜ロイヤルパークホテル(ランドマークタワー)でありまして、そこに、麻生大臣が講演にいらしたというわけです。
1500人ほど集まったそうです。

私と契約を結んだこのホテルのハマフローリストの母体である、吉田一族はかつて横浜を開拓した、まぁ横浜を作った一族で、教科書でも習う名士ですが、この一族が懇意にされていて、この席に同席しました。
「KAORUKO先生は日本人初パリコレも手掛けたり、テレビも出たり、日本一で活躍のフラワーデザイナーで云々〜」と、くすぐったくなるようなご紹介をされまして。。。

また、KAORUKOの茶道の兄弟弟子(私が姉弟子)というご縁から、今KAORUKO応援団の方々の一人に名を連ねている、日本にケンタッキーフライドチキンを1号店から始めて、20年近く社長をされ、日本の外食産業に寄与したと言う事で、藍綬褒章を授与された尊敬する大河原会長(・・・勇退後は 現 三菱商事特別顧問他、奥様は日本にピザを伝えたこれまた素晴らしい素敵な方)
とも大臣は親しくされていることから、講演前の控え室では、そんなお話をしたり。。。。

とても笑顔の素敵な目が優しく輝いていらっしゃる方でした。

私は、政治は誰を指示するとか、正直申しまして、ないのです。
今の日本社会に、問題意識はたくさんありますが、
今は、自分の本業で精一杯だから。。

というわけで、本日は、ポスト小泉と目される御一人の控え室にホテルのフラワーデザイナーのKAORUKO先生です。ってな具合に、紹介されるままに、お邪魔したというミーハーなお話の範囲でした。(県議会議員や、市会議長さんたちばかり入れ替わり立ち代りいらっしゃる中で、なぜか。。。)

勉強会は、出ずにかえらせていただいたの。控え室でのお話だけで・・・あんまりかしら。
KAORUKO










Posted by: kaoruko
三越本店カルチャーでの、揺れるブーケコースです。毎月だい4金曜日の6時半から9時近く迄、熱気溢れるレッスンです。

KAORUKO考案の技法を手取り足取り伝授いたしてます。

「おできになりましたか?」「あら、上手にできましたね!」「うれしいですぅ」私の技を皆さんどんどん吸収してくださいね。真剣なまなざし。プロさながらで、皆さんブーケを組んでいます。
「先生私プロの気分になってきました」「ほんとほんと、頑張って!」KAORUKOの揺れるブーケは、どこから見ても美しいKAORUKOの揺れるブーケは、ドレス越しにブーケが透けて見える立体感3Dです。そぎ落とした洗練の透明感最後に飾りのクルクルを入れて。。。。皆さんで記念写真。まだ3回目とは思えない上達ぶり!!これが初級の揺れるブーケ。都内以外からも千葉や茨城、埼玉からの生徒さんたちです。

今の時代はスピード化時代。コツコツ年月をかけてということも大切ですが、私は、全てを出し惜しまず伝授していく主義です。成熟の段階はあるにしても。後は、1回作っても忘れてしまったり、変な自己流になってしまったりしますから、何事も精進精進ですね。


Category: General
Posted by: kaoruko
いよいよ始めます。!デモ、宣言して、早20年。。。
今回は続くのか?

『思えば叶う』『KAORUKOの凄い求心力』『イメージは現実化する』・・・・とKAORUKOといえばこれがおはこなのに、ダイエットだけは、だめなんです。
多分本気にならないんですよね。心のそこのどこかが。
もう何回も宣言しても、いつもいつも「先生、ハーゲンダッツ買って来ましょうか?」と、平気で、スタッフは、買い物のついでに私に問いかける。「・・・う、うん。そうねじゃ、いつもの」「ハイ」って言う具合に、ことは通常どうり運ぶのを、スタッフもお手伝いさんもわかっているから。。。「夜食のおにぎり作っときましたから」なんてことまで、平然と。

キット続かないと知っているから。

今回のチャレンジは、8月31日のKAORUKOフラワートークショーに向けて素敵なドレスを今回も新調するためです。
「素敵なイタリー制の生地が入りましたよ!KAORUKO先生にぴったり」と、今日桂由美ブライダルハウスの中村さんが見せてくださったの。桂先生について数十年の優しい大好きな方です。
いつも私のオートクチュールを手掛けて下さっていて、私の体型を知り尽くしているから、おまかせしてれば安心。(

というわけで、。。でも。。採寸は、ぎりぎり1ヶ月後にしていただくことに。
7月31日頃に採寸して、8月31日までに仮縫いを経て急ピッチで作ってくださいます。ありがとう!

8月31日 新生KAORUKOお楽しみに!

さて、このブログに宣言してしまったから、今度は頑張んなきゃ。   KAORUKO
Posted by: kaoruko
本日は、三越本店のカルチャーサロンのKAORUKOレッスン日。

世界のフラワーデザインフレッシュフラワーコースです。
30人の生徒さんを一揆にご指導の日。といっても、手抜きはしません。
一工程の度に端から端まで、一人ずつ手を加えます。私もものすごい集中力で一人一人の作品に向き合うので、30人を何往復しても、「さっきはこうだったけどここを直したからほらよくなったわね」などと、伝えると、全部覚えているんですか?ト皆さん驚愕されます。

そういうわけで、終わる頃には汗だくですが、この日のためにOLの皆さんが仕事を切り上げたりして、駆けつけてくださり、とても楽しみにしているとのことですから、私としても、昨日ロンドンから駆けつけるくらい(笑)気合を入れております。

いつも元気をもらった!とか、楽しい、癒されると、みんなキラキラしてお帰りになる姿に接し、なんだか、花をとうして、何を学ぶのか?・・・・そう、「心」を私はお伝えすればいいんだと、思いながら。。。今日も楽しく。

プロコースとは違って、趣味からはじめるコースだから私も優しくご指導いたします。
でも、いつも基本〜応用まで一回で2度美味しいレッスンにしています。
楽しい、素敵、+技術もしっかりレベルアップを目指して!!

さあ、レッスンの開始です!まずは私のレクチャーを目の前で見るためにみんな集まって三越日本橋本店カルチャーサロンは新館9階にある素敵な空間。生徒さんは、どんどん増えて、満員御礼。キャンセル待ちの半年待ちです。ありがとう。私も頑張るからねっ。突然ですが!!!この写真不思議ではないですか?『先生のオーラでしょうか?』と夜遅くまで本日のこのブログの為に写真を取り込む作業をしてくれていた秘書の上村が言いました。本当、後光がさしているのかしら?ひょっとして私って観音様??なんて私たちって幸せなやつって言われそう。デモなんでしょう?マイクで、こうして授業です。真剣なまなざしの皆さん。この用に一人一人回ります。。。作品て、その人らしさが出るんです。同じ花使っても。だから面白い。今日の作品たち。テーマは<パリのあじさいを使ってマスアレンジ>
・・・KAORUKOのマイブームのあじさい(詳しくはこのブログをさかのぼってね)を使って。
 *あじさいホワイト、グリーン、*芍薬(しゃくやく)ホワイト*スモークツリー*KAORUKOブランドリボン

マス(かたまり)で、もっこり丸く、パリっぽく入れた後は、応用編として、マス+ラインとして、流れも挑戦。

あじさいは、1本数千円もするし、あじさいもスモークツリーもオシャレな花は普通にどこでも取り扱っていないので、このレッスンはいつもこんな風に、めずらしい花や、センス溢れる花たちをふんだんに使うンです。

皆さんの喜ぶお顔に私もうれしく、ロンドンから戻ってきた甲斐がありました!
明日はまた残してきた仕事を続けるためにパリへ旅発ちマス。!!

・・・・んなわけないか。お疲れ様!!
KAORUKO



Category: General
Posted by: kaoruko
さっき成田に着き、自宅へ。

予定を変更して、今回は、短い旅となりました。
明日は三越本店のカルチャーさんの生徒30人の日。皆会社帰りにKAORUKOレッスンを楽しみにしてくれているから、休むわけにはいきません。

今回は、ロンドンのみ。
また報告は、順次いたしますです。

今日は、帰国後、早速この間の出来事を各セクションごとが報告に。
会議会議。ふmmふmm。ふmmふmm。。
といった感じでした。その後、機内までやっていた執筆の仕上げ。明日、12時に編集者がとりにいらっしゃるというから。。。

さっき終わったからこれを書いてますが、さすがに、もう寝ます。明日もだって、8時から絶え間なくアポがはいっているのです。

ロンドンは終日晴れ。花々が咲きほこり、とても美しい毎日でした。(着いた日は、イングランド戦のまっ只中で、町中WooWooWoowoooooと盛り上がっていましたよ。)詳しくはまたね。

写真とってきましたので、明日からお楽しみに!!
KAORUKO


Posted by: kaoruko
ロンドン、パリに行ってきます。!ホテルのパソコンなどから、もし、余裕があったら、書き込みしますね。一応のぞきににきてくださいね。!
出発前の私、玄関アプローチにて。
         昨日おこった不思議な話

かねてより、「魔法使いみたい!」ト言われることが多いのです。私の著書を読んでくださった方はお分かりでしょうが、思った事、念じたことが現実になります。イメージで、描いたことが、目の前に現れる速度が、このごろますます加速していて、KAORUKOさんの求心力は、凄いと私の近くにいると、皆さん驚きます。

昨日のことです。
おそらく講演をして、パワーやオーラを出しながら、頑張るのですが、その流れで帰宅した時のことです。。。。こういうときは、いつもよりパワー炸裂という感じです。空気が動くようなかんじだと、皆が言います。

昨日のセミナーの帰りに、KAORUKOブランドのライセンシーの会社の人たちと、次回の新作の宝石デザインについて会議に。
KAORUKOブランドのいつもつけている、3連の桜のモチーフのピアスが、もう3ヶ月もなくて、なくしたんだとあきらめ、この人たちになくしたとも言えずに(KAORUKOが広告塔として、このピアスをつけるのが、いわばライセンシーとのお約束。)真剣に初めて真剣に、「出てきますように!!」とあせって心にイメージして、目の前にあるかのごとくイメージしました。

そしてもうひとつ。
ある開発中の素敵なもの(まだ内緒ね)を実は今特許申請しまして、コレが申請できたかどうかで、特許申請中と商品に印刷できるのですが、どうなったか?ということを尋ねられ、うーむ、確認しなきゃ、と思い、自宅へ。
ナント!私のいつも原稿を書く机に行ったらそのピアスがあるではありませんか!?そして、私がつくやいなや、ファクスから、ダダダーッと、特許申請書類が届いたのです。!
答えがまたやってきたんです。
ピアスにについては、実は、書斎を今日掃除していたお手伝いさんが棚の上から、ザザーッと、いろいろ落ちてきて、そこに、もう使っていないカチューシャと一緒になって袋に入れてあったというのです。それで、机に置いといてくれたというわけです。
絶妙なタイミングで、現れたピアス。更に、3日前から探していた保健証も一緒に落ちてきたって!
凄い凄い!!今日は3つも引き寄せたわ!!とルンルンしていたけど、コレって単にちゃんと整理してればよかっただけか?と冷静にシラッとも一瞬なったり。(汗)

こんなことが、よくおきます。
あの人、元気かな?と思うと、電話がなってその人だったり、何年も会っていない人を思い浮かべて、歩いていたら、あうはずもない街角で、1秒ずれていたらあえない出逢いをしたり、あれ食べたいわね。と話していると、ぴんぽーんと届いたり、これらの出来事はいわば入門編。こういうことが日常茶飯事におきだしたら、意識をしていくと、あら不思議、!!どんどんイメージしたことが現実になってきますよ。
それでは又、!!行ってきマース。
KAORUKO

06/13: (社)日本ホテル協会セミナー講師の日

社団法人日本ホテル協会の幹部育成セミナーの講演の日。全国の日本をリードするホテルの方たちが会員の明治42年設立された協会です。会場は京王プラザホテル42階。


ありがたい事に105名の定員オーバーとの事。がんばらなくっちぁ!テーマは「集客・成約率・客単価の向上を促進させるセールス・マインド」などというテーマでした。・・KAORUKOが一生懸命やってきたことをお伝えすればいいのだと、臨みました。皆様真剣なまなざしで聞いてくださいました。ありがとう  後方スクリーンは、極上セレブウエディングの密着シーン(同じものがKAORUKO公式ホームページに。クリックしてね。)  私も一生懸命でした。右にあるのは、KAORUKO発明デザインの宝石のブーケの引きずるブーケ。ドレスのようにブーケもトレーンを長ーく引いたらどんなに素敵でしょう!と考えました。昨日のヴァンサンカンの撮影もコレです。こんなの見たことなーい!!が今の時代のキーワードと考える私。  1時間10分の締めはKAORUKOの発明ゆれるブーケのデモを。巡業のように地方のホテルなどのブライダルショーでもいつもやらせていただいているので、作る早さに磨きがかかって記録更新中。(笑い)今日は、5分もかからなかったみたい。手から鳩を出すようだとよく言われます。  講演も無事終了して、控え室でホッ。。  コレはKAORUKOオリジナルの宝石のトレーリングブーケ(この名前も命名した、・・)記念に新居に飾っておけるのもコンセプト

  こんなに長くて素敵なこのブーケは女優オーラのお手伝いにお役立ち・・・後方は、窓の景色、さすが42階。ニューヨークのような景色です。京王プラザホテルは老舗の歴史に更にリニューアル効果で、洗練が加わりました。  本日活躍のブーケたち。お疲れ様!  

KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花story  vol4

わざわざ行くレストラン   シェ松尾松涛にて 2003

ミシュランの三ツ星レストランはパリから8時間もかかるこだわりの一軒家も多く、わざわざ行くレストランも多いらしい。   1度聞いただけではたどり着けない、渋谷とは思えぬ閑静な住宅街松涛にある、わざわざ行くレストラン、シェ松尾。オーナのこだわりで見つけたというツタの絡まる旧家屋。歴史を刻んだこのレストランは数々のお忍びの来客をもてなしてきた。
このレストランにあった花を、という雑誌の依頼から訪れた私が迷うことなく選んだ花たち。ブラックティー、ロワイヤル、ショコラ、チナス、、、秋の優しい光に美しく溶けたボルドー色の花たち。溢れるようにこぼれるようにアレンジしてみた。
KAORUKO

セレブの愛読書ヴァンサンカンのウエディング誌の撮影です。
横浜ランドマークタワーの超高層階に位置する横浜ロイヤルパークホテル66階、知る人ぞ知る300屬猟狭覯撻蹈ぅ筌襯好Εートルームです。天皇陛下や、世界のVIPがお泊りになるこの部屋。私はここが大好きで、これぞという作品撮りに、使わせていただいていました。それが、このホテルで、KAORUKOのウエディングの花ができるようになったから不思議なご縁を感じます。

ドアを開けるとリチャードギアが紅いバラを背中に隠して、私へ差し出してくれた。。。。こんな感じなんですこの部屋は。まさに映画プリティーウーマンの世界。

優しい光が入り込む部屋のガラスのテーブルに合う花たち。ベージュや、ホワイトのバラにあじさいやスモークツリーをあわせて。エレガントだけど透明感を意識して。コレがリビングの全景スゴーク広いでしょ?  ナフキンにはKAORUKOブランドのリボンをあしらって。KAORUKOブランドウエディングの証。  本番前に最終チェック。このシャンデリアも素敵  KAORUKOのショットも撮るということで。・・私の背中の丸い木のむこうには、キングスダブルベットルームや、大理石のお風呂、ガラス張りのトイレroomかなり広いパウダールームへ続ク大きな廊下が広がる    お疲れ様・・左から横浜ロイヤルパークホテル広報笑顔の素敵なの釜本さん、私、知的で優しいヴァンサンカンウエディングの博多さん、横浜の名士ハマフローリストの吉田社長、信望厚い素敵な横浜ロイヤルパークホテルの笹井営業部長、カメラマンさん素敵にとってくれてありがとう、ほんわか明るいスマイルアンドアソシエイツの菊岡さん  このショットは、さっきのガラスのテーブルを背にして。まだこーんなに広い。この花は、KAORUKOブランドで売っているRUCOパールというジャラジャラパールと、ダイアモンド形のクリスタルを使って。女心をくすぐるデザインもKAORUKO流  次の撮影のブーケを作っています。出来上がったブーケを手にくつろぐ私。ネッ素敵でしょ。反対側からガラステーブルを臨む。    さっきの説明の広い廊下です。廊下側からリビングを見てみるとこんなかんじ。生まれたてのブーケも一緒に モデルちゃんの撮影。「ブーケはこう持つのよ、わーきれいね」  コレは初公開KAORUKO直筆デザイン画。KAORUKO流のスタイリングで。   デザイン画どうりに仕上げてくださったのは、ヘアーメイクは、トニータナカ先生のチーム。さすがセレブの御用達チーム。ドレスは、やっぱりYUMIKATSURA..ヘアーにつけたのは、ローズメリア。こんな風にとても大きくポンとつけるのを去年からいろいろな雑誌の取材のたびに掲載し、流行がうまれたの。今日は、ジュリア、ケリー、ブルゴーニュ、というバラたちで。手のブーケは、これぞ!KAORUKO流。コレも去年流行をうみだしたといわれる、パールをトレーンのように長く引きずり、ゆれるブーケにしたKAORUKO命名トレーリングブーケ。KAORUKOだけのオリジナル。KAORUKO関連で、手に
入ります。   無事撮影が終わり編集部の博多さんとハイ!チーズ!絵になってるわね。後ろのモデルちゃんが。    うーん残念。暗い・・・いつも黒子で頑張ってくれているKAORUKOスタッフで、せっかく撮ったのに ・・・  人物撮りの巨匠カメラマンと。ポラで、見たら最高に美しい写真になっていて、感激!  突然ですがさっきの部屋の窓からは横浜が360度一望できるの。私の作品も見てみて。   ほっと一息お茶してます。かわいいブーケを子供の用に大切にそばに寝かせて。 
7月14日発売の25ans ウエディングをこうご期待!!
また、8月31日のKAORUKOフラワーショーに25ansウエディングを見てショーにいらしてくださった方に抽選で、一組さまにこのロイヤルパークホテルの宿泊券をプレゼントいたしまする。
(この部屋じゃないけど ) 是非来てね!!!!!KAORUKO 


                                   
KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花Story vol3


麗しの紫スウィートピー/2006東京グランドコレクション                                         


春の到来を告げるスウィートピー。
和名は麝香草。(じゃこうそう)
名のごとく魅惑的な香りだ。
時に妖しい香りは、花束に顔をうずめて、思い切り深呼吸したくなる・・・そんな香り。
こんな紫色はめずらしいけど、今年一番に恋した相手。
KAORUKO

Posted by: kaoruko
とても遠くてとても大変な場所にあるのに、わざわざ行きたくなる場所がある。

ロンドンも、観光客がかならすガイドブック片手にいく中心地のストリートにある、軒並ぶショップを卒業したら、地下鉄を乗り継いだ、例えばコベントガーデンの幾筋ものいりこんだ小道にある、こだわりのセレクトショップなどへ、わざわざ行きたくなるものだ。
このごろ私は、そういうところで、きらっと光る何かを買ったりするのが楽しみだ。来週からのロンドン、パリへの、仕事と私事への旅が目前のせいか、こんなことを考えたり。。。

話は飛ぶが、今日は自宅サロンレッスン日。
生徒さんはわざわざ遠くからここに来てくれる。KAORUKOがまだ旗揚げしたばかりの頃は、都内の一等地、オシャレで交通の便も良い場所として、代官山や恵比寿、青山などにマンションをかりたりして、お教室にしていた。月日を経た今、都内からも関東全域からも、北海道も沖縄も東北も四国も、皆さん、ここ横浜自宅サロンに来てくれるのだ。横浜駅からもたくさん乗り継いで、小高い丘にある、KAORUKOサロンへ。いったい何回のりついで、どれだけの時間を費やしてここまでたどりつくのだろう。羽田からだってたいへんだ。

デモ、わくわくする、ドキドキする、癒される、元気になる、月曜日から頑張れる、運もあがる、、、、と、みなさん口々に言い、はつらつとして帰っていく。
花をとうして、何を学びにきているのだろう。
でもうれしい事だ。わざわざ来たくなる場所として、KAORUKOハウスがあることが。
KAORUKO

Category: General
Posted by: kaoruko
  数日前に作曲家の渡辺俊幸先生のお話を書きました。

先生のブログにKAORUKOが登場してますのでご覧下さい。http://www.toshiyuki-watanabe.com

さだまさしさんのCDを音楽プロデューサーとして、担当されていて、そのさだまさしさんの話題と、8月公開の『UDON』讃岐うどんの話らしい・・・の音楽担当されていて、その映画の本広克行監督の話に挟まれた形で、KAORUKOが登場しています。ブログの輪がこうやって広がっています。われながら良いタイトルでしょ?今日のタイトル。言い当て妙。
これらの『わ』の漢字はどれも、ブログにあてはまりますね。

そもそも、ブログをはじめまス。と宣言してはや、2年凍結していました。・・・というのも、戸惑いでした。KAORUKOは神秘のヴェールをかけた方が。。。と。作品で勝負ということで。

でも、このごろ、KAORUKOがテレビにでたり、執筆をしたり(スピリチュアル系や道徳系や、私の半生や)と同時に、KAORUKOに癒されたとか、花の作品もだけどKAORUKOのライフスタイルや、生き方に興味を持ってくださる女性が増えました。 
また、ブライダルフラワーのKAORUKOがリビングの花も提案し、パリで出会ったアール・ドゥ・ヴィーヴルの提唱を日本に伝える役目として、だったら、KAORUKOの毎日を、こんな事やって考えて生きてますみたいな事をお伝えしていくべきかしら?と。

自分が始めたら以外と、アーティスト仲間もされていて、面白いですね。表現する生業の立場として、ブログも一種の作品になってしまうようで、手が抜けずに、没頭してしてしまったりして。
「KAORUKO先生いつ寝てるんですか?」と何年も尋ねられますが、ますますねれないわ。・・でも意外とブログ書き込みを逆算して、夜の仕事をセーブしたり・本末転倒ですね。(汗)
KAORUKO



玄関前青空アトリエにて。(笑)わー素敵なあじさい!ヨーロッパから届いたばかりなの。くすんだ微妙な色合いに大感激!。。。一年で、数千本は注文する(グリン、ホワイト、ボルドー、秋枯れ、紫、ブルー、etc...).
   今日の午後からは、特別レッスン日。秋田から、短期集中で、生徒さんがきてるので、土曜日もやることに。   そこへ飛び入りで入れたラッキーな千葉の生徒さんサロンでのレッスン風景。癒しの音楽を聴きながら・・もちろん渡辺俊幸先生のvoice of Heaven〜  作品を手に幸せそう。左は、まだ、入会2回目の初級のゆれるブーケの恵さん。右は、秋田のKAORUKOをめざす天使ライセンスのもりえさん。いずれも生花。泊り込みで、がんばって(ホテルに)美しいゆれるブーケが上達上達!  恥ずかしいからと。でもブーケはきれいね。  もーりんさんのプリザーブドの揺れるブーケのレッスン中。この手つきがKAORUKO流。。手取り足取り伝授します。ゆれるブーケは・花嫁の歩みに合わせてドレスやベールと一緒にゆれる・ドレスがブーケ越しに透けて見える透明感、そぎ落とした洗練・どこからの視線にも美しい立体感  KAORUKOサロンは今日は曇り。日本の紫陽花が咲いてます。












KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花story vol 2

パリで恋したあじさい    パリの花市場にて


かれこれ4年越しの恋煩いだ。
パリで一目ぼれしたあじさい。
日本と違って、いたるところオシャレに存在しているあじさい。切花使用だから庭の紫陽花と違って長持ちするしおしゃれで、圧倒的に美しい。
日本でも通年輸入で入るようにはなっているけど、まだまだ知られていない。大好きだから何かと使う私。
「日本で、かおるこ先生が一番注文して、使っていますよ」と、ヨーロッパからのあじさい輸入業者の人が言いました。
流行はここから生まれる。。。だって恋しちゃったんだもん
KAORUKO
Posted by: kaoruko
KAORUKOホームページがリニューアルしました。!

このところ大好きな色、紫、パープル、ヴァイオレット、モーブ、すみれ色、がメインカラーです。
好きな色、って好きな花と同じように、うつろうの。
「何の花が一番好きですか?」よく聞かれる質問。決められません。。。とお答えします。
その時の生き方、気分、環境、などで、好きな花は、瞬時にしてかわるし、どれもかわいいって思える。生かし方でも手にかかれば全くかわった表情を見せてくれるし。
金木犀の香りの頃は、過ぎし日のノスタルジーと共に、この、小さなオレンジの5ミリほどの花が、こんな香りを放つなんてと、その愛しさに、一番好きよ。と思えたり。好きな花は決められない。

色は、ベースの色はKAORUKOらしい色好む色はあるにしても、その時々で、気になる色、惹かれる色が変化する。
紫は、慈愛の色、高貴な色、優しさの色とよく言います。
なんだかそんな気分なのかしらKAORUKOのこのごろ。
ベースのベージュに色をさして、
ピンクベージュ、ブラウンベージュ、イエロウベージュ、ちょっと濃くしてこげ茶色、ちょっと薄めて、オフホワイト、光をいれて、シャンパンゴールド、くすみをたして、いぶしゴールド、キャメル、キャラメル、こんなカラーが基本的には、好きで、安心できる色。
こんなKAORUKOカラーをベースに、今惹かれる、紫の、そんなほーむページです。

内容も充実!是非ご覧下さいね。
KAORUKOデリバリーがおかげさまで、キーワードによっては検索で1番2番だったりします。「ケーキフラワー、フラワーBOX等ね」数万件中上位というこtで、大変ありがたく、一日、数千人がこのKAORUKOインターネットショップやホームページに見に来てくださっている事がわかり、このブログをはじめたり、、リニューアルしたりしています。皆さん!!ありがとう!!これからもできるだけがんばって楽しいページにしますね!(睡眠時間が確実に1時間は減ったかも・・)
KAORUKO
6月8日BIA(社)ブライダル事業振興協会 総会
年に1度の総会。塩月弥栄子会長、管轄の経済産業省の方々をお迎えして、全国から、ブライダル業界を牽引する企業や、方々が一同に会しました。会議の後の懇親会でのざっくばらんな写真をご披露します。



AKIRA先生と!テレビでもおなじみの・・・
カリスマヘアーメイクアップアーティストのAKIRA先生は、私の大好きな山野愛子ジェーン先生のいとこさん。山野グループは、本当に皆さん、初代山野愛子先生の精神美の教えと、血を受け継がれて、素晴らしいかたばかり。さすがカリスマオーラがびんびんです。!
桂由美先生と!「先生との2ショットもたくさんありすぎで、いまさらですが、ブログはじめたんで今日の日の記録で、先生お写真撮っていただいてよいですか?」ということで、カシャッ!!専業主婦の薫子が今のKAORUKOになったのも桂先生との出逢いからでした。感謝!
   野田専務理事と!BIAの名物専務理事。バイタリティー溢れ、とても楽しく皆が慕うブライダル業界の父! 
年に1度の大きい総会ご苦労様でした!敬服!  ブライダル産業新聞の社長 北島恵子姉さん。 KAORUKOが駆け出しの頃。まだいたいけなあどけない頃(?)から、KAORUKOさんは凄くなる!!と妙に応援して下さっていた恩人。まだ、KAORUKOって何?!と言われていた頃から新聞で、取り上げてくださっていました。。。ブライダル業界に恵子あり!  
カリスマ社長といえば高見社長! 
ブライダル業界の人気就職先ナンバーワンのTAKAMI..リクルート調査で、大卒アンケート人気就職先ランキングで、なんと、ソニー、コカコーラを抜いて上位ランキング。高見社長の強烈なパワーが元気企業の元ですね。  The江波戸!  横浜fカレッジのブライダル科の先生です。KAORUKOグループと仲良し。いつもKAORUKOの夏のフラワーショーに学生さんと見に来てくださるの。この日に決定したBIAの栄えあるマスターオブウエディングプランナーを江波戸先生一派が獲得!   

  KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴル花Story vol1

今日からこんなページもはじめます。
フラワーデザイナーなんだから、花の事に触れないとね。アール・ドゥ・ヴィーヴル提唱者としても。

私が、今まで尋ねた外国での街角や、ホテルのエントランスとかでの美しい花の写真や、パリコレはじめショーの舞台に登った作品、あるいは、登れなかったけどいい味出した試作品、数え切れないほどのショットの、秘蔵アルバムの中から思い出や、心象風景と共にお届けします。
ポエムや、エッセイで・・・


香しきイブピアジェ  パリにて。


コレは、2004年、3度目のパリコレを担当した時。時間が空くとつかの間スタッフを引き連れて、
パリのお花屋さん巡りを楽しみます。パリのお花屋さんは、どこも哲学があって、こだわりが伝わります。一貫して、いえるのは、古き物と新しき物を上手に融合して、古いからこそ、いいあじ出しているものをさりげなく配していること。。。
このオシャレなバラ、イブピアジェをつぼに無造作に入れて、しかも、置いてある台は、いにしえからの石。成熟した女性の色香のような・・
なんて、素敵なの!!ため息の一枚でした。KAORUKO
過去のブログに登場してくださった私の大好きな皆さんのお写真です。アーティスト魂が一緒で、生き方まで、素敵な方たちです。

山野愛子ジェーン先生と。桂由美先生の東京グランドコレクションの舞台裏にて。いつも華やかなピンクに身を包まれて。。。優しい暖かな素敵な大好きな方です。ジェーン先生の秘書のこれまた優しくて笑顔の素敵な佐藤さんが「双子みたーい」といつも私たちのことをそうおっしゃいます。私のコサージュは、バンダ蘭。ショーのテーマが、ディメンション VIOLETだからみな紫系で。作曲家の渡辺俊幸先生と。桂先生のショーを観にいらしてくださいました。本番前のディナータイムにて。優しい癒しの音楽を作られます。KAORUKOお気に入りCDナンバーワン!!土屋王子様こと、土屋雅之さんと。これは、25ansウエディングの取材も入った、KAORUKOご指名極上セレブウエディングの時。花嫁さんが、お式に入場を無事見届けてホッのシーン。パークハイアットにて。この密着模様は、KAORUKO公式ホームページを見てね!TBSの2時ピタッ!の収録。三越カルチャーでのレッスンを撮りました。放送は、決まったら報告しますね。KAORUKO癒しの館?・・自宅サロンにてレッスン風景。まだこれしかデジカメに取り込めなかったからまたにします。。。これは、エントランスの門入ったアプローチの辺りで、生徒さんが、南仏プロバンス風ウエディングをデザインしたということで発表してもらっているところ。あら、写真には写ってないか、布しか。
もう1枚は、KAORUKOお気に入りのオリーブの木。さわさわと風にゆれ、光は、木漏れ陽として、テラコッタの石畳にまぶしくこぼれる・・・時折このオリーブを摘んではリビングのテーブルコーディネイトとして、アレンジの練習にいそしむ生徒さんも。 ほら!こんなに今年はまた育ったのよ。く


さて、やっとこうして、写真を貼り付ける事ができました。これからも皆さんにKAORUKOの毎日や、仲間たち、をご紹介していきたいと思います。お楽しみにね!!

今日は、オフィスで、一日原稿書き。いよいよ上梓に向けて校正校正また校正の日々です。

今度の本は、KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴル(仮題)と言うタイトルになると思います。KAORUKOがどんな風に考え、暮らしていて、なぜ今のKAORUKOが構築されてきたか?ざっくりこんなかんじ。

フランスに息つく暮らしの中の芸術と言う考え方。まぁライフスタイルの提案、参考にどうぞって事かしら。
日本人のKAORUKOが、ちょっとパリコレなどで、パリに滞在したりする中で、アーティストとしての感性ゆえに感じてきた生活に脈々とながれる、洗練された個々の生き方・・といったとこでしょうか。(アール・ドゥ・ヴィーヴルの意味についてはKAORUKO公式ホームページをご覧下さい。)・・・・・ホームページは、内容濃くしたイメージリニューアルがカウントダウンです。もうすぐです。!!

本は、DHC出版から出ます。8月31日のKAORUKOフラワーショーではこの出版記念も兼ねますから、是非みなさん、いらしてね。この本を読んで、秋から人生を豊かに過ごすためのきっかけにしてください。女っぷりもあげてね。!やっぱりDHCだねっ!(TV  CMの真似で)

明日は、早朝から都内で、分刻みのミーティングです。午後は、BIA(社)ブライダル事業振興協会の総会に、出席します。それではおやすみなさい。明日も幸せ気分があなたに舞い降りますように。。。KAORUKO

Posted by: kaoruko
災いにも意味があった。とやはり実感の出来事です。

昨日、kanasiidekigotoとして、意気消沈してしまった私が伝わったと思います。
日曜日の夜に、長々と書いたブログが送信とともに消えてしまったこと。ガックリだったし、こんなことは通常ありえないという話に、もう、どうして????と。でもやはり意味があったのです。
その日曜日私が、書いたのは、作曲家の渡辺俊幸先生の事でした。
この日、KAORUKOの自宅サロンのレッスン日。トークイベントや地方出張や、KAORUKOご指名セレブウエディングのない日は、午後から、KAORUKOが直接技と心を伝授する日(大袈裟)です。飛行機や、新幹線に乗って、日本全国から完全予約せいで、生徒さんがいらっしゃいます。(本当の話)・・・。  三越本店カルチャーレッスンなどは30人クラスとかで、何クラスかあり、それでも半年待ちという状況で、それはそれで、ありがたく、仕事を終えて駆けつけていらっしゃるOLさんに私もおあいするのが楽しみなクラスです。が、この日曜レッスンは、5人までで、締め切ります。
KAORUKOのこだわりのマカデミアンナッツバニラ入りやトースティッドココナッツ入りののハワイからのコーヒーをゆっくりいただきながら、レッスンは始まります。
個人のカルテに添ってなので、ある人は、揺れるブーケだったり、ある人は、庭に出て、ウエディングのウェルカムボート制作だったり、ある人は、庭のオリーブの木を摘んで来て、テーブルコーディネイトだったりと。(この模様もちかじか写真にて)
こんな風に時を忘れて、レッスンが行なわれます。

午後の始まり、ミルク色の光の溢れる中で始まったレッスンも、いつしか鳥たちが群れて、わたりだす頃、西の空が、すみれ色に染まりだします。
オレンジ色の太陽を写していたそらが、紺碧へと向かう途中のほんの一瞬のすみれ色、が大好きで、ハイティーンの頃から私は、この情景を詩に、油絵に、心に留めておきたくて、表現したものでした。
こだわって、建てたこの家からは、見事なこの描写のシーンがつかの間見られます。そして、数時間前から
レッスンの始まりとともに、流れ出した曲とともに、KAORUKOハウスを優しく癒しのオーラが包むのです。
「KAORUKO先生のテーマ曲かと思っていました」といわれるくらい、いつも流れ、妙にマッチしているこのCDは、『Voice of Heaven』・・・美しいすみれ色のCDジャケットです。KAORUKOサロンから見渡す景色をそのまま写したかの様な写真です。
この話を日曜日書きながら、(・・あーでも、読んで下さっている皆さんにこの写真みせたいわ・・デモデジカメ取り込むことまだできないし・・)なんて心で、残念とつぶやいていたのです。

 そして冒頭のせりふに戻るのですが、なぜ災いにいみがあったかというと!?
今日その渡辺先生から、ホームページを遅ればせながら作ったというメイルが届いたのです!!早速拝見したら、あるあるやっぱり!!すみれ色!!今日を待っていたのよきっと。あの日曜日に書いた渡辺先生に関する日記は。私の心のつぶやきとともに今日まで、待っていたのねっ。

本当に愛、癒し、優しさ、の広がる、本当にピュアな心にしみこむというか、思わず涙も出そうな、奥深い曲の数々。
愛地球博の開会式のメインテーマや、優しい時間のサントラも入っていて、本当に私は3月から、欠かすことなく聴いています。
NHKの大河ドラマ利家とまつの曲やNHKの80周年記念番組ハルとナツの曲なども手掛け、オーケストラも率いる凄い先生なんですよ。

去年のある日、偶然の出逢いを一日で、3〜4回もして、極めつけは、飛行機のビジネスで、がらがらのシートなのに、ナント、となりだったのです。もうこれは
意味のある出逢い、引き寄せ、魂が知ってた、心の透明さのステージが一緒とか、、盛り上がりながら東京まで帰ってきました。・・(20年若ければロマンティックなことになっていたかも。。。笑い)
それ以来、スピリチュアルなお話ができ、アーティストとして、至高を目指すもの同士として、仲良くしていただいています。
皆さんも見てみて、聴いてみてくださいね。

というわけで、災いも意味のあるという転じて福となすの一日でした。  じゃんじゃん  KAORUKO
http://www.toshiyuki-watanabe.com 渡辺俊幸先生公式ホームページ
Category: General
Posted by: kaoruko
昨日書いたブログがナント!アップされてなかったんですぅ。
ショック!!悲しい。。。。夕べは、肝いりで、頑張ったんです。
管理会社に聞いても、原因不明とのこと。まだブログデビュー数日のネットに弱い私。
気を取り直して、あとで、昨日のこと書きますね。



Posted by: kaoruko
ブロガーになって、4日め。
私は、もともとメカにもネットにも弱くて、加えて、秘書たちがいつもいろいろやってくれるので、PCに触る事もなかったくらいでした。こうして、うつのがこのごろやっとできるようになったくらいですから。(今執筆している本の出版社の編集者のマツダさんも「えっ?KAORUKOさん、原稿用紙にかくんですか?」と最初旧式な私に戸惑っていました。)

と言うわけで、ここに写真をたくさん取り入れて、美しく楽しい画面にして、更に読みやすく、もっと皆さんに、お楽しみいただけるようにしたいのですが、まだそこまでいきつきません。ごめんなさい!もう少し習って慣れるまでお待ちを!
でも、近いうちに、毎日の写真を入れ込もうと今日から
私は、デジカメを持ち歩くことにしました。
撮る側になる事も、あまりなかったので、デジカメの使い方も習うところから始まりました。

今日は、横浜の山下公園で、開港記念のイベントのひとつ、ドラゴンボートという市民のボートレースの日。土日は、いつもウエディングの仕事で、早朝5時6時から、魚屋の用に働きますが、デモ今日は、そのレースに知り合いが出るから仕事が一段落した午後に応援に行きました。
ついにそこで、デジカメデビューをしてみたの。・・・楽しいですね〜。思わず林家ペー、パー子になった気分でした!

         KAORUKOパー子に!!
今後マイカメラが、パー子さながらにあなたを狙うかもしれません。その時はご協力のほど。

私の今仲良くしていただいている、大好きな素晴らしい山野愛子ジェーン先生もブログが始まって、写真で、毎日のジェーン先生がつたえられています。とても素敵なページですからご覧になってね。(2月のところにKAORUKOも登場しています。)
http://www.jane.jp山野愛子ジェーン先生公式ホームページ

この素敵なジェーン先生は、8月31日のKAORUKOのフラワーショーにゲストでおいでいただきます。テレビでもおなじみですが、本当に、太陽みたいに暖かくて、周りの人が自然と笑顔になってしまうという魅力あふれる方です。みなさんも是非いらしてね。
詳細は、6月中旬リニューアルオープンのKAORUKOの公式ホームページに掲載されますからご覧下さい。

また明日は、朝早い。。。KAORUKOご指名の花嫁さまのために私は、がんばるのだ!!。。おやすみなさい

KAORUKO
Posted by: kaoruko
今日は、珍しく夕飯を自宅で。・・・
今、五穀米にこっています。玄米や、押し麦など混ぜて、炊きたてに、すりゴマと塩を振りかけていただきます。きっかけは、去年出会ったマクロビオテックです。といっても、毎日のようにビジネス会食とかが多いので、こうやって自宅で夕飯の時ごくたまになんです。・・でも作るのは、もうかれこれ6年になる、お手伝いさんですが・・。それと、野菜たっぷりの、スープ。これは、KAORUKO秘伝のダシで作ります。おいしいのなんのと、私が、お手伝いさんに、伝授しました。(また機会があったら、このブログでもこっそり、お教えいたしますね。)  
 というわけで、昼間は、今日は、原稿書きの日。もうすぐ、KAORUKOの7冊目の本が出ます。何時の間にやらエッセイストまでやっている私。今度の本の話は、またそのうちこのブログでご案内します。 

 ぶろがーになって3日め。結構みて下さっているらしく、いろいろうれしい書き込みをたくさん頂きました。・・が・・残念な事に、今日から一方通行にさせて頂きます。ごめんなさい。全部にお返事したくなる私なので、KAORUKOマネージャーの方針で、皆さんには、お読みいただくだけになりました。
でも私にあったときに遠慮なくぶろぐ読んでます!とか声かけてくださいね。

さて、昨日の日記にご指摘が。。。。もつ食ったり・・・は 〜も、作ったり・・の間違えです。モツ煮は好きですが・・・。(汗)

こんなかんじで、皆様からのエールにより始まったKAORUKO日記だから、できるだけこうして、書いていきますから、お休み前にのぞいてね。コアなKAORUKOファンになってください。
話があわただしくてごめんなさい。まだ、原稿の締め切り間に合ってないから、戻ります。
それでは、明日も皆様がしあわせな気分の一日でありますように!!
KAORUKO

06/01: 土屋王子

Posted by: kaoruko
昨日今日は久々にゆっくりでした。
昨日は、恵比寿で、会議をいくつか行なった後に、1ヶ月ぶりに土屋王子のところへ。ヘアーカットに。

土屋王子とは、アーティスト魂が同じというか同じステージで、ものを見ているような、感性や波長が合うので、プライベートでも、仲良くしています。
もともと25ansウエディングの取材ページでコラボしたのがきっかけで、お互いのトークショーにゲスト出演したりして、交友を深めています。

新庄選手のコマーシャルのヘアーもされているから、このごろ私は、「ね、土屋さん、マダム路線じゃなくて、かっこよくして、新庄みたいに!」とリクエストしたら、えっ!?「KAORUKOさんがし、し、新庄ですか??・・うーん、いわんとしたことはわかった!!じゃあ、いきますよ。ちょきっ!」みたいなノリで、私は、今前髪とかそんな風です。先日は「えびちゃんでいきましょうか」なんて、いわれて、ちょっと、さすがに、そういうわかずくりは無理があるからやめました。

それにしても、フラワーアーティストとして、やはり、昭和の香りは避けたいから、すてきになりたいものね。

  さて、今日は、今度新しく契約する横浜のランドマークタワーの、横浜ロイヤルパークホテルで、打ち合わせ。
KAORUKOのウエディングがいよいよこのホテルで始動です。!!
8月31日には、このホテルで、KAORUKOのフラワーショーも行ないますから、皆さんも是非いらして下さい。!またお知らせしますね。今いろいろ企画中。楽しいですよ。やはり、こういう時は、プロデューサー業の醍醐味を感じますね。
全てを、自分で、どんなショーにしていくか、1つ1つ組み立てていく。・・・台本
もつ食ったり、ゲストはどなたにおいで頂こうとか、今年の私の伝えたいテーマは?とか。表現するわくわく感は、たまりません。
・・・・こんな、夜も、会食ミーティングを終えて、今帰宅。
あー今日もやせられなかった。それではまた明日!KAORUKO
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2006-06 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006