今日は東レPPOテニスはクルム伊達公子選手がロシアの妖精マリアシャラポア選手に勝ちました。

あらフォーの☆ですね〜凄いですね。試合をVIP席で私も観覧しましたが、私はシャラポワも大好き。昨年決勝戦入場時にコートサイドで私のブーケを渡してお話した時に心の美しさと真摯さストイックさを体感しているから今日もシャラポワと伊達選手が一回戦であたったことを恨みました。
だってどちらにも勝ち進んで私のブーケを決勝戦でもってほしかったから。。。。

で本日のコートサイドのフラワーコーディネートはこんなデザインにしたの。


ナント、これが暗示したかのようにクルム伊達公子選手のユニフォームの色と蝶々も色がドンピシャ同じだったのです。。。(選手が何色のユニフォームを着るかはその瞬間まで知るはずもないのですが毎年なんだか符号するのです)

「伊達選手が勝つということですね、先生が考えた今日のための花、コートサイドも記者会見の花も伊達選手のためにコーディネートしたかのようです。」
と試合が始まるまえにスタッフが。。。(後方に見えるあの花です。)

「シャラポワにも勝ってほしいのよ〜。困るわね〜この二人の対戦だなんて」と本当にどちらを応援していいやらという感じでした・・・



毎日いろいろなデザインを楽しみにこの試合を見ているというテニスファンと花ファンの方がいるということで私も頑張って考えます。
で本日は、なんだかインスピレーションが花より蝶々だったので、木々に揺れる蝶々・・・もちろんお花もピンク。。ヨーロッパから買ってきたあの花嫁さんたちを彩った蝶々の仲間たちです〜



早朝からこれを作ります。対戦選手たちが次々にセンターコートで練習をしています。
その傍らで制作をしますが、選手たちがこの蝶を見て手で触ったり「ナイス!」と目を大きくして声をかけてくれたりして私も嬉しいですが、選手も一瞬でも心が和んでくれたら〜と思いを込めて。



インタビュールームはこんな感じです。
記者会見が試合の後にここで行われます。

朝早くコーディネートした後におふざけの私ですぅぅ。汗



今日の記者会見の花はフロールエバーさんのプリザーブドフラワーをご協賛頂きました。カルディナス社長ありがとうございます。いつもいつも。^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まさかの昨年の優勝のシャラポワが負けて伊達選手が勝ち進むことになり、すっかりあらフォーの☆となった伊達選手でした。

私はその後、青山のアイビーホールでのレセプションのご招待いただいていたので、行きました。

それはカリスマヘアアーティストのけんすけさんが新しいお店をオープン。

マンダリンオリエンタルホテルにも入っているパラダイスはパラダイスNEXTとして青山アイビーホールに出来ました。


そしてこちらはけんすけさんのパートナーのタロウさんがいらっしゃるそうです。
けんすけさんとたろうさんと私。イケメンにはさまれて毎日の疲れがとびます。とびます。
(私も8センチヒールを履いていますが凄い身長差)


けんすけさんといえば25ans。
25ansウエディングチームもお祝いに駆けつけて。。。
 

エリシュオンハウスのプランナーさん、右は和泉さんと左はにおかわさんと狩野さん。
エリシュオンハウスもけんすけさんとKAORUKOが直接お客様を手掛けるという売りで今後大々的にコマーシャルされていきます。




パラダイスチームのみなさん。
けんすけさんやたろうさんに憧れてパラダイスで花嫁作りに命を燃やすキラキラ美容チームです。「KAORUKOさんのファンだから写真とってあげて〜」とけんすけさん。。。うれしいことをいいますね。^^


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


明日も東レPPOのありあけコロシアムのKAORUKOアトリエにて私はつめています。

明日はクルム伊達公子選手の第2回戦です。勝ってほしいですよね。

私はテニス好きというわけでもありませんでしたが、この大会を担当するようになり、世界ランキングベスト10
いないのトップアスリートを中心としたみなさんに接し、本当にそのストイックな強靭な真摯な姿、ピュアな魂を感じ、本当に私の花で心から陰ながらエールを送るように作っています。
私も僭越ながら、花という世界ではありますが、同じような思いで日々挑戦してきて今があるし、終わりなき戦いなのです。戦いと言っても自分との戦いです。


私もそうだし、弟子やスタッフを見ていてもそうですが、こういう「道を極める」というジャンルは、いかに自分に負けないか?のひとことにつきます。
一瞬一瞬が試されているのです。まさに今日観戦したテニスもそう。一寸先は予測不可能。優勢劣勢の繰り返し。人間の人生もまったく同じだといつも思います。
だから日々コツコツ目の前のことを素直に一生懸命やらせていただく・・・それしかないのではないかといつも思います。
計算や打算や怠慢はもちろん、自己憐憫も自己陶酔も自己否定も自己逃避も自己満足でしかすぎない。
ただひたすら無我の境地。。。
無我、滅私、素直、純粋、真摯、ひたむき、コツコツ、一生懸命、全力、継続、あきらめない、忘れない、初心、
夢への道・・・

自分との戦いですね。日々戦い。自分の弱い心との戦い。
魔との戦いではないかと思います。
だから
明日も私の花がテレビや記録写真に映らなくても一生懸命心を入れてやらせていただきに行くのです。。


明日はロイヤルボックスの花をお見せしますね。お楽しみに”