【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2006/11/01
今日は25ansウエディングの取材でした。セレブの愛読書25ansです。
KAORUKOのこだわりのKAORUKOブランドセレブウエディングのカップルを手掛ける仕事の密着です。ずっと以前からこのブログにも出演してくださっている爽やかカップルです。もともと私を密着したテレビ番組を見られて、『KAORUKOにウエディングをてがけてほしい』と
思っていたそうで、夢がかなったと大喜びしてくださっていたところを、さらにちょうどのタイミングで取材が来たので、このカップルを密着することに。
今日の撮影・取材後に記念撮影。カメラマンの田村さんとライターの山形さん。カップルは消防士の彼と看護師の彼女です。であった直後に彼女が患者さんの搬送で、一緒に乗った救急車に彼も救急隊として乗っていたとか。。運命や縁を感じますよね。
KAORUKOが、トータルで、全て、デザインしました。会場の花はもちろん2人のデートの思い出を形に。花嫁を彩るブーケもあたかも世界のショーで私が女優さんや、モデルさんにおつくりするように、その方にぴったりなデザインを起こします。そして、本番当日は私が女優オーラへのお導きとして、心とブーケのケア・KAORUKO張り付きアテンドを致します。12月10日の本番カウントダウン!お楽しみに!(KAORUKO公式ホームページにKAORUKOアテンド模様の素敵なカップルたちが、長いこと出演してくださっています。そちらもあわせてご覧になってね。挙式当日花嫁の不安を取り除き最高の笑顔をして頂くためのお手伝いKAORUKOだけのオリジナル)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
そうそう、今日のアップで25ansウエディングのエディターズブログに私が登場しています。
先日編集部(知的フィールド)にお邪魔したときのショットです。是非ご覧下さい。!http://www.25answedding.jp/wedding/
先日担当したこだわりのウエディングからご紹介。
数ヶ月前にお目にかかったときに、お二人のデートの思い出は、ディズニーランドばかりとのこと。ディズニーの何がすき?なのかとか、いろいろはなすうちに、エレクトリカルパレードという話に盛り上がりました。
花嫁さんのドレスは、真っ赤で、赤や、楽しい感じがすきとのことから、徹底的に赤を使って、楽しくファンキーで、そして、ディズニーのしかも、エレクトリカルパレードをKAORUKOが表現しましょう!ということに提案  KAORUKOセレクトの米粒みたいな品のあるLEDは、かわいく輝きます。みてみてまた私の後方にオーラが?釈迦か観音かキリストか、(なんて失礼)また光の輪に包まれています。ぬいぐるみたち、はミッキーのお友達たちが全員集合です。 
私が、ひとつひとつ輝きの流れ具合もチェック
  ケーキ前はダンボちゃんが赤いじゅうたんにのって ラッタカラッタ♪♪♪♪ラッタラタラタ♪♪♪♪って聞こえてくる? 窓辺にもこんなふうに、ぬいぐるみを楽しく花と。 
KAORUKOブランド定番の雑誌に掲載中のやはりこのブーケたちがおきに召したということで、そこに花嫁さんらしいキュートな味を加えて。
かわいい花嫁さんと優しい、ご新郎は本当に素敵なカップルでした。お幸せに!!

11/28:

Category: General
Posted by: kaoruko
Category: General
Posted by: kaoruko
土日私が担当したセレブウエディングの模様を明日のブログでアップします。お楽しみに!とてもかわいくて、キュートなカップルで、会場装花もメチャ楽しくプロデュース。
昨日今日明日は、地方からのレッスンの短期集中日で、私が張り付いて様々な伝授を行います。レッスンも終わり、今から都内で、撮影の打ち合わせに行かなくてはならないので、この辺で失礼します。
20年来のお友達・女医のビーこと早苗さんとランチをしました。三越本店特別食堂にて。
彼女は産婦人科の女医で私がOLの頃にお友達になり、約15年くらい前の彼女のホテルオークラでの盛大な結婚式や、国宝級の打ちかけやドレス選びを、私がプロデュースしたという、KAORUKO無名以前の初期の作品の花嫁の一人です。(貴重!・・でも気の毒・・未熟な作品で・・)グルメ友達、そしてなんだか波長が惹かれあう友達として、大人になってからの出会いなのにもう20年以上のお付き合い。かげながら応援してくれていて、KAORUKOフラワーショーなどもすみから見守ってくれたりして、ありがたい友達です。私のお産も担当してくれたのよ。
ちなみにご主人は、学会でも高名な泌尿器科の権威で、よくテレビ番組に出ているドクターです。。どんなジャンルでも第一線を走り続けている人は勉強になります。純粋な仕事以外の友達と会うことがめったに時間を取れない私としては、つかのまうれしいひとときでした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
その後の三越カルチャーKAORUKO直伝ゆれるブーケコースです。ピンクは初級の生花のバラで本日2回目のレッスン。ブルーは、中上級で、もうプロ顔負けくらいの向上。
Posted by: kaoruko
★★★★★花市場です。まずは中国を感じて下さい。
    市場の中にあるウエディング専門の店で、こんなふうに、アーチや、ブトニアなどを作っていました。   
これは、作られている多く見られるアレンジメント
   

世界のショーを担当するフラワーデザイナーとして、今まで様々な国に行き、その国の花市場へ行きました。異国のホテルのロビーの花や、会議卓の花、もてなしの花、ウインドディスプレーを見たり、花市場を歩くことはとても勉強になります。
花はそのお国ガラを如実に反映するからです。例えば中国は生活の基本は真っ赤です。ホテルの床もいすもそのほとんどは、赤を主体としてクロスも使われます。背景や生活に目が痛いほど使われる赤に負けないような花あわせが当然行われますし、花でなくも、極彩色に囲まれたあらゆるものはこの数日のブログ写真からも分かります。また、ヨーロッパもいろいろありますが例えばパリなどを例にとると町の建物や、生活の全ての壁紙、ソファー、などはは、ワントーン抑え目のようなクラシカルな色や、ビビッドであっても少しくすみを加えたボルドー系の赤など、おなじ赤でもまったく違う感覚の花や、クロスあわせとなります。そして市場にもそのような花が多く並びます。そしてアメリカなどは、原色といっても、ファンキーや元気さを目的とした色使いであり、それらはまた中国とは違ったアメリカの個性となります。
こうして、自分の身をもっって五感で生活背景や歴史を感じながら見て歩くと、まさにその国の文化が映し出されている花というものが良く分かります。
そうして、自分が、普段の仕事で、花を作るときの花の色合いのあわせ方や他の人の作品を見るときにこれは中国チックだとかあの国のあの感じとか、たくさん私の中にインプットされた色や花のデータが自然と私の感性となって、表現されたり、ちょっとダサいとか、ちょっと昔っぽいとかちょっとセンスがいいとかというふうに一目瞭然として感じることができるのです。そしてTPO
にあわせて、クライアントに合わせて、花の提案が出来るのだと思います。昨日のブログに書いたように、中国の人が見るショーだから中国の人に受ける色合いを取り入れ、なおかつKAORUKOのテイストも消さずに、ぎりぎりの融合を図りユミカツラのドレスを引き立てる、KAORUKO流中国チックブーケ・・でも素敵・・というのを表現しなくてはなりません。中国にクラシカルな色をそのまま持ってきても良さは半減し、またその逆のパリに中国チックを持ってきてもしかりなのです。
井の中の蛙で、「私はパリが好き」といっても、様々な異国を感じてみて、文化に基ずくテイストを知ったうえでのパリなのか?
中国テイストや日本の20年前に普及していたさし方、はなあわせだとか感じながら、だから自分は、こういうのは避けたい、と感じるのか?バルーン・アドバルーンもパリではほとんど好まれないけど30年くらい前の日本や今も中国では大好きでたくさん取り入れられている様子を見たり、そういうことが自分は何をチョイスするのか?自分テイストの表現として・・・こういうことが大きな勉強となります。
『中国の花を見るのも勉強になりますよ』という私の言わんとしたことはそういうことなのです。おそらく、「?・・中国の何が勉強になるのだろう?」とかんじた人もおおいのではないかと思います。そういうことが言いたかったのです。
上の写真や以下の写真を見て、自分は、どういうテイストの花あわせをしているのか?さしかたをしているのか?感じてみてください。決して、中国が悪いダサいときめているのではなく、何回も言うように歴史、伝統、文化に基ずく思考、生活背景が関係して、これはこの国では、美しいのですから。 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
アジアブライダルサミット日中韓民族衣装による挙式スタイルの披露 韓国式・チャングムみたい中国式  中国式は、蝶をとばし、挙式の場になつめなどのナッツ類をまきます。そして、お約束の花火やドラゴンが踊り舞います 日本式(みこさん役はゆいちゃんです)(チベット式)
 (川劇すんげき)
各国代表団が舞台で、様々な表彰をされて。人民日報はじめ、中国メディアが取材に。
神主さん ユミカツラインターナショナルの梅本専務★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

チャイナなKAORUKOがお届けしました。おしまい。
Posted by: kaoruko
YUMIKATSURAブライダルショーの模様(これはリハです)です。イン中国
 桂先生の入念なチェックがいつものように入ります。より良いものを追究ですKAORUKOテイストであっても中国というお国ガラを取り入れます 。     手伝いに参加の研修スタッフだったゆいちゃん(KAORUKO先生に似ているといつもみんなにかわいがられています)   オツカレー!と皆さんと記念写真。モデルさんとプロデューサーの松川さんと。。    桂先生創業時からのスタッフの愛すべきチイさんと今回お手伝いに参加してくれた三越カルチャ生徒の一戸さん 
 フィナーレで私も舞台で担当フラワーデザイナーとして紹介されて
ショーが修了して中国の人たちに引き続きKAORUKO流のフラワーデザインのポイントについてトーク。
KAORUKOオリジナルのゆれるブーケや、輝きの宝石のブーケを柱にするも、お国柄を考えて、その国のエッセンスを取り入れないといけません。私のコサージュやドレスが真っ赤なように、自分のプレゼンテーションもさることながら、その国らしさ、その国でうける色などをいかに自分や自分の作品に融合させてなおかつドレスを引き立てて、さらに最高に素敵と思わせる作品をデザインする。KAORUKOとして「KAORUKOってすぐわかる」というオリジナリティーを加えて。そういうことが世界の舞台で求められます。日本人のKAORUKOが中国を取り入れてKAORUKOらしい作品でかつ中国人にもうけて、トータルですばらしいコーディネートになってショーを彩れるか?という力量なのです。
 中国の民族衣裳の有名なデザイナーの陳冨美先生のショーの前で
******************
舞台裏の楽屋弁当です。日本なら幕の内などですが、さすが中国は、マーボーナスみたいのがのっかっていたり、チャーシューがのっかっていたりって感じで、こんな風に、みんなで仕事の合間に頂きます。 幕が開けば優雅でしなやかな舞台もそこに至るまでの分刻みの持ち場持ち場の仕事は戦争のようです。食事も合間をみつけて隙間も見つけてサササッと。白鳥は水面下では必死に水をかいていても美しい姿しか見せない・・それと同じ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
アジアブライダルサミットの模様です。
ショー翌日行われました。日本代表で、桂先生と私が登壇して、シンポジウムに参加。ブライダルのアジア外交を日本の日の丸を背負って行ってきました。去年は韓国、来年はインドネシアと、持ち回りで開催国が決まります。そのほかにも、タイや、フィリピン、マレーシアなど、数カ国が加盟しています。通訳は、日本語、英語、中国語、韓国語で行われ、つくづく、いろんな言葉が通訳なしで何カ国も話せたらもっと世界が広がるのに。。と思いました。
 
 緊張の面持ちの私  
中国チックなアドバルーンがたくさん揚がっていたり、バルーン演出がそこここにあり、やっと開放された会場の外へでた私は、こんなふうにアドバルーンをつかんでみたりして。(のように見えるでしょ。ずっとかなたにあるのにね)

明日は、花市場や、新聞にもどーんとでたアジア各国の民族衣装による婚礼です。お楽しみに!!
Posted by: kaoruko
いきなり意表をついてパンダちゃんです。

今回の中国は、桂先生のショーと、アジアブライダルサミットといういわばブライダルのアジア外交を日本を代表して、行ってきたわけでして、桂先生と私がサミットに出席したり、アジアの婚礼文化の伝統や民族衣装としての結婚式の模擬を行うなど日本チームが皆モデルさんの役もしたりと、この6日間の間に、実に、めまぐるしくいろんなことを行ってきました。いつものように早朝から深夜まで、作業とか、段取りとかに追われて、ホテルに缶詰状態で仕事仕事。食事は、楽屋弁当。この楽屋弁当も中国らしく大変おもしろいから明日以降のブログに掲載しますね。というわけで今日のブログは、凄すぎる内容は明日からの後回しということで、とりあえず、最終日、全ての行事が無事終わった後の唯一、つかの間のパンダ観光に出かけたのと、夜に本家本元陳麻婆豆腐の店に行ったことのご紹介です。中国報告を首を長くして待っていた皆さん今日は、楽しんでください、パンダちゃんで。
このパンダ生息地は、成都の郊外です。
なんと本物のパンダがいすに腰掛けて、その隣で、こうしてパンダをさわって写真を撮れるのです 希少価値のパンダに人間のバイキンが行かないように手袋をはめます かわいくてはしゃぎます。 木に登る いたいけなパンダ笹をひたすら食べています 生息地はやはり竹・竹・竹で。美しいですね。 郷に入れば郷に従えでチャイナな私になりきって真っ赤な毎日を楽しみます。スリットの入ったチャイナスカートです。
陳マーボです。口に入れた瞬間中国の赤山椒で口がひりひり麻痺します。がやめられません。6日間四川料理を食べつくして、楽屋弁当も激辛・でもこの6日目には辛さも快感に変わり、おどろかなくなりました。異国に身をおくときは、食もその地のものを終日頂き、文化を五感で感じるのがKAORUKO流
こうして、中国四川省成都は、まだ、上海や北京と違って、開発された近代的な部分というより、昭和初期のような空気や、人の営み、そして、生きてるというエネルギーが伝わってくるかのような町でした。自転車が車と同じくらい行きかいます。自転車用の信号もあって。古きよき日本が忘れた何かがここにはあった気がします。

さて、明日からはいよいよショー報告や、サミット模様、そして舞台裏、パーティー模様、花市場・花・はな・花
!をお伝えします。お楽しみに!!
Category: General
Posted by: kaoruko
ただいまです。!
エキサイティングだった中国レポートは、明日から掲載しますね。何しろ、成田についたのが9時半で帰宅後もなんだかんだで、いない間の仕事の件や、動きを秘書に確認し、メイルもチェック、あーだこーだといろいろやってたら、今もう2時過ぎていて、中国でもかなりハードでしたから、いい加減寝ないと・・・楽しい話たくさんあるから皆さん楽しみにしていてね!それではまた明日。
Category: General
Posted by: kaoruko
いつもKAORUKO先生ブログを楽しみにして下さっているみなさまへ。
中国からブログ投稿する予定でいましたが、パソコンの都合により出来なくなったとKAORUKO先生より連絡が入りました。帰国後を楽しみにお待ちくださいませ。
尚、本日無事YUMI KATSURAブライダルショーが成功したそうです。明日は、KAORUKO先生が日本を代表してサミットに出られます。
以上報告でした。 秘書室。。。
アジアブライダルサミットというアジアの各国が集ってブライダルのシンポジウムや、ショーを行います。日本を代表して、KATURA先生と私たちが行ってきます。シンポジウムでは日本代表として、私も舞台に上がり発言するそうです。なんだか、どうなることでしょう。
花市場も楽しみ、!世界の花市場をまわるたびにお国ガラが伝わりとても勉強になるのです。
  ところでこの写真は、ブライダルフラワーコースの生徒さんの作品です。KAORUKOスタイルを伝授します。技術だけではなく、花の組み合わせ、色使いや優しさ、空気感を教えます。そして大切なのは、心。光と花と自分の天使が一つになるようにね。
出来上がった作品を私が光に溶け込ませながら念のシャッターを押します。どう?美しくできたでしょ?心も天使・光をも溶け込ませるアレンジメントKAORUKO流。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リクエストにお答えして、KAORUKO花壁紙をはじめました。!!KAORUKOホームページがこのところ毎日更新くらいの勢いで話題満載なのでたびたびチェックしてね。
そこのところに壁紙クリックがあるので、是非取り込んで癒されてください。パソコンの立ち上がり待ち受け画面に使ってね。KAORUKO作の花や、私が写した写真ばかりだから、愛と癒しが入り込んでいるし、キットみなさんに優しい気持ちになれるように天使が舞い下りてきますよ。そして、キットラッキーもやってきたりして!
みなさんが素敵なこころでいられるように癒しの花でお届けします。まずはKAORUKOお気に入りのラベンダーです。随時いろいろ取り込みますからね。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日の中国はノートパソコンを持っていくので、随時報告しますから、いつものように毎日チェックしてくださいね。お楽しみに!

ではイッテキマース!
先日書いた25ansウエディングの編集部へ行ったときの一枚です。アシェット婦人画報社です。

手前はKAORUKOフラワーショーにもおいでいただいた相磯編集長・後方はメル友の(?)博多副編集長です。
後ろには、編集部らしく、25ansウエディングとかたくさん並んでいます。なんかかっこいいですよね。編集部って。
手前には、私が作ったボックスフラワーが。
ここでも、共通の話題のスピリチュアルトーク炸裂でした。(やはりアーティストもそうだけどクリエイティブな仕事をしていると、皆さん体感していくことが多いから、スピリチュアル的になっていくんですよね。)時間がアッという間に過ぎます。KAORUKOサロンにおいでいただいたときもそうでした。

25ansウエディングのエディターズブログも楽しいから皆さんも見に行ってみてください。ちなみに8月クリックには、私の記事も書いてくださっています。
先日予告した件です。でも、自分の中で、整理するのに時間を要しました。そして、こんな公開ブログでは、あまりにも書く事は、躊躇しています。それほど、自分の事ながら天地がひっくり返るほど驚く事実だったのです。
でも、時間をかけて「そういえばあの時・・」たどっていったら、合点のいくいことばかりが浮上しました。
私が、ただの専業主婦の花の先生の一人であったのに、人生が劇的に変わったのは、皆さんご存知ですよね。ちょうどそのころ運命の扉をあけたあたりからきっっと導かれるように生きてきた自分がいて、今後の今からの次のKAORUKOの人生もいるということがわかりました。
そしてどれもこれも壮大な使命とテーマがあるので、私は、『またーご冗談でしょ』というような次々聞かされる話を人事のように聞いていました。
ここでは、やはりまだ言わないことにします。でもそのうちわかるかもしれません。少なくとも、時代がたったとき振り返ってそういうことだったのかということになるかもしれません。なんだかこのていどでごめんなさいね。
そのときの記念写真です。この時は、お酒を飲んでいるわけでもないのに、話修了後のショットで、私がこんな風貌になっていてビックリでした。また目も青くて
中世の女性みたいでしょ。まずはそういうことや、あとは、今後の私がやるべき使命の啓示がきたので、まあ世の為人のためのことなので、精一杯頑張ろうと思います。光がたくさんこんなことを私に教えていたとの事です。私の後ろの方。。神々しいかたが。。ということです。皆さんがオーラと感じる私の何かがです。


左はおなじみ作曲家の渡辺俊幸先生・右は、未岳さん
Posted by: kaoruko
舞台裏から、打ち上げ風景までをお見せします 。緊張の表情で、取り組み、会場を彩ります。       
参加生徒さんのお友達や、ご家族などたくさんの人に混じって、KAORUKOのファンの人も来て、サインを求められたり、写真を撮ったり・・・雑誌の取材も この紳士はこのブログでもおなじみのBIA野田専務理事、思いがけずにいらしてくださりビックリ!うれしいですね。
スタッフ、深谷と上村です。

生徒さんの作品です。生花・プリザーブド・揺れるブーケと各コースの作品です。皆さん自分でデザイン画を描くところから始まり、使いたい花の発注も行いました。皆さんらしさが出ています。
         趣味のコースの域をでて、かなり素敵に。。作品を引き立てる小物も。
盛会に終わって、皆さんと記念写真!

左から、大類さん・清川さん・松村さん・水谷さん・葛岡さん・広橋さん・西片さん・加木屋さん

打ち上げ『お疲れ様ー!!』楽しい会話で盛り上がりました。幸せが舞い込みます。


Posted by: kaoruko
 三越本店のカルチャーコース。趣味の皆さんの作品展です。合計のべ100人ほどなのに、参加は1割です。「恐れ多くて・・」「私なんてまだまだ・・」「その日は予定が・・」などという声が多く、ほんの1割の生徒さんです。今日は、取材もありましたので、生徒さんの作品もフローリストという花雑誌に掲載されるということで、皆さん本当に緊張でした。誰の作品が選定されるかはわかりませんが、楽しみです。どれも素敵ですから、明日、生徒さんの作品は掲載しますね、このブログで。私は、KAORUKOの最近の定番ともなりつつある、今年のテーマのKAORUKOブランドデザインを出展しました。
『KAORUKO先生の花は、色合いが綺麗』『優しくて涙があふれる』などと今回もお声をかけられ、『本当に生花?!』と私の花あわせの色の出し方に驚かれてました。これがKAORUKO流!!
      花の天使たちが語りかけてきましたか?花の話声がきこえますか?時に楽しそう、時にはにかみ、時に笑っていて、時に色っぽく、時に透明感あふれ、時に凛としているエレガントな作品たちの。

生徒さんたちは、ほとんどの方が、テレビ『ソロモン』を見て、私や私の花にあこがれて入ってきてくれた人たちばかり。『わー!ソロモンであこがれていたのに、今、KAORUKO先生の一員としてこの場にいるなんて!』などと感動してくれて私もうれしいし半年待のキャンセル待ちを経て入られた生徒さんも今回参加されたりして人生はだからエキサイティングですよね。

******************************************
明日は、生徒の皆さんの作品ご紹介と、皆さんの昨日からの真剣なメイキングオブ作品展の模様と、明日の私との打ち上げの模様を掲載します。!
次回は、3月に趣味の生徒さんの作品展をここ三越で行うことが決まっています。次回は100人の皆さんふるって参加を!
Category: General
Posted by: kaoruko
明日からの三越カルチャーの趣味のコースの生徒さんの作品展の準備をしてました。
皆さん自分の思い思いの作品がバラエティー豊かに作られました。
本当に素敵ですよ。『本物に触れる、いいものを見させてもらっているKAORUKO先生のレッスンでいつも。だから、センスや質の高さが全員凄い。』と、ある生徒さんが言いました。
そうおもっていただけたなら、教える冥利に尽きますよね。。。皆さん、明日、見にきてね。私は11時から、います。でも前半はマスコミ取材なので、午後からならお話とかできますからね。
私の天使が舞っている花たちがテーブルアレンジと、ブーケと、生徒さんたちのと一緒に飾ってありますからね。
Posted by: kaoruko
今実は都内の某隠れ家ホテルの部屋です。
ノートパソコンを買ったので始めてのオフィス以外からのブログ投稿です。でも写真は取り込むことができないので、後日ね。!!

今日は実にエキサイティングな一日でした。

今日また新たなKAORUKOが生まれ変わったらしいのですよ。今日の日を境に。でも必然で、今日に至るここのところ、私的には、悩みもたくさんあって、試練試練みたいな出来事に直面してたんです。だから、今日は確信に変わったのです。詳しくは、後日このブログファンだけにこっそり教えます。(でもざっくりとね)

とりあえず、その確信は夕方からさっきまで、の会食で繰り広げられました。
それは、またのお楽しみということです。

さて、今日は、朝から桂先生と来週からの中国のショーの打ち合わせで、桂由美ブライダルハウスで。その話もまた次回ね。その後、虎ノ門のアシェット婦人画法社へ。セレブの愛読書の25ansウエディングの編集部に遊びに行ってきました!
森ビルかっこいい知的フィールドへ。この模様も後日写真つきで!いつも応援していただいていて、KAORUKOフラワーショーでも編集長以下みなさんが駆けつけてくださって取材も見開き2ページもドッカーン!としてくださったので、うれしくて。またここでもスピリチュアルな話で盛り上がり・・・忙しい方たちなのに1時間以上も長いをして・・・楽しかったわ

そしてそして夕方からは、そういうわけで、おなじみ作曲家の渡辺俊幸先生と先生の信頼寄せる、スピリチュアルな方とお会いして、私の前世・過去・今・未来・使命などの話をしました。
私は、江原啓之先生に見てもらって、絶妙なタイミングでたくさんの救いの言葉を昔いただき今に至っていますが、この江原先生と江原先生にご紹介いただいたイギリスの金城先生以外、いわゆる霊能力者には接しないようにしてました。
それは、私自身も少なくともそういう体質なので、わかるんですが、霊脳と霊性は必ずしもイコールではありませんから。つまり、霊性とは精神性とも置き換えられますから、人生どれだけの試練や、苦難と向き合って乗り越えたときに得る精神性の高さというもの、至高の意識とでもいえるそういう人間性が伴ってなければ、霊脳力があるといって見える見えない聞こえる聞こえないと単にそれだけを追求しても、低級霊や、狐や狸といったいたずら好きな霊がよってきて、幻覚幻聴をみせているだけだと思うから。そんな人が同調した波長からのいたずらなメッセージを受け取っても意味ないし、危険なだけだからです。皆さんも気をつけましょう。スピリチュアルとは、そういう人生をどう生きるか?魂をどう磨き、人生に立ち向かうか?という意味なくして、人としてどうよ?ということをまず疑うような、未熟なたとえば私生活含めて、尊敬できないような、愚痴、悪口、ねたみ、そねみ、うわさ話の塊みたいな人がたとえあなたの○○が見えます、などといってきても耳を貸さないことです。とかくそういうことが多いです。
少し長くなりましたが、そういう意味で、私が信頼寄せる魂の(精神性)渡辺先生が信頼寄せる方なので、安心して、今日いろいろなお話会食をしてみたのです。
このブログでは伝える限界がありますのでまた、興味ある方は、私のあったときに聞いてください。でも今日の写真と少しの話は、近いうちに書きますね。
じゃんじゃん!
私には届くみなさんからの書き込み。ありがとう。名前はふせてご紹介します。天使ライセンス者の仲間の一人より以下。人のがんばりを応援して感激できる心素敵ですね 
*******************
『久美子さんおめでとうございます。』ブログで拝見してましたが、天使まで取ってしまうとは・・・スゴイです!!。****************

ファンと名のる方から***********
毎日忙しいのに多岐に渡るメッセージをくださり感謝しています。
これからも応援しています、いつもありがとうございます。*********************

天使ライセンスのある方から**********
KAORUKOというブランド力のおかげで
     契約している会場以外の会場での撮影依頼が飛び込んで来ました!!
     【ピュアハート】を心に響かせながら全力を尽くします。
     先生・・・ありがとうございますm(__)m。
***********とかく人は、うまくいったのは自分のせい、うまくいかないのは人のせいにしがちです。私のブログを毎日読んで、元気をもらっていると皆さんからのうれしいメッセージに私もうれしいですが、こうした、ブログのテーマのピュアハートまで、自分に置き換えて、がんばる素直な心があるから、チャンスもやってくるし、物事がうまくまわるのだと思います。
私?私は常に、うまくいったのは自分もがんばったけど、あの時のあの人や、このときのこの人やそのときのその人に出会ったおかげで今日の私がいるから、すべての皆さんのおかげと思えるようになりました。究極私をいじめたあの人のおかげで、だから歯を食いしばって頑張ったから今日の私があると本気で思える私に辛いことたくさん乗り越えて光が見えるという繰り返しの経験の中でそう思えるようになりました。だから原点をいつも思い出し、感謝をします。
・・・うまくいかないときは自分のせい、自分のどこがいけないのか?を深く深く見つめます。
***************私が如の心について書いた日の書き込みです

心に届くメッセージありがとうございます。
核もさることながら、個人レベルで思うところがあった矢先にこういうメッセージをいただけてジーンときました。

怒りでいっぱいで人をも巻き込もうとする友だちには、いつか気付いてくれるだろうという願いを込めることにします。*********************

***********チャンスについて書いた日の書き込みです

「チャンスの女神が悪魔の顔でやってくる。」という先生の言葉にびっくりしてしまいました。私の中イメージでは、すごい美形のやさしい方だったんですが・・・。(笑)
このお話で、また勇気づけられました。
いつか、私の前にチャンスの女神が来ますように・・・その日を楽しみ、大好きなお花に励んで生きたいと思います。*******************
**そう、人生はいつも試されています。文句ばっかり言っている人、素直じゃない人、疑心暗鬼な人は、長い人生どうなっていくか?・・・わかりますよね。


*******************
人生のあくなきチャレンジ、とても興味深く
読ませていただきました。
スピリチュアルな話もすごくおもしろいんですが、
自分よりも上の人達、特に女性が仕事を続け、そして自分自身を向上させていく過程も、我がこととして置き換えて読むためか、すごく興味があります。
KAORUKOさんもたいへんな思いをしながらも
こうして成功されているんですよね。
私もときどき辛いこともありますが、KAORUKOさんも
きっとこういうことを乗り越えているんだ、
とか、自分を奮い立たせて、がんばりたいと思います。KAORUKOさんの仕事観や今までの苦労話、
ぜひ聞かせてください。*************
毎日が挑戦。人生とは方程式。ゆっくりこういう話は事あるごとにKAORUKO流な話を書いていこうと思います。
**********************
皆さんからの書き込みや、相談ごとも万人に共通するような内容は、こうして、名前は伏せて公開して、KAORUKOアドバイスなどもたまにやりますね。

『KAORUKOさんは真摯な人』…桂先生がいつかインタビューで言ってらしたことばです。僭越ですが、私にとってとても大切にしたいお言葉です.
Category: General
Posted by: kaoruko

美しい花が光を浴びてキラキラとして、天使の心がブーケにしていきます。
天使ライセンスおめでとう!
夏に東京のレオさんや山口のゆきさんの天使ブーケのレッスンを見ていて、ベーシックだった久美子さんは、自分も作れるようになりたい!ということで、ゆれるブーケコースを習い、天使を習い、ここまできました。
私がマンツーマンでほぼ伝授するので、皆さん上達していきます。8月からのレッスンクリックを見て頂くと、久美子さんの上達振りがわかります。後に続く人の励みですね。初心者でも、教える側と、教わる側の本気度により、天使が舞い降ります。これからは、プロとして、活躍していく心意気です。私も主婦がカリスマへと先日の取材やテレビでも言われるように人生どこでどうなるかわかりません。エキサイティングですよね。
Posted by: kaoruko
三越カルチャーの生徒さんの作品展がカウントダウンになりました。こんなご案内がKAORUKOホームページやこのブログ右下のクリックでも見られますから是非いらしてください。
こんな風に告知もいろいろでております。参加の有志の生徒さんたちとは、この2ヶ月、こんなやり取りをして、この日を迎えます。ご自分で、習ったデザインや積み重ねた技法を考えて、自分なりのデザインイメージを絵に描いてもらい、コンセプトを添えてもらいました。デザイン画を描くことも初めて、表現を言葉にすることも初めてで、皆さんはじめは戸惑っていました。
でも、私が直筆で、アドバイスを書いて、FAX通信やり取りをして、練り直してもらったりしました。

イメージを形にしていくこと、それを完成させる為の花の組み合わせや本数をかんがえるのがまた一苦労。そして、いざ、最終見積もりとなると、その季節にない花や、特注の珍しい花で、そこらじゅうの花屋に普通に売ってない品種などは、とてつもなく高くつくということにびっくりしたり・・こうして、本当に勉強になったということで、多くの声があいついでいます。
一人一人の生徒さんに向き合って、私の添削だけではではなく、わが講師陣も花市場とのやり取りをします。
できるだけ皆さんの意向を反映した素敵な作品にしたいので、これは高い、とかこれは仕入れ不可能な花だ、とか聞いたことない花だとかつぶやきながらも(きっとみなさんは、初めての体験に、花雑誌や図鑑などで、調べて、そのまま品種をかいてくるので・・・雑誌に掲載されているものは雑誌受けするかわいい花で既に生産されていないとか切花用に改良されてないとか、実用的でないものとかがよくあります)無碍にせず、また安易に手に入る花への変更を強要するでもなく、ご指導させていただきながらスタッフは対応に一生懸命です。
いよいよもうすぐ。!!達成感の感動の日を迎える事でしょう。是非このブログをご覧の皆様も見にいらしてね。
生徒さんたちの素敵な個性あふれる作品を見てあげてください。
尚、フローリストという花の雑誌(誠文堂新光社)が取材に来てくれます。私も土曜日日曜日と終日いますので、お会いしましょう!!私の作品も10点ほど並びますから癒されにいらしてね。

**********************
何事も挑戦することは勉強になります。
すべて整えられて、御膳立てされたレッスンでは、得られない見えない部分を自分で考えるという体験の場です。そして、臨場感や、達成感が得られ、幕が開いたなら、まばゆく美しい花たちが、それまでのどたばたを感じさせないほどエレガントに咲き誇るのです。
趣味のレッスンであっても、本番に臨む、本場の舞台を踏むということを人生の大人になってももてるということは凛と背筋を伸ばしてくれて、小さな自信になることでしょう。
しかも、三越本店という一流の場です。私も楽しみです、この日ばかりは私は黒子。生徒さんが主役なのです。



Posted by: kaoruko
 つるうめもどきを使って、世界のフラワーアレンジメントの上級を練習します。枝を使うといっても、日本の華道(いけばな)とは違った技法によります。人の心を感動させ、広き空間などを彩り、それぞれの花を生かしあいます。花と語らい、自由自在に操りアレンジできるようになるのは、とても楽しくまた奥の深さを知ります。
    花たちが、3拍子4拍子と歌いだします。KAORUKOも指揮を振ってらーらららららーらーらーらーらーと指導します。(笑・マジ)本当にサロンに流れ続ける渡辺俊幸作『愛・未来』がぴったりで、花が本当に踊りだします。
    こちらはゆれるブーケコースの最上級の天使コースブーケです。KAORUKO開発の教材ビジューです。18金コーティングの宝石の花の教材のブーケです。貴金属なのに、生きているみたいな表情をつける技を学びます。光を浴びて、なおさら心が宿ります。金のライトスタンドにかけてみました。KAORUKOブランドの証の刻印が花びら一枚一枚にうってあるのです。  こちらは、秋の木の実を使ったコサージュです。テラコッタの階段において撮ってみました。フラワーデザインコースは、ありとあらゆるデザインや技法を学び、生活を彩ります。一般の方も基礎からこんな風に、花をあやつれるようになりますし、または、プロを目指す方にとっても、または、プロだからこその精進のコースでもあります。今日もカメラマンKAORUKO作いかがでしたか?生徒さんの作品を私のカメラが狙っています。。。
昨日皆さんに宿題に出しました。ピュアハートについて。(応募チラシより)
実は、昨日行ったとあるイベントとは、この一般から公募のこのテーマについての最終選考会でした。12600通の応募の中からうちの娘が選ばれてしまって。。(学校の紹介で出したらしい)文章(エッセイ)で20名が選ばれて、最終審査は、トークセッションを、ゲスト審査員の乙武さんと皆で行いおまけにその模様を収録するという事でした。(3時間も20名それぞれが乙武さんと意見交換して、語りに語ったらしい)残念ながら大賞は取れませんでしたが、親子でよい体験してきました。(といっても保護者は、入れてもらえず最後の表彰式と写真だけ入れました)娘は書くことが大好きという子なので自分の好きなこと伸ばせたらいいなと思います。
 
昨日は私も親ばかになりきってついていきました。乙武さんとは、五体不満足の本を読んで感動してから、こんな形でまさかお会いできるなんてと感激です。もちろん保護者の杉本さんのおかあさんとしていったので、オーラも消して、おとなしくしていましたし、最後娘と私と乙武さんと3ショットを撮る時も、「お母さんに似てるねー」なんて、すっかりいちおかあさんでした。(写真はプライベートなので、このブログでは載せられずごめんなさい)私のこと知らないみたいだから、それはそれで、よかった。(個性的なお母さんだと思ったくらいで)。
乙武さんはやはり凄いかただった。魂がいろんなことを感じました。  終わったのは、あたりも暗くなり・・・ホテルを出ると、もうなんだかクリスマスのような照明でした。

**********************
ピュアハートとは
ありのまま、自然体、人のあるがままを受け入れることができる心。
人間は、影もあれば、醜い部分もあるかも知れない、でも、そんな自分でも、そして他人でも、いろいろあって当たり前、ありのままの姿を受け入れることのできる心。。。そんなことではないでしょうか?と私も思うし、昨日の会もそういう話に、最後は、トークセッションで乙武さんはじめ、皆の意見がまとまったみたい。
今、いじめや、自殺が横行している世の中、社会ニュースになっている世の中、子供も、大人も生きにくい世の中。こんなことを見つめることから「だいじょうぶだよ」って隣の悲しみに打ちひしがれている人に声をかけられる人が増えればいいなって思います。
Posted by: kaoruko
今日はとあるイヴェントに出て、北海道稚内から来てる方とお話をしたら、もう2回氷点下になった、雪が舞っているとのことでした。同じ日本なのに驚きですね。先日は山口の生徒さんが、先生のブログの金木犀にうっとりしていたら、山口で香りだしたのはそれから2週間はあとでした。とか。今日は岩手の生徒さんから、ストーブなしではいられなくなりましたと、メイルが入ってました。
オリーブもおいしそうですねなんて。神奈川新聞社に電話してKAORUKO先生記事の新聞とりよせちゃったなんて話も。まだありますよ、三越のクリスマスレッスンお友達誘って3名で申し込みました。とか、三越カルチャー生徒展覧会に行けばKAORUKO先生に会えるなら行きますとか・・生徒さん以外もこうしていろいろな方がコメントを下さったりするので、うれしいですね。私は欠かさず読んでますからね。皆さんこのブログを日課として、見て、特にめいったときや、元気をもらいたいときは一日何回も見るとか言うことを聞くと、私もがんばって毎日更新と思います。書くのが好き、伝えたいことがいっぱいある・・だから苦にならないし、KAORUKOブログが元気の元になってくれていてうれしいです。今日は、ピュアハートについてのテーマの一日でした。また明日書きます。
あなたにとってのピュアハートは?明日までちょっと考えてみてください。
Category: General
Posted by: kaoruko
KAORUKOブランドのユリシリーズが誕生です。
『Lis』リスシリーズ。。フランス語でユリ。。。
私が、デザインしたこのラフスケッチはいかがですか?忠実に再現された宝石。フラワーデザイナーKAORUKOが花のかわいさを知り尽くした視点でデザインする花の宝石です。
ユリからひとしずくふたしずく、きらめく花つゆが落ちるように。。。可憐でエレガントで洗練で、凛としてでしょ?
KAORUKOの考えるユリの宝石です。

光あふれる日向で今度写真撮るわね。
先日三越カルチャーにつけていったら、早速「先生かわいい!同じのほしい!」との目ざといお声が。
これは、ダイアモンドと総プラチナなんですが、いろいろシルバーや、ホワイトゴールドでも誕生しますから、お楽しみに!
アール・ドゥ・ヴィーヴル花ストーリーをクリックして、vol18(7月31日の)にKAORUKO流ユリについて書いてあります。よかったら見てね。





庭のオリーブが実った
しばらくは無理だろうといわれていたのに
オリーブの木を植えてから5年
庭のオリーブが実をつけた
悠久の地の南フランス
シャガールの愛した山々を臨むその地には
たくさんのオリーブの木があったから
だから庭に植えたかった
大好きなオリーブの木
KAORUKO

***************************
しばらくお休みしていたポエムチックのアール・ドゥ・ヴィーヴル花ストーリー。
美しい花たちとともに詩的に私の心を書くコーナーです。

Posted by: kaoruko
ゆれるブーケの最上級である天使のゆれるブーケのレッスンです。こんなに美しくできたのは、久美子さんです。ソファーや、光あふれる玄関ホールなどで撮ってみました。
 鏡に映った姿を私が狙います。天使ブーケは、他ではない透明感を作るので、こうして、光に透けて美しいのです。   この白い花とこちらのピンク、モーブ系は生花です。 右のピンクと白はプリザーブド。プリザーブドでもゆれるゆれる天使のレッスン。どんどん上達し、美しいブーケが作れるようになると、このくみこさんだけではなく皆さんの心の天使も出てきて、花の天使と語らいだします。そして、苦労の末出来上がったその作品に皆さんもうっとりと美しい表情になるから不思議です。私もうれしいです。

後半は、ゆれるブーケコースではなく、フラワーデザインコースの上級レッスンです。精進して、世界のフラワーデザインを学ぶと、枝や、葉との組み合わせで、しかも、花とそれらを融合させつつも、お互いを目立たせるという立体的な3次元のテクニックに入ります。こんなデザインは、広い空間でも生きるし、又、ブライダルにおいても、カップルの思いを形にするときにありきたりのデザイン提案でなく、いろいろデザインが自分の引き出しからあふれ出てきます。かわいいの(単純にちくちくさしたり、女の子うけするような)も作れるのか?かわいいのしか作れないのか?自分はどこをめざすか?
**********************
入り口しか知らないとこんなもんだと雑誌や、そのほかの写真などをまねして、ある程度はできたつもりになりますが、目が見えてくると、奥が深く、学ばずにはいられないとともに、学ぶのがすばらしく楽しくなっていきます。もちろん壁もまたいくつか待っていて、目が「見えた」と感じるまでには、修行のようですが、知識や技術に裏打ちされて花たちを自由自在に操れるようになって、生き生きと躍動させ、見る人の心を打てるようになることがプロとしての醍醐味です。それには、イチロウや、王貞治が、松井ゴジラがどれだけバットを振ったか、中田ヒデがどれだけボールを追いかけたか、荒川静香がどれだけ氷上を滑ったか、・・・それと本質は同じ。全て、同じことなのです。
プロ度を上げるということは自分としての誇りや自信への確信とお客様に対する、責任だと私は思います。
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2006-11 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006