【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2007/02/01
Posted by: kaoruko
今日携帯を新しくしました。ずっと使っているDocomoの方をです。海外用はソフトバンクをボーダフォンの時代から。私は携帯やバッグはまったく無頓着なんでほっとくといつまででも同じものを使用します。私に会う人はそこらへん感じていると思います。そして、ここ数年アクセサリーもつけないで平気になってしまい、以前は金キラキラキラだったのに自分でも不思議と思っていたら、お会いしたある方から聞いた話では、自分にいわゆるオーラが内面から出てくると、もはや飾り立てる必要性もなくなるから体がそれをKAORUKOさんの場合は分かってきたんだと。つまり内面から光輝く発する中身がそうさせるということらしい。果たして自分ではどうなんだかは分からないけど。それと自分に自信のない人は金キラキラキラに頼るそうです。それを傍らで聞いていた私のお教室のある若い生徒は「私10本ほとんど指輪してネックレスもして大きなイヤリングもしてじゃらじゃらして占いに行った時・・あなたは自分に自信がないのね・・とそのことを指摘された」ということ。「確かに」とつぶやいた彼女。
でも私はKAORUKOブランドのジュエリーもやっているからそうも言っていられないのよね。広告塔でつけないとね。自分のブランドは自分が好きなようにデザインしたから心地良いですが。でも内面から輝くオーラの光か?面白いですね。
話は随分それましたが今日は携帯を新しくしたわけです。でも通話、メイル、留守電だけでぜんぜん他は必要ないんだけど60歳以上の方用・・というのもさすがに気がひけて。。。でも使いこなせないからそれなりのにしたわ。
今朝はイギリスの息子からネット電話。スカイプって知ってます?凄いのよね。無料通話でテレビ電話みたいにパソコン上で顔を見ながら話せる。しかも世界中無料。これが一般全員が気づいて使いこなし出したらNTTはどうなるのだろう。それにしてもスカイプ皆さんもやってみて。文明の発展って凄いですね。。。
Posted by: kaoruko
実は4日に辺見えみりさんとトークショーを行います。詳しくはKAORUKOホームページを見てね。是非これる方は来てください。私の揺れるブーケも披露しますので。以前から好きなタレントさんだから共演できて楽しみです。お楽しみに!
昨日書いたある番組の密着取材もその日も行われます。たまたま私の仕事ぶりを撮りたいということで何日か張り付くんだけどこの日も取材されることに。壮絶舞台裏のKAORUKOがブーケを作り出す本気モードのシーン秒刻みのシーンを撮るそうです。これもお楽しみに!ブログ公開しますね。


それと最近お疲れの私を癒してくれているのがお馴染み渡辺俊幸先生のCDです。このページの右にも貼り付けましたので是非取り寄せてみてね。ヴォイスオブへヴンと甲乙つけがたいいづれも心癒され、魂に染み入る様々な感慨が沸き起こります。でも一貫して渡辺俊幸イズムというようなものが伝わり、深く魂に沁みます。最近のお気に入り。
このサントラは以下のドラマのために作られ番組中でも使われていました。ドラマは見る機会はあまりなかったんですが聴いているだけでドラマまで伝わる感じです。

以下渡辺俊幸公式ホームページブログより引用

『家族〜妻の不在・夫の存在〜』
10/20(金)スタート
毎週金曜 後9・00〜9・54

 竹野内豊と渡哲也が送る“男のための”ホームドラマ。竹野内が転職を決意した日に妻に逃げられた亮平を、渡が定年を迎えた直後に病気で妻を失った晋一郎を演じる。そんな2人がいつしか知り合い、反発しながらも親子のような関係になっていく様子を、妻とのあつれき、子育て、周囲の人たちとの触れ合いを通して描く。
Posted by: kaoruko
今日であった人々や、電話した人々数人から「寝ダメは・・・」と挨拶代わりに話しかけられ、まあみなさま私のブログをよく熟読されていることに敬服!今日も多少お疲れが抜けきらない私は午後5時のアポまでなかったので、ゆっくりとしたくをして4割のオーラの入れ具合で、秘書のところに行ったら「さっきテレ朝から出演依頼が来て急な件だけど打ち合わせを直ぐしたいというんでもう明日からタイトだから今日しかないんで、今日の3時にいれちゃいましたが!」・・と4割の気合の入れ方の私のいでたちを見てあわてて言います。「やばっ。じゃあもう一回やり直さなきゃお化粧と前髪!。。」「人間KAORUKOを取り上げるって言うんで・・・決して先生の嫌いな(注・・セレブ御用達のKAORUKOブランドの品格を保つ為には社の方針としてバラエティーは出演しないほうがブランド価値を下げないないということ・・世の高級ブランドの人や社長は全てこの方針・・個人的には嫌いじゃないんですけどね〜)バラエティーの依頼じゃないんで受けましたが」とさらにあせって彼女は言う。。。ってな具合の会話が繰り広げられ。。。本当テレビって急なのよね。3時にテレ朝関係の方がわがサロンにロケハンにいらっしゃり・・。そんな幕開けの一日でした。正式に日取りとか決定したら報告しますね。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
これは、土曜日に親愛なるジェーン先生の出産祝いとして、私の心を託して病院にお届けしたお花たち。ジェーンピンクにキラキラでBabyって作りました。KAORUKOリボンもそえてね。。今頃可愛い女の赤ちゃんと幸せなひと時をすごしていることでしょう。結婚7年目?だかでやっと授かったとのBABY。
   必要必然で新しい魂はその親めがけてやってくる。スピリチュアル的にはそういうことになっている。意味があって今生で出会う親子。その組み合わせだからこその今生での学びが与えられる。人は何のために生きるか?魂を磨いて人間的向上を成し遂げ、世の中に幸せのひとかけらでも与えることの出来る存在になれるための自分になること。喜び、幸せ感、心打つ感動、美、善き行い、ひたむきに真摯な取り組みで人に感銘を与えたり、何かを生み出したり・・これら全て、小さな幸せを得たり与えたり・・そんな日々の暮らし。人との出会いも子供との出会いも絶妙なタイミングでやってくる。コンマ何ミリの違いや、何秒の差で違っていたかも知れない生命の誕生。今子供をほしくても出来ない人やなんでできてしまったんだろうという逆の迷い、女性なら誰しもとうる道かも知れない。でも必ずやそこには意味があって、必要必然な答えがやってくると私は思う。人間の力では計り知れない見えない力の計画。計算や努力などという言葉は何の意味も持たない壁の前で。。でもだからこそあきらめずにいろんなこと向き合っていけば、キット光は見えるのだから。。
Posted by: kaoruko
先週の三越カルチャーのレッスンから。これはフレッシュフラワーコース。36人のクラスです。欠席や写真には写ってない人もいますが、難しくなるデザインを皆さん真剣に習います。
こちらは、ゆれるブーケコースです。グリンが初級の生徒さんで、プリザーブド。ピンクは、生花で、中上級の生徒さん。メキメキ腕も上がるし、組む早さも早くなります。ともて綺麗でしょ。
そして、これは週末。土曜日の夜のかなり疲れのたまった私。でも多くの皆さんからの励ましのメイルやファンレターをいただき、元気をたもって頑張ります。!ありがとう!ショー後の日曜日なので久々にオフにして昨日はおかげで16時間寝ダメをしました。神経もプツッと切ってね。。このブログ読者ならおわかりのように休みのない私はもの凄い仕事量と集中力の連続の寝ない週間が長いこと続き、こうして、冬眠のように寝る日があって、バランスを保つのがKAORUKO流(なんのこっちゃ・・)
また明日から頑張りましょう!!
Posted by: kaoruko
今日も朝からハードだったわ。。
午前中はテレビの春の某番組の打ち合わせとロケハン。その後マンダリンホテルにてブライダルのお仕事という雑誌の取材を受け、その後三越本店で春の某大イヴェントの会議(まだ言えないけどお楽しみに)その後三越カルチャーサロンにて、揺れるブーケコースのレッスン。写真をまだ取り込めてないので、そんな今日の様子はまた後日ね。やっとショーが終わったとおもいきや、まぁいつものことだけど次々と次が待っていて、そのデザインだったりプロデュースだったり原稿書きだったり撮影だったり・・の締め切りを今日も各所で念押し宣告され・・あーまた産みの苦しみが・・でもいつも不思議なことにちゃんとひらめきが天からやってくる。私のインスピレーションと見えない何かが繋がって、ひらめきとなってやってくる。神がかりてきに。。感謝。また明日からデザインが画片手に目を瞑りイメージを引き出さなきゃ。春からKAORUKOにまつわる様々なことが始まります。3月!ますます楽しみにね。さて?何でしょう?!!
昨日はショーの翌日でフラフラでしたが地方より集結し、ショーを手伝ったKAORUKOライセンスの人たちへのセミナーを早朝から行っていました。9時までなんだかんだと。それから隠れ家ホテルに行き、倒れるように寝たので、ブログ更新できずにごめんなさい。

東京グランドコレクションの報告です。前日夜中までリハーサルが続きます。
深夜。入り口のマネキンに持たせるシンボルブーケを制作。左からユミカツラのアクセサリーデザイナー藤原さん・私・メンズの斉藤さんいよいよ始まります。20日の早朝より制作開始!モデル一人一人に合わせたブーケのデザイン画をショー流れ台本に貼りつけ壁に張り出します。これを見て、一斉に作成。今回もKAORUKO認定ゆれるブーケのライセンス者たちや生徒、卒業生有志が全国から出てきて、手伝います。皆が下準備してくれたワイヤーリングを私が一心不乱にブーケに組み立てます。息を呑んで見つめるみんな。技を修得しようとする熱い視線。みんなも真剣です。どんどん出来上がります。ショー本番逆算して、枯れないように一斉に。3回のショーごとに作り変えます。最高のブーケを舞台に上げたいので、使いまわしはしないのがKAORUKO流3回どころか朝のランスルー・前夜のリハーサルと5回。その分の膨大な花も用意されます。ショーの合間に取材・取材・取材。これは、フローリスト。細井編集長とカメラマン。ブログ記念写真撮るの忘れた・・これは25ansウエディング左カメラマンさん・右編集部しんのすけさん。りんごの震えるブーケをもってオチャメに。ヘアメイクさんが直してくれます。zazaさん。私の顔取材はブライズ・海外ウエディングブライズ編集部の皆さん。右は家倉編集長
最後のショーはディナー形式。

左、俳優の辰巳卓郎さんと周冨徳さん(辰巳さんは六本木合唱団の制服で。。私は六団の初期からのサポーターだったので・・今はご無沙汰してるけど・・久々にお会いしましたがかっこいいですね。記念写真。。掲載の許可をいただき)
25ansウエディング編集部の皆さん(左から粕井ディレクター・しんのすけさん博多副編集長・相磯編集長)と周さんショーフィナーレで舞台に私も桂先生と荒川静香さんと一緒に立って紹介頂いた直後に楽屋に戻ると、そこには尋ねて下さった25ansウエディングの副編集長博多さんとしんのすけさんが労いに。。うれしいですね。ホッ
荒川静香さんが持った和装のブーケ(左)と宝石のブーケ(右)を持って山野愛子ジェーン先生の秘書の佐藤さんと(このショーの日になんとジェーン先生は無事女の赤ちゃんが産まれました。おめでとう!!)メンズモデルの超かっこいい皆さんと。(掲載許可を頂き)私はしゃがんでいるわけではない。。かっこいいわね〜。。幸せ。。ショー終了後。チームKAORUKO。万難排してこの日のために全国から集結したチームKAORUKOで恒例の舞台上での私と桂先生との記念写真を撮りましたが、今年はラッキーにも荒川静香さん入りの記念写真でした。みんな良い記念になりました。頑張るといいことあるね。 
この日、産まれたイナバウアーブーケ。

荒川静香さんの3着のドレスと和装に合わせて3つのブーケをデザインしましたが、このブーケは最後のオーストリッチのドレスにあわせておつくりしました。舞台上でイナバウアーをされて、その時このブーケを手にしています。これはその高級な品種のバラたちをワイヤーリングで四角に組それを少しのけぞらせた感じに。イナバウアーブーケです。荒川さんがとても気に入ってくださったということでプレゼント。とても喜んでくださいました。私もとてもうれしかったです。凛とした本当に美しい聡明なオーラに包まれた方でした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
肖像権の関係上、荒川静香さんはじめショーの模様はここではお見せできません。残念ですが今後発売の雑誌をお楽しみに!!今日のこのほかにもまたKAORUKO専属カメラマンが撮った写真が出来てきたらブログ掲載しますね。



東京グランドコレクションが無事大成功しました。!! なんかまた目が青いのよね。今日はマリーアントワネットだったのかも。そうこのショーのテーマの一つだったようにね。。。

応援してくれていたみなさん!ありがとう!。
荒川静香さんのブーケも3つ作り多分明日の芸能ニュースで見れると思いますが、このブログでも言っていた様にイナバウアーブーケ!
荒川静香さんはとっても素敵な女性でした。苦難を乗り越え一つの頂点に達した人がかもし出す凛としたオーラが包み、また、ひたむきであるからゆえにその頂点に達することが出来たもののみが見えるものを見ていたので、(ごめん抽象的で)私もただひたむきに向き合わせて頂きました。花をとうして、心が通いました。このブログではお写真を掲載できませんが(なんてったって世界が知っている金メダリストだから、肖像権の許可関係が世界的なんで私も個人的に写真は楽しませて頂きます。ごめんなさいね。あとはテレビや、25ansウエディング、フローリスト、ブライズ、などなどが取材してくださったのでまた見てください。今日はいい加減寝ないと・・・なので、こんなところですが、また明日以降ご披露します。
Posted by: kaoruko
今リハが終わっていろいろ修正とかをしてホテルの部屋に。。もう20日になってしまったけど、いよいよ数時間後にショーです。
産み落としたブーケをみなさんに披露します。桂先生が先ほど私の新作ブーケを見て「グリンのブーケで全部デザインしてください。と言ったから、KAORUKO先生は困るだろうな・・・」と思っていたのに、「こんなにバラエティー豊富にさまざまなデザインと素材・花でいくつもデザインして感心」と言うようなことをお褒めくださいました。産みの苦労が報われます。でもこれもそれも宿題を与えてくださった桂先生のおかげですよね。そして先生は「グリんブーケが今後これをきっかけにはやるでしょうね」とおっしゃり、今までの単なるグリンのブーケではなく私が明日発表するブーケの数々はたぶんまたここから流行が生まれる・・という現象に確かになるかもや知れません。でもこういう機会が与えられて本当にデザイナー冥利に尽きます。
いよいよです。がんばります。!今日は全国から私の分身たちが終結して私のブーケを産み落とす作業を見事に手伝ってくれました。プロ度の高いみんなだから阿吽の呼吸でね。明日もKAORUKOとチームKAORUKOがんばります。!!
写真はまた後日ね。
15日の某ホテルでの撮影・取材です。マリッジという雑誌でKAORUKOインタビューです。
取材後にライターさんとカメラマンさんと。KAORUKOブランドウエディングが始まるある地方都市のこのホテルは、とても素敵!パリのジョルジュサンクにそっくりだし、この日ホテルが私のために用意してくださったお部屋はこんなふうに外へ続く階段を上がるとなんと!ジャグジーがありました。ふかふかベットでつかの間ぐっすり!  撮影に使ったブーケは、この部屋のカーテンや壁の色に合わせて、クラシカルエレガンス。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今週は11日の私のお誕生日から始まってこの日は地方雑誌の取材 と男性誌の取材 12日は山野愛子ジェーン先生と楽しく過ごしましたが、13日は25ansの極上撮影・取材でしたし、14日はホームパーティー深夜まで・・そして15日早朝から地方へ泊まりで撮影、取材、そして16日翌日は講演。と春の番組のテレビ取材。そしてこの週末は群馬から生徒さん。
その間もショーやホテルのデザイン・プロデュースを作成したり原稿書いたり・・・脳みそフル回転。。本当に寝る暇なかったわね。秘書もフル活動。。いよいよ明日からショー会場へ入ります。多分徹夜に近く準備とリハーサル。
いよいよだわ。9年目の担当ですが、今回は何だか本当にいろいろ凄いらしい。マスコミの数もだけど、観客も。とにかく頑張らなきゃ!産み落とすブーケを皆さんお楽しみにね。いよいよ舞台にのるんです。私の新作ブーケが。いろんな奇跡がやってくる。このショーからいつも私に。
Posted by: kaoruko
久々に古式ゆかしき結婚式のスタイルを見ましたね。
のりかと陣内さんの結婚式。今風の洋髪和装スタイルでもなく、ドレス風着物でもない、正統派。十二単姿から、綿帽子の白無垢へと。日本人ならではのいでたち。あでやかでいて可愛くて、美しい花嫁さんでしたね。今後日本中に正統派和装・神前式結婚式がこうして、流行って増えていくことでしょう。芸能人の結婚式は流行になるのが世の常だから。。。それにしてもブライダル業界に身をおく私としては、大いに結構な結婚式。世界中が白のウエディングドレス志向になってしまった今、民族衣装を着て嫁ぐという厳かさに回帰するということは、とても素晴らしいことです。というかウエディングドレスだって着たいし、全部着ちゃったらいいのよ。その日だけではなくて、写真だけでもね。せっかくの結婚式。そんな感じに思います。そして、何よりよかったのは簡単にお手軽に挙式をしないとか、するとしてもインスタントな形態というのが当たり前になってしまっている昨今のブライダルの現状の中、こうして緊張して、神妙に神社で神様に誓ったりすることやその行動、その過程が、両親はじめたくさんの人への感謝の心が生まれたり、また、この人についていこうという決心につながるから、そんな心と形をこの二人が見せてくれたのが、今日本に忘れられている何か大切なものを国民に感じさせたのではないかと思いました。ブライダル業界としても一国民としても、女性としても、良かった!と感じました。
Posted by: kaoruko
プライベートホームパーティー仕事抜きの集いだからアットホームに。横浜JCの同期うさぎいちごの会です。
私と同じ年の皆さんです。(KAORUKO先生っていったい何歳?30代前半でしょ?とちまたでは言われているようですが・・この仲間を見れば・・・^^。。)KAORUKOレシピと中華街のKAORUKO御用達の華正楼の点心ケータリングで始まります。食事の写真がとり忘れたのでスターターのこれしかないですが、残念・・・グルメ会なので、結構私もたくさん作ったし、点心も盛りだくさんだったのに〜。それと仲間から送られてきた極上生ハムも。
お花のガラス瓶がワインクーラーに早代わり!    華正楼の御曹司江夏さんが乾杯 本日のホスト・ホステスです。  皆さんくつろいで楽しんでいます。   わが秘書の浅井さん、今度も選挙に出る県会議員の磯本さん(ガンバレー!!)とその2世そして、紅一点の京子さんとごみちゃん かんちゃん  「これバカラ?100均?」(先日のテレビのモノマネタレントほりさんの質問のように。。混在しているのがKAORUKO流^^) 私が作ったチョコレートケーキにうさぎの絵を描きました そして京子さんのおもたせのイチゴです。  左から根岸さん・金さん・鳥谷さん・京子さん・五味渕さん・村山さん・長谷川さん・磯本さん・簡さん・江夏さん  うさぎいちごの会でした。
(さて私は何歳でしょう??^^)
Posted by: kaoruko
KAORUKOプライベートホームパーティーをしました。今日は今はもう丑三つ時。写真を取り込んでくれる秘書がもう帰ったし、明日は6時には私も出発して地方出張で泊まりなので、今日の報告はまた後日!お休みなさい。
25ansウエディングの撮影でした。3月7日発売号のフラワー号での取材です。とても凄いことになっています。大変ありがたいことです。何が凄いって?そりゃー買ってみてのお楽しみ!!

左から副編集長の博多さん・私・しんのすけさん・カメラマンさん

KAORUKOのこれぞゆれるブーケと、KAORUKOブランド今の一押しなど3点を撮影
私が瞬時に作りカメラがそれを追う。。ブーケの制作下ごしらえをしてくれたのはわが天使チーム。。すてきな花たちがそろいました。。なんて美しいのでしょう。

今日手伝ってくれたのはKAORUKO天使の揺れるブーケライセンシーのみなさん。左から日野の上原さん・埼玉の野間さん・横浜の佐藤さん・山形の遠藤さん・静岡の外島さん。この撮影のためにわざわざ。私が極上ブーケを作る所をマジかで見れて、一流の25ansの撮影というこtで、皆さん勉強熱心です。

山野愛子ジェーン先生とブランチをしました。

私の隠れ家ホテルの至近距離がおうちなのでハズバンドも一緒に。とても久々です。楽しいひと時でした。

私のフラワーショーにゲスト出演してくださった8月のあの日、桂先生が舞台上で爆弾発言をされたこと・・ビックリだったね。面白かったね。という思い出話になり・・・あの時のスクープだったベイビーもいよいよもう産まれます。臨月とは思えないかわらぬ美しさ!やはり美と健康を提唱されている山野総帥だけあって妊婦になっても実践されていることは敬服です。

久々に会えることになったのでそうだ!と思いついて、少し気が早いけど私が娘に大好きで着せまくったメゾピアノのベビー服を。。うさぎちゃんづくしのかわいさです。ジェーンベイビーにも着てほしくて。。。そうもちろん女の子です。

楽しくアットいうまに2時間近く過ぎてしまいました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ジェーン先生ご夫婦は本当にいつも笑顔で、包み込む優しさで周りを癒し、あったかく幸せな気持ちにしてくださいます。結婚数年めにして待望のベイビーを御懐妊され産まれる今年は、なんと初代山野愛子先生がご生誕100年のおめでたい年にあたるそう。さらにマイタワーと名づけた新校舎兼ビルディング(数十階建て)が数年の工事を経ていよいよこの4月に完成!の3つのおめでたいが重なったそう。
凄いですね。その年に愛子を継承される次世代のベイビーを授かるなんて、しかも女の子!本当に神がかっているし、守られて導かれていらっしゃるんだなーと感じます。『笑顔、感謝、精神美』の教えの山野グループはそれを実践していらっしやるからこそ、こうして、ちゃんと、必要必然に計算してもできない奇跡がやってくるんでしょうね。。と僭越ながら感慨に浸り人生の学びになりました。今日も。





早朝から取材でした。水戸のタウン誌で、KAORUKO特集ページだそうです。わざわざ遠路はるばる水戸からいらしてくださいました。
「サクラサクライフ」のスタッフの方たちと。

この取材の後は、ひざびさにKAORUKOプライベートレッスン。
福岡・茨城・横浜・青山の生徒さんがやってきました。

そして私は今日お誕生日!オメデトーメイルもいくつか頂きました。ありがとうございます!新たなる年にまた頑張ります。。
花だから花のことだけを勉強していればいいではない時代・・・ということ。お客様は多様化してまた情報量も多い。トータルなアドバイスが出来る人材が必要ということ。また、自己満足ではなく時代を映す鏡となるような今風エッセンスが入ってこそ、素敵だといってもらえる。変わらないということは変わり続けているということ。止まらずに時代とともに流れているからこそダサい古いではなくセンスがいい、洗練といわれる。変わらないということは変わり続けているということ。
花も時代を映す鏡、その花を見れば時代が分かる。でも作り手の顔は見えない。その時代に止まっている作り方のつくり手なんだということだけはわかる。
KAORUKOの場合は1999年のKAORUKOの作風・2000のミレニアムの時代の作風・・2001・・2002・・とKAORUKOの提案してきた花が分かる。ゆれるブーケも進化している。これもひとえにこのショーのおかげだ。KAORUKO流やKAORUKOブランドと世間から言ってもらえるようになったこのごろ、走り続け、追究し続け挑戦し続けてきたこと、その機会が与えられたことに私は感謝している。
なにもなくただなんとなく月日とはすぎていく。自分に何かをあえて果すことは「なんのためにやってるんだろ」ということで終わるのではなく「やっててよかった」とあとで振り返ったときにおもう事への行動なのだろう。
さっき見たテレビで「いつまでやってるの自分探し」という団塊世代の一部にそういう人がいるということをやっていたがただなにかを習ったりやったりしても答えは出ない。『がむしゃらにひたむきに・・というなんだか分からないけど頑張ってみようある期間』という時期を経てこそ答えはでてくるのではないだろうか?
Posted by: kaoruko
桂先生の東京グランドコレクションは1965年から始まり途中、夏の大阪や地方のフランチャイズ主催のものもあわせると数百コレクションだそうで、ギネスものだそうです。東京グランドコレクションは毎年2月に行われ、今年で42回目。このショーは桂先生の新作のドレスの発表ですが、ある意味業界のシグナル、つまり方向指示器になっています。
昨日の総合会議で、桂先生のお言葉を拝聴しました。
「1965年といえばまだ和装全盛の時代で、ウエディングドレスを着る人は全婚礼人口の3パーセントだった頃。その頃からこういうショーを行うということは、時代がこうなりますよといういくつかの提案をこのショーをとうしてしてきた。企業とは数字やビジネスのことだけ考えて皆頑張るのもだけど、こういったショーはお金になるわけではないが、方向を示すことをしてきたということで、日本のブライダルのいろいろなことを提案してきた」と。まさにそのとうりで、桂先生の傍らで私はこの10年先生の情熱はもとより、誰よりも走り続け休みなどなく(このブログ読者や私を知っている人は私もかなり休む暇もなく走り続けていることに驚かれますが・・もっとさらに凄い)
頑張っていらっしゃるお姿を拝見し、本当に人生への取り組み方や生き様を何より学び影響を受けてきました。

このショーは時代を映す鏡であり、少し先の現象を映す鏡でもあります。

「今世界的にマリーアントワネットブームで、パリコレはじめファッションもそうだけど流行は、マリーアントワネット時代の髪型、色使い、音楽。今回のこのショーもこれらを取り入れている。ユミカツラの象徴もバラだけどマリーアントワネットの象徴もバラという共通点もあった。・・・」などなど。何だか私は去年のこのブログに書いたマリーアントワネットの話以来こうして、深い縁のところにマリーアントワネットがいやというほど登場します。それはさておき、このショーはそういう意味でも、ウエディングに関係のない人が見て逆に勉強になるんです。音響、映像も凄いですよ。でも残念今回は荒川静香さん効果もあり、すでにチケットは完売!いまだに問い合わせが凄くて殺到しているとのこと。それでも3回転のショーは合計3000人が見るんですが、凄いですね。
本当にこのショーを9回目担当できて幸せ。この体験がなかったら私もいまだにワンパターンの花を作っていたでしょう「こういうもんだから」ということで。「時代がこうだから今流のこういう提案」という発想が私に植え付けられたのはこのショーをとおして、いつも今回のショーのテーマやコンセプトをお聞きし、宿題が与えられ、産みの苦しみを与えられるからこそ。それとパリコレはじめ時代の先端のショーに入り込む機会が、流行を作りだす世界の頂点から様々なことを学んだのでした。

次回はパリコレの舞台裏等のお話も良いかも知れませんね。私が見た、感じたね。

20日のショーの総合全体会議でした。ショー会場の東京プリンスホテルパークタワーにて。これは会議が終わった後の私。連日の脳みそフル回転に少し疲れて・・でも天からか、どこからかインスピレーションがやってきたので、たくさんの新作を産み終えられたので今はホッとしてます。

その後打ち合わせで三越本店に行くと、バレンタインのチョコレートフェアをやっていました。そして、私が導かれるように黒山の人だかりの中、数十はあるであろう世界のチョコレートのブースのなかで、まったくどれが何だか見えなかったのに引き寄せられて立ち止まったのは。。。そう、ラデュレのブースの前。そして、なんとこんな写真が!(三越ラデュレのブースに貼ってあった写真より)
 今ヒット中の『マリーアントワネット』の映画です。そう。。知らなかったのですが、この映画のソフィア・コッポラ監督はラデュレのお菓子を映画のイメージにしていたそう。全編とうしてスウィートなカラーが重要な構成要素になっていると書かれていました。
そしてまだお見せできませんが昨日書いたように今回のパリコレはカラフル!そして、昨日まで行われた今回のショーのフィッティングもトレンドがもちろんちりばめられ時代の先端が垣間見れるといいましたが、このマカロンを見たとき、アッ!これって。。。って。ショーはパリコレのシーンが別立てで再現されます。さぁぁて、何でしょう???お楽しみに!

それと話はそれますが、さらになんと、私がはじめてのパリコレを担当した時、パリに滞在中にパリ在住の日本人から差し入れに頂いたのがこのマカロン。。どこのよりもおいしくて、30個くらい入っていたのをやめられない止まらないで、アッというまに食べちゃいました。そんな思い出のマカロンが入っていたここのバックはグリンです。とてもかわいいミントグリンにゴールドの紐。ずっと大切にしまってあったのを覚えています。。。そんなラデュレに足が知らないうちに向かったという不思議。そして、マリーアントワネット!
このブログ読者ならその意味もおわかりですよね。
でもさらにもっと不思議なことがさらにあったのです。。。実は、ここに向かう数十分前、桂先生は総合会議で今回のショーの思いをおっしゃいました。

その驚く話はまた明日!!お楽しみに!
Posted by: kaoruko
フィッティングも最終日です。産みの苦しみもほぼ産み落としてようやく気も晴れました。
 桂先生とプロデューサー・演出家の松川さんです。打ち合わせしているところです。もう全てが終わる最後なので、皆、心も軽くなり笑顔になります。 私たちのこの座っている正面でモデルが着こなしウォーキングをし、各セクションが取り囲んで修正をします。一人ひとりにつきフィッティングとは、演出会議みたいなもの。このモデルのこのドレスはこの音楽でこの映像で、この照明で、何分何秒ということを含め、トータルな流れをチェック。主役の新作ドレスも細部を直し、あわせるアクセサリーの新作を選び、靴を選び、各アーティストは、自分の持ち場とはいえ、それら全てにあわせて例えばヘアーメイクさんは瞬時に髪を作ったり、予めデザインして作りこんだ時代のトレンドを入れた最新でかつ斬新なモード系のウィッグや髪型を提案します。今回のヘアーさんはモードのかんじと、今風の計算しつつくずした感じがセンスよくて面白いですよ。それを桂先生ももう少しこうしてああしてと。花に関しても完璧なドレスとしてモデルさんが着て、ヘアーも本番どうりに約100とうりの髪型を見れるので、私の花もトータルなバランスとデザイン性を追及でき、完成していきました。いろんな花や、色を使えれば簡単によりどりみどりのこれぞというブーケを出すことは簡単だけど今回のようにグリンというテーマでいかに数十点のブーケをデザインしたかなおかつモード、トレンド、KAORUKO流を入れながら、そしてドレスの素材、形、先生のコンセプトにあわせて!あー気が狂いそうだったっけど醍醐味。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このショーは世界の流行を先取りし、また反映するショーですから、見にくるかたもそういったいろんな意味で勉強になりますよ。例えば色だって、流行の緑はじめ、今回のパリコレは実にカラフル・ビビッド!それらを如実に反映したドレスや花のシーンもあるし、またウエディングドレスには、テーマのグリンで私がどうやってそんなになんとうりものブーケを披露するのか?も面白いと思いますし。私のブーケに今のモード感やトレンドのものをいかに取り入れているのか?流行や時代に敏感であればかなり見ていて面白いと思います。それらをしらないで見ていると、桂先生の好みなのか?と思うでしょうが毎年見てれば感じるまったくちがう完成度の凄さにキット度肝を抜くことでしょう。
まだ何一つお見せすることは出来ません。トップシークレット
荒川静香さんのドレスだって彼女にドンピシャだし、そのシーンんの演出や私の花もトレンドと私らしさのエッセンスが入っているのでお楽しみに!!なんてエキサイティング!



Posted by: kaoruko
朝、太田市場に行きました。花屋さんではない私は普段日常的には行かないので、、こうした大きなショーや、デザインを生み出す最終で行きます。
  「KAORUKOさんだ」といわれ照れくさいかわいいお花たちがたくさんでうれしくなっちゃう。しこたま買って、桂先生との最終のショーのフィッティングに臨みます。花だけではなく、私の今回のデザインはたくさんのものを使います。ブーケは花、という概念を僭越ながら壊して、新発想できらめきを加えたりアクセサリーを加えて21世紀のブーケ革命と多くのテレビで言われているのはゆれるブーケだけでなくこういうショーで産まれるKAORUKO流新作ブーケ .
そして、用意したこだわりのこの中から本番舞台に上がれるのはほんの一握りの子達(花他) ショーのテーマのグリンにあわせてグリンな私になって今日はデザインに融合するようにしました。(このブログのコアな読者ならお馴染みのこのグリンな私はさて、何回、登場したでしょう?・・なんてどうでもいい話)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
日本一、いや世界一といわれているこのショーに携われて本当に幸せです。ピーンと張り詰めたる空気で、私が生み出したデザインにあわせて、ブーケを作りモデルさんに持たせる。まあ、今日は何とかイメージとおりの出来。洗練の仕上がり。キット今年も皆さんをアッ!と言わせます。傍らで、手伝いに来たスタッフや、ライセンシーの地方の花屋、花の先生も「アッ!」「ギョッ!」
といっていました。ここから流行が生まれるといわれています斬新な発想を具現化するための新しい技法も生み出すのです。ゆれるブーケだけでなく、花の処理の仕方ね。みんなスゴーーーーーク勉強になった、こんなやり方をよく思いつく。という感想と。ではお楽しみに!
桂先生とも8年目となり、あうんの感じでひらめきのポイントが一緒で、感動です。荒川静香さんのブーケも3つのうち2つは決定。明日はもう一つを最終で決めます。なにしろテレビや新聞花雑誌に大きく映るし、ここから流行が生まれるんで手も気も抜けません。。。
Posted by: kaoruko
いよいよ明日は、桂先生のショーのフィッティングです。本番さながらにもでるさんたちが集まり、ヘアーめいくやブーケのコンマ数ミリのトータルバランスを検証します。それはそれは、桂先生と私との審美眼のやり取り。。。物凄い世界です。本当のトータルな美を追究するのです。今日も夜中まで、その準備。私のデザインもほぼ8割完成。明日、明後日を経て99パーセントに修正です。それは
オーディションを勝ち抜いたモデルさんが明日、仮縫い状態の新作ドレスを着た姿を見てこそ、私の考えていたブーケがやっぱり違うとか、イメージとうりだったとかを実感できるから。本番直前で99、9パーセント。なにがあるかまだわからない。舞台に上がって100パーセント。その日に向かって、いよいよ明日。脳みそがジューッと音が聞こえそうな終日。前頭葉、右脳フル回転で頑張ってきます。!!
話変わって。。。

KAORUKOデリバリーのケーキフラワー・フラワーケーキはネット検索常に1位から5位を行ったりきたりです。かなりの件数の検索となるそうです。今回そんなところからか、このケーキがとある雑誌の取材に選ばれまして、今日早速そのテーマで作ったの。かわいいでしょ。発刊する時にこのブログでお伝えしますね。
『KAORUKO流』
KAORUKOブランドウエディング。輝きだけが彩りという一貫したテーマで2006/2007発信しているKAORUKOですが、今回のデザインも素敵でしょ。誰が見ても今年のKAORUKOスタイルとしてわかってそれでいて、このホテルオリジナリティーをいれて。
ケーキも私がデザインしました。花嫁のブーケ、ヘッド、そしてケーキをトータルデザイン。
。。。お次はKAORUKOマジックによる花嫁七変化。『女優オーラへのお導き』ドレスとヘアースタイルとブーケと表情の出し方と、写真の撮り方をKAORUKOプロデューサーが全てをデザイン、指導監修。去年今年とKAORUKO定番としてKAORUKOブランドとして愛され続けてきた作品はこうして、ブログ。25ansウエディング、テレビでもいやというほど登場しているから、誰かがたとえマネをしても別にいいの。でも本物を持つステイタス。KAORUKO本家本物を持つ贅沢として花嫁さんがプライドとしてくれれば。KAORUKOリボンが本物の証。キットどこかでマネが出てもKAORUKOさんのだ・・でもリボンがない・・ということで。。

これはもう一つの部屋のプロデュースです。私が考えた夕暮れにシャンパン片手にテラスに出れば・・のキャッチのとうりちょうどイメージどうりに撮影ができて幸せ。夕暮れの黄金に沈むその時間帯という超こだわり撮影で。カメラマンさんがその一瞬でシャッターを押すためにすべての秒刻みのスタンバイで。メガホンを持つ私


今日も無事KAORUKOプロデュースの撮影ができて幸せ。ほゅ。

ついでに言えば、この撮影時にホテルの広告代理店の方も立会い、パンフレットやチラシの写真の選択、見せ方、キャッチコピーまでKAORUKOお任せとのことで。ホテルや花嫁をぐっと一段と素敵に魅せ、洗練を加えるのがKAORUKO流仕事。私は私がデザインプロデュースした自分のトータルな作品を一番素敵な出しかたができるようにそこまでやる醍醐味に浸りながら幸せ。
Posted by: kaoruko
KAORUKOブランド契約をしたいというホテルのプロデュースに来ています。終日撮影を行い今日はホテルでお泊り。明日も早朝からセミナーをいたします。ブランドを扱ってくださるのは心も理解していただかないとならないので。そんなこんなで今はホテルの部屋から投稿しています。今日の素敵な写真はまた明日にでもお見せしますね。
あくなき追求ここにありの撮影をさせていただき、セットアップした会場装花を撮るときのこの目線でこのぼかし具合で・・とか花嫁が絡むときもこの角度でこの光の入り具合で、とかまず私のデジカメで私が写し、それをお見せしてカメラマンさんにこんな感じで。とアングルとかを伝えて。やはり自分のデザインした花は自分が一番素敵さを知っているから、こうして撮って!って言うあたりにまでこだわってしまう。。このブログの読者なら私のデジカメ作品のこだわりをよくわかっていると思うんですが。。カメラマンさんはすばらしいプロだから、私が花の命の見せ方魅せ方を伝えるともっと素敵にそれを生かしてくださったのでうれしいわ。
明日は、お庭のデザインもするの。私のサロンにきたことがある人はかわいいとかセンスとかお感じいただけるかと思うんだけど、そんなわけで、南仏風は私の得意のお庭。楽しみ。!!
そして明日夜は、いよいよ大詰めの桂先生のショーのデザイン。いろいろ同時進行のデザインがたくさんだけど、デザイナー冥利に尽きます。がんばらねば!!


つい先日合間をぬって久々にヘアーカットとカラーに行ってきました。おなじみの土屋雅之王子と右は、たくちゃんです。土屋さんの助手をしています。。。。

土屋さんはこのところの新庄フィーバーにより、コマーシャル撮影を世界中同行して担当しているから、この日もカレは久々にカットの仕事に入れたということで、「また明日からロスで撮影」ですって。そういえば、帰ってきてから気がついたけど新庄がハリウッドに行ってきます!って芸能ニュースで言っていたあれなんだわね。ハリウッド映画の関連の。
たくちゃんは土屋さんの助手として修行をしているので、いつもそういった撮影なども同行していますから私との撮影や私と土屋さんとのトークショーも来てますから、顔なじみ。まだほんの数年だけど、いつもまじめにコツコツと、実直に働いています。(これからも頑張るのだよ・・そのまま・・と祈るような親心の私)
私も人育ては仕事の一つだから、よく分かるけど、大体が有名人について助手をしていたり傍らで秘書をしていたりすると、いつの間にやら勘違いが始まります。自分までちやほやされてるのが実力だと思い始めたり、凄い仕事場や、凄い人に会えることや凄い体験をしていることが当たり前のように慣れてしまい、本当はありえないことだということにありがたい気持ちを忘れてしまい、謙虚さをわすれ、いけいけになる。私はいつも自分でさえ、ちやほやされることを冷静に受け止め、見つめて初心や原点を毎日思い出す用にリセットボタンを押して、新しい一日、生まれたばかりの気持ちで、新鮮にピュアに仕事や出会う人に向き合うことが一番大切だと心がけているから、もちろんうちのスタッフや秘書、地方の天使ライセンシーの人にまでこういうことをうるさく言い聞かせる。私でさえこうなんだから、皆さんはもっと勘違い女にならないように自己を常に律し見つめることって。。。
私が出合った一流の方々はそうした修行の日々をとうりすぎてきて今があるのだし、又その傍らでもう10年以上長く付いていらっしゃる方々もトップのそういう心に自分も学ぶから、このあたりはやはりさすができている方が多く、その姿に手をあわせたくなる位の方もいる。反対にいつの間にやら勘違いの集団はいつの間にやら気がつくといなくなってしまった・・というように、うまく成功するわけがない。。生き方の方程式がよく分かる。
本当にいろいろ勉強になりますよね。

修行の日々は技術やノウハウだけでなくそんなことを実は教えてくれて、学び、上のものからも周りの人からも天からも試されているということなのだ。
今朝の荒川静香のドレス姿と着物の姿をご覧になりましたか?親愛なる桂先生の素晴らしい新作でしたね。本番まであと少し。!いよいよ始まります。

本番のブーケは今年の新作で今産んでます。!もう臨月です。そろそろ陣痛です。本番をお楽しみにね。!今年は荒川効果もあり、とっても人気で、ショーチケットが足りないそうです。KAORUKOグループとしても生徒さんたちがたくさん購入してくれて、既に完売。
でも夜のディナーショーならなんとかなりそうなので是非いらしてね。3回のショーは私にとって戦いなのですが、この最後の夜のショーはスタッフに全て任せて私はテーブルに座ります。私のコアな関係者と一緒にね。もちろん生徒さんや一般の方でもKAORUKOから申し込んだ方は私の席と同じしまだから、私ともお話したり、写真撮ったりしましょうね。夜のディナーショーはいつも桂先生のコアな友人知人の芸能人や政財界の方等がたくさんいらっしゃるので、そういう意味でも華やかで楽しいですよ。でもくれぐれもKAORUKO関連の方は、「写真撮ってください!」なんておはしたないおのぼりさんはグッと我慢してね。皆さんプライベートで楽しみにきてくださっているのでね。マスコミは13時半の会を取材だからそれはそれで圧巻ですよ。それではお楽しみに!いよいよ陣痛を迎えます。頑張るわっ
先日のうさぎの会です。今月は鴨料理でした。極上グルメの会です。今回も10名くらい。横浜で活躍の皆さんたちと。。。
右が会長の福本京子さん、中央が神奈川県議会議員のいそもと桂太郎さん、そして私。油はねがないようにかみエプロンをかけていたのはこうして、まず鉄鍋でかもの皮をカリカリに焼きます。黄金色に焼けたら取り出してから野菜をその出汁の出た脂で焼いていただきます。それからお水をいれ鴨肉をしゃぶしゃぶします。これは誰かがもってきたマイ調味料の京都の黒七味。絶品です。全員で撮った写真が今月はないけど、来月はKAORUKOハウスでホームパーティーということで私が幹事です。お楽しみに!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
来週から雑誌やテレビの取材が目白押しに入っているというのに。。。こうして美味しいものばかり。。痩せる暇がないわ(汗)
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2007-02 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006