【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2007/10/01
Posted by: kaoruko
ハローウィンですね。ムヒヒヒって声が聞こえてきそうなジャックランタンでしょ。お花にいれて。和と洋の融合のデザインで。。

先日のNHKカルチャーでのレッスンのご紹介です


そして今朝早くから外で「トリックオアトゥリート」と元気のよい声が。のぞいてみるとかわいらしいちびっこたち。この本牧、山手周辺は閑静な住宅街で外国の人が多く住んでいるからハローウィンはクリスマスくらいあたりまえに子供たちは外国のちびっ子に混じって日本の子もメジャーなイベント。各家を回るんである年は袋詰めのチョコやキャンディーもいくつ用意しても足りないというくらい次々と来て・・・という感じ。
 幼かったときの我が子供たちがバレリーナになったり魔女に扮して私もつきそいで周ったあの過ぎ去りし時が懐かしい。


本日は新潟からのゆれるブーケのレッスンの生徒さんがいらして。130人も生徒さんを抱えてるお花の先生です。ゆれるブーケに魅せられて、生徒さんたちにゆれるブーケの認定資格取ってくるね!と告げてきたそう。生徒さんたちも楽しみにしているみたい。新潟のKAORUKO目指してゴー!「ブログ写真よ」とカメラを向けたらKAORUKOブログ欠かさず見ていたので作れて嘘見たいと感激され、そしてブーケを私が最終手直しし出した時、やはり涙が。きれい!とつぶやき「私めったに泣かないんですけど不思議に涙が」とぬぐっていました。「皆さんそうなのよ。今この花に天使が舞い降りてきたのよ。見て泣かない人はいないのよ。私も不思議なの」と。デモうちに言わせればこれは初日の入門ブーケ。明日明後日とさらに美しくなり、天使ブーケはもっと・・明日は天使の人も来るので美しいブーケが見れますよ。初回初日短期集中だからこんなに作れるように私が張り付いて手取り足取りご指導いたします。!
横浜アリーナです。貸しきりのビッグイベント開催です。

ジェーン先生はじめ山野グループの皆さんの素晴らしさはこのブログでももうたくさん書いている通りで、歴史と伝統を常に革新しその創意工夫の凄さやまた一流なのにいや一流だからこその常にだれよりも走り続ける凄さは私はいつも勇気を頂き私なんてまだまだと思います。初代が一人ではじめられたことが今や継承し発展し日本の文化貢献になっていることって素晴らしい。学ぶことがたくさんあります。仕事や会社って3年や5年はだれでも出来て10年経つうちにその起業のほとんどが消えていくそうです。本当に継続ってエネルギーが要る。あらゆる困難に立ち向かわなくては継続は出来ない。継承継続して発展させる秘訣はやはり人・心・それに尽きるのではないだろうか?誠実で素直で真心で・・・そんな日々感じていいることを尚いっそう新たに確信させてくれるこの芸術祭。

第57回芸術祭全国大会インターナショナルビューティーフォーラムです。今年のテーマはクラシカルビューティー。山野愛子御生誕100周年の今年、原点を振り返りさらなる未来へ(古典を振り返り未来を創造する)という意味だそうです。

全国から集結の数万人で美を競います。コンクールは内閣総理大臣杯、厚生労働大臣杯をかけて。コンクール終了後はヘアーショーが始まります
今年はAshのショーに引き続き・・

新井唯夫さんのショーでした。これは本当に凄かった。その凄さは後半書きます。
そして毎年音楽を取り入れるジェーン先生のショー今年は「高嶋ちさ子 12人のバイオリニスト」による演奏をバックにジェーンズコレクションの新作着物とヘアーショーです。
昨夜の前夜祭ではドレスでしたが本番の今日はジェーンブランドの着物でバイオリンを奏で、映像も古典と未来を感じさせるスペクタルな映像構成でした。

フィナーレのジェーン先生のショーでは今年御誕生に3代目にあたる山野愛子みあちゃんにちなんで誕生したみあちゃんローズ(淡いピンクのミニバラです)をモチーフにした新作2008の着物とそれにあわせた映像です。
ジェーン先生オツカレー!!本当に素晴らしかった。

17時過ぎに終了し、一緒にご招待された全日本ブライダル協会の私と同じ理事をしている山梨の三上さんです。理事にお互い任命される前からの約8年くらいのお友達です。山梨のテレビのアナウンサーを経てフリーとしても活躍しつつウエディングプロデュース会社のオーナーです
お互い超多忙だから理事会とかであうことはあってもこうして夕飯は数年ぶり。横浜だから中華だねって。カンパーイ。。少しほろ酔いの2人。小池元大臣にくりそつでしょ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
新井唯夫さんて知らなかったの。かなりのカリスマで国内海外でヘアーショーや講習会をガンガンやってるとのこと。
デモ始まるやいなやすぐさま「あっ、私と同じだ」と僭越ながら感じた。マジックのセロを見ているみたいに魔法のような指使いでヘアをいじると本当にマジックのように髪が生き出し自由自在に躍動し【アップの貴公子】といわれているのが分かるようにきっと誰にも真似できない・・という凄さがスクリーンから伝わり、またその目つき・・「KAORUKO先生のショーの舞台裏のブーケに向き合う時のチーターのような目・・とか言われるんですが」天と花と私という入り込んだ時の自分。。たぶん私もこんな目をしながら仕事に入り込んでるんだろうとか「KAORUKO先生の魔法の指・・触るか触らないかで花がぜんぜん変わる」と良く言われ、そんな時は見ている人が全員同じ瞬間に涙が出て頬を伝う・・そういうとき天使が舞い降りてきたわね。と私は言うんだけど、不思議な何かが作り手の体(指)を通して花(髪)と一体化して人の心をうち浄化の涙を流させる・・・ってある。本当に今日は私がその境地になるほどのめりこんで彼のショーをアリーナ最前列の来賓席から見ながら巨大スクリーンでも見た。そしてやはりそうだった。。
『負けないこと・・技が上達するにはまず心。人間性が磨かれなければ技術は絶対伸びない。そのためには自分に負けない。とかくうまくいかないと、いらいらすると出来ない理由を【環境がいけない】【地域がよくない】【店のせい】【お客様のせい】【先輩がよくない】【後輩がよくない】と何かのせいにする人が多い。自分に負けているということ。うまくいかないのは自分のせい、自分に負けてはいけない。仕事の成功は自分に負けない。人間性を高める努力をする。』そうそう、やはりか!やはり同じ苦難の道をきっと彼も歩き乗り越え乗り越え精進し続けたから魔法のような指になり感性が備わり、そして哲学が出来たのだろう。あるステージから上に行こうと思ったらこれが真理なのだ。そこを通らずしてはありえない。私は同じ匂いに納得したし、久々に他人の表現を見てその人の審美眼の凄さとプロの仕事に魅せられ食い入るように涙がこぼれそうになるほど魂を揺さぶられたのだった。
「KAORUKO先生がいつも言うことと全く同じでしたね。感動しました」と新人登録スタッフも永年いるスタッフも感動に涙ぐんでいた。とても勉強になった芸術祭だった。感謝!







第57回芸術祭の前夜祭にご招待されて今年も行ってきました。詳しくは又明日ね。明日は本番で今宵は前夜祭。特別な人だけご招待して頂き、本当に恐縮で身にあまります。「中華街いきましょうねー」ってジェーン先生が中華街の美味しいもの話で。

山野愛子ジェーン先生と妹さんのティナ先生です。後方のお着物の方はジェーン先生のお父様の理事長先生です。私の席はそうそうたる方々の中でいつも恐縮・・山野ファミリーの隣だったから光栄であるとともにもう8ヶ月になる3代目のベイビーちゃんもだっこしては楽しく過ごさせて頂きました。毎年の事ながら自民党、民主党の某トップの方々がそろいます。ハリウッドからは今年もカオリラナターナーさんもいらして「ここで年一回しか会わないわねー。たまには外でお会いしましょ。」と優しくお声をかけて頂き。
第57回って戦前から美を競い合う祭典はいまやこの芸術祭だけとのこと。山野の歴史を感じさせます。


私の御祝のお花です。私が胸につけているのは弊社が頼まれたご来賓用のコサージュです。初代山野愛子先生は紫がお好きだったとのこと。ジェーン先生はいわずと知れたショッキングピンクがイメージカラー。なので2つの色を融合してデザイン。しかも今年のテーマはクラシカルビューティーですからクラシカルな色合いも入れて調和して。RUCOパールの紫もジャラジャラと。

そしてその後この新横浜プリンスでディナーパーティーが8時に終了後タクシーですっ飛ばして白金台の八芳園へと。BIAの専務理事の感謝の集いがあり、こちらもご招待をうけていましたので遅れて駆けつけました。野田さんとご家族です。出席させて頂きます葉書を出した後に届くもう一つのパーティー・・でもどっちもはずせない・・だから返信した順番に駆けつけ・・こちらはもうお開きになりかけていましたが2次会へ。普段お世話になっている人たちを自費でお呼びし一切御祝は本当受け取らずに本当に感謝の会。外国暮らしの長い方だけに流石ですね。「うのちゃんの感謝祭よりこっちが先に企画していたんだよー」ってね。こういう習慣が日本に定着するでしょうね。さきがけさすが。
Posted by: kaoruko

木更津レッスンです。つきに一度の日曜日に木更津KAORUKOアトリエにて。紫のカーネーション紫のバラ、紫のトルコききょう・・で。シックに。
 
木更津のお手伝いの嶋田さんが焼いてきたケーキです。とてもおいしかったわ。ケーキが上手なプロ級の人が私の周りにたくさんにてうれしい限り。

いつもはお茶なども出ずに入魂闘魂の花だけに向かいあうレッスンですが、初めてのティータイムに私を囲んでなんだか質問攻めに・・^^
「初めて知ったとき、テレビや雑誌で見ていたKAORUKOさんがなんでこの木更津に????「講師でしょ?本人は来るわけない」「しかもこの場所・??」
そう何故って木更津は私の実家。故郷なのです。もう離れてからかれこれ22年ほどたつから、ほとんど帰っても来なかったし・・デモKAORUKO地元活性化地元貢献!というお誘いも受けこうして4月から来ています。(もう50人ほどになってしまった・・)隠れ家レッスンと呼んで。^^『雲の階段を下りてきて私たちのところに来てくださってる感じです!ありがたい』なんて言われちゃって・・「そのセリフ面白いからブログに書いちゃおう」と笑いました。
雲の上でも何でもありません。。私は雲の上にも行くけど、雲の上に住んでいる人ではないから、階段を登ったり降りたり登ったり降りたり自分で行き来しているだけ。雲の上の人ではないから安心して。地上の人だから。雲上人もいるでしょうけどね。私は普通の人。
リクエストがあればどこでも行くのが私。!!皆さんに会いに幸せ配達人KAORUKOです。花を通して心を伝えるKAORUKOスタイル
まずは取材中です。「始まりと後半とあれだけお客様(生徒)の表情が激変したのは今まで取材してきて初めてです!」と感激興奮してました。そう。。僭越ながら私のレッスンは一人だろうと30人だろうと私の入魂闘魂により?皆さん私と私の花に触れて、本当にキラキラしだすんですよ。お嫁さんもそうだけど魂と魂が触れ合うご指導をさせて頂くのでだと思います。

レッスン風景です。視聴覚室にて本格的な大学の授業みたいね

ワン行程ワン行程ずつ私が約30人弱をまわり、手直しをします。入魂のひとさし(手直し)なので私は汗だくになります。生徒さんは魔法みた〜いとほんの少し触れたかまたはほんの数本配置を換えるだけで見る見る美しくなる様(アニメでいうところの魔法の粉を降り掛けてトゥルルル〜と花が早回しのように動き出して躍動的にフワーッとしてくる感じ)に驚いていました。魔法なんです。^^花とお話をするという感じでしょうか。


皆さんと最後にお写真。皆さんの花もお見事!


茨城のタウン誌「さくらさくらいふ」の取材記者さんと控え室で。ホテルエントランスで担当の水戸プラザホテルの山さんと。

お約束のKAORUKOポーズです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
台風の中たくさんお集まり頂きありがとうございました。渡辺俊幸先生のブログのファミリーのかたや私の8年くらい前の生徒さんも来てくれてうれしかったわ。あとははじめまして・・の方ばかりだったけど【KAORUKOセレブサロン】と言う名で水戸プラザホテル企画でしたがレッスンに私のトークに、ゆれるブーケのデモにさらにケーキセット・・と盛りだくさんでしたねー。水戸プラザさん感謝ですね。水戸プラザホテルは本当にパリに行くと私が泊まるフォーシーズンズホテルジョルジュサンクにくりそつなのよ。(失礼・・昭和な言い方・・)そっくり!
そのくらい素敵で高級感あふれてね。契約依頼をいただいたときにここなら!と本当に自分がうれしくなるようなホテルでKAORUKO展開したいものね。今日お会いした水戸の素敵な女性たち、また行くのでお会いしましょうね。

終了後すぐ取材のほうに行ってしまったので私と2ショットの写真をお待ちだったと聞いてごめんなさいね。次回は必ず!!^^(待ちうけにしたら運があがるかしら?美輪さんみたいに?)^^


Posted by: kaoruko
年に一度のおおきなイベントのご依頼でVIPのコサージュです。アトリエスタッフではなく今回はKAORUKO本部サロンで製作。ピンポーンと周富徳さんから宅配で肉まんが届きました。皆でふかしていただきました。さらに生徒さんが持ってきたウフプリンを「私の大好きなのいただいたからー」と運んできたら、KAORUKO先生がゆでたまごを持ってきて塩でもつけて食べようと言うのかしらとしばしあせりなんと答えてよいか!まさか・・とたじろいたと言うお手伝いの本部関連の新人スタッフ・・笑えますね。。こうして毎日何かしら頂き見事に堪能させていただく私はやせる暇がないのです。皆さんの心を無駄にできないでしょう。昨日は手捏ビターチョコパンや高級老舗店のラムレーズンサンドも頂き・・「コンビニのとはさすがに違いますね」と味にうなる秘書たち。当たり前でしょうが!セレブの生徒さんからいただいたんだからね・・・という平和な一日でしたが夜は都内で会食後、今これを書いています。久々の都内隠れ家ホテル。でも明日は水戸プラザホテルでトークアンドレッスンというセレブサロンです。お楽しみに!!
Posted by: kaoruko
 
10月期の初回は肩の力を抜いてウォーミングアップのフラワーケーキしかも3段でしかもハートを組み合わせ自由にデザインという御題なの

これは私の作品。ハートを際立たせてみました。
正面、裏、上からの写真です。
ミニバラたちは皆生花で朝摘みとうべく可愛い可愛い子達。。とオーガンジーのリボンやガーベラです。

丸3年の生徒さんや2年目・・などと良く続けてがんばりました。お休みの方も5名ほどいました。今回はお遊び系の可愛いだけのお花ですが、次回からは中級の名にふさわしく結構ド真剣モードのフラワーデザイン・アレンジメントです。
皆さんの作品一挙公開〜私と同時に作ったから私のを見ていないので本当に皆さんの個性でオリジナリティーあふれていますね。その人らしさが伝わる。かわいらしさ・・はーとが傾いて零れ落ちそうなのもありますね^^いたいけな。。


KAORUKO本部登録スタッフとして7年くらい活躍してくれて私とパリコレまで同行した首藤さんです。開講以来3年間一日も休むことなく月2回、この三越本店のKAORUKO講座ののフォーローの講師をしてくれていた首藤さんです。おめでた発覚後緊急入院していましたが、順調に回復したので元気な顔を見せにきてくれました。

なのでお茶をしました。どうです?おいしそ〜う^^でしょ。とろ〜りとろとろ。。マンゴープリンと杏仁豆腐・・ここのは最高に好きだわん。

本業のOLをしながら主婦もしてさらに土日や平日夜にKAORUKO登録スタッフとして自分のペースで月数回お手伝いをするシステム。KAORUKOに数回でも来ていると日常の現実とは離れて自分の好きな花やKAORUKOや生徒さん、花嫁さんに接することで逆に疲れが吹っ飛び元気がもらえがんばれると皆言います。それでかれこれ7年もつづいたそう・・・「元気な赤ちゃんをね!」とオーラの握手をして安産パワーを送ったのでした。お腹をナゼナゼしながらね。。。みんな幸せに!

心をこめて私がお作りしました。美しい?60歳定年だから60本のバラたち。KAORUKOリボンをまとわせて

塩田さんです。『お疲れサマー』と私の作ったプリザーブド。こちらはずっとリビング飾りで置いてくださいね。
三越本店の巨大部門、心臓の顧客サービス部が全盛のころの部長さんです。(今は組織改変でその部門としてはない)
 三越エリートマンたち。かつての部下たちが集り塩田さんにこう育てられた・・とか査定が厳しかったとか、思い出話を感謝の意をこめて一人一人。。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
三越にある「三越を卒業する」という名の定年退職のお世話になった方を縁の部下や仲間たちが集い謝意を表すというこういう場はとてもいいですよね。今後も三越さんで引き続きもちろんお仕事をされるのにけじめの定年の会とのこと。
いつか横浜時代からおせわになった藤原さんの時の事も書きましたが、塩田さんも顧客サービスというのはブライダル、トラベル、サービスという3つのそれぞれの大きな要のセクションの集合体であるのにそれらを総合して言うらしくそのときの部長時代に私はその3つのどのセクションからもKAORUKOでお引き立ていただいているので(KAORUKOコーナーブライダルサロン・KAORUKOと行くパリツアーなどの企画・KAORUKOの花セレブレート宅配便・KAORUKOブランドウエディング商品・KAORUKOの世界展・KAORUKOカルチャーレッスン・KAORUKOパーティープロデュース・・たくさんある三越本店での企画の数々のほぼ全てが)、三越で仕事をする時は何につけても顧客サービスとして温かく接して頂きました。お嬢さまのご結婚式も当然三越でお支度されたので私のブーケとアテンドでお世話させて頂いたりといろいろお世話になりましたから、今宵は「塩田さんにはサプライズなんだけどKAORUKO先生これるかしら?」とお誘いを受け・・・私はかけつけさせて頂きました。

ご縁やご恩は大切。【ありがたい】とか【お世話になった】【感謝している】とかは口さえあればだれでも言える。サルでもポーズはつけられる。ただ言うだけでは伝わらず時は流れていく。
口でばかりよく言う人には、この人は本当にそれを態度行動で示せているのか?と私は常々思う。言葉で連発したり、簡単にそう書かれたものを見ても薄っぺらに感じて伝わらないことのほうが多いものだ。なぜなら私は自分なら・・本当にそう思ったら行動で示すから。
その人のためなら駆けつける・・とか、頭を下げに足を運ぶとか・・
さらに何年経っても何十年経っても「あーあの時お世話になった、ありがたかったな」とか「あの出会いのお陰でいまがあるな」とか「ご指導頂いたお陰で自分に実力がついたな」とかそういうことは日々の様々な人に対して思う。何も大きな運命を変えた歴史的出会いだけではなくて・・・いろいろな人にたいしてずっともち続けていようと思うし出来る限り気持ちは態度で示すと心に誓うタイプだからだ。
私はKAORUKOになってから言われる立場にもなったので感謝が伝わるって難しいことと感じることがある。感謝してくれなんて思ってなくても、関連の人から何年も顔を見せず、音沙汰なく、忘れたころに「感謝している」とか言われても空々しく感じたり、その程度の自分なんだろうと逆に感じたり、私が自分がそういうタイプではないだけに本当に心に思っているなら一筆自筆で心や近況を伝えることをするとかやりかたはあっただろうに。。と行動で示されなければ心は伝わらず逆になにも言わない方がいいくらいなのにと感じる。思いは軽く口に出すより行動で示したり、足を運んで笑顔で目を見て伝える、又はどうしてもいけないときは、自筆のお手紙を豆に書く・・私はそうして生きてきたから。
果たしてどれだけ優先順位一番に日々の諸事をかきわけて何かの折に足を運ぶということを出来る人がいるのだろうか?ここが大切ではないだろうか?
今日お集まりの皆さんも数十年前の部下とか、新人のころおせわになったとか・・そういう話を聞くのはとてもいいものだ。素晴らしい。
しつこいようだけど肝心なのはその気持ちがあるならどれだけ行動に移せるか?足を運び感謝の意を伝える・・ということ・・これからもどんなにいそがしくても大切にしていきたい私のポリシーだ。。
Posted by: kaoruko
神戸の生徒さんたちです。京都の翌日私は神戸入りし、終日レッスンです。読売カルチャーのKAORUKO直接指導レッスン。昼間のクラスと夜のクラス。ご紹介。『ソロモン流』を見て以来憧れていたKAORUKOさんにやっと会えたと涙を流す生徒さんも。。今月から毎月神戸でKAORUKOレッスンがはじまります。第二月曜日です。もう決定なので必ず私が行きますから、先着順で締め切りなのでまだ若干はは入れますから申し込んでみて。生花、プリザのコースとKAORUKOのゆれるブーケ&リビング飾りです。認定資格も取れます。資格取って上手になって関西地区のKAORUKOのお手伝いの人がたくさん増えると私もうれしいです。大阪NHKカルチャーの生徒さんも実力がついてきたしね。ウエディングの話も大阪、神戸、京都、名古屋などなどの関西地区からこのところ依頼がが来ているので【チームKAORUKO関西】でがんばりたいと思います。
人数が多いほうは写真も大きくしてあります。他意はございません・・シャイな?方もいて写真に写っていない人も何人かいます。
簡単なフラワーケーキです。お約束のKAORUKOブランドリボンも。来月はさらに生徒さんが増えるそう。がんばらなきゃ!皆さんに会えるの楽しみ。。

空き時間には手伝ってくれている天使ライセンス及びKAORUKOフレッシュフラワーの認定講師であるとまもとさんと食事に裏の南京町へ。読売カルチャーはとても素敵な洗練のビルに入っていますが徒歩10秒の裏が中華街。横浜の中華街よりかなり寂しい感じがしましたが・・

夜のOLさんのクラスもあったので夕べはホテルにお泊りしました。そして本日は飛行機の時間を遅めにとってあったので神戸のハーブ園とやらにロープウェイに乗って行ってきました。
 

バラも咲いていたり、ワイルドフラワーも咲いていて、ケンブリッジの私の家の景色に少し似ていました。
これから月一回は行くので今日はこんな感じで。順繰りと神戸を探索したり、美味しいものを頂いたり、素敵なホテルに泊まろうと思います。12月に大阪の生徒さんみたいに神戸の生徒さんとも懇親クリスマスパーティーやりたいわね。!神戸はわが横浜に似ていてオシャレでなんとなくホットする感じでした。

 
昨日の続きです。


始まるまえにオーブが、やはりカメラに写りこんでいました。
雲水が魚板を打ち鳴らし幕開けとともに梵天の力強い和太鼓が鳴り響き境内は大海原のように見事な照明で揺らめきだした。二胡が切なく心にしみ、京都の夜を光と音楽が包んだ。芸術監督は木村英輝、プロデューサーは四方義郎さんというベテランによるこの演出はとても洗練されていて素敵だった。
お寺でふるまわれた普茶料理。とその後宮川町での一流料亭「ちもと」

舞妓さんの一年生は唇は下しか紅をつけられないとのコト。そして揺れる揺れる髪飾りも一年生未満がつけるんですって。
null手にしているのは名詞でシール「お財布に張るとお金が舞い込むんどすえ〜」まいこむ。。やるーぅ。お花のかんざしは毎月の花で変えるそう。今月は菊。来月はもみじ。ススキもあるし、菜の花も・・感動のお話。花かんざしと揺れるかんざし。

二胡奏者チェンミーさんと。NHK大河ドラマ風林火山の紀行テーマ曲担当とのコト。隣はナポレオン5代目末裔のドゥヴィット代表とその6000万円の時計
舞妓豆知識ーーーー
今では伝統も革新され、舞妓の世界(宮川町の)保険証も組合があるし、芸事もスクール形式になっていて一年生、2年生とよび、先輩を姉さんと呼び担当姉さんがいるそう。写真左で三味線爪弾いているこの道数十年の大姉さんはもはや研究生と呼ぶらしい。我がスクールも研究会とは殿堂入りという存在の精進し続けすべてのコースを終わってKAORUKOとしてはもう私とイコール位の人をそう呼ぶ。そして一番うけたのはこうしたお座敷は現場実習、現場体験と言い、場を踏んで育てる・と言うらしい。まったくKAORUKOと一緒じゃない!ブライダルの現場を踏み体で覚える。。。さらに未成年(15歳から一年生)なのに深夜営業、お酒は法律違反ではないとのコト。。そんな特例がこの花街にはあるらしい。考えてみればジャニーズジュニアも夜は働けないし、未成年でお酒を飲んでたといって謹慎騒ぎなのにね。ここでは舞妓さんは許されるらしい。花町法でもあるのかしら?顧問弁護士に聞いてみよう。面白い!さらにさらに高枕で寝て髪の毛は週一で洗う。すべて地毛。「舞妓はん禿げ」ができたら一人前なんですって!きつくきつく結い上げるから2年目くらいから頭頂が禿げ姉さん大姉さんはもう一生生えないくらいの大きな禿が実はあるらしい。誇りなんですって。さすが。
ブログにそれ書いたり、写真載せてもいい?と聞いたら「おたのもうします」ですって。大姉さんに確認しなかったけど大丈夫かしらん。
と言うわけの4時半からローランペリエの乾杯に始まり普茶料理、料亭、舞妓はん遊び、お忍び隠れ家での交流会や、王妃のサンテミリオンも頂き・・長い長い一夜でした。そして最後はホテル近くでラーメンを頂き「KAORUKOさん病み上がりでお腹壊しているって行っていたじゃない〜」とシャネルのお友達はかなり爆笑していました。「だからすぐ回復するのよ。食べることは仕事のうち。。体は食事から!」
「面白すぎるぅ」」・・うちのスタッフもよく言うわ。デモラーメンは余計だったかしら。。花町をはしごしてモナコ王妃まで同じ空間にいてかなりセレブな夜を過ごし一流の味を堪能し、お酒を頂いたのにのにラーメンかい。
『にっぽんと遊ぼう』といふ一年に一度の凄いスケールのイベントにご招待を受けて行って来ました。,今年で15回目とのコト。今京都のホテルに帰りつきもう3時丑三つ時なので詳しい今日の凄いことはまた後日ご披露しますね。取り急ぎエピローグね。
京都の萬福寺というところで今年は行われその凄さは今日は割愛します。が、中国ゆかりのこのお寺を舞台にNHKの大河ドラマ風林火山でも当初ご活躍の中国の二胡の奏者の演奏が荘厳なこの京の夜にセンスあふれる照明とともに鳴り響きました。

主催者の高見社長です。昨年このイベントとこの京都のいや日本の名士の高見社長をバリバリバリューが取材し番組を見たかたも多いことでしょう。今回高見社長からブライダル業界仲間として有数の人だけ特別にお誘いいただき大変光栄です。毎年なんだかんだと行けなくて今年やっとこれました。

一緒にお誘いした私のお友達の池内さんです。シャネルのハイジュエリーのトレーニングマネージャーとしてご活躍の女性誌などでも活躍で世界をまたに駆けぬけている才媛です。
BIAの野田専務理事とビューティートップYAMANOの会長ご夫妻(AKIRAさんのご両親)と。パーティー会場でばったり。
後日詳しく書きますが音楽を愛でたあとは
先斗町の花町の一流老舗料亭でお食事をし舞妓さんたちと遊んで・・さらにそのあとは特別な内輪の人だけが隠れ家で。。そこにはモナコのキャロライン王女やナポレオンの末裔で有名時計のDEVITTのオーナーのCEO などもいらしたり財界芸能界などいろいろな人の社交場と化しました。モナコのキャロラインプリンセスはお母様であるグレースケリー設立のフラワーアレンジメントの関係に私が日本代表で出たときや赤十字の踊舞会に行かせていただいたとき以来(と言っても知ってるわけではなく、同じ空間にいたというただそれだけね)王女がご持参の1980年のシャンテミリオンのこんなに大きなボトルを高見社長はすぐさま空けてしまい皆で飲み干しました。「キャロラインが6年くらいあと寝かせたらおいしいわよと言われたけど、そんなのしるかー!皆でのものも」とさすがいつものように豪快。本当ーにおいしかったわ。。
と言うわけでまたゆっくりね。明日は神戸でお教室だからね。

この会のスポンサーでもあるLaurent−Perrier社長ご夫妻もいらして。思う存分シャンパンもいただく私。。

先日ロンドンで買った私服姿の私珍しく公開。。
ホラッ!可愛い?すてきでしょ?

KAORUKOから新発売Runrucoシリーズ。。ルンルコと読みます。楽しい、ワクワクした日常雑貨やお手軽アクセサリーラインです。今までのRUCOは三越本店で販売するような高級宝石で1000万円から安くても10万円平均でした。この秋誕生Runrucoは300円から3万円ラインです。(300円はヘアゴムやヘアクリップとかストラップね^^)センスあふれて流行の先端を先取りの審美眼でデザイン開発したり、世界からセレクトしたり。。毎日が楽しい、毎日が幸せのるんるこ^^私とおそろいで運をあげあげーーーーーーしましょう。。小出しでゴメンね。またどかっとご紹介しますね。
*注意・・・下のブログも本日アップだからお見逃しなく!
Posted by: kaoruko
横浜サロンマンツーマン(ほぼ)レッスン。ご紹介

ブーケになる前のバラたち
水浴び中。チャリチャリの可愛い器の中がKAORUKOサロンのお約束。

ゆれるぶーけ&リビングコースはこんな可愛いのも作ります。KAORUKO特許申請中のシルバー(スターリングシルバー)でできた宝石の桜の花です。指先一本で生きて咲いているかのように作ります。ゆれるブーケの技法です。

左からゆれるブーケ&リビング飾りコースの井関さん。プリザーブドのゆれるブーケとカサブランカのゆれるブーケがこんなに素敵に出来ました。小池さんは天使の揺れるブーケライセンスコースの極上ブーケの初回です。生花のバラやミニバラ、あじさいで。今度は現場体験に参加して私のブーケやお嫁さんのブーケに触れたり、取材現場をふんだりしてならったことを生かしていきます。資格だけとって使い道も現場もないってかわいそうよね。KAORUKOの認定資格は実際ビジネスにも直結だから他とはそこが違います。全く大きな違いです。
 本部スタッフの仲條は修行レッスン^^フラワーデザインコースで枝を使い曲線と直線のブーケを作ります。(大きいけれどダイナミックに和装やショーに。)大きな一流のコレクションショーを私についててがけます。日々修行・・
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このお2人もスクールクリックして登場の皆さんも揺れるブーケが出来上がった時は笑顔も天使のようです。悪いものを落として、浄化されて帰っていく・・・とは皆さんのセリフ。ゆれるブーケは天使が舞い降りてきてブーケを、お花を揺らす。心をも揺らす。幸せで満ち溢れさせて・・・
今の日本は「分からなければいい」「ばれなければいい」といった事件ばかり。『嘘』ばかりまかりとうっていて、いつかもこのブログに書いたけど「おてんとさまがみている」とか「ズルをしたらばちがあたる」とかずっとずっと言われてきたことがいつのまにか忘れられてしまい、商売の為や虚栄の為、お金の為、欲得のためにズル、嘘、ばかりになってしまった。
イコールでもあるモラルの低下が人としてのあり方も忘れさせ、【自分スタイル】という名のもとやっていい事と悪いことをとうりこして人に不快な思いをさせたり、人を罵ったりというようなことも平気になってしまっている。例えばボクシングの某問題などのように言いたい放題やりたい放題。赤福も白い恋人もそうだけど、社会問題や犯罪になるまでヘッチャラでまかり通ってきた人はある意味不幸だ。「いけないことだ」と変わる、変われるような窮する機会を今までの人生で体験しないできてしまったのだろうから。

今回ゴキブリ呼ばわりして威嚇した相手に反則負けをして社会問題になっている中、かつてゴキブリと罵って呼んだ相手に世論に押されてか自らか、謝罪に行ったとき、内藤選手は許し受け入れ、これからもお互いがんばろうと言ったという話をニュースで見たが、私は僭越ながら自分の過ぎ去ったあのコロを思い出した。

まだKAORUKOという名前がブライダル業界、花業界に出だしたコロ、今から約8年ほど前だろうか。桂由美先生が無名で若い(そのころ業界では30代はひよこなみ)私を起用しだした時、あること無いことの誹謗中傷が襲ってきた。中でも悪意をもって桂由美先生の全日本ブライダル協会の事務所に電話をして私の悪評をつたえる人がいた。電話の相手はすぐさま特定され、ソノ本人に「KAORUKO先生に伝え、確認しましたらそのような事実は無根だということが分かりました。ついてはKAORUKO先生と会って真意をお互い確認し合ってください」との協会の指示だった。
私としても青天の霹靂くらいに全く身に覚えの無いことを知らされた。しかも相手は一度会っただけの人。ソノ相手はそこまで大ごとになり、またそのほとんどが自分の誇大な作り話であるということから、私にあって本人にそういうことは直接言え、またその結果そのKAORUKOの悪行が真実なら協会としてもKAORUKO先生を咎め教育指導しなくてはならないし、また嘘の誹謗中傷なのであれば即刻KAORUKO先生に謝罪しろという指令だった。
私もあっぱれなそのやりかたにはじめは驚いたがもっと彼女にとっては青天の霹靂だったにちがいない。嘘や他人の中傷をする人は多くの場合、闇から闇の場合が多いし、どの話が本当か両者を呼んで確かめるというやりかたはほとんどないだろう。
私だってそういう指示にとまどい相手はどういう気持ちでやってくるのだろう?中傷を言いたくなった気持ちは何故だろう?などとたくさんの相手の気持ちを考える機会が自分の中に芽生えた。相手の気持ちを考えたら私の方がドキドキしたくらいだ。分からなくも無いジェラシーや、焦り、ねたむ気持ち、自分だったらどうだろう?ばれなきゃいい、少しくらい意地悪してやろうと思ったのだろうか?でも今は困っているに違いない、もう二度と悪口は言うもんじゃないと反省しているに決まっている、さぞかし相手は足が重いだろう、寝れない夜を過ごしているだろう。。
。。「KAORUKO先生を貶める(おとしめる)ために電話をしたのではありません。許してください」と玄関を入るなりその人は泣きそうになりながら、唇をかみながら、伏せ目がちに私に謝った。中立な立会人と私の前で。。私はそのとき、悔しかった思いも、やりきれなかった思いも、悲しかった思いも不思議と消えうせ、自分をいいこちゃんに言うつもりは無いが「私もなぜ言われるのか?を考える自分を見つめる良い機会になりました。今回のこの解決の仕方を当しても多くの学びがありました。だからそういう意味では感謝します。お互い今後も同じ花、ブライダル業界で生きていく立場、どこかでまた会うこともあるかと思います。お互い笑顔で合えるようにがんばりましょう。」といいました。自然と出た言葉だった。
おそらくそのときの相手は想定外の私にしばし止まり、「ありがとうございます」と深く頭を垂れた。バリアをはったような目つきはたちまちやわらかく澄んでいった。このような出来事はたくさんたくさんやってきたっけ。

私は今回の内藤選手の気持ちが良くわかる。それにそういわれたときの亀田選手の気持ちもよくわかる。
たぶん彼はこれから本当に反省すべきは反省し、これからが本物になって行ってくれる精進のスタートなのではないかと思う。がんばってほしいものだ。

受け入れて赦すということは私は普段何気なくしている。それから人がかわったように見違えるようになってくれる人をたくさん見てきたから。それかいられなくてしっぽまいて逃げていくという人もいるが、それだって何かを深く感じて今までに自分のやり方やってきたことを何らかのうしろめたさを感じ、いられなくなるのだろう。
でも過去は関係ない。今から人は変われる。「明日からのあなたを見るよ。過去は関係ないから。未来のあなただけを見るから。」と私は今でも悪意や未熟さゆえの言動でトラブルを起こした人たちにそういう。人は自分や相手の嫌なところ、未熟なところを仕方ないさ今は、でもきっと変われる。と信じて受け入れて赦すことをすることによって本当に人は変わり、人の世(世界)はもっとよりよくなるのにと私は経験から確信している。
加えて言うなら、悪やズルはいけないんだなぁという自らの魂が感じる機会を与える為に、当事者間どうしで向き合い、うやむやにしない、悪かった人はあやまる、というやり方を私もそれ以来取らせて頂いている。どこからつつかれても何も出てこないという自信を持てる生き方を心がけるようになったのもそういった数々の出来事が自分の身にかかったり、見たりしてきたから。相手の耳に入れられて困ることは言ってはいけない、白日の下にさらされて困ることはしてはいけないということ。シンプルな答えなのだから。
Posted by: kaoruko
先日の木更津レッスンです。KAORUKOブランドウエディングの契約先のホテルロイヤルヒルズ八宝苑にて。

真剣に私のレクチャーを見入り、そして一人一人をまわぅていつものように私の手なおしを他の皆さんが私についてゾロゾロ。。他の人のを直すのも見て勉強しています。こんなに凝視されると直すのも視線を浴びながら闘魂ですね。

一部の人は揺れるブーケレッスンをしました。可愛いピンクのミニバラです。

レッスン終了後は皆でティータイムです。そして私のトークも。木更津レッスンなんだけどナント練馬からいらしたかたもいてKAORUKOホームページに書いてあったから申し込んだらこんなに遠いとは思わなかったということで・・でも大感激されていました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆10月27日は茨城県水戸市の水戸プラザホテルでこんな感じをやりますので茨城地区の方ご参加お待ちしています!私とお会いしましょう!!








Posted by: kaoruko
本日はNPO法人全日本ブライダル協会にて打ち合わせがあり、赤坂にいました。
ようやく明日はつかの間オフだから15時間くらいは寝ようかと思います。じつはこのところおくびにも出しませんでしたが先週の木曜日から流石の私も喉痛に始まり発熱とくしゃみ鼻水鼻詰り・・で身の回り秘書のお手伝いさんにかかりつけに行って貰い抗生剤などなどを処方してもらったのでした。峠は超えましたが、この数日のブログの出来事の間も実はそんな具合で薬で症状を抑え・・プロだから仕事の言い訳として具合が悪いからうまくいかなかったなんてありえないし、周りに感じさせるようではプロではない。サークル活動のおばさんじゃないんだから泣き言は言わない。。体調管理も仕事のうちと教育する立場として、また健康も実力のうちと教育する立場でもあり、さらに『健康の秘訣は?との問いかけに・・仕事への責任感』と桂由美先生の格言にあるように私もそう思うので気合で乗り越えました。
鼻詰まりがいくら強い薬を飲んでも珍しく治らなかったのでいつかそういえばもらってあった病院の点鼻薬をおもむろに出して人生確か高校生以来使用するから(処方で出されたのはここ最近、消費期限は2008年)封を切るところからはじめながら「どうやって使うのかしら」と思い説明書きを広げたら図解の女性が説明しているんだけどいまいちなんだかよく分からなくて??と読みながらパチッとテレビをなにげにつけました。『片方の鼻の穴をふさぎながら思い切り・・・』という声が聞こえ見るとナント私の手にしているのと同じような点鼻薬をテレビの医者(らしき人)がレクチャーしていました。という具合に瞬時に答えがテレビからやってきて、いささか「あっまただわ」と答えがピューンと飛んできたことに苦笑しつつ、点鼻薬のこたえまでくるとは!と思いながらテレビの人の真似をして終えました。(ソノ教育テレビでやっていたのは気管支をひろげるための点鼻薬みたいだったけど)
というわけでもう峠も越したのだけどロンドン行く前からのたまった疲れや休みなし状態だったので明日は眠り姫になります。また19日からハードだから。でも好きを仕事にしたのでちっとも苦にならないし体調管理以外は休みが無くても全く楽しい。
明日木更津マダムの写真を掲載しますね。お楽しみに!
Posted by: kaoruko
夕べさださんのコトを書いたらいろいろな方からコメントが来ました。「君は信号がまちきれなかっただけー・・・」という歌詞は【晩鐘】という曲の歌詞だったそうで、30年も前聞いていたアルバムが私の中でごっちゃになっていたようです。ごめんなさーい!!まあ、デモそれくらいあの頃は聴いていたのよ。ユーミンとともにね。さだまさしファン暖かく笑って許してね。とびうーーーーめーーー^^
Posted by: kaoruko
25ansウエディング・・セレブの愛読書・・10月5日発売号にKAORUKO取材ページが2箇所掲載されています。!全国のブログ2万人の読者のみなさん。ぜひ見てね。今なら書店にありますからね。ひとつはフォーシーズンズホテル椿山荘でのKAORUKOブランドウエディングです。オートクチュールのドレスにあわせてトータルコーディネートでデザインした揺れるブーケとKAORUKO女優オーラへのお導きのアテンド模様です。さらにもうひとつは8月30日のKAORUKOフラワーショーの模様。ゲストの渡辺俊幸さんとセインカミュさんとのトークショーのシーンや私のデモンストレーションやコンクールの模様です。誌面も美しいから是非ご覧くださいね。

さてさて。。今宵はここ数日のミラクル不思議な出来事のお話です。
日曜日の帝国ホテルでのウエディングのあとにスタッフとともに帰る途中。私のいつもお肌のお手入れに行く帝国の中に入っているゲランからそういえばこのごろ3ヶ月くらいサボっていっていなかったら数日前に電話が留守テレが入っていたわと思い出し、せっかく来たから顔出しだけしておこうかしらと思い、ゲランに寄ったものの担当の人が接客中だったから駐車場に行きかけました。そうしたら「KAORUKOさん!」とその角を曲がるときにばったり出くわした方に声をかけられ!ナント、トニー田中先生だったのです。
トニー先生は恵比寿に素晴らしいモダンな新社屋を竣工されそのオープニングレセプションにご招待を先日受けていたにもかかわらず私は全国の天使セミナーと重なってしまい残念ながらいけませんでした。せめてもと思いプリザーブドでお花を贈らせていただき(しかもだいぶ遅れてつい先日。)お喜びいただけたかしら?とここ数日気になっていました。そうしたらですよ。トニー先生が開口一番に「お花ありがとう!お礼を言わなきゃと気になっていたんだ」と。お互い気になって頭の中にいたんですね。そして具現化して引き寄せたんですよね。隣にいらした涼子先生(素敵な奥様)もそういうことを言ってらしてほんとうにお互い胸のつかえが取れたのです。ほんの数秒違っていたら合うはずもなかったのですよ。あの時ゲラン経由にしなければ完全にあっていないし、ゲランに数分滞在してまだ終わらないわところあいを見計らって出てからこの道を歩かなければ出会っていないのです。。。必要必然の出会い。。近いうちにトニー先生の素敵な社屋にお邪魔して皆さんにもご報告しますね。
そんなわけで傍らにいた新人スタッフと天使ライセンスのお手伝いの生徒さんが目の当たりにして「こういうことなんですね」と唖然。これだけではありません。そのあとに思いがけず興奮さめやらなかったので「じゃ、お茶でもしましょうか」と帝国ホテルのインペリアルタワーのほうに導線的に歩いていき、たまたまエレベーターに記載してあった4階のお茶するカフェに行きました。そこでまたのミラクルが。お客様は誰一人といなくて通された席に座り、私の目に飛び込んできた対面の壁の絵画がありました。「ねぇひょっとするともしかしてあれのこと?」とおもむろにそのかべを指指し私が2人にたずねたら・・・「!!!!」鳥はだーーーー!とその2人が叫ぶのです。そればムシャの絵画でした。そのほんの30分ほど前に帝国ホテルで花嫁さまをおまちしている間にその2人が「KAORUKO先生ってムシャの絵に似ていますね」「イメージはムシャですね。KAORUKO先生とかぶる」と言い出して・・・「マリーアントワネットがKAORUKO先生の前世だという話もありましたがムシャがそっくり」などと口ぐちにいわれ・・ムシャって名前は知らなくて「白いひらひらした感じの衣装に身を包み、髪のけも先生みたいできれいなフランスの女優さんを描く
いたムシャの絵」と説明を聞き・・たぶんあれだろうと頭に浮かび・・だいたいわかったわ・・と言い。。。そして私の目の中に飛び込んできた壁の絵はたぶんあれだろうと感じていた絵。あれじゃない?との問いかけに、そのものずばりだったものだから、2人は驚嘆!先ほどのトニー先生と言い、ムシャの絵といい、頭で答えがほしいと思っていたら答えが飛び込んできたのです。加えて言うとあと2つ。帝国ホテルでランチをいただいていたとき、あの広い客席なのにたまたま至近距離に演出家の松川さんもいらしえその数時間前にそういえばフラワーショーいらいだし、奥様と元気かしら?と考えていたらなんと奥様と2人でランチをしていたではありませんか!あーもう自分の能みそが怖い。!!それともうひとつ。
うちの娘が福岡、長崎と修学旅行に行き、昨日帰宅したんですが・・・行く前に旅のしおりを見ていて大宰府天満宮に行くとあったので、「ママが高校生くらいのときさだまさしさんが大好きで、よく聴いた歌にとび梅というのがあって・・」と私は思わず『君は信号が待ちきれなかーただけー・・・・とびうーめー』とか『〜うめがえもちを食べた〜〜』と忘れていなかった歌詞を歌ったのでした。
(このブログファン、渡辺俊幸ブログファンはコアなさだまさしファンが多すぎなので今まで言いませんでしたが、実は高校生の頃はさだまさしよく聴いていたんですぅ・・)歌詞が素晴らしいですよね。。(余談)んで私は行ったことも見たこともないのですが、ナント娘が行ったときにこれを冷凍宅配があったので私に送ってくれたのです。
結論はね。実は(○○は今頃長崎かしら?楽しくやっているかしら?天満宮行ったかしら?梅がえ餅たべたかしら?」と考えていたら!「ピンポーン」と梅が枝もちの冷凍が宅配されてきたのでした。!冷凍で送れるなんてまさか思ってもいないでしょ。。?行ったこともないんだから。。元気かと案じた娘の便りと見てみたかった梅が枝もちがこうして考えていた瞬間に絶妙なタイミングで元気な娘の引き寄せ、思考の具現化、が顕になったここ数日でした。
Posted by: kaoruko
ブログの写真がおおく進みが速いので読みのがしの無い様に昨日一昨日の帝国ホテルと天使の教会の素敵なウエディングもお見逃し無く!


左から都内の小池さんの揺れるブーケコースのカサブランカのキャスケード、大阪のくじめさんの天使ライセンス初日の生花のキャスケードレッスン、本部講師深谷がダリアで和装のブーケの練習、同じく池田はダリアで大きな空間装飾、2段目左くじめさんの天使ライセンス2日目の生花のより美しくゆれるキャスケード、、小池さん可愛いプリザのゆれるテーブル飾り、くじめさんの生花のキャスケード、小池さんのジャルド最終日のプリザーブドのキャスケード、3段目、西片さんの天使ライセンスの生花、埼玉の岡安さんのリビング&エブリデーの可愛い18金コーティングのお花のティアラ、くじめさんのプリザーブド、佐藤さんの大きな空間装飾、群馬県の神宮さんのダリアとサンゴミズキのウエディングのメインテーブルです。赤いテーブルスカートやオレンジのキャンドルなども使いコーディネートします。
大阪のくじめさんはこうして短期で天使ライセンスを取得し、テストにも合格。本当に素敵なゆれるブーケを作れましたね。レッスンの合間に私について昨日の帝国ホテルのウエディングにもお手伝い。KAORUKOオートクチュールのゆれるブーケを作る様子も見ていたのでイメージトレーニングにもなり、とても上手に。三重県と大阪でパーチメントクラフトの先生もされています。 これからはゆれるブーケなどKAORUKOブランドビジネスも展開でき、これから活躍の幅が広がりますねがんばって!
このごろの生徒さんはだれに言われなくても皆さんそうだんしたかのように天使の揺れるブーケをノートに分析してかなり書き込み、数学のノートのようになっている。そう、天使の揺れるブーケは足し算引き算をしながら全体像を製図してワイヤーの番号を使い分ける。頭がよくないと出来ないブーケだといえる。やぁ本当に上手具合が偏差値に比例するのではないか?とこのごろ思うのである。
科学的な理論で成り立っているブーケでしかも芸術的な高度なブーケなんです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は木更津で30人の生徒さんのレッスンです。春からの生徒さんが50人にもなってしまいました。開運KAORUKOレッスンで秋も幸せを呼びます。
明日はここ最近のミラクルのお話を書きます。マジ、お楽しみに!(まぁマジだなんて。。お下品だわ^^)
本日のKAORUKO御指名極上セレブウエディングです。帝国ホテル孔雀の間での素敵なウエディングです。今流の大人ウエディングでKAORUKOのゆれるブーケでドレスの透明感や上質感にあわせた、トータルなコーディネートです。白無垢の後のお色直しのブーケなので華やかに。赤と白というリクエストのよる斬新な色の組み合わせだけど気品溢れ、スタイリッシュにデザインしました。花嫁様のとても素敵なこちらのお母様が私をテレビでご覧になって絶対KAORUKO先生のお花で!と熱望していて下さって今日の日に。お母様が大感激してくださって記念写真もご一緒に。

はいどうぞー!私が作ったブーケですよー!ここの位置でお持ちになるとドレスの美しい胸模様やウエストラインと調和して美しいのよ・・といつものようにご指導させていただきます。手渡すまで入念にチェック。
  とてもお品のある優雅でそれでいてチャーミングな花嫁様と笑顔の素敵なたのもしそうなご新郎様です。

そして女優オーラの出し方のご指導です。KAORUKO流。ほらほらキラキラ輝いていらっしゃいました。

ドレスの仮縫いに立ち会ったとき、花嫁さまがヘア飾りを既に赤と白でオーダーなさっていました。それにあわせて赤と白のブーケをというリクエスト。さらに大ファンのKAORUKO先生のゆれるブーケを持ったという記念にお部屋飾りでとっておきたいということで枯れないプリザーブドをご提案。KAORUKOオートクチュールのこの日のためのブーケをお嬢さまを思い描いてデザインしました。2007KAORUKOブランドのきらめき輝くRUCO
シャンデリアを散りばめて。斬新だけど洗練。赤と白がという難しい組み合わせなのにKAORUKOスタイルだとこんなに素敵・・というため息が僭越ながら聞こえまして「やっぱりKAORUKO先生に頼んでよかったわ^^」とお母様が大感激して下さって私も冥利につきます。幸せのお手伝い今日もまた。本当にお幸せに!!!


本日のKAORUKOのゆれるブーケのブライドのご紹介
KAORUKOブランドウエディング2007で8月に発表したばかりのKAORUKOオリジナル商品のダイアモンドシャンデリアを使ったデザインの初花嫁さんです。そのブーケ用のRUCOダイアをキラキラとお花と一緒に。軽やかな天使のようなふわふわのドレスのあわせて軽やかにふわふわゆれる透明感溢れるブーケをデザインしました。

美しいこの花嫁さまの心もキラキラ輝いているのでぴったりのクリスタルダイアモンドをあしらって。

素敵な優しそうなご新郎様と絵になるお2人です。女優オーラの出し方を伝授します。私と写真を撮る時にせっかく仕上がったメークを省みずに感動の涙を流されて・・「メークが落ちちゃうから笑って笑って」
ロールスロイスに乗って出発です。横浜のみなとみらいから馬車道まで観光客の視線を釘付けにしながら走ります。
お式が終わってパーティーがはじまる前にベールをはずしてKAORUKOのお花のティアラをつけます。ダイアモンドもそえて。
 
 天使の住処という意味の教会でウエディングのお二人。花嫁さんは天使が大好きだから、ここ二決めたとかで、絶対天使の揺れるブーケをKAORUKO先生につくってもらってそれをもって結婚式をするのが夢!ということで、春にKAORUKOサロンにいらして生徒にまでなっちゃいました。なぜかというと、2個目のお色直しのブーケは自分でゆれるブーケを作りたい!ということで。秋までにゆれるブーケコースの認定も取って、この日のためにプリザーブドのゆれるブーケに天使の羽をたくさん散りばめたブーケを作られました。ケーキの先生の小澤さんです。このブログのスクールクリックすると見れますのでブーケの上達具合も見てね。本当に私も妹が嫁ぐような気持ちに近く、ジーンとしました。本当に幸せになってもらいたいって。。おめでとう!

Posted by: kaoruko
三越本店の新館9階KAORUKOコーナーです。

先日のフレッシュフラワー(生花)初級の作品(右)とフラワーケーキ(生花・プリザーブド)、などなどです。いつも私の掲載雑誌もここにドカンと飾ってくださっています。

昨日のプリザーブドレッスンです。可愛いリボンボックスを作りました。KAORUKOオリジナル。フラワーケーキは先日のワンデーレッスンのものです。可愛いでしょ。

そして昨日から大阪の天使ライセンス取得の生徒さんがきていて連日終日サロンプライベートレッスンをしています。腕がメキメキ上がりソノ写真は来週月曜日一挙公開しますね。お楽しみに。
私がロンドンに言っている間調子悪くて繋がらなかった渡辺先生のブログを帰国後読んでいたら、ブログコメントの中にKAORUKOさんと同じことを言っていた・・というくだりがあり思わず目が止まりました。それは渡辺先生が昨年に引き続きご担当された日野原先生(聖路加病院の)のバースデーコンサートでのお話でした。私が未来日記に日付いりで願望を書くと叶う・・ということをブログに書きましたが、これはいろいろな実体験に基づいて様々な方が言っていることでもあるんですが、その日野原先生がもう96才という御年なのに来年のみならず6年後の102歳の時の予定とかを入れていて、約束を果たさなければと思うことがまあ死んでなんかいられない(これは私の直訳)というようなことを言われたらしく、聴衆は俄然唖然しながらも勇気をもらった感じで明日への希望というかがんばって日々生きる、未来の予定にワクワクしながら・・というような感慨を得たようでした。
未来日記に日付を入れて、あたかも本当の予定のように自分で振舞うと自分の潜在意識がそれをインプットして叶うように状況や現実が整ってくるということらしい。
未来日記を日付入りで皆さんも書き出してみましょう。
さてKAORUKOの来年は?激変とだけ言っときましょう。mfff^^いつも激変じゃんーって声が聞こえます。そう何が起こるかわからないのがKAORUKOかな。でもポリシーは変わらない。花、癒し、幸せのお手伝い、幸せの配達人KAORUKOです。
Posted by: kaoruko
三越本店新館オープン3周年に伴いカルチャーサロンリニューアルオープン3周年イベントとしてKAORUKO特別体験レッスンが開催されました。一昨日ロンドンから帰国のちウエディング昨日大阪そして本日これ・・というスケジュールですが疲れたなんて言ってられない。ありがたく使命を全うさせて頂きます。ソノ都度入魂させて頂いています。

プリザーブドフラワーレッスンです。ほとんどが初心者でした。楽しく可愛いものを30分で制作しました。
続いて生花のフラワーケーキレッスンです。ミント色の花にKAORUKOリボンをまきます。こちらも30分で。
その次のクラスは引き続き、ゆれるブーケレッスンです。可愛いミニバラのティアードロップブーケです。RUCOパールもあしらって。一時間でゆれるブーケ入門編を作りました。こちらはソノ後の夜の定番コース。生花のフラワーアレンジメントコースです。お休みが6人でしたが私がイギリス行ったせいでごめんなさいね。ふりかえで今日来れなかった方たち。。。
KAORUKOのホームページやテレビや雑誌や著書を見て私や私の花のファンになってくださったかたはじめ、たんくさんの方においで頂きありがとうございます。こうしたエブリデー・リビング飾り(日常)のレッスン(プロ養成ではなくてという意味)は花をとうして癒しを与えるKAORUKOデザインです。楽しんで頂けたら私も幸せです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日の三越をお手伝いをした新人登録スタッフの片山さんです。ナント、5月の三越本店でのKAORUKOの世界展で私に憧れて開店前に並んで開店と同時に本日のように行われたKAORUKO体験レッスンに一番に駆け込んで申し込んだのでした。あれから5ヶ月でこちら側で(KAORUKOサイド)お手伝いをいていることに夢のような人生の展開にご自分が驚いているそう。「人生がこんなに変わるなんて」と。あれから横浜の自宅サロンにゆれるブーケコースを習いに来て天使ライセンスまで取得してプロ度を上げました。サロンではマンツーマンに近く手取り足取りで徹底的に私がご指導伝授するので短期間でメキメキ上達させちゃいます。5月は花全くの初心者だったのにね。「あの時一歩を踏み出したことが人生を変えた」と喜んでいます。そして「たまたま開いた新聞の三越の折込チラシにKAORUKO先生KAORUKO先生の花が載っていて「び・び・び」と来て導かれるようにあの時来たんです」って兼ねてから言っていてそれから彼女はそのときゲストだった渡辺俊幸先生やその時来ていたファンの渡辺ログファミリーとも仲良しにもなりました。
人生は何が待っているか分からない。踏み出した一歩で出会いがあり、激変することが多々ある。そして自分の心が感動や学びで大きく成長できたらなにものにもかえがたい展開になる。私と関わりだしてそのように言う人が多いので私も少なからず人様によい影響を与えられるのであれば幸せだ。。
でも踏み出すのはあくまでも自分自身。人生を変えるのは自分自身なのだ。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Posted by: kaoruko
ロンドンから帰国したら金木犀が香っていました。感動か・ん・ど・う・・

大阪NHKカルチャー教室。大阪セレブのみなさん。

今宵は先ほど関空から最終便の飛行機で帰宅。ホントスッチーと私を呼んでください。ってかんじ。でも飛行機のなかでは一人の世界に浸れて(周りに人はいても自分の世界にこもる)いわばプチ瞑想状態だから結構私にとっては大切な時間。
さて、大阪のお教室に入るやいなや皆さんの「お帰りなさーい」「お疲れ様でした」と温かいお言葉。NHKの担当の方も「KAORUKO先生はロンドンですけど9日の大阪にはいらっしゃるんでしょうか?」とといあわせがあったとかで皆さんKAORUKO先生の動きをよく把握していらっしゃる・・・んですね。・・なんて言われたり。。というわけで大阪にもご縁が広がり深くなりはじめたので12月はクリスマスパーティーでも私とやりましょうね。。なんて話しています。少しロンドンやつれ?(顔だけー・ドンだけー)
明日は三越本店の新館オープン3周年で、KAORUKO特別レッスンが行われます。体験レッスン今からでも入れる時間帯があるからお近くの方はいらしてね。3000円(プリザ・生花アレンジメント)と11,000円(ゆれるブーケ)の体験です
KAORUKOブランドウエディング/ロイヤルスウィートルームです。トータルで全てKAORUKOデザイン。KAORUKOの定番のブランドウエディングだけど(ブログでもお馴染み)花嫁様のリクエストで本日はベージュピンクのお花たちです。これははいわばエルメスのケリーバックをパリに特注するという比喩です。とてもセンス溢れるシンプルエレガンスの美しいお嬢さまです。素敵な優しいご新郎様と。




 
お色直しのブーケはパーティー会場とおそろいで、しかもプリザーブドで思い出に。ロンドンから朝帰国した甲斐があった素敵なウエディングでした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そうなのです。今朝成田に9時着のバージンアトランティックで帰国(JALとANAのスッチーの私のファンたちゴメン・・急だから取れなかったのよ)
そこからまずはシャワーをあびて、即効このウエディングへ。用意周到にしていたし、万が一があってもスタッフたちがいるから・・とは思ったけどそうは言っても夕方からのこのウエディングに駆けつけたくて早朝着の飛行機で。すべて順調でブーケもすべて私が予定どうり余裕をもって作成できました。心をこめて。。30時間以上寝てないけど(いつもはグーグー寝れるのに今回は今から大切なウエディングと思うと仕事モードで神経が張り詰めて飛行機の中でも)、この美しい花嫁様をまずはブログでアップしてから。
ロンドンが福岡に行ってきたような感じもはや。明日は朝から大阪です。大阪NHKの皆さん待っててね!。
Posted by: kaoruko

ロンドンキングスクロス駅9と4ぶんの3ぷラットホームからホグワーツの魔法の国へ(昨年もこれ書いたわね・・汗))

ケンブリッジに着きました。 


ケンブリッジの家です。初公開

つかのまのひかりあふれるイギリスの昼下がり。イギリスはおいしいというエッセーがあったわね。(まずいと定番に言われるけどこのエッセーみたいにおいしくもなる)寒い国だからコトコトとおなべがよく似合います。お腹を切っているのでしばらくは流動食かとおもいきや3日も過ぎたらなんでも食べて良いってなんて日本と違う医学事情・・日本は患者様はお客様だから大切に大切に扱われるからね。こんなに奔放でいいのかしら。。。デモ体中にしみこむようにKAORUKO特性スープのオンパレード。いろんな味や具材の数日分。ベリーたちは朝ごはんと。

まず日本人には会わないから、KAORUKOさんだといわれないし、私も気を張らずにすむからこうしてリラックススタイルの普段着で。頭も顔もオーラなしのすっぴん手抜きスタイルで。のしのしと街を闊歩します。
お庭にはアイビーが絡まっています。

緊急手術で急遽来たイギリス。終わりよければすべてよしで体も回復に向かい私も来た甲斐もあり美味しい物をたくさん作りました。つかのまこの家には2日間暮らしただけの今回だけどずっといたみたいに時が流れました。ここはケンブリッジの今借りている家だけど皆さんもイギリスに行くならこういうおうち風のB&Bなどに泊まるといいですよ。田舎はね。マナーハウスとかもね。
後ろ髪を引かれながら私はこの家をあとにして最終日はロンドンへ。(ロンドンは初日と最終日はなんてったってヒルトンパディントンが便利)
今頃みなさんがこれを読む頃は飛行機の上です。やっとつながり写真を最後の晩に取り込んでいます。最後の日はロンドンでオシャレ関係をめぐり終日あちこちと駆け巡り忙しくしていました。またブログ公開しますね。
Posted by: kaoruko
ブログ更新できずにごめんなさい。心配かけて。パソコンの調子が悪くネットが繋がらなくて日本からの情報もどのブログも見れずに浦島状態です。いい加減繋がらないのでメイルで送信して日本からアップしてもらっています。

無事退院しました。こちらは医療費が税金でまかなわれるから無料なので、手術後も2.3日でさっさとかえらなくてはならなくて、自宅で安静に寝ていて・・って感じです。愛情と心をこめてエネルギーをこめて私は朝から家庭料理を作り、数日分を冷蔵庫にしまいます。きっと朝青龍もこうしてお袋の味を体にしみこませて元気になるのね・・なんていいながら。(このニュースも動きがあったのかな?)
ここはケンブリッジ。自然に囲まれた精霊と古からのニュートンとかの聖霊たちのスピリットを実感する街。世界中から来る学生たちのために各国の食材店街もあり何でもそろう。でも日本から持ち込んだ新米はさすが売ってないので重い思いをしてしょってきた甲斐があったというもの。陽が差し込むこの家のキッチンで一日中料理を専業主婦時代をおもいだしながらしている私。KAORUKOになってからお手伝いさん任せの料理だけどつかのまゆったりした時間が流れ無心に料理をつくるのはリフレッシュって感じ。未来日記に導かれてここイギリスにきたけれど神さまが与えた時間かもしれない。そして明日はロンドンに戻り、新しい世界発の仕事の打ち合わせとそのためにいろいろ動くので忙しい。優雅にアフタヌーンティーなんて、あー15年位前イギリスにご縁ができはじめた頃、来るたびにうれしくて、リッツホテルやサボイホテルのアフタヌーンティーを楽しんだっけ。我がサロンでおだしする器もイギリス来るたびにウエッジウッド本店でしこたま買い込んで空港手荷物にして集めたんだっけ・・そういうことももう卒業して私だけのイギリスの楽しみ方をたくさん覚えたからあそこも、ここも行かなくちゃ。
もうあれからこんなに月日も流れもう数え切れないくらい(おおげさ・・)イギリスには来ただろう。前世できっとイギリスにいたのだと思う。家族そろってイギリスに助けられ成長させられ、人生の節目はイギリスとともにある。(ホント)そして今は家まで借りるなんて。
年内しばらくは忙しいけど、きっともうすぐみなさんにもお知らせできるこの新たな夢あふれるKAORUKOの新ジャンル。楽しみにしていてね。それとKAORUKOのこのイギリスの家にみんなでイギリスツアーなんてのも楽しいかもね。KAORUKOイギリスサロンへいつかようこそ。近日イギリスの家の写真公開しますね。

Posted by: kaoruko
ロンドンヒースローについたら、いつものようにヒースローエキスプレスに乗ると15分でここ、パディントン駅につきます。もうその駅の上はヒルトンパディントンホテルなので、すぐ部屋になだれ込めます。そんなわけだから、オーッと、いつもの素足にサンダルで今日もまた来てしまった。。16度らしい、少し肌寒いけど。
夕方なので目の前の地下鉄でオックスフォードサーカスに行きピカデリーサーカスまでリージェントストリートを歩いてみて今の流行などを肌で感じて見る。明日は看護に行きあいまには裏の裏の裏道のロンドン子達発信のお店ばかり並ぶお店も探索。
ブログファンの元すっちーさんが2泊4日ロンドンはJALのスッチー並みだとエールがきたり、ハワイ1泊3日のフライトで先日帰国した人の話が入っていたり中国は日帰りのフライトだとうちの本部所属になった天使ライセンスの彼女もいつか言っていたから、時差にくじけず使命まっとうしてがんばるわ。。
Category: General
Posted by: kaoruko
ロンドンに行ってきます。これを読まれる頃はもうロンドンに着いています。摩訶不思議な見えない力によっていくことになってしまいました。運命のシナリオはどうなっているんでしょう。不思議すぎなんです。自分が怖い。
先日韓国から帰国後のブログで10月はロンドン、パリと確か書いたんだけど(新しい仕事のプロジェクトが世界発で始まるの)。あの後本当は日々の仕事がどんどん入ってきてるし、ロンドン、パリは10月はチト無理だわ。。と実はあきらめていたの。で、行けるとしても10月4日から7日までしかあいていないとスケジュール管理をしているマネージャーも秘書もそう言うし、4日間でいけるわけないし。そこでつかのま空いている期間の12月にパリに行く予定の航空チケットは予約したのでもう10月のロンドンは無し無しってね。「4日からロンドンいくんです」って行く気になっていたけどどう考えてもありえない話だからね、もう今になっちゃったしね・・とつい一昨日(30日)の夜もそんな話をして。一笑して、忘れていました。。そして昨日の朝(1日)起きてメイルをチェックすると!
とある身内の大切な大切な人が緊急入院して緊急手術だと入っていたのです。夜中にがんがん電話鳴らしたらしいんだけど熟睡した私は気がつかずメイルが日本の夜中の4時過ぎにきていたの。全国に向けてあまり詳しくかけないのがつらいんだけど・・・というわけで私は何が何でも行かざるを得ない羽目になってしまいました。それからというもの飛行機を緊急手配して、なんと明日(3日)早朝の飛行機で行くことになったのです。アー信じられない。一晩でこんなことってある?
これって語っていた通りの未来に現実がついていった、はまったということじゃない?行くって断言していてあたかも行く用な気になっていたのは心だけで、飛行機予約もしていないのに現実99パーセント無理だったのに心は行くように振舞っていて。ぎりぎりになって現実見なさいよ、無理無理ってあきらめていた・・・でも、未来の予定はカレンダーに書き込まれていたままになっていたわけです。
『未来日記を日付入りで書くと夢が叶う、願望が現実化する』とはよく言うけどこういうことなのね、きっと。それにこのごろとみに私の思考が現実化する速度がミラクル級になってきたところだから語り、断言したことは現実になっていくという法則にはまりだしたのかしら。。自分が怖いわ。なにも私の言っていたその日をめがけて、急病になるなんて!異国の地で。しかもロンドン。というわけで今これを出発前夜(2日、あっ今は3日になっている)に書いています。3日の夜にこれをみなさんへ読んでもらえるように秘書に託して・・
もうすぐ夜が明けます。
何かに突き動かされるように私がこの間ロンドンにどうしても行かざるを得ない緊急の用事が出来たことにより、ロンドンに行き、ついでだから、本来するべきだった私の新しい仕事の一つをこなすこともできるわけです。それをしろということだったんでしょうね。運命の指示は。それはまだ言えないの。世界からKAORUKO発信というヒント。楽しみにしていてね。
とにかく飛行機降りたら看病にまずは直行。すべてはそれから。。そして8日にはウエディングもあるのでそれまでには帰国。本当にちょっとそこまでロンドンとんぼ返り行ってきますです。(3日の夜の三越カルチャーの生徒さん、そういうわけでごめんなさいね。来週振替です)
YAMANOの新校舎にて授業が始まります。

ブライダルフラワーの講義を3時間。前半は講義です。後半ワイヤーリングの基本を覚えて、ミニブーケを作りました。皆さんこんなに上手に!。KAORUKOブログ出演写真よみんなー。ハーイ!
   
最後は私のデモンストレーションを5分で。カサブランカのキャスケードを作ります。皆さん食い入るように見ていました。「かわいいー」って声援が飛び、KAORUKOブランドのヒット商品よなんていいながら。

授業終了後はサイン会。総勢80名弱の私のKAORUKOスタイルアレンジメントを教科書としてサインを入れて。握手も。

ブライダルのお仕事は本当に素晴らしい仕事。幸せのお手伝い。人に喜んで頂くために心を尽くし、心からのおもてなしをこれでもかこれでもかとさせていただくお仕事。幸せ、癒しを人に与える自分荷なる為にはどうしたらよいか?この人にやってもらいたい、この人じゃなきゃダメ、といわれるような魅力的な自分にならなければいけない。そのためには?技と心。技術は必要、努力努力をすることにより、技術は必ずついてくる。大切なのは心を磨くこと。心を磨くには?たくさん傷つくこと。これから未来、社会にでてつらいことやうまくいかないこと、試練がたくさんたくさん待っている。でも逃げないで。そこから目を背けないで、たくさん傷ついて、乗り越えること。ダイアモンドも小さな傷をたくさんつけて、磨く、輝くのだから、人の心も同じ。素直な心と、情熱があって今の気持ちを忘れなければ、絶対大丈夫。たくさん心を磨いて、技も磨いてこの人にお願いしたい、といってもらえる美容師、ブライダルビューティープランナーになって頂きたい。がんばって!!。。
最後はこうお話させて頂き、そして、サインしながら一人ひとりと握手しながら「がんばって!」とキラキラ輝く瞳に語り、そしてサインの横には『夢』と書かせていただきました。

 
Posted by: kaoruko
KAORUKOセレクトの世界中から仕入れたこっくりと深みのあるアート(造花)のお花とRUCOパールをあわせて。メリアを作り揺らします。新オリジナルのKAORUKOリボン2007もKAORUKOから習った証として。。

ゆれるブーケコースのみなさん。

  フレッシュフラワー中級コースの皆さん。来春には上級になりそうですね。さんごみずきでクレッセントを作ります。秋色の花たちでヴァリエーションに入れて行きました。

こちらはNHKカルチャー教室の千葉です。私は今度は11月27日のレッスンにいきますが、いつもは右端の天使ライセンス・フレッシュフラワーインストラクターの木更津の嶋田さんがご指導します。楽しそうですね。。
Posted by: kaoruko
今日の純粋無垢な花たち・・・

KAORUKO本部スタッフのフォローアップ揺れるブーケのレッスンです。左からスクールの深谷、三越講座お手伝いの池田、ブライダルの仲條です。あとは横浜の佐藤さん。
  
ライセンスはゴールではないから満足した瞬間から後退、もっともっと美しいゆれるブーケを作れるようになってね。

ワーッ素敵!と天使が舞い降りてきたブーケに心を奪われる佐藤さん「やっぱりフォローアップは大切ですね」と。


Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2007-10 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006