【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2008/06/01
Posted by: kaoruko
本日はいくつもの創作活動をしていました。雨音を聞きながら無になり。光さしこむ部屋で無になるのが本当は一番好きだけど。
富士屋ホテルのディナーショーの進行と、8月29日のKAORUKOフラワーコレクションのご案内状のデザイン。
そして7月の某外国から招聘されて行うKAORUKOのデモンストレーションやセミナーのです。
今3つ同時進行で考えています。

ご披露するKAORUKOのフラワーアートはもちろん、それらをお伝えするためのショーの台本。台本と言ってもセリフはその場のインスピレーションで語るので、考えるのはどの曲に合わせれて何分何秒でここまで作り何分何秒で完成し、モデルの出るタイミングは何分何秒でこうしてああして・・・そして作るフラワーデザインのテーマにあわせて今回は曲を斬新にガラッと変えたり、私も女優さながらに?いろいろやるので、新生女優KAORUKOです。^^なんて照れます。が、先日来渡辺俊幸先生や江原啓之先生からもアドバイスをいただき、かなり良いKAORUKOのパフォーマンスが完成しつつあります。一歩間違えるとギャグ?になりそうなので、気をつけねば!
8月29日の発表はごめんなさい。ブログ上では7月9日の富士屋ホテルが過ぎたらにします。ごめんなさいね。早く知りたい人はKAORUKO天使ライセンスの人にこっそり来てください。
デモ某外国からの招聘の話はご案内できると思います。そろそろ。
本当にいろいろ表現することは一つ一つ異なるから考えていくことがエキサイティング!昨日も身内レッスンに来ていた人たちは私の新作を生み出す考える姿を垣間見て気になっていました。

ところで第3幕はどうやら女優KAORUKOらしい??
資生堂コマーシャルで「よ〜こそ♪〜」なんてスマップの曲にのって私も赤いドレス着て出てたりして?ボコボコボコボコボコーーーーーーーーーーーーーーーーー全国の皆さんに殴られた音です。
ジョーダンジョーダン^^(汗)

あと20年若くて30キロ痩せていたら・・・

デモいろいろな体験が私を成長させてくれる。ある時は演出家、ある時はプロデューサー、ある時は監督、ある時は女優?フラワーアートをとうしてここまでできるということにわくわくしています。
今年はガラッと違うショーの始まりがこの9日の富士屋ホテルから始まります。

昨日今日は身内のレッスン日でした。修行に専念。身内レッスンはまたまとめてそのうちご披露します。

そして、夜はそのあとに、ロイヤルパークホテルにて某お打合せ。
私だけの写真です。都合により^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近また食品偽装がニュースで取りざたされている。
偽装を通り越して詐欺だという展開にも言われ出した。
偽装と詐欺の境界線は何だろう?
華やかに宣伝をしていた某英会話学校の社長の逮捕劇も同時にニュースをにぎわしたが、あれも詐欺に端を発した。
詐欺とは、はじめから詐欺をしようと思って始めた人もいるかもしれないが、ほとんどがやっていくうちに、ちょっとくらい、少しぐらい、ばれなきゃ、騒がれなきゃ、・・・という思いでだんだん味をしめて気がついたら詐欺といわれるようなことをしているという展開になっているのではないだろうか?
故意過失(わざと・ついうっかりまちがって)に関わらず結果的にそういわれてしまうようなことの展開をしていたとしたら自業自得。
いまどきの消費者は馬鹿ではない。今世間がこれだけ悪を暴く、ずるを見逃すなという風潮になってきていて、様々な企業のする行いにたくさんの目が光っている。
当該者となれば泣き寝入りなどするはずがない。
その場しのぎの嘘やずるは瞬時に暴かれる昨今なのだ。
いままでならまかりとうってきたということもまかりとうらない今の時代。どんどん暴かれている。
いずれにしても清く正しく嘘をつかず誰にどこからつつかれても胸を張っていられるように、ガラス張りの自分でいられるように自分で自分や自分の部下、自分の会社、自分の上司、それぞれ関わり合う関係において常に律し合う必要があるのだろう。
誰でも詐欺師になろうと思ってなっているのではないだろうが気がついたら詐欺師になっていた・・・というケース。昨今のニュースを見て本当に人間とは愚かであり、ちょっとしたことで人生の道が大きく狂うのだ・・と観察している。
Posted by: kaoruko
今年のコレクションのテーマは
「シャンパン  ベージュ」

好きな色は何?と聞かれれば「ベージュ」といつでも答えていました
ベージュはエレガントでもあり 儚くもあり 時に妖艶
ピンクベージュ・ブラウンベージュ・イエローベージュ・ベージュゴールド・・・
いくとおりにもうつろいます
大人の女性の似合う色
そう 私なら
光を入れて「シャンパンベージュ」
なんてファンタジックな色の誕生でしょう
シャンパングラスのあわたちはきらめきやときめきをスパークリングさせ
魅惑の時の始まりを伝えます
キラキラと光りのベールをまとい透明感あふれながらも凛とした存在を放つ
シャンパンベージュな女性

そんなイメージで2008のKAORUKOのフラワーデザインを発表します

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
8月29日のフラワーコレクションのテーマです。
そして私の思いを表現してみました。

ショーの開催場所など詳細は7月1日に発表します。
2000年から開催しているフラワーコレクションは毎年テーマを決めて私の新作を発表します。
僭越ながらここから流行が生まれると各メディアが書いたり放映したりしてくださっています。でも実際本当なのよね^^ブーケに宝石を入れるという発想や、ブーケをアクセサリーとしてビーズやパールをふんだんに取り入れて光のベールのようにするという発想(ポチポチ入れたりはあったけど素敵な素材を発掘、またはオリジナルでつくり絵画のように斬新に大胆に取り入れる発想)
ブーケは塊でなければいけない、ブーケとはグリンがモサモサ入っているもの・・いまだにみんなそんなかんじで作っているけど、そんな固定観念、既成概念を崩し、KAORUKOが提案してきたブーケは【輝きだけが彩り】揺れるブーケもグリンの入らない洗練のブーケも誕生させました。宝石やススワロフスキーだけのブーケもKAORUKOから生まれました。

ウエディングのみならず、リビンク&エブリデー゙においても。
幸せ空間の提案をこの8年間でさせていただきました。
KAORUKOイズムといわれるスタイル、エッセンス
【美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている】とは25ansウエディングが特集記事で表現した私や私の花のことです。

さてさて、連ドラのように今宵はここまでですが、今年はね、実は80名限定の完全着席コースメニューの回がありまして、「KAORUKOとゆかいな仲間たち」
と称して80名全員がゲストという発想。いつもは500名くらいの大きなホテルや劇場でのショーなので有名人ゲストの名前を告知してトークショーをしますが、今年はおしゃれな海外高級ブランドのイメージ。
ショーのみ観覧、作品展示観覧などは人数制限はしませんが、その先のコアなセレブ会食はそういうわけで
80席限定なのです。でもメチャ、セレブ空間で非日常を楽しんでいただきます。ありえない体験に浸ってください。「今年のゲストはだれかしら?」と楽しみにしていたことでしょう。
みなさんがゲストという発想。みなさんも主役よ^^
そして私のお友達の有名人はだれが来てくださるかはわかりません。当日のスケジュールによるので0人かもしれないし、あの人この人もいるかもしれないし?楽しみです。こんなパーティーも粋でしょ^^
そこはおしゃれにおしゃれにね。シャンパン片手に優雅なひと時をお楽しみください。

エピローグでした!








Posted by: kaoruko
箱に入れてお持ち帰りしていただいたケーキは・・そう、フラワーケーキです!いちごショートと青りんごケーキね。ベーシックのレッスンです。
ぶどうは上級レッスンで使いました。

三越本店カルチャーのレッスンの皆さんです。
2年目3年目の方はめきめき腕が上がり本当に個性の生きた芸術的なアレンジメントを作れるようになってきてます。本日も大きな枝をつかって。
フラワーケーキは以前、日本テレビのズームインで取材されたKAORUKOサロンでアナウンサーちゃんが私と作ったあのフラワーケーキです。皆さんキャ〜かわいい〜と大はしゃぎ。^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
KAORUKOフラワーコレクションの話を少しだけ昨日書いたら、KAORUKOのこの情報を開催の場所だけをお知らせした最上級の天使ライセンスの人たちは友人知人生徒さん、取引先に聞かれたらしくしゃべりたくてうずうずしている〜というメイルをいただきました。まだまだよ。
もう少しお待ちを。何の根拠もないんだけど^^もったいつけてるわけではないですが・・^^
毎年500人から300人は全国からおいでくださいますこのショー。今年は全く違う形式です。限定80名の着席の最高級のセレブなお食事をします。
そしてショーのみ観覧は多くの方にご自由においでいただけますが80名の限られたクローズの回とは別です。お楽しみに。

突然ですが、そのショーのパンフ担当している植草さんです。昨日打ちあわせにきました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先日子育てについての具体的なアドバイスをしてほしいというコメントをいくつかいただきました。

不登校問題についてです。社会問題化していますが体験してきた立場としてこれは本当に深く様々な要素がからみあっているしブログで一言で言うのは大変難しいのです。経験のない人は簡単に「〜のせい、〜をこうしたら、〜がよくない」といえるものです。
そんなのできたら世話ないよ。できないから悩んでいるんだ・・
簡単に言うけど体験してみなきゃこのつらさはわからない・・
そういうことなんですよね。
識者の言う評論はためになることは多いけど、こと、子育てについてはこれは絶対経験したものでなければ痛みや苦しみはわからない。嵐や山を本当の意味で乗り越えなければ頭でっかちに知識や観察で語られてもやりきれないものだ。
不登校問題は特に根が深いから。同じ立場にいない人にはわからないだろう。また、そこにいる渦中では先の光を見ることができない同士で慰め合うことはできても光を知る由を知らない。

本当に犬猫とは違い、複雑な人間の心と心が絡み、幾重にも織りなしている複雑なもの。だからひとことで簡単には言えないことばかり。総論は確かににある。でも各論は個人差があるということ。これらの総論各論をいずれ何かの形で今地獄の苦しみ悩めるおかあさんたちや子供たちに話を伝えていくことは一筋の光になることと思うので、私の使命として行いたいとは思います。
どのようにしたらいいかを今考えていますのでもう少しお待ちください。本当にお辛く光さえも信じられないのはよくわかります。よくわかるから。。。。。
なんとかします。もう少しお待ちください。

頑張ってください。・・祈っています。皆さんのお子さんの問題が解決へと導かれるように・・









撮影です。海べの光ふりそそぐ風そよぐスタジオで潮風にあたりながらブーケの撮影です。ムフ^^

これは昨日の話。。江原先生と渡辺先生との会食で丑三つ時過ぎに帰宅してブログをやりほぼ寝ないで朝から撮影準備に入りスタジオ入りです。よ〜やりますが気合い仕事です。イギリス以後休みなしですが、本日は少しのんびりでしたから大丈夫よ。
[昨日の江原啓之先生の直筆ブログにも同じ写真付きでうれしい文章で掲載されていますから見てね!サポーターズクラブブログだけど、いつもためになる内容がもりだくさんだからぜひ!]
 先日お話した、三越本店の【極上のウエディングの企画】で日本を代表するフラワーデザイナーとして選んでいただきました。光栄です。手直しを撮影前にしたり、モデルになりきってブログ写真を撮ります。
たったこれだけの撮影ですが、花の表情などをチェックを何回もして本番になります。

【ザ・サマー!】という感じですね。
プリザーブドフラワーにKAORUKOブランドRUCOシャンデリアを光あふれるベールのようにキラキラと。水のようでもあります。KAORUKO新作

KAORUKOブランドの証、KAORUKOリボンもね。
三越の営業政策部の上杉さんとKAORUKOチーム(若山・座間・小池)です。イスの私の後方にはいつも黒子の上村も写っています。たまには黒子たちもブログ出演ね。

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
一昨日のブログに多くいただいたコメントは3人の笑顔に励まされた・・落ち込んでいたのに元気をもらえた・・私もマグロの最後尾についていきます、どこまでも・・
などでした。
ここにさだまさしさんが加わったら世直し隊というコメントをいつかいただいたと書きましたが、渡辺先生の8月24日の35周年コンサートはまさに4人そろいますので
世直し隊ですね。(そういう私は初対面ですが・・)いよいその35周年も全員で盛り上げるべく楽しく企画したりしていますし、私の8月29日のKAORUKOフラワーコレクションも決定したのでまた近々詳細は発表していきます。
熱い夏が楽しみですね!みなさんも35周年に来れば一気に私たちに会えるし、私のフラワーコレクションも来ていただければそうかもしれないしちがうかもしれません。まだ詳細はきめてないので。誰が来るかはわかりません。
私にとっても一年に一度の発表ですので肝入りですし、新作やこうきたか!という内容をひらめいています。
ぜひ皆さん私と私の花に会いに来てください!
8月29日の11時から12時半です。ショー観覧はね。
発表カウントダウン始まりです。お楽しみにね。
KAORUKOグループの最高級の天使ライセンスの人は情報を知っていますからお友達にいたら聞いてみるのもいいかもね。^^どこでやるとかは知っています。詳細はまだ私しかしりません。^^(デモKAORUKOグループに所属していると一人ではありえない場所でありえない体験をしてありえない人と会う・・とみなさん言いますが、ありえない度が今年はさらにすごすぎるとメイルやコメントが来ています。この夏の行事情報についてね。たくさんあります。KAORUKOのイベントにこうしたみなさんの参加の場が)
随時レッスンで会う人は発表して行っていますよ〜。明日の三越来週の大阪の生徒さんお楽しみに!

それよりさきにある7月9日の富士屋ホテル主催のディナーショーもよろしくね^^まずはそこに入魂中^^

そうそう数日前にこのブログでご紹介した富士屋ホテルの寄木のケーキがTBSにじっちゃおで紹介されていました。富士屋ホテルの紹介とともにね!2じっちゃおといえば私も特集でものまねの堀さんがわがサロンにきましたね。あの番組です。^^


「成仏の会です」
関テレのゆきさんはテレビの本番収録があるそうで残念ながら大阪から参加はできませんでしたが、この3人で行われました。初めての紅一点で写真を撮るときは鏡なんぞみてしまい江原先生に笑われてしまいました。
 粘着縁のメンバーともいいますが、今回は本当ははじめは江原先生のオペラデビューのお祝いをしようと計画されていたのですが全員の予定もあわず、のびのびになり・・・そして、私がイギリスに行っているときにブログにかなり凹んだブログをかいたでしょ?へこんだというか憤ったというか。それを粘着縁のメンバーが読んで大変心配してくれて、そして「KAORUKOさんの一大事!」とばかりにさっそく計画たててくれて、緊急集合をしてくれたというわけなんです!
本当にありがたいことです。だから「KAORUKOさんを励まして成仏させる会」ということで「成仏の会」と相成りました。
私と渡辺先生もすべての仕事が終了したあと20時半に集合。江原先生は今夜【オーラの泉】の収録があり、その足でとてもお疲れのところかけつけてくださり・・・22時半過ぎに。約12時間近くの収録で消耗のところ・・(オンエアーでは一時間弱でもそのくらいテレビはね)

写真のヘアスタイルはオーラの泉ヘアだそうです。

そしていろいろな私の話も聞いてくださり、お二人からず〜っとたくさんのアドバイスをいただき、本当に元気と勇気をいただきました。そしてたっぷりのエナジーも。

お寿司をばくばく食べながら「ふんふん」「ふんふん」と目はすしネタを捕えて離さなくても耳と心は傾けてくれて^^
オーラの泉の後だから第六感全開で聞いているから!などと面白く笑わせてくださり、頭はおいしいものレーダーが作動しながらすしネタをスピリチュアルチエッックしながらも。。

なんかたくさん面白い話もしたんだけどブログに書いていいとお許しも得たのに私ったらすっかり思い出せない〜。しっかり私へのお二人からの温かいメッセージはしかと受取り、だからこそなんだか笑いネタが抜けている不思議な今宵。

渡辺俊幸先生もKAORUKOプロデュースのごとくいろいろ考えてくれていて「デモ龍笛のブログは笑えたよね〜」なんて渡辺先生と江原先生であの忘れたい過去のシーンを思い出し笑いされてしまいました。
そう実は7月9日の富士屋ホテルのディナーショーで龍笛を吹こうかと密に計画を立てていたのでした。それをあの神社での顛末により
撃沈やめることになったわけで・・・これからのKAORUKOとしては海外のお話もたくさんきているから海外でアイドルになるしかないね〜なんてアドバイスをマジだか冗談だかわからずに「ふんふん」と私もお寿司をいただきながら聞き入るのでした。

いずれにしても本当になんてありがたいのでしょう。仲間と言ったらおこがましいほどの素晴らしいお二人が貴重な時間をさいて集結下さり・・・
ゆきさんもメイル参加をしてくれました。ありがたや〜

「次こそは極上のマグロね」と帰り際。「マグロは止まると死んでしまう・・泳ぎ続けないとならない(回遊魚)」という私たちお役目をもった粘着縁のメンバーはいつも立ち止まらず忙しいけど使命を全うすべく頑張りるづけること」という合言葉。
さらに「マグロは止まらずにおよぎつづけているのに痩せない・・腹まわりは細くならずに丸く・・」「さらにトロへ・・」みたいな江原先生の別れ際の熱き語り!
そう・・私はトロ・・いや・・マグロの精神で!

すっかり丑三つ時近くなり解散。すっかり成仏した私。明日からまたがんばりまっす!
http://blog.toshiyuki-watanabe.com/
渡辺俊幸先生のぶろぐにも江原先生との3人の話が掲載されています。ご覧くださいね!
Posted by: kaoruko
「ウォーリーを探せ!」・・・のごとく「KAORUKOを探せ!」私がどこにいるでしょう?^^

 
梅雨時は水のイメージです。ベラドンナやデルフィニウムにカラーを添えて水、さわやかにアレンジメントします。 皆さんとても素敵にできました。本日入会の人もまだ4回目の人も一年の人も今月は同じ挑戦をしてみました。ウエディングではメインテーブルとしても使い、リビングフラワーでは出窓に置いたりチェストに置いたりと楽しめます。

こちらは先日のサロンレッスンで使ったアリウム。アップにするとこんなに可愛い。^^

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
昨日はブログ更新しなくてごめんなさいね。
お友達と夕方楽しくお茶をしてそれから、思いがけず野暮用ができ逗子往復70キロを都内から帰宅早々しなくてはならず、本当に疲れてしまったので・・・

デモ富士屋ホテルの素敵なブログを何回も堪能したというコメントもいただき、それはそれでお楽しみいただけたようで^^

明日も楽しい魂友のメンバーで会食です。久々に「成仏の会」です。ロンドンからの意味深な私のブログのメッセージに心配をしてくれて何があったのか?と成仏メンバー、世直しメンバーからメイルをいただきました。
同志として励まし合い活動を応援し合っている魂友はありがたいですね。それだけではないのですが
そういうわけで明日は、仕事の後に行ってきます!
某氏はテレビの収録後の合流だそうですので始まりが遅いのですが、楽しみです。
さてさてお楽しみに!
富士屋ホテルにディナーショーのお打合せに行きました。箱根宮ノ下の130年の歴史を誇るクラッシックホテルです。世界中のセレブや歴史に名の残る偉人が愛したホテル。美智子皇后さまもご成婚前の最後の思い出のご家族旅行はここでした。本館のエントランスと右は花御殿です。
KAORUKOディナーショーの担当の方々です。右写真の左は伊藤さん、女性は三浦さん、右は真野さんです。

偶然にも本日の神奈川新聞にドーンとこの130周年の記事が掲載されました。7月9日の130周年記念イヴェントKAORUKOディナーショーの告知。創業一族山口正造氏が花をこよなく愛し花御殿まで作って世界中を和と洋でもてなしたという歴史から日本を代表するカリスマフラワーデザイナーKAORUKOが130周年を記念するディナーショーに選ばれた・・とあります。ありがたや〜

ホテルのエントランスと2階のエントランスも見えます。

入口を入ると趣のある古き良き時代そのままの飴色(あめいろ)の階段が目に飛び込みます。そしてメインダイニングに続く廊下には歴史を語る、メニュー表や歴史のときを刻んだお皿が飾られています。国賓級や皇族方をおもてなしされたときのものなどが博物館のごとく見ることができます。

中央が創業一族のその山口正造氏。ユニークな方で【万国髭クラブ】というのを作り世界からひげ自慢を集めこのように髭による国際交流を試みたそう。他にも蒋介石、孫文、アインシュタイン、ヘレンケラー、チャップリンなど有名人の写真や宿帳も残され廊下で垣間見れるものもこのようにあります。

そして、この廊下をわたるとメインダイニングへと。
メインダイニングの天井は日光東照宮を模した絵が描かれ花好きの創業者が636種類の日本の花や高山植物を描かせたそう。本当に素晴らしいです。130周年記念としてKAORUKOがデザインした花たちがこのホテルの隋所に飾られます。9日のみならず記念式典の15日や約一年をとうしてKAORUKOの芸術作品がこのホテルに合わせてデザインしたものが飾られますからいつ来ても見ることができます。

そしていよいよKAORUKOディナーショーのときのイメージトレーニングをお教えしますわよ。
まずここ、バーヴィクトリアで16時半から鹿鳴館時代のような趣のこのバーにてウェルカムシャンパンをいただいてください。このパーティーにいらっしゃるすべてのお客様はここでかつて国際交流が行われたようにゆっくりと交流をしていただきます。日本人の悪い癖はどっしりと座ること。くれぐれも少ない椅子をめがけてお尻に根を生やさずシャンパン片手に「ごきげんよう」と多くの方と交流をしてね。
セレブ・紳士にになりきること^^

そして時間になれば先ほどの伊藤さんがご案内をしてくださいますから順次ディナーショー会場へと。このお雛様があるきそうな階段を上がり窓一面のガラスから小さな滝が流れる日本庭園が見えるカスケードルームへと入ります(カスケードとは小さな滝)
 
鳩が梁にたくさんとまっていますよ。戦争がもう起こらないようにと創業者の祈りをこめて平和の象徴の鳩だそう。

このカスケードルームの窓の対面にあるのは本館のこのティールーム。同じ日本庭園や小さな滝を眺めながら日本中イヤ世界中のお客様がティータイムを楽しんできました。私も小さい時から箱根の温泉に来ると必ずここにたちより両親に連れられお茶をしたり、伝統のカレーをいただいたりしました。だから小さい時からの「あーあの時の私」という私がここにいてたくさんの思い出とともにあるホテルなので今回ここで130周年記念でKAORUKOのディナーショーが開催されるということが本当に感慨深いものがあるのです。

伝統のアップルパイや箱根の伝統工芸品の寄せ木
細工を模したケーキをごちそうになりました。懐かしい味です。

館内ツアーだそうで、毎日こうした130年の歴史が詰まった日本を代表するホテルの細部を見学したい人のために行われているそうで、100人くらいは毎日集まるそうです。凄いことです。いや本当にメインダイニングの伝統のお料理をお目当てに連日ロビーはレストランの順番待ちであるのは私が小さい時から今まで本当に大げさでなくいまだに日本の高度経済成長時代のにぎわいのごとくここは時が止まったかのようなにぎわいと活気に満ちて来る日も来る日も全国から舌鼓をうちに行列ができるのでした。

創業者の魂が今なおここに生きていて、ここを訪れ愛したた世界のvipの魂も肌で感じることができます。

私が130周年の記念として選んでいただきフラワーディナーショーをさせていただくことは、古(いにしえ)の御霊(みたま)が何か私をここへ導いたとしか思えません。今後もこだわるお客様にはKAORUKOのゆれるブーケや130年記念フラワーデザインでここ富士屋ホテルさんでウエディングもできることになります。
7月9日は心をこめて悠久の時を感じながらKAORUKOを表現していきたいと思います。

富士屋ホテルの広報担当くらいなブログですね^^
デモ本当に小さい時から親の代からの大好きなホテルだからこそ肝入りです。^^

おかげ様で大好評でブログファンはじめ全国から申し込みがあるそうです。特別メニューもお料理ファンにはたまりませんね。勉強になりますね。お金では買えない歴史の味。
当初の予定の人数をもう突破したのだそうですが、多くのかたにおいでいただけるようにショーのテーブルのレイアウトを変更してまで対応をしてくださっています。今ならあと残席10席位とのこと。お待ちしています!
当日は私もお泊りしますし、魂友 渡辺俊幸先生も私とトークをしてお泊りします。ともに時を刻みましょうね。お楽しみに!
Posted by: kaoruko

本日もシャネルビルにてお打合せです。いつものように駐車場に停めてシャネルモードに気持ちを切り替えます。(福岡出身の私の秘書はあまりの敷居の高さにたじろぎますが、まぁこれも何かのご縁で私のもとにいるのだからシャネルな女性になりきってなりきって^^・・・汗の彼女^^)

まだ内緒だけどこのブログを連ドラのように読み続けていたらそのうちわかりますわ。。シャネルがやけにこのごろ登場する意味が^^
ここは屋上です。テラスです。めちゃ素敵な外庭です。このシャネル壁の前でスマップのプロモーションビデオが作られていたのを見たことあるわ。。などとミーハーに。

ここはレストラン【シャネルベージュ】アランデュカスがプロデュースしているお店です。先日のキーワードを覚えましたか?そうロンドン便りに出てきましたね?!私がディナーに行ったあのアランデュカスね。
ロンドンはドーチェスターホテル、モナコはオテルドパリ、パリはプラザアテネの中にある世界のセレブの舌をうならせるというアランデュカスがここ東京は銀座のシャネルとのコラボレーションとしてシャネルビルにはいっています。謎解きは本日はここまでね。さてその続きは明日からもブログを読み続けてください^^トゥービーコンティニュ〜。。。
そして銀座シャネルでお打合せの後は日本橋三越本店へ。
三越本店のビックプロジェクトのお話をいただきまた新たなる楽しみです。マーチャンダイザー計画の中島さんとブライダルサロンマネージャーの野本さんです。まだ内緒だけど。雑誌アネーロも関係するらしいので上海で仲良しになったアネーロ編集長の秋保さんともまたお会いできそうで楽しみです。

そしてそのあとは三越本店のレッスンです。
プリザーブドフラワーのコース。ハンドバッグブーケを作ります。お部屋飾りとして立てかけても楽しめます。
本日は半分近くが御欠席。風邪が流行しているようです。梅雨時だからみなさんも体調にお気をつけてね。私も時差ボケもなくがんばっているわ^^明日は箱根へ。富士屋ホテルにてディナーショーのお打合せ。。。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「悪は暴かれ正直者が陽の目(ひのめ)を見る時代・・透明性重視の時代へ」とはこのブログでも紹介したようにわたしがKAORUKO会員に向けて2年前の新年号のごあいさつに書いたものです。
それから建築偽装、食品偽装、エコ偽装、などと相次ぎ今までズルがまかり通って数十年続いていたこの日本もどんどん暴かれズルや悪は生き残れない世の中になってきています。少しくらい、ちょっとくらい、ばれなきゃいいは通らない。
どこからつつかれても胸を張っていられるか?
そこが最も大切なのに、さらに顔色を見ながら話を変えたり一貫性のないやりかたや、人を大切に思わないやり方、をしているところはどんな老舗デモ潰れていく時代。
今日はたまたまシャネルや三越に昼間行って会議ですが、老舗としてブランドとして不動の地位を保つというのは信用に信用を積み重ねた日々の積み重ね。そういうところと仕事をしていると本当にやりやすい。
一貫性があり、朝令暮改がなく、話も二転三転しない、人を大切にする。「やっぱり一流は違う」と思うように、自分たちも志は一流でありたい。悪やズルをしなければいい、嘘やその場しのぎでかためなければいい、
どこからつつかれても透明性の自分でいればいい、正直てあればいい、精神誠意の仕事をすればいい、お天道様(おてんとうさま)に恥ずかしくない生き方をしていればいい。。それだけのことなのになぜできない人もいるのだろう?
自分は少なくとも正直ものが陽の目(ひのめ)を見ると信じて生きていきたい。
Posted by: kaoruko
テムズ川ほとりです。今回のイギリスは仕事のとき以外はこうしたロンドンから郊外へ約1時間弱の田舎で過ごしました。寝坊したいところをこの美しい景色に誘われて朝から散歩をしました。

白鳥が誰がおいたかパン屑をついばみ鴨は時折水から飛び立ってはこうして人を恐れるでもなくベンチへとやってきます。
葉から光越しに見える対岸の家は誰かの別荘なのでしょうか。テムズくだりをするボートが何艘も笑い声とともにやってきます。
幸せってなんだろう・・・と朝日の中でボーっとベンチに座っては鳥たちを眺め光とたわむれたひと時は日本での毎日のめまぐるしい忙しさの充実した幸せとはまた別な時がこのまま止まるのではないかとういう穏やか過ぎる時の流れを対比しながら、両方あるから幸せなのだと思う私なのでした。
専業主婦時代・・公園での毎日の長い長い一日が来る日も来る日も永遠に続くかのようなあのころ。取り残されたような焦燥感。たぶん普段忙しいからこそののんびりした時は貴重であり、きっとこれだけしかない毎日ではないからそう感じられるのかもしれない。また立ち上がろう・・日本に帰国したら。。
で〜お約束の貴重な一足散策用スニーカー(渡辺先生も「そうこれね」と先日のピクニックでも言われた^^)

マーケットで野菜を見たりお花たちを見る。
海外に行くたびにいつも思うのは「日本だけよね〜胡蝶蘭があんなかしこまっているのって」と胡蝶蘭の無造作具合とおしゃれ具合にうなる。

ここはケンブリッジ大学の近くのラウンドチャーチ
と今も大切に保存されているニュートンのリンゴの木。この木で万有引力が発見されたかと思うと、いつ行っても歴史に名の残るケンブリッジの精霊たちを肌で感じる お約束のイギリスの朝のトーストはこんなかんじね。かっこいいと思って買ってきても日本に帰るとたちまち食器棚のこやしに。。

田舎の某有名な貴族の館・・マナーハウスはこんな風に高大な敷地が今なおホテルとして使われたりしながらも素敵にガーデニングが施されている

本当に素敵なイギリスの田舎のお花たち・・・日本で模倣した場所やお店などは随所にあるけど、やはり本物は本物。なんちゃってにすぎないからなんだかいつも違和感を私は感じる。つくられたものには出せない、時を刻んできたという歴史がそこにはあるから。その風情風合いが素敵だというのに。。。


さてさて今回のメインテーマです。
KAORUKOロンドン誕生!KAORUKOのロンドンオフィスができました。結構いけてる?田舎でアトリエもいいけど、やはりそれは旅で訪問できるのでデザイナー、アーティストとしては時代の最先端の発信であるロンドンのセンターに拠点を置くことが何より大切。
ロンドンのセンターです。(オックスフォードサーカス駅から地下鉄で2つ目です。公式ホームページに近日中にロンドンオフィスの住所も掲載します。)
エントランスエレベーターホールはこんな感じお部屋は白で統一 

窓から見えるとなりの景色はクラッシックな建物が見えます。そしてオフィスの前の道路はバスも通ります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★
KAORUKOロンドンオフィスとはびっくりでしょ?
実は今年はじょじょに発表をしていきますが、世界での仕事が尚一層増えています。
そしてロンドンを拠点にいろいろ活動が始まります。本当は引っ越ししてロンドンから世界へ行ったほうが便利なんだけどそこはまだもう少しだけさきね。
ロンドンだと、パリはユーロスターで3時間、モナコや南フランスだってひとっ飛び。ヨーロッパ諸国は国内旅行みたいなものだし、今お話をいただいているロシアや中国やアラブ諸国だって日本から行くより近くて安かったりするしね。
というわけでロンドンでの昨夜のブログの担当マネージャーさんのお世話もありKAORUKOスタイルのフラワーアレンジメントの日常のお花やオリジナルの揺れるブーケでのウエディングのお話もいただいたり、さらにトークショー、デモンストレーションのオファーもいただいたり・・・だからロンドンを拠点に活動をすることになればこのブログでご紹介の各地やロンドンからパリのお花屋さんめぐりやらとKAORUKOが案内するイギリス&パリツアーなんていきたいでしょ〜?ガイドブックには無い歩き方ね。

ロンドンオフィスにはだれがいるか?って?
実は今までオフレコでしたが私の息子がケンブリッジで学んでいまして以前からの読者はお分かりのようにケンブリッジに家がありました。今回、ロンドン芸大に進学をしましたのでそのためにケンブリッジの家を引き払いロンドンのセンターに部屋を借りることになり、せっかくなのでオフィスも兼用となりました。
イギリスの制度は日本と違うので今回卒業したケンブリッジも大学だし、ロンドン芸大も大学ですので自分の才能を伸ばすために本当に行きたい最終大学へと挑戦をできるのです。
で、KAORUKOのマネージメント担当の方もイギリスにいることだし、KAORUKOロンドンオフイスとして使います。今回はそのために息子の卒業式とオフィスの準備を兼ねて行ってきたというわけです。
それと束の間の癒しの旅ね。

さて、KAORUKOロンドン誕生も驚きでしょうが初めての息子の話にもおどろいたことでしょう。
もう息子も大人になり私の仕事に理解を示してくれるようになったので解禁として少しづつ世の中のためになればと思い私も語ることにしていきます。
というのは、私の息子はかつて小中学生時代に日本で生きる目的をも失いかけた不登校時代がありました。でもそこからイギリスにわたりボーディングスクールでの生活(昨日のブログ参照)を経て心も成長し、様々な出会いやイギリスの教育に助けられ自分の夢への道をつかみ努力し、こうして現役でつかみとったのです。かつてあんな暗黒の時代があり家族中が地獄の日々であったことがウソのようです。そこには全員の努力の日々がありました。
だから今混沌として日本の子供たちや悩めるお母さんに私はくぐりぬけてきた自分の体験をもとに語ることにより何か力になれればと今強く使命感に駆られています。
生きて頑張っていれば必ず光はやってくるということを。でも光への道しるべを示す人に出会うことも大切ということを。
世界の名門ロンドン芸術大学セントマーチンに合格したことは一つのスタートにしかすぎませんがデモひとつのゴールでもあります。かつて闇をさまよい生きる希望をなくしていた時代があったことを誰が想像できるでしょう。。闇からのスタートでも光をつかむことができるということを伝えていきたいと思います。

これからのKAORUKOの活動の一つにようやくカウントできるスタートがやってきたのです。










Posted by: kaoruko

イギリスの最も美しいと言われるこの6月。イギリスの田舎はそれを証言するかのごとく花たちが咲き乱れていた。優しく儚げ(はかなげ)で繊細なワイルドフラワーやイングリッシュローズが壁をつたう絵葉書のような民家。どれもこれも「だからイギリスは何度来ても癖になる」と思うのでした。
ロンドンヒースロー空港からヒースローエキスプレスでいつものようにパディントン駅へ。待ち合わせには便利です。
そして今回の仕事の一つでもある、ホテルへ。ドーチェスターホテルのレストランアランデュカスへ。

アランデュカスはモナコに滞在するときに行くオテルドパリの中にあるルイケーンズという三ツ星レストラン。世界のセレブの舌をうならせるアランデュカス(シェフ)はパリのプラザホテルにも三ツ星があり、合計6つ星という異名を(年により7つ星になったり・・)もつ本当に世界の一流シェフです。わけあってここのレストランの仕事がらみで行くことに。その理由はまた後日のブログで発表します。
(連ドラのようですね)
ホテルのエントランスはサボイホテルやリッツと並ぶ超高級ホテルだけあってハイティー(アフタヌーンティー)などを楽しむこともできます。ミーハー時代はそれらのホテルの梯子(はしご)を身の程知らずにも行き、制覇で知りつくしましたが今回の目的はアランデュカスね。
アランデュカスというキーワードを本日覚えてね。数日後のブログでその意味がわかります。^^

美しいエントランスの花たちです。

ロンドン市内ではお約束のルンルコを仕入れます。今度8月29日に行われるKAORUKOフラワーコレクションショーでもルンルコお楽しみに。

【ノッティングヒルの恋人たち】でも有名なアンティークや雑貨のお店をのぞいたり、コベントガーデンや器やお花の資材のお店も行ったりと。お決まりのお買いもの仕入れルートへと。ガイドブックには載っていない足で発掘したところばかりだから、【KAORUKOと行く花と癒しのイギリスの旅】も1999年に行った生徒さん達以来行けてないからまた企画しましょうね。お決まりのパターンのコースではつまらないものね。(ここ数年はパリコレツアーや中国ツアーばかりでしたものね)

そしてここはテムズ川ほとりの某著者により某有名にもなった素敵なアフタヌーンティーのホテルでご多聞にもれず私も。大好物のクロテッドクリームをたんまりとスコーンにつけていただく「やっぱり日本のとはまるっきりちが〜うぅ」と。心臓に脂肪がたまりそうなのを気にせず。

ここは私のKAORUKOのイギリスマネージャーのお宅です。お昼はかま揚げうどんをお庭でいただきます。本当にこんな暮らし理想的・・・手作りのハンギングのお花がかわいらしいです。


近くの【イートン校】に遊びに行きます。ダイアナ妃もご子息ウィリアム王子やヘンリー王子の寄宿舎であるここにこうして時より立ち寄ったのね・・・なんて思いながら。。。それにしても本当のセレブ御曹司で、なおかつ頭もよくないと入れないという世界の名門だけあって制服は燕尾服(えんびふく)・・よんさまをおっかけるおばさまたちのように私はうっとりしながらシャッターをおすのでした。。紳士教育は本当に素晴らしいものがありますね。さすが。日本の教育を憂いてしまうものです。イギリスはここ超名門でなくてもボーディングスクール(寄宿舎制)の歴史がふるくからあるのでその教育たるもの素晴らしいものがあります。この話はまた別日にて。
 

そしてついでに足を延ばしてウィンザー城まで。旗が掲げられているのでエリザベ女王はご滞在です。
そして、カミラさんとチャールズ皇太子が挙式をしたシビルウエディングの市庁舎です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
さて、本日はプライベートと散策、そしてルンルコ仕入のお話でした。

明日はいよいよ重大発表です。な〜んて。?
KAORUKOロンドンのマネージャーと書かれていて察しはついたかしらん?
そう、お楽しみにね。
本当に盛りだくさんの日程でした。
明日は、それに加えて、テムズ川ほとりの美しい風景や癒しの写真などもお楽しみにね。
もう数えきれないくらい行ったイギリス。
その理由も明日掲載しますね。^^

本日はレッスンでしたが、その模様は週末に一挙公開といたします。











ただいま〜帰国しました!!たくさんのコメントありがとうでした^^ロンドンではパソコンが機能しなく全く本当に残念で悲しい日々でしたが、明日からロンドン便りを掲載しますね。 ト言っても明日から早速いろいろスケジュールが立て込んでいるので日々の出来事と合わせて公開!ブログの日々が始まります。
田舎に行き、森の妖精になりました。羽が見えますか?
本日は全日空にて
Category: General
Posted by: kaoruko
「真実はなにか?」真実を確かめるには当事者に直接 きくといい。
 「どこからつつかれても胸を張っていられるのはどちら か?」自分の目と心で確かめるといい。
 「確かめるすべも与えられず、事実無根の話を信じる としたら気の毒なのは誰か?」密室で繰り広げられた 話し合い。
 「事実無根を都合のよいようにねつ造されたら?」
 「あなたはどうしますか?」耳に入ってきた話。
 「どこからつつかれても胸を張って説明をできるのはど ちらか?」人生こういうことはよくあるから、そういうと  きは両者にきくといい。
 「欠席裁判である必要がなぜなのか?」「なぜ、知ら  されなかったのか?」「大切な話し合いになぜ排除さ れる必要があったのか?」当事者であるのにもかか  わらず。
 
 真実は一つ。天は見ている。

 あなたの心も感じている。「白日の下にさらしてうろ
 たえないで胸をはれるのはだれなのか?」

  失礼極まりない話。話し合いは当事者全員に知らさ れるべきもの。いたら困る理由がないかぎり。

 〜〜〜London便りが、パソコンの調子が悪くインター ネットに繋がらなく毎日ガッカリしています。
 楽しいLondonでこんなブログ。一体どうしたのか?は 解る人は読めば解る出来事のお話。

 人生の生き方として、私なりのアドバイスをさせてい  ただきました。
 なんのことだか分からない人も人生のよくある学びで す。話は一方的に聞かないでもう一方にも電話や面  談を 申し込み聞いてみましょう。
 あなたも当事者として、すべての真実を知る権利があ るからです。
 すべての真実を知らされないとは気の毒ですから。

 さて、これは携帯メイルから打っています。いつになっ たらパソコンのご機嫌が直るのでしょう?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
パソコンが全く機能しないので携帯でうって日本へ送り日本のパソコンからUPしてもらっています。

〜London便りは帰国後まとめて一挙公開します。
お楽しみに!!
共立女子大学で講義です。

共立アカデミーです。共立女子大学や短大の学生です。私はブライダルフラワーコーディネートの授業をいたしました。時計はご覧のように夜8時を回りますが学生さんたちは一生懸命でした。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
夕べのブログはご心配させたようでごめんなさい。
KAORUKO先生も同じ人間なんだ・・またはKAORUKO先生は超人のはずなのに・・といろいろな思いがあったようで^^

本日は朝早くからとある北関東まで行きました。いつも神社はフレッシュひたちですが本日の用事はとあるところへ車を自分で運転し・・昨日は睡眠2時間でしたが往復250キロを一人で運転。
さすがこうなると超人?ん〜んて記録との挑戦ではないけど、諸事情がありまして・・・
気合い気合い^^

で、用事を終わらせ桂由美ブライダルハウスにとある打ち合わせで夕方行く。
それから上記の共立女子大学まで行きまして授業です。
これで終わりかと思ったら大間違い^^

8時半から某外国の某氏と顔合わせ。
実はその某外国でKAORUKOのショーが行われます。そのオファーを光栄なことに頂きました。
富士屋ホテルでのディナーショーのようなことは日本国内では毎年恒例のKAORUKOフラワーショーもあり常に進化前進を私なりに挑戦してきましたが、こんなに先日の話に続き海外のお話が相次ぐのは不思議でありうれしくもあります。
僭越ながら日本のフラワー業界・ブライダル業界を代表した有名アーティストということで私が選ばれたそうです。そのお国からの招聘状もありびっくりでした。
まだ言えませんがブログを欠かさずチェックしていただければそのうち発表しますね。お楽しみに!

そしてそのあとは22時から共立の授業の反省会をお手伝いのスタッフたちと行う。そして横浜に着いたのは0時スギ。。よせばいいのにこのブログ!

そして最近発売されたばかりの【花時間】7月号のKAORUKO取材ページです。発売中だからまんまページをスキャナーすることはできませんが本屋さんで買ってぜひ見てね!

さ〜て
今からしたくをして明日はロンドンへ行ってきます!
11時30分の全日空にて。
旅だよりをノートパソコンを持っていくので随時アップさせますから見に来てくださいね。

なにしに行くかって?それは毎日見てのお楽しみね。仕事半分プライベート半分。定休日のない私は年に数回の仕事での海外でプライベートもついでに頂き、ほんの少しのんびりリラックスしてきます。
ロンドン6月便りお楽しみにね。
Posted by: kaoruko
記録との挑戦をしているわけではないのですが、毎日忙しくしていますがお役目はがんばって全うさせていただきます。待っている仕事がある限りまっている皆さんがいる限り!

今朝は神戸行JAL8時4分とかの飛行機で神戸へ。明後日は全日空ですので本日はJALの写真なんぞ。
私の生徒さんとファンとウエディングの顧客さまには両社のすっちーがいるのでまんべんなく利用させていただいていますです。^^
神戸レッスンは生花のフラワーアレンジメントとアイスフラワーの生徒さんと揺れるブーケ認定短期集中レッスンを同時進行で行います。
年内期限付きのKAORUKO直接指導月一回のレッスンです。認定コースは36万円のレッスンですがここ神戸で短期集中ができるようになりましたので1日中籠ってレッスンを生徒さんはしています。わざわざ横浜に来なくてもできるとあって真剣です。関西地区の天使や揺れるブーケ認定者が黒子でお手伝いをしています。シャッターも押しています。^^


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
≪さんざんな1日・・歯車どうしたのか?泣きたい夜≫

さんざんな1日でした。いや、レッスンは滞りなく終わりました。
その後身内の関西スタッフと向き合いミーティングを行いました。ここまでは良かったのです。生徒もスタッフも良い気が充満していました。私も魂込めて1日すごさせていただきました。ミーティングの予定を延長したので飛行機には神戸からも伊丹からもちょうどいいのがなくなり(いつもはあらかじめネットで予約してあるのだけど本日はこういうことがみえていたので飛行機その場購入飛び乗りで時間を流動的にしていた…)

そしてそういうわけで新幹線でまっいいかしらたまには。(1日の時間が足りなすぎる私はだんぜん瞬間移動の飛行機派で新幹線はほとんど乗らない)と飛び乗り・・・乗る直前に気がついた。「今朝は6時半には家を出たために羽田まで車を運転して羽田の駐車場に置いたんだったわ!」と。
(羽田からは車で20分くらい)
なわけで新横浜ではなく品川でおり(この段階で約3時間乗り)そこからはタクシーで羽田まで思いのほか時間かかり約30分以上・・・
日付が変わりかけて羽田に到着したものの人の気配はすでに無い時間になりかけ。。怪しいもののようにタクシーを夜中の12時過ぎに降りて忍びの術のように羽田の駐車場に入り込む・・・
「何やってんだろ・・私」と一抹の虚しさが胸をよぎり。。。
デモいいことあるか・・・と正負の法則を信じ、負を先にやれば後は正・・つまりプラスの良いことがやってくるというわけ。。人生修業や精進や日々辛いことばかりの毎日泣きたい毎日は負を先に行っているのだから腐らずがんばって乗り越えればあとは正がやってくるのです。。と私たち世直し隊粘着縁のメンバーはいつも口癖で励まし合います。

皆さんから見ているといいことばかりのように見えるかも知れませんが人知れず影の部分のほうが多いのですよ。
ほんの一瞬の光のためにどれだけの影を積み重ねて日々生きているのだろうというくらい。。

そうそして、いろいろな仕事もさることながら、プライベートなことでも今いろいろ乗越えないとならないいろんなことがあって帰宅後も2時すぎまでがたがたと。。アー泣きたい。
ト思いながら明日のお米を研いで(10年いたお手伝いさんはもういない・・のでじぶんでやってます3月から)
よせばいいのにブログをやっている私でした。
私だって泣きたい日があるのよ〜いろいろね。生きていくとは大変よね、だからみなさんもがんばろうね!^^
ひさびさの生徒さんだけご紹介。
本日はレッスンを終日行っていましたが久々の人だけご紹介ね。
 若山さんは天使ライセンスのフォローアップに。赤ちゃんが離乳食になったのでママでなくても時間が持つ時(母乳以外の)に自分への精進で少しづつ活動開始とのこと。クリスタルブーケができあがりました。RUCOシャンデリアで。
このほか含めて4名のレッスンを行い、その後19時半からは全国から出てきた皆さんとミーティングを22時近くまで行いました。ふ〜
明日は朝一番で神戸レッスン。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「私たちも制服を脱ぐまでは飛行機を降りてから、たとえホテルで歩くときもチェックインするときも部屋に入るまではスチュワーデスとして気を抜いたらいけない」
「私たちも最近は足りなくて新規採用を大量にしないとならない年はハードルを低くするから、そこまで本気じゃない人までスチュワーデスになる場合もあって、デモそういう人は厳しい訓練や先輩からの怒られてばかりの指導に口答えをするような信じられない人もたまにいたりするらしい。」
「3年は指導教官にはハイとすいません、申しわけございませんのこの2種類の言葉しか言わない。心でその時納得いかないときもあっても後で考えるとそのとうりだと思うから、注意されれば謝る・・それも指導、教育」

という話のキャッチボール。こういう風に訓練されている人は厳しさも困難さもあたりまえの前提として甘くない現実を分かっていてKAORUKOの認定を取得するからこちらもやりやすい。

夢やあこがれでは勤まらない仕事の現実を知るとき、またお客様の位置では楽しくても、スタッフ側に立つということで180度違う世界の見え方を知るときあまりのハードルの高さのライセンスの意味を知る。それはKAORUKO認定もスチュワーデスも根底は同じ。
でもすべては光のための影の部分。影をどれだけきちんとできるかで光を知ることが、光を浴びることができる。
そうでなきゃなまじプロフェッショナルの世界に足を踏み入れるべきではない。KAORUKO認定ゆれるブーケのライセンスや、認定講師も含めて、名前がほしい場合は、KAORUKOとしての哲学をたたきこませていただきそれこそJALやANAの制服を着ているうちはだれがどこから見てもイメージを抱くその会社の〜こうあるべき人物像とならないといけないように、KAORUKOさんのとこの人とんでもないのよ。。と私は言われたくないから。だから日々ブログも書くし何かあれば真剣に向き合うのだ。

天使ライセンスを取得して本部スタッフになったとたんにあこがれていたKAORUKOやKAORUKOのブーケを作れてうれしい、近くでお手伝いできてうれしいという立ち位置からKAORUKOサイドの立ち位置へと変化する。
生徒さんのうちは楽しいレッスンやうれしいレッスン感動の日々であろう。でもこちら側に立つということは、技(技術)ももちろんのこと、外見、立ち居振る舞い、気転、配慮、すべてをKAORUKOの考えるKAORUKOの傍らで手伝うスタッフとしての人間像に変えていかなくてはならない。それは、かつて自分達があこがれていた時にKAORUKO先生の傍らにいるスタッフへもある種のあこがれや羨憧のまなざしで見ていたように、自分たちも観察されることになる。
「KAORUKOのスタッフがこういった・・」「KAORUKOのスタッフはこうだった」と、よくも悪くも評価をされる立場になるということ。技術のお手並み拝見どころか上記すべてに対してのチェック。

だから、天使ライセンスは取得までのハードルも高い。取得してからの維持のためのハードルも高い。本部所属登録スタッフ維持もかなり厳しい。
低くすると質が落ちるし技術のみならず心も乱れる。
本気の人しか残れないシステムになっている。
心の教育もガミガミガミガミと言い続ける。それはKAORUKOの揺れるブーケをとても大切にしているから。私も全国の更新者たちも。お嫁さんへの魔法のような力も知っているから。質や心が乱れた集団だけは避けなくてはならない。だから、少数精鋭デモある。



本日は私の後援者のおばさまであるかたの息子さんが後を継いで新装開業したのでそのクリニックの内覧会にお花とともに行ってきました。万難排しても駆けつけなきゃと!
息子さんのウエディングや古稀の祝も私に任せてくださって私の駆け出しのころから今日まで約15年ほど応援してくださっています。
出会いは横浜の名士の方やその奥様のソロプチミストの会の方が私の初代のころの生徒になってくれて娘くらい若い私を先生先生とかわいがってくださった。もっと著名な先生やをいくらでも知っているでしょうに・・人脈もものすごい人たちばかりなのに・・ありがたいことに。

そして今日とてもよいお話を聞きました。
どう?最近という仕事の問いかけをされ、無名のころから私を見ている彼女はいじめられたり足を引っ張られたり、抜擢に羨望されたり、妬まれたりということや利用されたりして泣いたり悔しがったりを一通り見守ってきてくださったかたなのでこんなことを話し出した。

「人から泣かされてもいいからひとを泣かしてはいけないよ・・人を泣かしたら自分に必ず返ってくる。自分に返らなくても子供に返ってくる、孫に返ってくる。と母から言われて育ってこの年に(約70歳中半)なってとてもよくわかる。・・私の今までの人生でこの年になると、周りを見回すと、なるほど、そのとうりになっている。」と。「KAORUKO先生もそうだったからここまでこれたんだから、いろいろ仕事であるかもしれないけど絶対そうだから、これからもそうでいてね」と。

よく言う因果応報とかカルマの法則とかブーメランの法則とか言いますけど、こういう人生の後半のかたがご自身の人生を振り返り周りを見回すとそのとうりになっているという言葉には説得力がありますよね。
泣かすとはいじめる、泣かすとただ単にそういうことではなく広義の意味で、ずるいしうちをする、だます、おとしめる・・
人を人を思わない・・
それらを含めてしてはいけないということですね。
その時はしめしめと思っても長い人生結果はのちになってわかるもの。必ず自分に返ってくるのです。
だからだまされた、利用された・・と泣くほうがむしろいいのかも知れません。いろいろ学べるしね。

いつも私のショーは欠かさず見に来てくださっている。(
富士屋ホテルにもきます)そしていつも後方からお仲間の方たちと温かく見守っていてくださっている。
そして決して恩をきせない。だいたいが無名のときから応援していたと吹聴したり、発掘したとか、育てたとか、120パーセント言い出す。私の前で言わなくてもどこかしこでいうから私の耳にも入ってくる。でもこの方たちは「KAORUKO先生の実力・・KAORUKO先生のお人柄・・KAORUKO先生が頑張ったから」というだけ。有形無形の応援をしてくださっているというのは紛れもない事実であるのに。
私はここに来るまで両者に遭遇したので本当にいい勉強になっている。要するに品性、人間性の問題。
本当の成功者は人格も伴っていて魂もきれい、人相、心ともに温かい。3流4流とのおおきな違いも勉強になる(このテーマはまた別日に)

○○さんのおかげで。。○○さんに感謝。。とは直接的でなくても応援してくれた方や見守ってくれた方には言われなくても思うものだし、思わなかったり忘れて行ってしまう人はむしろ絶対途中で消えていく人。

たくさんの人のおかげで今日があり、失敗やうまくいかなかったことにもそこから学んだと感謝できる自分で居続けた。
今日田井さんが何気に出された言葉にしばし立ち止まりわかっていることでも含蓄があると思ったのでした。


横浜市旭区鶴ヶ峰2−5−2
たいクリニック
045−350−7770
ペインクリニック併設なので高齢者のかたや原因不明の痛みの方はぜひ行ってみて




Posted by: kaoruko
山形のショーから本日は桂由美先生と新幹線で帰京。
2時間半があっという間に過ぎるほど、話が尽きず、海外のショーの移動のときのように様々な話をします。
 予定が変更し、その後桂由美ブライダルハウスへと。とある打ちあわせをしました。
予定していた富士屋ホテルにはいけなかったので打ち合わせは後日に変更となりました。
 本日は夜は夜で会食があり帰宅後山形でいただいてきたさくらんぼ「佐藤錦」をほおばりました。
 なんてたわいのない主婦ブログのようです。が濃すぎるブログを期待していつもクリックの皆さんには拍子抜けの今宵はこのような内容ですが。。

本日はここらへんで・・・
山形のローズガーデン(レストランウエディングのハウス)にてKAORUKOプロデュースの桂由美先生とKAORUKOのウエディングショーアンドトークショーを行いました。KAORUKO認定の天使の揺れるブーケの認定をオーナー自ら取得して素敵なウエディングを手がけているのです。

東京のトップモデルを連れていき、ヘアメークもブーケもドレスに合わせてトータルコーディネートでデザインをいたしました。モデルちゃんたちです。プロカメラマンの写真が出きたらもう少し大きく掲載しますね。
    
会場のお花をバラばかりで作ります。KAORUKOイズムの花たちです。KAORUKOブランドのアイテムのころころボールも入れて・・・



ショーでは私が揺れるブーケのデモンストレーションをしたりテーブルのお花を作ったり、桂由美先生とトークをします。終了後はサイン会をして記者会見。テレビと新聞4社、雑誌などたくさんのメディアが取材にきてくれました。
   
素敵な手作りのお庭を散策します。ここに住みたいと思うほど素敵です。桂由美先生と遠藤オーナーです。

こんなに素敵なローズガーデンです。ここで心のこもったウエディングを遠藤オーナースタッフの方たちが手掛けています。
      
そしてガーデンのこのバラが遠藤さんいわく「KAORUKO先生のイメージのバラだといつも眺めているんです^^大輪でベルベットのような風合いの芳醇なゴージャスでエレガントなバラ」とのことです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
遠藤オーナーはKAORUKOの門をたたいたのが約3年前。このローズガーデンを立ち上げた時花嫁さんが喜ぶことを全部して差し上げたいとの思いで、だったらKAORUKOの揺れるブーケとKAORUKOのテーブルの花たち・・と思い立ったそう。
そこから猛特訓して、めきめき上達して、KAORUKOスクールのすべてのカリキュラムを終了しました。
ウエディングプロデューサーとしては独立前にホテルで10年以上実績もあったからKAORUKOイズムの花ができるようになり、評判が評判を呼ぶトータルで素晴らしい結婚式をここで繰り広げています。
私より10歳以上は年上ですが、途中私の鬼のレッスンや山形から忙しい中通う(短期集中を何回かに分けて泊りで数十回は来たでしょう・・)くじけそうになった時も「花嫁さんがこんなに喜ぶKAORUKOの花、涙をこぼしキラキラするKAORUKOのブーケや会場の花の魅力は諦められない・・」と奮闘をしました。
くじけそうになりながらも結局は貫きとうし、途中私がいつも書くように天から「やめたほうがいいよ、そこそこにしてむふふふ・・」という試す囁きに耳をかすかしら?と思っていましたが、花が上達するにつれ心ももちろんどんどんそれまで以上に浄化し、美しい花を作れ、人相まで美しくなり、オーラまで出まくるようになりました。そうなると当然ひとの心を打ち商売繁盛にも繋がります。花嫁さんやお客さまに喜んでいただきたいという人のための愛にみちた毎日になっていくからです。

あまりにもの頑張りとその成果に、私は関心をし、バラが大好きな桂由美先生をお招きしてこの美しいガーデンを散策していただきそしてトークショーをしようとお話をプレゼントしたのでした。「夢見たいです〜」と、いう彼女に、自分が頑張った成果。物事、人生は目の前の損得勘定で皆もう辞めたとか先行き見えないからやめようとかすべてが試されている。(花のお稽古に限らず)
デモ人生の仕組みは目の前の損得勘定ではなく挑戦し続けたときに勘定以上の奇跡やチャンスやご褒美が待っているというものです。これは私が体験してきた哲学。ただそれだけです。遠藤さんの頑張りと心うつ花を作れるようになったことへの私の自然の気持ちです。。と。
そしてKAORUKOのショーや桂先生のショーに出演したり、雑誌の専属を飾るトップモデルのみなさんにも来ていただいたのでした。
地元から200名を超す観客まで来て
そしてテレビはじめマスコミまで動く。。。こういうことなんですね。。
。ありえない奇跡が何重にもなってやってくる。。これが人生。でもその前のハードルや関所はムフフフという囁き声があるということも人生なのです。
損得で動く人は一生損得で自分にも返ってくるということ、損得をある段階から卒業してみることが大切。。。


あ〜ここまで今宵のブログは2時間半かかりました〜写真取り込み加工をして皆さんにみてもらいたい一心で・・損得抜きに頑張ってやってみました〜
いい加減寝ないとね〜
明日は桂先生と新幹線で早朝帰京。私はその足で車を運転して箱根の富士屋ホテルへディナーショーの打ち合わせです。^^よーやりますと画面の向こうの声が聞こえてきます。楽しんでやっています。損得抜きでね^^
Posted by: kaoruko
本日は目の回る忙しさの会議の一日です。いろいろな決めごとを決めていく日です。まずは朝一は【IFEX】です。9時には都内に。夕方まで隙間なく。

光永さんと陣内さんです。IFEXとは国際フラワーEXPOです。世界各国で見本市をいろいろやっている会社でリードエグジビジョンジャパン蠅箸いΣ饉劼主催で、花関連やブライダル関連から花にまつわるいろいろなブースや世界から日本市場に進出したい会社の見本市です。もちろん日本の名だたる企業がブースを出したりして、日本中から新しいツールを探しに、またためになる勉強をしにセミナーに約三万人が集結するそうです。私は5年前の初回に講演を頼まれました。が今年も講演をおうせつかることになりました。本日はその依頼にいらっしゃいました。花業界を代表させていただきトークをしますのでがんばらせていただきます^^テーマは流行を生み続けているKAORUKOということで業界がKAORUKOが毎年発表している今年のテーマのデザインをことごとくお手本にしているという現実を元に今、時代が求めているもの。時代を読み解きながら何をすべきか?ということを講演することになりました。KAORUKOが流行を生み出すのでトレンドを聞かれまして。。11月一押しの素材や花材料やデザインをご披露しますね。
また私の花のデモもありますのでぜひいらしてね!!
IFEXの情報はこちらまで。私は11月1日に講演しますのでぜひいらしてね!www.ifex.jp

次の打ち合わせは【えい出版】の編集長松田さんです。湘南スタイルなど雑誌をたくさん出している会社でKAORUKOの書籍も何か出したらどうか?などという話をざっくばらんに・・・現実化した時はまたお伝えしますね。
そしてビジネスランチは某世界的規模のプロジェクトのお話です。まだ言えませんが凄いお話です。世界のKAORUKOとしての花のお話です。和食にて。会食。
そしてその次は天空のラウンジに移動してまだ言えない某プロジェクトのまたプレゼンを聞きました。これも現実化したらスケールの違う話です。まだ仮の話なので先方はなしの写真。
あーどれくらいお茶飲み続けたことか・・・

その次は、本当は25ANSウエディングにて打ち合わせの予定で下が延期になったので夕方の三越本店のレッスンに。
 フラワーデザイン中級です。KAORUKOスタイルのウエディングのメインテーブル。大阪に引き続き。皆さん達成感に浸っていました。
こんなに素敵に。ガーデンスタイルだからKAORUKOにしては珍しくグリンをふんだんに使います。

そして、夜は明日の山形のトークショーへ。明日は本番。台本や流れもチェック。寝る間がないですが明日は桂由美先生も山形入りなので頑張らせていただきます。
テレビも三社入るそうです、頑張らなきゃ!!^^
Posted by: kaoruko
横浜商工会議所での会議がありました。来年開港150周年の横浜はバラの市としてバラにちなんだ企業が商品を企画したりイベントを行ったりします。KAORUKOはアーティストでありますが、こうした商工会議所の事業にもいつの間にやらかかわっていて・・・

午後の飛行機で大阪へ。トンボ帰りレッスンです。が、リッツカールトンで某打ち合わせを3時間。。。時々泊まりますが海外のリッツと変わらずホスピタリティーの素晴らしさは感嘆しますね。昔背伸びをしたかったころはロンドンのリッツでアフタヌーンティーなんぞしたものです。わくわくしながら^^ホテル内に漂う香りは海外のホテルの香りがします。(イメージでなく本当に嗅覚に)
終了してリッツの廊下をあるいていたら富士屋ホテルの○○です。ディナーショーよろしくお願いします!と声をかけられ・・・こんな大阪でばったり会うとは!引きよせ。。

大阪につき1度レッスンに来て15か月目。ウエディングのメインテーブルを作ります。ガーデンスタイルでグリンをたっぷり使いバラを咲き乱れさせます。


最終便の22時10分の関空からの飛行機最終便で帰宅。日付も変わります。

富士屋ホテルディナーショーにここ大阪の生徒さんも5人が来るとか。日々全国から申込がきているそう。。。本当に全国からです。。残席わずかかもしれませんのでお早めにね。完全着席ディナー特別メニューですから。席無くなり次第お断りとなってしまいますので。ありがとうございます。!

明日も朝から都内で一時間刻みくらいのうち合わせが待っていますので、ここらへんで・・・
今週は目の回る忙しさです。いつもじゃないですか・・という読者の声が聞こえますが、いつもに増して。いろいろ決めごとがたくさんありすぎまして。。まずはシャネルビルにて。
相変わらずかっこい駐車場ですね。

本日は秘書がこんな写真を撮っています。洗練のシャネルにてこんなお茶目なことしていいのかしらん。

エレベーターのボタンもこんな風にシャネルです。

そしてシャネルの後は至近距離の帝国ホテルにて打ち合わせ。延々と3時間も。。疲れました。

そしてそのあとは帝国ホテルの中のゲランへ。これは打ち合わせではなく半年ぶりの顔エステです。これも仕事のうち。今週はトークショーやテレビの撮影や取材があるので少しは顔をなんとかしないと。いつもは無頓着で何もお手入れはしないので駆け込み寺として撮影前に。ここもゲランの前社長からのご紹介で行くようになりましたが、担当の宮越さんは私と出会ってから運勢が好転したと言ってます。私の幸せを呼ぶ法則という著書を読んでから引きよせとか不思議なことが始まったそうで、なんと先日は個人的にエステシャンとして雑誌にまで取材を受けて大きく掲載されたと、「薫子さんのおかげです!」なんていわれたりして。私何も関係ないのに^^「でも運がついてきたんです。人生が激変です」と。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このブログの読者で私のとある生徒さんですが、こんな話をきかせてくれました。
銀行のATMで8万円をおろした時。お財布にしまうつもりがあろうことかバササ・・と床に落ちてしまい。ばらまかれたお札を慌てて拾い念のため数えると9万円あったそうで、「?」と思い再度数えても9万円。通帳を見ると引き下ろしたのは80000という数字。
KAORUKO先生の増えた消えたののブログの話もあり、もしかしてお札が増えたのかも知れないととっさに考え、少しうれしい気持ちに一瞬なった・・でも自分にそんなことが起こるわけない・・・と正気に戻り、かんがえた果てに、「防犯カメラに見られている・・これは申告しなければ」と考え直し窓口へ。
それからというもの不思議現象を解明すべく銀行の防犯カメラを一緒にまきもどしてみさせられたとのこと。そうしたら自分が拾う姿、数えている姿、考えている姿もしっかり写っていたそう。さらに巻き戻すと、彼女が落とす前に床に1万円が落ちているのも写っていたそう。さらに巻き戻すと、10分ほど前に同様にお財布からお札を不用意にもばらまいた人がいて、その人がその1枚を拾いそびれていた・・・という顛末が解明したそう。
というわけで彼女は正直に申告して「あーよかった」と銀行を後に家路についた。そうしたらほどなくしてその10000円の持ち主が判明し銀行からの電話でその持ち主がお礼を言いたいと言っているとのおたずねの電話がきたそう。たいしたことではないのでそれは辞退をしたそうだが「もしあの時、よこしまな考えでそれを自分のものにして、ほくそ笑んでいたら・・今頃」という結果を考えたら、「KAORUKO先生の言うように、人生は本当に毎日、瞬間瞬間が試されているんだ」と「正直に、恥ずかしくないように生きなければならない、試されていると人は気がつかないでおろかな判断をするというKAORUKO先生の教えのとうり・・」と思ったそう。
私の教えというほどのものではないけど、人生は毎日が試されているのは本当。
浮き足立たず、調子に乗らないで、地に足をつける。これが日々大切。加えて、誰も見てない、ちっょっとくらい、少しくらい、ばれなきゃ・・・と言うささやき。
だいたいがチャンスも離したり、消えていくというのは試されていることも分からずにそういう言動や思考回路をするということ。
このブログが毎日読むことによってそういう見えない力になっているらしいことを喜ばしく思います。^^
ず〜っと忙しくてお断りしていたKAORUKOご指名ウエディング。久々にお受けすることができました。テーブルのお花はKAORUKOブランドウエディングを基本としたエレガントなバラたちで織りなすハーモニー。KAORUKOブランドリボンをたくさんフラワーコーディネイトにもまとわせます。
揺れるブーケを心をこめて作ります。
ほらできました!天使が舞い降りてきました。ほらほら!なんて素敵なんでしょう。きっと花嫁さんも気に入ってくださるはず!光に溶けるブーケです。洗練のオーラをまとわせたKAORUKOオリジナルの揺れるブーケはこの透明感がお約束。。そして頭にのせるブーケです。嘘です。でもうれしくてはしゃいじゃいます。ほらね!女優オーラがでました。花嫁さんの素敵なキラキラ笑顔を引き出す魔法のブーケなのです。花たちも喜んでいます。 KAORUKOが持ち方や女優オーラの出し方をご指導。心のアテンドをします
KAORUKOブランドの証はKAORUKOリボンをブーケにもまとわせて
。一生の記念ね
お色直しのキュートなブーケの仕上げです。
ころころころりんとKAORUKOならではの世界から見つけてきたピンクのかわいいキャンディーみたいなビーズを入れてプリザーブドのブーケです。しゃくやくのアイスフラワーのつぼみも入れて。生花のブーケの次はこちらは記念に新居に飾ってKAORUKOの思い出をとっておいていただくための枯れないブーケ。花嫁さんに合わせてデザイン。
 
ゲストテーブルのお花たち。グリンのテーブルクロスに紫のカラー水。以外な組み合わせのようですがKAORUKOマジックにかかればこのとおり。グリンのアジサイとパープルのバラたちでバランスを取ります。

おっと〜こんなとこまで!クマちゃんが〜!!やってくれるぜKAORUKOさんてかんじ?これはお子様のテーブル用に思いついておつくりしたのよ。おお受けだったとのこと。
ここは新横浜プリンスホテルです。こだわるお客様KAORUKOご指名は日本全国どこのホテルでも行くのです。^^
KAORUKOウエディングはお断り状態が相次いでいた中おうけできたこのカップル。お幸せに!!!
そして私は次なるスケジュールのため乃木坂の桂由美ブライダルハウスへ行きお打合せの後、2階のカフェローズ由美ローズにてたんまりとスウィーツをいただく。マリーアントワネットの愛したクグロフとソルトアイスとローズティーね。
幸せのお手伝いの一日は幸せのバラのスウィーツで。アー幸せ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
まだ終わりません。このあとは山形のトークショーの音楽打ち合わせを行い、ショーの構成の音楽を決めます。6人のモデルさんにあわせて効果的なおとを作るのです。水のイメージやキラキラキラキラしたイメージやコックリしたイメージやクールビューティーなイメージの曲をたくさんきいて支持していきます。
これも仕事。台本も完成させます。これも仕事。そしてディナーショーやKAORUKOフラワーショーの構成を練ります。毎月のようにビッグイベントがありますが、ありがたいことです。挑戦ができるということは。
今週からしばらくは特に凄いことになっています。ブログで目の回る毎日を報告しますね!お楽しみに^^
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2008-06 >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006