【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2008/09/01
本日はあいにくの雨。乗越神社へ行ってきました。いつもそうですがあっという間に気がつくと数時間たってしまいます。渡辺先生は作曲でお忙しいので私は一人だから車で行きました。そんなこんなですが、もう秋ですね。気がつくと秋。でもまだ金木犀が香らない。だから秋の感じがしないわね。大好きな金木犀。
この神社に足を運ぶようになり、古事記や神道についての日本の神様の基礎教養を教わりだし見えないものについての日本人の考え方や内緒の話(^^)をお聞きしたりしてたら、このところあまてらすおおみかみさまの子孫であられる皇室の方々に繋がったのも不思議といえば不思議、導かれたといえば導かれた?
富士屋ホテルは旧御用邸で皇族方もご滞在だし、先日の皇太子さまのお花や私の経歴や写真の献上といい・・なんでしょうね。不思議ですが、意味があるかも知れませんね。でもコツコツコツコツと歩いてきた私の道見えることも見えないことも頑張ってきた私としてはこれからもただコツコツと目の前にあることを変わらなくさらにいっそう精進するのみです。
何も努力の力も精一杯もうだめだというくらい尽くさないで神様お願いといっても神様は何であんたが一生懸命尽くさないのに私が願を聞かないとならないの?
と。自分が一生懸命精進して努力してこそそれを見えない存在が見守っている・・・のです。
いろいろ深いお話を本日も雑談の中でお聞きして雑談に真理があるのだと学び多き一日でした。
明日もまた一歩一歩頑張ろうと思います。
明日は修行レッスン日。レッスンの前はまたKAORUKOの人の道塾でこんな話をしたりします。花に心の清濁もすべて出てしまうものだから。
Posted by: kaoruko
昨日の夕方はヘアカラーとカットに土屋王子のところへ。(10センチくらい髪の毛を切った土屋王子・・・理由は後半読んでね)

本日のダリアはこんな朱赤です。目が覚めそうな鮮やかさ。

こんな秋のレッスンです。

これは本物みたいでしょ?生徒さんが作ってくれたのです。お見事

木更津の生徒さん達です。




こちらはお待たせ。先日の東レのテニスの時のころのレッスンです。鹿児島の山崎さんと川崎の西田さんです。クマチャンの癒しのボックスフラワーはKAORUKOファンコースです。KAORUKOやKAORUKOの花のファンの人のための作品。楽しければいい。かわいければいい。癒されればいいのコースです。キラキラシャンデリアの揺れるブーケレッスンは認定コースの一つです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
10月には25ansウエディングの取材で土屋さんとの対談ページがあるから、そんな話題で盛り上がり!土屋さんは白いシャツが一番似合うから白がいいわよ〜とか、髪の毛ももう少し短くしないとあるフィーみたいだから(と先日メイルしたらさっそく切ったという土屋王子)・・・ハ、ハイKAORUKOさん、まだこれからもう少し菱形に切りますよ・・うん、デモ私の彼氏じゃないからそこまでうるさく言わなくてもまっいいんだけどね〜・・汗の土屋さん・・・渡辺先生の時も35周年の前にカットの具合をうるさく注文つけた私・・渡辺先生ジャニーズ系のいま風のヘアでね・・ハ、ハイ・・・まぁ、これもプロデューサー的視点またはうるさい世話焼きおばちゃん・・まっどちらでもいいけど。。KAORUKOさんはどんなかんじでいくの?と無心で質問したであろう土屋王子に私は・・・まぁダイエットあと10日ぐらいじゃ無理無理だから私はこんなかんじよ。。。と他人の世話を焼く前に自分なんとかしろってかんじですね・・汗。
数日前に江原啓之先生から送られてきました。やっと本日時間が取れたのでいっきに読み大変素晴らしいので皆さんにもご紹介します。

傷つくあなたへ
と題されたこの本は現代社会、誹謗中傷はじめ人間関係で傷ついたり傷つけたりを様々な角度から取り上げ、でも傷つくのを恐れないで、それは自分を成長させる機会デモあるからと、そのことによる内観をわかりやすく導いています。

例えば・・・83ページから引用
〜中略〜つらい経験をした時、そこから本人が正に向かうか負に向かうかはその後の生き方を大きく分けます。(負とは、やられた低い波長の相手と同じ土俵にのり仕返しをし、相手を恨み卑屈な人間になるという悪循環・・と前段階にて説明あり)
正に向かえば事態は好転しつらい経験に感謝さえできる日が来る。・・・こちらの道を歩める人が幸せをつかめる人。どちらを歩むかは自由意思にかかっている。いやなこと辛いことも魂にとっては感動。「さあ、チャンスだ。この経験と感動をいかして成長の糧にしよう」と思える幸せなあなたになってください。・・・人生とは必ず何か問題が起きるものです。この世とは自分を鍛え抜く為の「魂のトレーニングジム」だから。病気、災難、貧困、家庭不和など、さまざまなトレーニングメニューがあり誰もが自分を鍛えるために必要かつ十分なメニューに取り組むようになっています。無駄な経験も無駄な感動もありません。すべては「人間力」として蓄積されあなたを永遠の幸せに近づけてくれるのです。
(以上は抜粋し文体も変えております。)

そしてスピリチュアルとは現代の物質主義的価値観の間違いに気付き霊的価値観、言葉を換えれば心を大切にする生き方、目に見えないものへの敬いの大切さを再認識してほしい、「ものより心が大事」だと伝えたいとあります。

KAORUKOも僭越ながらこのブログ読者ならお分かりのように、言い方は違えども、ひとの道、生き方塾などをとおして花を通してこれらを伝えて来ています。
世の中は間違ったスピリチュアルという認識がはびこり、霊能力云々見えるの見えないの、という神秘体験ばかりが先行していますが、江原先生の素晴らしい、私が好きな所は、そんなことより、こうした部分を率先して、著書や講演で休む暇もなく全国を回り、世に伝えているということです。ぜひ皆さんもあっという間に読めて深くしみいる本ですから読んでみてください。


周富徳さんです。今宵は我が家でホームパーティー

今宵のゲストは25ansウエディングおよび25ans
のチームです。
前列左は25ansウエディングの相磯編集長、遠近法でなおさら大きく写っている私(汗)後列右から25ansビジネスチームの笠原さん、同じく井上さん、周さん、同じく清水井さん、25ansウエディングの博多副編集長です。^^
相磯さんと博多さんはKAORUKOブログではお馴染みのKAORUKOブログスターですね。
「ブログでいつもみています〜ぅ」的な。

本日のテーブルセッティングはこんな感じです。

ハランの葉をランチョンマットがわりにしてみました〜。そしてチャイナ箸と受け皿を置きます。中国に行くとこの受け皿の上に実はそのつどそのつど別のお皿をおいていただきます。それとミニれんげ。これも中国に行くといわゆる日本で使う大きなれんげではなくこんなおもちゃみたいなれんげがよく登場します。
それと周さんからのプレゼントの周さんストラップ人形です。
乾杯から最後まで本日はシャンパーニュで行こうと決めていたら、皆さんまでもおもちくださって^^いろいろなシャンパーニュを飲み比べです。
飲み干されたボトルたちがキッチンのすみにて。


そしてフィニッシュは堂島ロール!昨日三越レッスンの際に生徒さんがプレゼントしてくださったのです!しかも明日のパーティーのために堂島ロール買いに行こうかな?でも大阪なら金姉妹社長に電話一本で持ってきてもらえるけど三越銀座では並ばないといけないし・・諦めた!と思いレッスンに行ったらですよ!三越本店にも入ったとのことで「先生が好きだって言っていたから〜」と2本もくださったんですぅ〜。引き寄せ引き寄せ^^
(朗報ですね。本店はまだ入ったことが浸透していないせいか銀座三越よりは並ばないそうです・・・余談)

それと茶藝をしまして。良い香りを堪能しました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
25ansウエディングからKAORUKOの本が出るんです。大変ありがたいことです。うれしいことです。セレブの愛読書で快進撃を続けている25ansのウエディング本です。今取材の真っただ中なので、スタッフチームとねぎらいとさらなる決起集会のごとく周さんのご飯でしたづつみをしようでないかと。^^
楽しくおいしく妙に話も盛り上がりあっという間に時間がたちました。途中からわが社の顧問弁護士の井澤先生と経営マネージャーの三輪も参加。井澤弁護士は25ansは毎月買っているくらい実は好きだったという(ちなみに男性)
「KAORUKOさんの担当弁護士で良かった〜」と先日シャネルのベージュのKAORUKOフラワーショーでもこっそり江原啓之先生に「KAORUKOの顧問弁護士です」と御挨拶に行き名刺までゲットしたと豪語する弁護士らしからぬ振る舞いをして喜んでいる人です。(汗)
デモいつも私もKAORUKOビジネスで難しい契約書を生みだしてくださったりと無理難題をお世話になっているのでまっ仕方無い^^そういうわけでいろいろな話で大盛り上がりでした。発売をお楽しみにね!!来月のフラワー号も楽しい企画があるそうです、。花好きの皆さん。楽しみですね!

*余談・・退職したお手伝いさんにかわり天使ライセンスの数名に周さんの助手をしてもらったら「お花も習えて周さん直々に料理も習えて幸せです」ですって^^






Posted by: kaoruko
三越カルチャーレッスンです。初級

こちらは上級

本日は体験レッスンの人もいて「ほんものだ〜」とKAORUKOにずっとずっと憧れて会いたかったと感激してくれて、涙ぐんで感激してくださいました。きっと私があこがれの桂由美先生に十数年前にお会いした時など「ほんものだ〜」と目の前にいて、歩いて、生きている姿に本当に感動してこのセリフを「あした薫子」という本にもその時の事が書かれていますが、きっとそんな感じなんでしょうね・・^^とうれしくもありくすぐったくもあり。。
そんなに感激していただくと、これからもますます良いものを作り、感動を生みだすフラワーアーティストとして私自身生きていかなくちゃと思います。

お気軽に月一回の三越本店レッスンは初心者もプロもあわせたコースがありますから敷居はたかくないからぜひいらしてくださいね。只今10月生募集中です。
なんだかKAORUKOに直接教わるのが恐れ多いという声が耳に入ってくるんですが、私を知ればそんなことないですよ。プロには厳しく接しますが趣味でお花を楽しみたい方には、私もリラックスして楽しく優しいKAORUKOさんですからね^^ウェルカムウェルカム
見えない部分をどれだけやってきたか?
一瞬の光のために見えない部分の努力や苦悩の日々がある。そのほうが多いことを知る人は少ない。光があれば闇がある。闇を影と置き換えてもいい。
どれだけ地を這いつくばり涙も流し、向き合い、それでもまた一歩また一歩と立ち上がり誰よりも誰よりもここまでやってきたか?その日々があるから光も与えられる。見えないことをどれだけやってきたか?見えない思いをこめて。それがその作品やその人となりに出る。見えない部分で込めてきた思いが見えないなにかになってそこにのるのだ。見えない部分を見えるようになると日々の生き方まで変わってくる。見えない部分を見えるようになるとは、自身もどれだけ見えない部分をやってきたかにかかっている。目に見える部分や口で言える部分はまやかしでしかない。見えない部分がのっかるからこそ人の心を打つ。なぜだかわからないけど涙が出るとか、浄化されるとか、思い思いの表現であってもそこにはまぎれもなく共通のこころを打つ何かがあることを確信する。見えない部分をどれだけやってきたかはその先の道へと続く。その道をひたすら歩きゆくのは自分自身。見えない部分を一生懸命やらないと道は開けないともいえる。一瞬の光のための影の行い。光を浴びる人を羨ましがる前に自分自身の見えない部分の行いをかえりみましょう。光を浴びている人や作品を見たらなぜ心が打たれるのか?どれだけの思いが込められているのか?その人が歩いてきた見えない部分の道筋を心で感じとれるようになればいいですね。
Posted by: kaoruko
麻生太郎が選ばれましたね。数日後には総理大臣。外務大臣だった2006年に横浜にいらしたときにおあいしてご挨拶し、控え室にてしばし歓談させていただいた思い出があります。とても優しい笑顔でしたし、気さくにお話もしてくださった。
私とも交流のある(鳩山元総理の奥様が鳩山薫子という薫子つながりから・・)鳩山邦夫先生が太郎会の会長だし、弊社の会長も太郎会の支援者。懇意な中。更に青年会議所に所属のときにJCIという国際系の委員会に所属していたときに先輩である麻生氏がおいでになったりとなんだかんだ何回か拝顔している。総理総裁がんばっていただきたいものです。
本日はさすがに寝太郎の私です。つかれをとりました。
松岡修造さんと。^^とても素敵でかっこよかったです。熱い男はやはり違う!ますます大ファンに。^^
これは試合本番前にコートサイドのお花が心配だからと引き寄せられるように立ち寄って純粋にお花の手入れをしていた時に、修造さんさんのほうからV毅丱襦璽爐里花はじめとても素敵に飾ってくださって本当にお世話になりました。と私ごときに90度のごあいさつをしながらお声をかけてくださいました。私は目の前の修造さんが私にこんなにふかぶかとごあいさつをしてくださってしばし呆然。やっぱり凄い人だ!と感動しながらこちらこそ!といつも熱い解説楽しみにしています。娘とオリンピックの解説のこの熱さがいいよね〜といいながらニュースステーション見てました!なんて言っちゃった言っちゃった(汗)ヤバッそんなことを私ったら・・
で、写真もブログにもちろんのせていいですよと快諾いただき。本当に素敵な人でした。熱さは他人とは思えないんだけど、やはりどのジャンルでも一流を極めた人は違う!と確信。だからこそ熱いんですよね。
試合開始前のクルム伊達公子選手と。テレビ収録シーン。

で、試合はロシアのサフィナ選手が優勝。約2000万円を手にしました。おめでとう!!

こちらは選手入場の際に選手が持った揺れるブーケです。ヴィヴィッドに。

こちらはダブルスの4人を含めて本日作成の6個の揺れるブーケです。

ダブルスのブーケです。


本日のコートサイドのお花が15時半からのTBSテレビ中継でオープニングに画面全面にどアップでこれが映しだされて「花火のようにきれいだった」「テニスなのにお花がこんなにどかんと映されて今までありえませんでしたよね」「お花のどアップから選手が揺れるブーケを持って入場でびっくりした」とファンの皆さんからコメントが相次ぎ光栄です。
 

 これはテレビが花ごしに選手を追いかけるというためにもう一方のコートサイドにおいた花です。こちらはヴィヴィッドで密度を作ります。テレビや雑誌やショーなどそのシーンや用途により作り方、密度、色あいは全て異なります。さらにKAORUKOが毎日手がけるからとことのこだわるんでなおさら違います。

これは選手が戦闘態勢でコートに降りていく階段の上に置かれたもの。ここで今から試合に行く意気込みをインタビューされてテレビに映ります。選手を引き立てながら優しくやわらかくそして分量も透明感を出して。


ハイ!本日の記者会見の花です。勝負の日だから紅白、そして日本の色でもあるものね。

こちらはスポンサールームのお花。この大会のスポンサーの会社の方々のお部屋です。

TBSもスポンサーなのでカメラの上や会場にはこんなブーちゃんが。テニブーて書いてありました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今回25周年だそうです。この東レパンパシフィックテニス。今年は25周年という年に有明コロシアムで新たにバージョンアップして開催され、皇太子殿下もご来臨との格式となり、ぜひともKAORUKO先生のお花でこのテニスを彩ってほしいというご依頼をいただき、私にとっても初めての試みでしたが、挑戦して良かったです。やるからにはご依頼以上のことを闘魂入魂でやらせていただく主義。だから今日のKAORUKOがあるわけだけど、今回も10日間も大変だから、お弟子さんに任せたり、造花やプリザで・・生花でもほどほどで・・と主催者側も思っていたらしい。だけど私がやるからには毎日違うお花で、ここで生きるの死ぬのとくらいの戦いを命をかける勢いで頑張っている世界のトッププレーヤーが戦うんだから、私も心をつくして精一杯祈りをこめながら思いを花にこめて作らせていただこうと決心。驚いたのは主催者側のみならずお手伝いに来た全国からのKAORUKOのライセンス者。なんてったって私から手ほどきやおそわることはあってもKAORUKOが闘魂入魂の思い入れで花を毎日何か所もいける姿、そのひとさしひとさしを生で見れるのだから。。皇太子殿下のお花など一層思いを込めて天と繋がりながら挿していき作り上げていく私の姿に、特に息をのみながら見つめお手伝いしていました。

思いを込めた花には見えないものがのっかるから、だから見る人の心に何かを感じさせる。今回東レ社長ご夫妻や日本テニス協会の盛田会長(ソニーの盛田一族)や各国大使に「今年は花が素晴らしい」とおほめの御言葉をいただいたと聞いて本当にうれしく思う。直接言われたのもうれしかったけど、後からあちこちから耳に入ることはさらにうれしいものだ。
そしてなんといっても皇太子殿下にKAORUKOの経歴と顔写真付きでご高覧賜れた事は光栄なこと。
そして素敵な素敵な松岡修造さんにもおほめいただき^^(私はもともと鼻筋が通って目の一重で切れ長的な醤油顔が好み。これで背も高くて熱い人とくればうっとり〜)・・・余談・汗
これからも見えないなにかを花にたくして見えないものがひとの心を打つということを伝えていきたい。
そのためには見えない部分の努力や見えない部分をいかに見て、感じるか?が人生にとって大切。この話はまた後日ゆっくりと。
また来年も!と帰り際に頼まれてしまいました。







明日も本日同様にTBS15時半から東レテニスが放送されます。明日は決勝戦です。明日まとめてブログアップします!
本日は大変光栄なことに皇太子殿下のお花を担当させていただきました。
東レパンパシフィックテニスは毎年皇室の方がご来臨されていましたが、今年は初めて皇太子殿下が御来臨とのことでぜひKAORUKO先生にお花を手がけてほしいという言うことで大変ありがたいことにおうせつかりました。これは皇太子殿下のお入りになるロイヤルボックスの貴賓室のお花です。

デザインを産みだすまでにどんな花でどういう組み合わせで何色でデザインはこうで・・・と集中して没頭して考え出すわけですが、皇太子殿下の為に心をこめてとなれば早々簡単に決められません。見えないものを花にのせてお伝えするわけですから。私らしさも出さないとなりません。デモある時に天からひらめきややってきて繋がった!と最も最適なスタイルが目に浮かんできます。いつものように。

さらに驚くことに「KAORUKO先生の経歴と顔写真をA3に作り花のところに飾ってください」と言われて。

横から見た図。バラのボールを先日は漆に合わせて赤と黒でしたがこんなKAORUKOカラーです。^^

ご観覧の準々決勝が始まるときに入場直後の選手たちはプリンスにこんな風にごあいさつを。

こちらは皇太子殿下の控え室のテーブルのお花です。
KAORUKOが富士屋ホテルの130周年の際に考えたデザインKAORUKO禅スタイルを少しアレンジして。
これも考えてみたら不思議なめぐり合わせです。130年の歴史に箱根の富士屋ホテルをたびたび訪れた皇室の方々はたくさんいらして天皇陛下のお部屋まであるのです。
そこで130周年をKAORUKOのデザインでぜひと御依頼をいただきこの禅スタイルも発表したわけですが、この夏はそれをベースにしてKAORUKO2008スタイルの一つにしています。やはり皇太子さまにもご覧いただきたく^^

今回はこんな感じです。KAORUKOブランドから出しているうるしボールとKAORUKOリボンも。
日本人のアイデンティティーを洋花で表現するKAORUKOスタイル、ジャパニーズフラワーアレンジメントKAORUKO流です。すべて。

 控え室で恭しく私も記念写真です。後は他に3作品ありますが本日は2つをご紹介ね。
本日のニュースでご覧ください。皇太子殿下の御写真はここネット上では掲載しません。

ハイ、こちらは本日のテニスコートのお花です。皇太子さまからもよくご覧いただけるように昨日のような大きな花火のように。そうしたら本日の選手のユニフォームはは黄色のエレナ・ヤンコヴィッチとブルーと白のスベトラーナ・クズネツォワ。またまた知っていたかのような私の花の選択でした。コワッ


明日は明後日は松岡修造さんが解説にいらっしゃるそうです。不思議ね。私がこのブログ上でもいつか書いたように興味を持つとヒュッと引き寄せてお会いすることができるこの頃。食べたい物や仕事もヒュッとやってくる不思議さ。熱く語る松岡修造さん楽しみです。うちの娘も「しゅうぞううける〜」と他人とは思えない熱さ・その熱さにニュースステーションを見ながらオリンピック解説を聞いていたものでした。・この夏。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日まで内緒にしていましたがそういうわけでした。
皇太子殿下さまのお花を担当することが決まり本当にびっくりしたとともに不思議な感じでした。
例の神社に行くようになって杉浦宮司から日本の神様のお話(つまり皇室の祖先のお話)
を教わり、日本の歴史とともに日本の神様のことを学ぶにつれその奥深さを知る毎日でした。

花も技と心といつも言うように見えないものがどれだけたくせるか?ということに尽きます。一瞬の光のためにどれだけの苦悩の道を歩いてきたか、人知れず精進をしてきたか?つまり闇や影の部分で積み重ねてきた見えないものが花に出るのだと思います。花を見れば心も読めるし生きざま、生き方、その人の心の状態、考えていること、が私の生徒さん達の作品を見ても私には読めるようになっています。だから技だけでなくそういう見えない部分の道をどう歩いてきたか?どう歩くか?ということをこんこんと説きます。技と心の心とはそういうことです。

花を見ればすべてがわかる。だから私も今回のいただいたお話を挑戦するとき、私なりの考えや思いをたくし、花にのせて一生懸命作らせていただきました。
私のお花をKAORUKOと認識していただきながらご覧いただけたということはとても光栄なことでございます。
御帰りの際に優しく手を振ってくださいました。
本日はこうきました!「こうきたか」と画面の向こうの声が聞こえます。最近のコメントは花をやっている人もいない人もKAORUKOの作品のバラエティーを毎日見てうなるそうです。そう私の中に培ってきた経験と知識とそれに至る前の精進修行基礎テクニックが長いことやってきた部分があるのであとはKAORUKOの感性とひらめき、アーティストとしてのインスピレーション。それを技と心と天と繋がる瞬間。毎日お手伝いをしている有志の人たちも私のひとさしひとさしを見て学びになるようです。


ロイヤルボックスの貴賓の方々のお部屋の前の御迎の花です。

KAORUKOの定番人気の花合わせを花火のようにしてみました。テニスボールのようにね。^^


25ansウエディングの撮影も入りました。

こちらは記者会見のお花です。ファンキーにしてみました。テニスボールを入れて、さながらウエディングみたい。「テニスが趣味のカップルのウエディング、思い出のテニスボールを花と一緒にメインテーブルにね!^」とカップルに提案という感じで。

こちらは、カメラマンさんがとってくれたショット。^^2枚目のブルーの中から顔を出している私のショットも^^

テニスボールをワイヤリングしておリボンちゃんも。選手たちが記者会見でこれを見てなごんでくれるかしらん。

こちらはコートのお花です。本日はイエローオレンジです。お花たちが楽しそうに笑っているように、はずんでいるように作りました。
そして右から流れているのはもちろんテニスボール!カリキュースにしてお花からこぼれおちるように。クリンクリンとね。^^

こちらはvipルームのお花、KAORUKO禅スタイル。初日に咲かなくていいユリのつぼみを覚えていますか?それが咲いてきたから、こんな風にしてみました。


フラワーデザインコース中級上級で学ぶハランで苦労している有志スタッフたちは先日のパーティーの赤と黒の花のハランデザインの使い方もこちらもうなっていました。両方とも簡単そうで難しいのよ。花とのバランス感覚が。お互いを引き立てあうようにわびさびをいれつつ
フラワーアレンジメントの流れを作らないととハチャメチャになります。

こちらは選手たちのレストランとして使われているお部屋。左は25ansウエディングのライターの山形さん。
先日のシャネルベージュも取材をしてくださっていました。記念写真を撮るのを忘れたわ〜

そして突然ですが、本日お昼は再び神楽坂のはぶかていに。
偶然にも今神楽坂に住んでいる私の20年らいのお友達の通称Beさんです。産婦人科の女医でご主人は有名な泌尿器科のお医者さん。千葉のご自宅を建て替えしているからご主人の病院に近い神楽坂に仮住まいをしているのです。
なので1年ぶりくらいにランチ。私の長男を取り上げた人です。ハイ。(取り上げたとはお産を担当した)KAORUKOの健康管理係^^電話一本でモシモシ相談です。
お互いスケジュールが合わなくて3か月前から調整してやっと本日です。だからテニスの後に車を飛ばして神楽坂まで。
積もる話に花が咲きました。^^

明日のテニスはまたこうきたか!とガラッと変えます。
お楽しみに!






早朝テニスのいけ込みのあと、KAORUKOデザインの結婚式場の撮影です。どうすてき?この8月に発表した新作デザインです。シャネルベージュでは、ベージュと黒のプリザでしたね。ハイ!今回は生花のベージュや茶色のグラデーションです。KAORUKOカラーですね。それにKAORUKOから出しているオリジナルのでーブルコーディネート用のシャンデリアをはかせます。KAORUKOでは2007年からこのキラキラシャンデリアをデザインしてブーケやテーブルのお花にデザインを考えてブログ読者ならお分かりね。今年はさらに進化して小さくてきらりと輝きを増したシャンデリアです。テーブル用にはトレーンを引くようなシャンデリアドレスをデザインして作っちゃいました。KAORUKOだけのオリジナル

契約依頼が当初来たときにお部屋を見させていただき、まさにこの天井から流れるキラキラとこのお部屋の色合いはKAORUKO新作をやれって言っているようなものでしょ。とビックリ。それをこのお部屋の名前ル・グランにあわせてシャンパンベージュ・ルグランとしてひと手間加えました。

KAORUKOブランドウエディングはこうして一目で「今年のKAORUKO!」とわかるようにでも、そのホテルや式場らしさを加え、さらに上質でデモ、かわいいというセンスで美意識の高い女性の心をつかみます。
 >
これはウェイティングのホワイエです。このカーテンをくぐると天井から流れるキラキラと私のキラキラデザインが目に飛び込みます。ワクワクさせるオブジェです。

こちらはメインテーブルね。


こちらは会場のフラワーコーディネートにあわせて作るKAORUKOゆれるブーケです^^

私がこのたびお手伝いする、KAORUKOデザインでリニューアルする海老名のザ・ウィングスです。前列右から総支配人の笹尾さん・私・綿貫さん・後列は中央がカメラマンさん・そしてプランナーやカメラマンチームの方々。ザ・ウィングスはブライダル業界では珍しいジャスダック上場の企業です。サンライフグループで平塚と八王子に系列のホテルがあります。学校経営など教育事業もありライフスタイル全般にわたる企業です。
今後はKAORUKOのフラワープロデュースができるようになりホテルとしてのブランディングをますますはかるそうです。
楽しみです。^^


KAORUKOから流行が生まれるとまたIFEXでも講演依頼をいただきましたが、私がインスピレーションを世の中の流行の1年から2年前に感じて毎年のフラワーショーで発表して、あとから世の中がついてくると・・僭越ですが、デモこれはきっとロンドンオフィスのオープンしましたように、流行の先端のロンドンに滞在を年に何回かはしているから、たぶん街のファッションとか何かからアンテナでキャッチをして私の何かと繋がり具現化していくのだと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日の記者会見は昨日のプリザにピンクを入れてみました。明日はガラッと変えます。黄色オレンジ系です。
明日は25ansウエディングが取材をしてくださいます。テニスとKAORUKOで。


明日は
また早朝からテニスコートです。明日はイエローオレンジです。

*かなりハードです。毎日のテニスのコートサイド、記者会見、ロイヤルボックス、VIPルームのフラワーデザインを考え、いけ込に行き、こうしたウエディングのデザインを考え、25ansウエディングからの取材の宿題はけんすけさんとのヘアメイクとフラワーのトータルコーディネートのデザインを6個、さらにKAORUKO巻頭ページのブーケのデザインを9個。デザインするとはそして何が何本と花の品種を決めて、グラデーションは花の配置も考え、コンセプトを考えストーリーを台本を書く。ビジネスとなれば、販売価格や採算も考える。まだ言えないけど皇室の御来臨のお花のデザインも繰り返しこれで良いのか?と反芻しながら頭の中でもんでいく。で、全国のレッスンや短期集中のレッスンのそれぞれの習熟度に合わせてカリキュラムも決めて発注をしていく。さらに三越本店のブライダルカタログのデザインを値段別に考えて生み出す、それと、中国で始まる新聞の連載の原稿も書かないと・・・・とすべてこれ同時進行で私の頭の中で絶えずうごめいています。でもその瞬間ピュッと集中して繋がると生まれてきます。脳みそがどうなっているかだけでなく考えるだけでなく体もハードなんで、なんとか乗り越えなくちゃ!






本日の記者会見です。隣でマイクのチェックをテレビの音声さんがしていたので少し中央がずれて撮影。^^

さわやかに本日は本戦初日はテーマのブルーで。プリザーブドとキラキラです。KAORUKO流ですね。

こちらはテニスコートです。赤です。ダリアとかを主体に。まだ朝は雨だったので天井は閉まっています。ので電灯の明かりで。

こちらはロイヤルボックス。本日から本戦だからVIP
がたくさん観戦にいらっしゃいます。本日は昨夜の大物をコンパクトに普通の花で似た感じに仕上げました。本日はこのあとアクアラインをわたり木更津レッスンだったからササッと終わるように簡単に。25ansウエディングがテニスと花のKAORUKOを取材に来るので18日は黄色のファンキーで行きますが、本日明日はこのベースにて。・・・

こちらは先日の富士屋ホテルでのKAORUKO禅スタイルを少し変化をつけて。これはVIPルームに置きました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
連日の早朝テニスの花。楽しみながらやらせていただいております。
明日は結婚式場のKAORUKOデザインがデビューするところがあるのでそこの撮影です。
ですので分身の術を使いながらあっちこっちに行きます。本日の木更津レッスンの写真は後日一挙掲載します。






東レパンパシフィックテニス(東レPPOテニス)のウェルカムパーティーです。明日からの本戦を前に世界中からのトップ選手たちが一堂に会します。このパーティーのメインオブジェと選手のブーケを手がけました。

メインオブジェのデザインです。詳しくは後半読んでね。

杉山愛選手と。北京オリンピックでも活躍の日本を代表する選手はややはり素敵です。^^みんなこのブーケがかわいいと言っていましたよととても爽やかで素敵な笑顔でした。
世界ランキング一位で先日の全仏オープンチャンピオンのアナ・イバノヴィッチ選手と。ブーケをとても可愛いと言っていたわ。^^ こちらはエレナ・ヤンコヴィッチ選手と。世界ランキング2位。やはりブーケを気に入ってくださって^^東レの社長に花束贈呈。社長ご夫妻が私の花をとてもほめて下さり、引き寄せられるように見入ってこの花の前で写真も撮りましたよ。とうれしいお言葉を賜りました。「東レの生徒さんが弟子にいますぅ」なんて余談まで私ったら。

こちらはTBSのニュースのマイクとかの前に ある写真です。左のかわいいアンナ・チャクベタゼ選手も舞台左に私のブーケを持っています。。今回シャラポワが怪我でこれなかったんだけど彷彿とさせます。

*これらは東レPPO事務局の許諾を得てネット掲載しています。私はこの大会のフラワーデザイナーだし^^

これは作成し出来上がったものをかごに入れて。
選手たちが手にしているKAORUKOブーケ。とても気に入ってくれて選手たちは自分のカメラでブーケだけを撮ったりしていました。心を込めれば伝わる・・とうれしく思いました。KAORUKOイズムのキュートなブーケを28人分かごに入れます。ブーケにはルコパールもルコシャンデリアも入れたから
本当に選手たちがかわいい〜って。^^(25ansウエディングの取材にも掲載されるから誌面でお楽しみに)

ジャーン。トロフィーまわりのメインオブジェをKAORUKOがデザインし手がけました。

日本で行われる唯一の世界のトップ争いの大会だから
日本の漆と羽子板がトロフィーだと聞かされていてデザイン。

小さなわびさびのミニアレンジも。トロフィーのコンセプトです。

真剣に手掛ける私。降りてきました?花の神様が?

主催側がぜひKAORUKO先生の経歴と写真を飾ってくださいというので、僭越ながら。
写真はこんな感じでござんす。先日のシャネルベージュにて撮った写真。 

ハイ!今日の記者会見のフラワーデザインはこのパーティーの和と洋の融合に合わせてこなんしました。漆ボールはKAORUKOブランドです。ニュースで映ったかな?

和の心を洋花を使い表現するのがKAORUKOスタイル。揺れるブーケのみならず、私の花は全てのコンセプトはそこにある。いつも書くように世界で勝負する機会を30代に入ったとたん
桂先生との出会いにより、まずは与えられ、世界で認めてもらうには、単なる真似では通用しない。世界で生まれたフラワーアレンジメントを日本人が手掛ける。日本人のアイディンティティーを花に託すことが大切。いけばなでもない現代の西洋化された日本のジャパニーズフラワーアレンジメント。
私の心を入れる。私の生きざまを投影する。私の生きてきた見えない光と闇の生き方が花に現れる。KAORUKOスタイル。
フラワーデザインコースの特級マスターを受講中の生徒が勉強になるからと。お手伝いをし、私が一心不乱に作成してでき上がったのを見て涙がほほを伝っていた。いつも不思議。
明日からの本戦。みなさん頑張ってね!

*今ブログを書き終わってコメントをチェックしたらさっそくTBSのニュースで見た!花が何回も何回も映り、このおかげで毎日ニュースを見てわくわくして楽しいと。
しかも選手のユニフォームと見事本日も融合していたのです。ふしぎすぎ?伊達選手のピンクと対戦相手のブルー。明日はテニスコートは赤で行きますよ〜。そして記者会見テーブルはブルーと白のプリザにキラキラシャンデリアでいくざんす。見てね。

*明日15日16時からTBSでクルム伊達公子選手の予選ダイジェストが特集されるそうですから見てね!
*本日もその伊達選手は勝ち抜き本日私がピンクの花の量を多くしたら、なんと伊達選手はピンクのユニフォームで登場。詳しい人からのコメントで伊達選手はピンクを好んで着るそうで、KAORUKO先生が導かれてピンクの花を挿したことが偶然では無いと昨日の報告に対してもブログにありました!コワッ私。

東レのテニスの2日目です。昨日の花をボリュームアップしてみました。明日はガラッとデザインも色も変えるけど本日もこんな感じ。愛・未来な感じ^^

テニスコートのお花もボリュームアップの感じです。昨日はスポーツニュースで伊達公子選手がこの入場口から登場の時にこの花がキラキラッと映り華やかに伊達選手を応援しているかのように揺れていた…とブログに感想がたくさんありがとうございます。!


記者会見でもブルーのお花が揺れていた・・・と。まずはKAORUKOってズバリわかるようにテレビを見ている皆さんがね!^^そして愛・未来・のとうりに選手にエールです。私の祈りをこめて。

こちらは選手のレストランのフラワーデザイン。こんなんしてみました。さわやかに安らげるように。シャンパングラスにブルーの水と貝殻、そしてひとでにプチメリアのプリザです。また全国の皆さんが真似してもいいわよん。


テニスコートの花は咲かないユリを計算して咲かないように踊っているアクセントとして使ってみた。KAORUKOリボンをまとわせるために。^^

スポーツニュースでテニスより花ばかりチェックしていたと、うれしいブログコメントありがとうございます。
明日も早朝からテニスコートに行き、明日はガラッとデザインを変えます。明日のテニスコートは和と洋の融合ってところです。テレビを見る皆さんが暗号のように私と交信するかの様ですね。楽しい〜。試合開始前の8時半までに作成しに行くので8時にテニスコートにつくと世界の選手がすこ〜んすこ〜んと乱打をしています。世界ののトッププレーヤーや伊達選手や杉山愛選手たちにがんばれ!と花に託して心をこめます。
不思議なことです。すぐそこで世界に追っかけのいる有名選手たちが打つ球が花を活けている私の足元に転がってくる・・・
だからますます思いをこめてお花を作ろうと明日からのデザインを本日は午後はスケッチブックと首ったけ・・・で。
明日はいよいよ明後日からの本戦の前夜祭パーティで、そのイメージオブジェやトロフィーまわり、そして選手たちのブーケを作ります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そんなスケッチブックと首ったけのほかに10月2日に決まった25ANSウエディングの私の巻頭ページのKAORUKO新作および定番の揺れるブーケの撮影や中旬のけんすけさんとのコラボのヘアメークとヘッドドレスの融合のデザインや、それらのデザインも生みださないとなりません。どれだけ思いをこめるか?ここが大切なので本当に時間の無い中時間をかけて神様からのインスピレーションをいただきながら考案中!
東レのパンパシフィックテニス初日です。早朝からテニスコートの選手入場口の花を作ります。本日は今回の大会のどのスポンサー看板もブルーと白であるのを見てブルーと白。そこに実は屋外だから少し目立たせようかとさし色でピンクを持って行っていたら、なんと看板の東レに下の方にピンクのラインがあるのを発見し、知らないでやっていたのにまるで導かれたかのように。
世界の選手を迎えるテニスコートに私の花。そして天使か花の神が舞い降りてこの大会を見守ることでしょう。な〜んてね。でも書きそびれたけど先日のシャネルベージュでのKAORUKOフラワーショーの際に天気予報豪雨80パーセント予測なのにカラッと晴れさせると豪語したらほんとに天気を変えました!余談


こちらは記者会見ルームの花。全世界に配信されます。このパネルの前のシーンと私のお花が。本日予選通過のクルム伊達公子選手もここに座りこの花の前でうれしそうに満面の笑みでニュースに出ていましたね!愛・未来のテーマで作る花です。^^まだあるんだけど本日はここまでご披露。また明日お楽しみに。

こちらはTBSの時の記者会見ようバックパネル
そして、汗みどろになって熱い中作成した花を後に夜はお友達と会食。池内さんです。
場所は神楽坂。私が先日黒川教授と行ったときに最後に帰る段になり、お店のオーナーの方に「KAORUKOさんですよね・・・ファンなんですぅ〜」とお声かけられたあのお店です。シェフとその奥様です。ここは本当においしいです。隠れ家にしたいんだけどブログでおしえちゃお〜。神楽坂の葉歩花庭はぶかていです。

デモ本日もブログコメントにKAORUKOファンの方から、先日私がブログで行って美味しくいただいたという中華街の私のお友達のお店にさっそく行ってKAORUKO先生作のKAORUKOリボン付きのプリザのお花を写メで撮って待ち受けにしてます!とか、乗り越え神社に行きます!とかありました。
別件で神社の神主さんと話してこの話題を言いかけたら、「きました、きましたよ、KAORUKOちょうちんと渡辺俊幸ちょうちんの写真まで撮って行きましたよ。」と。^^
KAORUKOがいいって言うものは良い、おいしいというものは美味しいんだみたいな・・ファンとは有り難いものですね。うれしいですね。
茨城の神社まで行くとは!きっとわざわざ足を運んだごりやくはあることでしょう。何事も。わざわざ足を運ぶということがひとの道の基本一歩ですから。ついでなら誰でも行ける、わざわざが意味がある。神社でなくても普段の行動すべてね。ことさらお世話になった人やなっている所には足を運ぶということ。
話がそれましたが、お世話になってなくてもこの人はKAORUKO先生が行っているんだからと中華街や茨城まで・・・私も責任を持ってブログ書かないと!^^

また、テニスとKAORUKOのブログについてテニス好きのかたから反響大!でびっくり。相当凄いことらしいんですね〜。テニスおんちの私は頼まれるままにこのお仕事をお受けしたので、そんなに興奮するコメントをいただいたことをこの事務局の方に伝えたら「KAORUKO先生やっとぴんときてくれましたか^^(苦笑)」でした。
また明日も行きます。テニスコート!
東レのパンパシフィックテニスが明日から始まります。先日ブログにまだ言えないと書いたのは実は○○○とKAORUKOとは、テニスとKAORUKOでした。KAORUKOがこのテニスのフラワーコーディネートを担当します。テニスと花の本格的な融合?これは初めての試みかもしれませんね。ぜひKAORUKOの花でこの大会を彩ってほしいというオファーをいただきお手伝いすることに。選手が出入りするこのテニスコートの入口や記者会見の机の花や、決勝戦のブーケやトロフィーまわりやパーティーの花を担当します。全英ウィンブルドンテニスや全米などの世界4大テニスというのの次にランクインする日本開催の東レのテニスとのこと。世界中のトップの選手たちが参加。今年はしかも日本人で唯一この大会で過去に優勝されたというクルム伊達公子選手が予選から挑戦とのことです。それは明日です。本日下見に行ったら杉山愛選手がちょうど練習をしていて拝見できました。伊達選手は5時から記者会見でした。シャラポワは怪我のため欠席とのことで残念〜



明日、私は早朝〜この有明コロシアムに行き、そのテニスコートの花と記者会見の机の花を作ります。明日のニュースは必見!明日はこのテニスのシンボルカラーのブルーと白で手掛けようと思います。お楽しみに!毎日テレビで見てくれたら毎日KAORUKOイズムKAORUKOスタイルの花でやりますからね。
皇室の方もご来臨されますのでそのお迎えの入口に置くお花や控え室のお花も担当します。楽しみです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
夜はマンダリンオリエンタルホテルのけんすけさんの美容室パラダイスにてお打合せ。けんすけさんとは久々の再会。今回25ansウエディングの企画でけんすけさんとKAORUKOのコラボレーションとしてこだわりのアーティストどうしのメチャ濃い誌面をつくることに。

担当の梅澤さんが「KAORUKOさんがけんすけさんに投げかけるこういう花でこういう風に作るからといういわば挑戦状のようなお題(テーマ)を数パターンだしてください。などと言う流れになり、「今?今は無理、上から降りてこない」というと「今は無理だよね。おりてくるまで待とう」とけんすけさん。こういう話がわかる人なんだ〜とやっぱね。カリスマヘアーアーティストは土屋さんもそうなように、私や渡辺俊幸先生もそうだけど、その感覚!皆知っているのよね。上から降りてくるまで待っていただくことに。そうだらだら考えていてもダメ。明日までに!とか言われると、ヒュッと繋がりちゃんと締切までにはデザインも原稿の企画書もどんな仕事でも出来上がるんだけど、そのリミットに追い詰めるまで、漠然と考えているうちはダメなものです。繋がる日を作ります。〜なんて言いながら。楽しみです。25ansウエディングでは毎号けんすけ特集というくらいの25ansファンからの熱い支持のけんすけさん。さて、どんな奇跡が起きるか?今回の誌面からは。^^また産みの苦しみに入ります。
Posted by: kaoruko
自分と向き合い、花と向き合う時間を自分に作るということが心を成長させます。横浜サロンレッスンプロの人たちも三越の楽しい趣味の人たちもそれは同じこと。向き合う時間を経て達成感を得、悩んだ果ての美しい出来上がったものに心が躍ります。細胞が活性化すると表現する人もいるので、だからきれいになるし、だから若返るのかも知れません。自分と向き合い、自分の何かを課すということは。


本日は朝からレッスンデー。これは夜の部。三越本店のプリザーブドフラワーのレッスンです。ワイヤリングのプチメリアを初心者向きに作りおしゃれな3点セットにして。^^



こちらは昨日からの横浜サロンレッスン集中デーめがけて山口や千葉、都内、などからフラワーデザインコースです。中級、上級、マスターの人たち。精進しています。学ぶって意味があると、それぞれの段階が一斉にやると、その腕の習熟度が歴然でその階段を一歩づつ上がるごとに見えてくるフラワーデザインのきりのない奥深さをでもひしひしと見る目も開いてくるということを全員が目の当たりにするので学び出した人はそれがわかるから、もっともっと知りたい
もっともっと美しいものを作りたい、見たいと思うようになります。中級中半くらいからそういくことがわかり出します。
皆さん天使ライセンスも取得しているだけにそのあたりの奥深さを知り驚嘆します。ここを通る人のみが知り得る境地です。
そういえば掲載しそびれていました。これが先日のフラワーコレクションショーの際にお土産でお渡しした非売品のシャネルのチョコレートです。

貴重でしょ?みなさん喜んでいたわ。KAORUKOならではのサプライズ!
おしゃれな箱に入ってこんな感じ。そしてベージュ色のオシャレな持ち手も皮の上質なオリジナルバックに。
お金で買えない贅沢ですね。
シャネルのチョコレートは見た目もシャネルボタンのようにかわいくてお口に入れてしまうのがもったいないけどお味もビターでおいしいです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
≪ロンドンに帰って行った息子≫

本日息子はロシアに旅立ちました。ロシアのお友達の家へ10日ほど滞在してからイギリスにもどるようです。ロシアのモスクワやサンクトペテルブルグなど美術館めぐりをしたりしたいそうです。
そう言うわけで私の日常も通常に戻ります。息子と言っても日本で言う中学2年生から親元を離れてボーディングスクール(全寮の寄宿舎)で18歳まで過ごしてきたので掃除洗濯身の回りのことは全て自分でやるし、一人暮らしを始めてからは料理もするし、へたな主婦よりは何でもできるしお料理も芸術的でおいいしくこの夏も私が泊で忙しい時は作ってくれたりしていた。私も、異国で暮らし時たましか帰国しない息子のためにこの夏はできるだけすべてが終わる夜中でも料理を精魂こめて作った。一時は不登校から闇をさまよい生きる希望も失っていた親子でも光はこうして見えたことにただひたすら感謝しかわいてこない。今は世界を一人で行き来もするようになった。生活費やこずかいもロンドンで学業の傍ら親の負担の足しになるように(留学費用以外に負担にならないように)と自分でバイトをして稼いでいる。
子供とはお腹にいるときも生まれたときもただ元気で健康で・・と祈るだけなのが、這えば立て立てば歩めの親心のごとく、次々とあれもできてほしい、これもできてほしいとお稽古ごとや勉強での成績など親の思いでがんじがらめにしていく。自分の将来をたくすかのように。
子供の心の叫びをきこうともしないでもっともっとと。
そしてある段階から親離れをするようにするどころかいくつになっても温かいすべての整った家、部屋、料理、洗濯、インターネット、携帯、お金・・・を与え続ける。
そんなことが子供の自立自律を阻害していることに気がつかない親の方が多い。これでは不登校も引きこもりも治るわけはない。ライオンが崖から落とすように試練をあえて与えながら深い愛情で繋がっているということは体を張ってでも伝えていく。人は不便な境遇や自分がなんとかしないとならないという環境にいればなんとかしようと思う生きる力が備わる。また時間がかかってもだからこそのありがたさをすべてに自ら感じるようになる。そして心も成長していく。
こういう事を暗い闇を涙にくれながらさまよいながらも数年かけてひと筋の光が見えてきたときに体感してきたこと。こういうことに気が付いたことが私が今かつての私のように子育てで悩む人にまず伝えたいこと。客観的にお互いを見る距離も必要で、一緒にいすぎることは分身のような一体化を勘違いし、供依存を引き起こす。
これだけではないけれど、もっと深い大切なポイントもお伝えしたいのだけどブログ上ではなかなか伝えきれない。個人個人のケースバイケースもあるから。
健康で生まれて生きてくれればいいと祈りながら小さい手を握り締めたそのころの気持ちになり過剰な期待も過保護な愛情もはきちがえないでいること。その子が自分の生きがいを感じることや道を見つけられるように。
子育てはまさに親育て。親の人間性を育ててくれる自分育てですね。
最近とみに子育て相談も多いので今宵は少し書きました。ブログ上では限界がありますので悪しからず。。。

そういうわけでロンドンオフィス間もなく開室です。先日のフラワーショーも実は音楽から進行、通訳を担当しました彼。陰で黒子をしていました。
ロンドンっ子の目線でいろいろアドバイスをしてくれますがKAORUKOのアートに関してはボロクソいわれ続けますのでけっこう痛いです。。^^自分の感性のアートとかけ離れているそうでまたお母さんは美術館を回ったり、アートの歴史背景を知らなさすぎる・・・と酷評。フラワーアーティストとしてさらなる多角的視野で学ばないとね。。。と。
聞く耳もって頑張らなきゃ!


Posted by: kaoruko

昨日は神戸本日は大阪最終便で先ほど到着。そろそろ25時になるのでもうゆっくり書いている暇はないんです。明日明後日はは山口県からレッスンの生徒さんが来ます。はよねんと〜

本日はレッスン前にリッツカールトンでお打合せ。
マグロのように立ち止まらずに泳ぎ続けるという私たち成仏の会メンバーKAORUKO、江原啓之先生、渡辺俊幸先生のことをブログ読者が「マグロリーナ」と命名していました。笑えます。^^マグロリーナなKAORUKOです。マグロリーナ仲間この指と〜まれ〜^^ともにがんばりましょう。マグロリーナそろそろ寝ます。
先日のふーみんさんのお話のときに語っていた夢が私たちは全て叶ったという不思議なお話をしました。
デモ大切なことを書くのを忘れていました。あえて今書きます。
そのぶん流した涙の数も倍以上だということを。
夢が結果的に叶うという前には試練と苦悩の日々。そしてただヒタスラ目の前にある壁を乗越えないとならないとそれしか見ていません。イヤそれしか見れないほど無心でがんばらざるを得ない日々が襲ってきます。それは家庭生活だったり子育てだったり、仕事だったり、あらゆる辛さをあまんじて受け入れない限り壁は乗越えられません。
夢を叶えるのは死ぬのと同じと先日テレビで言っている成功者の言葉をここでも紹介しましたが、まさに真理です。それほどまでして向き合い、失うものもあり、涙の塩辛さも知り、それでも一歩また一歩と諦めずに孤独に無心に生きていくときに、結果としてそういえば語っていた夢のひとつが手に入った・・・というかんじでしょうか?あの文だけ読むとラッキー、特別のようですね。読み返して感じたので、あえて加えました。
結果的にそうやって乗越えながら壁を登り、日々何事からも逃げずに無心でコツコツ邪心を払いのけて精進していれば、結果的に手に入って、そして更にそのための苦悩を受け入れ昇華したことから自分の心も成長
し人としても進化をしているということではないでしょうか?
ふーみんさんが神様みたいに透明で慈しみ深く・・・というのはともにそれぞれの道で痛みを受け入れながらひたむきに生きてきた・・・お互いが気がついたらとても尊敬すべき人になっていた・・・ということです。決して傷をなめあうのではなく傍らで、影からそっと見守る。
苦難苦悩の数を知っているだけ人は光る・・この真理もわたしたちは体感してきたからこそなのです。
地を這うような辛酸をなめること。ほとんどの人はそこまで行かないうちに道を変えたり、引き戻ったりするのでしょう。友達という名の存在も傷をなめあいながら、あさはかな諦めることを肯定するという共依存してしまうのではないでしょうか?デモ本当はそこから先なのです。光や夢の達成が待っているのは。もったいない。本当はそこから先なんです。
そんなことを乗越えてきた私達です。
公園で出会って以来全く別々の道の挑戦をそれぞれしてきたのですが、だからこそ数年前から私の会社にもかかわってもらうことにもしたのです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今朝朝一番のJALで神戸に出発。本日は神戸レッスンでした。ついうっかり皆さんと写真を撮るのを忘れてしまいました。関西短期集中プロコース。BFPコースとジャルドゆれるブーケ資格取得認定コースです。
この写真はBFPコースのトレンディーなゲストテーブルのKAORUKOの昨年、一昨年の定番です。かわいくできました。こういうかわいいのを含めウエディングの大きなスタイルのアレンジメントを一日中習います。
明日は大阪です。明日は大阪最終便のJALで帰宅です。今神戸の某ホテルでこれを書いています。




昨日の夕飯はもうすぐイギリスに帰る息子と中華街の桃花に行きました。中華街一番二番の老舗で北京料理の高級中華の華正楼の姉妹店です。たびたびこのブログでもご紹介しますがお友達のお店です。ジェーン先生にもご紹介したら気に入ってくださってジェーンブログにもたびたび登場しています。
この桃花はもう少しカジュアルで小皿料理はじめ、上海家庭料理。
息子が9歳くらいの時から家族ぐるみのお付き合いなので、懐かしい味を帰英前に堪能しに行きました。オーナーの江夏さんもいたので夜遅くまで3人で積もる話などして食べっぱなし。息子が小学生のころこっそり出していただいたまかない料理のパイユーチンにザーサイを細かく刻んでごはんにのせてお醤油をかけて混ぜ混ぜするものや極上蒸し魚を華正楼の方から運んでくれたりして本当に舌づつみ。^^(これはほんの一部ね。たくさんたくさんペロッと)
疲れもとれてリラックス。ありがたや〜。
皆さんも中華街に行ったら寄ってみて。華正楼または桃花ね。
桃花にはKAORUKO作のプリザのお花もかれこれ3年前くらいのがおいてあります。が、くたびれている感じなのでそろそろ新しい作品を昨日のおもてなしのお礼に持っていかなきゃ(汗)
Posted by: kaoruko
今宵はフーミンさんのご紹介です。

私の親友でそして弊社の役員でもあります。
不思議な御縁で結ばれた私たちのストーリーを簡単に。
出会いは子育ての公園でした。今年20歳の子供たちが1歳半くらいの時に出会いました。慣れない育児にストレスもたまり、子供を遊ばせながら毎日お茶を飲み夕飯まで一緒にしながら専業主婦のまま自分の人生が終わるのかもしれないという先行きにもんもんとしていた私たちはあてのない夢、というより空想を語ってばかり。・・・それから月日は流れます。この約20年の間に二人の身に起きたことはここでは語りつくせないのですがその時話していた空想夢物語がすべて叶っていくのです。イメージは現実を作るとオリンピック選手も言うように、私たちは繰り返し繰り返し、夢の空想を語りながら、イメージをしながら心の力を使います。と言ってもそうなるといいね〜というワクワクした時間の共有。
要は自分探しの旅にそのころに出たといえます。彼女は某国立大学の教育学部を出たけど私と同様恋愛結婚で早く結婚をして先行きの自分というものを深く見つめてだからこう・・・という信念があったわけでもなく私たちのそのころは結婚して会社を辞めて子育てを20代でする物というあたりまえの世間の流れもあり、そんな感じでした。それが果てしない時間の繰り返しの子育ての中で自分の人生とは何のために生れ何のために生きるのか?ということに気付き始めます。
心がそうなると人生はドラマチックに激変するものです。これは過去を振り返って私たちが立証できます。今度はこうなのよ〜と新たな仕事の話や新たに生じた私の夢を告げるとき「キッと叶うわよ」「今までもそうだったから」と奇想天外奇天烈ありえない度200パーセントの話デモ今までの私が叶ってきたのを目の当たりにしてきた彼女はそういいます。そう私たちはそこに向かって名刺もコネも何も必要がありませんでした。あったのは熱烈な思いと人よりすぐれたイメージ力心の力、それのみだったのです。不思議と道は目指す方向に繋がっていった本当に不思議な導きを彼女は見ていたのです。そして彼女の人生もまたしかり。
今私たちは結婚も子育ても仕事も生きがいも手に入れ、日々挑戦ではありますが大変だけど生きる証を残しています。私が親友と呼べる彼女は透明で慈しみ深く神様みたいな人です。彼女の友達がアメリカに住んでいてそのウエディングの花をずいぶん前に手掛けてあげた御縁の人ですが、今でもアメリカから私のブログを見てくれているらしく「KAORUKOさんは神様見たいに素晴らしい」と言っていたそうで仲間うちで賞賛しあって笑っちゃいますが…そう思い思われる繋がりもいいですよね。でもこのフーミンさんは私のことを神様見たいだとは思っていないらしく漫画みたいな人だと言うんです。私の内面や落差や素やお茶目度を一番見てきて知っているからね^^(ま、アーティストだからそれもしかたないのさ。^^)そう私は神様みたいにはまだまだなれませんね〜修行修行^^
今発売中のフローリスト10月号にKAORUKOの取材ページが見開き4ページも掲載。2月の桂由美先生の宝塚劇場での東京グランドコレクションの取材です。今年の新作ブーケや意表をついた面白ブーケやサウンドシャワーウエディングというテーマを表現したブーケなど盛りだくさんに掲載されています。ぜひご覧ください。まだ発売中だから内容はここではお見せできませんが、本屋さんで買ってね。
いつもこんなにどかんと取材して戴けてありがたいことです。広告で自らお金を払って掲載してもらうページもたくさんある中いつもフローリストさんはKAORUKOの取材をしてくださいます。電話番号とか掲載してあるページは広告だけど取材だから電話番号とかPRになることはむしろ取材の場合は掲載しないのがこういう雑誌の共通の流儀。

私のページの2月のショーのデザインしたブーケや使用の素材は私にとっては常に進化だからすでに過去。すでに自分の中では古臭い。掲載されているアイスフラワーはすでに私の中では過去。新しい挑戦で別のことをやっている私にとっては。今は先日のベージュでのフラワーショーでも発表した新しい新作ばかり。時代をリードするといわれる立場としては僭越ながら産みだすこと。いつまでも同じことをやっていない私なのでした。

本日はそういう新しいデザインをまた依頼先企業3社のお仕事をしていました。スケッチブックに向き合い産みだす作業。フラワーアーティストだから人と同じことはやらないのです^^
私の真似はここから流行を作ると新聞が書いたり講演のテーマにさせられたりしているくらい、本当に発表した瞬間真似真似ですが、これもアーティストとしてまま仕方無い。私のやっていることをいちいち真似をしている先生も多いとたくさんコメントもいただきますが、私は皆さんが心配してくださるほどは気にしていないので大丈夫。そうやって人が判断する物だから^^私は私、いつもオリジナリティーで進化するのですから。
山野美容専門学校にてKAORUKOのブライダルフラワーに関する講義がありました。40名の熱心な学生さんたちです。

3時間の集中講義です。講義のあとはサイン攻めに^^
みんな〜頑張ってね〜。

ブライダルフラワーの極意は花屋さんやフラワーアレンジメントの先生とは全く違う特殊なジャンル。相手の思いをどれだけ引き出して自分を主張せずにデザイン提案して「こんなのみたことな〜い」「イメージどうり〜」とお喜びいただけるか?という仕事。ブライダルの現場をどれだけ踏んでどれだけカップルにお会いしてどれだけ経験をしてきたかが物を言う。
ブライダルフラワーは幸せのお手伝い。美容師さんをめざすみなさんがブライダルも専門的に学ぶことで活躍の幅が大きく広がる。ビューティープランナーとしてそして、ブライダルコンサルタントとして。

本日はずっと都内でした。明日は横浜デーです。のんびりできるかって?
明日はデザインをたくさんおこさないとなりません。
三越本店のギフトカタログにKAORUKOの作品やインタビューが掲載されるらしくその考案と、リニューアルする某ウエディング会場のKAORUKOによるデザイン契約の新しい新デザインを考案とそしてさらにさらに、○○○にKAORUKOの花と昨日も書きましたが実はそうね〜来週から始まる世界レベルの某○○○がヒント!某○○○の花を手がけます。皇室の方もご来臨だそうなのでその花もですから明日はじっくりと考えようと思います。
Posted by: kaoruko
最近のレッスンから。鹿児島の短期集中の山崎さんです。お花の先生だそうです。ジャルド揺れるブーケ認定を取得。この上の最高峰の天使ライセンスも取得して鹿児島で正真正銘のKAORUKOの認定を胸張ってやりたいそうです。頑張って!
バルコニーで楽しそうにウエディングのメインテーブルを作成しれいるのは大阪の荒木さんです。血が騒ぐほど楽しいものにであったみたいでイキイキ。

ケーキフラワーとパリで見つけたケーキのキャンドルのコーディネートも。ハイドランジャーやコックリ色の花たちが集まります。


修行のレッスンの人たち。最近たくさんの人々が自分の未熟さや至らなさ、怖さを感じて自ら精進に励んでいて頼もしい限りです。上に行けばいくほど怖さも知り、未熟さも知り、目もあいてきてよいものも悪いものもなおさら見えてくるから恥ずかしさもわかってくるというもの。そういう人が増えてきて頼もしいですね。

本日は朝から海老名でウエディングのお打合せで、その後マンダリンホテルをいつものように自分ちのようにお打合せ場所にしてとあるプロジェクトの○○○とKAORUKOの花についての打ち合わせ(近日ブログで発表します、お楽しみに!)その後三越本店でレッスン。フラワーアレンジメント中級です。秋色の花たちで。

三越本店は何と335周年だそうで、こんなのれんや昔からのお金では変えないような歴史が飾られひもとかれています。

明日は山野美容専門学校にてKAORUKOの講義があります。
おまたせしました!ショーの模様です。基本はブランドのパーティーのように立ち見なんです。ただ芸能人のお友達とマスコミについては壁を隔てたイスに座っていただきました。私のショーどころではなくなるでしょ。有名人のほうばかり見ちゃって^^

今回はウエディングとエブリデーシーンに分けていろいろなデザインをご披露。
「第一回目から見ているが今年が一番と毎年思うが今回は昨年よりまたさらに洗練されている。今年が一番と今年も思う」と桂由美先生のお言葉をいただき冥利に尽きます。毎年進化のKAORUKOです。

パフォーマンスは定番になった愛・未来に乗せてのブルーの花のと、富士屋ホテルでデビューしたKAORUKO禅スタイルと、あとは今回のシャネルベージュで行うことからそういう先鋭的なハイファッションを意識した現代的なスタイルをご披露。ロンドンオフィスがオープンした際に滞在をしていた時に街を歩いていた時に流れていた洋楽のヒットチャートにのせてリズミカルの踊るようにこれは作成。


ウエディングシーンにおいてはKAORUKOの定番の揺れるブーケをトータルこーディナーとの極意とともにご披露。いつもの私のお気に入りの前園さんとパトリシア


来ていただいたそのほかの著名人の皆さん。トニー田中先生、25ansウエディングの相磯編集長、周富徳さん、プリザーブドのフロールエバーのカルディナス社長は今回もプリザーブドフラワーを協賛してくださりスポンサードを。ありがたや〜

富士屋ホテルグループの社長 勝俣様、BIA専務理事野田様
 またまた愉快な仲間たちの筆頭の方たちです。渡辺俊幸先生、江原啓之先生、セインカミュさん。KAORUKOブログでおなじみの杉浦神主さんも。
今回はゲスト80名すべてがKAORUKOと愉快な仲間たちということで私が全テーブルを回り、お客さまをご紹介しました。

いかがかしら?私のこの日のヘアメイクはこのシャネルビルから歩いて数歩のビューティートップ山野さんにて。
開演前のセットとミニバラキラキラです。

マスコミ各社が25ansウエディングの密着はじめとして約10社が取材。ありがたいことです。内輪の生徒に向けての発表会をする先生はたくさんいてもこうして外部に向けてのショーを行いあらゆる業界やマスコミが取材をしてくださることが8年目という人はいない。
今年はKAORUKOがどんな流行をここから生み出すか?と皆さんが来てくださる。
今回はシャネルの10階にて表現をし、その後愉快な仲間たち80名とのお食事というスタイルはとても好評でした。
全国から出てきたKAORUKOの天使の揺れるブーケ公認ライセンス取得者たちです。このショーの裏方をつとめます。天使ライセンスとはKAORUKOの技と心を伝授する最高峰の資格。それぞれがフラワーアレンジメントの先生やブライダルビジネスをしています。KAORUKOの場をこうしてて手伝うことで一人ではありえない体験をし成長していきます。
「江原さんと目があった。頑張ってねとお帰りの時に全員の目を見ながら言ってくれた」と翌日の反省会にて全員が興奮して言っていました。。。^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
昨日はショー翌日の人材育成セミナーから引き続き短期集中のレッスンが行われその後都内で会議があり、とてもさすがに疲れたから都内のホテルにお泊りしました。ブログをそういうわけで更新できなくて皆さんどうしたのか?と驚いたみたいね。ごめんなさいね。。^^
この3日間のレッスンの模様も近日公開します!まずはおまちかねのショーでした。
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2008-09 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006