【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2009/01/01
Category: General
Posted by: kaoruko
長いですね。今回のイギリスは。いろいろな内観のたびです。
そして2月の声を聞いたら帰国です。^^
2月に帰国したら、この取材旅行のことをもりもり書きます。そして東京グランドコレクションのデザインが固まります。そして産み落とします。そしてリッツの企画も始まります。がんばります。^^
Posted by: kaoruko
今回はわけ合ってこれらの地を取材に訪れました。内容はまだ言えませんがお楽しみに!
いつものコトながらまたやっています。ロンドンキングスクロス駅のハリーポッターのプラットホーム9と4分の3ホームから魔法の国ホグワーズ行きの列車に乗ります。こんなのも作ってしまうお茶目なジョークの国イギリスが好き。


そしてまたケンブリッジへ。もう息子はケンブリッジには通っていないけど、ニュートンが通ったケンブリッジ大学のトリニティーカレッジに行き、初めてそこの教会にも。
ニュートンの像が「ここの卒業生なんだよね僕」って感じで。そしてこのブログでもおなじみのニュートンのりんごの木ね。
ここは
今息子の通うロンドン芸術大学です。セントマーチンカレッジです。(University of the Arts London)

取材はまだまだ続きます。
次回は美味しいもの便りです。^^
さて何の取材でしょね?^^

KAORUKOからの一言
皆さんドロドロしていませんか?
清らかに清らかにね。!^^
Posted by: kaoruko
ロンドンは日本より暖かいだなんて書いたら翌日からやはり本格的な寒さ。外へ出ると、とても寒いです。
いろいろ打ち合わせや仕事をしています。ロンドン教室の話や、取材旅行と執筆です。
その合間にいつものように、流行の先端を全身や五感で感じるようにロンドンの街を闊歩します。「これがこれから来るんだわ・・」などとひらめきがやってきます。そして私の2月のグランドコレクションの桂由美先生のショーの新作ドレスに合わせた新作ブーケが生み出されます。そうして流行を先取りしてキラキラブーケも3年前からいち早くやりだしました。3月の私のリッツでも発表しますわよ!
もう日本の業界はこれに触発されてこれらが浸透しだしたので、私はすでに次を向いています。
次はKAORUKOが2009として何を提案してくれるか?とマスコミ関連の方カラも熱いコールを頂ありがとうございます。そしてこれも仕事のうち。アフタヌーンティーを今回も。サヴォイホテルは今改装中なのでリッツにて

THE RITSです。日本ではリッツカールトン、ロンドンはザ・リッツね。
そう、私の3月15日の出版記念パーティーが開催されるのもリッツでしたね!

日本はまだハードルが低いけど、ロンドンやパリに行くとG−パン、スニーカーといったいでたちはドアマンに止められます。「あなたのくるところではないよ」と。
いや、本当ですってば!
かくいう私もいつものように、毛皮にスニーカーでついうっかり行ってしまったら、ドアマンに止められた経験の持ち主。あの時のチラッと一瞥された目線は今でも忘れない。その体験がマナーに培われていきますね。
ジャケット、ネクタイ着用、女性もそれなりに。フォーマルで。
数年前に中学生だった息子を伴い、このリッツでアフタヌーンティーに来たときに燕尾服を着た中学生くらいの子が親に連れられてメインダイニングでお食事をしていました。
本当に、ほんらいは王族、貴族たちしか・・・みたいなところだし、階級社会の国。日本人は総中流意識で誰でもどんどんできる外資系のホテルに日本では気軽に行くけど外国では注意しないとなりません。現実を見せられます。そして、コンシェルジュで私も飛び込み予約を本日のアフタヌーンティーを予約していただけますか?と振る舞いだけはツーぶっていきましたら、「3ヶ月まち
です。」とピシャッといわれた後に、「でも2名ならあいているか聞いてみるわ」といわれて、「たまたま2名の席ならあいているわ」といわれて・・本当なら人を見て、たまたまという流れにはならないのですって。ほっ。
やはり、席もテーブルも充分空いていたのだ。
息子と来たときよりはスイーツの内容が少し変わっていたものの、やはり本場。
クロテッドクリームがドッサり来るのでご満悦。日本のリッツは大阪も東京も比でないほど本の少しだから私はおかわりを3回くらいする。
いかにも心臓にべっとりと脂がつきそうであるけど、気にしない。私はイギリスのクロテッドクリームが大好物。

リッツでまた数年ぶりに・・と上記のくだりを息子に話すと、「おかあさんは英語がぺらぺらまではいかない癖に、振る舞いだけは外人だからね。」
と笑われました。はい。

皆さんも3月15日のリッツにいらしたら、是非その昼間または翌日にアフタヌーンティーを楽しんでみてね。日本のリッツでも。

そして、そんな風にきどった後は自宅に戻り、スーパーで買ったブラックベリーを。
2パックで3ポンド。ポンドが安いから今135円。息子を留学に出していたこの8年間(今もですが中学から高校生のボーディングスクール時)
はポンドが260円などでした。半額!学費や家賃がこの値段ならどんなに良かったか!
だって考えてみて・・1000万円なら500万円、100万円なら50万円、1000円なら500円、200円なら100円ですむのですよ。
でも今はお徳ですね。つかのまうれしいです。
パソコンが繋がらなのはB&Bのせいかと思っていたらようやくイギリスの我が家でもある、ロンドンオフィスにつき、そちらのランケーブルでつないでも繋がらない。なんと持ち運びでパソコンが壊れたのかもしれないということがわかりました。
安易に持ち運んで、ぼこぼこぶつけるし、落っことすし。。いやはや。
というわけで帰国まで情報と遮断生活です。
ブログ更新は携帯から日本のオフィス経由(携帯から投稿するやりかたをまた、忘れたため)
ロンドンは日本より暖かいです。
仕事仕事ですので忙しくしています。また帰国したら一挙公開しますのでお楽しみに。

尚、KAORUKO出版記念パーティーが3月15日です。
リッツカールトン東京です。
素晴らしい内容にしますので、実行委員会で練っています。
ありがたいことにこのブログでもおなじみのお友達たちの江原啓之先生や、渡辺俊幸先生、辛島美登里さんはじめ
本に登場の皆さんが発起人で(「KAORUKO花スタイル」に登場のカリスマたち)全員来てくれます。
凄い濃い濃い内容になりますね。これら全員て、オーラがまぶしすぎて凄そうです。
ブログ読者や生徒さん達などコアな人たちは参加できますので、いらしてね!
Category: General
Posted by: kaoruko
ロンドンからです。
ノートパソコンを持参しましたが、この3日間みれていません。いつも泊まるパディントンヒルトンホテルとは違い、こちらの取引先の方のご用意頂いたホテルにはじめて滞在しましたがナント繋がらないのです。トホホ。
ですので日本からのメイルも携帯に送信してもらうしまつ。パソコンに来ているものは見れていないし、確認事項の仕事の件も見れていないし、何だか無人島にきたくらいの疎外感です。おかげでブログもできません。。。ので携帯から日本に送信してこれをブログにアップしてもらいました。
今回は、とある出版の執筆や、取材のために来ています。ですので終始1人ではないので、なかなか気も抜けません。でも明日は久々自由な時間ももらえそうです。ロンドンに来ても打ち合わせ打ち合わせとは。ここはどこ?状態です。でも新緑の頃には皆さんにお知らせできます。お楽しみに。
Category: General
Posted by: kaoruko
KAORUKO先生はロンドンオフィスに出張中です。
今回はロンドンオフィスの打ち合わせに加えて、取材、執筆も兼ねていますからスケジュールの都合上、ブログ更新ができておりませんが、お楽しみにお待ちください。以下は25ans、昨日のは25ansウエディングの取材ページ 発売中です。
Category: General
Posted by: kaoruko
*1月22日の発売の25ansウエディングにたくさん掲載していただいています。近日掲載します。お楽しみに!

辛島美登里さんと中華街繋がりにて。ディナーショー終演後舞台そでにて。真っ赤なドレスが本当にお似合いでうっとり〜です。透明感あふれる歌声に会場は浄化されたようでした。さ〜っと心が綺麗になった感じだわという人もいました。御縁とはどんどん深まるものです。面白いです。
本日は中国の大晦日。明日は旧正月。その前夜祭に辛島美登里さんのディナーショーが開催されました。
辛島さんのブログに私と江原先生や渡辺先生とかでごはん食べて写っているのをみて「辛島さんとお友達なら見にきてよ」と中華街の実行委員会から声がかかりまして。もちろん!と。かけつけました。

横浜中華街の「ローズホテル」にて開催。ローズホテル・と重慶飯店の社長の李さんです。
左から、元町スタージュエリーの社長の永井さん。スタージュエリーは誰でも若い女性にあこがれの洗練ブランドですよね。元町老舗メガネ店の金明堂専務の金指さん。世界から買い付けたハイクオリティー、ハイデザインのメガネばかり。ショップチャンネルや、QVCチャンネルでも販売しています。
左の男性は、元町ポンパドール社長の三藤さん。日本中どこでも見られますね。あの赤いポンパドールブランドの。右は中華街のチェン社長

横浜市長の中田宏市長もこの春節だけは退座しないで最後まで毎年いられるそうです。横浜経済界を支える横浜ブランドの上記社長さんたちとも市長は、懇意なので私も楽しくお話させていただきました。「KAORUKO花スタイル」送る約束をしちゃいました。^^テレビも東国原知事に次いでくらいにコメンテーターされていてご活躍^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
木更津レッスンおよび、揺れるブーケコース一挙公開です。
本日はレッスン後に夜は池袋まで行きました。

ミュージカル「フィレモン」を見てきました。終演後楽屋にて。寺泉憲さんと。ローマの司令官役で、とてもかっこよく素晴らしかったです。
池袋のあうるすぽっとにて上演中です。皆さんも行ってみて。まじかの舞台で迫力ある演技と音楽です。有名な演目です。

お着替えの後なのでバスローブですが。KAORUKOフラワーショーを六本木ヒルズで開催した時に見にいらして下さいましたが、それ以来の再会でミュージカルを拝見させていただき感激。

ベテラン俳優さんなのに、とても気さくで「かっこよかったし、とても上手でした」と私ったら発言してしまい
汗・・「ほめられちゃったっ」と苦笑の寺泉さん。
ベテラン俳優さんに言うセリフじゃないわよね、本当に汗です。いつか江原先生に「江原先生、感がいいから」と私が同様に言い、一同目がテンになり、江原先生が苦笑という汗ものもありました。
素朴な感想をノー天気に述べただけでも、相手はその道の大御所であれば、それは当然のことなのに。
デモ本当に素敵でした。寺泉さん。

その後に御食事。
私のとなりはおなじみ池内さん、後方右から、久保田さん、岡部さん、きょうこさんです。
久保田さんは起業家の社長でいろいろなビジネスの中でもこの化粧品はいろいろな全化粧品クレンジング部門で今第一位の人気だそうです。毛穴用クレンジングだそうです。orpといいます。
岡部さんとはっけっこう長いおつきあい。かれこれ気がついたら10ねんでした。
モナコ政府観光局でモナコといえば岡部さんという有名なかたですが、私が以前よくモナコでのイベントや遊びの滞在含めて、赤十字の舞踊会などもお世話になりました。今はロヴェルトカヴァリやシルバーシー・クルーズのPRエージェントとして敏腕をふるっています。日本のみならず世界のセレブと交流があります。モナコに御一緒に行った時もモナコ王室のアルベール皇太子(現在は国王)はじめロイヤルファミリーと御親交が厚く王子様や世界からの王妃とダンスをされていました。
きょうこさんはロンドン在住20年弱で、今一時帰国。
アロマテラピーのスペシャリストとして本場イギリスで学び、今ダライラマのロンドンオフィスのあるビルで健康に関するあらゆるサロンやスタジオが併設されているそうですが、そこでサロンををおやりになり、日英で活躍されています。さらに、イギリスで女優もされていて、バッドマンにも少し出ていたそうです。私もちかじかアロマの施術をやっていただきます。^^
お話を聞いていてもかなり本格的にイギリスを拠点にやく20年されているだけに奥深いです。

女優およびモデル並みの細さとかわいさの2人に囲まれて私が最前列とは遠近法的にさらに不利です。^^
中国花卉報の連載ページです。中国始まって以来の外国人による連載コラムだそうです。(花関連)
原稿は原稿用紙400字詰めで4枚ほどという要望でしたので、簡単にお受けし、そのくらいなら割合とあいた時間でブログを書く要領でできると思いきや、中国語に翻訳をしていただくと、縮むんです。そっか、中国語はそうよね。で、結局6枚くらい書かないと先方の文字の分量にならないのです。これは通常の新聞の大きさとおなじサイズでその半分近くのスペースが使われています。驚きました。

そして今か今かとまっていたのがようやくまとめて送られてきました。私の定番クリスマスと、なんて言っても最近の自慢の結婚式です。
この取材は25ansウエディングにも掲載されるのですが、そちらも楽しみですが、一足早く中国にてお目見え。
中国では御存じのように私が日本を代表して昨年の7月にブライダルフラワーのオリジナルウエディングのセミナーに出向きましたが、今回の私の作品もお陰様で評判を呼んだらしく、中国での私のデモンストレーションショーの打ち合わせも早速始動でした。

2月の号はシャンパンベージュについてのコラムです。KAORUKOブランドの今年のテーマを中国に向けて発信。デザインコンセプトや、ひらめきの発想や、作り方などを。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今現在いただいているオファーやウエディングのお話が凄いことになっています。上記中国に加え、5月までにロス、サンフランシスコ、スゥエーデン、ロシア、ロンドン、
うーん。どれも手掛けたい。でも他にも仕事があるし・・・と分身の術を使うか?どこでもドアを使うか?
KAORUKOさんはどこでもドアがあるんですか?と最近ブログを読んでいる様々な人が私に問いかける。えっ?さっきまで大阪にいたはずが茨城?木更津にいたはずが三越本店?などと。ふしぎすぎの瞬間移動ですよねと。
大の大人が何人も素朴にそういうから面白い。さすがドラえもんは文化なんだわ。
そうどこでもドアで日本世界参上します!
ソニーが、正社員も削減や解雇に踏み切ったとニュースでやっていた。他の電気メーカーも正社員削減。
金融危機の余波はいよいよ正社員にも・・・だからどうすればいいか?リストラされないように自分の強みを知る。とNHKのニュースのインタビューでなんだかのアドバイザーが言っていた。
自分の強みを知って、ますますそこを頑張り、認めてもらえるようにして自分も自信をつけてさらに向上・・・のようなことを言っていた。
それに私なら自分の弱点を知るとつけくわえよう。スタッフたちにもいつも言うことだけど、自分の繰り返しのテーマが何か?いつもいつも反省し失敗するテーマは何か?どうしたら直せるのか?しみ入り弱点を克服しない限り形を変えて失敗はやってくる。
だから弱点を知ると私はいつも言う。
デモ、ちとまてよ。
危機に瀕した場合、そんな悠長な人間育てなんてやるところなんてめずらしいのかもしれない。
弱点を知り克服しましょうなんて言っている暇より、クビ!対象のご時世なのだ。
私は根気よくここをやっているのだけど、世間はそうはいかないのか?
「私たちは克服できる!」とは一昨日のオバマ大統領の言葉。国が何をしてくれるか?ではなく自分たちが国のための何ができるか?という演説もかつてあったらしいけど、自分たちが会社のために何ができるか?求めるのではなく、批判否定するのではなく、自分たちの責任と義務はどうなのか?
まさに一昨日の演説は誰にも言えることだと思った。
そうしないことにはYES  We  can! CHANGE!にはつながらないことでしょう。
変わろうとするのは自分。克服しましょう!皆さん。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日は朝から往復300キロの道のりを一人で運転して行ってきました。某所に。そして横浜へ帰ってから三越往復。運転手さんがいれば移動で寝ていられるんでしょうけど、私は運転が好き。
昨夜は執筆活動をしていて寝たのが丑三つ時。
早朝の出発は厳しかったけど、ワケあったので。


三越レッスンです。フラワーデザイン初級と上級の皆さん。この方たちも「KAORUKO花スタイル」の取材日にあたったので、本にたくさんの生徒さんが掲載されていて、お互い「載っていましたね」と会話もはずみ楽しそう。
継続は力なりです。カルチャーの月一回のレッスンでもこのようにKAORUKOが作るウエディングのメインテーブルのフワフワ感を出せるテクニックが見につきました。そうとう上達です。伝授です。ウエディングならこのひとつを最低5万円で販売するんですよ。というと、では6個でこれは30万なりね!などと言いながら写真。顔のアップより全体像が美しく見せたいからこんなかんじで。
初級の方はフラワーケーキです。おいしそうに可愛くできました!

木更津レッスンは日曜日のレッスン後に一挙公開しますkらお楽しみにね
Category: General
Posted by: kaoruko
桂由美ブライダルハウスの7階にてお打合せ。
クリエイティブディヴィジョンの藤原さんと本日は45周年のショーの会場装花のデザインの打ち合わせです。

藤原さんのよこはローザさんの橋本さんです。一日約5000人来場するこの日本一のブライダルショー。日本中から今年のトレンドや新しいデザインをドレスのみならずヘアメイク、ブーケと勉強しに各界の人が観覧に来ます。
45年間ブライダル業界を牽引してこられた桂先生とその何人かの側近のうち、藤原さんはアクセサリーデザイナーでもあり、ブライダルプロデューサーでもあり、こうしたクリエイティブディレクターでもあるので、私も10年のお付き合い。パリコレやこうしたショーで、いつも良いものを作り上げようとするあまりに意見を戦わせぶつけ、もみながらいわば戦友のような関係。
桂ブランドを支える一人としての使命感はもの凄く、夕べも寝てないそう。そういえばいつか聞いたけど、
デザイナーチームのアトリエのメンバーも、終電どころか始発で帰ることもしばしば・・だと言っていた。
トップブランドとして日本をリードしてゆるぎなく維持し続けていくということは、先生のみならずこうしたチームメンバー全員が同じ気持ち、モチベーションでいかに走り続けていけるか?にかかっている。いつもそうした姿を先生のみならず学ぶことが多い。
そして良い仕事をするための挑戦にそれだけに日々かけて生きているのが伝わるから、無駄な話やお愛想は無意味であり、不必要であり、KAORUKOさんもいい仕事を見せてくれればいいと、その答えだけを求められていると悟った時からむしろとても、心地よい。ただ私の使命をひたすらがんばって結果を出すことだけなのだと。
おべんちゃらや、コミュニケーションなどといったものはここには不必要。
時代の先を走り続けるクリエイティブな集団とはそういうもの。
そして本日も。。。

さてさて素晴らしいアッと驚く会場装花の新提案。お楽しみに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
それにしてもオバマ大統領かっこ良かったですね。
オーラと魂の輝き。そして言霊。
また我が家に昨日の演説CDがすぐやってきそうです。
毎日のように鳴り響き聞いている娘。かっこいいと親子でしびれています。^^
もうすぐオバマの就任演説が始まります。めずらしく早くブログに向かいます。また聞いたあと更新するかもしれません。
なんてったって私は好むと好まざるとにかかわらず、このお正月から何を隠そう今ベストセラーだというオバマの演説集CDを英文本とともに聞いていた。イヤ聞かされていた。イヤ流れているので勝手に耳に入っていた。ベストセラーになる前から、あの当選時のチェインジ!Yes we can!のあの頃、娘と私はその熱い演説に聞き入っていた。ほどなく娘が買ってきたこのCD。韻を踏んでいて英文じたいも人の胸に突き刺さるように見事な英文になっているらしい。そこに魂がこめられているから揺さぶる。キング牧師、リンカーン以来の名演説と世間で言うように、我が家もこんな状態。
だから本日も生放送でテレビを見て魂で聞いてみる。
心をゆさぶりしみいらせる・・・これは技法でもなんでもなく天命を受けた人に共通のオーラの言霊なのだと感じている。オバマを指示するとか政党としてどうのとかは関係なく、そんな興味をもって私は見ている。さて今宵はどんな名セリフがとびだすのだろうか?楽しみだ。
凄いでしょ!?このケーキ!「KAORUKO花スタイル」の表紙を完璧に模写したケーキです。愛ですね。愛。愛を感じます。
本日は25ANSウエディング編集部チームと書籍出版の打ち上げです!そして、宴もたけなわのころにサプライズでこんな素晴らしいケーキが編集部から私にプレゼント!びっくり〜本当にうれしいです!!

サイズも質感も文字もこんなところまですべて完璧にバタークリームで色まで出してこうして作成してくださったパティシエにも感謝です。グローブをつけたモデルさんも腕もブーケの花たちの色や質感まで。中はほど良い甘さの生クリーム。本日の予約のスイーツをそっちのけでこの書籍ケーキを一日中かけて作成してくださったとのこと。感謝。

最後に記念写真です。^^後列右から梅ちゃんはけんすけさんと土屋さんの対談ページ他を作成、カメラマンの片野さんはKAORUKOサロンや、江原先生対談ページ他を撮影、前列右からカメラマンの田村さんは三越カルチャーや仙台ロイヤルパークホテル他を撮影、山形さんはKAORUKOサロンや三越カルチャー、AKIRAさんのページ他を担当、KAORUKOの本を出すことに絶大な力を発揮してくださったビジネスチームの笠原さん、企画から編集すべてを担当の副編集長の博多さん、私、
25ANSウエディング発刊でKAORUKO書籍出版という奇跡を起こしてくださった編集長の相磯さん、KAORUKOさんを知る8人コメントページなどの担当の吉野さん、ビジネスチームの井上さん。本当に皆さんに感謝するのは私のほうなのに。ありがたいです。
 
ここは「カシータ」の知る人ぞ知るラウンジです。カシータはこのブログでも何回も登場しているし、予約の取れないレストランとして何年も人気ですが、ここ秘密ラウンジ貸切はまだあまり知られていない。隠れ家的に外からはわからないようになっていますが、なんとこんな張り紙をして下さり憎い演出です。さすがです。
これを目印に皆が入ってきます。
さらにKAORUKOシャンパンなどもご用意くださり。。「そうフランスのKAORUKOの畑で採れたもので極上よ」なんて言いながら。
 
それにしてもこのビバーナムの盛り上がり方まで凄いですね


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
創業110年の婦人画報社がアシェット婦人画報としてさらに力を発揮。25ANS、25ANSウエディング、婦人画報、ELLE、メンズクラブ、モダンリビングなど上質で根強い人気を数十年にわたり確立しているラグジュアリーな雑誌を発刊してきたこの会社が先日のニュースで発表されたように住友商事と資本提携し、さらなる活躍が広がる力を持つ出版社となるようです。なんだかすごいです。説明聞いたけど飲み込めないほど、時代の先端なジャンルをリードしているようです。
そんな、時の人ならぬ時の出版社からKAORUKOの書籍が発売されることは光栄極まりないことだとつくづく実感。。感謝です。
デモ波長の法則だと信じてさらに私たち向上していくチームとKAORUKOです!

そして3月15日に出版記念パーティーを行います。詳細は1月22日に発表します。すごいことになっています。場所も内容もです。お楽しみに!
本日は「WINGS]にてカップル7組とお打合せしました。オリジナルウエディングのデザインをカップルごとにして差し上げ皆さんとても喜んでくださいました。私が二万組、一組一組異なるウエディングを表現して差し上げたKAORUKOならではのウエディング。

そう、江原先生が「KAORUKO花スタイル」の対談で「ウエディングという一日をふたりの今までの歴史や魂に合わせてちゃんとコーディネートする。そこがKAORUKOさんの凄いところ」とご評価をいただき涙が出そうになった・・・というこの仕事。オリジナルウエディングといえども、花をリクエストできる、色を変えるなどという程度のことをもってして行うお花やさんが多数の中で、お二人の生きてきた歴史や背景、魂に合わせて作り上げる、お話を聞きながらそれこそスピリチュアルチェック級に心を瞬時に読み取りデザインを提案していく。お二人がみるみる顔が明るくなり、目が輝き、身を乗り出して・・・「おれたちらしさ」という風に御新郎様(彼)までもがキラキラと!そんなKAORUKOならではの会場作りです。業界にご指導させていただいている部分もそこです。

今ご用命に応じて全国をこうして駆け巡りKAORUKO参上して行っています。^^さて

昨日のショーの模様。リハーサルです。また光が降りてきました。照明でしょって?そうだと思うんでしたが、この写真だけなんです。ふしぎです。

オリジナルウエディングのデザインをいくつかご覧にいれるために考えたのは仙台が誇る楽天イーグルスのファンの二人のウエディングという設定です。それともうひとつは音楽家カップルのウエディングという設定です。トオン記号をお花やウェルカムボードに融合させます。
)<%
5人のモデルさんとの写真で3名しかうまく写っていなくて残念。みなさんとても可愛かったんです〜
「KAORUKO花スタイル」と同様のヘアスタイルとブーケと髪飾りのお花をご披露。めちゃ可愛い〜と大評判だったのと、「こんなに可愛くなれた自分」という自信のオーラ、そして「かわいい自分を見てみて」という最高の輝き!KAORUKOマジックだと皆さん驚いていました。だって今回のモデルさんはホテルの従業員さんなんです。普通目線で同じ女の子がこんなに輝く!というのをご覧いただく為に^^


()%>
ブログの調子がおかしくなっていて今時間をかけて取り込んで加工した写真が全く反映されないのです。ショック極まりないのですが・・・

この2枚だけになりました。すてきな花嫁さんや会場の花のデザインをお見せしたかったのに残念です。・・・

本日の取材は東北の大手出版社から出ているSスタイルウエディングという雑誌の取材です。仙台ロイヤルパークホテルのブライダルフェアに出演です。

トータルコーディネートの美学をモデルさんのドレスに合わせてヘアも髪飾りももちろんブーケもデザインしてショーをプロデュースしました。その模様はまた後日。

昨日の河北新報社の取材や本日の取材記事も出ましたらまたご紹介しますね!

河北新報社の取材です。仙台にきています。

明日開催の仙台ロイヤルパークホテルのブライダルフェアにKAORUKOが出演して、KAORUKOブランドウエディングや日本をリードしてきたといわれるオリジナルウディングについてのアレンジメントの観覧や私のトークショーを行います。
それについてのインタビューです。明日もいろいろ取材が重なるそうなので、本日はゆったりとスイートルームにて。

この後
明日の仕込み作業の後、お約束のホテル内レストランのコンサルティング・・・そうあんみつのコンサルのように^^
美味しいものをだてに食べていない・・という私の全ての体験がアドバイスになるとは、いやはや。
本日はスープカレーとズワイガニのクリーム手打ちパスタとビーフストロガノフのお味見。「おいしゅうございます」といいながら。^^「デモ、もう少しこうよね・・・スープカレーのスープは私なら倍の分量がほしいわ」などと。
ふむふむと。
食のコンサルタント別料金ね〜請求書出しますから^^なんてごちそうになっといて「私のアドバイス高いのよ」なんて言いながら。
だってブライダルについてのコンサルタント契約なんですもの〜汗。デモ毎回ご馳走になれてうれしいんだけど。本当は^^しかも何人前よ?ってくらいのメニューの数だしね。完食。

仙台は雪。しんしんと降りてきています。
明日お会いできるお客様楽しみです。
Posted by: kaoruko
≪誰でも語りたい半生を持っている≫
ずいぶん前にある人と話していてそんな話になった。
誰でもが自分の人生は大変だった・・本にしたらよいほど語るものがあると思うけど、そりゃ生きていればあたりまえ、その大変さから何を伝えたいのか?一般の人がそれを読んで教えてもらう学びがあるのか?というあたりよねえと。結婚、子育て、仕事、介護もそうだし、たとえば誰でも親がいて、その親を亡くした時は辛く、その亡くなるまでの経緯はドラマチックであり、本にでもなるような感覚でも、それは誰の身にも平等にくること。人はたくさんの苦しみを抱えでもそれを見せずに、また語らずに生きていたりする。でもその奥深いところにあるものを察知して自分だけじゃないんだという気持ちで生きている。
どのくらい辛い思いや悲しい思いをしたかは天秤で量れないし、比べるものではないだけに、大人の感性を持たないと自分の大変物語を声を大にして語ることが、「そんなのみなだってそれぞれそうだよ」と心でつぶやかれることを感じることはできない。ある使命を与えられて世にそういうことを伝えるお役目の人はいつの時代でも必要だけど、自分を等身大で客観的に見ていくことが大切ね。本に書けるほど・・という本はともかくとしても
自分はこんなに大変だったんですぅってことの第3者的視点を常に持たないと恥ずかしいんだな・・・ということ。

≪いよいよ忙しい≫
明日は仙台です。仙台ロイヤルパークホテルで17日に大きなブライダルフェアがありKAORUKO出演です。トークショーと揺れるブーケのデモンストレーションを行います。

≪あわび粥≫
江原先生が釜山へ行かれたそうで、連日のブログであわび粥がおいしかったと写真付きで書かれていた。読むたびによだれが出そうで、どこそこのはごま油が効いているとか、いろいろ読むと、私はごま油とネギが好きだから、そこのお店がいいわ〜などと一人でつぶやきながら、江原先生にメイルで「次回は私も同行要員でお願いします」とついつい送ってしまいました。汗
プライベートでスタッフさんと行かれる江原先生に同行要員もなにももないんだけど、「禁断症状でちかじかあわび粥を食べに行きたくなりそう」と書かれてあったので。。そうしたら辛島美登里さんも触発されて韓国に行きたくなり手帳を見ている・・なんてメイルをいただき、皆の心を動かすグルメブログさすが江原先生の求心力だなんて関心関心。^^
≪口はエナジーのもと≫
と江原先生は言われます。
食べる、しゃべる、キスする・・すべては口。
生きるエナジーは口から。元気のもと。元気にもりもり食べ、楽しく賑やかにしゃべる。
こんな御時世でも乗り切るのはそのあたりかもしれませんね!私もモリモリ!




昨日はブログ更新が無くて驚いたでしょ?飛行機で着いたのが12時半近く。それからロンドンの息子とスカイプで話ていたらなんだかんだで3時くらいになり・・・丑三つ時。さすがに本日は早朝から渋滞を抜けて都内だったので止めました。汗

まずはアシェット婦人画報社25ansウエディング編集部会議室にて会議。お馴染みのメンバーと、私の横はオータパブリケーションズの桑田さんです。私の「ウエディングプランナーへの道」という著書を数年前出していただいた出版社で、ブライダル業界就職セミナーをグランドハイアットで開催の際に私がセミナー講師などおうせつかったりと、何かと御縁の桑田さん。この異色の組み合わせで何の会議かというと、ありがたいことに私の「KAORUKO花スタイル」の出版記念パーティーのお打合せです。詳細は1月22日発売の25ANSウエディングに書いてあります。!
お楽しみに〜〜〜^^
連ドラブログも見逃さないようにね!

そしてその次はマンダリンオリエンタルホテルにて、カリスマけんすけさんと、左はアルマーニレストランの狩野さんです。マンダリンホテルやリッツの立ち上げでご活躍の後アルマーニ立ち上げでご活躍の方です。何のおうちあわせかというと、まだ内緒です。楽しくなりそうな企画です。^^遠近法で私がまるきり不利です。

その次は夜の会食は写真撮り忘れ〜〜〜汗
同世代よもやま話の会で下山さんとイタリアンでした。
江原先生と渡辺俊幸先生の「命のうた」のプロデューサーです。好調にCDブック発売まで進んでいるそう。楽しみですね!

さて、こちらは昨日掲載予定だった大阪レッスンです。関西ノリがますます好きになった私。。生徒さんとも楽しく。。そして、私のKAORUKO花スタイルを本屋ですでにかって、さらにまたこの日もサイン入りを買って友達に配る方や、熟読用と飾り用と購入・・などといろいろありがたいです。^^さらに、4月から神戸教室で始まる揺れるブーケ認定コースに入りたいとか、横浜サロンに天使ライセンスを受講に来たいとか関西が熱いです。^^

そしてこちらは先日のサロンレッスン。天使ライセンス初日のレッスンと天使ライセンス取得後のフォローアップレッスンです。こうして進化していきます。
天使の揺れるブーケはは美しさが心と比例するレッスンです。上手に作れてよかったですね!浄化の笑顔です。
Posted by: kaoruko
「修行」
私の娘が私について今日はレッスンの助手のお手伝いをしました。
山野愛子ジェーン先生が初代山野愛子先生につかれたのがやはり18歳と聞いています。ジェーン先生は上智大学に在学しながら夜は美容専門学校で美容師の勉強もして、さらに土日や余暇は山野愛子先生について回った・・・そして今ジェーン先生のお子さんは0歳から今、ジェーン先生について回っています。
そう、ブログを拝見してもいつも傍らにはお嬢様、私たちとお会いするような会議でもイベントでもいつもそばに。ものすごい帝王学ですよね!
わが娘は花を継ぐわけでもないけど、自分のやりたい道は他にもあるのだけど、見聞を広めることは無駄にならないし、私の仕事の姿を見せながら、言葉や勉強では教わらないものを感じることをさせていきたいと。間を学ぶ。見えないものを見る修行。
2代目3代目の跡継ぎがピタッと付き、同じ目になり、脳みそになり、考えていくことは芸事や技術のもならず経営にも言えること。良いことばかりではない、苦戦する姿、頭を下げる姿、必死に頑張る姿・・・いろいろなことからそれもまた学び。また私の生きてきた頑張ってきた結果のいただいた御縁である一流の方々の仕事の流儀をこの年で知るということも大切であるかな?と。

18歳で高校卒業して上京して働く人もいるのだから、娘も大学に行かせながらも、こうして私の仕事の付き人として、KAORUKO業を学ばせていきます。
ジェーン先生の山野王国とは足元にも及ばない小さな吹けば飛ぶような個人アーティストだけど、次世代を育てていく、机上ではできない学びをね。
今後黒服を着てKAORUKOスタッフとして交って動く娘がいたらよろしく。本日は揺れるブーケレッスンのワイヤーリングを手伝いました。シュッシュッと手早くまけるようになるように。^^

「明日は大阪」
さて、レッスンデーもおちつき、明日は大阪です。
神戸教室は約束通りに4月から開講なので、大阪レッスンのためだけに日帰りです。しかもちょっと三越日本橋へ・・・のノリで3時半の飛行機に乗り、夕方のレッスンをし、最終便で帰宅です。
今年初めての大阪の生徒さんにお会いできます。
「KAORUKO花スタイル」に大阪教室も掲載されていますので、大阪の皆さんもうれしいとコメントが多く寄せられていました。
今大阪教室も定員をこえて、キャンセル待ちです。
お待たせしている皆さんもごめんなさいね。

Posted by: kaoruko
本日は2月の東京グランドコレクションのデザインの最終産みの苦しみを缶詰になり行っていました。いろいろ天からアイディアが降りてきました。^^

さて最近のレッスン一挙公開です。揺れるブーケコースの人、天使の揺れるブーケライセンスの人、認定者のさらなる向上を目指したフォローアップの人など。

三越本店レッスンです。

)<%
()%>image(20090111-nouj.jpg|200|267|)<%

親子で天使ライセンス取得は仙台のお花屋さんです。さとこさんととしこさんです。おめでとー!本当に素敵な天使の揺れるブーケですね。昨日の写真もあせてご覧ください。

ピンクのかわいいブーケは都内の秋山さんファンコースの揺れるブーケ。お隣のプリザのブーケは揺れるブーケコースのジャルド認定取得した秋田からの千葉さんです。
おめでとー!
みなさん可愛くできました!

*
認定者の自己申請フォローアップレッスンは写真を撮っていない日もあったので掲載漏れの方・・ごめんね
()%>
Category: General
Posted by: kaoruko

昨日予告した渡辺俊幸先生のCDです。
「35周年記念コンサート〜グローリー〜」です。
CD2枚セットで中を開けるとこんな風になんと、KAORUKOのフラワーデザインの写真があります。
これはあの日にサントリーホールの舞台を飾ったものです。懐かしいです。


初試聴をしましたが、本番ありのままの録音で、私もうれしいことに冒頭で先生が私のフラワーデザインをご紹介してくださって思いがけないシーンがそのままに再現されていてホント驚きました。音楽だから姿形は見えないけど「KAORUKOさんです」と私が立ち上がり御挨拶をする様子まで花と一緒に録音されているのです。光栄というか本気で恐縮です。先生の素晴らしいコンサートの35周年の冒頭に私と花のご紹介だなんて。本当に恐縮。まさかそんなシーンはカットで始まると思いきや…びっくり!

そしてもちろんさだまさしさんとの面白いトークや江原先生が舞台に急きょ駆けあがるシーンとハーモニーまで。
本当に皆さんも楽しみにしていてください。
人あし早く聴かせていただきあの夏の日の再現に感動します。
渡辺先生の総集編というべく今までの作品や先生の目指すポップスオーケストラというジャンルにふさわしいような選曲でたくさん素晴らしい演奏が聴くことができます。

明日はレッスン模様の一挙公開です。予告編以下。


Posted by: kaoruko
本日渡辺俊幸先生からCDが届きました!
35周年のベストアルバムです。明日のレッスンで流してみます。最高に素敵なCDのなんと中扉にはKAORUKO作のフラワーデザイン!とてもうれしいです。光栄ですね。CDの表紙は渡辺先生の王子スタイルの写真と日本フィルハーモニーの写真、とさだまさしさん、そして飛び入り参加の江原先生も歌で出演されているし、そこに私の花たちが・・・まるで世直し隊の4人の共演ともいうべきなんですもの。私も35周年にこういう形で参加させていただいたかっこになり、不思議でもありますが、うれしいことです。ぜひ皆さんも販売されたらこのブログでも御紹介しますから買いに走らないとね。まずは明日私とサロンレッスンに来る生徒さんで初試聴しますね。写真も明日明るい光の下で撮影して掲載します。


新年レッスン集中デーが明日まで続きます。

本日はレッスンが終了した後にすぐさまパソコンに向かい、原稿書き。
外国人初のコラムを担当している中国の新聞のです。もう12,1、月と発刊になっているのに、まだ送られてこない・・・催促してもうすぐやっと来るらしい。そうしたらブログでも御紹介しますね。
その2月号のコラムです。原稿用紙5,6枚だからアッという間に書けるんだけど、異国の地の中国という
巨大市場で日本の全人口以上の人が私の作品と私の連載と私の顔写真を見ているとは何とも数奇な運命ですね。そして中国ではちょっとしたアイドルなみの?KAORUKOなんで、今年は予告したように全土でのデモンストレーションがはじまるみたい。年明けそうそうそんな打合せについての連絡も入り・・世界恐慌の中で株価暴落や円高でも、商品を販売したり、あるいは、輸出するわけではないからKAORUKOの花、人間、エンターテーメント、デザイン、を見せる魅せるという企画なので、御時世には左右されないらしい。
はてさて、どんなことになるでしょう!お楽しみに。ちなみに年明けからの○○とはこの件ではありませぬ。
それでは明日こそいろいろな写真を一挙掲載いたしまする。
Category: General
Posted by: kaoruko
本日は東北から3名仙台と秋田の生徒さんです。
そして横浜近郊の生徒さん。そのレッスン終了後に
三越本店のレッスンです。
明日、明後日も終日レッスンデーなので写真はこの数日レッスンの模様を10日の夜に公開します。

ブログが短いかい代わりに、右の「KAORUKO花スタイル」の立ち読みクリックでもしていてね。もっている方は、NHK取材でもご覧ください。それか年賀状とか・・ごめんなさいね。本日はエネルギー切れ〜おやすみなさい。





本日はブライダル産業新聞の取材でした。
また記事になったらご紹介します。
いろいろKAORUKOブランドウエディングなどの全国展開の話など・・・このご時世に唯一無二の部分があるから新たなニーズが次々といただきありがたいお話です。

先を見て先を読んで数年まえから何をしていきたか?が今ということ。数年前数か月前の試みが現時点に現れるのだから。テレビのいろいろなニュースの取材でも、「コロンブスの卵だよ」と言って快進撃を飛ばしている町工場の社長が不況で倒産の多い町工場の中で言っていた。「食っていけねーと思ったら、そりゃ寝ねーで、朝までどうしたらいいかを考えるさ、寝ないで何日も食うために考えたよ」と。
そして他と同じではだめ、今までと同じではダメと気が付き、いろいろ工夫を考え着眼点を変えたからこそ・・・と。最近そんな不況の中でも逆行して利益をあげている会社の取材をよく見る。まず動かないとね。駄目だ駄目だと言っている暇があったら動く。社長自ら動く。
ダメだダメだという話も耳に入ってくるし、その逆も入ってくる。工夫、まず動く、そして人事を尽くして天に任せる。
明日は終日レッスンです。^^
Posted by: kaoruko
25ansウエディングのエディターズブログです。1月5日の初ブログにナントKAORUKOの記事が掲載されています。ぜひご覧ください。!
新たにリンクで飛ぶ方法を知りましたので、今後このブログから御紹介したい先はこのようにクリックするとすぐに行けますので見てね。^^
http://www1.hfm.co.jp/wedding/blog/

「KAORUKO花スタイル」の出版の裏話というか、見えないところの作業が編集者自ら語ってくれています。そう博多さんがテニスのラリーにたとえて最終の校了直前のやりとりを。本当にしみじみ懐かしい。これで間違いがないか?などをたとえば、スタジオ撮影の場合のページは花の品種や、たとえば、イベント取材のページは名前の誤記がないかとかを著者の私がチェックするのです。そのやりとりをメイル、ファクスで送る、書く、戻す、また来る、書く、戻す、また来る・・・の永遠の作業を全100数ぺージにわたり行うのです。これはとても神経集中して行う作業です。でも、他にも仕事があるからなどと言わずに、私は今まで9冊の本は全て迅速校正をモットーにしています。そうやって作る編集者と著者が一体になって力とエナジー込めればそれは、読者にも伝わり世に出ていくと信じていくからです。
副編集長の博多さんはじめ、相磯編集長やたくさんの方たちが、25ansウエディングの通常の発刊の号に毎月追われて大忙しなのに、プラスKAORUKOの本を魂込めて、半年かけて作り上げてくださったのです。製作者の秘話をぜひ読みに行ってね。
ここをクリックすると立ち読みができます。^^
http://www.kaoruko.co.jp/joho/book_kaoruko.htmlそうして出来上がったこの「KAORUKO花スタイル」
全国の皆さんたくさんのうれしいご評価ありがとうございます。
今は今度はこの出版記念パーティーについて計画中。私のコアな応援団のブログ読者のみなさまにも来ていただけるように楽しい計画中です。
また詳細が決まればこのブログでも発表していきますね。3月です。あけといてね。「KAORUKO花スタイル」今なら多くの本屋さんで平積みになっていますので。
よろしくね!

私からの年賀状です。
現在動いている生徒さんや関連のお世話になっている人へ届いたものです。
毎年のKAORUKOの活動や花の作品が掲載されているので、毎年これをゲットして大切に保管しているという
声も聞かれます。^^
マイ年賀状として届かないそれ以外の人のために、一足おくれでブログ上でも公開しますね。ご覧ください。
  
いよいよ本日から稼働です。いきなり忙しくなりました。
あいていたスケジュールにどんどんアポが入ります。でもお仕事があるということはありがたいことですよね。

このご時世、どんどん経済状況は悪化の一途を辿る模様。イギリスからの情報でも倒産、解雇ニュースは後を絶たないらしいいし、アメリカ発の金融危機に端を発したこの世界不況・・・
こうしてすべては永遠ではない、ということ、諸行無常栄枯盛衰。そして経済状況のせいだけでなく、奢れるものはひさしからず・・・
いつまでも良い状態が続くと勘違いをして傲慢になり派手な設備投資をしたり、派手な活動をして身の程を越えてしまった時に現実の厳しさはいっきにやってくるのでしょう。
やはり、未来を見据え、目標を掲げながらも目の前のことをコツコツと一生懸命行い、そして、なによりも素直な心で今自分があるのは誰のおかげ様?などと常に身を律し感謝の心を忘れない自分でいられるようにということが大切ですね。
因果応報、カルマの法則ともいいますが、自分が人としてあってはならないことをすればあってはならないことが返ってくる・・・と肝に銘じながら生きることですね。
人として・・・と自分の心や行いを常に見つめて日々反省をすればよいのです。

こて先だけで成功しようと目論むことがありえないんだと天が教えてくれている、そんなこの頃かもしれません。

Category: General
Posted by: kaoruko
明日は皆さんに今年の私からの年賀状をこのブログでも公開しますね。お楽しみに!

あ〜産みの苦しみです。
今○○の方はようやく完成。まだ言えない方ね。
一日本日はパソコンに向かい書き上げました。
さて何でしょう。

そしてデザインの産みの苦しみは陣痛の始まりくらい・・イヤまだかな、そうね臨月に入ったくらいでしょうか?お正月でのんびりとあの世へ行き、寝ていられたのも束の間でした。
また丑三つ時になります。明日からオフィス開きだというのに。。明日からいつもどうりのテンションのブログが始まります。お楽しみにね。

叔母が昨年末に亡くなったので叔母であっても初詣は控えないとならない喪中になるそうなんです。だから私は節分明けに・・・という神主さんの教えでした。昨日渡辺先生は行かれたそうですが、私のお正月は節分過ぎです。

皆さんも明日からお仕事ですね、きっと。じっくりとリフレッシュして自分の心を見つめ対話しましたか?
新しい年、辛いこともあるかもしれませんがお互い頑張りましょうね^^

Posted by: kaoruko
ひたすら宿題をしています。
乗越神社にいつもなら渡辺先生と行く所を今年は節分過ぎに行く予定。

そんなわけで光とともにひたすら宿題をしています。
結構本日ははかどりました。午前中はベッドの中で、そして午後光降り注ぐサロンで夕方はパソコンの前で夜夜中もパソコンの前で・・光を浴びるのが大好きな私は(みんな好きよね)光とともに活動。
お中がすいたらおせちをつまみ、いただき物の和菓子や冷蔵庫のハーゲンダッツや果物を食し、ひたすら書いています。打っています。ときおり寝転がり年末買い込んだ約10冊の本を同時進行で気の向くままに読んでいます。混乱しないから不思議。そんなこともしながらじっくりと、自分の心と過去を見つめています。そんな宿題です。年末年始は反省していますと言ったスタッフもいました。反省も心を見つめるも、その気に本気で集中しないとできないこと。やんなきゃっは言えるけどじっくりとやる・・・光と戯れながらじっくりとやることです。

本日は原稿用紙にして数十枚の文章を書いたのでいささか文を書くことに疲れましたので、この辺で〜〜^^




Posted by: kaoruko
良いお天気ですね。本当は2日からロンドンオフィスに行く予定にしていました。が!一緒に見聞を広げるために行く予定をしていた、娘のパスポートが切れていたのを直前に発覚・・久々の親子喧嘩・・お互い何で気がつかないのか?と。。あ〜これは神様が心静かに日本ですごすように言っているのよ・・などと落とし前をつけてやむなく日本のお正月。
昨日は実家へと行っていました。
すっかり私は娘になり、老齢の両親と私の娘にお台所はまかせて本当によく寝ました。
江原先生スピリチュアル的にいえば、たぶん魂の故郷に里帰りをして2009年の計画を確認しに行っていたのかも知れません。神様に私の使命お役目をね。^^
でも本当に実に寝る寝る寝る寝る寝る。。よくもあんなにも寝れると言うほど寝る私。まさに眠り姫です。
さあ、2日の今夜から宿題に取りかかります。
仕事モードに入ります。宿題とはひとつは桂由美先生45周年のショーのフラワーデザイン。そしてひとつは○○について。(ごめんなさいね。このところの○○はたぶん桜の花が咲くころにわかります。が、連ドラKAORUKOブログをご覧いただいていないとよ見逃しますわよ^^)

あけましておめでとうございます。!

おせちを作り年越し蕎麦をいただき、紅白を見ながら年を越しました。

昨年を振り返るとパリコレでパリにはじまり、ゼクシーで上海、中国の新聞の招聘で日本のブライダルフラワーを代表というご指名で杭州、息子の学校の関係でイギリス、そしてロンドンオフィスオープン。そして、韓国へスタミナエステもありました。
そうした海外での活動のほか、東京グランドコレクションYUMI KATSURA、渡辺俊幸35周年の舞台のお花
、東レテニスのフラワーコーディネート、皇太子殿下のお花、富士屋ホテル130周年記念特別企画でのKAORUKOディナーショー、いろいろなホテルでのKAORUKOブランド契約、シャネル ベージュとのコラボレーションのKAORUKOフラワーショー、25ansウエディングからのKAORUKO花スタイル出版、といろいろありました。山野愛子ジェーン先生の芸術祭での来賓用のお花を今年もデザインしたことや、中国唯一の花の新聞で外国人初めての連載コラムが始まったこと、
波長の法則でつながった方々とのありがたい御縁もさらに強固になり、江原先生、渡辺先生、はじめみなさん方との絆。。。
経済活動では三越本店の推奨するブランドとしてエルメス、ウェッジウッドと並びKAORUKOが巻頭ページに掲載されていること、三越ブライダルでは三越オートクチュールウエディングの日本のトップフラワーアーティストとして唯一選んでいただいたこと、横浜市150周年記念事業でKAORUKOブランド商品が推商品としてお選びいただいたこと。
生き方関連では、いくつかの大学での講演、NHKの取材などなど・・
めまぐるしく駆け抜けてまいりました。
去りゆく年を振り返り、来る2009年をわくわくしながら迎えます。

現段階で思いを決意した挑戦があるのですが、まだここでは言えません。そのうちわかるかも知れません。
とにかくKAORUKOに与えられた使命お役目を本年もまた頑張っていき、
フラワーデザイナーとして、生き方指南として、経済人として、執筆者として、教育者として・・・なんだかいろいろさせていただいていますが、これからも頑張らせていただきます。私もまだまだ泥の中をさまよいながらでも何とか光をめざして。。

皆さまにとりましても今年が自分なりの一歩前進の年でありますようにお祈りいたします。
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2009-01 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006