【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2009/02/01
ほら素敵な花嫁さんでしょ?
KAORUKOマジックにかかりました。女優さん以上にキラキラ輝くオーラです。
優しそうなご新郎様もご一緒に。

KAORUKOゆれるブーケとおそろいのバラたちのKAORUKOオリジナル技法を取り入れたひときわかわいいメリア。もちろん全て生花です。

KAORUKOのゆれるブーケはこんな風にドレスと花嫁さまにぴったりの花をチョイスして、そしてKAORUKOブランドだとわかる最新のトレンドを入れてデザインします。KAORUKOがトータルで美しくして差し上げるという安心が「私かわいいに違いない」という 自信に繋がるのだと思います。
私がブーケを手渡して一番美しい持ち方やKAORUKOブログの様な「かわいい私とかわいいブーケ」という写真の撮り方も伝授。
ほんの一瞬できらめきはやってきます。本来の美しさがあふれ出てきます。
緊張や不安が一瞬で消え去る、お手伝いです。それがKAORUKOマジック。ゆれるブーケはもちろん、浄化のエナジーをだしてあたり一面を清浄に包みます。

このお二人はテニスが趣味のカップル。
ほら、これはKAORUKOオリジナルで昨年皇太子殿下ご来臨の東レppoテニスの際に私がデザインしたもの、(コアなブログファンならあぁあれね・・とおわかりだわね)
それに一目ぼれしてくださり、そこにお二人らしさをプラス。
愛犬も一緒の花嫁手作りのウェルカムボードにテニスボールをぴょんぴょんとKAORUKOデザインでかわいく。お二人のラケットもハートのようにリボンでひとつにね。^^おめでとう!
ホテルの方たちもたくさん結婚式を見ているけど、KAORUKOさんが手がけた結婚式はウェルカムボードを列席の方たちがこんなにまで写真をとりまくるなんて、そういう現象は見たこと無いとのこと。私にしてみれば、お迎えから本当にオリジナルウエディングだからあたりまえ。。の腕の見せ所。

仙台ロイヤルパークホテルです。昨日からお泊りです。

そして、ウエディングの後はホテルスタッフにコンサル指導。
その後、本日は和食の源氏香にてご馳走になりました。お雛様がもうすぐということで、こんなかわいいお雛様も。サーモンとイカの衣装、かぼちゃやお芋のマッシュのお顔でした。
春野菜のおひたしの器といい、ひし形の器といいさすがです。
Posted by: kaoruko
2月28日発売の「いのちの詩」が届きました。
この本の担当の小学館の下山さんから送っていただきました。

江原啓之先生の歌詞と朗読、渡辺俊幸先生の音楽の素晴らしいCDもこの本を買うと一緒についています。
是非皆さんも買って読んで聴いてみてください。
バリトン歌手としても多忙な活動されている江原先生の本格的な歌で、全てをとおして人生を語っています。必ずや勇気と感動、優しさ、愛を感じると思います。
この本を手にとる多くの方が、自分や両親、やあるいは子育てに置き換えて涙が一回以上はでること間違いなしです。私はこの録音のときに立ち会いましたが、何度も号泣しました。改めて優しい書籍を手にして感動再びです。
みなさんにとっても、人生を通して何度もそばにおいてめくりたくなるような学びをくれる本だと思います。
Posted by: kaoruko
いや〜連日の睡眠不足や、モロモロでいささかダウン気味でブログ更新の気力も失せていた昨日。お待たせしました。

横浜開港150周年の前夜祭として行われた晩餐会です。横浜商工会議所女性会主催です。右は会長の秋山会長、左は河原副会長です。この日は一生に一回くらい鹿鳴館時代のコスチュームを着て思いきり楽しもうという趣旨のもと、ドレスアップです。その時代になりきるためにティアラまで皆さんつけてます。私はいつものいで立ちですが、改めて見て違和感がなく溶け込めているのがKAORUKOスタイルとは。汗
皆さんいつも私のショーにも来て下さり応援してくださっていて感謝です。
横浜150周年記念事業としての推奨品として選ばれたKAORUKOブランドのバラのフラワーデザイン手前の。
といただいた楯です。横浜を代表する名だたるブランドと肩を並べることはありがたいことです。

そして、この式典で横浜在住で活躍している人ということで、フラワーデモンストレーションをご依頼され行いました。ペリー来航の間にて、晩餐会は行われました。
やはり横浜在住で活躍されている女優さんの五大路子さんが、開港物語を演じ、松沢県知事、中田横浜市長が御挨拶、そして、日米和親条約締結後のお祝いの際にふるまわれたという当時の料理を再現のメニューのディナーを堪能しました。おいしかった〜^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして24日のブログ写真のお寿司の会の続きの報告です。江原先生と渡辺先生と辛島美登里さんです。

今回は渡辺先生推薦御用達の某お寿司屋さんで、私たち4人の好きな貝を取りそろえてくださいました。
「何になさいますか」と聞かれ「全部」と答える。
マグロのように立ち止まらずに泳ぐというテーマでトロ三昧のお寿司とは違い、この日のテーマは本気貝?つまりほんきかい?をテーマに。
そして貝のように口をつぐむか、またはぱっくりと口をあくか。などといろいろな蘊蓄を述べながら。。。^^

そして店のネタを食べつくしたようなころに、コーヒーでも飲みにいこうと言い店を出て、次なるカフェにて、お約束のように江原先生ご推薦のエスニック味のラーメンを食し、(ちなみに細い2人はついていけなかった)
さらにコーヒーどころか、パフェをいただき。。
いつもどおりの流れなのでした。
お寿司の後のラーメンは別腹〜などと言いながら、そのあとのデザートも別ばら〜と言いながら^^

そして、この日はいろいろありがたい学びをいただいた内観の時間を過ごしました。

Posted by: kaoruko
今日は恒例のお寿司の会の新年会でした。全員それぞれが忙しいので新年会が今日になりました。^^

アッという間に楽しい話やありがたい学びの話で花が咲き、気がついたら9時間もたってしまい、慌てて解散。明日も早いので、もう寝ないとならないので詳しくは明日!明日は横浜開港150周年記念晩餐会なのです。
Posted by: kaoruko
アカデミー賞受賞のおくりびとは日本人の死生観や繊細なおもてなしが死に対しても行われるとう描写が評価されたのだろうといろいろなニュースで読んだ。
そうそう、いつも書くことだけど、海外で勝負をしたもののみ知る、日本人らしさの追求ということです。そこをやることによりバンコク共通の部分にも共鳴するということ。
パリでは・・イギリスでは・・アメリカでは・・ドイツでは・・・と少しかじっただけでその国の歴史背景、魂を知らないうちにそのお国がらを語ることは滑稽だということ。
日本のフラワーアレンジメントの世界をみているについけ、かつて私もそこは通ってきた道ではあるけど、パリでわぁぁ〜とか言うのを見ていると、パリの人たちはどう思いながらそれを見るだろうかと、俯瞰してみている自分。
だから日本人らしさ、そして私らしさの追及で今日のKAORUKOがあるのであります。
洋風な現代、洋花を使い洋ものに合わせ、表現するフラワーアレンジメントに、その私らしさをどうエッセンスとして表現できるか?

そうなのです。
揺れるブーケの発明はじめ、私の花の追及は日本人の持つ繊細さ・・と評価をいただいたところから始まって今日にいたったのでした。
海外に出てこそわかる部分です。

Posted by: kaoruko

花は人の道を教えてくれます。

光をあびて凛として輝いていられるのか

光の放射がまぶしすぎてはがれてしまうのか

どろどろした心や、やましい心を自覚している人は

その清らかすぎるエナジーに耐えられなくなる
そんな花、そんな人、花も人も同じ

メッキがはがれるように自分を保てなくなる

日々浄化してもらえる人や出来事にどれだけ出会えるかが人生を大きく変える。

そして人生の最後を迎えるとき、生きた証をふりかえり、微笑んで旅たてるのか?それは今の積み重ねなのです。
Posted by: kaoruko
先ほど日テレのうるぐすを見ました。あのショーのフィッティングからリハーサル、そして本番までの潮田玲子さんの密着をとおして様々な闘魂入魂の日々が蘇りました。
私も随所に映り込んでいましたが、それは演出家や桂先生、ヘアメイクの先生とともに、私のブーケも最高にあうデザインを産みだす瞬間だから、全員で吟味をしているわけなので。。

潮田さんが持って歩いていたピンクのフルフル震えるラウンドブーケキラキラ2009や、和装のブーケはアマリリスとふといやとくさのブーケです。
あのしおたさんのためにあらゆるセクションが何回も何回も意見を戦わせながら、最高にフィットする過程をご覧いただいたように、他のドレスについても同じ工程過程が繰り返されたと思っていただければわかると思います。
本当に真のトータルコーディネートの美学が生まれる瞬間なのです。そしてトレンドも。^^

明日は木更津です、本もレッスンでした。
そして今宵も朝まで書いています。あれをね。^^
Posted by: kaoruko
ようやく時間が取れたので病院回りの一日です。
ぐっすり寝て起きてから、鎮痛剤でだましていた歯の痛みが寝ていても痛いから歯医者に緊急予約で行ったら「まずい」というくらい深くバイ菌が化膿しているらしい。
レントゲンを撮りそれが発覚。麻酔をたくさん打って治療。そしてその後眼科、そして婦人科で子宮癌の検査。ショーにも来てくれる古いお友達の女医婦人科医が、頻繁に検査をしたほうが良いというアドバイスを受けて。皆さんも過信しないで子宮癌の検診に行きましょう。
心臓の検査は後日。「毛が生えています」と言われたりして。汗。

そして、経営陣の男性スタッフたちと夜は半年ぶりにご飯でも行こうという流れになり、お好み焼き&もんじゃにしました。「本日は貴重なKAORUKOの素っぴんをご披露」「はは〜ありがたいことです」なんて笑いながら。
病院まわりはオーラを消して。そしてたまのお休みだもの気合いは入れたくない。



もんじゃ焼きは何を隠そう人生2回目。関東に住んでいてもそんなもんです。
定番の豚お好み焼きなどのあとにもんじゃを。
もんじゃにベビースターラーメン&餅入りというのがあったのでそれにしました。

歯の治療あとだからお酒は控えて。それに風邪薬も飲んでいるからろれつがまわらなくなって「ふ〜」とか言いながら、目をトロンとさせたら困るから。(この手のブラックジョークが今あちこちではやっていますね^^)

しかし、外国に対して恥ずかしいですよね。日本の政治家。りっぱな方もたくさんいるのに、こんなニュースばかり流れる。頑張ってらっしゃるかたに失礼だわね。

・私はあなたとは違うんです総理・・逆切れ
・漢字読み間違え総理(渦中のお酒問題の方はかつて渦中をうずなかと読んだと本日病院にあった週刊誌にかいてありました。)
・お腹痛くて辞めた総理もいたし
・ばんそこう貼ってやめた大臣もいたし


いやぁ笑っちゃうほどあきれる^^
Posted by: kaoruko
桂由美先生のショーが終わりホッとする間も無くいろいろあります。

来週25日は横浜開港150周年記念の晩餐会&舞踊会が行われます。ホテルニューグランドのペリー来航の間にて。ナントここでKAORUKOがフラワーデモンストレーションショーをおうせつかりまして、ご披露するのです。
また横浜開港150周年の推奨品にKAORUKOブランド商品がえらばれましたりして光栄なことで名誉な盾など頂いたのですが、ナニセ、先日のショーやリッツのパーティーやら、ほかにもやることがいろいろありすぎて実感も無く後まわしにしていましたら、いよいよ来週ではあ〜りませんか〜。(古っ)

神奈川県 松沢知事、中田宏市長はじめ、安政の5カ国条約締結国のアメリカ、ロシア、オランダ、イギリス、フランス関係者など横浜開港、日本の近代化に大きな役割を果たした国のかたがたもいらっしゃるそうです。なんだかよくわかりませんが、凄そうですね。
鹿鳴館時代さながらのドレス着用の晩餐会なのです。
ありがたいことです。がんばらせていただきます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日は地方からショーの勉強参加のために出てきた人のレッスンをしました。

先週実はかかりつけの内科に行きました。少し熱っぽかったので抗生剤を頂き乗越えました。ショー本番も鎮痛剤をのみのみでした。気力精神力と病院のお薬でかかったかなと思うと同時に直すのですが、微熱や喉は治っていもそのせいからか、歯がうずいていたくてね。体調が万全でなかったり睡眠不足で疲れが取れないと歯に来ますね。
まだ、ハードスケジュールが続いています。が10年続けたショーではいろいろな学びと感慨がありました。
時空を貫き1999年から今日までを思い出しました。ひたすら駆け抜けてきたこの10年。
いろいろな私がそこにいました。
今ちょうど毎晩書いている原稿が関係しているのでなおさらいろいろなことを振り返れました。





Posted by: kaoruko
桂由美先生の45周年の東京グランドコレクションの報告です。桂由美先生とショー終了後に。モデルさんやしおたれいこさんは肖像権があるので掲載できません。
このブログで掲載の著名人の方はご本人にブログ掲載許可を頂いて掲載しています。

今年のテーマはマゼンタ色。だからファッションやコサージュにマゼンタ色を取り入れます。
しおたれいこさんは3回のショーで回数を重ねるごとに女優さんのようなオーラで輝いていました。私のデザインしたブーケも皆さんテレビやスポーツ新聞で見てね。
ブーケをショー本番前に戦場の如く秒刻みで作る臨場感も撮りたいと日本テレビの桂由美先生密着番組が花チームを映しに着ました。土曜日のうるぐすだそうですのでご覧ください。私も一心不乱炸裂で作っていますので^^

オペラユニットのレジェンドも出演し生で歌をショーの中でも披露し盛り上げました。
名古屋のレクサスさんのイベントに私もレジェンドも良く出演依頼が来るのでおあいするのは2回目です。副社長さんからもレクサス常連の私達がここでまた一緒になるということで宜しくねとお電話まで頂き。レジェンドも律儀にご挨拶にわざわざ来てくださって、さすがです。全員国立音大を出た本格派です。しおたれいこさんに御作りしたブーケを手に私。しおたさんは4つブーケを持ちました。
これはフルフルふるえるキラキラブーケ2009です。^^
早く他の本当のゆれるブーケをお見せしたいです。

レジェンドとはショー終了後のバックステージにて。「次は紅白でね!」なんていいながら。^^

ベンツにスワロフスキーのキラキラを張ったものが展示。世界的流行のキラキラデス。

花の楽屋で一心不乱に作っているところです。

セインカミュさんも桂由美先生からのご招待でディナーショーにいらしていて思わずお互い盛り上がり、セインさんもブログはじめたらしくお互いこの写真載せようね〜と腕を組んで。周富徳さんも来ていました。

けんすけさんとフォトグラファーの田原さんは私の応援です。

かりやざき先生も桂由美先生の45週年の三越本店でのお花を担当されるのでその記者会見やショーの応援にかけつけて。。2年ぶりのお会いしました。

BIAの野田専務理事と全日本理事の三上さん

そのほかにもたくさんいらしてくださったんだけど写真はこのくらいしか撮れませんで、後は桂由美先生のお友達の芸能界、政財界のかたがたがいらしていました。
数日前にご結婚された嘉門さんや、元光げんじの大沢さん、6月にご結婚の川島なおみさんがたに桂由美先生からお祝いの花もプレゼントされたいということでいろいろ盛りだくさんのディナーショーでした。

今回は桂由美先生の常連のお客様からもブーケが更によっかったとお言葉を頂いたようでご報告いただきうれしかったです。
常に進化。フローリストがまた密着取材をしてくれましたのでブーケのかず数が掲載されます。進化ヲご覧ください。3月15日のリッツのショーでもご覧に入れます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして寝ていたい〜という本日は鞭打って全国から出てきている認定者たちのセミナーをしました。私の講義と顧問弁護士の講義、ライセンス者の精進報告などをびっちりと約12時間です。

昨日のショーでもモデルサンのヘア飾りとしてつけたリボン形のプリザです。25ansウエディングの撮影でもモデルちゃんのヘアにつけました
このレクチャーを。メリアといえば○ばかりですが、リボン形に発明。
その秘密の伝授。

セミナー後全員で写真です。
Posted by: kaoruko
ショーは大成功です。!
ディナーショーが終わり片付けや反省会をして23時過ぎにパークタワーを出たので、自宅についたのが24時半。さすがにくたくたなので写真を取り込んだりは明日にしてブログはゆっくり明日書きます。3回ショーがありました。明日テレビでオグシオしおたれいこさんがたくさんやりますから見てね!

明日も実は9時からセミナーです。このショーの裏方を手伝いに全国から出てきた私の認定ライセンスの人たちへのセミナーです。
明日も闘魂入魂ですので、寝て頭をさえさせないとなりません。20時まで講義があるんですもの。

Posted by: kaoruko
今日は朝、江原啓之先生からお電話がありました。
大阪からでした。一時間ほどのお電話でいろいろな話をしてとてもまた学び多き時間でした。
ありがたいことです。

実は3月15日のKAORUKOの出版記念パーティーの発起人をしてくださっているんですが、江原先生はその日はお仕事でいらっしゃれないことになりました。
とても残念ですが、本の帯も書いていただき、発起人にもなっていただいているだけでもありがたいことです。
発起人が全員その日に確実に来るかどうかは江原先生だけでなくてもそもそもわからないのですよね。ショーのゲストとかいうのとは意味が違いますものね。江原先生ゲストなんていったら武道館2万人満員になる先生なんだからリッツがたいへんなことになるからね。


江原先生が来ると見込んで私のショーに申し込んだ人は残念がるかもしれませんねと申したら、だってはじめからKAORUKOさんの出版のお祝いでしょ。そんな不順な動機で申し込む人なんていないよきっと、なんて話になり、そうね。皆さん純粋にお祝いに来てくださるのよね。なんて話して。^^
純粋にKAORUKOを応援お祝いの気持ちで来て下さる、その心を信じて・・・なんて思っています。^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は桂由美先生の45周年の東京グランドコレクションです。本日はリハーサルで午後から缶詰でした。
今12時過ぎにリハ終了。
凄いことになりますよ。明日は。私も新作ブーケこんなの見たこと無いというのと、定番のゆれるブーケやゆれるブーケの2009バージョンなどがドレスに合わせてデザインしたものがいよいよ舞台に上がります。
ゲストモデルのオグシオのしおたれいこさんも明後日のテレビで一日中やっているでしょうからご覧くださいね


ホラ、リハ前の舞台です。私の後方こ〜〜〜んな長いステージです。
ここは東京プリンスパークタワー バカラの間です。
いよいよです。
Posted by: kaoruko
4月のウエディングの花嫁さんのお打合せです。オリーブの木の下で記念写真をしたこのお嬢様とおかあさまは実は私の11年前くらいの生徒さん。
まだ大学生の時にフラワーデザインコースを習いに来てそれからブライダル関係で働いていました。私のブログや記事は欠かさず見てくれていたそうで、結婚するならKAORUKO先生につくってもらいたかったという夢をかなえるためにいらっしゃいました。

10代のころから知っている私としてはすっかりおとなになり、しっかりされたまりさんに灌漑深いものがあります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


三越カルチャーとHHK千葉の趣味のコースの皆さんです。

そしてレッスンは左は山形さん。天使ライセンスのプリザーブドです。右は青地さん、揺れるブーケコースに入りますが本日は初回体験です。かわいくできました。生花です。

青地さんは全くの初心者とのこと。山形さんも初心者でしたが私が手取り足取り御指導しましてこんなに作れるようにアッという間にします。

「どうせならうならいろいろ行ってからKAORUKOでなく始めから凄いところで習いたいと思った」と。すごいかどうかはわかりませんが、うれしいことです。
「ブログのファンでKAORUKO先生がカルチャーレッスンまで行き直接指導されているのを知りびっくりした」と。
ハイ
そこがみそなんですね。
私的には。
だいたい有名になったと自分で感じたり、凄い先生になると家元制度にのっとって何年かたってお金も高くとってという生徒の段階で教える場合が多い。
初心者やカルチャーは講師に任せると。

私もそういうふうな慣例にのっとった考えの時代もありましたが、やはり、今の時代誰から教わるか?の時代。
どこのパティシエのスイーツを食べたいとわざわざ行くように。ただケーキがどこでもいいわけではなく。ブーケも誰誰につくってもらいたいという付加価値の時代。

私はそういうことで、KAORUKOの心まで触れたいと思うだろうなと思うし、生徒さんの気持ちになれば、敷居が高い私なんて・・と思うだろうなと感じるから、そんなことはないですよ。私はいつでもどこでもニーズがあればどなたでもご指導させていただきますよというスタンスです。自分を凄いだなんて思っていないから。

ショーもやります。女優さんもやります。海外もやります。皇太子殿下のお花もさせていただきました。
三越カルチャーも大阪NHKも初めての方のサロンレッスンもすべて心をこめてやらせていただきます。

日本の端の公民館でもニーズがあればやらせていただきますよ。みかん箱の上で歌いますと同じ考えです。
すべて同じことです。
そこが他の大方の家元制度を習って組織拡大を狙う先生とは全く違うやり方です。
私は組織拡大は全く興味がないのです。
心、思いが同じ生徒さんが精進修行でついてくるのであればどこまでもご指導いたします。
これがKAORUKO流です。


4月期からの三越カルチャーの新規募集です。キャンセル待ちで入れなかった方のために新たなコースも始まります。

今の時代カルチャーはどこも花の生徒は集まらないとのことでKAORUKO講座はお陰様でいつも満員で私もうれしいですが、三越さんもそういうわけでKAORUKOの講座いろいろです。

新規で入られる方も継続の方も4月から新たな気持ちで嫌な時代をのりこえて元気になりましょうね!!
Posted by: kaoruko
4月の陽気だという小春日和の今日ピクニックに行きました。上野発フレッシュひたちに乗り幸福弁当をいただきながらおしゃべりしてたらアッという間につきます。本日は魂友渡辺俊幸先生は金沢でバレンタインコンサートです。本日は博多さんと。
なにをかくそう、ピクニックというか、「KAORUKO花スタイル」の出版祈願です。

乗越神社の杉浦宮司です。

25ansウエディングの博多副編集長の愛と思いが詰まっています。通常なら書籍部が作るような立派な本を今回25ansウエディング特別編集ということでこの毎月雑誌を発刊している大忙しの皆さんがつくってくださったのです。ありえないことだったらしいのです。ありがたいことです。
 
皆さんに愛と感動を幸せと勇気と癒しと・・つまり真善美が届けられるように多くのかたの手に届くように祈願をしました。神様も今頃ご覧になっています。フムフムとね。^^


そしていつものように祈願のおはらい後は社務所に上がりこんで本当にここに来ると渡辺先生とのときも時間軸が変わるように、本日も10分くらいの速さで一時間が過ぎていき、あっという間に6時間も神主さんと3人でおしゃべり。。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
すっかり遅くなり帰宅後、全日本ブライダル協会理事仲間の山梨のアナウンサー三上さんからの着信に気付き電話。
仕事のお話のあといつものように心配してくれていた。私より少しだけお姉さんの三上さんが、「KAORUKOさんは細胞が若いんだと結論付けた。細胞の一つ一つが元気できっと私たちより多くて、細胞同士が手を組んでエイエイオーってやっているに違いない。その細胞を一つほしい。ひとつくれれば、増殖して倍倍に増えていくから。」ですと。
「KAORUKOさんの毎日の忙しさをいつも心配しているけど、最近はそれからまた何時間も原稿かいているって?ありえな〜〜い。」ですと。
面白いことをいいますな。
私の細胞はえいえいおーとやっているだなんて。
「ねぇ、ホントどうして!?そんなに元気なの?!」というから「なまじ太ってないわよ。ダイエットしてないからかしら」笑
私の元気の秘訣ね。
良く食べ、よく笑い、よく感動し、良く無心になる。ってことかしら。





Posted by: kaoruko
お誕生日にいろいろなおめでとうコメントやプレゼントまでいただいたりとありがとうございます。

今ショーの準備もですが例の内緒の原稿を明け方までやっています。
筆力腕前があがったと某編集者が言ってくださいました。うれしくてますます張り切ります。
でも気がつくと毎晩30枚くらいは書いている自分は何かに取りつかれたとしか思えないほどです。でも命を削って書いています。
結果的に自分を追い込んでいるという仕事のやり方ですが、修行僧は滝に打たれたり、山を何里も歩きますが、同じです。今やらなければいけないお仕事やお役目を精一杯向き合い、自分への挑戦です。
やるだけやると、不思議な空気の変換がおこなわれ立つステージがまた変化していくというのが今までも体感して今の私があるのですが、また何か変わるのかも知れません。何かに没頭するということは無になっています。ショーの花を作るときもそう、原稿を朝まで書いているときもそう。無になり向き合う日々です。


明日はとあるところに仕事の延長もあり行きます。
本日は世田谷で打ち合わせもありました。
Posted by: kaoruko
本日美容院で雑誌を読みまくっていたら、マリ―クレールにも「KAORUKO花スタイル」のご案内に記事がどかんと一ページ私の顔やブーケの作品とともに紹介されていました。うれしいですね。ファッションの先端を行く人が読むマリクレにも掲載されているだなんて。^^

ブライダル産業新聞に私の記事が出てます。
業界初で地方ホテルのブランディングにデザイン提供のみならず、マスコミ露出によるコマーシャル契約、および、過去2万組のお客様との直接対話によるオリジナルウエディングを構築してきた部分をその部分を伝授するコンサル契約についての記事がこんなに大きく話題になっています。

「KAORUKO花スタイル」についての紹介とリッツでのパーティーについても。しかもカラーでありがたい驚きです。

そして、来週の17日のショーに向けてヘアカラーアンドカットに。土屋王子のところへと。そしたら、土屋さんがサンケイエクスプレスの新聞に掲載されているということで記事いただいてきました。

3月15日もお友達として発起人になってくれてリッツカールトンのパーティーに来ます。そしてなんと!そこでマジックハンド、ゴッドハンド、シーザースハンド、スピリチュアルカットといわれている、腕前を舞台で披露してくれることに!
ホント魔法のようなカットと今ショップチャンネル出演で販売中のホットカーラーの巻髪も。
うれしいですね。ありがたいですね。私もだけど、渡辺俊幸先生も私の紹介によりあんなに垢ぬけたともっぱらのちまたのうわさ・・
KAORUKOさんに出会って渡辺先生かっこよくなったというはなしですが、実は土屋王子のカットの力。それを聞いて渡辺先生の過去の写真を渡辺俊幸ホームページのフォトで見ていくと一目瞭然だと皆言ってますよと先日渡辺先生に伝えたら、爆メチャうけしていて、「喜んでいいのか、そんなひどいな昔がださいって」と言っていました。^^汗
渡辺先生にそこまではっきりいろいろ言えるのKAORUKO先生だけですと神主さんにもよく言われるんですが、魂友だから私たち。ズバリ言うわよ的にお互いに忠告しあったりして真摯に受け止めたりしています。

私たちくらいになるとズバリ言うわよの仲間もそうそういないし、誰だって大人になると言ってもらえない。だから私も天使ライセンス達には技術だけできてもダメと生き方塾をしています。お話がそれました。
髪型は真摯に受け止めるってほどの話ではないわね。汗

こちらは週刊ホテレスに掲載の記事です。みなさん誌面の半分も使って取り上げていただきありがたいことです。

というわけでリッツのパーティーは本当にお友達たちがお祝として盛り上げてくれるようでうれしい限り。
AKIRAさんも地方イベント出演から駆けつけて下さいます。もちろんけんすけさんもね。イケメン勢ぞろいで幸せだわ。何のこっちや。

土屋王子のカットは3年待ち。
リッツでカっトしてほしい人は手をあげて!^^

Posted by: kaoruko
本日はファミリーパーティーです。
私のお誕生日でもありますが、息子の成人祝いです。ロンドンから今一時帰国をしていますのでファミリーが集まりました。私の父母と夫の母と弟夫婦とその子供たち。夫は単身赴任のため残念ながら帰って来れませんでした。周富徳さんに来ていただき炎の料理人をしていただきました。おいしいお料理に舌鼓。
そうしたら子供たちがサプライズで私にケーキをプレゼントしてくれました。お料理を作るところも見学したりお手伝いをしてお勉強にもなります。いつもテレビの収録や撮影うちあげで25anウエディングチーム達とでしたから私もKAORUKO姿ですが今日はめちゃプライベートなので私の素の姿に周さんもとまどったりして。汗



老齢の父母への親孝行にもなりました。
息子の成人までの20年間、私が泣き暮らした日々がどれだけあったか、そしてその時にどれだけともに泣き、励ましてくれたかを思うと、嵐のような日々に向き合い逃げずに乗り越えてきて今があると、しみじみ
ただ元気に心身ともに健やかに生きているということがどれだけありがたいかと思います。
涙の数だけ感謝が生まれると思います。
そんな私の知られざるある部分も今年は皆さんに赤裸々にお伝えすることがありそうです。

なにはともあれ、笑顔の裏にはどれだけの苦悩を抱えて生きてきたかということ、強さの裏にはどれだけの涙があったかということです。

こんな成人を祝うパーティーができたことは今までのすべてに感謝のひとことです。
Posted by: kaoruko
大阪教室です。


先ほど最終のLALにて戻りました。本日は14時半に家を出てちょっくら大阪まで行ってくるわという感じで15時半のJALに乗り16時半着伊丹空港。空港で天ざるそばをいただき、そして18時半のNHK教室へとタクシーで。終了後最終の関空へタクシーを飛ばし、そして天ざる讃岐うどんをいただき搭乗。
いつも入口でかごに入入れられた、好きなだけ取っていい黒糖ミント飴を楽しみにしていたのに無かった。今日からあれは廃止なのかしらん。いつもスチュワーデスさんに背中を向けながら7個くらいバサッと握っていただいていたのに…私のせいでなくなったのかしら。
22時10分の羽田行きなんてほとんど乗っていないわりに減り方が激しいと。汗

本当にワープまたはどこでもドアの気分です。

スケジュール的余裕があれば2泊くらいしながら京都など回りたいと思ったりしますがかないません。
そしていつもは少し早目に行ってホテルでランチをしたりしますが、それも飽きました。
今日は睡眠不足を補うために午前中はゆっくり寝て、115時半の飛行機にしたのです。
神戸教室がある時は泊ですが大阪教室だけのために行きます。

でもコンスタントに20名をキープしている大阪教室。こうやって月に一度の私を楽しみに待っていてくれて、元気やハッピーになったと言ってくれるピュアな方ばかりなので、私はけっこう楽しみにしています。

そして秘密の話などもついしてしまったり「内緒ね!ミクシーに書いちゃだめよ」などと言いながら。^^
本日はロンドンの話を聞きたいというのでロンドンも素晴らしいけど日本の文化が素晴らしいと自国の文化をもっと大切にして今こそ和に回帰しましょう!と力説してきました。



明日は私の誕生日です。




Posted by: kaoruko
2月17日の桂由美グランドコレクション45周年のスタッフ総合会議でした。会場となる東京プリンスパークタワーにて。

このショーに関わる約1000人くらいのスタッフのヘッドが集まります。スタッフねスタッフ。

観覧は一日3回のショーで5000人くらい。

いよいよです。
産みの苦しみから先日のフィッティングで頭が出かかった感じ、もうひと踏ん張りいきんでズルッと産みだします。お産のリアルな表現を借ります。汗

それにしても今年も新作のブーケをデザインしたのですが、たぶん見に来られたかたは、毎年ながら、今度はこんなの思いついたんだ!かわいい〜と思ってくださるに違いありません。
頑張ります。
楽しみにしていてください。

本日はこの打合せの後に某プロジェクトの会議がありました。まだ言えませんが、ものすごい楽しいこと二なりそうです。業界初かな?またこれも。

さて、そして私は毎晩翌朝最近は7時には起きるというのに(娘のお弁当もなくなったから少し遅く)
一日の仕事が終わった25時くらいから原稿に取り掛かります。28時くらいまで。そう朝の4時ね。
未熟者ですが、原稿用紙30枚くらいをこの間に書きます。自分との戦いです。もはや。
さて、これもお楽しみに。

ウィングスでの結婚式です。
KAORUKOブランドウエディングから光のイルミネーションをプラスしたバージョンです。
でもってお花たちは花嫁さんのリクエストによりかわいい黄色とオレンジのバラやミニバラ、そしてガーベラなど。ふわふわの羽も入れます。


美男美女のお二人はゴルフがプロ級らしく、ご披露宴にもプロゴルファーのお友達たちが駆けつけました。
おめでとう!

Posted by: kaoruko
帝国ホテルです。

三越の逸品会が帝国ホテルにて開催されご招待を受けて行ってきました。帝国ホテル孔雀の間がまるで三越のフロアと化しています。たった一日のためにこんなしつらえに。
全国から三越さんの特上顧客だけが御招待されるのです。
(私はそんなはずはないんだけど、三越本店でいろいろKAORUKOブランドなどのお引き立ていただいている関係上なんだか御招待いただきありがたいことです。

こちらは常設の帝国ホテルの三越ブライダルサロンです。2階のラセゾンの奥にあります。あの合格祝いをしたラセゾンね。


そしておひるは帝国ホテル内のなだ万でお食事を御馳走になりました。やはり一流料亭の和食、あたり前だけどおいしゅうございました。感謝

そして食後は同じく帝国ホテル内のとらやの茶房にてお茶です。私はくずきりをいただきました。私は黒蜜が大好き、そしてプニュプニュの歯ごたえが大好きなのでくずきりはクリームあんみつに並んで捨てがたくデモここはちゃんと作られているおいしさなのでここではあんみつがいつも負けます。(それにアイスクリーム入りはやっていないから…アイスクリームも大好物の私と来たら・・それが入ってなきゃ・・)
三越さん、束の間のいこいの時間をありがとう。感謝です。
おいしかったし、楽しかったし、目の保養になりました。ジャストルッキングよと言いながら回ります。

三越一軒分がここに引っ越してきたというようなあらゆるジャンルの商品があります。でもあくまで桁の違う商品一軒分ね。
下は数百万から数千万円というようなお品物しかないと言っても過言ではありません。私がかつて担当していた表紙の花の会報誌もそういう品ものしか掲載されていませんでした。世界不景気といわれていても、ここは別世界です。みなさま、シャナリシャナリとお買いものされ、お食事をされていました。億単位のお金も飛び交うそうです。恐るべき三越本店。逸品会なのでした。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そしてその後夕方着の全日空にてロンドンヒースロー空港から息子と娘が一時帰国。
御迎えに。^^
またしばらく賑やかになります。

先日たまたまつけたニュースで遅発性統合失調症という特集がやっていた。今増えているらしい。健常に生きてきて、そのかたは突然50代中盤くらいから発症したと。離婚や子供の親離れがげいいんで孤独感からうつになりそしてこの発症もあるらしい。誰デモとなり合わせと来て、密着取材を見ていたたまれなかった。そしてその女性のバックには幼いころの子供の運動会の写真とかお手紙や通知表が入っていていつも持ちあるいていたと。
切ない
病気にかかる前に自分の精神を自分で健常に保てるように精進修行の日々は役に立つのかもしれない・・すべてを忘れ孤独感にあえて向きあい自分を追い込みながら没頭し極める境地に向かうということは、どうしようもない絶望感や焦燥感、寂寥感を抱えながら日々を送るよりは同じ孤独感でも全く違うのだと思ったのでした。




Posted by: kaoruko
昨日今日と行われた桂由美先生の45周年の東京グランドコレクションのフィッティングです。本日は日本テレビとTBSテレビが取材に入りました。オグシオの潮田玲子さんが初めてウエディングドレスを着るとあってマスコミはこぞって取材です。週刊誌なども取材していました。潮田さんのフィッティングの様子。

まだショー本番前だからしおたさんのためにデザインされたドレスもブーケもお見せできません。(私が手にしているのは全く関係ないものね)テレビのバトミントン姿の潮田さんとはまた違うそれはそれは美しい魅力でした。
ショーをぜひ見に来てね。女優さんのように可愛くオーラを放つしおたれいこさんとすばらしいドレスと私のブーケ。お楽しみに。桂先生とおうちあわせです。本当のトータルコーディネートを見せていきます。細部にわたり、ブーケのみならず、ヘアメークさんも。

演出家の松川さんと。日本のファッションショーの演出家として草分け的存在の日本の第一人者の松川さんです。3人並んで吟味しています。

他外人モデルさんやメンズなどたくさんの新作ドレスに合わせたトータルの美の審美眼による最終調整が昨日今日と缶詰で行われ、この日に向って年末からロンドンまでいろいろデザインを生み出したものがほぼ出来上がりました。
ロンドンで仕入れたアイディアやグッヅのひらめきが形を成しました。そうデザインを産みにロンドンへ。
アーティストは見る物すべてが勉強です。生きることの毎日が肥やしということです。


さて、夜は全く別件ですが、これまたアーティストたちとミーティングです。
右からおなじみヘアメークアーティストのけんすけさん、カリスマカメラマンの田原さん、左は日本に進出した外資系一流ホテルのブライダルをことごとく立ち上げてきたブライダルの達人狩野さんです。
何やらアッということが起こる様子?
そのミーティングに呼ばれました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
一昨日は急きょ原稿依頼を頼まれまして、「ブライダル業界のブログ女王KAORUKO的ブログ効果の話」みたいなお話を書いてくださいと。忙しい中集中して書きました。原稿用紙6枚ほど。フィッティングの前夜。
女王だかどうかは知らないけど、コツコツやってきたこんなブログでも、思わぬ時代の寵児になるとは!
芸能人ランキングほどではないけど、業界では相当らしいんですよ。^^
ブログの域を越えている・・毎日の激務の後の夜中の仕事。滝に打たれるくらいの仕事のつもりのブログ。
ブログでも真摯にむきあうと、こういうことも起こりますのね。セミナー依頼もありそうな気配だそうです。語れることがまた一つ。汗

デモ驚くなかれ〜
私は実は毎晩このブログを終わらせた後、原稿用紙400字を30枚くらいかいているのだ。
なぜって?まだ言えないけど、これもある依頼。めちゃ自分の限界への挑戦てとこ?
こうやって飲みに行く暇もなく仕事の話仕事の挑戦仕事が趣味仕事が修行となった今、だからこそKAORUKOが今あるのかも知れない。
だって私の波長の法則の仲間は皆そうですもの。ジャンルは違うけど、音楽の渡辺先生も江原啓之先生もね。死ぬほど働いていますね。
でもボヤボヤしていると死んじゃうよ、人生はあっという間、死ぬときあ〜楽しい人生だったと思って死にたいから今頑張ると江原先生もよく書かれています。し、言われます。

この3人の新年会昨年末から約束していて、なんと皆忙しくてのびのび。でも2月のとある日に私たち3人と辛島美登里さんと、そう、お寿司の会メンバーで新年会をやるのです。それだけを楽しみに頑張っています。なんてね。^^

桂由美先生のショーは13時半と15時半ならお申込まだ可能です。一日5000人が見て全テレビ局が放映するショーです。夜のディナー形式は残念ながらソールドアウトです。





Posted by: kaoruko
本日は桂由美先生の2月17日の東京グランドコレクション45周年のフィッティングでした。
その様子は明日詳しくご紹介します。ものすご一瞬の勝負の日なのです。年越しで私がずっと考えていた新作ブーケの誕生をそのデザインをドレスに合わせて桂先生にお見せして全員であっているか否か、こうきたか!という見たこともないブーケを提案し桂先生をうならせないとなりません^^参加の私の天使ライセンスの全国からのスタッフもうなっていました。お話は後半続きますので読んでね。


さて本日は以下です。

木更津の法人会の会報誌に取材されました。
木更津出身の著名人(と言っていたから)を紹介するページです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
桂先生が「もう少しこうよね」「う〜んこれは少しあわないんじゃないかしらこのドレスのデザインには」などと審美眼でチェックされるのに合わせて瞬時に私が変更し組み直し、アイデア変更を提案します。
そのブーケが生みだされていく過程を見るのが何より勉強になるといいます。ライセンスのKAORUKOグループのメンバーは本番のお手伝いもしに来るのですが、このフィッティングは花以外のたとえばヘアメイクさんも流行の先端のデザインを提案したり、またドレスのみならずシーンシーン、に合わせてのヘアチェンジメークチェンジも勉強になります。ドレスができあがっていくさま、本日はドレスじたいも7割くらいのできあがりの過程なのでドレスの細部の直しを見るのも勉強です。それらに合わせたアクセサリーも既にあるものからではなくアクセサリーデザイナーがひとつひとつその場で仕上げて行きながら大きさや光具合、バランスなども合わせてい来ます。こうしてできあがってく世界最大級のブライダルショーなのです。エンターテーメントとしても男性や既婚のかたが見ても楽しめて今年はゲストモデルのオグシオのしおたれいこさん以外にも男性デュオのレジェンドというオペラ歌手たちもゲストとして歌います。ちなみに彼らとは名古屋のレクサスさんのイベントですれ違いました。先日レクサスさんの副社長からお電話をいただきレクサス繋がりの御縁だね。よろしくねとわざわざ。
今からでもチケットはありますのでぜひいらしてくださいね。KAORUKO新作揺れるブーケなどもまじかで見れるし、盛りだくさんです。13時半はマスコミ、テレビが撮影に来ますのでウォッチングも楽しいですよ。^^
夜のディナーショーチケットは残りわずかですが、13時半、15時半はまだございますので。






Posted by: kaoruko
リッツカールトンでお打合せです。六本木のミッドタウンにあるリッツカールトン。

3月15日の「KAORUKO花スタイル」の出版記念パーティーのおうちあわせです。
担当をしていただくリッツの斉藤さんです。「がんばります!」とガッツポーズです。
心強いですね。私はガッツではなくて、斉藤さんからプレゼントしていただいたリッツのチョコレートです。

先週のロンドンのリッツのKAORUKOブログも見ていらして「無事にお席が用意されて良かったです。ヨーロッパ圏は日本と違って本当に人を見て入れる入れないがはっきりしていますからね」と。
日本のリッツの顧客になれば日本から予約をしていただけるわね今度からはと言いかけてほほえんどきました。
デモ本当にパリのタイユバンもモナコのオテルドパリやロンドンのドーチェスターホテルののアランデュカスも日本と仲良しになれば日本からアポを入れていただいて行ったりしたので。まっ、私のコンシェルジュ相手にした英会話でもなんとかなったんだからいいわ。デモこればかりは英会話力の問題ではないからね。それ以前の問題として、ちらっと上から下まで一瞥されて判断されるところから一歩が始まるのよね。
デモそれにしてもそんな私のブログを日本のリッツのホテルの人が見てるとなると、汗。・・クロテッドクリームが日本と違ってロンドンはどっさりだから好きだなんて書いちゃって私つたら・・汗。

本日はお部屋の下見をしてパーティーのイメージを構築していくために私も同行したのです。本当にさすがリッツです。素敵でした。私のパーティーをやるボールルームも最高の素晴らしいお部屋で、別世界ですよ。お部屋はもちろんホワイエやその向こうのテラスも広がり本当にヨーロッパの館を感じさせる素晴らしさです。
「リッツに行ってみたかったんですぅ〜」と若い生徒さん達も口々に楽しみにしていくれていました。KAORUKOの3月15日のパーティーのいらっしゃる方は宿泊も特別ご優待をしてくださるそうなのでKAORUKO本部に問い合わせしてくださいね。せっかくですものね。リッツに泊る^^

左はホテレスの桑田さんです。私の著書「ウエディングプランナーへの道」を出した出版社なので、何かとお世話をしてくださいます。KAORUKO外部秘書って感じね〜なんて言いながら。^^ 今回のパーティーも力になってくれています。

「ブライダル業界のブログの女王ですよね。KAORUKO先生は。今巷で話題ですよ」ですって。365日中363日位は欠かさないものね。
面白いわね。芸能人ブログの女王はよく聞くけどブライダル業界野ブログ女王とは!^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
夜は三越本店のレッスン。パリ風の色合いでパリの花束風のレッスンです。写真の色が出ていませんが、紫、茶色、こげ茶色、くすみベージュ、シルバーです。グリンに見えますがグりンではありません。

ブーケロンというパリで言う丸く作るつまりなんてことのないラウンドです。
世界のフラワーアレンジメントのレッスンを習ってきた皆さんとしてはこんなんはとても簡単すぎるんですが。。。とても簡単です。デモ本日のヒットです。
面白かったのは「本日はパリ風のスタイルです。ブーケロン。ロンの意味はわかりますか?フランス語わかる方は?」と言うと、すかさずあるかたが
「あがりですか?」というのです。一瞬(・・)目がテンになった後、「も、もしかしてそれってマージャン用語じゃない?」というと一同笑っていいかどうかみたいな・・・。

ちなみに、ネットでマージャン用語ロンを引いてみると以下です。
ロンとは、他の人の捨牌であがることです。
「ロン」と発声して、自分の手牌を公開します。



















Posted by: kaoruko
本日は節分。神社も節分祭でしたが私はスケジュールが立て込んでいていけませんでした。また後日お参りに行こうと思います。

ジェーン先生は増上寺で豆まきを恒例でしてきたそうです。明日テレビに映ると思います。毎年のことです。来年は私もお誘いいただき、KAORUKO増上寺で豆まきをします。来年の2月3日お楽しみに!ふくは〜〜〜〜うち〜〜〜

神楽坂で下山さんと打ち合わせ。詳しくは後半読んでね。

夕べはとある原稿書きを夜中の3時半までやっていたので逆に時差ボケも少し回復。
本日はホテレスの取材でした。写真撮るのを忘れました・・・

本日は3月15日の出版記念のことを構想を考えていたら別件の仕事の打ち合わせでけんすけさんからメイル。
かと思ったらセインカミュさんから電話・・・クリスマスにかわいい女の子が生まれたセインさん。御祝に送ったお洋服のお話で盛り上がり、かと思ったらジェーン先生からとある楽しい話の件でお電話。普段皆忙しいから電話なんてお互いしたりなんて一年に1、2回くらいなんだけどこんなにまとまって同じ日に、しかも出版記念の発起人の方たちがそろいもそろって!

これは土屋さんとも話さねばと何の脈絡もなく土屋王子に電話。本日は美容サロンはお休みなんでくつろいでいたところだったけど・・・そういうわけで、3月15日来てくれる件なんだけど〜なんて、たわいもない話をして。そうそう渡辺先生は今金沢であみんとコンサートだから今日は電話控えて、昨日話したし。江原先生にはメル友・ご飯友・双子ではあってもあのさ〜と用もないのに電話したら悪いし、デモ、そういうわけで、出版記念のことを考えていたら、ぴゅ〜と発起人のお友達がたからお電話をいただけて不思議不思議でした。

上の写真は
私の行きつけのお店神楽坂の「葉歩花亭」です。おいしい和食はぜひここで。フォーシーズンズホテルのバンケット総料理長だった御主人のお味は美味だし、奥さまは花好きでいつも店内は四季おりおりの素朴な枝や花を飾られています。私はたまたま連れられてはじめは行ったのですが、「KAORUKOさんですよね。ファンだったんですぅ」と奥様から声かけられて・・だからというわけじゃないんだけど、ここ自家製の藁で燻した季節のお魚が癖になり、他の料理もおいしいし行きたくなった頃にこうして打ち合わせが入ると私が指定して、ここにしていもらいます。

本日は下山さんと。
金沢で江原先生に頂いた御縁からです。そうそう、その江原先生と渡辺先生のいのちの詩が3月には発売とのこと。下山さんが担当の作品。今最終工程らしく楽しみですね。
きっと皆さんも涙涙ですよ。人生を味わう心のひだにズンとくる詩、曲です。
楽しみにしていてね。
本日も楽しかったです。^^

Posted by: kaoruko
昨日の夕方の全日空で帰国しました。
飛行機が少し遅れて、その後も成田から事故渋滞で道路が進まず、なんだかんだで20時くらいに自宅に。

昨日着くなり日本でたまっていた仕事が山積みになっていてこなしているうちに頭はフラフラしていても眠気はさえていき、おまけのあの昨夜のブログに凝り始めたら時間がたつのも忘れ・・・おかげでまたほとんど一睡もできないくらいで夜が明けました。時差ボケと睡眠不足で消耗しながら桂由美ブライダルハウスへ

本日は桂由美先生の2月17日の45周年のショーのためのモデルのオーディションでした。

たくさんのトップモデルたちがしのぎを削りやってきます。178センチ以上が条件だから言わずとも日本ではトップモデルです。(パリコレでは180センチ以上のスーパーモデルばかりで、圧巻です)・・(雑誌などの撮影は背はさほど関係ないのでどちらかというと顔のかわいさやバランスなのでモデルちゃんと私も呼びますがここはそんな空気ではありません)

数人ずつ並んでウォーキングして、振り落とされていきます。そして勝ち抜いたモデルたちが新作のドレスのどれを着るかが決められていきます。外人モデルちゃんたちは同じ白人でもベージュ系、ピンク系などと肌も髪の毛も色が微妙に異なるのでドレスの微妙な色で似合う似合わないがあるのです。目の色も関係していきます。ただし新作ドレスは今日の時点でまだでき上がってきていません。のでデザイン画と合わせて私もブーケを空想します。

私が夕べ帰国でそんな感じでフラフラしながら行ったら何の何の!桂由美先生は今朝パリコレから帰国ですって。
飛行機が一日遅れてやむを得ず本日の10時についたとのこと。
そんな疲れを感じさせず、いつものようにシャキッと鋭い審美眼で審査をされていました。
いつものことながら、私なんてまだまだ・・・と思い、初心にハッと戻ります。

この2月の東京グランドコレクションは1999年に初起用していただいてから今年で10年め。35周年での初抜擢の時は「KAORUKOって誰?」と言うまだ花業界でもブライダル業界でも私は知られていませんでした。
横浜で1996年に三越横浜店のブライダルショーで桂先生に出会ってから年に2回の横浜三越のブライダルフェアで素人モデルのショーのブーケを担当させていただいていてから3年目でした。マスコミにもまだKAORUKOは取り上げられていないし、横浜でガーデンウエディングなどのウエディングを自分なりにやっているときでした。広末涼子さんが早稲田大学に入った時のゲストモデル出演のショーで、その数か月前の雛形あきこさんの結婚式のドレスに合わせたブーケを桂先生から担当依頼をいただき、その2名の女優さんのおかげもあり、マスコミ取材が私にどんどんそれ以来るようになり始めたのです。
それまで硬いキャスケードブーケが当たり前の常識が私のブーケは花嫁に合わせて揺れていたことから「あの揺れるブーケを発明してつくったのは誰か?21世紀のブーケ革命」という取材です。

・・・あれから10年です。

KAORUKOになりました。
桂由美先生との出会いで私の運命は大きく変わりました。
出会いで運命は変わるか?
最近KAORUKO先生との出会いで私も運命が変わりました。という人が増えています。KAORUKO先生にとっての桂先生が私にとってのKAORUKO先生なのですと口ぐちに皆さんがいいます。
果たしてそうだろうかか?と私は心でつぶやきます。
一人の地方のフラワーアレンジメントの先生やウエディングをいくつかやっているというようなかつてのあのころの私のような皆さんたち。
私との出会いで揺れるブーケの認定やレッスンなどで一人ではありえない、このようなショーに参加や雑誌に作品を掲載などという感動と体験の場をつかんでいるのは確か。喜びと感動を得、そこそこ地元では羨望もあびているかもしれない、生徒さんや取引先もその人の向こうに私や桂由美先生を見て「凄いね」とその人のことを言うだろう。
デモ、問題はそこから先。
私はこの10年を灌漑深く思い返すとき、桂先生をお手本に生きざままで本当に「私なんてまだまだだ」と打ちひしがれながら、転びながら、涙を流しながら、それでも自分として頑張ってきたし、挑戦をし続けてきた。
家庭も子育てもどれほどの犠牲にして、それでも立ち上がり一歩一歩。
いろんなことがあり自分が小さくて未熟者だと思い知らせられる場面の連続。先生についていくということは自分への挑戦だったのだ。
出会ったからと言ってリフトかなんかでピュ〜〜っと山の上までただ座っていれば運んでもらえるわけではない。
そこが肝心。出会ってあ〜いい思いでだったなあのころ・・で終わってしまい、うらしま太郎のような、自分本来の立ち位置に戻るのか?
自分一人ではどれだけのビッグステージやチャンス、人に出会えるか?感動と体験の場が与えられるか?限られている。一瞬の光や羨望なんてはかないものだ。

挑戦し続けてきた私。だからこそ今がある。要は継続であり、終わりなどない。
そこをやりながら自分としての実力が本当についていき、自分としての輝きや光もやってくるというもの。
そうそう簡単には光はやってこない。来るのはまやかしの光「あなたは、凄い、一人でも大スターになれる、一生凄い、あなたは凄い」という魔のささやき。


 今朝パリから帰国されたばかりの桂先生が、パリコレという先生の挑戦の大舞台がどんな物かを知っている私だけに、本当に「お疲れ様」と心でつぶやくと同時に、涙が出そうになり、自分の未熟さを恥じた。
頑張らせていただこう。と雷に打たれたようにこの10年をいろいろな思いを思い出すとともに、一気に正気に戻ったのでした。

♡今年の桂由美先生のテーマカラーはマゼンダ色♡

Posted by: kaoruko
ロンドン私生活公開。ロンドンオフィス近くの駅構内の花屋さんとフルーツ屋さんです。

ロンドンオフィス兼自宅でくつろぐ私。メチャ素ですね。汗

ロシア人スタッフがボルシチを作ってくれました。ロシアでは、こうして白濁食色に化したのはナント、適量好きなだけマヨネーズを入れるそうです。でもこれが美味しいのです。レモンまで入れたりしてお好みだそう。
ほかにも満載。美味しそうでしょう〜皆でくつろいで。

おやつにロンドンアイのところで買ったワッフル

駅前で売っているファストフード的なフィッシュ&チップス。パブなどのはステーキみたいな大きな白身の魚をそのまま揚げてナイフホークですが、これはつまんでいただきます。

こんな風にそれようのビネガーと塩を雪のようにふりかけて。こちらはどこにでも売っているサラダのひとつ。

想像を絶するこれは何?
野菜そばを頼んだら、お湯の中にそば、そして、生きゅうりと、厚揚げと、しいたけは一度ニンニクで炒めてあるものと、生のアスパラと、・・・書いていてつらい・・汗。そしてチキンカツカレー。カレールーはただお湯で溶かしただけみたいな甘いドロットした味。ダシのきいていないお湯に味噌とかしたものはスプンつきで。焦げすぎて木のようになっている焼き鳥に甘すぎるタレが絡めてあり・・汗汗汗

いつも行く本当に美味しい日本食屋さんはいくらでもありますが、ここはここ数年急成長をしている日本食をジャンク的にト言うコンセプトらしく、大衆食堂のいでたちですが、いやはやなんとも・・
まま、ほかにも美味しい日本食やさんがあるから、日本のメンツは保てているとは思いますが、これだけ食べて日本食がこれかと思われたら。。でも遊びでおもしろがっていくのはいいかも。だからどうしても、口直しにスーパーの果物をお部屋にて。

こちらも某取材でライオンキングを再び観覧に。ロンドンの夜はエンターテーメントを満喫しない手はない。ロングランでやっている、オペラ座の怪人や、レ・ミゼラブルや
マンマミーアを観たり、ロイヤルオペラやクラッシックはドレスアップしていくと本当に地元の紳士淑女がこれまたドレスアップをして社交の場と化しているのに初めて15年前くらいに行ったときに驚いた物ですが、自分も一夜の世の夢でも、せっかく行くならとそうしないとね。
で、今回はある取材もかねているので数年ぶりにライオンキング。でもまたまた感動でした。そこのバー。幕の間に一杯って感じで皆さんオシャレ。

昨日のハリポタのところは横から見るとこんな感じに。半分魔法の国に入りかけているように作られている。普通のプラットホームのさりげない脇にあるからいけてます
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2009-02 >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006