【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2009/04/01
Posted by: kaoruko
本日は【昭和の日】そう、昭和天皇陛下のお誕生日です。神社では春祭りがおこなわれます。宮中でもいろいろ行われるそうです。
乗越神社に渡辺俊幸先生とフレッシュひたちで行ってきました。
春にまいた種が実り収穫の秋まつりを迎えるまで、始まりが始まったを意味する春祭り。
人生に置き換えても同じことで始まりがあってコツコツの日々を重ねない限りは実りはないのです。と。いつもありがたい教えをいただきます。

乗越神社の杉浦宮司と。
そしてこの敷地内に神楽殿が建築されます。
春祭りのあとに、地鎮祭がありました。

穏やかな春の一日。鶯がほーほけきょっ♪と鳴いていました。
菜の花が風に揺れ平和で幸せな光あふれるひと時でした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
わざわざ足を運ぶことが御利益だという。
「お守り買ってきて」
と人頼みにして買ってきてもらうお守りが効力を発揮するのではなく、わざわざ足を運び、心をこめて御挨拶をし祈ることが、願いも叶うのだという。
勘違いしている人がほとんどで、「御利益があるといわれているところ」、あるいは、「有名な神社仏閣」のお守りを「買ってきてもらう」こということは実はありがたくも何でもなく、人つき合いと同じで、わざわざ足を運んで自分で神様にお願いをし、御利益があったならまたわざわざ足を運び御礼で手を合わせる。
人と人の関係も現代ではそれさえもできていない人が多い世の中。・・お世話になった人にはわざわざ足を運んで、頭を下げて感謝を述べる・・そんな基本的なことの繰り返しが人としての成長であり、また神様にも同じこと。

わざわざ足を運んで御挨拶をする、御礼を述べる、感謝を表する・・
これがきちんとできればたぶんその人のその後の人生は明るい。できそうでできない、あたり前の教えを当たり前だと教えてくれる人に出会わないまたは教えてもらわずに大きくなった・・
人も神様も同じ。そう言う基本的な大切なことがどれくらいできていますか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
先日の「天皇陛下御在位50周年記念の特別番組の音楽を渡辺先生は天皇陛下皇后陛下のために心をこめて作曲されました。
私も昨年皇太子殿下のためのお花を心をこめて担当させていただきました。

たまたま出逢った渡辺先生と私と、これまたたまたま中国で出逢った私と杉浦宮司と3人が繋がって、(杉浦宮司は日本代表の宮司として中国に桂由美先生のご用命で行かれました。参照ブログ)まがりなりにも日本の為のお役立ちを音楽と花で微力ながらさせていただき不思議な導きに不思議な感覚と、コツコツ精進の大切さをかみしめました。そんな一日でした。














Posted by: kaoruko
本日は午前中木更津に行き、15時半の飛行機で大阪へ。先ほど最終便で帰宅。たまっていたレッスン模様を一挙公開です。
明日は乗越神社へ行きます。

お待たせしました!大阪・三越本店・木更津・横浜レッスンです。
4月はほとんどレッスンができなかったのですが4月中盤のレッスン模様をブログアップできずにためていました。今月は後30日にレッスンを行います。
趣味、揺れるブーケ、ブライダルフラワープロデューサーコースいろいろです。


【海からの贈り物ウエディング】のカップルの密着舞台裏シーン報告が遅くなりました。KAORUKOアテンドによる≪女優オーラへのお導き≫です。花嫁さんがキラキラと輝きだします。本来の美しさも緊張や不安で思うようにだせないのがウエディングデーです。KAORUKOの揺れるブーケとトータルコーディネートの美学により自信と安心のオーラを醸し出します。私もそばにいて輝きのエッセンスをふりかけます^^

おしたくが整い私の心をこめたブーケを持ってチャペルへと出かけます。KAORUKO定番の一番人気の「KAORUKO花スタイル」でも撮影のこのブーケをみかさんもお気に入りくださり、とてもよくお似合いです。みかさんスタイルにアレンジして。エレガントに揺れるのが特徴です。揺れるブーケは光に映えて揺れるから花嫁の歩みや笑顔にも一緒に揺れます。だからなおさら花嫁さんのオーラも輝くのです。



次はドレスにクリームのカラーと、アマリリスとしゃくやくがあしらってあるので、ブーケもそれらが浮き出てきたようにデザイン。スタイリッシュに。ブーケの美しい持ち方をご指導です。披露宴の中でKAORUKOスピーチもいたします。


そして次なる変身はキュートなお姫様スタイル。ブーケもドレスから飛び出してきたように弾むように揺れるブーケ。

ヘアメークの先生とも連携して花嫁さんをより美しく引き立てるための私のデザインした髪飾りのお花の付け方の微妙な位置を一緒に確認します。「髪の毛も今流行の盛って盛って・・これって私が走りでしょ。^^」に一同笑。(でも私は数年も前から盛っていてキラキラをつけているけどの日本若いギャル発ハリウッドの女優まで流行というらしい。)

そしてキラキラの笑顔もさらに輝いて。リラックスのオーラを。

最後は御新郎様の色に染まりますというかのように、一段と神々しく、透明感あふれ凛とされた花嫁さんです。
だからブーケもリクエストの百合を今度はキラキラバージョンで輝きの透明感にて。
すべてトータルバランスとトータルコーディネートとトータルなストーリーをプロとして考えさせていただき作り上げていきます。
自分スタイルはブライダルフラワープロデューサーのKAORUKOがパリコレや女優さん達のデザインを手掛けてきた審美眼で花嫁さんの持つ素敵さを引き出します。
安心の笑顔、それは「きっと私は可愛いに違いない」という私に託してくださる信頼関係なのです。
お幸せに!


ゆうたさんとみかさんの前撮り風景はこちら

女優オーラへのお導きの良くあるご質問はこちら
本日ご紹介するウエディングはウィングスのカップルです。とてもパワー漲る素敵なカップルです。お色直しの写真がないので残念〜。大人な自分たち流にこだわるお二人は私のデザイン提案にお喜びいただいて。

和がお好きということで和と洋の融合のフラワーコーディネートを。おめでとう!
そしてこちらのカップルはピンクとキラキラが大好きという花嫁さんに合わせてデザインです。10代のカップルなのでキュートにラブリーにルンルコ風にです。お花にキラキラも振りかけて。
二重のおめでたでもある赤ちゃんの頭にのせてあげましょうとご提案させていただいた天使の輪です。ママ花嫁の和装のお色とお揃いのお花で作ります。

私に託してくださったウエディングデーのフラワープロデュースはお二人の人生を引き受けること。そして愛と心をこめて花で表現して差し上げることです。
幸せのお手伝い今日もまた。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近のレッスン模様・・三越本店レッスン、横浜サロンレッスン、大阪レッスンは近日一挙公開します!お待ちください。









Posted by: kaoruko
【自分らしさの構築その 

先日大学生になった娘に私の若いころのネックレスやしまいこんであるブランド物のバッグをあげようとクローゼットの中をごそごそと。
ブランド物のバッグとは、私はいつの段階からか卒業をした。
そのブランド物語を今夜は。

自分が大学生になったあたりに、まわりを見回すとこぞってブランドバッグを持っていて、女性誌JJなどにも女子大生アイテムとかで掲載されているものをほしかったりしたものだった。みんな持っている・・・ということが購買意欲を掻き立てた。

そして「NYやパリで、ヴィトンやエルメスはじめブランド店に並ぶ日本人」と揶揄され出したのもそのころで、それは明らかに欧米の人たちから恥ずかしい行為を嘲笑されていた論評だった。
そして、そのうち日本人の次は韓国、中国と経済発展とともにそれらをはじめとしたアジア諸国の人たちが並び出した。(今海外に行くと黒で顔を包んだアラブ諸国、中東の人たちがたくさん来ているのよ)
自分自身もブランド大好き時代があったからその気持ちもわかるのだけど、デモある段階からなんで私はそれらを卒業したくなったのか。

そう、仕事でKAORUKOへの階段をあがるにつれ海外での仕事も増え、嘲笑されている光景を目の当たりにしたと同時に、海外で出会ういわゆる本当のセレブという人たちは自分スタイルを持っていて、もちろんブランド物をもたないわけでもないだろうが、シーンシーンや洋服にあわせて、たとえ1000円のバッグでもいいと思えばそれらを好んで持つ。
明らかに私たちより大金持ちで何でも持っていそうな人ほどそうだと目の当たりにしたときは、
「日本人は何で、いつでもどこでもエルメスやヴィトンを持つのか」といろいろ節約しながら大事そうに買ったのだとひとわかりであろうスタイルを不思議がっていた。

そして日本で出会った旧皇族や、旧華族の人たちも同じだった。きかざらなくても自分はこれこれでと主張しなくてもにじみ出る品格が備わっているからそれらの力を必要としないのだとその時知ったのだ。
目から鱗だ。
ブランド物で自分を主張しなくても自分の中身や背景に自信や誇りがあれば持つ必要はないのだろう。少なくともシーンや洋服で持つ必要があればその時に持つ・・と言う自然なスタイルで毎日毎日そればかりを誇示するように持つ必要はないのだ。

恥ずかしいな・・
と気がついたのもあるけど、私も知らないうちに自分への階段を駆け上り出し、KAORUKOになり出したとき、逆にブランド物のバッグや宝石で自分を飾る必要がなくなり出した。
上記のような理由でとかっこよく言いたいところだけど、私の場合は「エルメスが好きなんですか?」「ヴルガリが好きなんですか?」いちいち、その当時の持ち物を見て生徒やファンに興味を持たれて聞かれることもめんどくさくなったのもある。
そうやって、なんのブランド物が好きらしいKAORUKOさんとか言うレッテルや印象をあたえるのは、私としてやはり違う・・と感じたのだ。

「自分ブランド」・・・自分が制作することもそうだけど、自分がシーンや服に合わせて良いと思うものを1000円でも合わせることが自分のスタイルであり、それが自分ブランドであり、おもしろがれる自分になってきた。
「KAORUKOさんが持っているそれ、凄く高そう」とかどこのブランドだろと観察されるとき「えっ?これ?1000円で見つけたの^^」とか言って相手がびっくりするのも面白い。「KAORUKOスタイルなのだ。」

そんなこんなで高い月謝を払いつぎ込んだブランド物のバッグはいろいろな学びと観察とともに私は卒業したので娘に年相応の段階に応じて少しずつ、あげることにしたのだった。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【自分らしさの構築その◆
昨日女医の友人の話を書きましたけど、本日はサロンレッスンで、久々にこの4月から産休を終えてスチュワーデスに復帰した生徒兼お手伝いのスタッフがやってきた。
15時にきた彼女は「今広島往復フライトしてから来たから遅くなってすいません」と羽田からはつらつとしてやってきた。
子育て休暇を終えてさっそくNYや中国も飛んでいるとのこと。
子育て、妻との両立はどんな仕事でも大変なこと。
そしてKAORUKOのレッスンもKAORUKOのイベントやウエディングのお手伝いもやっている。
「そう、すべてを手に入れるのよ」と私。
そのかわり人の何倍も努力と苦悩が必要。でもそれだけ自分を成長させることができる。
辞めたり切ったりすることはいつでもできる。踏ん張り頑張り、せっかく手に入れたキャリアをあっさりとすてるのはもったいない。そこに至るまでのどれだけの努力をつみかさねてきたかを考えたら、初心を忘れないで頑張ること。手に入れたときの喜びや誇りを色褪せさせないこと。
仕事も子育ても天秤にかけられないくらい自分を成長させてくれるのだから。







Posted by: kaoruko
20年来のお付き合いのお友達の家に遊びに行きました。
千葉で仕事の某打ち合わせがあったのでそれに合わせて久々にお宅訪問、イヤお宅拝見です。20年前に結婚と同時に新築した家をまた新しく壊して建て替えたというのでお邪魔して。すっかり昔のガールフレンズに戻り語り合います。こんな風にお友達の家でお茶するだなんて15年ぶりくらいかも。マジです。本当にこんな時間は持てませんでした。「遊びに行くね〜」なんてノリは。

しばしばこのブログでもおなじみの女医のビーこと、さなえさんです。産婦人科医なので私の体調管理役。。^^御主人は泌尿器科医。二人のウエディングは私の初期の貴重な作品さ。^^
以前は大学病院などで忙しく昼夜なく活躍していましたが、今は主婦も充分楽しみながら、時折病院にも勤務という半主婦半医師というところ。いつも私のショーも来てくれて陰で応援してくれています。
人が青春しているときにがむしゃらに医師の勉強をして頑張っていたそう、だから、今は主婦も母も、医者もどれも楽しみながらのスタイルを選んで実に幸せそう。

人間いつの段階で、必死になってこれ以上頑張れないというところまで頑張ったかでその後の人生が決まると思う。そこをとおらずして人は「いいな」「うらやましいな」と言うが、「人の何倍も頑張ってきたもの〜」ということを胸を張って言えるかなのだ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そう、本当の友達って影ながらなのよね。自分が来てます!というパフォーマンスはしない。来てたのを私が気がつかないくらいの存在として暖かく私の成長を見守る。

私にはKAORUKOさん親友、友達〜と言ってきてくれる人がたくさんいるけど、ありがたいことではあるが、友達と仲間、知人の定義を最近考えるようになった。そのほとんどは知人であり、良くても仲間なのだ。

「挫折とは人間関係をふるいにかける良い機会であり、
人は良いときは誰でも近寄ってくるが、悪くなると(挫折)離れていく人がほとんど、最後までかたわらにより添う人が友達」と昨日とあるニュース番組でコメンテーターが言っていました。
本日その件の記者会見がありましたが、挫折を乗り越えて本当に頑張ってほしい。国民にショックも与えただろうけど、お酒に関しての若い人への教訓も与えたり、考えさせられることも多く与えた。立ち直ってばねにしてほしいと祈るような気持ちでテレビを見ていた。

お話は少しそれたけど、そう、友達とはそんなにたくさんはいないのだ。でも素晴らしい仲間や知人がいてくれる、それもまたありがたいことなのだ。
薫子ちゃん(や、かおちゃん)と私を呼ぶその時代からの友達がKAORUKOになっても影ながら応援してくれている、そんなひとりのビーさんなのでした。

帰りは木更津経由で帰宅でした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「天皇皇后両陛下 素顔の50年」について

渡辺先生ブログへ。
Category: General
Posted by: kaoruko
かわいい芍薬の花です。ほっこらふっくらほわんほわんです。


産まれたてのあかちゃんのような無垢さとやわらかさです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【三越イタリアフェア】
花よりだんごではないですが三越イタリアフェアを今年も制覇です。2002年に三越本店さんにKAORUKOのプロジェクトをいろいろなセクションでご用命いただき御縁ができて以来、このイタリアフェアは欠かしていません。三越さんに聞くと年間通してイギリスとかいろいろなフェアがあるけど、やはり食のイタリアは美味しいもの三昧だからか大にぎわいの大人気だそうです。

今年お目見えのレストランは日本では食べることができないイタリアはジェノバのレストランです。「Vico Palla」です。とてもおいしかったです。フランスやイタリアはその現地の味をいただくと、日本のそれとは全く異なるおいしさに唸ることがあります。そんな感じです。
三越本店イタリアフェアは明日までです!
舌鼓をした後は、バージンオリーブオイルやバルサミコ、生ハム、ニョッキはじめイタリアから来たたくさんのお店のお料理の友を買いそろえるもの楽しみです。今年はホワイトアスパラコーナーが消えていましたが、こうして、イタリアフェアだけは欠かさずのぞくと、イタリアのチョコレートや、焼き栗、本格ピザなども趣向を凝らしていて毎年違い楽しむことができます。みなさんも明日行ってみてね。

三越本店の本日のレッスン模様は後日一挙公開です。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログを始まって以来3日間お休みしました。
その理由はまだ今は言えませんがベールに包んどいてください。
その理由のために私はいささか徹夜気味で疲れ果て、風邪をひいたようです。

本日はこれまた秘密のプロジェクトのご依頼が3つあり、そのうち合わせをずっとしていました。これらはおいおいブログ上で発表していきます。
フラワーデザイナー、アーティスト、ブライダルフラワープロデューサーとして、たくさんのご用命をいただきありがたいことです。でも体と脳みそが何しろひとつだから
さらに超高速回転させて、どこでもドアを使い頑張らねばなりません。
海外が世界不況だから、昨年のように毎月のように海外出のイベントやトークショーも自粛気味らしく、逆に昨年お休みせざるを得なかった日本でのウエディングに腰を据えておうけすることができると日本中をまわることになっていますが、さらにこうした、新しいKAORUKOご用命プロジェクトが次々に来ることは、私も努力と挑戦の日々がまた今年も・・というのは大変であってもKAORUKOでなければダメとのお声掛けということから考えればありがたいことです。










Posted by: kaoruko
今日明日はとある私用をしていまして、ブログ更新ができません。
水曜日は昨日のすてきなカップルに私のアテンド模様、揺れるブーケ、など密着具合をアップします。
またあさっての夜までごきげんよう。

そういえば渡辺俊幸先生からで、「NHK特集 象徴天皇50年の素顔」という御成婚50周年を記念した番組がものすごい好視聴率だったそうで、好評につき、25日土曜日の午前10時5分から拡大版で編集し直した新しい再放送がされるそうです。お見逃した方はぜひ。

今週末のウエディングの模様です。先日の15日のブログのカップルの本番ウエディングです。私が終日御指名アテンドトブーケデザイン制作、披露宴会場すべて
総合フラワープロデュースをしました。写真でお伝えしたい部分がありすぎますので花嫁さんと私のブーケはまた後日ね。

これは、ホテルの方が写真をすぐさまポストカードにしてくれました。粋ですね。私が心とブーケのアテンドをしていて花嫁さんに女優のようなオーラを出していただく為に私のオーラもふりそそぎます。^^

まずは、花嫁さんがこれだけはこだわりたいというケーキ。ピンクとキラキラ好きというコンセプトを聞いたので、私がデザインしました。どぅ?超かわいい?

そして教会装飾は黄色をテーマに、これもかっわいい〜♪と言う声が聞こえてくるのをイメージしてデザイン。花嫁さんは21歳なので、お友達たちにもかわいいといってもらえるように、ケーキとバージンロードのピューエンドは女の子うけを熟知したデザインを提案。そして絵になるように美しく



そしてそして本題の披露宴会場のフラワーコーディネートは「海からの贈りもの」というテーマです。御新郎の家業が何代も続く老舗で、海に関係したお仕事です。そしてだからこそ海に感謝を込めて・・というテーマも入れつつこんなデザインを提案したのです。

お客様のゲストテーブルです。ブルーの水と貝やひとで、そしてブルーの海のような花をゴージャスに。盛大な御披露宴なので40卓弱くらいを作ります。ヒトデを垂らしたりと、デザインに手を抜きません。どんなに大変で徹夜でも、細部までこころをこめて。

ザザザザ〜と波の音が聞こえますか?カップルのメインテーブルです。
透明感あふれる粋な海です。会場が清浄の空気に包まれたとみなさん。
込めた愛は伝わるのです。花の神も降りるのです。会場と花嫁さんを彩る私のブーケや髪飾りに。^^

ゲストテーブルに見えたピンクのはこれ。お客様たちにお持ち帰りいただくプレゼントとしてピンクのバラとクマちゃんを。^^これも花嫁さんがお気に召してくださったので全員分約250名位をおつくりして。

入口に作ったウェルカムボードです。披露宴のコンセプトを一目瞭然にお見せするのがブライダルフラワープロデューサーの腕。

こんなところにも凝ってみました。ボードの中央のヒトデにです。
ヒトデにカップルにみたてたクマちゃんをとりつけて。花嫁クマちゃんは花嫁さんとおそろいのチュールレースでベールまでつけました。^^
随所随所をお二人がご覧になって「ふっ^^♪」と笑顔になり、緊張がほぐれるようにと。

おめでとう!ゆうたさんとみかさん。また素敵な花嫁姿の模様は後日お楽しみに!

25ansウエディングの取材に東京から来てくださいました。KAORUKO取材でいつもおなじみの山形さんとカメラマンの片野さんです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本当に幸せのお手伝いは幸せなお仕事です。
お二人の人生をそのまま請け負うという仕事。
幸せは結果およろこびいただいた時で、それまでの準備や制作、は緊張の糸の張りつめとうしです。なぜなら失敗やり直しは許されない瞬間勝負、医療ミスと同じですから。
二人の出会いや思いでこだわり、仕事、趣味などの中からフラワーコーディネートのコンセプト、キーワードを見つけていき、サササッと目の前でこんなのどうですか?と提案をしていきます。デザイン画を描いて。しかもダラダラ話をするわけではありません。瞬間にして心を通い合わせ繋がります。
お話をしながら手が動いていきます、絵を描いています。あふれる提案はよどみなく出ます。
この特技は誰もが驚きます。
お二人の心が見えてくるというか伝えわってきて私にはわかるのです。お二人が喜ぶデザインやテーマが。

だから1000組いても1000通りです。二つとして同じウエディングは無いのです。
件数や薄利多売を競う時代に私は年間2000組通産2万組を手掛けてきた駆け出しのころから今までの体験と実績があるから、だからこそ、今の時代、こんなご時世でも、高品質でひとつひとつ心をこめて・・・の精神と私がつちかってきた誰もマネができない部分がわかる方が多少お高くてもその【価値】に対して私をご指名くださいます。
こだわりを形に、二人の歩いてきた人生を形にして差し上げる心と愛をこめたウエディングフラワーKAORUKO流です。
本日は仙台です。明日のウエディングの前日作業のために大忙しです。
明日は東京から25ansウエディングも取材に来てくれます。
凄いことです。仙台まで取材に・・・ありがたいですね。
こんなすてきなカップルでこんなこだわりのウエディングでブーケだけとかの一部分ではなくて全て何から何までKAORUKOに一存しますてきなオリジナルウエディングの場合はこうして取材をしていただくチャンスが生まれます。
明日のカップルは本当に何から何までKAORUKOです。教会装飾もオリジナルで。まだまだ日本では、とくに教会装飾はお決まりのパターンばかりですが、明日も素敵にしていきます。
お楽しみに!
心を尽くして、カップルや列席のかたがたご両親の顔を浮かべながら、喜んでいただく姿を思いながら、一生懸命愛をこめる、それが私が構築したブライダルフラワープロデューサーの仕事です。
Posted by: kaoruko
本日二つ目のブログアップです。先ほどの↓のをアップしたらコメントに「KAORUKO先生の好きなユーミンがニュースゼロに出ていた」とあるでは!
うぅぅぅもうおそかりし。そう私は大のユーミン好き。そこでも良いお話されていたそう。
私の原点はユーミンと言っても過言ではない。
ユーミンは変わらない、、ユーミンは走り続ける、ユーミンは止まらない、変わり続けているから変わらない。
と何かのユーミン特集でいつか言われていたけど、【変わり続けているから変わらない】そう変化を時代に合わせてしているからこそ、過去の化石や懐メロの人のような存在ではなく、常にあたらしい時代の先端をいくようなヒットや生き方。
私のお手本だったユーミン。本当にいつでもかっこいい。↓も読んでね!
Posted by: kaoruko
リッツカールトンの45階ですてきなお嬢様とランチデート。リッツのランチが先日ドクターアンディー先生にお招きいただきとてもおいしかったので、今回もリッツにて。7月のとても素敵なウエディングの御依頼の打ち合わせです。場所はアメリカナイズのカップルだから、ホテルウエディングなどというお決まりのスタイルではなく、本当にスタイリッシュなウエディングの計画中!
インターナショナルスクールからアメリカの大学を出たお二人だからゲストも世界から集まります。グローバルにいろいろ熟知しているカップルだから、本当の自分たちらしさ、そして一つ一つ本当の手作りのウエディングを追求しています。

日本ではあまり見られないスタイルのウエディングになりますね。きっと。お楽しみに!ぷちブーケをプレゼントてのひらくらいのビバーナムをきゅっとまとめた花束。
そんな感じの感性の花嫁。
私もやりがいがあります。ドレスはニューヨークで見つけたというクールビューティーてきなかっこいい洗練のドレスを。そして、言語は英語のパーティーだというから夏だし、ロンドンから帰国の息子を私もアートディレクターとしてこのウエディングを一緒に手掛け通訳をさせようと思います。本当にネイティブくらいに会話もですが、生活習慣パーティー習慣は暮らしている人でないとスマートにできない部分。私など外国の仕事や付き合いが多い方だけど、それでもね。
とにかくおっしゃれなウエディングになりそうで今から楽しみです。

そして、本日はよい天気。
お庭のはなみずきがひらひらと蝶のような白い花をつけました。

明日は仙台またまたです。仙台の某御曹司様のウエディング。KAORUKOご指名なのではせ参じます。このウエディングをあさって手掛けます。
が、前日から作業しないと間に合いません。というほどの内容。
しかもオリジナルウエディングを私が構築、デザインさせていただきました。楽しみです。
Posted by: kaoruko
アッという間に庭のジャスミンが花をつけました。最高に可愛くていい香り。

こんな風に階段てすりに絡めるように生育したジャスミン。毎年この季節は楽しみです。南フランスの壁一面の咲き乱れていた光景をいつも思い出します。うちのオリーブの木も茂り出しました。

そして一転。ここは銀座のアルマーニです。いつかご紹介した店内は笹の葉のライトアップです。イタリアのアルマーニさんが日本のイメージは笹だそうで、そこから来ているそうです。
本日は日本橋のフロールエバーにてとある打合せをカルディナス社長はじめスタッフの方と。(写真は撮り忘れた!)
そしてそのあとは銀座です。けんすけさんと田原さんと。アルマーニレストランの副社長もいらして狩野さんも。とある打合せです。
まだ内緒です。^^

そして本日はこのような新しいプロジェクトの会議会議です。楽しみです。
仙台の素敵なカップルです。ゆうたさんとみかさんです。本番の結婚式は後日ですが、本日はKAORUKOアテンドプランで終日KAORUKOがおそばにいてロケーションフォトを撮ります。ゆったりとリラックスしながら女優オーラへのお導きをしながら美しいお二人らしい思いでの写真を撮ります。花嫁さんとドレスにあわせてブーケはもちろん髪型、髪飾りもデザイン、パーフェクトなトータルコーディネートの美を追求します。洗練、そして品格、そして透明感は、デザインのみならず、本来持っているお二人の心の美しさを引き出すのです。
その場が清浄の空気に包まれるように、キラキラと輝きだします。

さあ、お支度が出来上がりました!出発〜大丈夫よ。安心して。私がそばにいるからね。一着目のブーケは「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)のあの百合のKAORUKO定番大ヒット商品とその髪飾りをお気に召していただいたので、それをみかさんふうにアレンジした、揺れるブーケ。
お庭でこんな写真は女の子の憧れチャペルの中でも撮りましょう。
美しい絵画のように。KAORUKOのトータルコーディネートは、花嫁が私は今美しいに違いないという自信のオーラへといざないます。ハッとするほど美しい。

こんな自然なシーンやおちゃめなシーンも思い出ね。


そして2着めのドレスはユミライン。ドレスに立体的にあしらわれているカラーとアマリリスにあわせてスタイリッシュにデザイン。

そしてみかさんのために作られたかのような同じくYUMIKATURAのこんなキュートなドレスにあわせて、ドレスの小花が浮き出たように、そして軽やかに揺れるブーケ。髪飾りも私がこんなふうにつけちゃったのは、カチューシャ風のバラと花がこぼれるようにかわいく。「わーかわいい」とブーケがかもしだす魔法のエッセンスに見とれる?
洗練品格の透明感からスタイリッシュなエレガントへ、そしてキュートなかわいらしさへと変身のみかさん。本来持っているたくさんの美しさをいろいろな角度から引き出します。
ゆうたさんも大切そうに、愛おしそうにみかさんを見守っています。

幸せのお手伝いを今日も一日。私も幸せです。本番のウエディングが楽しみですね。!
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡
先程8時26分の新幹線で帰宅。素敵なお二人の写真を膨大にとったのでどれを載せようか選ぶだけでもう、25時に。
KAORUKOがプロデュースするKAORUKO御指名アテンドプランはこうして全国私のスケジュールさえなんとかなれば駆けつけます。一生の思い出と最高の笑顔のために。
お二人の結婚式の披露宴の会場装花もお二人ならではのオリジナルウエディングです。今から私もわくわくです。^^
おめでとう〜!!^^



Posted by: kaoruko
NHK週刊ハタラキングの取材

上をクリックしてみてね。2)がKAORUKO編です。
驚いたことに、12月に取材されたNHKの週刊ハタラキングですが、3月に、【もう一度読みたい、心にしみる言葉とエピソード集】と言うのに選んでいただいていました。膨大にあるインタビューの中で選んでいただくなんてうれしいです。

≪NHKホームページ優木まおみさんの感想より引用≫
正念場を越えて編より

中略〜たとえ失敗ばっかりの人生だったとしても、その先に何があるかわからないですよね。KAORUKOさんからは「失敗しても諦めないで常にチャレンジし続けること」の大事さを教えられ、私もすごく勇気をもらいました。

以上もっと読みたい人は冒頭をクリックしNHKへ飛んでください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【すがるしかないとメイルやコメントをくださる人へ】

最近私に人生相談のメイルがとても多く来ます。
特に多いのが、”堙亶察引きこもり問題、⊆臧悗仕事で輝きたいけど家庭と葛藤、そして主婦として仕事をし出したけど甘さゆえにおきる失敗についての自己反省と自己改革です。

私は自分自身がそれらの体験をすべてしてきているので、,覆匹呂箸討眇佑瓦箸箸六廚┐困法読んで行くうちに辛く涙も出ます。
どんなにかお辛く、大変であろうかは、実際に思春期のとても大変な子育ても対峙した人でなければ分からないことで、また、それらをこじらせて、大人になってもまだ問題が終息するどころか、手に負えない状態になっているという事態・・一歩間違えればニュースの事件に出ていると言うことと紙一重であることも体験から知っています。
もがき苦しみながら、人生を呪い、自分や家族が何をどう学べばいいのか?を疑いたくなり、神も仏もないと自暴自棄になりたい気持ち・・・よくわかります。
出口のない真っ暗なトンネルを涙にくれながらとぼとぼと歩いている気持ち。

かといって私は花を通して以外に今のところ自分の体験談を参考にいかに抜け出したかを語るすべはなく、
相談単独に向き合う仕組みを持ち合わせていません。でも苦しいだろう、涙も枯れ果てるだろうということは痛いほどわかるので、私も何もできないことに苦しんでいます。
ごめんなさい。
すがりたくて、答えがほしくて私にメイルを送るしかないと思うのでしょう。。
でも人は人を救えない、人を私が救うなどというのはおこがましいことで、それは神様でない限りは導くこともできない無力なものだと思います。

花の生徒さんであれば、サロンレッスン(予約制で2人から7人まで)の前に一時間ほど【生き方塾】として様々な悩みや反省を聞きながら、私の体験やアドバイスを語ることで、そのようにするなかで個人個人が人生の様々なことに気が付き学びになっていくようです。
そして一人一人が自ら変革を起こし、輝いていきます。

かと言って何かが好転するという約束もありません。
またこれらの生き方塾の中で個人的な相談で目から鱗の人も何人もいますが、だからといって、その相談料を特別にいただくことも一切していません。
それは皆さんの自らの力だからです。
私はあくまでも花を通して自分の心の修行精進をとおして気がつくこと・・としてしか今はすべがありません。

そのあたりは、人を救う、人を導くということを安易に言わないということはその責務の重さや難しさを充分理解しているからです。
人は人を救えません。何かをきっかけにして自らが変わる・・ということなのだと思います。

私もまたまだ未熟者だからです。
過ぎてきた体験からは語ることはできるということだけです。
息子も、今はあの地獄の暗黒の時代から乗り越え立ち直って自分の夢のスタートラインに立ったというだけです。
乗越えた家族全員の歴史もまだ現在進行中なのであります。

いつの日か、花に関係ない皆さんにも、私のそう言うお役目があるかと思います。私も摸策しています。
それまでごめんなさね。何かにすがりたくてメイルやコメントを寄せてくるみなさん・・この場を借りていまの私の気持ちです。

Posted by: kaoruko
韓国のブライダル業界の方へ向けてブライダルフラワーの講義を担当しました。日本代表としてご依頼をいただいたわけで。精一杯出し惜しみなく頑張らせていただきました。
全く日本語がわからない方たち対象なので、通訳の方を挟んで講義だから通常の90分も3時間になります。でも私の作品を見せながら、日本におけるブライダルフラワーの最新のデザインなどをお見せしたら、良いもの、美しいもの、そして闘魂入魂の熱意はちゃんと言葉はわからなくても伝わります。終了後にサインや写真撮影を求めて殺到してくれました。中国の時に500名が押し寄せてきたのを思い出しました。

皆さんと記念写真をと要望されて、こんなシーンも。

「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)が韓国へ渡ります。感激ですね。韓国の人もこの良さ、美しさがわかり感動してくれていてます。


韓国もまだまだブライダルフラワーについては遅れているそうです。オリジナルウエディングということはほとんど行われていないそう。カップルごとにお会いして二人の思いでや趣味や出会い、仕事などを形にしていくという私が日本でも牽引してきた新しいジャンルのブライダルフラワーを昨年の中国に引き続き、本日韓国にもレクチャーして、「韓国も夢が見れるね」とご意見。これから発展して行ってくれることでしょう。ブライダルフラワーをすてきに洗練させてカップルごとのオリジナルウエディングへと。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

終了後は桂由美ブライダルハウスの2階、カフェローズユミローズにてお茶をいただきながらスタッフ反省会。
辻口パティシエのレシピを通年いただけるこのお店ですが、今は期間限定でさらに、鎧塚パティシエのスイーツもいただけます。(そう、川嶋直美さんのフィアンセのね)
そして、先日の2月の私が担当した桂由美グランドコレクションのショーの模様がこうしてカフェの中のスクリーンでご覧いただけます。

私の揺れるブーケも見たい人はこのカフェに行ってみてね。
先日のリッツのパーティーに来てくれた人はお土産に桂由美先生が全員にサプライズで下さったこのカフェの無料チケットがありますよね。
本日もそれを使いながら、デモ無料だけは悪いからさらに
一品注文して・・・ローズアイスもいただきました。

明日明後日はまた仙台です。
大阪のレッスンは月末に移動延期していただいてごめんなさいね。ずっと以前から決定していた大切なウエディングのお客様のKAORUKOご指名の日が14日にあるのです。
幸せのお手伝いにまた行ってきます!

Category: General
Posted by: kaoruko
昨日の天皇陛下御成婚50周年記念のNHKの特別番組涙があふれましたね。愛と慈しみ。静かに粛々と否定ではなく受け入れる、寄り添う愛、あのように生きたいと、たとえ庶民の私であっても道しるべのような感慨を受けました。渡辺先生の音楽も気品あふれ慈しみと浄化のメロディーでしたね。素晴らしいお仕事のご担当ですね。


さて、昨日から仙台のウエディングでした。この写真は、ロイヤルパークホテルのカフェにて。

今頃静岡空港開業記念と合わせてアジアブライダルサミットが静岡県で開催されています。桂由美会長のもと私も理事としては行かねばならなかったんですが、そう言うわけで昨日、今日は仙台でいけませんでした。


昨日はあいた時間は乗馬のレッスンをしました。
であってしまったというびびびというのめりこみ具合にインストラクターさんもびっくり。そう、早くイギリスの家に行く時にちょいと郊外まで足を延ばして、丘を疾走して走り抜けたいという目的がある私としては趣味のフラワーアレンジメントが仕事になった今となっては何十年ぶりかに血が騒ぐ趣味にであったといえるかもしれない。
と言っても脱落しないようにせねば。次回は短期集中をしてみるつもり。(マツケンの暴れん坊将軍のように走りたいんですぅと言う私)
花を指導していても思うことは、忘れたころにぽつぽつとレッスンをしても腕は上がるよりも後退する。とくに習い始めはガガガッといっきにこんつめてやるくらいがハードルを越えられてちょうどいいのだ。


それに乗馬は馬に癒されるとか、あるいはダイエットになるとか良いことづくしらしい。ダイエット放棄歴7年の私はそろそろ、そうもいっていられないから乗馬で、美しくなれるかしらん。^^

体験レッスンの時はイッセイミヤケを着て行って馬に乗り、そんなひとは初めてと言われたけど昨日はたんすに眠っていたジャージなるものを引っ張り出して上下来て参加。
「コスチューム着てレッスンをされたほうが・・・」と貴重なジャージ姿の私にインストラクターさんも汗。
紳士淑女のスポーツですからとコスチュームカタログを渡されて。汗・・・そうまわりを見渡すと、全員乗馬スタイルのコスチュームなのでした。汗汗汗。
けっこう外見を気にしない私としては誤算。さっそうとあの衣裳をレッスンでも着るとは!汗

本日は先ほど帰宅し、明日のウエディングのかわいいおじょう様のお花を作ったりしていました。
そして明日は、韓国ブライダル協会から参加の業界の人たちに日本のブライダルフラワーの講義を日本を代表して担当させていただきます。
頑張らなくては!



Category: General
Posted by: kaoruko
KAORUKO先生は本日仙台出張です。パソコンを持参していませんので、更新はありませんが、乗馬レッスンを楽しんだ後(携帯カメラで撮った写真が送られてきました)、NHKを7時半から拝見するとのことでした。秘書室より
Posted by: kaoruko
本日2つ目のブログアップです。明日はいよいよ天皇陛下御成婚50周年です。記念番組としてNHKで19時半から特別番組が放送されます。渡辺俊幸先生の音楽ですからぜひ皆で見ましょうね。きっと荘厳でいて気高く、慈しみあふれる音楽で、番組を見ているうちに浄化されそうです。
渡辺俊幸先生ブログ
渡辺先生からのメッセージ

↓の三越本店のレッスン模様も読んでね〜。クリックも2か所あるからクリックしてみてね。
Posted by: kaoruko
三越本店の揺れるブーケコースです。本日は初回。

みなさん、素敵に可愛くできました。^^「難しい〜」と口ぐちに言われましたが、本日は入門編。本日はエッセンス。本当の揺れるブーケが作れるといいですね。

かわいいミニバラをつかって。これは先日の桂由美先生のショーでオグシオの潮田玲子さんにおつくりしたブーケの4つのうちの一つのブーケと同じバラです。輝きも入れて皆さんうれしそう。
せっかく習うなら、趣味であっても難しい技法をちゃんと習って自身の向上を図りたいという最近の人たち。ただ楽しいは2、3回で飽きてしまうものね。せっかくお金を使うなら価値ある使い方ということでしょうか。カルチャーで一番高額レッスンでも、そう言う時代です。
だから私も闘魂入魂でご指導です。ただほめまくって、おだてることは簡単だけど、私はそう言う流儀ではないので、たとえカルチャーレッスンでも一人一人に向き合います。
やり直しやり直しで美学をご指導。
花、初めてで、ブログファンからの人もきてくれていました。
来月はカサブランカの揺れるブーケを作ります。
「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)の13ページのあの!感じを作ります。

作るのはここをクリック!最上段の左のブーケよ。

最上段左とその下の感じ(同じブーケです)・・・このエッセンスのかんじのブーケですよ。お楽しみに^^
手取り足取り講師の先生がた3人つけて私と4人でご指導だから初めての方も安心されたみたい。
大丈夫!来月もやってみたい人今ならまだ受付可能だと三越さんが言っていましたから問い合わせしてみて!
三越本店の公式ホームページにドカ〜〜ンとKAORUKOがトップページに掲載されていますからご覧ください本日4月の件ですが、5月も受付開始しますので!
お会いしましょう!
三越本店ホームページ
Posted by: kaoruko
なにが、恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)す〜のかは後半書きます。

銀座で会食でした。プリザーブドフラワーのコロンビアのフロールエバーのカルディナス社長からお招きいただきました。けんすけさんと行きました。なぜって?

先日の私のリッツでのパーティーで、ブーケとヘッドドレスのトータルコーディネートのショーをやりましたが、それについて、いろいろ日本を元気にする経済効果があるとあの時、カルディナス社長は絶賛してくださいました。そんなこんなで、いろいろなお話で盛り上がりました。。面白いアイディアをひらめいたようです。
ここは、教えたくないわ。カルディナス社長ご推薦の、ミシュランの☆つきの某和食のお店です。隠れ家にしちゃおうっと。
本当に素晴らしく美味しく、最高です。これは突き出しで出てきた、春の14種類の野菜とたいら貝をささっとあぶったもののおひたしです。もう最高・・・体の毒が抜けていくのがわかります。春野菜はね。自宅でいくらみつくろっても14種類のおひたしは無理というもの。貝にも目がない私。こんな大きな大きな貝殻の上にのせて出てきました。

入口はこんな風に石畳をコツコツと。

カルディナス社長がお土産にこんなとあるものをくださいました。内緒^^
そしてフロールエバー社から新発売で出る素晴らしい高価なプリザーブドもこっそり見せていただきました。

フロールエバーのプリザは本当に品質が最高で私はカルディナス社長と懇意になる前もここばかり使用していました。
であってからというもの、いつも私のショーではご協賛いただき、また、揺れるブーケのコンクールでもフロールエバー社長賞も一票を投じていただいたりと、御後援くださっています。
何かこれからも面白い企画ができそうです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
帰りに、3人で歩いていたら、なんとバッタリと鳩山邦夫総務大臣にお会いしました。(といってもSPに囲まれて)
思わず先日のリッツやシャネルベージュでのお祝花や祝電を頂戴した件のお礼をごあいさつできました。もともとは桂由美先生のご紹介で、鳩山先生の御祖母様が薫子という御縁から私の本の推薦文をいただいたり、鳩山会館に上がったりと。
おそれおおくもかしこくも
「先生も頑張ってください」なんて大臣に向かって、恐(かしこ)み恐(かしこ)みも白(まを)す〜のでした。
Posted by: kaoruko
山野愛子ジェーン先生のブログに連日に私のことを書いてくださっています。ぜひご覧ください。
ひとつはリッツカールトンで行った出版記念パーティーに発起人でファミリーで来てくださったときの模様。そしてもう一つは山野学苑の卒業式で約1000個近くを毎年学生のためにご用命いただくのですが、そのことと、卒業式開演直前の舞台裏で撮影したハズバンドのスタン先生とティナ先生と御一緒のお写真です。私の特製ジェーンコサージュをつけているというお話です。
今年のジェーン先生用はハートのアクリルのショッキングピンクのものをコサージュからゆらゆらと揺らしました。いつもジェーン先生のことを考えながら楽しみながらデザインします。でも不思議とスススと浮かびます。
一緒に行こうとおさそいくださったビバリーヒルズでのショーでロスに行っていらしたりと御多忙の日々。ショーは大成功だそうです。^^
ジェーン先生のブログ

ジェーンスマイルはいつもどんなときでも変わりません。
桂由美先生の御縁からかれこれ10年親しくさせていたいておりますが、本当に山野愛子の精神美を生まれたときから引き継いでいるだけあって、ジェーン先生の振る舞いや考え方はとても勉強になります。
本当に素敵なファミリーです。大好きです。
Posted by: kaoruko
このところ世界規模でいろいろな変なことが起きています。
北朝鮮のミサイルだか人工衛星だかの発射とそれをめぐる各国の考え方も様々です。

ロンドンはG20の際のデモがすごかったですね。イギリスは本当に今解雇や倒産がすごいらしく、誰もが安心などできないほどに、日常的に身に迫る危機があるそうです。イギリス在住の知人たちが口ぐちにそういいます。
そんなわけで私のロンドンにてのお教室開講も延期です。
日本人の駐在人はことごとく帰国を余儀なくされ、ロンドンに在住の日本人イギリス人もすべての人がそういった金融危機による連鎖倒産におびえている状態。優雅にレッスンという状況ではないとのこと。ある一部の人の話ではなく、一般の人ほとんど例外なく危機迫るものがあるそうです。日本もこれ以上ますます雇用不安がひろがるのでしょうか。

一寸先は闇とはいいますが、本当になにがおこるかわかりませんよね。昨年の北京オリンピックに沸いた中国のあの急成長バブルも今では影をおとし、中国経済もたいへんらしい。中国でのセミナーやデモンストレーションも待ったです。
KAORUKOとしてもしばらくは国内で静観です。
うまくしたもので、昨年は海外のお仕事や招聘が多かったから国内のウエディングはお断りをしていたのですが、今年はできるだけ皆さまのリクエストにお答えをして花嫁様のためになろうかと思います。ウエディングのご用命が毎日のようにいろいろ打診をいただきますが、何せウエディングデーはみな一緒、私の体は一つ、すでに入っている日はお断りせざるを得ません。
薄利多売のお店と違い、私が心をこめてその人のためにおつくりするのですから。
幸せのお手伝いをしばらく開始。

こんな不況時代でも、結婚式にかける思い入れは女性にとっては関係ないもので、【私が私らしく輝く為なら良いものを追求するという心理】が今こそ、なおさら増しているようです。
唯一無二の良いものをその人その人に合わせてご提供する・・・オートクチュールだからたくさんはお受けできないけど、それでも価値のわかるかたは大切にしてくださる、私のやり方。時代に逆行して、高額商品となっていますがそれも時間と心と技術をそのかたのために提供させていただくということだから。
KAORUKOのお花、ブーケ、もありがたいことに、良いものとして御指名いただき、だからこそ心を込めて一生懸命・・ですね。

花嫁さまの輝く笑顔が私の幸せ


本日のウエディングの花嫁さまです。
まりさんです。生徒さんです。まりさんがまだ大学生の頃にフラワーアレンジメントを習いに来ました。あどけない少女だったまりさんが先日数年ぶりにお会いした時に凛とした女性になっていてビックリ!

結婚式のブーケはどうしても私の揺れるブーケを私に作ってもらいたかったと。
夢がかなったということです。私もうれしいです。

早朝から、心をこめてアマリリスと輝きのゆれるブーケを作りました。
まりさんの透明感をうつしだすように。
アマリリスは大量に仕入れて開花調整をするので、この一週間かけて我が家のサロンで慈しみながら愛でていました。
美しく咲いてね。と。

まりさん、とびきりの笑顔で輝いています。私もうれしいです。^^
おめでとう!お幸せに!

Posted by: kaoruko
昨日は娘の入学式でした。

慶應義塾大学 文学部に入学しました。

自分のやりたい道を自分で探してその道を歩きだしてくれることは人生にとって何よりです。
ようやく自分の道を歩き出してくれます。

独立自尊を説いた福沢諭吉先生の像。日吉キャンパスです。入学式は塾長先生のお話に始まり、日本の幕末の10年前に福沢諭吉が何を問題意識を持ち、いかに教育に落とし込み、いかに日本を動かし変えていったか?ということがまさに、今の世界の危機の中で日本にも当てはまることだと・・。

歴史から学ぶことはたくさんあります。
先人の本を今こそ読んでヒントを得ていきたいと私も感じました。
良い講演を聴いた後のようでした。勉強になりました。
Posted by: kaoruko
本日はウエディングのお打合せでした。三越本店の5階にはKAORUKOコーナーがあります。
そこでお打合せです。KAORUKOデザインのトータルコーディネートの美です。絶対素敵に違いないという信頼と自信が花嫁をその日、キラキラと輝かせます。自分だけのオートクチュールです。
女優オーラへのお導きです。5月のカップルです。鎌倉プリンスホテルです。

そして本日は桜が満開だという東京です。夜はけんすけさんと田原さんと狩野さんとウエディングプロジェクトのお打合せです。代官山にある田原さんのアトリエでミーティングの後、アトリエの近くのみごとな夜桜見物。寒いから車に積んでいた真冬のようなショールをはおい。

桜よ散らないで。。ずっと見ていたい。

明日は娘の入学式です。
そしてそのあとは老いゆく母の病気の関係で病院へと。
新しい人生を希望に燃え迎える若い命と、人生の終息に向かう命。
桜にいろいろな思いをはせながら夜空のむこうを仰ぎ見る。
Posted by: kaoruko

土屋王子のところにカット&カラーに行きました。
「今日は濃い日だわ〜。いつもKAORUKOさんが来る日はこんな日が多いよね」
と土屋さん。
そう、スタッフさんが言っていたけど朝から三浦りさこさんに始まり、谷村新司さん、そしてKAORUKOさん、いまから緒形直人さん・・だというから、おもわず、いつものブログ写真は女性誌「STORY」気分で。
りさこさんになりきりポーズ。汗

昨日は青山テルマさんが来たらしく、テルマブログに土屋さんのカットはマジックフィンガーと書いてあるというので今読んでみたら、3年待ちの土屋雅之さんに切ってもらって本当に良かった・・・と書いてありました。(前髪を作ったそうです)マジックフィンガーね。私はマジックハンドと先日の出版記念パーティーでも言っていた。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
以下、同じ土屋さんカット仲間でもあり、魂友でもある、渡辺俊幸先生ブログからです。
先日出版記念パーティーでも私が言いかけて待っただったあの凄いですよ〜という話の解禁、答えです。

国営放送であるNHKが放送する、「特別番組 天皇皇后両陛下 ご成婚50年」の音楽を渡辺先生がご担当されました。さすがですね。国の認めた渡辺先生というところです。今から拝見するのが楽しみですね。そしてNHKニュースを録音してまで聴いて楽しむなんて前代未聞ですね。渡辺先生のそれこそマジックメロディー〜。。
(ちなみに私もKAORUKOマジックとか言われている汗)
〜以下引用  渡辺俊幸ブログ〜

前回のブログにコメントを下さったみなさま、ニュースの音楽を録画してまで聞いて下さって、ありがとうございました!
さて、本日は、先日demoがOKになったと書いていた音楽の録音がありました。
4月10日の夜7時半からNHK総合で放送される、「特別番組 天皇皇后両陛下 ご成婚50年」という番組の音楽です。
4月10日に天皇皇后両陛下がご成婚50周年を迎えられることを記念しての番組です。
お二人での50年という長き歩みの中での様々な想いを想像しながら、天皇皇后両陛下に対する国民としての私なりの尊敬と感謝、そしてご成婚50年に対するお祝いの想いを深く込めて作曲させていただきました。
オープニングとエンディングのためのメインテーマの他に、それをピアノソロと弦楽のために編曲したもの、また天皇陛下に焦点があてられる内容の時に流れるチェロソロのバージョン、皇后さまに焦点があてられる内容の時に流れる「祈り」という言葉をキーワードにして造り上げたピアノ曲を録音しました。
まだ詳しい事は書けませんが、この番組は国民として必見の内容だと思います。
本当に多くの方々に見ていただける事を願っています。




三越本店カルチャーレッスン。4月期から新しくなったコースです。ローズコースとフラワーアレンジメント上級です。

新しい方もいればオープン時からの5年目の生徒さんもいれば一番多いのは3年目とかのコツコツ組。
皆さん、今からでもまだ入れますのでぜひ新しい方もいらしてね。

ひところ一年待ちのキャンセル待ちが続いて御迷惑をおかけしましたが、今はいろいろなコースもできて分散しましたから、新しい方も即入れます。月に一回私と私のお花に会いに来てくださいね!皆さん月一のお花がとても楽しみだと言っていました。癒されるとも。元気になれるとも。
おまちしています!
Posted by: kaoruko
レッスン模様です。
左からキラキラコースの今西さんは元スッチーさん、ブライダルフラワープロデューサーコースの小澤さんはリリメリアを小澤さんの好きなピンク色のユリも入れてキューとに作りました。ケーキの先生です。西田さんは本日からゆれるブーケコースです。初回でもこんなに素敵に初級ブーケを作りました。同時進行でプリザーブドフラワーコースや癒しのクマちゃんコースもやっている歯科医院にお勤めです。医院のカウンターに作品のクマちゃん&プリを並べていて患者さんたちに大好評とのこと。

綺麗色の花たちです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

涙が枯れるほど泣いたらいいことあるねきっと
ドシンと心が重い時は誰にも突然やってくるね
泣くだけ泣いて明日起きれば光はまた降り注ぐ
年を重ねるって悲しいことを抱えること
いろんな自分がいてもいい
だからいつも笑っている人もひとりで泣いているだろう
いつも凛と強い人も一人で泣いているだろう
うらやましいなと感じる人も一人で泣いているだろう
だからみんな同じと考えれば自分だけじゃないって思えるよ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★






Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2009-04 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006