【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2009/05/01
本日は早朝から鎌倉と東京のホテルの花嫁さんのブーケを作り祈りと愛を込めてお届けはスタッフにたくし、仙台入り。
仙台のオリジナルウエディングの会場装花をおつくりしてそして花嫁さんのブーケをおつくりする。タイムスケジュールの調整などでどうしてもお会いできない花嫁さんがいるのは私としても大変残念ですが私の思いをブーケに託します。
KAORUKOご指名アテンンドの場合は優先的につかせていただくのですが、それさえも体は一つ。スケジュールが埋まってしまうと御指名頂いてもお会いできない花嫁さんが出てきてしまう・・・「それでもいいからKAORUKOさんの揺れるブーケを持ちたい」という花嫁さんのご依頼は大変ありがたく身を粉にしても私のこの手でおつくりします。

それぞれに個性を引き出させていただいたブーケです。
本日はグリンが大好きという花嫁さんが二組です。グリン好きでも好みのグリンはひとそれぞれ。スタイリッシュにカサブランカを一輪に後はグリンでというおしゃれな花嫁さん。
そしてKAORUKOスタイルフラワーアレンジメントのバラとらいむぐりんのボールやアジサイグリンやクルクルグりンをお気に召していただいた花嫁さんは会場装花とお揃いのアイビーまで入れて。
そしてグリンはあまり入れなくてもという、うっすらとしただけのバラの質感で出す揺れるブーケのカップルも素敵でしょ。あとは都内のセレブウエディングはプリザのブーケ。

そして会場装花。グリン好きでも斬新でモダンがお好みというお二人にご提案のスタイル。ハランとダリアだけでスタイリッシュに。ケーキも葉っぱの形のクリーム。そのケーキに合わせてのデザインもシンプルに。花嫁さんは和装でご入場なのでそれともぴったりとね。^^

そしてお二人のメインテーブルの葉っぱに私がサインするときに使うゴールドペンにてお二人のお名前をハートとキラキラ入りで私がサインしちゃいました。^^
こんな私の愛をこめたお茶目なサプライズに気がついてくださるかしら?と思っていたら、花嫁さんがお開き後に私にあうなり、「友達が気がついて〜〜!!KAORUKOさん書いてくれたんですね!友達が超可愛い〜って羨ましがられちゃった〜」って。私もうれしいです!

そしてこちらのグリン好きのカップルはひまわりがお好きで初夏を感じさる爽やかで透明感もというリクエストにお答えして、こんなんデザインしてみました。^^
お二人が喜んでくださるかしら?と思いながら花でお二人の思いを表現するブライダルフラワープロデュース。
わくわくします。
そしてこちらのカップルは可愛い可愛い赤ちゃんがいてダブルハッピーウエディングなので私は愛をこめて赤ちゃんに天使の輪の髪飾りを。会場装花の楽しげでアットホームなデザインとお揃いの黄色のミニバラです。^^赤ちゃんとても可愛かったですぅ



人生の門出の幸せのお手伝いをさせていただき私は今日も幸せでした。
KAORUKOご指名というお仕事のやり方を構築して日本中をこうしてかけまわりますが、素敵なカップルたちにお会いできてキラキラ笑顔のお手伝いをさせていただきうれしい限りです。
花嫁はウエディングの日は不安でいっぱい。最高の笑顔なんてそうそう自分一人でできるものではないから、私の花で「わ〜おもったとおり〜」とうっとり笑顔でほころんでくださるように、そして私がお会いできた花嫁さんには元気玉をお渡しします。^^
Posted by: kaoruko
昨日切った前髪に「KAORUKO先生じゃないみたい」と会う人会う人衝撃を受けるらしい。
そして調子にのりこんな写真を撮ってみました。でも前髪を現代パリモデル風に垂らすのと、その髪を無造作に書きあげるだけで別人格になる感じの自分が恐い。汗

また地方出張です。
明日は鎌倉、東京、仙台とKAORUKOご指名ウエディングです。どこでもドアを使い朝から花嫁さんのためのブーケを心をこめて作ります。
薄利多売の格安ブーケとは違うので、一つ一つ私が作るオートクチュールブーケなのです。
人生の門出私のブーケで幸せの一歩を踏んでいただくように心をこめて愛をこめて。。
前髪ひとつで女ごころが変わるようにブーケひとつで素敵さは各段変わるし自信の笑顔とオーラが違うのです。
お届はスタッフですが私は早朝からブーケを作り全国をまたにかけ、たけこぶたーで移動します。
全員にお会いできないけどスタッフが撮った写真を素敵にブログ公開させていただきますね。
Posted by: kaoruko
イメチェンしました!どぉ?
土屋王子も「どぉ?イメチェンさせちゃいました僕」って感じで少し誇らしげに見えます。笑

調子にのってギャルピースをします。
普通にやると気持ち悪いこの年で・・というしぐさですがわざとやってますから。誤解のなきように・・汗

「土屋さん〜前髪パッツンいっちゃおうかな」
「マジっすか!いきましょいきましょ」
「顔を隠さない方が似合うと言われたのよね・・だから」「んん??KAORUKOさんをその気にさせる発言をした人とは?なにもの?」
「いやいや・・深い意味はないんだけど数十年ぶりにやってみようかしら・・ここ数年流行だしね。パリコレとかもね」
「そうですよ〜任せてください!絶対KAORUKOさんに似合うように骨格とか見ながらやるから」
「そぉ〜?私みたいなおばさんに似合うかしら?似合う人はいいけど私の場合は
時代錯誤の数十年前の青春引きずってるおばさんみたいにならない????」
「だいじょ〜〜〜〜〜ぶ。」
「それに私の場合は年齢と体型に合わなくないかしら???」
「やりましょ・・・こんな感じでね!」


ELLEを見せられ。
そう、私もパリコレを知っているはしくれとしては厚めでもってこの繊細なカットの前髪は一昔のおかっぱとは異なる今風の前髪であり世界の女優たちもやっているということはもちろん熟知しているというもの。
「この今風の前髪よ!あくまでね。」
「そうですよね。だってKAORUKOさん、いつもKAORUKOスタイル盛髪するんだものね、それにもあうように作りますよ」と。王子。

切っていただき、巻いていただいています。
たかが前髪。この厚めの今の時代の香りを出すために細かい細かい細かい細工をたくさん入れていました。凄い。

ハイ、フラッシュを当てたらこんなんなりました。

似合うかたや、自分スタイルを貫く方は別として、
時代錯誤や年をわきまえない痛さは辛さにならないように私の場合は注意して、そう流行の仕事もしている私としては、これもそのうちの一つね。
「KAORUKOさん、外国人だから。^^」と
いつも私のことを日本人ではないはずだと言っている土屋王子は「パリの女優風〜!違和感無い無い」
と絶賛してくれましたが。
でもすぐ伸びそうだからこまめにカットに来れない私としては幻の前髪かもしれません。^^

髪型は時代が出るから、こういう仕事をしていると気をつけないとなりません。流行を追いかける必要はないけど自分らしさにも時代のアンテナを取り入れないと。
あっ、あの時代。あの人の青春の時代はああだったんだろうなという感じさせるのは見ている方も痛いから。気をつけないと。^^






Posted by: kaoruko
明日は三越レッスン前に久々に土屋王子のところで髪の毛を切ります。前髪をパツンといきます。

「薫子ちゃんは綺麗な顔をしているんだから前髪をあげたほうがいいのに」と先日ある人に言われたから。^^
うぅ?私が綺麗ですと?たとえお世辞にしてもうれしいですよね。若いころならともかく今は年と共にむくんで垂れた顔に自信のかけらもないから前髪を流しサイドの髪を下ろし、顔を半分かくしているような私。そう顔に自信なんてないからアイラインもぐるぐると書きアゲハメークですね私。
若くないのにアゲハメークとは。汗
母はよく私を「ゲゲゲのきたろうみたいだから前髪をもっとあげなさいよ」と言っていた。
これで二人目に言われたから明日は少し前髪をあげるか切るかしてみようかな〜と思います。25年前からの私を知っている人に言われたから少し若いころを思い出して顔を出してみます。
二の腕や足も隠しているよりは出した方が引き締まるというしね。顔もかしらね。
では明日はイメチェンの私をお楽しみに。

Posted by: kaoruko
ダイエット成功しました!どぉ?

少しは痩せて見えますか?
いったいいつダイエットなどしていたの?と画面の前の皆さんの声がきこえます。ダイエット放棄歴7年と豪語していたのに?と。^^
田原カメラマンの腕がよっぽどいいのですね。というかアートディレクターの西田さんの修正の腕が良いのか?
う〜〜ん修正していないということを願って。
これが最新の私です。^^
お気に入りに加えたので、KAORUKOホームページのトップをこれにしました。
昨年のシャネルベージュでのフラワーショーの時に撮影した時の白い私から差し替えです。これより大きく見れるので行ってみてね。

Posted by: kaoruko
スタジオ写真フェアで私が講師をおうせつかりました。
|
プロカメラマン対象の写真関連の国内最大級のフェアからお声がかかるとは。
実はこの企画は水面下でオファーをいただいていましたが、最近はカメラマンの田原さんとも知り合ったりとカメラマン御縁が押し寄せています。^^
面白いですね。写真業界に御縁が。

そう、ここでウエディングフラワーを手がける私の感性でブライダルフォトについてを語るという初めての依頼。頑張らなくっちゃ。


こんな風に評価していただいているなんて光栄でございます。

)<%
さらにこんなご紹介分まで・・・照れますが頑張ります。
〜ブライダルフラワーのカリスマ。潮流の揺れるブーケを創り出した感性で女性らしさの本質を語る〜とあるではありませんか。汗

女性らしさの本質を語れるように努力しますハイ


でも私のブログをご覧の読者の皆さんなら私ならではのお嫁さんを輝かせるブーケとのポージングを知っているわよね。それを独自で勝手にKAORUKOブログ風にお嫁さんにご指導していたのも意味のある流れですね。
「私がブログでやるようにね!はいポーズ」と顔のところで撮ってもらうあれです。私のブログを見ている花嫁さんはこのかけ声でちゃんとおやりになります。
そんなあたりを語ろうかしらね。^^


以下資料より抜粋引用
〜 本格的プロフェッショナル映像ビジネスフェアとは〜 プロフェッショナルフォトの総合展覧会。
「スタジオ写真フェア」は、最大規模のプロフェッショナル映像ビジネスフェアとして開催されます。
 いま写真業界で一番元気のあるフェア、ビジネスに直結する唯一最大のBtoBフェア、スタジオ&ウェディングの撮影分野からさらに映像関連分野までを網羅。ことしもさらにエキサイティングなビジネスステージを提供いたします。

()%>
Posted by: kaoruko
「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店)という本が送られてきました。
スペシャルオリンピクス日本名誉会長の細川佳代子さまからです。(注:サインの文字は佳良子にされているそうです)
御存じの通り、細川護煕元総理大臣の奥様です。


「私の心を豊かにしてくれた知的障害のある方たちが暮らし易い社会は すべての方たちが暮らし易い社会であると思います 」

と書かれていました。日本では“障害のある人が当たり前に社会参加できている”と理解している人が二割に満たない。それを、2015年までに残り8割の人にも理解してもらえる、“誰もがいきいきといのちを輝かせて生きる社会”“誰にとっても幸せな社会”を作るという「勇気の翼 インクルージョン2015」を立ち上げ、さらに邁進していく。〜出版社の内容紹介より〜

「包み込む社会を目指して」ということで2008年 には「勇気の翼 インクルージョン 2015」を設立 されたそうです。

そして「この本をとうして一人でも多くの方にこの活動を知っていただきたい」と結ばれていました。
私はまだ全部を読んでないのですが取り急ぎブログにてご紹介させていただきます。



私と佳代子様の出会いは1996年です。

1994年に立ち上げられた「スペシャルオリンピクス日本」がまだ日本でほとんど知られてい無い時代その立ちあげに尽力された日本の経済界の方々のうち私の懇意にさせていただいているある方の(細川元首相の中高大学の後輩のかた)御縁です。

そのほかにも「世界の子供にワクチンを」などのご活動で奔走されていらっしゃるお話も伺い、私も非常に感銘をうけ、私にできることはないか?と1998年の第一回KAORUKOフラワーショーにおいて私の初めての処女作「花の人・薫子の世界」という本の出版記念パーティーを開催しその際にパーティーの収益金のほんの一部をこの活動に寄付させていただいたり、
また2001 年 映画『エイブル』制作 (知的発達障害のある方の実際のドキュメンタリーで素晴らしい可能性を秘めているということが伝わる感動の映画です)際にも本当に末端の微力ながらKAORUKOの会社として微々たる金額を寄付させていただいたりしました。

この映画の最後のロールスクリーンには弊社の名前も登場するんですよ。

その「花の人・薫子の世界」ではこのように寄稿も頂戴し掲載されています。

私も自分の息子が小学校の一時期と中学校になってすぐ不登校になり精神的苦悩を家族で向き合った経験があります。
いつも書くようにそう言う体験があるからこそ、子供たち、青少年の教育活動・・・心の教育や導きなどにとても人ごとでない切迫感があり、何かお力になれないかといつも考えています。
KAORUKOの始まりの頃の第一回フラワーショーの主旨のひとつであった御縁もありあれから11年KAORUKOとして走り抜けてきましたが、届いたこの本のもつメッセージをしっかりと受け止め何か小さいことでもできることを考えていきたいと思います。






本日も朝からブーケを作ります。心をこめてお幸せにと祈りを込めて作ります。
土日の朝はそんな朝です。
魚屋のように早起きをして花を花瓶からだしワイヤリングをします。私の揺れるブーケは作り置きができないから、その日の朝に逆算して作業を開始。
花首で花を切る作業は「KAORUKOさんは臍の緒を切るようだと言われたことがある。
はさみで切った瞬間命が吹き込まれるのだ。そしてワイヤーを一本一本挿し保水をしてテープを巻き私の心がつむいでいく。
ブーケを組み立てる作業は私の心と花と花嫁さんを私の手が一体化させること。花たちは意志を持つように可憐に無垢に私の指先を経て動き出す。
花嫁さんがこのブーケをもってどうぞすべての不安を祓い幸せのオーラに包まれるように。どうぞお幸せになって下さいと祈りを込めながら組み立てる。
私がお会いできる花嫁さんは限界があるけど、私の手がつむぐブーケに私のすべてをこめてブーケを作る。
それは私の過去も現在も未来も込めて。今の私を作った今までの道の果ての今日という瞬間を。
だから見えないものが私のブーケにのり花嫁の心に届く。
どうぞお幸せにと祈りを込めて私は今日もブーケを作る。
Posted by: kaoruko
本日はサロンのお祓いに乗越神社の神主さんに来ていただきました。

私はすっかりナチュラルモードで貴重な映像です。海外でオフの時にしか着ないような洋服と素の顔・髪で。

これは外回りのお清めでお神酒を家一周と車にまきます。
見えないものをお祓いできれいにしていただく前に見えるものを一層きれいにします。
つまり御奉仕のお掃除です。ドブの中も家の裏も砂利の中の草もすべてきれいにと言って。こういうことをとうしてスタッフたちの心の中が見えてきます。

言われたところだけを完璧にやるのでいいのか?
ちょっと待てよと隣の家のドブもやるか?
ドブの中はきれいにしてもドブのヘリにのびた雑草をどうするか?
敷地ではない道路は?
植木鉢の中の小さな雑草にも気がつくか?
積もった枯葉はどうするか?
育ったオリーブの花が道路一面に細かくゴマを散らしたように散っているのをどうするか?
思いがけない勝手口の裏にみつけた猫の糞をどうするか?
など。
黙って見ていると面白いことに気が付きます。
一事が万事で、見えているはずなのに気がつかない人、気がついたけどやることまでに及ばない人、全く気がつかない人、
気がつこうとしない人。

仕事の場で私のフォローをしているときの仕事ぶりでいつも注意されることと重なるから面白いです。
つまりは心で見ているか?脳みそで考えているか?目の前のこと以外広い視野でアンテナを張っているか?
こんな掃除ひとつでも学びがあります。

そしてなんと、ど根性パンジー今年も!もう一年たったのね!またこんなところにたくましく、そしてけなげに可憐に咲いているなんて。寒い冬も熱い夏も乗り越えてまた同じアスファルトの隙間から顔を出している。

こんなところにも学びがあるねと。

オリーブの葉の下の方黄色い小さい点が見えますか?

そしてなんとこんなところにもサプライズが!
玄関脇のお花の道具をしまってある棚の上はかご置場。その籠にぶら下がっているとっくり上のものが。
実によくできた、はじめからこのかごにこのようにコーディネートされているかのようなこれは?

そう蜂の巣なのでした。

凄い芸術作品のようです。誰も気がつかずにこんなところにいつの間にかできていました。

コツコツコツコツ蜂が作ったんだわね。
こんなところにも学びがあるねと。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
お祓いをしてもらい一同心機一転また明日から頑張れそうです。本来は年が明けた節分過ぎに来ていただくべきところでした。
が、今になってしまいました。汗

そしてお祓い後はありがたいお話を杉浦宮司からいただき、とてもいつもながら深い学びをいただきました。
コツコツコツコツ自分の足で歩くしかない自分の人生の道。お祓いをしていただくからと言って御利益があるかと言えば、それは無い、デモ自分の足で来て掃除もしていろいろ気がつく、反省をする、自分を見つめる、それだけで半分は御利益。結局は何もしないでアグラかいて努力しない苦悩しないで誰かに助けてもらおう、神様お願いって言ったってそれは誰も助けない。
自分で一生懸命やってやってそれから。
すべては自分の足で自分の道は歩くしかないのですと。

草取りも、蜂も、パンジーもそういう教えですよね。勝手に私が思います。

コツコツコツコツ積み重ねて形ができて心が入る。
その先生の技術も生きざまも真似から入り寸分たがわずできるようになって初めて心が入る。先生の手先だけ見ていては先生が次に何を必要とするか?先の先を読み、次になにが必要か?を感じて動くことすらできない。自分の手先だけ見つめて作業をしていて先生の手すら見ていなければなおしかり。
手となり足となることができるようになり、自分もまたできるように向上するためには、自分の目の前の作業だけに没頭していたら勤まらず毎日叱られてばかりの繰り返し、なぜうまくいかないのか?なぜ同じことができないのか?

スタッフたちもそのヒントをいただいたようです。

KAORUKOのスタッフで居るということはKAORUKOが日々次々と新しい挑戦の仕事を与えられたり、グローバルな動きの仕事や一流の方や現場での仕事ばかりであることから、スタッフたちも日々成長出来なければついていくことが残念ながらできない。そのヒントを。












Posted by: kaoruko
撮影模様です。代官山のスタジオにて夜遅くまで撮影です。世界的に活躍している人気急上昇中のジェシカちゃんです。贅沢な一流の撮影です。各界のトップアーティスト達による撮影という日です。
KAORUKOのフラワーコーディネートも肝入りです。

こちらはヘッドにつけるさりげないチビメリアです。

田原さんが渾身の撮影を。そしてアートディレクターの西田さんは、インタビューです。動画配信もされますので。

私とけんすけさんが撮影の合間に「ちょっと待った!」とはいりこみお互いの持場を直します。完璧を追求。計算されつくした自然を出します。

こんな風に最後の撮影は楽しそうに動画です。
揺れるブーケをかわいいと言ってはしゃぐ感じです。ラリラリラ〜〜ンと弾みます。ブーケも一緒に踊ります、はずみます。

揺れるブーケはこんなに振り回して、こんなに見えないくらい揺れても形状記憶のごとく元の形に戻ります。
振り回すくらい揺らしてぐちゃぐちゃに原型がなんだかわからないくらいに壊れるのはまがいものです。

みようみまねや認定とらないで、あるいは認定とっても極めずに途中挫折していくブーケは乱れていきます。見抜くのはあなたです。^^

こんなに揺れても元通りになる形状記憶の揺れるブーケ。
花嫁さんの心と呼応して揺れ、そして花嫁さんのドレスや体のラインにまとわりつくように一体化し、そしてどこから見ても美しいのが揺れるブーケ。そうただゆれているだけではないのです。計算されつくしたテクニックね。
花嫁を限りなく美しくピュアに輝かせます。
花たちも楽しそうに笑うのです。

そして本もののゆれるブーケの見分け方は作り手の心がピュアであれば花と心が融合して肉眼では見えなくなります。
ほらほらね。
ぎっちりブーケが見えているようでは心もブーケもドロドロです。限りなく透明感を増し、そしてやがて見えなくなるのです。そして見る人の心のピュアさも投影されます。見えていないあなたはピュア度が高い人です。
浄化のブーケお祓いブーケと言われているゆえんです。

ほんまかいな。
んなばかな?揺れるブーケ都市伝説です。^^信じるか信じないかはあなた次第です。^^笑

本日はこのくらいしかお見せできないの。
これは昨日ご紹介の新聞発表のブライダルプロジェクト、の撮影。ウェブ用です。ここでは田原さんの写した完璧に美しい映像で動画も写真も見れます。
KAORUKO定番のベージュのバラたちを使いKAORUKO色のブーケ。KAORUKOブランドブーケです。
最後撮影が終わり記念に。
うぅ私だけスリッパではないか。
これは私と仕事した人なら今ごろ画面の前でうなっているでしょう。。そう私は仕事の時はハダシになるのです。そして御持参のマイスリッパは某私の都内の定宿隠れ家ホテルのスリッパ。これがわかる人はかなりホテル通。
そのホテルのメンメンはうなっているでしょう。
そして長時間の撮影後は打ち上げです。
チア〜〜ズ^^さすがに一番活躍のカメラマンはプツッと糸が切れたようです。^^笑

私はジェシカちゃんと並んだらヤバッやめときゃ良かったわ。。汗。。

この某レストランのこのピッツァはナポリで開催の世界大会で見事優勝した腕とレシピだそうです。この手はけんすけさんの手です。
そしてチーズを燃やして溶かしリゾットを作るところ。

私もよくやります。帰宅が12時を軽く過ぎ、それから数時間かけてこのブログをやっているというしまつ。
明日も朝から楽しい浄化の日です。さて明日は何でしょう?



Posted by: kaoruko
本日は大切なお友達とお会いするために千葉まで行きました。数十年ぶりの大切なお友達です。最近千葉に縁が戻っています。
と言ってもただダラダラ余暇を楽しんでいるのでは無く、限られた束の間の時間にとある大切なお話です。2時間くらいに束の間のお話です。それでもためになります。
そしてその前もあともバタバタと忙しくしています。
昨夜は本日の大切なお友達とお会いするためにブログも忘れていました。珍しいことです。大切な何かは内緒です。トップシークレットです。^^
そんな日もありますKAORUKO数年に一回くらいは^^


さて発刊されたブライダル産業新聞の記事です。かねてからこのブログでも小出しにご紹介していたあるプロジェクトという件です。ブライダル業界の革命革新というところです。時代のニーズが今こういう時代。変わりたい、変わろうとしているホテルにお答えするプロジェクトです。光栄なことにフラワーアーティストではブライダルフラワーの旬な人日本を代表する・・などということで僭越ですが私をお選びいただきまして、これからこちらのプロジェクトでも頑張らせていただくわけです。仙台の契約もそろそろ一年が終わるので、さて次はまた全国の変わりたいホテルのブライダルフラワーのため、花嫁のために参上いたします。^^

この写真のカメラマンから送られてきた写真の現物はこれです。いかがざんしょ?
田原さんの作品です。^^

明日はこのチームでモデルさんの撮影があります。
またブログ報告しますね。
週末の素敵な花嫁さん達です。お一人お一人心をこめておつくりいたします。最高です。花嫁さんを最高にキラキラオーラを出していただけるためのKAORUKOの揺れるブーケとKAORUKOがおそばにいますウエディングです。^^

ブーケと会場装花もこだわった方たち。オリジナリティーたっぷりと。
ブーケもオートクチュール。バラにキラキラを入れてKAORUKOブーケで定番人気のくるくるグりンを3Dに取り入れたブーケや、オフホワイトのカラーやバラを入れて、やはり3Dくるくるグりンを入れたブーケ、そしてエレガントなベージュのバラたちにrucoパールをいれたブーケ。皆さん最高に美しい幸せの笑顔ですね。^^私もしあわせです。^^

ダイジェストで。。
花嫁さん達のリクエスト満載です。今週は海の思いで風とかモダンクールはなく、かわいいもの好きやエレガントタイプの方たちでした。ガーベラがお好きな方が多い週です。
我が家にようこそ風のウエディングやカフェ風ウエディング、そして可憐な野の花風ウエディング、グリンとオレンジ大好きレストランウエディング、そしてピンクガーベラと緑をこよなく愛する大好き花嫁さんウエディングなどなど。
一日駆けまわりながら、会場のお花をセッティングして、コーディネート、そして揺れるブーケを作り記念写真。こんな感じでたくさんの花嫁さんがKAORUKOデザインのお花で幸せに一歩を踏みました。おめでとう!




)<%

御披露宴がおひらきになり、お帰りの際にホテルのロビーで私が通りかかるのを見つけた花嫁さんは必ず小走りに「KAORUKOさん!」とやってきて、どんなにうれしかったか、ブーケや会場のお花が満足いったか、お友達に自慢できた〜などと口ぐちに言うのです。
一生の思い出の中にKAORUKOがひそやかにいれること。こんな醍醐味はないですね。徹夜でも神経張り巡らせようと、駆け足で秒刻みで駆け回ろうと、だからやめられない、この幸せのお手伝いなのです。

()%>
Posted by: kaoruko
仙台から帰宅。さすがにウエディングを土日、KAORUKOご指名のセレブウエディングを担当し、ほぼ徹夜状態で過ごし、そして神経を張り詰めながら一生に一度の晴れの日のお手伝いを心をつくしきれないほどつくしながらそして秒刻みで動くこの仕事が終わるとドット疲れます。幸せのお手伝いであるから、一生の思い出になりましたと御喜びいただいてKAORUKOさんのブログにも出れてうれしいとキラキラとみなさんがいわれたりするからやっていられるものの、擦り減る神経、目配り気配り、そして技術、チャペルと御仕度部屋とパーティー会場と作業アトリエとを裏動線で走る走るの繰り返しの体力。同時進行でいくつかのカップルを手がけ、そのかん、来月の花嫁さん、来館し、お打合せデザイン相談を手がけ記念写真を撮ったしして、また裏動線を走り走り、チャペルや、パーティー会場いくつかの進行に合わせてブーケを作り作り、会場のコーディネートに行き。脳みそは同時に10個くらいのことを同時進行で考えて
時間軸と進行表を描く。体中の眼と耳をつけて。そして自分の体を運ぶ。

そして心を使う数十時間。

そして新幹線で帰ってくる。

KAORUKOブランド契約としてこの仙台他いくつかやらせていただいていますが仙台強化月間として私が優先順位一番として契約満了までのあともう少しをつつがなくやらせていただくわけです。

でも既にダブルでいろいろな契約をまた、いただいていて、デモこの調子が増えすぎると体がもたないぞ〜と悲鳴をあげています。
やる気元気はあるのですが、体はなまものだからね。
KAORUKOさんに手掛けていただいて本当にうれしいと結婚式が終わった後に花嫁さん達が駆けよりそう言ってくださると、「だからやめられない」と思うのですが。
住んでる地域の契約ホテルいくつかでやっているのと話が違う・・・
かつて年間2000組時代は一日20件は同時進行で頭の中が狂いそうな進行をそう、ソロモン出演の際に見た人はお分かりいただいているかと思いますが、現在は件数より最高にこだわる質、ハイレベルなウエディングという方向性に変えたものの、やっていることはさらに深く、心と神経をどれだけつぎ込むか、どれだけ上質を手がけるかをKAORUKOだからと期待されるやり方。

日本全国の花嫁のために飛び回るというKAORUKOの宿命。
デモ、頑張らなくっちゃね。
いろいろなホテルで過ごす日々も慣れたといえば慣れましたが「うちごはん」が恋しくもなる。
明日は納豆にネギいっぱい入れてホッとしよう。

すてきな花嫁さんは明日御紹介します。
Posted by: kaoruko
故作曲家の中田喜直先生の水芭蕉忌のコンサートの舞台装飾です。
今年で9回目です。光栄なことに毎年担当させていただきています。中田先生の奥様がKAORUKOにご指名くださいます。

中田喜直先生は日本の唱歌の作曲に多大な功績を残された素晴らしい歴史に名を残す作曲家の先生でした。
夏がくーれば思い出す、静かな尾瀬〜♪〜水芭蕉の花が咲いてる〜♪
日本人で知らない人はいませんね。それとか

小さい秋小さい秋小さい秋み〜つけた〜♪
とか。

というわけで今年は私が本日は仙台なので昨日作成したものをスタッフたちが搬入。奥様が舞台から花をKAORUKOのデザイン作成だとご紹介下さったとのこと。
「毎年この花を楽しみにしている」という声も多いそうで、本当に身も引き締まります。
今年は尾瀬のあの、散策道を表現し、あの水のせせらぎ、木立、澄んだ空気です。
客席から見るとまさにそう見えるように。^^

中田先生がおなくなりになって9回忌とは、私もしみじみとします。
私の花がそんな偲ぶコンサートにお役に立てることを幸せに思います。

仙台入りです。
本日の花嫁さんです。明日が本番なのですが、本日は前撮りと明日の本番のリハとでもいう感じです。
とても美しい正統派美人の花嫁さんです。そしてとても温かい優しい御新郎様です。
サプライズで私が登場したらとてもお喜びくださったお二人です。明日の本番楽しみですね和装もとてもお似合い。お着物を拝見して私がお着物の中の色に調和する髪飾りを作成。
KAORUKOブランド定番のスタイルですが、花嫁さんのオリジナリティーを入れて。シャラシャラと舞妓さんのかんざしのようにグリンのパールが揺れます。

そう、私は明日だけ登場のはず。そして私の認定の揺れるブーケライセンスのものがブーケを作ってお届けという約束でいいのでした。がせっかく明日の本番のウエディングがたくさんあるために前日の仕込みで仙台入りする私としては少し早い新幹線に乗れば、このカップルのためにブーケをおつくりして、少しでも顔だしできれば・・・・と考えて。。
だからサプライズ登場にお二人とも超びっくりしてとてもお喜びくださり、私もうれしかったです。
「KAORUKOさんが来てくれた!」という瞬間キラキラ笑顔がはじけるのです。その瞬間が私もうれしくて。。^^

明日は本番ウエディング。会場装花もお二人のリクエストに合わせて頑張っておつくりします。
お楽しみに。
Posted by: kaoruko
最新プロマイドです。というか先日プロカメラマン、田原さんに撮っていただいた取材媒体用にこのプロジェクトで出すという写真が先日送られてきました。もっといいのがあるんだけど、それは今度お目見えのこのプロジェクトのウェブにて使われているのでそれが公開になったらお知らせしますね!さすがプロ写真ですね。
私。KAORUKOいかがざんしょ?

アンニュイな私、笑顔満載の私、などいろいろ撮ったので本日はこんな感じをご披露です。

さて、本日は朝から木更津へ。そして三越レッスンへ。
レッスン模様は先日の大阪のも合わせて来週まとめてアップします。明日からまたウエディングの週末が始まり、そして毎年恒例の作曲家の先生の舞台装飾を手掛けます。その模様もまとめてアップしますね。写真、ブログがおいつかないわ〜幸せなことに仕事が毎日目白押しでいろいろありすぎて。。
では。では。
Posted by: kaoruko
とある撮影とはここ、フロールエバーの本社ギャラリーで行いました。
このブログでもおなじみのプリザーブドフラワーのフロールエバーのカルディナス社長と、同じくおなじみのヘアメークアーティストけんすけさんです。
そして右の写真はいったいなにやってるのでしょうか?

そしてこちらは、モデル撮影。実は私の生徒さんで天使ライセンスの小澤さんです。モデルは小澤さんにお願いしました。小澤さんは私の揺れるブーケを持って結婚するのが夢だったそうで、始まりは私のファンとしてウエディングのお客様として出会いました。あの出会いがこんな日が来るとはね^^なんて言いながら撮影です。「信じられない〜夢みたい〜」と。。(私もけんすけさんにつけてもらいました〜。)


けんすけさんに3時間近くかけてじっくり肌も作りこんでもらい、ヘアメーク。
「自分の本番の結婚式より凄い体験〜^^」と。

私が目の前で今作ったプリザの揺れるブーケを渡して。

人は出会いにより人生が激変します。
あれから小澤さんは私の揺れるブーケのかわいさに花嫁として実感して以来、さらに虜になり、天使ライセンスとブライダルフラワープロデューサー資格も取り、ブライダルのお仕事を本格的にスタート。ケーキの先生でもあったのでウエディングケーキとお花で活躍開始中。
KAORUKOのウエディングの現場もお勉強参加でワークに入ります。

本日はモデルちゃん体験「KAORUKO先生との出会いがありえない体験ずくしですぅ〜」と。

そうチャンスは出会いによってころがっているのです。でも誰に出会うかによってもその差はあるしね。
私は皆さんにチャンスを投げるタイプ。つかむのも離すのもそこから先は自分次第。不思議な撮影も含まれています。^^
盛って盛って流行の盛り髪。アゲハ風。^^
元祖盛髪を自称の私の本日の盛り具合は少なめ。(仙台、大阪と疲れが抜けていないためオーラを消して普段着で撮影へと私)

そして、先日のブログでも御披露したKAORUKO発明プリザでリボンメリア辻ちゃん風。。^^

さて、それでこれは何の撮影かって?

花の先生、花業界の方はそのうちこれを目にします。
一万人の方にはこれがお手元にフロールエバーからハガキとして届くそうです。あなたのところへはとどきますでしょうか?
さて何でしょう
。感の良い人はもうお分かりですね。

この媒体資料ができあがった頃、真相は公表しますね。

撮影後に。左からけんすけさん、カメラマンの中川さん、フロールエバー社の高見さん、私です。中川さんは私のあの紫色の美しい表紙の揺れるブーケコースの教科書としても使用の「KAORUKO スタイル アレンジメント」(誠文堂新光社 刊)の撮影をしてくださった巨匠。5年ぶりに思わぬ再会。^^



私にとっても光栄なことでもあり、花業界、プリザ業界にお役に立てる出来事です。

先日のリッツカールトンでの私のショーをカルディナス社長がご覧になって「ひらめいた!」のだそう。
さて、お楽しみに!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★かわいい花嫁姿にぴったりのブーケとヘッドドレス(髪飾り)
このところのKAORUKOブログは週末の本番ウエディングでもご披露しているように、花嫁を最高に輝かせるには、このトータルコーディネートの美学とどの審美眼により開花させてもらうかという出会うウエディングのプロにより違うという事例をお見せしていますが、今年のテーマはこれですね。
「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)でもテーマにしたように、これですこれ。
後二つのプロジェクトもこんな関連です。誰もやったことがない、新しい展開です。
KAORUKOにご指名頂いたあらゆるジャンルのプロジェクト。、
5月後半から6月上旬にかけて新聞発表と記者会見が続きます。

随時発表していきます。目が離せませんね。KAORUKOブログ。






Posted by: kaoruko
大阪から最終便の飛行機で帰宅。
明日はとある撮影なので今宵のブログはこれくらいです。
明日の撮影風景はまた明日掲載しますね。
モデルちゃんたちです。KAORUKO定番のブーケたちトブーケとドレスに合わせた髪型と髪飾りのトータルコーディネートの美学と女優オーラへのお導きをショーしたてで行いました。モデルちゃんは一般の人です。それえもこんなに可愛くして見せます。そしてさらに可愛くさせるオーラの出し方のレクチャーです。^^

上質を知る花嫁に大人気のワントーン抑えめのバラたちのゆれるブーケです。キラキラシャンデリアも入れて
髪飾りはかつて某超人気女優さんのウエディングでもこんな風にバラのティアラをおつくりしましたが、そんな風に。ティアラに組みます。

オレンジのドレスとオレンジのブーケと髪飾り、おそろいのケーキとお揃いのテーブルコーディネート。すべてが絵になるように。盛り髪で。


紫のお花をこんな風におでこにつけてみました。


昨日の私がつけていたのはこれです。^^辻ちゃんのようなリボンをお花で作ってみたのです。


ショー本番直前スタンバイ中ブーケのチェックを。


ハイ。そしてKAORUKOお約束のお写真も忘れずに。なんと、またまた私がブーケをかざしだしたら雲がわれ、光が射し込んできたのですよ。いつかのあの時のように。^^
ハイ。私の定番の人気ブーケばかりのご披露です。ピンクのリボンブーケシリーズは秋冬の新作ね。





参考〜
2008年12月5日のブログ写真より

光のスロープを降りて天から舞い降りてきました〜

これはこの仙台ロイヤルパークホテルとブライダルフラワープロデュース契約(私は花屋では無いのでデザイン、コンサル契約)直後にホテルを訪れたとき。
きっとこのホテルに意味があって私がやってきて、花嫁さん達に幸せのお手伝いをして差し上げるという使命についての天からのメッセージだったのかもしれません。
あれから半年。
めまぐるしい日々ご依頼いただくあらゆるジャンルのフラワーデザインのお仕事や、イベント出演、大学や専門学校でも講義講演、そして執筆や直接生徒指導の花のレッスン、新しいプロジェクト、撮影・・・と、ある中でこのホテルにこんなにも新幹線で幸せのお手伝いに通っている私


御縁、使命、それ以外考えられませんね。
とにかくご依頼いただいたお仕事はどれも手を抜かず、心をこめて、体を酷使して(笑)やらせていただくのみです。
そして東北の花嫁算と一期一会。一生懸命お手伝いさせていただきます。

明日は大阪です。


Posted by: kaoruko
妖精になった私・・・ではなく、なにやってんだかと唖然としないでください・・汗・・これはモデルちゃんにデザインしてあげたKAORUKOの新作リボンのヘッドドレスです。「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)に掲載した発明したプリザーブドのリボンメリア。そう桂由美先生のショーでもご披露しましたね。あれを一般のお嫁さんもやりたいはず!と本日はショーにておつくりして。明日はその模様を美しいモデルちゃんでお見せしますが、本日はKAORUKO版です。

辻ちゃんの真似です。辻ちゃんやはるなちゃんたちがこんなのをやっているからひらめいてウエディングの女の子でもこんなのやってみたいはずとデザイン発表したものです。そしてアヒルのお口も真似してみました。

ガーデンウエディングをプロデュース。
私の駆け出しのころの約20年近く前、欧米ではガーデンウエディングというものがあるんだとまだ日本ではほとんどやっている人もいなかったころ。私の始まりはガーデンウエディングからでした。ガーデンウエディングのオリジナルウエディングのプロデュースから始まりました。だからこの手のウエディングは得意中の得意です。太陽や光を計算しながら、あるいは風を感じさせる、お花の作り方や色合いコーディネートはお任せくださいって感じ。女の子がかわいい〜〜と思うデザインです。芝生にお花も散らしてみます。
もう深夜を回って帰宅なので詳しくは明日!本日は予告篇です。

これはイベントのショー出演の中でお客様の前でケーキをプロデュースのシーンでさくさくとお花をつけていったので、チトまがっているではないか・・・汗。速効デモンストレーションだから仕方ないさ。
明日の素敵な写真をお楽しみにね。!!!
先日前撮りでご紹介の気品あふれる素敵な花嫁さんの本日は本番ウエディングです。
前撮りでリハーサル的な花嫁姿をしているから本日は安心の笑顔です。KAORUKOの揺れるブーケは本番ウエディングでは歩いた時に可愛く揺れるように写真撮影の時よりは空間をより作ります。ふわっふわっ♪

美しい花嫁さんがさらに美しくなります。ティアラをはずしてブーケとお揃いのミニバラをカチューシャ風につけます。本当に洗練の正統派な美しい花嫁さんです。うっとりします。。

御仕度が出来てガーデンパーティーに出発です。イケメンの御新郎様と。そしてお友達のカメラに囲まれてリラックスのピースのお茶目さも^^

お色直しもやはりはこんな風に洗練のドレス。ドレスに合わせて、トータルコーディネートの美学で私がデザインしたブーケとへっとドレスの絶妙なバランスです。
ワントーン抑えめの上品なウエディングドレスに合わせたブーケから変身です。
知的さに、かわいさが加わります。清潔感あふれるかわいさという感じです。

ホラこんな風に持つのよ。ドレスについているお花とのバランスやヘッドのお花全体が絵になるようにね。
そしてパーティー会場に行ったらお友達たちにはこんな風にお顔のところでブーケを振るとかわいいわよ。私のブログのようにね。^^最高の笑顔が出せるようアドバイスです。ブーケを可愛く持ってくれています。^^

そしてお二人にアドバイスをさせていただいてから、走って裏導線を行き、ホテルのバックヤードでケーキにお花を取りつけます。本日のケーキはハートの3段ケーキです^^かわいいでしょう〜。そしてお二人が大好きな黄色のお花たちで飾りつけです。

ホラできました〜。超可愛い。お二人お喜びいただけるかしら^^

『黄色、グリン、ガーベラ、フルーツ』をコンセプトに宿題をいただきデザインした会場装花。
初めてのお打合せで「おいしいものを食べるのがお好き」というお二人にはお話していくうちにそんなキーワードを引き出し、本日を迎えました。

たくさんのフルーツを入れてフレッシュにおいしそうにさわやかにデザインします。

皆さまのテーブルはカジュアルに仰々しくなくというお二人のおもてなしの心を表現しました。「ようこそ我が家に風」といった感じでしょうか。

そしてお二人のメインテーブルはこんな風に風がふくように新緑の季節をおもわせるようなエッセンスも感じさせながら。

オリジナルウエディングはお二人らしさやこだわりをいかに花で表現して差し上げるか?
そこがブライダルフラワープロデューサーの手腕にかかわっています。
お二人のおもてなしの温かい思いがお客様たちに伝わらないといけません。お二人の心を私が心で感じ取り花で表現してさせ上げるお仕事です。
そうやってケーキもテーブルのお花も作り上げます。
現場では早朝から駆け足駆け足で裏に行きつくり、お二人のタイムスケジュールを把握してブーケをお渡ししながら一番かわいい魅せ方をご指導させていただき、そしてパーティーを影から見守る。
時にジ〜ンとしながら。
そして裏に走る走る。

テレビ東京「ソロモン」や数々のテレビ番組で密着したのをみたことがある人は、私の仕事は毎回がそんな感じです。100組いても100通り。それぞれの人生があり、それぞれの生きてきた歴史がある。魂に合わせてコーディネートするお仕事です。

今日も幸せのお手伝い。私も幸せな一日です。
おしあわせに!おめでとう!









Posted by: kaoruko
またまた仙台です。
最近毎日こんな感じで仙台の往復の間に取材や原稿書きや撮影や三越レッスンをしてという具合です。超多忙がますます忙しくなり、もう長いこと休みがないです。ゴールデンウィークもお休みなし。土日もお休みなし。
オフィスの事務方は月末から長〜いゴールデンウィークで11日まで休みというなんと贅沢な。そうよね。私がこうして地方出張ばかりだから
オフィスにもいないのでここぞとばかり長期の連休を事務方はとってうらやましい。〜
またそのうち海外に息抜きにでも行きたい気分になってきました。
また明日から頑張らなくては。幸せのお手伝いだからそうは言いながらも私もわくわく仕事をさせていただいているのです。^^

明日は素敵なウエディング。明後日はブライダルフェアに出演です。ゼクシーでも告知のKAORUKO出演というイベントです。天気が晴れたらいいな。
ガーデンウエディングのフラワーコーディネートをします。仙台お近くの方はぜひ見にいらしてくださいね。
Posted by: kaoruko
本日は代官山の田原さんのスタジオで撮影です。新しく発表されるプロジェクトがカウントダウンです。詳しくは新聞発表まで書けませんが、本日は取材記事やそのプロジェクトのウェブ上の写真撮影です。

こんな風に、けんすけさんがヘアメークを直してくれて私を写すカメラマンの田原さんがさらに「この前髪少し下がりすぎじゃない?」なんて言いながら直す。アーテティストの審美眼が私を見つめてより良い映像のために手直しをしてくれる。


いつかの25ansウエディングの撮影の時のように土屋王子とけんすけさんとの撮影のようにいい気持ちになっています。私。ハイ。まぁ、ビジュアル的にもかっこいいお二人ですが、その道を極めまっしぐらという人たちが持つ共通の目つきというものがあります。そう言うものに「惚れるぜ」なんて冗談言いながら。^^
仕事をしているときの目ですよね。私もこんな目をしながらはいりこんでいるんだ、きっと。

けんすけさんの一人の写真も撮りまして
このプロジェクトのプロデューサーでもあるアルマーニ銀座の狩野さんと。

日本を代表するブライダルアーティストたちということで花はKAORUKOとしてお選びいただきお声かけをいただいたのがかれこれ数か月前。このブログでもたびたび登場してきた会議はこれでした。
ブライダルフラワーで日本代表ということで僭越ながらKAORUKOということは大変ありがたいこと。
そして今からとあるプロジェクトが始まるそうです。
カウントダウンなので近日発表です。
先日記者取材がありました。がそれです。
狩野さんは、外資系ホテルが日本に進出するときに日本のブライダルに精通した人材ということで選ばれてパークハイアットを立ち上げ、マンダリンオリエンタルホテルを立ち上げ、リッツカールトンを立ち上げ、そしてアルマーニ銀座を立ち上げと、超一流のプロジェクトを立ち上げてきたブライダルのある意味カリスマ。
そしてアルマーニレストランのシェフはバッキンガム宮殿や、ホワイトハウスの料理長も担当してきたイタリアのシェフ。
こうしたあらゆるジャンルのカリスマと言われる人たちが選定されて日本のブライダルに新風を吹き込むプロジェクトとのこと。
楽しみです。お選びいただき光栄です。
正統派の花嫁さんにはKAORUKOスタイル定番の洗練と上品さを兼ね備えた、ワントーン抑えめの揺れるブーケです。25ansウエディングの取材でもモデルちゃんに持っていただく定番の美しいブーケを本日の花嫁さんのために少しセミキャスケ風にオリジナリティーを入れて作り上げます。
御仕度が整い出発です。ハッとするほど美しい。上品さが際立ちます。


光を浴びてさらに輝きを増す花嫁さん

衝撃写真!!??
こんなことやってみたい〜^^女の子なら憧れます。こんな写真。

トータルコーディネートの美学。ゴールドを思わせるような気品あふれるウエディングドレスがぴったりの花嫁さんにKAORUKOらしいこのブーケはさらにぴったり。
このブーケは持つ人を選びます、ブーケに負けない凛とした美しいオーラを放てる人なのです。上質を知る花嫁。

御新郎様が素敵な花嫁さんを写している微笑ましい素敵な一枚。

素敵な花嫁さんたちに合わせてそれぞれ個性を引き出すブーケをおつくりしたこの毎日。幸せのお手伝い三昧に私はとても幸せです。
思い出の傍らにそっと寄り添うKAORUKOですが、花嫁さんをさらに美しくさせるパーフェクトなブーケたちは、これがなければ完結しないというほど花嫁を輝かせます。
 
本日はロケーションフォト。前撮りです。本番は今週末。このブルーのブーケは本番ウエディングのお色直し用です。さらに知的に高潔に輝く花嫁さん。。楽しみです。
おしあわせに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は、私の顔の撮影だそうです。
う〜〜ん。急に言われてもダイエットもしていないのにぃ。
取材用の宣材写真だそうです。う〜〜ん。メークとカメラマンの光の調節で小顔に見せてほしい。
代官山のスタジオで撮影は繰り広げられます。その模様も明日のブログお楽しみに!





魔法にかけますわよ!KAORUKOマジック。女優オーラのお導き。本来の花嫁さんの素敵さを揺れるブーケが引き出します。見ていてね^^

ホラ!こんなに可愛く、キラキラ天使が舞い降りてきて幸せの粉を振りかけます。超可愛い笑顔が自然に出てきます。花嫁さんの緊張を解きます。


そばで見ている私もうっとりするくらいの本来持つ産まれたときのような無垢な笑顔へと揺れるブーケがいざないます。
「わ〜かわいい。揺れるブーケ。揺れてる揺れてる」と無垢なブーケと呼応します。ブーケにうっとりしてくれている花嫁さん。髪飾りのお花はこんな風にブーケの花たちをくまなく取り入れたメリアです。ライムグリンのリシアンサスも取り入れて。
トータルコーディネートの美学と、花嫁さんの個性も取り入れます。ブーケと髪飾りのお花はとても大切なもの。美しさを半減するも増大するもお花のデザインとマッチ具合にかかっている、とても大切なものです。

こちらはね。花嫁さんと御新郎さまのリクエストでブーケとお揃いの会場コーディネートです。レストランウエディングです。

お花の向こうに私です。^^
るるるるる〜〜〜〜ん♪とお花たちが歌っているようにアレンジメントしていきますよ。

ほらね。花たちも歌ってる踊っている。らりらりら〜〜ん♪♪ブーケもテーブルのお花も「お幸せにね!」って喜びいっぱいのエールを送ります。そんな感じで一挿し一挿し私の心を花に込めます。

ブドウも一緒にさわやかにね。おしあわせに!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こちらはさりげない少人数のレストランウエディングの会場です。ミニバラたちがはにかむようにほほ笑んでいます。やわらかな光にとけるように。



Posted by: kaoruko
アラフォーウエディングが増えているそうです。
30代後半から45,46歳の。アラフォーってどこまで言うのかしらん。49歳はアラフィフ?
私たち世代は時代とともに生きているといわれた世代。JJ読者がお姉さんになった頃発刊されたクラッシーやその読者が30代になった頃発刊されたヴェリー、そして40代はストーリー。読む読まないは別として、私たち世代です。今は大人婚の時代とも言われ出している。

そして今やアラフォーが結婚適齢期らしく、独身で通してきた人も若くして結婚して子供が巣立って今アラフォーの人での再婚とかいずれにしてもこの世代が結婚適齢期だと昨今の芸能人の結婚ラッシュはまぎれもなくアラフォーなのらしい。
40代が結婚適齢期とは、今朝の芸能番組でやっていた。
20代や30代では出せない人生を知った深みもあり、また今の40代は自分らしさも出せていて、さらに輝いて美しく魅力的なのだという結論が真矢みきさんの映像とともにコメントされていた。

ダイエット放棄などと言っている場合ではない・・と奮起して私も美しくなろうかしらと少しは刺激されました。汗
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日の夜はたまたたま古い友人たちと会食を横浜でしました。急遽横浜入りしたので予定がぽっかり空いたので。。
「KAORUKOは12年前知り合った時は痩せていたよね。40キロ代だったでしょ」
「う〜ん。。微妙に50キロくらいかな。。痩せてはいないけどぽっちゃりくらいかな?今は20キロくらい増えたからね〜汗」「えっ?てことは今の体重は!!!」
「あっいや、体重は5年ほど計った事無いんで〜汗」
そううちには体重計がいまだにない。そんなお話をしながらこれまた中華街で舌鼓。

いいのよ、数値が健康であれば。癌検診は毎年しているから血液もコレステロールとかも全く異常なし。
だからいいのいいの。

ダイエット放棄歴7年の私。ダイエットに目覚めるときは来るのでしょうか?







Posted by: kaoruko
本日はビジネスミーティングのために帰京。早朝から本日のウエディングのためのブーケを作成したり会場装花を仕上げてスタッフに任せて新幹線に飛び乗ります。

そして会議の後は気分一新の会食です。

本日の会議は山野愛子ジェーン先生からお誘い頂いて秋の芸術祭についての楽しい企画です。。毎年横浜アリーナを貸しきり数万人が集結する芸術祭です。
 
まだ内容はもうすぐ行われる、記者会見前だから言えませんが、素晴らしいものに、今年もまたワクワクです。早いもので一年はあっと言う間。そしてジェーン先生との出会いも桂由美先生のショーの舞台裏で和装美容着つけ、花、それぞれの担当として出あってからかれこれ10年。ファミリーでご飯を食べるようになってからも数年たちますね。早いね〜と本日も話して。

 
ランチはジェーン先生のご主人とおじょうちゃまと、ファミリーで仲良しのご一家4人もご一緒に。
とても楽しいひと時でした。(携帯カメラしかなくて画像悪く残念)

ジェーン先生が予約されたこのお店は横浜中華街の華正楼新館。
数年前、私のお友達のこのお店に私の息子たちとの会食にご紹介してからは、それからは御用達となったそうで、私も私のお友達たちが素敵に繋がりうれしいです。

思いがけず華正楼でおいしいものを頂き、連休の疲れも吹き飛び、楽しい話と笑いに癒されます。なんだかんだと気がつけば3時間も経ち子供たちがおねむの時間です。幸せだった子育てのころを思い出します。もううちの子たちは大学生と大人だから、こんな時代の幸せな時間を。

デザートのひよこまんじゅう。キュ〜〜ト!皮はゼリー状のモチモチで中はカスタードがトロ〜リと。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
この写真のご家族もハワイ出身のご主人だし、全員がアメリカ的な元気と明るさで、本当に大声で話をしたり笑ったり太陽のようなスマイルで元気を充電できました。
笑う門には福来たると言いますが、つくづく本当だと思います。スマイル!

女優オーラへのお導き・・・KAORUKOが手掛けるトータルコーディネートの美学。そしてキラキラオーラ満載の花嫁さんです。ウエディングブーケは「KAORUKO花スタイル」(25ansウエディング刊)のページを見てかわいいのがたくさんあるのであれもこれも可愛い〜ということで、そんなトレンドのエッセンスをちりばめてオリジナルブーケをデザイン。ポンポンしたライムグリンも可愛いし、クルクルグリンも可愛いし、サーモンオレンジのミニバラも可愛い・・とKAORUKOイズム満載の揺れるブーケ。幸せオーラで輝きます。

 
お色直しの色打ちかけに合わせて、こんなブーケを。キュートなピンポンマムと胡蝶蘭のブーケ。誰かの真似でなくKAORUKOオリジナルを常にご提案。日本人ならではの美しさ。和装・・・素晴らしいですね!

そして会場装花はカラーの花とシュガーピンク、ベイビーピンク、サーモンピンクがが大好きだという花嫁さんのリクエストにあわせてデザイン
 
  

キャンドルの花はシンプルにカラーとバラ系を分けて、メインテーブルは華やかにそしてケーキ前はバラバラバラにしましたが、ケーキの写真を撮り忘れて残念
 

最後の優しいピンクのドレスはミニバラで弾むように揺れるブーケで。シュガーピンクの様々なバラたちです。
「わ〜イメージどうり・・かわいい・・」とうっとりする花嫁さんの表情。「きっと私は可愛いに違いない」というトータルコーディネートによる自信のオーラがまぶしいです。
 
幸せのお手伝い。今日もまた!みちこさんお幸せに!

このブログの先輩花嫁さん達を参考にこの日を夢描く明日の花嫁たち。
そしてこうやって、やがて先輩花嫁になって行きます。
本日も新しい未来の花嫁さんが私とのお打合せにいらしていて、ちょうどこのみちこさんの美しいかわいいお姿に接し、素敵さを参考にされていました。

すべてを私に託してその日を迎える。花嫁姿も会場装花も。最高の思い出へのフラワープロデュース。
御本人の素敵さをさらにプロとして引き出させていただくKAORUKOマジックです。

Posted by: kaoruko
明日のウエディングのかわいい花たちです。
明日のこだわる花嫁さんをさらに素敵にさせていただく為にまたもや仙台入り。明日は一生懸命手がけさせていただきます。

明日の仕込みの後、時間があったので乗馬に。写真はKAORUKOティーシャツを着た今日の私です。
仙台にでもいない限りは都内では乗馬倶楽部にわざわざ行くということは時間的精神的余裕もないし無理無理。仙台で仕事も終わり空いた時間だからこそいけるというもの。

習い始めていきなりのめりこみ、仙台にきた空いた時間、短期集中的に先日は4単位も半日乗馬倶楽部にずっといて、進めていた私。

ゆれるブーケもそうだけど、覚えたてはガーッと一気にコンつめてやらないと上達しないから。
とても楽しいので今日も2単位突然レッスンを進めたら夜のレッスンは何と地元の小学生ばかりでびっくり!しかも低学年。こんなちびっこのうちから乗馬するなんてね。うらやましいわ。いいことですね。馬の世話、後片付けも平等にやるし。

そういうわけで、一単位目は少人数でパッカパッカと息がきれるくらいの有酸素運動にもなるような小走りに近いはやあしという練習を何周もでしたが、(疾走まではまだまだ・・汗)
2単位目は小学生の倍の人数のクラスでしたのでその輪に入りながら、混雑しながら・・とほほ。レッスンも指導している立場である私はいろいろな学びになりました。インストラクターの方々はとても熱心だし良いのですが視点はいろいろあるものね。

ステップアップしたいからこその貴重な時間をつぎ込むレッスンだけど、こういう視点で客観的に見るにも勉強といえば勉強?

初心者の生徒になって生徒さんの立場・気持ちや教える側の立場の両方の目になって自分に置きかえて。

行きの新幹線は野球選手たちと同じ車両でした。^^楽天かオリックスの選手だわね。顔がわからないからわからないけど。スポーツニュースによると。


明日はステキなウエディングをご紹介できそうです。はりきります。^^

Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2009-05 >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006