【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2010/09/01
東レパンパシフィックテニスです。

ダブルスの森田あゆみ選手とクルム伊達公子選手。40歳と20歳のコンビ


今日はクルム伊達公子選手はシングルスは敗退。そしてなんと夜ダブルスの試合があり、それも終了が21時半くらい。それから記者会見がありました。

私は夜の三越レッスンを21時に終えてお台場アリアケコロシアムに戻り観戦及び記者会見へと。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
素晴らしいインタビューで感動したセリフ

「日に日に敵が二人になる。それは戦う相手の他に自分。自分の体力的なこと」と。

「でも一度きりしかない人生、年齢にかんけいなく踏み出す勇気が必要だと思う」と。

「すきなことをやれること、好きなことだから頑張れる」と。

「やりぬく努力」と。

これはどの世界も同じだけど、本当にトップアスリートとして40歳でもなおこうして第一線に復活し、快挙を成し遂げたなみなみならぬ努力と苦労が垣間見え、胸が熱くなりました。
私もまた頑張ろうと勇気をもらいました。
きっと日本中の私を含めた中高年はそうおもったことでしょう。(きみまろさんといい、中高年というキーワードが今熱い?!汗・笑)



このテレビカメラが狙い撃つ記者会見の模様ですが、この写真で見える後方で独占インタビューを受けているのは伊達公子選手。(会見終了後です)


写真の奥にはTBSのニュース23の青木アナウンサーが控えています。ごあいさつしたかったのですが、
生放送の23時に間に合うようにあわてておかえりになりました。伊達選手にとても良い質問をされていました。それが冒頭のセリフです。



会見終了後はスポンサーでもあるTBSの独占インタビューの様子です。



私は記者会見のテーブルの上の花を手入れしています。後方は伊達選手。





お約束のKAORUKOポーズです。^^
今日は大田市場へ行ったので睡眠不足です。かなりの。


私の今日の花は生花です。紫と茶色とベージュのくみ合わせです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ごめんなさい!
眠い!
記者会見から戻ると23時半。ちょうどニュース23をつけたら青木アナウンサーがちゃんと座っていました。

お約束のロイヤルボックス他の花のデザインの写真は明日〜〜〜

今日は過密スケジュールでへとへとですぅ。

明日も5時起きしてありあけコロシアムへと行くのです。私の挑戦?
選手に心をこめて花を生け込みに。

うぅ25時寝ないと・・・













みなさん!テレビのスポーツニュースでKAORUKOのコートサイドのフラワーコーディネート見てくださいました〜?ピンクの蝶々がひらひらとしているかわいいお花たち。^^



「伊達さんがお誕生日だから記者会見でお誕生祝いをするからKAORUKO先生のブーケをお願いします」
ということで依頼をされて、私が作ったのは不死蝶ブーケです。^^

勝っても負けてもお誕生祝いをするという朝の依頼でしたが、

「勝つ!」
と念じて伊達さんのワインピンクのユニフォームにあわせてプリザのニューヨークピンク色(フロールエバー)を主体にしてアゼリアやクランベリー、ラベンダーと、そしてKAORUKOマイブームの蝶々をひらひらと。そう!不死鳥・・・不死蝶
まさに伊達公子さんのようですよね。そのイメージです。私が無意識に昨日から蝶々で飾ったのも「そうか不死蝶が伊達さんのイメージだったのかと」私。



こちらは記者会見の後に。(主催者によるブログ掲載許可済)

コートサイドに昨日作った蝶のアレンジとおそろいです。こちらは記者会見の様子です。

会見の花は今日は大きく作りました。顔に若干かか
るくらいに。ウエディングは低く作るものですが、記者会見は少し違います。^^



記者会見


こちらは私のつくった不死蝶ブーケをWTAの代表の方からお渡しいただきます。



マスコミの数も物凄いです。
アラフォーの☆が誕生日のその日にまた勝ち進んだとあれば。


記者の質問も「疲れは残りませんか?疲れをどうやってとるんですか?」などなどもテニスの話題の他にも^^
疲れないそうです。すぐ疲れはとれると言われていました。


記者会見のテーブルの花は今日はこんな感じ。
フロールエバーさんのプリザです。

新しいディープターコイズという色のバラを入れて作りました。

KAORUKO流のゆれるはずむテーブル飾りです。




明日は第3戦。また勝つのでしょうか?私たち中高年にも勇気を与えてくれた伊達さん。

明日のフラワーコーディネートは生花にしますので、朝早くから太田市場に行きますよ〜!
仮眠しないと!

昨日予告のロイヤルボックスの花はまた明日にお見せします。


*でも明日は、暗いうちに市場に行き、それから東レのテニスのコーディネートをしてから、東レテニスのお勉強参加に来る生徒さんにお昼までレッスン、
そして13時〜某テレビの打ち合わせ、そして出版の打ち合わせ、そしてそれからとあるレセプションに行き、そしてまたネットテレビと打ち合わせ、そして知人の個展に行き、そして三越レッスンです!

ふ〜〜



今日は東レPPOテニスはクルム伊達公子選手がロシアの妖精マリアシャラポア選手に勝ちました。

あらフォーの☆ですね〜凄いですね。試合をVIP席で私も観覧しましたが、私はシャラポワも大好き。昨年決勝戦入場時にコートサイドで私のブーケを渡してお話した時に心の美しさと真摯さストイックさを体感しているから今日もシャラポワと伊達選手が一回戦であたったことを恨みました。
だってどちらにも勝ち進んで私のブーケを決勝戦でもってほしかったから。。。。

で本日のコートサイドのフラワーコーディネートはこんなデザインにしたの。


ナント、これが暗示したかのようにクルム伊達公子選手のユニフォームの色と蝶々も色がドンピシャ同じだったのです。。。(選手が何色のユニフォームを着るかはその瞬間まで知るはずもないのですが毎年なんだか符号するのです)

「伊達選手が勝つということですね、先生が考えた今日のための花、コートサイドも記者会見の花も伊達選手のためにコーディネートしたかのようです。」
と試合が始まるまえにスタッフが。。。(後方に見えるあの花です。)

「シャラポワにも勝ってほしいのよ〜。困るわね〜この二人の対戦だなんて」と本当にどちらを応援していいやらという感じでした・・・



毎日いろいろなデザインを楽しみにこの試合を見ているというテニスファンと花ファンの方がいるということで私も頑張って考えます。
で本日は、なんだかインスピレーションが花より蝶々だったので、木々に揺れる蝶々・・・もちろんお花もピンク。。ヨーロッパから買ってきたあの花嫁さんたちを彩った蝶々の仲間たちです〜



早朝からこれを作ります。対戦選手たちが次々にセンターコートで練習をしています。
その傍らで制作をしますが、選手たちがこの蝶を見て手で触ったり「ナイス!」と目を大きくして声をかけてくれたりして私も嬉しいですが、選手も一瞬でも心が和んでくれたら〜と思いを込めて。



インタビュールームはこんな感じです。
記者会見が試合の後にここで行われます。

朝早くコーディネートした後におふざけの私ですぅぅ。汗



今日の記者会見の花はフロールエバーさんのプリザーブドフラワーをご協賛頂きました。カルディナス社長ありがとうございます。いつもいつも。^^
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

まさかの昨年の優勝のシャラポワが負けて伊達選手が勝ち進むことになり、すっかりあらフォーの☆となった伊達選手でした。

私はその後、青山のアイビーホールでのレセプションのご招待いただいていたので、行きました。

それはカリスマヘアアーティストのけんすけさんが新しいお店をオープン。

マンダリンオリエンタルホテルにも入っているパラダイスはパラダイスNEXTとして青山アイビーホールに出来ました。


そしてこちらはけんすけさんのパートナーのタロウさんがいらっしゃるそうです。
けんすけさんとたろうさんと私。イケメンにはさまれて毎日の疲れがとびます。とびます。
(私も8センチヒールを履いていますが凄い身長差)


けんすけさんといえば25ans。
25ansウエディングチームもお祝いに駆けつけて。。。
 

エリシュオンハウスのプランナーさん、右は和泉さんと左はにおかわさんと狩野さん。
エリシュオンハウスもけんすけさんとKAORUKOが直接お客様を手掛けるという売りで今後大々的にコマーシャルされていきます。




パラダイスチームのみなさん。
けんすけさんやたろうさんに憧れてパラダイスで花嫁作りに命を燃やすキラキラ美容チームです。「KAORUKOさんのファンだから写真とってあげて〜」とけんすけさん。。。うれしいことをいいますね。^^


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


明日も東レPPOのありあけコロシアムのKAORUKOアトリエにて私はつめています。

明日はクルム伊達公子選手の第2回戦です。勝ってほしいですよね。

私はテニス好きというわけでもありませんでしたが、この大会を担当するようになり、世界ランキングベスト10
いないのトップアスリートを中心としたみなさんに接し、本当にそのストイックな強靭な真摯な姿、ピュアな魂を感じ、本当に私の花で心から陰ながらエールを送るように作っています。
私も僭越ながら、花という世界ではありますが、同じような思いで日々挑戦してきて今があるし、終わりなき戦いなのです。戦いと言っても自分との戦いです。


私もそうだし、弟子やスタッフを見ていてもそうですが、こういう「道を極める」というジャンルは、いかに自分に負けないか?のひとことにつきます。
一瞬一瞬が試されているのです。まさに今日観戦したテニスもそう。一寸先は予測不可能。優勢劣勢の繰り返し。人間の人生もまったく同じだといつも思います。
だから日々コツコツ目の前のことを素直に一生懸命やらせていただく・・・それしかないのではないかといつも思います。
計算や打算や怠慢はもちろん、自己憐憫も自己陶酔も自己否定も自己逃避も自己満足でしかすぎない。
ただひたすら無我の境地。。。
無我、滅私、素直、純粋、真摯、ひたむき、コツコツ、一生懸命、全力、継続、あきらめない、忘れない、初心、
夢への道・・・

自分との戦いですね。日々戦い。自分の弱い心との戦い。
魔との戦いではないかと思います。
だから
明日も私の花がテレビや記録写真に映らなくても一生懸命心を入れてやらせていただきに行くのです。。


明日はロイヤルボックスの花をお見せしますね。お楽しみに”













Category: General
Posted by: kaoruko
東レPPOテニスですが、明日はマリアシャラポアとクルム伊達公子選手が戦います。凄い組み合わせですね。
記者会見とコートサイドのフラワーコーディネートを明日も朝早くから担当します。
スポーツニュースで見てね!

さすがに今日は眠くて・・・この季節は毎朝早いのに加えて、花をいけて、そして仮設アトリエで仕事をし、そしてウエディングの打ち合わせに青山を往復したりして・・・
というわけで

お疲れ気味なので今宵はおやすみなさい。。。また明日一挙写真公開します。
昨日の東レppoテニスの公開インタビューです。
昨年引退した杉山愛選手がインタビュアーとなり、ロシアの妖精マリアシャラポアにインタビューです。
なんと予告なしで突然公開インタビューとなりましたので、昨日の予選を見に来たテニスファンは設えられたパイプいすに座って生で目の前で見ることができたのです。
たちまち人は増えて、おりのそとから見る人も(おりでは無いですね、汗)



インタビューは当初立って行う予定が急きょテーブルが用意されたので、こちらも急きょアトリエにつくってあったプリザの花をこのために。コロンとボール状の花です。



これが有明コロシアムにKAORUKOのために用意されたアトリエです。この間はずっと朝からここに詰めていろいろな仕事をします。
パソコンも完備だし、何でも出来ますよ。


ハイ、今年の始まりは和と洋の融合的なジャパニーズフラワーアレンジメント的な記者会見のフラワーです。

また一挙近日いろいろお見せしますね。


私の仕事はどこでも出来る仕事です。
パソコンと私の腕と体があればどこでも仕事になります。


最近はそう言うわけで、1か所に安住していなくてもどこでもドアでどこでも行き、どこでもアトリエと化して仕事をしています。

本日はそして、プロジェクト会議が夕方まで続きました。
いろいろ面白いので早く言いたいですがお待ちください。

途中秋のウエディングのお客様とお打ち合わせをしていたら、近くにいたカップルが「か、KAORUKOさんがやってくれんですか?!
KAORUKOさんに自分もやってもらいたい」とリクエストがはいったりしたそうで、うれしいことです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今ブログをしながらテレビをつけていたら、思わず手が止まり、笑ってしまった。ふふふとほほがほころぶ。
先日も「中高年、歯がない毛がない先がない」とブログにいきなり書いてKAORUKOさんこわれてしまった???と心配させてしまいましたね。


そう、またもや綾小路きみまろの漫談で、スタジオにはファンの中高年のおばさまがずらり。で嵐がいろいろ質問をしたりして答えのピントがあわなかったりすると


「中高年は空気が読めないんです」

「中高年は記憶がとんでいるんです」

とフォローに入るきみまろさん。
でおばさま方は手を叩いてのけぞってガハハハハ〜〜と笑う。

笑える。身に覚えがある図星だから笑えるのか。

「みんな経験があるから私が言ってあげる。
でも人のことだとおもって拍手ををするんです」

といっていた。笑

「いるいるそう言う人!^^」
とか言いながら人のことだとおもってほくそ笑む、「わかるわかる、そう言う人いる!」
と言いながら、実はそれって自分のこと?と直後に脳裏をかすめるが否定して手を叩いて大きい口をあけて笑う。。

幸せでいい光景だ。。
という私もテレビを見て手を止めて笑うだなんてこんな時しかない、まったく私も中高年のおばさん。


きれいですね!首から下が!
きれいな二重あごですね!
ちょっとでも若く見せたい部分染め!


一番いい洋服を着てここに来たみなさん、それがこんな程度です

新しい靴、新しいバッグ、むかしはやった顔



そう、人は一番良き時代の化粧や髪型を永遠にひきずるもの。。。

う〜気をつけないと〜こんな風に言われないようにね〜^^笑・汗





Category: General
Posted by: kaoruko
東レパンパシフィックの予選が始まりました。
今日は終日つめていました。
ロシアのマリアシャラポア選手と大会アドバイザーとして参加の杉山愛選手の記者会見がありました。それらの模様の写真などはまた明日以降お見せします。

いろいろ本日は明け方まで忙しいので、ブログはこれくらいで・・

明日は終日プロジェクト会議です。それと東レPPOテニスも行きますので・・・
上海万博出演の時の取材記事をブログでご披露するのをしそびれた記事をご紹介します。上段はブライダル産業新聞の7月下旬の号、下段は最近の花卉新聞です。

それにしても私はついていたと言えるのかもしれません。
本日もある生徒さんが「今あのニュースで中国との関係悪化のせいで上海万博中止があいついでますし、、KAORUKO先生はあのタイミングで上海万博行かれてご成功されて、本当にKAORUKO先生は守られているというか使命というか・・」みたいなことを言われました。

確かに不思議です。ありがたいです。

今のタイミングの出演オファーだったらきっと中止?ツアーもキャンセル?舞台にも万が一、いしでも投げられたりとか?
冗談抜きでそういう危惧から日本館、日本産業館は厳戒態勢警備増強だとニュースに出ていた。

あ〜あの上海の平和な一日が懐かしい・・・


私の出演は7月1日。すこぶる中国日本は良好関係だったし、本当に中国の方がたは公人も市民もみなさんとてもよくしてくださった。よい思い出しかない。
だから昨今のニュースと情勢は残念だ。

そしてなんのはからいかKAORUKOブランド中国展開も、日本での引き合いが思いのほか高まり(それもこれも上段のような取材記事により日本全国からの引き合いがとても忙しくなり)

中国よりまず目の前の日本の方がたからの対応に追われていたのがひとつと、そうこうしている間に母のもろもろがあり、肝心の私が中国往復より木更津往復に追われ、そんな余裕が母のカウントダウン体制によって、時間的余裕が無くなり、そしてこんな情勢。。。。

私は見えない導きによりいろいろなことの歯車が良い方へ良い方へと回転しているようで、本当にありがたい。

というわけで、中国が安定するまで日本での展開の話が今日も朝から会議会議・・・・さてどうなることでしょうか?!



そして本日は夜は三越本店レッスン。
明日は東レの初日。早朝からいけこみに行きます!
また作品をお楽しみにね^^

今年は日本をさらに強調しようかと考えています。ハイ
今年もKAORUKOが担当させていただきます。明日から始まる東レPPOテニス。
世界ランキングトップ10のそのほとんどが来日し、熱い戦いを繰り広げます。

私は25周年記念の時に皇太子殿下ご来臨ということでKAORUKOのフラワーコーディネートを是非ということでお話をいただき、お迎えの花やロイヤルボックスの花、控室のお花始め、テニスコートを彩るフラワーコーディネートを手掛けました。

今年で3回目になります。
昨年は杉山愛選手が引退試合とあって連日マスコミがニュースで取り上げ、毎日私のブーケを持ったりコートの花が映し出されました。

そして杉山愛選手が最後引退式に私のカサブランカの揺れるブーケを持ち、その姿は世界に配信され翌日朝日新聞の一面をこの写真が飾るなど、始まって以来のマスコミ効果にKAORUKOの花が絶大な効果をもたらしたということで主催者側からも感謝をいただきました。


そうそうクルム伊達選手の復活試合でもあり、ロシアの妖精シャラポワも優勝となり、私のブーケをもって入場されました。

杉山愛選手と親交の厚い皇后陛下が応援にご来臨され、また秋篠宮殿下もご来臨、そのフラワーコーディネートもKAORUKOが担当となり、昨年は連日東レPPOテニスの有明につくられたKAORUKOアトリエに詰めているほど大忙しでした。

KAORUKOが担当して以来・・というわけでもありませんが、何だかこんな流れでこの試合もクローズアップされているようでありがたい限りです。

さて今年はどんなドラマ、スターが誕生するでしょうか?
またどんなVIPが?!

お楽しみに^^

以下クリックでいろいろご覧ください。

・杉山愛選手の揺れるブーケ、シャラポワ選手の揺れるブーケ、クルム伊達選手

・ロイター通信で世界へ配信の映像、揺れるブーケ

・皇太子殿下ご来臨のtあめのフラワーデザイン
・秋篠宮殿下ご来臨のためのフラワーデザイン


・皇后陛下ご来臨のためのフラワーデザイン


・松岡修造さんとベンチサイドにてテレビ中継本番前




2009ダイジェスト


・2008ダイジェスト


*本日は新潟に日帰り出張。何かはまだ言えません。お楽しみに!とあるプロジェクト発足です。
Category: General
Posted by: kaoruko
昨日某ホテルでウエディングのお打ち合わせをしていたら、スタッフが「さっき女優の○○○○○○さんがいましたね。凄くきれいでした」と言った。

「えっ?気がつかなかったわ。あの年の差50歳の若い男と再婚する、あれね」
「はい」

で会話が成り立つってすごいですよね。
つまり誰もがソフトバンクのCMをどんだけ見ているかということですね。


なんてまた書くと先日のipadのように私が関係者のようなのですが、まったく関係ありませんが、上戸彩ちゃんは大好きだけど。


歳の差50歳の孫より若い男性と再婚というのもなんとも凄い話だと考えながら、でも犬がお父さんなんだからそう驚く話でもないか・・・とかいろいろ考えながら皆あのCMをみていろいろ考えるのだろう。。^^

まぁどうでもいい話です。がこんなに忙しくてテレビをまともに見る時間も無い私が認識しているのだから凄い。

今日は終日木更津レッスンでした。
趣味の人プロを目指す人、認定コースの人いろいろですが、中身の濃い一日です。ブログを読んでますという見学の人も途中来たり・・・・

そしてそれから夜は三越本店で会議があり、それから横浜へと。


明日は日帰りで新潟出張です。新幹線でお弁当を食べるのが今から楽しみです。いつも毎週仙台に通っていたあの年を思い出します。

それにしても暑いですね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人ってどれだけ聞いているつもりでも話を聞いていないんですねと、今日生徒さんが自らのことを言っていた。先生が何回も説明して、はいと聞いて、はいと答えているのに、それでもまちがった事をして指摘されて直されて、そう言えば先生は何回もそう言っていたのに、私、ちっとも聞いてないんですねとそこで気が付き、そこで落ち込む。

「みなさんそうですよ」

話をきいてるつもりでも聞いてないんですよ。

あきらかにきいてないとか気がそれているのではなく、一生懸命耳で聞いている、ハイハイと真剣に聞いている。でも聞いてない。それに気がつく人は自分てなんだろと考え込む。こういうシーンは多い、聞いていて頭でわかっていて手が出来ないという人もいるが、ここでの話はそう言うことではなくて、ちゃんと聞いていても聞いていない自分に愕然とする話。

ということはここだけでなく、
いかに他のシーンでも話は半分くらいしか聞いていない、理解していないという人生なのかもしれない。
そこに気がつく人達。
これは特別なことではなく、これを通して思うことは、耳の穴から音として聞くと言うことと、理解するということ、落とし込む、慎重に気を留める、ということは別ものであるといつも私は思う。

スタッフにも何回も言って聞かして念を押してもよくあることだ。いやほとんど毎日そうだ。それでも根気よく言い聞かせる。ハイという。

同じ話をしてもまったくしみる程度が異なる。面白い。
いやせつない。

しつこいくらい何度も何度も何度も何度も言い、書き、復唱させて「言ってみて今の私の説明・・」と言わせてみる。


今日は朝からいくつか秋のウエディングの打ち合わせDayでした。素敵なカップル達ばかりです。
今日ご紹介のお二人は・・・


こちらの素敵なカップルはわざわざ三重県から私にウエディングのブーケをデザインしてほしいということでいらっしゃいました。

この25ansウエディングフラワー号での私の大人気大ヒットのこのリボンメリアのページに一目ぼれしてくださり、「KAORUKOさんにこの髪飾りとブーケを作ってほしい」ということでいらっしゃいました。
「このページをめくっていたら目に飛び込んできてオーラみたいな・・・釘づけになった」的な動機を語ってくださいました。


私も嬉しいです。^^

私に会えるとは信じられなかったとかで、来るまでスタッフだろうと思っていたとか。

私とお茶を飲みながら、こうしてお打ち合わせ。。


「KAORUKOブログに載れるなんて夢だったんです!」とお二人。。
夢がかなったと言われると私も幸せのお手伝いをウエディングの当日の花のみならず、こうして出会えたこと、写真を撮ったこと、サインを本にしたこと、ブログに掲載すること、握手させていただいたこと・・・
それが夢だったと言っていただいて、本当にうれしい。しかもお嬢様のみならず彼も同じ熱い気持ちでそう言ってくれる。
お二人の一生の始まりの時にお二人で新幹線で私に会いに来たこの日がお二人にとって結婚式までの二人で紡いだ時間の大切な忘れられない出来事の一つになると思うと私にとってもありがたいことです。

「KAORUKOさんは、芸能人とか特別な人だけしかやらないと思っていました・・普通の人は無理かと」とも。

イエイエ、全くスケジュールさえあえば、全ての方を担当させていただきますよ。普通も特別もありません。どなたでも同じです。

一人でも多く私の花で幸せのお手伝いをしてさし上げたい・・



このピンクのリボンメリアの他にももうひとつお作りいたしますが、それも25ansウエディングフラワー号に掲載のプリザのカラーの髪飾りです。

上質でかわいくてそれでいて品格のオーラが出るようにKAORUKOオリジナルはデザインしていきますし、他では見たこと無い!という本当にオリジナリティーです。

本当に楽しみです。
モデルちゃんのようにかわいいお嬢様とイケメンの彼。。


プリザやアートフラワー(造花)は全国どこでも配送出来るし、挙式後も新居に思い出としてKAORUKO作を芸術品としてお部屋飾りで楽しめます^^


本当に三重県からわざわざありがとう!

心をこめて作らせていただきます!


見えないことをどれだけ一生懸命出来るか?見えないことを一生懸命出来ない人は見えることもできない、見えないことを一生懸命出来る人は見えることもできる。

つまりは、評価される仕事に入るまでにどれだけ汗水たらして評価の内に入らない当たり前の下準備などを泥や汗にまみれてやっているか?みてないから良いと適当にやるか?つまり用意周到に心を入れて慎重に真剣に事前準備を出来れば本番も出来ないわけない。

また、見えないこと・・これは言葉も同じ。
見えない言葉を慎重に選び言動することができる人は見える仕事も失敗はしない。
言葉を安易に使い安易に発するから失言や取り返しのつかない失敗をする。

見えないこととは人に見てもらうことの無い光の当たらない影の働きもだ。
誰も見ていなくてもどれだけ心を注いで一生懸命出来るか?

手を合わせることもそう、思いを寄せることもそう、気を聞かせる、先を読む、言葉を選ぶ、心を読む
、時間を味方につける・・・
全て見えないもの、見えないこと。
見えないことをどれだけやっているかが見えることもうまくいく。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
3連休はいかがお過ごしですか?ウエディングの仕事をしていると休みは関係無いから世間が3連休だなんて道路の渋滞にあうまで気がつかないことが多い。そっかこの込みようは3連休・・・

明日もウエディングの打ち合わせうちあわせです。
素敵な秋からの花嫁さんとの打ち合わせです。
今は私の多角的なスケジュールにあわせてお受けできるウエディングだけをお受けするという理想的なスタイルに昇華できました。
だから数を追わないウエディングだから、本当にじっくりお打ち合わせをして良いものを作り上げていきます。
明日も楽しみです。




Category: General
Posted by: kaoruko
私は自分の外見磨きには本当にずぼらなんです。
年も年だというのに、若いころから化粧はお中元とかでもらう石鹸(お風呂でからだとか洗うような昔からあるあのてね)
で顔もざぶざぶと洗う程度で、夏の間は洗ってローションとかクリームとかつけるのもめんどくさいから、洗ってつっぱったまま即寝る。
朝もシャワーを浴び顔をあらい、化粧するから仕方なくクファンデーションの前に少しのクリームを塗るだけ。

本当にに顔についてはめんどくさい、化粧水とかクレンジングとかのビンの蓋をあけるのがめんどくさい。だからやらない。

たいていの人には本気でどんびきされる。
信じられない・・・ありえない・・・危険・・・・気がついたら肌ががさがさのしわくちゃになりますよ〜と心配してくださる。
「肌がきれいですね」と言われることも多い、がそういうわけで何もしていない。

でもさすがに3年に一度くらいそのことを後悔し、やばいと思いながらエステに行く。ゲランのエステだ。当時のゲランの社長が知人だlったのでそのご紹介から。

このところ帝国ホテルでの打ち合わせが多いから、3年ぶりにこの帝国ホテルのエステに行ってみたのだ。

「KAORUKOさん3年ぶりですね、その前は2年ぶりだし、他に行ってらしたんですか?」とカルテを見ながら気軽に聞かれる、が行っていないしそんな暇も余裕も無い。
で、上記の話を知っている彼女は「まさか、いまだに?」と聞かれ、そうだと答えると絶句される。
「牛乳石鹸でお風呂で顔洗っておしまいよ」と。


本当にこの自分の顔のケアについて鬼めんどくさがりの私。。。

なんとかしないとならない。。。そろそろまともにケアをしないと。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日は一日帝国ホテルのロビーラウンジを自分ちのようにミーティング。

ブライダル産業新聞の取材を受けて、それから、海外事業部とのミーティング、そしてそれからメディアのミーティング。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
昨日の撮影風景のご報告であまりの忙しい撮影のために記録カメラで撮り忘れた写真も多く、上海万博も一緒に行ったモデルのまりこちゃんのブログをご紹介しますのでご覧くださいね。


昨日の撮影のご紹介です。

KAORUKOブーケカタログと、KAORUKOドレス上海万博版のカタログ撮影です。


カメラマンはプロカメラマンでは無いですが、普段使いの撮影をわざとねらって。

KAORUKOブログでもおなじみの上海万博同行のモデルちゃんほかラグジュアリー路線はあらたなモデルちゃん。まるで25ansウエディングの撮影のような??(なんて言ったら言い過ぎ)出来の良さ?このラグジュアリー路線。

ラグジュアリー路線はKAORUKOブランド定番の撮影です。

日本人の女の子はKAORUKOかわいいブランド路線です。

新作もいくつかありますので、かわいい?





レッドブルを呑みながら早朝からの撮影を乗り切ります。


昨日は八木麻衣子ちゃんとアニサちゃんのブログをご紹介しましたが、こちらはしのちゃんブログです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日も会議会議会議・・・
海外プロジェクトチームとの会議です。
いろいろわくわく面白いです。
早く言いたいですがまだです。

お楽しみに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
政治をみていると、某お方が一兵卒として頑張ります。!というセリフ
私もよく使うのですよたまに。

KAORUKOとしてちやほやされることが多い。
でも常に一兵卒としてコツコツ頑張る、何でもやる、それが大切。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大阪教室のみなさんが先日私が急に行けなかったのにも関わらず、花をとりに来て、そして来期からの継続をみなさんしていった・・と知り、本当にうれしいです。
待っていてくださる皆さんがいて、だから私も頑張って行こうと思いますもの。
こうして何年も何年も私もレッスンを待っていてくれるって凄いこと。
プロ対象でなく趣味のレッスンですが継続は力なりで腕も上がったみなさん。

コツコツは何事も大切ですね。
お互いに。

KAORUKO先生が直接きてくれるなんて・・と言ってくれますけど、これからも一兵卒としてどこにでも行きますよ!^^












今日は昨夜の仮眠後早朝から集合し、撮影。
その模様は膨大な写真の中から選べない〜ので、まずは今日は八木麻衣子ちゃんのブログを先に見ていてください。


それとアニサちゃんのブログです。


後はまだブログアップされてないモデルちゃんですので、またご紹介します。

上海万博の再現撮影だけど、もはやすでに進化したブーケの数数や、ラグジュアリー路線をとりました。


6時〜スタンバイの撮影を9時15分まで新作を猛ダッシュで撮り、再現など後はスタッフに任せて、私は目黒雅叙園へと某打ち合わせ。

そしてそのうちあわせの後は南青山に戻る。

すでにカンパケでしたが、最後に残っていたモデルちゃんと記念撮影。
う〜〜んもう他のメンバーは帰っていました。残念。

でもそのかわいい写真は後日お見せします!



そしてそのあとはKAORUKOトラベル事業部
海外ブランディング事業部と打ち合わせ。
明日も某プロジェクトとお打ち合わせです。。

では本日は眠いので・・・・

Category: General
Posted by: kaoruko
ニューヨークタイムズには「年とった学校の裏番長みたいな○○は当選しなかった」というような内容が掲載されたらしい。
私は党や人は誰を推すとか明言できませんが、この表現はなんとも面白いと笑ってしまいました。

今日は秋風でした。突然秋が来たような感じです。
切なさがほほをくすぐります。

明日は数時間後仮眠をしたら撮影です。早朝からずっと。。。

私のブーケの撮影です。

あとはモデルちゃんの撮影です。
またかわいい写真をアップしますね。

そして同時進行で打ち合わせが進行。
海外事業部、旅行事業部と。諸々夢あふれる打ち合わせです。


本日は私にとっても尊敬する大切な方のお通夜があり、とある著名な方でしたので、当初後日のお別れの会にして、
ご親族のみの密葬の予定でしたが、少し門戸が開かれたとご連絡をいただいので、急きょお悔やみに向かわせていただきました。
ですので、大阪教室のみなさんにはドタキャンになってしまい、ごめんなさい。

KAORUKO出演のステージなどは女優と同じで自分の親が亡くなろうといかねばなりません。
上海万博の時は実際母も危篤に近い状態でしたので、後ろ髪を引かれ、親族に万が一の時は国家行事で穴をあけるわけにはいかない・・とお願いしていったものでした。

大阪教室の生徒さん月に一回を楽しみにして下さっていて申し訳ないですがきっと気持ちを理解してくださるかなと、おそらく人生始まって以来のドタキャンです。

どなたのご葬儀かはまだ言えませんが、
私もついこの前母を亡くしたばかりの身。
痛いほどご家族の気持ちはわかり、まだ鮮明に自分のこととして感じます。
素晴らしい方なので私一人が駆けつけてもどうのなることでもありません・・・でもご生前のご縁のあった方、手を合わせ、ご冥福をお祈りしたいと思いました。

手を合わせることや足を運ぶことはまた格別な思いなのだと思います。

ご遺族のお気持ちも痛いほどわかる、私にとっても思い出し辛いことでした。

自分でその場に行き手を合わせられたことは、ご生前のご縁に感謝を伝え安らかに天国に旅立たれることを思い、私の母ともあのよでお逢いになるだろうか?などとも見えない世界に思いをはせました。

娘がお世話になりましたと母が今頃言っているかもしれません。まだ49日の旅の途上だから。


09/13: つぶやき

Category: General
Posted by: kaoruko
「中高年!歯がない、毛がない、先がない」

とテレビを見ていたら綾小路きみまろがあいさつ代わりに言っていて暑い夏にフッと気が抜けほほ笑んだ。
さらに、暑さ対策は?と聞かれ、外に出ないことです。外に出るときはかつらを外すことですと言っていました。笑

この暑さでKAORUKO先生まで壊れてしまったと心配しないでください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
それと昨日のブログはまるで私がipadのまわしものくらいな内容だったので削除しました。^^深い意味はありません。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
円が83円になり、ニュースを見ていたら、もはや円高ではなくドル安というい方が正しくて、つまりは、アメリカを中心とした経済は実は半分の実力が本当で50円もあり得ると。
現実はハーフサイズが適当なんだと。その真実に向かってドル安なんだと。そうすると、今までのビジネスモデルはふさわしくなく、どんどん海外へと出て仕事をしていく時代だと。
本当に楽天始め社内公用語が英語という企業が増えてくるのも意味がある。
いつかも書いたけどメトロポリタン時代で、日本語しかできないと死活問題の時代がやってきて、メトロポリタンは国境を越えてどこの国でも仕事にありつけるし、社内公用語が英語だと、日本国籍にこだわらずに本当に優秀でやる気と元気のある人を世界から採用出来るということ。ということは日本の日本語しか出来ない若者は・・・・という危機・・

同じくニュースで新卒就職難、驚くほどの大学生が就職できないらしい。
全て繋がっているだろう、これから益々顕著で、採用するとしても今までのようにはいかないのであろう。

ただ単に日本経済が一時的にというレベルでは無く、世界基準がどんどん変わってきているということ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして本日は某ブライダルの
見本市に行きました。
「KAORUKO先生!」と声かけられて、「お母様の件は・・・」とお悔やみが続き。知り合いかと思ったら一度産業フェアでお見かけして写真を一度とって頂いたんですよと言われ、そして
ブログ毎日見てますと続いた。
ブログを読んでいればそうよね、知人友人の域ですね。^^
ファンの方にお声をかけていただくのはうれしいものです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は大阪レッスンです。楽しみです。







今発売中の「花時間」の「ウエディングブーケ&花飾り」です。
KAORUKO特集6ページです。

本屋さんで買って見てね。そしてそばに置いといて下さいね。

ブログ読者はおなじみのKAORUKOテーマウエディング、カップルごとに100人いたら100通りのデザインを表現提案するスタイルを花時間さんが、これは凄い、唯一無二、ここまでやるかのテーマウエディング、花嫁の心を魅了する、どうしてここまでKAORUKOの花は人気なのか?という徹底解剖です。(そう書かれている)

 
で、こんかいわかりやすい例として「マリーアントワネットウエディング」「思い出は海」を撮影。


お客様からヒントをいただく、お客様も思いを聞きだして思いを私がデザイン具現化するやり方。
その最近の一押しのテーマウエディングです。

あの花嫁さん喜んでいるかしら?^^花嫁さんと彼と話込みながらでてきたテーマだから。。。

 
「私のブーケは花嫁をプリンセスに変える魔法のステッキなの」
なんてタイトルついていますがこれの意味はね。
インタビューで話ていたんだけど、ある人が日本の女の子はアニメの中の女の子が魔法のステッキをエイッと振るとドレス姿の素敵なプリンセスになったり、輝いたりとオーラを出すストーリーをみて育つけど、KAORUKOさんの揺れるブーケはまさにそれですね。KAORUKOさんがアテンドして輝かせるという意味の前にそのブーケをもった瞬間魔法のようにキラキラと輝かせて、自信を持たせる不思議な力がありますねと言われた・・・まさにそうかもしれない!なんて話をしたところからでした。

これが表紙の花時間です。

是非ご覧くださいね。おそばに置いといて〜
Category: General
Posted by: kaoruko
本日はKAORUKOプロジェクトの打ち合わせうちあわせ・・・の一日でした。2時間刻みで各セクションと。
KAORUKOトラベル、KAORUKOブランドウエディング、KAORUKO中国KAORUKOヨーロッパ、KAORUKOハワイなんてのもでてきましたよ。
などなどです。私もまた自分でもおどろいています。

面白い展開が動いています。まだ具体的には言えないのですが、秋から少しずつ発表出来ますので楽しみにしていてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さて、世界的長寿国だったはずの日本がお役所のずさんな管理のせいで、ほとんど死亡していた事件が発覚してなかにはエジソンや本居宣長と同じ年の人がまだ戸籍上は生きていることになっているというのも洗い出しにより発覚と聞いたけど、あきれますよね。

で面白いのは長寿の日本にみならって日本食がアメリカやヨーロッパでは長年ブームで日本食は体に良いと信じられていたけど、これで「えっ?!」ということで日本食ブームももうおしまいかという危惧で「やっぱり、あんなに塩分含む醤油をたっぷりつけて食べる寿司や油で揚げるてんぷらが体に良いわけない」とようやく気が付き初めて後悔している諸外国人という話も聞いた。
笑えますね〜
日本食が体に良い、長寿の秘訣という神話はどこへということで、結局食との関係はいいかげんな思いこみということで。。。

また、「人間関係が露呈する葬儀はきてくれる人も少なくてさみしいのも嫌だから俺の葬儀の時はむしろ人が来ない密葬か役所に届けるだけでいいよ」と言った父親に対し、「役所にも届けないよ、年金もらい続ける」という冗談ともつかない返答をした子供というニュースも見た。「リュックに入れとく」とかも。汗

うーん。

ご時世というか。ブラックジョークにしても笑えないというか笑えるというか。

そう言う私も今日はビジネスディナーで帝国ホテルのなだ万にててんぷら。私はてんぷらやお蕎麦やお寿司が大好物。たしかに、炭水化物のかたまりと油と醤油・・・日本食が体にいいかと言われると。。。いまさらながら疑問かも。私の体系的にも・・・汗






これは今発売中の25ansウエディングに掲載の告知です。


私は日本全国どこのホテルや式場でもウエディングプロデュースを手掛けますので、つまり花屋でもないし、どこと専属契約で縛られることも無い、癒着も無い。
KAORUKOはフラワーアーティストであり、ウエディングプロデューサでもあるので、花しかやらないわけではなく花を中心とした花をモチーフとした総合ウエディングプロデュースをするいわば欧米式のウエディングプロデューサーで日本では稀有な存在なのです。
プロデュース会社や企業のプロデューサーやプランナーはたくさんいますが、フラワーアーティストでありウエディングプロデューサーとしてちゃんとやっているという人ということです。私はそれを自分勝手に「ブライダルフラワープロデューサー」とわかりやすいいい方で言っています。私が開拓した新ジャンルです。



でいち早く私のその特性をりかいして下さったのは25ansウエディングさんで、こういう企画もしてくださっています。
KAORUKOのウエディングプロデュースを申し込んだ方への25ansウエディングからのプレゼントです。

KAORUKOウエディングの花嫁さん達には年間購読がプレゼントされるというわけです。
25ansウエディングさんはいつもKAORUKOの取材ページをたくさん掲載していただき大変ありがたいことです。
こんな企画うれしいですよね。花嫁さんには25ansが、お母様には婦人画報が年間プレゼントされるだなんて!




昨日のブログで掲載した「花時間」のKAORUKO特集ページのスキャナーについて明日は掲載出来そうですのでお待ちくださいね。







「花時間」が2冊同時に昨日発売されましたが、この花時間にKAORUKO特集が掲載されていますので是非ご覧くださいね。


花時間始まって以来創刊以来の企画だそうで、人をフューチャーするのは初めてだそうです。

先日花時間プリザの本でもKAORUKOという人の特集がありましたが、今回は「花時間」本誌と「花時間のウエディングブーケ&花飾り」の両方でKAORUKO特集です。

大変ありがたいことですね〜みなさんご覧くださいね。



こちらは「花時間」本誌です。

こちらは「花時間  ウエディングブーケ&花飾り」杏ちゃんの表紙です。

杏ちゃんとはパリコレで一緒でご飯を食べた仲。。。パリのシャンゼリゼのエッフェル塔にほど近い老舗レストランで・・・
このブログにも登場快諾していただいた仲でしたから、なんだか嬉しいですね。



こちらは実はここから見開き6ページの大特集なのですが、スキャナーミスがあり本日はここまでしかお見せできません。

というか本屋さんで買ってみてくださいね。!


昨日からのブログ開始ですが、昨日書いたようにこの間の出来事をお知らせします。

まずは山野美容専門学校で、KAORUKO特別講義です。
ブライダルアカデミーの授業です。ブライダルフラワーの基本から応用までを3時間の講義をし、最後はミニブーケをみなで作ります。

私の著書にサインをします。みなさん喜んでくれてうれしいです。今年は100名を超すクラスになり私も闘魂入魂です。



ありがたかったのは、私の授業が始まるまえに私の母を偲び学生全員で黙とうを捧げてくださったことです。

そんなときなのに私が授業に来てくれて・・・ということを感謝してくれましたが、私の影武者がいない限り、花を生けに行きますという仕事以外はKAORUKOの存在そのものが仕事であるだけに、ある意味、女優さんと同じで舞台を休むわけにはいかない・・ということと同じなのです。
頑張らせていただきました。


顔だしにきて下さった校長でもいらっしゃる山野愛子ジェーン先生と。

ジェーン先生は私の母の哀しみの時、木更津の田舎まで駆けつけてくださり、ずっと通夜をともに過ごしてくださいました。
大変ありがたいことでした。

山野の学生は山野の教えに美道という髪、顔、装い、健康美、精神美といつ5つの美を柱に教育を受けています。

口で言うのは簡単ですが、行動で示すということがどれだけ大変でなかなかできないものであるということを身をもってこうして私等に対しても黙とうをささげて下さったりと、駆けつけてくださる。
そのような指導や生き方を通して人間の道を高めていくのだと実感した次第です。



皆さまご心配をおかけしました。

たくさんのご心配コメントもありがとうございます。

また一日何人閲覧に来てくれるか?を調べても毎日のように今までの通常の平均数が変わらぬ数きてくれているということを知り皆様にとり待ちどうしい日々だったとともにご心配をおかけしたのだと思います。
ごめんなさい。



実は母が亡くなりました。

娘としては悲しみの中にあり喪に服しますが、
公人としてのKAORUKOとしては仕事再会は翌日からすっかり始まっています。(しかしまるで私のスケジュール表を読んだかのように一番ゆるいスケジュールの今を選んで亡くなりました。。。)

昨年の2月に癌が発見され4月に手術そして11月に再発、12月には余命3週間宣告をされました。
が何が医学と科学を超越したか?奇跡的に8カ月命は延びました。5月には最後に外泊許可のもと温泉にもつれていけました。

3週間宣告の時は絶望の淵ににおとされ涙も枯れましたが、この8カ月の間父も私たち姉弟も献身的に寄り添い、家族としての日々を大切に時を重ねることができました。


癌によく効くという免疫を高める某きのこ類を諸外国から買い入れ、仕事の合間に数日おきには徹夜をしながら朝まで煎じたり、神主さんにもお世話になったり、何が功を奏したか?わかりませんが奇跡的に回復をし温泉まで行けたのです。
8カ月母は頑張ってくれて、その間私たちは衰えゆく母と時を刻みました。


死の宣告は突然やってきて、
限られた残された時間の中で、今までの人生を振り返り、死にゆく人も残された人もお互いの中に感謝の数を見つけて、慈しみと愛に包まれて無償の思いを積み重ねられたことは私たちにとって貴重な期間でした。それは・・
絶望の涙を流した意味は「どれくらい優しくしてあげただろう、なんの親孝行をしてきただろう、もう笑うことも叱ってくれることもない、自分として納得できない」という母に対する後悔でしたから。


母の好きな花で見送りました。私が葬祭場の全ての花を手掛けました。

たくさんの供花をみなさまからも頂きました。本当にありがとうございます。
(生徒さんや卒業生、認定ライセンシーの方がたへは連絡が回りました)
おおげさにしたくなかったのでブライダル業界花業界の方には一切お知らせはせずにお仕事仲間でも親しい知人友人だけにお知らせさせていただきました。が、それでも
とても多くの供花を頂戴し心から感謝しています。

たくさんの方が足を運んでくださいました。弔電も懐かしいKAORUKO関連の方がたからいただきました。


「ブライダルフラワーで新風を巻き起こしたKAORUKOさんでしたけど、この葬儀の花も革命ですね、取材したいくらいです」と某花関連の雑誌の方が来てくださった時に驚かれて言われました。

そうかもしれません。

フラワーアーティストとして母の最後を見送るときありきたりの葬儀の既成概念や固定観念、こうでなければならないという花ではなく私らしく母らしく、私の考える母をおくるスタイルを実行しましたから。驚きのスタイルだったかもしれません。
清らかに温かい花で母を送ることができました。


ここでお見せできないのが残念ですが、多くの皆さまから頂いたご厚志によりたくさんの花でそれらを実現しました。

本当にありがとうございました。


本当はブログに書くのも躊躇しましたし、悩みましたが、みなさまへの感謝の思いをお伝えし、また少しでも「おくりかた」やその期間についての心の部分についてご参考になればと思いここに記させていただきました。
「おくりかた」・・・人生の終末期について本当に考えさせられたこの1年あまりでした。



公人のKAORUKOとしては喪明けの前倒しのお祓いをしていただき
バリバリ頑張ることが供養になると信じて益々精進させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします!













Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2010-09 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006