【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
Posted by: kaoruko
上海ブライダルエキシビジョンです。
中国全土から15万人のバイヤーが買い付けに来ます。昨年の上海万博の出演が私が7月1日でたまたま翌日の2日〜年に2回7月2月に行われるこのフェアがあり、私のドレスも出展したのでした。
思えばそのあたりから運命のうねりは動いています。長期間半年以上開催の上海万博なのに私の出演が7月1日だったということが奇跡的です。
その翌日からのこのフェアに出す流れが自然にできたのですから。

そしてそれらを見に来た中国のバイヤー(大手ドレスサロン)がKAORUKOブランドのドレスを買いたいということになり熱いオファーを頂き続けたということなのです。




こういう外観で一日では見きれないほどの広さに無限というくらいのドレスメーカーが出展し、中国全土からの15万人のバイヤーがドレスを買いつけるのです。


こんな風なチープな感じもあれば、ハイファッションブランド的な設えのブースもあります。


人間がマネキンになっているところもあります。

もう何回かきているとこういう光景にも慣れてぎょっとしなくなりました。
笑える〜とも思わなくなりました。



デモさすがにこういうのは笑えますよね〜

ヴィトンとスワロの合体された独自ブランド会社・・・なんやねんてかんじ・・・汗

はい!昨夜の商談は日本食でした。
今宵は上海家庭料理というお店に連れて行って頂きました。おいしかった〜



上海と言えば上海ガニのカニみそいためとショウロンポウばかりしか知らなかったけどいろいろ覚えます。


★あの灼熱の7月1日の上海万博
私のステージが7月1日に決まり、そのさい、7月1日とは新しい年のはじまり(夏越しの大祓いで半年の罪穢れを祓い新しい年がはじまるはじまりの日が7月1日)
だと神主さんに聞かされ、これも意味がありますね。KAORUKO先生がこれをきっかけに新しい人生が又展開しますよ。中国進出ですねといわれ、その時はそんなおおげさな〜と思っていましたが、あれよあれよとその通りになり、今回KAORUKOブランドのフラワー&ドレスが熱いオファーを頂いているので来る事になったこの上海ブライダルウィーク。

そして昨年の暮れのお祓いの際には「来年からKAORUKO先生は日本にはあまり、いなくなりますね。外国から日本に時たま来る位になりますね〜」と言われました。

がどうやらそんな展開にも??


又徐々に公開していきますのでお楽しみに!

★明日は夕方帰国、そして数時間後には韓国に出発です!












02/07: お祓い

Posted by: kaoruko
節分のオーブの舞うパワースポット乗越神社も凄かったですが、その翌日4日は横浜サロンのお祓いとKAORUKOスタッフ寮のお祓いにきていただきました。
お正月にあたる2月4日。
これでいろいろ怖いものなしです。杉浦宮司です。





先日の神事の時は、黒袍に身を包まれ白を重ねて着ていらっしゃいましたが、それも意味があるそうです。
最高位の袍だと弟子の神主さんからこっそり教えていただきました。


こういうお祓いに来てくださる時は紫のはかま・・これもよく神社でいる水色のはかまは見習い的な段階だそうです
が紫は位が高いみたい。

奥の黒に白を重ねたのが杉浦宮司、手前がお弟子さんたち。


ネットより〜
(ほう・はう):体をつつみこむうわぎ。束帯や衣冠などの時に着る盤領の上衣。位階によって服色を異にするので位袍ともいう。黒は最高位(白の絹は場合による)




Posted by: kaoruko
それにしても昨日の乗越神社のオーブは凄かった!

昨日ノブログをホントお見逃しなく!画面の前でもご利益があったりして〜

このすごいパワースポットは
茨城県です。上野駅から常磐線フレッシュひたちという電車に乗り石岡駅でおり、ローカル線に乗り換え一つ目。羽鳥駅というもよりの駅で降りたらタクシで2メーターくらいかな。。

パワースポットとか言うブームとしての言い方とかそう言うので売るというのが大嫌いな神主さんだから、知る人ぞ知るの神社です。

神主さんご自身が凄い方なのです。

だからそういうパワースポットとかいう取材とか一切門前払いしているみたい。

私や渡辺先生や、そのほか・・通い続けるところに意味と答えがありますよね。

この中に身を置いた昨日の節分祭に来た人はかなり有りがたいパワーを浴びたことでしょうね。

ちなみにKAORUKOスタッフも参加。豆、お餅、お金、お菓子、カップラーメンをバッグいっぱい拾い高揚して喜んでいました。

Posted by: kaoruko
アルマーニリストランテのウエディングは後半写真つきです。最後まで読んでね〜




【エグザイルに人生を重ねて】

エグザイルが3連覇のレコード大賞をとった。やったね。
歌を一つも歌えないけどなんか好き。

きっと彼らも下積みの時にいっこうに光が見えない数年の間、どれだけの人が去って行きどれだけの人が見切りをつけどれだけの人が嘲笑したのだろう。


それでも頑張ろうね!と頑張り続けた数人が、今はこの栄誉の舞台に立っている。新しく最近加わった強運の持ち主もいたとしても。
天皇陛下の前で20周年を歌うだなんて、レコ大賞で3連覇だなんて、遠い過去は誰も予想だにしない。

予想だにしないからこそふるいにかけられるように去る者もでていく。
道を信じてあるき続けたからこそ見えた光。信じて旗を振る役目と信じてついていく役目。ついていくって言ってもただ足があるからそこにいるだけではダメ、ついていく方も精進精進また精進


人生の縮図を見るようだから、なんだか好き。
それにかっこいい。その過程を経ているから浮足立たずにピュアで謙虚が伴う。

【柿太郎の世界制覇】

今日は年明けの1月7日に撮影があり私の顔を撮るので今年のうちにと思い土屋王子のところにカット&カラーに行きました。



そして変身がこんな感じです。

右と左のフェイスラインの髪の毛の長さが違うのにお気づきですか?

「このア・シンメトリーがKAORUKOさんの2011年のイメチェンて感じ」

と頼んでも無いのにイメチェンだと言うつっちー。

「・・・へたくそで左右の長さが違っちゃいました・・・てわけではないのね・汗」と私。

ほんと!それがなんだかかっこいいね。と私。信頼をよせるアーティスト仲間として「これもありか」と思う私。



「最近どう?益々魔法の用に無から有を生み出す力は?」

と聞かれて

「凄いのよ!脳味噌で考えたことがたちまち具現化する速度がさらに早まって!仕事は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とまだここのブログではごめんね、内緒のプロジェクトの話をし、驚きあい、そしてたわいもない話へと移る。

この秋は人生始まって以来柿好きになって一日10個くらい柿を食べていたの。そして木更津に向かう途中の民家に干してある干し柿が目に入り「干し柿食べたい!」
と見つめていたら、人生始まって以来干し柿をお歳暮で頂き本当に驚いた。

「私は今までそれほど柿は普通に好きというくらいで頂いてもぶよぶよになるのがでちゃうくらいで、気がついたら食べる程度だったのによ!」

という話をしたら「KAORUKOさんから柿太郎が産まれそうだね」と土屋王子。
「柿太郎がその世界的プロジェクトに鬼退治にいくように世界せいばいにいきそ。」と。

そう、私から柿太郎が生まれるかもしれないくらい、この秋冬は柿と干し柿の数は100は越えた位食べている。。。

そしてその干し柿が届きあまりに驚いた時、「そう言えば、干し芋が5年くらい前にはよく届いていた・・・」と思いだした。そしたら干し芋が数年ぶりに翌日届いた。

そしてそれも頂きながら「こんな調子じゃ太り続ける一方だ・・・と危機感をさすがに感じ、以前やっていたリンゴダイエットをしよう」と数年ぶりにダイエットをする気に少しだけなったりした。
そしたら翌日リンゴが二箱も届いた。

あぁ〜脳味噌で考えたことが凄い速度でやってくる。

木更津の老舗大福屋の前を通ったとき大福が食べたい、デモここは大福以外に食べ物を売っているのだろうか?生計は何十年も大福だけなのだろうか?と考えて木更津アトリエに着いた。
「先生みよしやさんの大福どうぞ」となんと生徒の一人がその店の箱をさし出す!
違う生徒が
「先生お稲荷さんどうぞ」となんとそこの店の箱ではないか」答えはすぐさまやってきた。
おいなりさんもあったのだ。

不思議な力は食べ物だけに働いているわけでは無いぞよ。



今日は帝国ホテルでうちあわせが終わり待ち合わせの時間にまにあわない!と横浜までタクシーで飛ばすしかない・・・「今帝国からタクシーに乗った・・」とメイルをした。。そしたらあまりの道路のすき具合にいつもは50分かかる道が15分でついた。(というのはおおげさで20分くらい)
「ただいま〜」と横浜サロンに着いたら、待っていたスタッフはあまりにも驚き

「!!!!どこでもドアで先生が帰ってきた!!!」と絶句をしていた。

「脳味噌で時間軸をあやつり魔法のようにワープして着くようにと祈ったらタクシーの運転手さんがなにも言わないのに猛スピード出して本当に飛んだようだったわ」と私。
「タクシーの運転手さんまでも先生に操作されるようですね」とスタッフ。

先週はプロバイダーもお手上げのパソコンメイルが一日何時間も修理しても治らずに、私がとうとう怒り「メイルが見れないと困るのよ!直ってよ〜も〜〜ぅぅ!!」と騒いだ瞬間、直ったのでした。

怖いけど楽しい、つらいけどうれしい毎日。
滝に打たれるくらいのつらい厳しい精進の日々があるからこんなご褒美もたくさんやってくる。

「まず言葉があった」古事記も聖書も創世記の始まりはそう書いてある。

無から有を生み出す・・・
そんな感じ。


世界的プロジェクトの話もそんな感じでそのうち書きますから驚いて下さい。!


さてお約束のアルマーニのウエディングです。
スタイリッシュに!






Posted by: kaoruko
本日はKAORUKOハウスで会議などの日でしたから15時から始まる諸々の会議までの間事務仕事をしていたところ携帯が鳴りました。13時15分です。
桂由美先生でした。おととい書いた○秘の話が先生と進んでいまして、まだ言えないのですが、その件で「渡したいものがあるので・・・」ということで今日の空いている時間ありますか?ということでした。
私は15時〜会議で夜中までいろいろなセクションと会議・・・・先生は14時〜取材だということ・・・・
じゃぁ、今日は無理だわね〜という話になりかけて・・・どちらからともなく、「今からなら・・・」と。
「今からならすっ飛んで行けますので!」「そうじゃあ私も13時半にはハウスに戻るから」と先生。

すでに13時20分。

そして私はバタバタと「ちょっと行ってくる桂先生のとこ」と車に乗り込み。。

13時25分には桂由美ブライダルハウスの7階先生のプライベートルームについたのでした。

KAORUKOハウスから桂由美ブライダルハウスまでこんな風にアッという間の至近距離です。しょうみ2分くらいでしょうか車なら。

そしてとある○秘のものを受け取りまして。。。
先生とお打ち合わせ・・・

先生はめでたく14時の取材になり私もKAORUKOハウスに戻りました。

それにしても不思議です。

ご縁のある人達が全員ひゅ〜〜っと近づいています。

KAORUKOハウスからは25ansウエディング編集部は歩いて2分くらい。
私を密着している某テレビクルーの事務所も六本木、ウエディングドリーマーズの事務所も5月1日に急きょ六本木になったらしい。六本木の彼らの事務所もKAORUKOハウスから車で3分自転車なら7,8分とからしい。^^歩いても来れる。

そして今宵また新たなおもしろい話がやってきた。あらたな契約依頼だ。

それはなんと桂由美ブライダルハウスから歩いていける至近距離の某○○ですが、そこがまたKAORUKOウエディングが始まるかも???。。。

なんてこと??

桂ハウスに歩いて1、2分のところにもKAORUKOが時たまいるという流れです。

あり得ない出来事。

KAORUKOハウスを中心にいろんなことがぐるぐると渦巻いて動き出したという感じです。

目が回りそうなお話です。

まだ言えないのが辛い。。。みなさんも驚くかな?楽しみにしていてね。


そして○秘の桂由美先生とのお話もね!!






Posted by: kaoruko
ようこそ!KAORUKOハウスへ!

年末に発表すると書いてきた運命のうねり、プロジェクトの真相です。
KAORUKOハウスが南青山に誕生しました。
あれよあれとという間にお引越しまで済ませました。
やっとパソコンとファクスが通じます。電話番号も変わるから皆さんまずはお問い合わせはメイルでね。

これは数日前のお引越しの際に杉浦宮司にお祓いにきていただきました。お浄めのお酒を建物いっしゅうまいたり水まわりにまいたりとしました。
建物のオーナーの葛和社長です。



ここが私のKAORUKOハウスなのです。

入口をはいると光あふれる総大理石のサロンルームです。
天井まで独特の建築アートが施されています。


エントランスのドアをお部屋がわから見るとこんな感じ。

一階から地下にはこのようならせん階段があります。ウらせん階段を下りると、そこはウエディングで着席100名のパーティーができる広大なバンケットルームです。
グランドピアノも置いてあります。ここでウエディングはもちろん、ブライダルフラワープロデューサーコースなどの現場レッスンもできます。
本番はもちろん、レッスンで練習も。

らせん階段はこんな感じで360度どの席の人からも見える素敵さ。

先日の撮影です。メインテーブルとキャンドル前のフラワーコーディネートなども素敵に。KAORUKOブランドウエディングがこうして繰り広げられます。もちろんオリジナルウエディングもね!

建物の横の外観です。詳しくは後述します。
お庭をコンクリートに作りました。私流南仏風

KAORUKOサロンの植物園級という私の大好きなオリーブ好きは有名ですが、ナントここはさらにあの3倍はあるかしらん。
都内一番というくらい大きな大きなオリーブ。

私のKAORUKO色のこんな素敵なお花たちもこのハウスにはぴったりです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
私が積み重ねてきたKAORUKOとしてのすべての集大成としてこのKAORUKOハウスが始まります。

それは運命としか言いようのない激流のような展開で始まりました。

私をいろいろなテレビで特集されたものをみた方は必ず解説のセリフに「日本のマーサスチュワートKAORUKO」と言われています。それはブライダル業界でもそういうふうな評価をありがたいことにいただいています。

私の原点はまだ日本にオリジナルウエディングが始まってないころに自分の結婚式をきっかけに自分たちらしいウエディングをプロデュースするということを見よう見まねで初めていたところから始まります。
もちろんそれを表現するために不可欠な大切な役割は花。だからブライダルフラワープロデューサーという新し仕事を日本に開拓してきました。
それゆえに僭越ですが、気がついたらブライダルフラワーの第一人者などという風に言われたりします。日本中や中国に、これらのジャンルのセミナーをしに日本を代表してご用命いただいているのもブログ読者ならお分かりですよね。

さて、今回は私のもっと以前の原点である、ウエディングプロデュースを花だけでなく私がウエディングプロデューサーとして展開していきます。

ドレス選び、ヘアメークの相談、もちろんパーティーや挙式の演出や進行も。

KAORUKOハウス○ごとのウエディングです。

全てKAORUKOにお任せを!のウエディングです。
日本のブライダルは縦割りだからなかなかウエディングプロデューサーが全てを仕切るのはほとんどないと言っても過言ではありません。
デモKAORUKOハウスならそれができるのです。

20年の月日を経て少しばかり成長した私がやりたかったことの原点に戻り幸せのお手伝いをバージョンアップするのです。

木更津のカオちゃんから結婚して子育てを開始したころが第一ステージとすると、私が花の仕事を始めてKAORUKOへとなり日本中や世界中のショーやフラワーデザインを担当するようになり、マスメディアにも取り上げられ、日本中からたくさんの生徒さんや花嫁さんの認識していただける存在になった、走り続けたこの約12年がセカンドステージだといつも思っていました。まったく違う人の人生を歩みだしたようなこの12年間でした。


そして来年からはおそらくサードステージなのでしょう。
ここ南青山4丁目の地上3階地下一階、丸ごとKAORUKOハウスとして始動します。

ぜひみなさん、お気軽に遊びにいらしてね。
ウエディングのない日や私がいる日はここでお花のレッスンをしていきます。
あらゆるコースのレッスンをしていきます。
光あふれる大理石の広大なサロンルームやバンケットルームやオリーブの木の下などふんだんにつかってね!

さっそく2010年1月4日はめでたい栄えあるレッスン第一号生徒さんたちが続々と予約が入っています。

近くはエイベックス、プラダ、カルティエ、などあり、表参道のシャネル、ブルガリ、ルイビトン、ディオールも軒を連ねる通りもすぐそこ。
原宿からお散歩がてら来てもいいし、表参道や外苑前からすぐ。
東京のファッションやハイセンス発信の南青山はレッスンついでにいろいろ楽しめますよ。

そしてなんとご縁に驚いたのは25ansウエディングのアシェット婦人画報社が歩いて2,3分。
やはりご縁はこうして強烈に引き寄せあうのかもしれませんね。

またそれにエントランスにオリーブの木がシンボルであるというのもありえないでしょ。?
横浜のKAORUKOサロンもオリーブがシンボルで愛されて、ここ南青山もそう。


楽しみな2010年です。この続きはまた明日!
このハウスを手掛けた世界的な歴史に残る建築家のお話や諸々お楽しみね。。












Posted by: kaoruko
本日も不思議なことが。いつものことではありますが、朝からいつも私のショーに出てくれているモデルの愛ちゃんのことを思い出し、秘書と電話とメイルで話していました。

というのも私はようやく疲れをとるために昨夜はホテルにお籠り。。ただひたすら静寂の中で寝たいたのです。うとうとと朝から脳りに出てくるのはモデルの愛ちゃん。
リッツのショーでも活躍してくれていました。
元気かしらなんて言いながらやっぱり愛ちゃんと前園さんはいいわよね〜と思いだしながら、起きてそんな話を電話でしていて。

そして本日は数か月ぶりくらいのオフの私は、いつものかかりつけのストパの権威のサロンへと向かいました。

そしたらな、な、なんと愛ちゃんがいるではありませんか!しかも20席くらいあるというのに隣の席です。

愛ちゃんとは出会いは土屋王子関連だったので、こちらの美容院に来ていることすらお互い知るわけはないのです。。
もう2年になるそうで。。

驚きました。でも本当にここのストパは最高です。で、ヘアエステのくさわけの先生だから、ストパやってくせ毛がつるつるに伸びても、うまれつきのストレートヘアのようになり、毛先を巻いたりもできるし、本当に自然で、愛ちゃんも私もえっ?そんなくせ毛だったの?と驚くくらい、彼女もいつもさらさらつるつる。。
やはり凄いここは。私も芸能プロの紹介だっただけに。。

お話戻りますが、という具合にまた強烈な引きよせが始まっています。
私とともに一緒に過ごすとそのありえない現象の連続に皆さんなにか天の上のほうで道は仕組まれているようだとまでおっしゃいます。

これからも楽しみです。

さて、明日から韓国です。
長いこと休む暇なく働き超高速秒刻みの毎日でデザインも生みだし、講演もしながらいろいろなことを張り詰めてやっています。

長期でヨーロッパでくつろぎたい気分ですが、そんな身分ではありません。

仕事の打ち合わせがあるので、それを兼ねてまたおいしいものをいただきに行きます。
メイルとスカイ国際郵便とで仕事は実際おおかたすむのです。が自分の目で確かめることも多々あるとかなんとか言いながら、頭の中は、さんげたんです。

実はプリザーブド認定講座がいよいよ始まりそれ以外の仕事もありものすごく忙しくさらになるので、その怒涛の日々の始まる前につかのまの栄養補給です。それも大切な仕事です。体が第一です。栄養は大切です。^^

デモ明日は徹夜だそうです。韓国の同行スタッフによると、私をぜひ連れて行きたい夜中だけやっている市場があるんだそうです。

むむむ楽しそう。^^

そしていつものあの参鶏たんのお店に行きます。生のにんにくと生の玉ねぎをポリポリと滞在中に数十個はいただきます。

日本では決してやらないようなことをへいきでやれるのが外国だから、仕事からみであっても息が抜けます。誰も見てないし(私を知っている人がいるかもしれないという心配がないという意味)
普段着で髪もたらして、あの靴をはいて歩きます。
そう読者おなじみの6月に韓国に行った時に買ったあの黄色のアレです。お楽しみに!!

↓AERAアエラの記事をお見逃しなく!

Posted by: kaoruko
今来年の夏くらいのことをやっています。
年が明けて、すぐの1月2月の大きなイベントがめじろおしのいろいろな構想と、媒体の告知される日本各地でのKAORUKO直接指導レッスンのメニュー。来年から始まるロンドンでのKAORUKO直接指導のメニューなどを決めています。さらっと書いたけど、ロ、ロンドン?そう、ロンドンオフィスもオープンしたら、楽しい話も成立し出して、ロンドンに住んでいるいわゆる日本を代表して駐在している方々のマダムがKAORUKOから習いたいというリクエストも相次ぎ・・ありがたいことです。ロンドンでKAORUKOがレッスンを開始。エンターテーメントとしてのショーや販売はイギリス人の方々に向けてのKAORUKOスタイルですけど、そういったたくさんいる日本人のマダムの方々へKAORUKOゆれるブーケ認定が始まるのです。そして、それこそマナーハウス(貴族の館で今ホテルなどになっているようなところ)にてKAORUKOの花とトークサロンなども始まる予定。そんなことや、ロシア、中国といろいろお話が来ていまして、私の頭の中はカレンダーは2009年、そして地図は大陸へと。

年が明けたらまた産みの苦しみが始まるし、KAORUKOの挑戦はあくなき追求。オファーをいただくことはありがたいこと。KAORUKOでなければだめというフラワーデザイン、フラワーアートを求めて認めてくださるということだから。
そして、同時進行で年内カウントダウンの様々なもようしやトーク講演、教育事業のレシピを執筆。で、それやりながら机の上のごちゃごちゃの本や書類を整理し、捨てる捨てる。。スタッフは私の頭の中を見てみたいといいますが、そう、同時進行で8個くらいはいろいろ考えながら作業しながらデザインも浮かべながら、台本のセリフの考えながら、今晩のおかずも考えながら、できちゃいます。執筆も3つくらい並べて書いていく。でもこれは江原先生もそうだとおっしゃっていて、私たちにしてみればあたりまえの行動なんだけど、むしろ不思議がられるのが不思議。
渡辺先生だってオーケストラの譜面を同時に様々な楽器の旋律を書いていくのだから、そういうことも同じこと。楽しく会話しながらすしネタをチェックして赤貝があと3つとか目で見ながら本日のおすすめネタを読みながら会話に笑う・・・みたいな。

明日は千葉の神田外語大学で私の講演があります。
内容は明日書きます。欧米では構築されてきている理論ジャンルでまだ日本では正式な学部としてはないらしいんですが、言ってみれば教育学部に属する【キャリアデザイン】と言うジャンル。
その講演を依頼されたので、私なりに、この数日このジャンルを研究し、私なりのレポートを作成し、明日はビジュアルも使いながら講演してきます。
数日で研究したというのもいいでしょ。。でもだらだらやればいいというものではない。集中して一気にやるのがKAORUKO流。明日はKAORUKO教授です。^^お楽しみに!

木更津、千葉レッスン写真はお待たせ!火曜日に一挙公開です。
Posted by: kaoruko
今宵はフーミンさんのご紹介です。

私の親友でそして弊社の役員でもあります。
不思議な御縁で結ばれた私たちのストーリーを簡単に。
出会いは子育ての公園でした。今年20歳の子供たちが1歳半くらいの時に出会いました。慣れない育児にストレスもたまり、子供を遊ばせながら毎日お茶を飲み夕飯まで一緒にしながら専業主婦のまま自分の人生が終わるのかもしれないという先行きにもんもんとしていた私たちはあてのない夢、というより空想を語ってばかり。・・・それから月日は流れます。この約20年の間に二人の身に起きたことはここでは語りつくせないのですがその時話していた空想夢物語がすべて叶っていくのです。イメージは現実を作るとオリンピック選手も言うように、私たちは繰り返し繰り返し、夢の空想を語りながら、イメージをしながら心の力を使います。と言ってもそうなるといいね〜というワクワクした時間の共有。
要は自分探しの旅にそのころに出たといえます。彼女は某国立大学の教育学部を出たけど私と同様恋愛結婚で早く結婚をして先行きの自分というものを深く見つめてだからこう・・・という信念があったわけでもなく私たちのそのころは結婚して会社を辞めて子育てを20代でする物というあたりまえの世間の流れもあり、そんな感じでした。それが果てしない時間の繰り返しの子育ての中で自分の人生とは何のために生れ何のために生きるのか?ということに気付き始めます。
心がそうなると人生はドラマチックに激変するものです。これは過去を振り返って私たちが立証できます。今度はこうなのよ〜と新たな仕事の話や新たに生じた私の夢を告げるとき「キッと叶うわよ」「今までもそうだったから」と奇想天外奇天烈ありえない度200パーセントの話デモ今までの私が叶ってきたのを目の当たりにしてきた彼女はそういいます。そう私たちはそこに向かって名刺もコネも何も必要がありませんでした。あったのは熱烈な思いと人よりすぐれたイメージ力心の力、それのみだったのです。不思議と道は目指す方向に繋がっていった本当に不思議な導きを彼女は見ていたのです。そして彼女の人生もまたしかり。
今私たちは結婚も子育ても仕事も生きがいも手に入れ、日々挑戦ではありますが大変だけど生きる証を残しています。私が親友と呼べる彼女は透明で慈しみ深く神様みたいな人です。彼女の友達がアメリカに住んでいてそのウエディングの花をずいぶん前に手掛けてあげた御縁の人ですが、今でもアメリカから私のブログを見てくれているらしく「KAORUKOさんは神様見たいに素晴らしい」と言っていたそうで仲間うちで賞賛しあって笑っちゃいますが…そう思い思われる繋がりもいいですよね。でもこのフーミンさんは私のことを神様見たいだとは思っていないらしく漫画みたいな人だと言うんです。私の内面や落差や素やお茶目度を一番見てきて知っているからね^^(ま、アーティストだからそれもしかたないのさ。^^)そう私は神様みたいにはまだまだなれませんね〜修行修行^^
Posted by: kaoruko
ありえない事実。
携帯電話が昨日書いたように7月9日、15日、に引き続き昨日、神社で長らく過ごしていた日にまた壊れました。いつも液晶が突然落ちるのです。電源も落ちたり・・
本日行きましたドコモに。いつもの店長はお休みとのことでしたが、私が入っていくやいなや店員さん達の一瞬止まる動作に視線。「またなんです」という私が言うと、「またですか」と。さっそく調べても原因不明。デモ液晶がついていないのは一目瞭然。原因不明の無料交換と即相成りましたのさ。
それにしても不思議です。不思議過ぎてドコモも困っています。
一か月に3台め。そのたび新品をいただく私。

霊的な作用なのか?神のみぞ知る?
まあいずれにしても符号点は霊的な場所で霊的なエネルギーに浸り霊的な話をしていて霊的な体験が起こるとき。でもだからなんなのさ・・・という教えにしたがい別段私はその点にこだわったりはしない。
デモなんだかわからない不思議さが面白いのよね。でも3回も1か月の間に起これば何かある〜と思わない方がおかしいものね。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2019-05 >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006