ニーハオ!中国は杭州です。今朝2時間40分で到着。中国花卉報という中国全土唯一の花の新聞社主催の花のビッグイベントにブライダルフラワー・ブライダルプロデュースセミナーに日本代表とのことで招聘されてきました。今までも何回も桂由美先生のショーやアジアブライダルサミットの花担当をして中国は来てますがそれとはわけが違います。KAORUKOとしてKAORUKOだけの招聘です。

今夜はおもてなしいただきました。私の隣が社長の周さん、その隣は前社長で創業社長の楊さんです。

ここはせっこう省なので紹興酒の産地だから国酒と書かれた上等そうなお酒をいただきました。「かんぺい」とは日本の乾杯のことだと今まで思っていたら、いっきのみの意味があり、飲み干さないとならないようです。ひとりづつ「かんぺーい」といっきのみをして親しみをますようです。

せっこう省のお料理です。

私の右の女性も楊さんです。通訳やお世話をしてくださいます。手前は編集長です。

富士屋ホテルの菊の間につぎ中国のこのホテルはこのように2階ありのスィートルームがご用意されていてありがたや〜。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
中国花卉報は北京が本社ですが、今回のセミナーは毎年全土いろいろなところでやるサミットみたいな感じらしく今年はここ、杭州。上海ゼクシーのふーさんも連絡を下さりあいに来てくださるということでした。

北京が本社だから次回は北京でKAORUKO展開というお話を社長たちが酒の席とはいえ盛り上がり、なんだかありがたいようなどうなるんだろ私というような。でもセミナーとフラワーアーティストとしてのタレント活動だから、なんちゃってKAORUKO偽物出現とかKAORUKOブランドでなくてKAORAKOとか一時違いでとんでもないものがでまわらないように注意しながらも、デモ最後は人と人だし、私の中国展開を多くの方が望んでいるのであればお役に立つべきであるのと自分の人生にとっても楽しいことにもなりそうだしね。明日は新聞を見た花関連の人が全土から数百人が私のセミナーを聞きにまた学びに来てくださるそうです。なんだかここは中国よね〜と不思議な思いをしながら
日本のブライダルでご指導するのと同じ用に頑張らせていただきます。日進月歩のフラワージャンル。ここ3年ほどの進歩はめざましいそうだけど、ブライダルにおいては日本の表面の真似をする花やさんはともかく日本の15年くらい前の感じという実感なので、私のセミナーによりブライダルフラワーがここ中国で花開くとは日の丸を背負って頑張る甲斐がありますね。お国は違えどおめでたいお祝いの幸せのお手伝いの花ですものね。
幸せ配達人KAORUKO中国参上といったところです。
先ほど市場から注文していた花が・・全く、違う花が届き、まぁ海外は茶飯事だし、あるものでどう美しく表現をし見せるか?腕によりをかけて明日のお楽しみ。
私の過去15年ほどのブライダルフラワーの写真をたくさん見せて、そして最後に少しデモをお見せします。
私も明日はチャイナなKAORUKOです。さてさてお楽しみに!