上海に暮らしています。という感じ。

まだ言えないんですが、某プロジェクトがあり、上海でKAORUKOの密着テレビも行われるという事態に話が進み、上海へそれらの打ち合わせに来ています。

私はいつもみなさんご存じのように日本の日々は毎日27時間働きお休みも無く睡眠もままならず、プライベートはまずない、仕事仕事、挑戦挑戦の日々を365日過ごしていますので、海外で仕事があると、その時に数日延泊してのんびり海外でおいしいものを食べ、ショッピングをして、たっぷりと睡眠をとります。
日本ではまずそんな時間はとれないので、海外が決まった時だけです。ここ数年は休暇でハワイで暮らします〜とか南仏モナコで過ごします〜よいうような日々も全く取れなくなりました。
ですからもっぱら仕事で海外が入った時の延泊のみです。

今回は秘密のプロジェクトの会議は初日で終わったので、あとは私の自由に使える時間なのです。

で一年ぶりに娘を連れて上海へと。そしてブログ読者ならご存知の例のオークションで競り落とした驚くラッキーだった、このホテルにて過ごしています。
仕事先が用意してくださるホテルを蹴ってまでこのホテルへと!
快適快適〜〜。。



某ホテルの38階のスイートルームです。窓の外を見降ろすとこんな感じです。

リビングルームのほうからベッドルームを見ると部屋と部屋の間の大理石の部屋にはこのようにお姫様バスがバブリーにして昨夜は暖まりました。

リビングルームです。まぁ日本の通常のマンション以上はある暮らす感じですね。

旧正月で上海は2月いっぱいはおめでたムードだそうです。どこもこんなフラワーコーディネート??がされています。

今は28日の21時ですが、かれこれ一時間窓の外で想像を絶する花火が上がっています。充電切れのため明日ブログアップします。
日本の各地で行われる花火大会は甘い!ということがよくわかりました、あり得ない凄さ。さすが中国花火。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
上海と言えば上海蟹!
日本では11月の解禁から2カ月位しかおいしく食べられないし、とても高いし、食べた気がしないほどの費用対効果ですが。。。。

なんたって上海は料理すべてに蟹みそと蟹の卵を混ぜるといっても過言でないくらいすごいから、私は上海に来ると病みつきのように、上海蟹料理三昧


上海蟹味噌卵入りふかひれスープ。コックリとろとろ蟹味噌の濃厚なこくがたまらない。
それとアスパラガスといっしょに炒めてあるのは上海蟹の手足の身ね。よくむけてます。



そしてこれの絶品の上海蟹味噌と上海蟹の卵でほぐした身を炒めてからめてある。。う〜〜ん、たまらない〜いったい何匹使っているのだろうという位の蟹味噌と蟹の卵

上海蟹の爪の部分の盛り合わせ。よくむけています。


ここまで見ればお分かりのように、日本では貴重な晩秋の味覚上海蟹も、本場上海ではおそらくはいて捨てるほど・・と言えば表現は悪いけど、使っても使っても有り余るほど収穫できるわけだから、このような料理に使うために、上海蟹を一日中むく役割の仕事がきっとあるのであろうと、あまりの上手なむき具合や、贅沢三昧に蟹味噌と蟹卵がスープや炒め物や、しょうろんぽうに入っているから、そんなことを考えながら舌づつみ。

明日はしょうろんぽう三昧の様子を掲載します。いや〜すごいのなんのと。
100年の歴史のしょうろんぽうやさん、中国全土から来るという店にやっと入れました。。
笑いが止まらないほどもうかっているんだろうな〜圧巻の行列。


上海は昨年桂由美先生と来たところ。
その時と比べて、数ヵ月後に万博を控えているから、街中が万博のために看板もあり盛り上がっている。
道路や夜景の有名なところも工事工事で閉鎖されていた。
上海万博楽しみですね!

中国は本当にすごい!私も仕事やショーで何回も上海以外にも来ているけど、すさまじい勢いの都市。そしてその高層ビルのはざまに日本の昭和初期の景色も広がり共存している不思議なところ。
日本の高度経済成長時代の20年を3年でやっているらしいからすごさも目が回る。
ほんとうに面白いエネルギーのまち!

中国での新聞も日本人初の連載や日本のブライダルフラワーのセミナーやデモでも招聘されてますが、何回来ても面白い!
KAORUKOと行く上海ツアーで上海蟹三昧で上海をたのしもう〜〜!

絶対いきましょうね〜。。^^詳細後日!