昨日の帝国ホテルのウエディングの素敵な花嫁さんのご紹介です。

今回はKAORUKOのアーティスティックなブーケデザイン、かなりのKAORUKOの力の入れようです。

こんな感じです。それはまた後半詳しくお話します。



和装で挙式です。老舗呉服の「尾張屋」さんのお嬢様。
この日のためにお父様が白無垢をあつらえてくださったそうです。素晴らしいですね。(お茶の伊右衛門
のコマーシャルのあの衣装もご実家が担当されたそうです。)


そしてお色直しのウエディングドレスにあわせて、KAORUKOブランドのロングランヒットの定番のカサブランカの揺れるブーケです。
世界中のセレブに愛されてきたあのスタイルです。私がブライズルームの隅で最終の形を整えます。花嫁さんに持っていただくのを今か今かと待つブーケ。



この定番のヘアアクセサリーは「KAORUKO花スタイル」25ANSウエディング刊・・の巻頭ページのモデルちゃんのスタイルですが、大人気スタイルです。これをオリジナルにチュールをクチュクチュとつけてお花をつけます。そして反対側はこんな感じで〜さらにキラキラをつけます。ブランド定番だけどゆかさんスタイルです。


お支度が上がりいよいよブーケをお渡しします。
ほら!とお見せして「わ〜ステキ!夢だったこのブーケ、雑誌に乗っているこのブーケを持てるなんて!」とゆかさん。

ご新郎様にブトニアをつけます。


定番だけど、キラキラをたくさんちりばめます。クルクルもKAORUKOオリジナル。


KAORUKOブログで憧れていたこのKAORUKOとのツーショットもお約束のブーケの位置。

素敵なバッグスタイルも。


そして、KAORUKOがそばにいて緊張をほぐして差し上げるので、こうしてどんどん本来の素敵な笑顔が出てきます。リラックス、キラキラ


ご披露宴でも私がアテンドをつとめます。
だから「KAORUKO先生がいてくれて本当に安心です。」とゆかさんが何回もいってくれました。私もうれいい。安心の笑顔がどんどん出てくるゆかさん。

私はご披露宴の中でスピーチもいたします。




はい!そしてこちらがKAORUKO肝いりのお色直しです。私が自らヘアメークさんと一緒にお花などをつけていきます。絶妙な位置を決めていきます。ほんのちょっとした位置のずれで素敵さは半減してしまうから。




ほら、こうやってね。とお支度上がり後鏡を見てまたレクチャーいたしますが、お色直しはお顔のところで持つと可愛いわよとKAORUKO流。



まるで私はパリコレの舞台に出すかのように、アーティスティックにこだわってこのブーケを作りました。
スタッフたちもショーのブーケを先生が作るときみたいですと口々に。


花嫁さんが選んだそれこそパリコレにも出ている某ハイファッションブランドのドレスとネックレス。
この日本に無い微妙な色合いとセンスのスタイリングを決めた彼女の審美眼はやはりご実家の着物に囲まれて育ったという自然にはぐくまれた色彩感覚の素晴らしさ、深さだと私は始めておあいしたとき脱帽した。

これは生半可なことはできない。

日本の本当の色・・つまり着物で使う色彩はヨーロッパの深い色に似ているところがあるとは私もかねてから思っていた。

現代日本では出せない色。

だから私もこだわって、このスタイルングにあう花をゆかさんと相談しながら決めていった。

私として納得いくまで。


作り込むうちに(これはプリザ)私は先日ヨーロッパから仕入れてきた蝶々を使おうとお閃いた。

羽は今トレンドだからこの花に入れようとはゆかさんと話していた。
でも蝶々は・・・でも最先端今年のトレンドの蝶々をしかもこんなんいきれいな鳥の羽根でできた軽やかな蝶々はお気に召してくださるに違いない。

それにこの蝶々たちはきっと着物にも通じるスタイリッシュな色と確信した私。

やはりとてもお喜びくださってお色直しのその場で蝶々をさらに「パリコレの舞台のモデルさんのように蝶々を飛ばしていいかしら?」とお尋ね。
「わ〜絶対かわいい、飛ばしてください〜」とゆかさん。ゆかさんの歩みと共にちょうちょうも揺れる。^^

通常の花嫁さんではここまで私は提案しない。
育ってきた背景、魂、にあわせたプロデュースだから
ゆかさんならここまで着こなせる、つけこなせると判断。
ドレスや宝石や花に負けない凛とした中身。
そして最先端のトレンドを知っているからこそ。

その人をどれだけ感じることができるかで提案するさじ加減は決まる。だから本当に世界でひとつのウエディングがKAORUKOならではで叶うとはそういうところ。


 


KAORUKOマジックで本来の無垢な美しさを引き出します。女優オーラです。



どこかの国の王妃のようですね。
「妖精みたい〜」「ティンカーベルみたい〜」とお友達たちが。絶賛。本当に可愛いです。そして気品あふれる花嫁さん。

私のブーケも写真攻めになっていました。



花嫁のところに送り出す前の愛おしいブーケを。
私の魂と愛がギュとつまったブーケです。



25ANSウエディングの取材が入りました。おなじみの山形さんとカメラマンのかたのさんです。



そしてここ帝国ホテルニモ入っている三越本店。
三越のウエディングカタログ
引き出物としてのカタログは巻頭ページがこのようにKAORUKOです。
もちろんゆかさんたちもこれら引き出物カタログを。


おめでとう!お幸せにね!♡

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
KAORUKOがウエディングプロデュースをいたします。

きのうは帝国ホテルさんですがホテルにかかわらず、KAORUKOに相談してみてね!
スケジュールが合えばこうしておそばでキラキラKAORUKOマジックで心とブーケのお世話をさせていただきます。

KAORUKOが心をこめてお嬢様の美しさを引き出します。!