韓国のウエディングを拝見しました。文化の違いに驚きました。中国のウエディングも驚きますが、日本のウエディングも欧米からは驚かれているのですよ。日本しか知らないと日本が一番で日本が正しいと思いこみますが、ワールドワイドに視野を広げて本質を見る目を養うと、何が正しくて何が正しくないかをみることができます。ウエディングにおいては正しくないはおそらく無くてそのお国がら、習慣や文化が独自の形を構築させ、いつのまにか定着させるのだとわかります。

日本の結婚式がなんで葬式みたいにシーンとして、きちきちと方にはまり、みな神妙な面持ちで列席しているのか?と欧米人は不思議がります。実際欧米の結婚式にでたりプロデュースをすることもあります私は、「ここが変だよ日本人」:という部分を目の当たりにします。
だから日本しか知らないと、それがあたかも当たり前のように考えるから他がおかしいなどと思いがちです。

でもこの韓国の独特なやり方にだからさほどおどろかない私です。

日本文化は茶道や神道が大きな役割を示しているから結婚式もそのようになるのはいたしかたないのでは?と私は考えます。

欧米では昨年BIAのセミナーでも見せたように踊りながらバージンロードを入場したりとポップなウエディングや、歓談しながらのウエディングもいくらでもあるわけです。


さて、こちらはウエディングのお祝花です。

こんな車は日本でも見かけなくなりましたがブログ読者はご存じの中国もこういう感じよね。



そして列席者が待つ人前式の会場です。かなりの親戚縁者友人が所せましと押し寄せてきます。式が始まるまでスクリーンで二人のエピソードスライドが流れます。それを見ながら待つ・・という感じよりざわざわです。


いよいよご両家のお母様がご入場です。


お二人です。万国共通はウエディングドレス女性の憧れですよね。


そして式の途中で友人が披露宴のように歌いはしゃぎます。



一方、式が始まるや否や席を立ち退場する人たちがどこへ行くかと言うと別会場の披露宴会場です。というよりも会食場ですね。

ご祝儀を持参した人は式を見ても見なくてもこうした食事を堪能し勝手気ままに好きな時に来てすきな時に帰るのです。。。。
新郎新婦に合わない人もいるらしい。
早く来ないと席がなくなるとかで式をそこそこに新郎新婦ご入場を見届けるでもなく席を立ちここへと来て勝手に食事をします。部屋前方のスクリーンでは別部屋で行われている挙式模様をライブ中継で見れます。
BIAとの姉妹提携により日本式のウエディングプロデュースやプランナー教育なども始まるのですが、日本だって欧米の真似から入り今に至っています。

そして日本式というような一糸乱れない静粛さを兼ね備えて。。。

さて韓国らしさを備えた欧米式ウエディングはどうなるでしょう?
楽しみですね。
新羅ホテルなどで行う高級ウエディングは実際欧米式になっているようです。その進行企画演出など。。。


★★★着いた時★★★★



2次会場もこのような歓迎ぶり。凄いです。


日韓/韓日の研修会です。


日本代表団

東武ホテル取締総支配人藤本様、司会派遣業社長加藤様、富士屋ホテル社長でBIA副会長勝俣様、私、野田専務理事、引き出物などの制作会社社長の竹田様、BIA主催初代ブライダルマスターでウエディングプランナー人材教育等の遠山様、山野グループ会長でBIA副会長の山野様(AKIRAさんのお父様)





ダイジェスト
 

野田専務理事と勝俣BIA副会長で塩月会長代行代理のごあいさつ。

 


これからも韓国、中国とのご縁がますます深まりそうです。

楽しいですおいしいです。



さて、帰国もつかの間上海万博カウントダウンに際し、スタッフもてんてこ舞い。

本当に日本産業館と中国側世博局のやりとりがものすごく大変です。国家行事というものに接しその厳重さ大変さに驚いています。

私の日本を代表したフラワーパフォーマンスもいよいよもうすぐです。90分のKAORUKOステージでKAORUKOの全て日本、横浜の全てを花で表現するのです、。インターネットテレビで放映もしますのでお楽しみに!
「ゆず」さんも横浜代表・・日本代表です。楽しみです。韓国に浸る間もなく中国に切り替えています。。。。