日本産業館です。テレビのニュースで見る大きな大きな入場ゲートは空港の飛行機を乗る時のように厳重なチェックが行われます。そして入場口から一番近いところがこの日本産業館です!いよいよきましたドキドキです。

こちらがJALステージと言ってショーを行うところです。

楽屋裏です。本当〜〜〜〜〜に厳しくてセキュリティーチェックが半端無いのです。



いよいよショーが始まります。
今回横浜ウィークにおいて横浜を代表するアーティストとして横浜FMさんとかおおきな企業3社の他にアーティストとしてKAORUKOとそして「ゆず」さんが選ばれています。。ゆずさんとはくらべものになりませんが私も私なりにKAORUKOの世界を表現します。そして今までの集大成でもあり、また中国への挑戦と、そして日本のPR、横浜のPRを考えた構成台本です。
全て私が考えました。それをKAORUKOチームとして今回同行のnemoテレビさんが肉付けをし、パーソナリティーモデルが私の演出を演じてくれます。


まずは「和と洋の融合」シーンです。モデルちゃんたちはゆかたを着て私の今回上海万博でデビューした「KAORUKOブランドのアーティフィシャルフラワー」を髪の毛につけます。


モデルちゃんが雅楽の音楽とともに「KAORUKOZENスタイル」を運びます。前日に上海市場で見つけた蓮の花のものと、定番のかわいいピンクの蘭のものです。モデルちゃんの黒子として今回KAORUKO黒子チームが活躍です。


私はそうです、日本の色「赤と黒」のスタイリングで。髪の毛も赤いKAORUKOフラワーとそして赤い口紅をつけます。


そして舞台ではジャパニーズフラワーアレンジメントを雅楽にあわせて5分で仕上げます。精神統一してスパーンスパーンと花を切りサクサクとさして行きます。
ここはカッコイイシーンです。




そして次は「中華のシーンです」

私の考える中国を敬意を表しフラワーパフォーマンスをします。
モデルちゃんたちはチャイナ服を着て髪の毛にはフロールエバーさんの協賛により作ったローズメリアを髪の毛に。3人お揃いです。(上海万博でKAORUKOが使用したプリザはすべてフロールエバーさんの協賛。カルディナス社長も上海まで応援に来る予定が・・・残念・・・でもショー開演前に電話でエールをいただきました)

 
和のシーンからの展開は時間はほとんどないので私は舞台から見えなくなった瞬間走りマントを先ほどの黒からゴールドへとチェンジです。モデルちゃんたちにもそれぞれお花をもって登場してもらいお手伝いをしてもらいます。


走る走る!KAORUKO走る!

走りながら花をアレンジしていくというシーンです。そしてたちまち7分ほどでこの大きな3つのアレンジを迷いなく差し込んで完成させます。最後は
赤いバラを会場にも投げたりしました


そしてここで「みなさん!こんにちは!私はKAORUKOです。日本からきました!」と中国語でごあいさつ。忘れたフレーズは手のカンペを見ます。汗

ニーメンハオ・・・・・シュンツ〜・・・



次は揺れるブーケのシーンです。
また私とモデルちゃんの早きがえです。



定番のカサブランカの揺れるブーケを作ります。そしてモデルちゃんたちは私の今回上海万博で発表のKAORUKOドレスを着て出てきます。

ここでご披露のブーケは定番であり、またエレガント路線のものです。


実際ワンシーンを約5,6、分を闘魂入魂でこの38度の湿気99パーセントくらいの中国で、さらにスポットライトのじりじりをあびながらやると、シャワーを浴びたような汗になり髪の毛もびしょびしょの私です。


そして次のシーンは「港横浜愛未来」を表現です。KAORUKO定番のブルーの花を使いもちろん渡辺俊幸先生の愛未来という曲にあわせて一瞬でさして行きます。そして最後は黒子チームが出てきて貝や波やいろいろな港を感じさせるものをコーディネートしていきました。が今写真がありません。。。また後日

汗が髪の毛からしたたり、首も胸もびしょびしょに。



そして次のシーンは「ファッションの街横浜、そして日本のかわいいを表現」
かわいいはもはや世界語です。
日本発のかわいい女の子たちです。
私のコーディネートで出てきてもらい、私がリンクした花のトッピングをしていきます。


かわいい女の子たちにぴったりなキラキラKAORUKOブランドシャンデリアのプリザにかわいいトッピングです。




そして最後はかわいい女の子たちのウエディングです。

渋谷ブライダルコレクションでもおなじみもモデルちゃんたち。
しのちゃん、まりこちゃん、八木麻衣子ちゃん、アニサちゃんです。


そしてKAORUKOドレスを着てKAORUKOブランドのアーティフィシャルフラワーを三位一体として髪の毛、ブーケ、ドレスの取り付けていきます。
フラワーアーティストが考えた三位一体のコーディネート、そしてかわいいの見せ方の提案。これらは上海万博でデビューして、こらから日本に凱旋披露していきます。

何と大評判で、マスコミはもちろん、中国では見たこと無い試みでしかもかわいいということで、大手ウエディング企業からKAORUKOブランドの契約依頼が殺到した。。。というわけです。この7月1日に私の運命が激変し、中国でKAORUKOブランドが展開する流れが確実になったというわけなのです。中国の女の子をかわいくしていきます。^^







そして大成功の締めくくりはマイクでまたごあいさつシェイシェイ!



中国でイケメンスターとして活躍の小松拓也さんがそうごう司会なので最後にしめくくりを中国語にて。

 


マスコミ動員数が殺到してKAORUKO取材に来たものだから、ショー終了後に「囲み取材」を特別に日本産業館のvipルームをご用意くださり、そこで取材を受けました

この写真はすべて終了し、着替えて帰る直前に日本産業館からねぎらいのお言葉をいただき館内もご案内をいただきました。
日本産業館は5時間待ちという並んで入る世界的に人気パビリオンですが、かいまみれてうれしいです。素晴らしかったです。



日本産業館のテイジン未来スタジオ館長の新井直樹様、日本産業館館長の秋岡栄子様。

横浜市長同じく横浜ウィーク出演の、ゆずの北川ゆうじんさん近畿日本ツーリストのはすみ次長と青木さんとてもお世話になりました!今回のKAORUKOと行く上海万博ツアーがキンツリさん主催でとても好評でしたので、次回は11月位にKAORUKOといく韓国グルメ三昧お買いものアカすりツアーを開催するそうです!みなさん行きましょうねっ。(それを上海でこみみに挟んだツアー参加の人がすでに申込が来ています、すごっ)



KAORUKO黒子チームが着た上海万博だけのプレミアムTシャツ。今回のツアーは約30名。収拾つかなくなるのでお断りを早い段階でしましたが、みなさん堪能してくださいました。そしてこういうエキサイティングなお手伝いお勉強参加も!

KAORUKOくのいちチームです。(女忍者ね)
KAORUKOのステージに黒子として舞台に出て私に花を差し出す役目、モデルに器を渡す役目、飛び散るゴミをお掃除する役目、コーディネートのグッズを運ぶ役目・・・などを全員で行いました。



全員KAORUKOの生徒さんと、KAORUKOのコースの資格認定の人や、講師、スタッフたちです。工作員のスタッフ腕章をつけて、首からつけている人は24時間搬入スタッフとしてID登録もした重要ポジションを任せた人。とにかく国家行事国と国をまたぎ厳戒態勢てなもんではなかった、あり得ない厳しさ。。。。

今回は寝ずにみなで黒子のリハをしたり万博会場に
厳戒態勢の中荷物を運んだりなどと頑張りました。ごくろうさま。


国家行事のこんな凄い上海万博のKAORUKO先生のステージに参加でき舞台で黒子をつとめるなど一生の思い出です〜とみなさん。


この写真に写っていないけどまだ5人ほどいるのですが、写真が無くてごめんなさい|


明日は上海万博舞台裏お見せします!