一瞬の光のための積み重ねた月日がある。
スポットライトが当たる瞬間の舞台に上がるほんの数分のための影の努力がある。
陰と陽。人生は光もあれば影もある。闇もある。
闇の先に一筋の光がある。
また一歩また一歩と歩んできた道の果てのステージ。

スポットライトを浴びる役目もいれば裏方で走り回る役目もいる。
スポットライトが当たる瞬間、最高の笑顔と集中力で表現するのは舞台という戦場へ向かう戦士たち。

戦闘態勢のカウントダウンの表情、光の笑顔の下に隠れた苦悩と孤独。

支える裏方たちの誇り、プライド。

それぞれの覚悟。そして潔さ。

世界的ステージに上がることなど想像もせずに市場の片隅でひっそりと咲いていた花たち。
そして役目を終えて枯れていく花たち。

光を浴びるものと裏方を守るもののそれぞれの道のりでの流した涙の数と苦悩の数。
それが融合しあい結晶となり完結する光の瞬間。

垣間見ることのない想像の域でしかないであろう、壮絶舞台裏をご覧ください。

(ゆず「栄光の架け橋」を聴きながら見てください^^笑)
(そして昨日までの光の舞台プロフェッショナルなステージをを引き続きご覧ください)





































立ち見で食い入る未来の花嫁たち・・・・の視線の先には


汗だくになって表現する私たち。。


中国の女の子に夢をあたえられたでしょうか?
世界に日本のかわいいを発信できたでしょうか?


上海万博 日本産業館「かわいいフラワーショー byKAORUKO」