明日は先週のウエディングの素敵な花嫁さんをご紹介します。KAORUKOのゆれるブーケ
お楽しみに。!!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

台湾での深いイ話。


昨日掲載した用にエリーリン先生のレッスンの後にエリーリン先生プロデュースのカフェにて豪華ディナーパーティー懇親会をしました。

台北101と言う世界一高い(今はドバイに越された)ビルの35階に位置し、内装もメニューも全てエリー先生プロデュース。もちろん花も売られています。入るのには厳重チェックでセキュリティーカードがないと
入れない仕組みだから、完全予約制。

天空から台北の夜景を見降ろしリッチ贅沢な気分で食事を終え、そしてその足で台湾名物夜市へと皆さんをお連れした。


そこにくりひろげられているのは、アジアならどこの国でも見られるガチャガチャした夜店。
何の肉だかわからない肉や動物の足、あひるの舌までも売られている。

ベニヤ板を並べたテーブルで座り麺をすすったり。

風呂上りのお姉さんのような人達が椅子を出して顔剃りをしている。

わけわからないものが10円以下で売られている。

「おもしろ〜い」と私。

セレブ空間でセレブな食事をいただいたあと転じてこの庶民のよいちに行くとはいやはや〜的な皆さんの動揺。

すかさず私。


「これが人生。
人生の縮図。セレブもあれば庶民もある。光もあれば影もある。

皆さんが昨日体験した、国際花博の舞台での聴衆を魅了したKAORUKOフラワーショー日本の日の丸を背負ってがんばったあのスポットライトをあびたショーも、そのショーの始まる直前までは舞台裏の暗い雑然としたところを走り回り、必死に開演まで頑張った。この日までの地道な準備と作業の膨大に費やした裏の作業・・・それがあるから光があり、成功がある。

光ばかりは無い。むしろ光は一瞬、一瞬の光のために積み重ねる日々の影の仕事を皆さんは体感しましたね。
KAORUKOにあこがれて、国際舞台に出られるのは凄いかもしれないけど、どんだけ(どんだけ〜)大変かを垣間見た。


影、闇、苦労、泥、汗、涙、血(そう、私はいつも血を流す・・・グサッとデモの途中でナイフが手のひらに食い込むことが多い…時間内であせってやるので・・・。)陰陽がこの世の中。


そのほうが多い。それを知っているから光が一層輝く。
私もそう、エリー先生もそう。
そこに行きつくまでのどれだけの努力と苦労があったか。自分への挑戦があったか?寝ない休まないそんな日々。
その苦難の道の連続の果てが光。
だからそこらへんの光より輝く。
オーラとはそういうこと。
苦しみも涙もたくさん知っているから。


すべて私の中にはある。
それを受け入れてすべてがあってKAORUKOである。


だからよいちを見るのも皆さんも勉強ですよ。
「わ〜なにこれ〜〜、得体が知れないもの売ってる〜、こうやってっ暮らしてんだ〜的な
異文化の一コマ。庶民の暮らしぶり。
さっきまでのセレブ気分からいっきに現実へと。
でもそれも受け入れられる。セレブニモ行ける、屋台へも行ける、それも私の中にすべて受け入れて・・だから面白いし楽しい。屋台で麺をすする。


セレブ空間もあれば庶民もある。すべてが自分の中にあり、自分を作ってきたということ。



私の舞台を手伝う、国際花博で自分の作品の展示ができた、セレブ空間とセレブな方々との交流、
夜市での立ち食い・・・

そういう全てのあり得ない出来事、感動、ギャップを通して人生を知る。。自分が見ているものはほんの一部であるということを知る。強い光には強い影があると言うことを知る。

影も又よし。闇も又感謝だと知る。

KAORUKOツアーのだいごみですね。


行けないところに行きあり得ない体験をできるとは皆さん。

海外中年協力隊として又次回も参加したいと皆勤賞の人も^^
「KAORUKO先生〜私、足引っ張り隊でご迷惑かけてませんか?」と言う人も。「ツラの皮が薄くなりました」という人も面白いけど。


笑いと涙ありのKAORUKOツアーです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


台湾国際花博にてKAORUKOフラワーショー
。台湾の方からの義援金も100億円も超えた。その感謝を日本を代表してこの機会にショーをしている身として
ショー最後に申し上げる。多くの台湾マスコミや、観客が長蛇の列で開演を待ち殺到。感謝。シェイシェイ


街中やホテル至るところに日本への応援メッセージが。涙。





一瞬の光のための舞台裏。。壮絶な戦いのカウントダウン。全国からツアーに参加のお花の先生たち。
一人ではあり得ない舞台や体験をKAORUKOとともに味あう。それは所属や派閥を超え、ウェルカム。
花を愛し、花で世界への国際芸術文化交流、花と心の伝道師たち。

KAORUKOブランドおとなCawaiiドレスも海を越えて台湾デビュー。。





ショー終了後の懇親会は元迎賓館の円山ホテルにて。
政府観光局の方々の前で「愛・未来」(渡辺俊幸先生作曲)を音楽をエンドレスで流して披露。

世界的フラワーデザイナー、台湾のエリーリン先生のレッスンと懇親パーティー。
セレブから庶民の屋台へと。人生を知る。


 




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日は先週のウエディングの素敵な花嫁さんをご紹介します。KAORUKOのゆれるブーケ
お楽しみに。!!