ショーのご紹介。上海で2日間に渡るショーです。本日無事終幕。
代表的な今回のブーケを2つお見せします。先日の東京グランドコレクションにつぎ、今回もKAORUKOの今のお勧めのアイスフラワーのブーケをし中国でビューさせました。先日堀北真希ちゃんが持って大評判を頂いた睡蓮のブーケです。今回はドレスが繊細なオーストリッチのドレスなのでそれにあわせてすいれんもより空間美で作ります。このドレスは昨年荒川静香さんが着たドレスであの時はKAORUKO考案イナバウワーブーケをデザインして持っていただきましたが今回はこのすいれんです。アイスフラワーの会社のかたがたが泣いて喜ぶかしらん?中国メディアにも登場させたから・・。^^

 
そしてこちらはフロールエバーのプリザーブドフラワーとRUCOパールをあわせて少しだけアイスフラワーも入れたブーケです。

ショー開演前に楽屋裏でモデルさんたちと。

今回はブーケ3個でしたが中国ではまだまだ見たことも無いKAORUKOの洗練のそぎ落とされたゆれるブーケですので「上品で洗練されている」とマスコミの方が言ってくださったとゼクシーさんからうれしいお知らせ。
昨日のテレビ取材でもばっちりKAORUKOのゆれるブーケも映っていたしね。

桂先生のインタビューです。ヤングチャンネルという高視聴率番組だそうです。
ショーは大成功!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ショーダイジェストです。会場前には長蛇の列

ショー会場とは別の上海のブライダル業者の展示会のほうを見学。右はゼクシーのプランニングディレクター柏村さん。上海ゼクシー2004年立ち上げのときからのメンバーだそうで、中国にゼクシーを作りたいという今後の夢と抱負として社内に提出した一枚からその道は始まったそう。家庭を置いての単身赴任。本当に凄い!の一言。脱帽の一言。上海ゼクシー立ち上がりは彼女含めて3人から始まったそう。いまや上海でゼクシーは一人勝ち。というかブライダル文化を構築してきた立役者です。同じ人生小さく固まるより何が起きるかわからないエキサイティングな選択もアリだとまなびになります。

左は日本のゼクシーのカンパニーオフィサー部長・アネーロ編集長の秋保さん、日本から駆けつけました。右は上海ゼクシー立ち上げからのスタッフのフーさん。

ショーの合間に昼ごはん。中国の人たちに混じりお弁当みたいなのを頂きます。「KAORUKO先生ににあわな〜い。ういてますぅ」と皆さんが・・イエイエこういうのも好きよ私。郷に入れば郷に従えとね。

そしてうってかわって夕飯は80階くらい建てのグランドハイアットホテルにある上海料理のお店で。

左後方から上海ゼクシープランニングディレクターの木山さん、日本のゼクシーの統括しているカンパニー長執行役員の長嶋さん、上海ゼクシー社長の森さん、柏村さん、桂由美ブライダルハウス企画室の飯野さん、前列左は北京からいらした中国のファッション関連のトップで中国ブライダル協会の会長の陳先生、桂由美先生、私です。


上海ゼクシー社長のご招待の会食でした。美味しかったわ〜。。^^
「KAORUKOさん単独のショー、上海でやっても面白いですね!」とも今回の上海で盛り上がりました。
花が日進月歩でほとんど日本のレベルにも近づいていて、いや、追いつけ追い越せ位に日本でうかうかしている花やさんは完全に追い越されているくらいですが、KAORUKOのオリジナリティーやエンターテーメントは私独自だから上海でもおもしろいわよね。
今回のショーも「日本の有名なトップフラワーデザイナーKAORUKO」とご紹介されたようでくすぐったいですが。。
今回のショーの私の花もこのショーの報告とともに上海ゼクシーにも掲載されるようなので楽しみです。
北京ゼクシー、杭州ゼクシーと次々に発刊されてゼクシーは中国全土へ向けて凄い勢いです。本当に凄い。
そして女性が能力を発揮してどんどん活躍できる職場。頭の切れ味のみならず、気配り、と機転が凄くてまた努力の仕方がものすごいわよね。と桂先生と関心しきりでした。人生をかけてがんばれる仕事に燃えるって素晴らしい。。。

いつも言うことだけど、過去からの積み重ねが今、今の連続が未来。未来を描くときどうありたいか?自分を考えるとき、それは紛れもなく今をどう生きているか?なのです。