ニューヨークの花市場でしこたま花を仕入れます。
ここは、こーんな私の背より大きい熱帯からの葉たちばかりのコーナー。NYはスケールがすべてにおいて違うから仕入れの分量も、そこにある種類もパリはじめとするヨーロッパの市場とはまたぜんぜん違います。
わーいわーいと、いつもはしゃいで買いすぎてしまいます。だって初めて出会った花や、こんなの見たことないというようなめずらしいもの、美しいものがたくさん。こういう、光物も私を虜にします。私にとっては花・花・花・の宝の山。日本の感覚とは又違った感性の品揃えが面白くとても勉強になるの日本に暮らしていたら手を伸ばさないような花が逆に素敵に感じてたくさん買っては、初めての色あわせ、花あわせに挑戦して、「よーし、素敵なKAORUKOブーケNYスタイルをつくるわよー」同行したスタッフたちも先生がなにをひらめくかとわくわくしながらそばで楽しんで手伝ってくれます。ホテルの部屋をアトリエのようにして
最もNYらしいタイムズスクエアーの真ん中で、KAORUKO・NYブーケをゆらして楽しむ私。


いや実はいくら私でもそんな大それた、車も止めるような行動は日本の恥ですから思いつきではできません。
これはKAORUKOブランドのRUCO・NYシリーズの発表の撮影のため。用意された計画でした!!