【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2009/10/01
Posted by: kaoruko
ピンクリボン月間です。本日はピンクボールに行ってきました。ガラディナー(正餐)でフォーマルにて。

ピンクリボンのスポンサー活動をされている山野愛子ジェーン先生からご招待いただきました。レセプションにはこんなかわいいアレンジメントが飾られていました。かぼちゃをピンクに塗ってあります。
ほとんどのスタッフが日本人でなく外国人だから、パーティーのしつらいも、進行も楽しさも外国にいるようです。

場所はウエスティンホテル東京のギャラクシーにて。
2002年のKAORUKOのフラワーショーはここギャラクシーの間でしたので、私も大好きなボールルームです。懐かしいです。


そしておたのしみというか本日私がはまりにはまってしまったのがこれ!

これはチャリティーオークションを目的としたパーティーで、国内外の大手企業が自分とこの商品をチャリティーで寄付をします。ホテルや航空会社が航空券やスゥートルームなどを寄付します。またレーシック手術や歯のホワイトニング、スパ、などというものも出ています。
武蔵丸親方と一緒に相撲東京場所を見て部屋見学をしてちゃんこを食べるとかもあります。


それを私たち参加の人たちがオークションで競り落とすのです。

ここにあるのはまず、サイレントオークションです。

表記を見て自分が競り落としたいつまりゲットしたいものにテーブル番号と名前と値段を入れていきます。

一番高額の人が競り落とすことができるのです。そしてその金額はそもそも企業は寄付したものだから、ゲットと引き換えに、競り落とした金額はこのピンクリボンに寄付されます。

そしてこの基金の活動の大きな柱の、マンモグラフィーの機械を購入し過疎地の病院などにも寄付をしていくという目的に使われます。



いや〜〜凄いのなんのって。




こうしていろいろ見ていきます。


英語でいろいろ書かれているのを解読してこんな風に書いていきます。

自由なので書かない人もいますが、私はバリ島の一流ホテルから始まり、上海のホテルスウィートルームに2泊とか、同じく北京とかあとは、東京のグランドハイアット一泊夕食付2名様とかいろいろ書いていきました。
ナント、ミニマム金額が2万円とかからはじまるから

「うっそ〜安すぎ、普通でもこんな値段はありえない」と言いながら。
そして時間とともにのぞくと次々に上乗せで書かれていきます。

バリはあっという間に私の後に5万とか書かれていたのでそうよねや〜めたとさらに高くせりあがるのを横目に・・・



こんなのもあるのよ。

ちなみに以下はライブオークションでよくある競りです。
以下のすごい企画ばかりに、300万円、400万円・・・と跳ね上がっていきまして、ビジネスエリートかセレブマダム達がだいたい数百万円単位で競り落としていきました。

つまり、ミリオネーゼたちが自分でいくらでも出してぜいたくに行けるであろうこういう旅行や体験事を、こんな桁はずれの大金で競り落として、そのお金はすべてこのピンクリボンに寄付されるという仕組みです。
素晴らしい社会貢献です。



そして、私はというと。。。。


「KAORUKO先生凄い良い買い物しましたね!」と皆さんに絶賛されるほど、逆なパターンで、私はもちろんお手軽なサイレントオークションでミニマム2万円とかの普通でもありえない値段からはじまるほうばかりに名を書き連ねていたのです。

・・気がつくとナント、こんな3つもゲットしてしまったのです。

しかも、幸か不幸かラッキーか?ほとんどの人が書き込みをしないポイントばかりを狙ったらしく、(イヤ結果としてライバルがあまりいなかったので激安で競り落とせたということ

)
【グランドハイアットスィート一泊夕飯付き2名様+ストリングスホテルスゥート一泊夕食付2名+上海のシェラトンホテルスゥートルーム2泊2名】
これで絞めて101000円です。
ありえな〜〜いことです。

「KAORUKO先生の真剣な競り落とすネタを探し、書き込み、ほかに書きこまれたらすかさずまた5000円を上げて書き込む・・・誰もその後に書き込みに来ないかを見張り、書かれたらさらにうわのせをして・・・その真剣なまなざしと行動に、以外な側面を見た」と一様に言われてしまい汗。
(北京の一流ホテル2名スゥートというのは残念ながら跳ね上がり手を出せなくなり諦めることに。。。)


来年はKAORUKO先生を見習おうと皆さん。汗

デモ私にとってとてもありえないお買い得の買い物ですが、ちゃんと10万円をピンクリボンに寄付したということになるのです。^^



ピンクのシャンパン、お菓子、そして花もこんな感じ。
ゴトーフローリストさんの作品です。
素敵ですね。なぜトランプか?と後でわかりました。




これもありえな〜〜い。


ナントシークレットゲストで 私の大好きなセロがマジックをしたのです!感激〜
マジックというか超能力だと私は信じたいくらい凄いマジックを目の前で見れて、あの素敵なかっこいいセロさん。ジェーン先生はすでにお知り合いの仲良しですが私もあえて(見れて)うれしいですぅ。写真厳禁でした。

目の前で見たマジックは本当にすごかったです。



山野愛子ジェーン先生ご夫妻と、秘書の佐藤さん、山野学苑の青木先生、先日の芸術祭でお世話になった田中先生、ジェーン先生のお友達のレスリーさんです。



日本は乳癌検査率がとても低いそうです。
マンモグラフィー検査をしてください。
私もやりました。
癌になりそれからの人生に向き合い失うことにより得た多くのことを元にご活動されている女性たちのお話もあったりと大変考えさせられる会でした。

欧米スタイルの華やかなパーティーでもしっかりと社会貢献を寄付というスタイルで楽しみながら行う終わりのないパーティーを初めて体験して私も本当に勉強になりました。

世の中のためにセレブという人たちが貢献している姿を拝見しましたが残念なことにその8割は外国の人たちです。
日本はまだそういう習慣があまりないのかもしれない。

外国の人たちがこうして多額の寄付をして日本人のためのマンモグラフィーを買う貢献をしてくださっているということです。

凄いことですね。



KAORUKOグループもほぼ女性です。生徒さんもファンの方も女性が多いです。
私もこうした体験を通して自分自身がお役に立つ社会貢献も含めて、一人でも多くの女性の早期発見への声掛けなどもしていきたいと思いました。




そして外国のようにパーティーは延々と続き、18時半から24時まで。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

余談

興味しんしんのセロも登場したのも引きよせか?
そして実は娘とお互い忙しすぎてなかなか会う暇も話す時間もなく、春も夏も旅行に行く時間もなく娘は学校とバイトとサークルで頑張り、私もご存じの仕事ぶり。
つい数日前に、どこかお泊まりしておいしいお食事でもゆっくりしようかと話していたところ。
だから上記のオークションばかり興味を持ったわけです。見事ゲットしてその願いもかなえられることに。

普段がんばっていれば少しはいいことあるわね。社会貢献しながらのよいことで今日はよく眠れそうです。








Category: General
Posted by: kaoruko
セインカミュさんがナント、初舞台だというので応援に行きました。
初舞台にして主役で、とてもかっこいい見違えるような役どころでした。
今日が初演だから、これ以上は言えないし、帰りにマネージャーさんが楽屋にお連れくださいまして写真も撮りましたが、これも今回はまだ初演だから掲載できません。
私一人で楽しみます〜^^

池袋サンシャシン劇場です。
3日までで一日2回公演もある人気みたいだからぜひ皆さんも見に行ってみてね。

パニッシュというイケメンの役者さんたちのお芝居のようで、エネルギーあふれる感じでした。
セインカミュさんは、夏のコロンビア大使館に来てくれて依頼だから、久々のハグハグ。
(私は息子もロンドンで約10年近く住んでいるし、外国行く機会も多いから、ジェーン先生もカルディナス社長もセインカミュさんも、ごあいさつはハグハグです。KAORUKOは日本人なんだけど、皆ハーフだと思い込んでいるかもしれないね。傍観者がね。汗)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
明日はフロールエバーギャラリーレッスンです。
夜はドレスアップしたボールがありますので、その模様もブログお楽しみに!





Posted by: kaoruko
「和」なごみ  

の撮影が青山の素敵なハウスでありました。
場所はジャスマックです。

本日はKAORUKOのフラワーリーヘアの和装特集ですので、髪型も私が全スタイル決めてヘアさんにこうしてあーしてと伝えて、私の制作した花をつけていきます。
着物は斬新な2着ですが髪型とヘアアクセでこんなにも変わるというのをご覧ください。

発売前だから小さい写真でちょっとだけね〜

こちらは撮影カメラマンさんと、着物をお借りしたドゥ アンディオールさんです。


艶やかな赤の着物に合わせて3変化です。それと黒の着物はその模様を再現すべく私らしいこだわりで、メリアをその模様のように作りました。そして合計5点を、同じモデルさんなのに、ある時は可愛く、キュートに、艶やかに、大人っぽく・・などというふうに和と洋の融合で表現。鶴が羽ばたく感じを生花とプリザ2パターンで表現です。
もうひとつは11月発売のフロールエバーから出るアナスターシャという和菊を使ったデザインです。
これはまだお見せしないことに決めたので・・・

たちまちこのブログで真似されて、まぁ仕方ないのだけど上記公開の写真もマネするのはいいのですが、技法が少し難しいので(似て非なるものはすぐできると思いますが)


プリザーブドフラワーと、生花、そしてKAORUKOオリジナルの葉やキラキラクリスタルチェーンにて。
みてみてみてね。




大きくブログあっぷして見せたいのですが、こんな感じでチラミですぅ。

発売は11月下旬です。ぜひご覧ください!
KAORUKO肝入りのデザインです。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そんなこんなで早朝から、帰宅後もこの原稿の材料をお渡しするべく自らコンセプトなどを書き連ねます。
その都度そのつど、私にとっては真剣勝負で、今日は今日でこの着物のデザインに合わせて、数日まえから頭の中でデザインをして花を選び、本日作り上げるのです。
ひらめきの中で、いままで見たこともなく、新たな技法もうむだし、新たな挑戦なのです。
そして素敵と思うつぼを外さない洗練です。
絶対素敵とため息が出る誌面だと思います。

11月22日は25ansウエディング フラワー号の素敵な誌面の先日私が撮影をしたウエディングドレスに合わせた新作の花たち、そしてこちら「和なごみ」は、こんな感じ。

みなさん発売を楽しみにしていてくださいね!
Posted by: kaoruko
本日はレッスンの後に都内で打合せです。何の打合せか?というと、まだ内緒です。面白いことになりました。
まだ言えませんが、このKAORUKO連ドラブログを毎日お見逃しなくチェックしていただけるとわかります。

そう、ここで打ち合わせ。てことは??
なんだか考えつかないでしょ。「KAORUKO先生には次から次へと驚かされる」とか「早い展開に目が点になりついていくのが必死」と驚かれますが私も同感〜。

私もえっ?って感じですが、面白がって出てみます。何の?って?そういよいよいろんなことが点と点が繋がッてきました。
とても楽しい展開です。

そう。お楽しみに!

本日レッスン一挙公開と先日予告しましたが、ごめんさなさい。取り込んだパソコンが開けずに苦戦・・・また後日にしますので、ブログ出演待ちの生徒さん達も、欠かさず連ドラブログを毎日みてね。いつ突然主演かはお見逃しないように。

さて明日はまた朝から撮影です。

明日は和装のウエディングのKAORUKOヘアアクセサリー特集です。
これも肝入りで頑張ります。


今発売中の25ansウエディング、花時間プリザ、ぷりふら、プリティープリザーブドにKAORUKO特集記事満載です。どれもこれもお見逃しなく!

また明日たくさん撮影報告いたしますね。
Posted by: kaoruko
これは蘭のお茶です。中国の黄山という山でとれる蘭だそうです。とても香りがよくておいしいお茶でした。
食後に出してくださいます。

本日はとてもおいしくて歴史のある古月さんで、会席中国料理をいただきました。
とても上品で本当においしかったです。
右は女将さん、左はここを紹介してくださった楊さんです。
中国でのKAORUKOの話に花が咲きました。

私は中国で日本代表してブライダルフラワーセミナーをした時にちょっとしたアイドル並になってしまったのでした。中国も世界恐慌でしたがそろそろ来年の万博もあり活気も出始めたようです。

本日は朝から忙しく打合せ打合せ三昧。
明日は木更津レッスンで、そのあとまたとある打合せです。
ブログで明日報告します。おたのしみに!

Posted by: kaoruko
いまKAORUKOブランドのとあるもののデザイン画の大詰めに追われています。
これから業界初の面白い展開がはじまります。
まだ言えませんが、いろんなこと楽しみです。
なんだかわからないでしょうが毎晩寝る暇を惜しんで描いています。そのうちじょじょに発表です。お楽しみに。

「KAORUKOさんは24時間体制でしょ。寝ながらもいろいろなことかんがえてるでしょ」と先日言われてげらげら笑い、本当そう。寝ながらも考えていると答えた私。
いいとこついてる。
次々とやること考えること生み出すこといがありそれ以外も仕事はひとつではないし。寝るときも考えているとはその通りね。デモ面白いもので夢の中で、ひらめきがやってくるというかお知らせがやってくる。
良いデザインや寝ながら考えていて、夢の中で具現化して見せてくれて、起きたときに確信しながら起きすぐスケッチに描く。
もちろん、天とつながるようにそこんに意識を集中して考える時間をあえてとり、向き合うのだけど、その延長で考えている時は寝ているときに答えが鮮明にやってくる。

またいろいろ始まること楽しみです。
もうすぐお知らせします。


Posted by: kaoruko
ドイツのワインフェスティバルのパーティーがありました。なぜKAORUKOがドイツ???答えは最後に書きます^^

約300人くらいが集い、ドイツの名だたる企業やその関係者が直送のドイツワインとドイツのおいしいお食事を堪能しました。

ドイツ商工会議所からの依頼を受けて私がそのフラワーコーディネートを担当。

といっても、実は今日はこれだけのシンボル的なデザインです。

ドイツのお菓子、バームクーヘンの所にKAORUKOブランドの禅スタイルをドイツカラーで置きました。花びらもドイツの国旗で彩り、みなさんバームクーヘンをとりにきながら、いままでにない発想のフラワーコーディネートを写真に写したりと評判がよかったみたいです。


ドイツ商工会議所の会頭ツォーンさん様です。

国際宅配便のDHLの社長をされていました。あの黄色に赤字のDHLです。

今はドイツ商工会議所の会頭です。


私はドイツワインのフルーティーで甘い感じの白ワインがもともととても好き。フランスワインは赤が断然好きですが、ドイツワインは白がお勧めですよ。
日本酒の大吟醸を思わせるようなあのドイツワイン。
本日は、はじから試飲ができ、思いきり堪能できます。


ドイツ商工会議所の井下さんと、本日のヴォーカルの 沖野ゆみさんです 。
エンターテーメントもあるのです。
そしてKAORUKO作のヘアアクセサリーのRUCOメリアをAIビーズところりんとたらして。マイクにはドイツの国旗ここもプリザーブドでドイツ色を出します。


ここは丸の内の噴水公園レストランです。
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
実は来年一年間、ドイツ商工会議所のパーティーなどのフラワーコーディネートを担当します。

私が夏にEU連合の国際パーティーがあったときに、各国の国旗をプリザで箱に入れて表現したときがありましたね。
国旗をプリザで表現する発想があの7月に私が初めて行って以来あちこちで早速マネも出ているようですが、プリザでその時にそういう表現をして驚かれたものでした。

そしてさっそく、このドイツ商工会議所さんからも声がかかりました。本日はプレといったところ。。パーティーの雰囲気を感じに。。ご招待いただきましたので、楽しませていただきました。

来年一年間ドイツならではのお国柄のパーティーなどが開催されるようでそのたびごとに私のそのテーマを表現するフラワーコーディネートが見ることができます。
ブログ読者にもパーティーに来れるように私がお願いすることもしていきますし、また、ブラプリコースの人はKAORUKO  T  シャツを着てお手伝いも^^

そういうわけでKAORUKOのフラワーコーディネートはいろいろなメディアも取り上げてくださるので、来年はKAORUKOのドイツからも目が離せないかも^^
お楽しみに〜










Posted by: kaoruko
ブライダル産業新聞の取材がすごいことになって発刊されていました。!
話題満載  注目の企業&商品
ということで
皇室・各国大使館・一流企業に認められる技
というこ見出しもついて、KAORUKO特集になっています。
夏のコロンビア大使館のショー、東レでのフラワーコーディネート担当の話も別くくりになり、
概要はこんなに大きく私の活動や展開が書かれています。


面白いのは冒頭の文
〜斬新な発想から生まれた「揺れるブーケ」で注目されたKAORUKOはプリザーブドをつかった新たな展開やトレンドのキラキラを取り入れたアレンジなど、次から次へと湧き出るKAORUKO女史のアイディアは世界からも注目され、近日、中国の企業とのコラボレーションにより新たな展開を始める予定だ。・・・・〜と始まります。

次から次へと〜って面白いですね。
まぁ、実際それは事実なのですが。。
次から次へと各界からのオファーにより、新たなデザイン考案、提供、発表を求められるので、結果的にそう感じるのでしょうが、面白い文脈の始まりです^^


読みたいかたのために2行ずつ切り取りクローズアップね。杉山愛選手や、シャラポワにおつくりしたブーケの話や、皇族方のためのお花の件も出ています。
そして中国との件もね。^^




本日は東京で終日レッスンです。
夜も三越レッスンです。

レッスン模様は来週の27日に一挙公開する予定です。
毎日仕事や取材や撮影が多すぎるので、レッスン模様はまとめて月に数回にします。ブログ出演まちの皆さんしばしお待ちを。毎日チェックね^^



明日はドイツのワインフェスティバルです。
なぜドイツかって?
その真相は明日のブログで発表します。
お楽しみに!
ドイツドイツドイツKAORUKOドイツとの御縁?
Posted by: kaoruko
本日は朝から25ansウエディングの撮影で都内のスタジオにこもりきり。

KAORUKOと土屋雅之  の特集ページです。
久々の25ansウエディングの25ansウエディング誌上での私たち二人の作品作りはまたまたオーラ満載まちがいなしのすごいページになりました。



特別にお見せします。

こんな風にまず私がデザインを決めます。
絵のラフを描き、土屋さんと編集者とコンセプト会議をします。
そしてそれをきいた土屋さんが「北極のかんじ」というから「そう氷から今出てきたようなクールビューティーね」と言います。

で当日用意された花で私が心をこめて念をこめて作ります。
「どう?こんなかんじよ」と言いながら土屋さんに見せます。
「降りてきた降りてきた、決まり、こんなかんじ」と髪型を決める土屋さん。

こんな風に全く異なる6点をデザイン進行していくのです。どんどん自分の世界に入り込みながらお互いやるのですが、テレパシー的な感じでここっという全体のバランスは一瞬にしてお互い誤差なく鏡を見て美しいという地点を決定します。(髪の毛に取り付けるヘアアクセの位置など)
安心して仕事ができます。
仕事つながりでおともだちになったからいわば同志、戦友ですね。私たち。妥協を知らない純粋性は前世つながりという直観で。




私たちのシーンも撮影です。








私たちのコンビは今日本中で一番高額なアーティストが手がけるウエディングとなっているようです。
(高額しかやらないわけではありませんが、25ans誌上特別企画でそういうの、ありました。私も思い出に残る素晴らしいウエディングで今でも大好きなカップルたちが蘇ります。こんなふうに二人で最高の日を作るのです


雑誌の撮影は細かいところを撮影本番でも「はいりま〜す」と言いながら自分の納得いくまで直します。

モデルちゃんと撮影終了後に。

撮影スタッフとも。

右から25ansウエディングのライターの梅澤さん、私、カメラマンのたがしらさん、私のメークも担当してくれた、土屋さんのスタッフのまきちゃんです。


*25ansウエディング  フラワー号です。
物凄いハイクオリティーな出来上がりです。
もともと高品質、高級感、実際高級な美しいナンバーワンの本であるのですが、本じつはKAORUKO&土屋
天とつながりながら、それぞれの守護神と対話しながらという感じで、パワーさくれつの撮影でした。

アーティスト魂というか審美眼の観点、レベルが一緒なので仕事が実にやりやすいというかぴったりコンビだと思います。
この二人が力を出し切るくらいに挑んだ撮影ですから、たぶん誌面からは「アチチチ!!!バチッ」と触った瞬間火花かオーラが出ているだろうと皆で言っていました。ぜひ皆さん本当に美しい仕上がりです。見てくださいね。

KAORUKOがまたさらに進化しましたよ。本日お勉強参加のスタッフやブラプリコースの人たちも連日のように参加してますが、「今日またこんなに進化している」とあのリボンメリアに感嘆していました。
見てのお楽しみ!昨日より進化です。
絶対さらにかわいいです。^^

まだ発売前だからこれきりしかお見せできませんがチラ見予告です^^6カット撮りました。
キュートあり、正統派あり、お茶目あり、斬新あり、粋(いき)あり・・何でも作るKAORUKOです。花嫁さんは1一人一人違うからいろいろなニーズの目線でデザインをしますからね。

25ansウエディングフラワー号は11月22日いいふうふの日に全国発売です!
お楽しみに〜〜〜〜^^最高。







Posted by: kaoruko
第59回芸術祭です。横浜アリーナで開催。全国から山野流着装の先生方や美容師さんの大会で、内閣総理大臣杯や厚生労働大臣杯争奪戦です。

コンクールの最後にショーが開催されます。
山野流宗家の山野愛子ジェーン先生の今年の新作着物とヘアのショーですが、今年はKAORUKOのヘアアクセサリーとのコラボです。

ショーのフィナーレはKAORUKOもこのショーのフラワーアーティストとして登場です。

ジェーン先生と。
今年のショーのテーマはレインボウ虹です。
ジェーン先生のヘアアクセもレインボウカラーでおつくりしました。

濃い3人です。
本番前です。楽屋にていろいろおうちあわせ。

ショーに出演の早見優さんです。お着物に合わせて水色とピンクのメリアなどをプリザでおつくりしました。
(ブログ掲載許可済み)
楽しい素晴らしい歌声を披露してくださり、キッヅのダンサーと踊ったりとハッピーなステージはさすがでした。



レインボーのテーマに考案されたヘアスタイルに合わせて、さらにお着物に合せて私がフラワーデザインを担当です。(ヘアスタイルとプラスチックのようなカラフルな色の虹状のものは山野のデザインです。それに合わせて私がプリザの花をデザインします。)

エンターテーメントであり今年のシンボル的な発表なので、舞台のメイクやヘアもそれように施されます。

私もそういう意味あいを考慮してフラワーデザインをするわけです。

今まで見たこともなくて、ハッとする、それでいて、かわいくて上品であること。
衣装と髪型を最大限に生かし、なおかつ主張しすぎず、クリエイティブであることです。

いつも桂由美先生や世界のショーで培ってきたものです。
デモいつも産みの苦しみを伴いますが、私の挑戦なのです。






こどもたちのダンサーです。湘南のスクールHANA先生の生徒さんたちです。
KAORUKO考案のリボンメリアを作りました。
かわいいでしょー^^

753にもいいですよね。ブラプリコースで習えます。このKAORUKOオリジナル発明のリボンメリアです。
 
 

プリザーブドフラワーを協賛してくださったフロールエバーのカルディナス社長が楽屋を訪ねてくださいました。

フロールエバーのプリザたちがこんなふうになってつくられ、モデルさんたちに装着されたところをとてもお喜びになり、写真を撮られていました。

「KAORUKOさんはデザインマシーン、デザインファクトリー」とまた言われてしまいまして、次から次へとクリエイティブに生み出す過程をここ最近夏のロンビア大使館からご覧になっていますので、また驚かれてしまいました。

でそれらの私の生み出すデザイン画のスケッチブックをご覧になり、「これは貴重ですね。ずっととっておいて、このデザイン画がこうなったといつか出すといいですね」と感動されていたから「ハイ、KAORUKOミュージアムで将来一般公開します」と答える私。^^




ハイ、こちらは黒子のお勉強。はじまったばかりのブライダルプリザーブドフラワーコースの認定ライセンシーの生徒さんたちが早速KAORUKO  Tシャツを着てこのイベントを昨日今日とお勉強参加されました。
驚きと感動、ありえない場所でありえない人たちの中での参加にドキドキしながらがんばlりました。

最後に山野愛子ジェーン先生と記念写真です。
大半が都合で帰ったあとなのでしたので残念ですが、こういった記念写真はイベントがすっかり成功し最後の最後での笑顔の時なのです。最後までいた人はお疲れ様でした〜



そのあと私は土屋さんのところへと。
ノブさんにカラーリングをしてもらいに。
ドッと緊張の糸が解けカラーの最中にガーガーと寝てしまいました。

明日は25ansウエディングの撮影で私の顔も撮るのでカラーを。ひまのない忙しい私はここしか空いていませんでした。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
第7回着物大賞の発表も行われました。
なんと

「上戸彩さんです〜」と発表されて登場されるとアリーナの会場じゅうの観客は黄色い歓声とともにかわいい〜の声。

それに応えるかわいい上戸彩さん。

楽屋裏でお会いしたら、5年前に桂由美先生のショーのゲストの時に私がブーケ担当だったのでその時のことを覚えていてくれて、いろいろお話ができて私も感激。本当にあの時も超アイドルでしたがいまやさらに国民的スター、女優さん。やはり、魂の純粋性が素晴らしいです。

多くの女優さんのブーケを今まで担当しましたが上戸彩さんは、とても本当に素晴らしい素敵なピュアなかわいいかわいい方です。私も大好きなのでまた再会できてうれしかったです。^^

明日も大勝負の日。
がんばります







Posted by: kaoruko
第59回芸術祭が明日横浜アリーナで行われるので、本日はそのリハーサルと前夜祭がありました。

KAORUKOのフラワーがそのフラワーデザインを彩ります。和装に合わせた斬新なフラワーデザインのヘアアクセサリーです。

山野愛子ジェーン先生御夫妻と妹さんのティナさんと、フロールエバーのカルディナス社長御夫妻です。フロールエバーさんが本日もプリザを協賛してくださったからです。


ゲストの早見優さん。明日は私のデザインしたプリザの花をヘアにつけたりして登場されます。

早見優さんはジェーン先生と高校の時からの同級生でバイリンガルどうしの仲良しです。(ブログ掲載許可済み)


桂由美先生と佐渡ヶ嶽親方とハリウッドのメーキャップアーティストのカオリナラターナーさんです。一年の一度しかお会いないけどと言いながら、また再会です。

本日理事長のごあいさつに「若く元気にいる秘訣は美しくありたいという思いからであり、初代山野愛子先生が確立された【髪、顔、装い、健康美、精神美を美道とする】それこそがまさに、今脚光を浴びて、東大も研究を始め、政府も着目し始めた・・・終わりよければすべよしで、人生の終幕をいかに過ごすか・・・」という概要に話をされました。

昨年カオリナラターナー先生も「もうすぐ80歳だけど、80歳になるのが楽しみ〜」と言われていました。桂由美先生もカオリナラターナー先生ももうすぐ80歳だけど、
この若さ!すごいですよね。
お年を言い訳にしてはいけませんね。そんな時代がやってきました。

すべてあくまで自分の精神次第。



明日のショーのリハーサルです。私もフィナーレに登場しますので。その立ち位置の練習。

フロールエバーさんがものすごい量を協賛してくださいました。



こんなのをお持ち帰り用として皆さん一人一人の席に置きます。
 
そして中央はショーのテーマである虹色のプリザの花びらを使い、また虹色のバラたちで立体的なテーブル装花を。

こちらは、私からのお祝い花です。
いかがでございますか?
先日の秋のかんじのように。

だってお祝い花ってつまらないと思いません?
皆同じようにドカンという花が来てどれもこれも花がいきていずに、詰め込んだ花で。だからひときわ目立つみたいです。嬉しいです。皆さんがこの前で写真を撮ったりしています。

デモ時間のない中3分ほどでいけたので本日の出来は?


さぁ
あすはいよいよ本番です。
横浜アリーナです。
そしてまだ言えない明日はお楽しみもあります。^^
がんばります。

Posted by: kaoruko
明日はいよいよ山野愛子ジェーン先生の芸術祭前夜祭です。
準備に追われています。明日のお客様全員がお持ち帰りするフロールエバーさんのプリザをかわいく作成中です。

とてもすごい業界初の企画。ジェーン先生と私で考えた素晴らしいデザインの数々です。本日も明日も早朝から作成です。お楽しみに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ここ数日のレッスンです。

いよいよ花時間、プリフラに発表されて、全国展開開始です。!各地方の認定ライセンシーになってブラプリでその地域の第一人者になり活躍してください!日本のブライダルのため輝く笑顔のため。

神戸、大阪、日本橋フロールエバーギャラリー、横浜サロンのレッスンです。
ヘアアクセサリーコース、揺れるブーケコース、合わせてブラプリコースです。
幸せ笑顔コースです。KAORUKOオリジナル技法とおりじなるデザインでのプリザ革命。全国に広がり出しました。

関西校の、服部さん、和田さん、森さん、加藤さん、日本橋の関口さん、大串さん、竹見さん、山田さん、若山さん、そして岩手県から短期集中でがんばったのは新里さんです。本当に頑張りました。3日間でレッスンを終え、早速ブライダルビジネスに役立てるそうです。

ブラプリコースは技術だけの認定でなく、KAORUKOオリジナル開発のキラキラアクセサリーやキラキラ小物、クマちゃんなど、すべてをライセンシー価格で仕入れてビジネスに役立てることができます。
ここだけのオリジナルだから、まねができません。技法やデザインも資材のオリジナリティーだからその地域で一人勝ちに。皆さんを応援する仕組みです。




 
紫のブーケを作る日は紫のお洋服を選んできた皆さん。

ハワイアンをおやりになっているので早速のこの髪飾りを使うそうです。ダンスとともにしなやかに揺れるわ〜素敵だわ〜と。 

クマちゃんブーケというファンキーなレッスンも大人気
 
岩手県の新里さんも、やはりブーケの美しさと私に触れて泣いてしまいました。
皆さん「不思議」と言いながら、浄化の涙を流されて透明感を増してお帰りになります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こちらはフラワーデザインコースです。
秋の花たちで上級レッスンです。西片さんの作品です。


Posted by: kaoruko
19,20日は横浜アリーナで芸術祭です。山野愛子ジェーン先生のショーもあります。そのフラワーコーディネートを担当しています。
こちらは先日プライべートレッスンでコサージュを作りました。ジェーン先生も自分で作れるようになりました。
^^とても上手です。さすがでした。
フロールエバーのカルディナス社長です。私がご紹介した友人たちがつながる和、輪です。
いまジェーン先生はフロールエバーのWEBコンテストの審査員をされていますよ。


横浜アリーナのショーでは、
今KAORUKOいちおしのプリザの立体的技法、揺れる技法のヘアアクセサリーを芸術の域にもっていき、和装に合わせてコーディネートです。
凄いことになります。

早速ひとあし早くプレスタートをきったブラプリコースの生徒さんたちも勉強参加としてこの場にKAORUKO  Tシャツをきて入ります。

あこがれだった黒服とKAORUKOエプロンをつけて舞台裏に入るのだとみなさん喜んでいます。

人生が急速に変わるのが私とかかわり出すと時間軸の変動をともなってやってきます。いよいよカウントダウンです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

発売されたばかりの【花時間】と【プリフラ】という本です。私の取材ページや特集ページがありますので是非見てくださいね。

生徒さん達は発売前から書店に注文してありま〜すと皆さん口をそろえて言っていました。
さぞかし今月は売れたであろう・・・なんて手前味噌


こちらは花時間さんが撮影した私の顔です。いかがでございますか?自分なら絶対使わないこういう顔写真ですが、ニカッと笑って首を傾げるKAORUKOどしがいもなくプリクラ笑顔よりは良いかしら?汗

生徒さんとのレッスン風景も撮影したり、いろいろこんな風に私のお気に入りとかKAORUKO解剖的な特集になっていますから私のことすべてわかりますので興味津津で見てね。年までわかります。汗。。

ちゃんと私の花もこうして写っていますよ。癒される、オーラが出ているともっぱらの評判です。お蔭さまで。


こちらはプリフラですが、私のこの夏からのイベントやご依頼のお仕事が掲載されています。

コロンビア大使館でフロールエバーさん主催のKAORUKO企画の前夜祭としてのKAORUKOコレクションをしたり、コロンビア大使から表彰されたり、いろいろありましたね。東レの取材はまにあわなかったので、下旬発売のプリプリにそちらは取材掲載されます。

こんなかわいいプリキラコースの写真もあるし、いま大好評のブラプリコースの幸せ笑顔の生徒さんたちもこんな風に雑誌に掲載。「雑誌に出れてお宝にして皆に配る」とか皆さん。

「KAORUKO先生に出会い病気まで治った」なんて言う人まであとを絶たず、何のこっちゃですが、でも本当そういう人がたくさんですが、きっとこの自らのキラキラ笑顔になれるレッスントKAORUKO技法の花は生きているみたいに息吹を吹き込むから病気も治るのかしらん?知らないけど皆さんが言うので。。汗




Posted by: kaoruko
新幹線でWEDGEという‘ご自由にお持ち帰りください‘という本をパラパラとめくっていたら以下のような文があった。

〜引用〜
今の日本はレールから外れると下流社会に組み入れられてワーキングプアの道しか残っていない。偏差値教育、派遣切り、自殺多発など閉塞感に満ちた社会である。天下りや団塊年齢層の既得権は若者の格差社会の上に成り立っている・・・と

この本は放浪ニートのすすめということで世界に出ればいろいろなことに気付くよという自分も若いころ世間の情勢のせいでなく自らヒッピーという時代があり・・・という経験なども引用して、以外な自分の発見や、過去との決別などいろいろな気づきがあり、閉塞した日本社会にとらわれる必要はないよという内容で結んでいたけど。


本日ニュースを見ていてもそんな若者の雇用問題の件ばかりやっていた。

深刻な問題だ。


一度定職から離れると、あるいは、切られてしまうと再就職は本当に困難な現状があり職業訓練的に国が行うも雇用率は下がる一方らしくスパイラル曲線で悪い一方らしい。。

新卒で採用されない場合は中途はさらに難しく高学歴ニートも多く、一生、起死回生が困難な格差社会の構図ということばかりやっている。

そうなると生まれる前から子供の格差、いや、産む選択もできない、いや結婚もできないという悩みも・・・

深刻な問題だ。

「夢は思えばかなうのか」という悲観的な思考になって悪循環の始まり

やればできるという希望もやればという場があり、温かく見守る環境があるからこそプラスで考えられるのだろう。。

外資系ブランドも日本にみきりをつけて撤退や縮小が増えているみたい。

一方で私もよくいく中国やヨーロッパのブランド店ではアラブ系の人や中国の富裕層がものすごい勢いだと目の当たりにする。

日本は退行しているのだろうか。。
悲しい。。なんとかしないとなりませんね。
夢や希望に燃えて生きていく人生を何とかしなければね。

なんて考えたりしました。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
今日は岩手県から短期集中で新しい生徒さんがブラプリコースに入りました。
希望に燃える50代です。上記の話のあとに対照的だけど、最近私のところには希望に燃える50代、60代、70代の女性が多い。

本日はほかにも新しい生徒さんがもう一人。幸せそうな生徒さんたちの笑顔にブログで魅かれてついにKAORUKOレッスンにきたのだそう。

そのあたりのレッスン公開は日曜日に一挙公開します。

本日発売のぷりふらという本にもKAORUKOのページがありますので明日公開しますね。


お楽しみに!










Posted by: kaoruko
*本日発売の「花時間プリザ」にKAORUKO特集ページがあります。「憧れのアーティストのことすべて聞きました」というページです。私の年表までしたの方についているので凄いですよ・・見てね〜(年もばればれでないか・・汗)
ぜひ買って見てみてね。
まだ発売されたばかりだから内容を大写しで掲載できないのでぜひ書店でね!


関西の住人から関東へと戻りました。

神戸レッスン、大阪レッスンの模様は後日一挙公開しますね!

おかしな不思議なもので、あの神主さんも渡辺先生も別々に、たまたま週末京都、奈良だそうでそれを聞いて私も延泊して合流したいくらいでした、がいくらなんでもそれでは日曜日から一週間になってしまうし明日からまた東京と横浜でレッスンです。
御縁の3人が関西にこの時期同時期に滞在というのも面白いですね。


明日は東北の生徒さんが短期集中でブラプリコースを受けに来ますし関東の生徒さんが会社休んできます。(^^)・・・だそうで、KAORUKOと出会ってしまってからまじめに働いていた人たちがこういう状態でKAORUKO直接指導に一日予約を入れて飛んできます。ありがたいけど、日常生活に支障をきたさない程度にしましょう!
出家(しゅっけ)状態に近い人もいるので、イヤ、本当にね。^^

本日は大阪レッスンになんと四国は香川県の生徒さんが来てくれました。「大阪にKAORUKO先生がいつまで来てくださるのかわからないから今しかない!」ということで思いたち行動だそうです。横浜サロンには全国北海道も沖縄も津々浦々生徒さんが飛行機で来ますが、大阪に仕事帰りに新幹線で香川県からカルチャーレッスンに通う・・・とは凄い。。半年ワンクール申し込んだとのこと。

常連生徒さん達も腕がますますあがります。
これも御縁ですよね。もう何年も通ってくれるし東京のKAORUKOのイベントも来てくれるし、関西応援団関西カオラー幹部といったとこです。^^

先日の東レのテレビでの杉山愛選手の私が作ったユリの揺れるブーケもニュースや新聞で見て「私の先生の作品〜」て誇らしかったそうです。

また来月の関西レッスンが楽しみです。^^
Category: General
Posted by: kaoruko
*昨日ブログに書いた東レのテニスのシャラポワが揺れるブーケをもって入場のシーント、杉山愛選手の引退式で百合の揺れるブーケを持ってブーケの話しかしなかった引退式の動画が右のトップをクリックすると見れますので見てね!

ここをクリックでも見れます。

おもいたち京都へと。

いつもJCの青年会議所時代に一月の京都会議に来るとつれていってもらったここ「わらじや」さんのうぞうすいをふとこいしくなって。。創業400年位らしいですよ。
ここの名物娘という、そ〜ね〜おいくつかしら、70?80?小さなおばちゃまが今日も元気に迎えてくれました。

お薄から始まり、付きだしのあとは、おだしで頂くウナギのぶつ切り、そのあとは別のだしの味のうぞうすいです。
ぐつぐつと湯気立つお鍋をお座敷でひとりいただきます。「さみしいな〜」とおばちゃまがおひとり様の私に何度も言います。
いつか弊社のスタッフも連れてきたことがあったっけ。ここ。

おひとり様も好きな私。いえ、おひとり様がすきな私。KAORUKOになって以来、孤独が好きな私。群れるのが嫌いな私。おひとり様けっこうでないの^^

そして、夜は祇園のお茶屋さんです。
おひとり様で京料理をいただきます。うれしい土瓶蒸しも。

そしてリッツに戻り明日の大阪レッスンまでお部屋で過ごします。リッツのお部屋はマンションみたいな間取りをしているので自分の家にいるようであり、そしてよく滞在するロンドンやパリのホテルのようでもあるのでとてもリラックスできます。とはいっても移動中も携帯メイルが充電切れになるほど会社とやり取り、京都の町並みも見る間もなく、携帯押しながら移動。ホテルの部屋でもパソコンで仕事仕事です。・・・

夏休みも定休もなかった私は束の間、おいしいものを食べてリラックスです。
Posted by: kaoruko
TBSのサイトに行くとスポーツサイトに東レパンパシフィックテニスの動画及びフォトギャラリーがあります

動画はシャラポワがKAORUKOの揺れるブーケを持って決勝戦入場するところからはじまるので、KAORUKOの揺れるブーケがよく見れますよ。
シャラポワのその日のユニフォームを予測したらおあたりでピンクに黄色のさし色、そして頭には黄色のはちまきでした。だから私が選んだその色の組み合わせのプリザの揺れるブーケが見事にトータルコーディネートしていますので見てね。


そして動画メニューをクリックすると、【杉山愛引退セレモニー】というのがあり、そこをクリックしてみてください。

それはカサブランカの揺れるブーケをもって全身から始まり、引退式だというのにこの揺れるブーケの話しかしないという奇跡のような(私にとって)引退スピーチの全貌が見ることができます。

揺れるブーケにKAORUKOの念がこめられていたから「KAORUKO先生のおもうままに・・・」とはこのテニスの主催者広報の方からの「いやー、まいった」とのお言葉。[KAORUKO先生何か特別な力を使って先生の思う通りにすべて操っていません?」なんて本気で聞かれたりして、汗。

そう。。数千万円もスポンサーさんたちはかけて協賛しているのに、私はこのテニスのフラワーコーディネートを主催社からお願いされて担当した身。なのに、このユリのブーケばかりクローズアップで世界配信及び最後の花道の写真としてどの番組もこれ。。

私は純粋に杉山選手をたたえるために心をこめただけですがありがたいというかなんというか。。。

でこの模様が見ることができますのでぜひぜひ見てね!

フォトギャラリーは、シャラポワの全身188センチに1メートルの長い揺れるブーケを持つ姿があり、、まるで小さく見えるくらいの写真です。がかわいいと思います。

参考までに対戦相手のヤンコビッチの赤いブーケは赤と黒のメリアのエンパイアブーケですので揺れていませんがそういう質のブーケです。でもこれも不思議にコーディネートされています。


TBSさんもスポンサーだからばっちりすべて全貌記録があるのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日は大阪。中国側のライセンシーとの打ち合わせでした。滞在はリッツカールトン大阪です。リッツの中のお店で凄いのを見つけてしまいました。で早速お部屋に届けていただき、この箱の中身、この手の平くらいの大きさ、かぼちゃくらいです。答えは最後に。


そして15日は大阪NHKレッスンです。
三重県からもKAORUKOち直接指導の大阪に参加の生徒さんもいるとかで嬉しいですね。昨日の神戸も愛媛県から来たり、鳥取県からも申込があったりと。。。

皆さんの県すべてに行けるといいんですが、わざわざ会いに来てくれる、習いに来てくれるとは。。横浜や東京にいくよりは近いということで大阪、神戸に来てくれるといってもかなりそれでも遠いですよね。
デモあえてよかったというふうに一生懸命ご指導させていただきます。

一方で、行こうと思っても敷居が高いと思っていたら、今回、ニュースで杉山愛、シャラポワ、皇后さま、秋篠宮さまの花を手掛けたということでますます行きずらく自分なんて…というといあわせも増えています。

そんなことないってぇ〜。ちっとも大丈夫。普通のおばさんですから安心してあいにきてね。^^あえばわかるからぁ。

さて、明日はぽっかり昼間空いたので京都に行きます。ほんとうはにっぽんとあそぼうといういつも行くイベントをまたご案内状をいただいていましたが、夜は予定があり残念です。関西にいるというのに行けないなんて。今年は平等院で開催です。残念ですが昼間京都でおいしいものをいただいてきます。
夏休みもなかった私の束の間の散策です。


巨大シュークリームでした。物凄いクリーム量。私のためにあるみたいです。心臓に脂がつくよお母さんとまた言われないようにしないととは思いますが、夜中だというのにいまから頂きます。^^



セレブの愛読書25ansウエディングのいま発売中の結婚準備号にKAORUKOが見開き2ページが掲載されています。ぜひ皆さん買って読んでね。

ブログ読者ならご存知のあの仙台の素敵なカップルです!

本当に素敵でしたよね。思い出しますね。



このみかさんももったKAORUKOブランドの定番のユリの揺れるブーケは先日杉山愛選手ももったあれです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして囲みでこんな特集も組まれていて、ありがたいことです。

25ansウエディングは花雑誌と違い手軽な安価な記事広告もないし、本当に良い仕事や読者のためになるような取材記事だけを掲載するポリシーの雑誌ですから、毎回こうして私の仕事ぶりを掲載していただけることは本当にありがたいことだし、ますますがんばろうと思いますね。


全国のこれからの後輩花嫁さんたちのお手本となるカップルとして私のてがけたみかさんとゆうたさんのウエディングを皆さんもぜひ書店で買ってじっくり見てくださいね。
本当にお二人は素敵で私のデザインや進行もオリジナリティーあふれるウエディングなんですよ。^^

カサブランカの揺れるブーケを持ちたい人はご用命賜ります。^^
こんな幸せ笑顔まちがいなし。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
神戸レッスンの模様は近日のいろいろなレッスンと一緒に一挙公開します。本日も幸せ関西地区ブラプリレッスンでした。
15日まで関西の住民となる私は大阪、京都と忙しくしながら、おいしいものをいただき、そして仕事の合間にホテルライフを楽しみます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「KAORUKO先生効果でますます手に入らなくなったんですよ」と神戸の生徒さんがそういって私にまたこの素晴らしくおいしくて私が大感動をしたクッキーをかってきてくれた。

私効果ってなに?

「先生がブログに書いたから。。それしか考えられない」
といいました。

そんなに芸能人ブログほどの効果はないはずだけど、そういう時期にあたったのか、なんだかそうなんらしい、
で、やっと予約もとれて買えたという貴重な品をいただいた。
うれしい〜ホテルのお部屋で早速いただく・・・15日まで持ちそうもない、、自信がない、ホテルに15日まで一人でいるとおそらく一人でつまんで一箱いってしまいそう。
地元の私たちも買えなくて迷惑だというから私はブログに書かないことにした。店の名前は。今回は。
まぁ、私のせいだなんておこがましいしありえないけど、でもおいしいものは一回教えたからもう内緒。^^








Category: General
Posted by: kaoruko
昨日は珍しく更新し忘れました。本日の朝6時に家を出発し、往復300キロを運転をしなければならずに昨夜2時を過ぎたころから早く寝なきゃと自分でつぶやいていたらブログが飛んでしまっていました。こんなことは今まで初めてです。

さて、茨城の神社にガールフレンズ、ボーイフレンズと行き楽しい神聖なるそしてなごやかで楽しいひと時を過ごしましたが、そのあとまた大渋滞にはまり、あわてて帰宅後に荷物をまとめて神戸へ。のどかにのんびり過ごすとたちまち反動がきます。まだまだ修行中ですね。。
新幹線に乗ってお弁当を食べる前にパソコンを広げたらですよ!
明日の朝締切の原稿が届いていて、そんな〜〜〜。。普通は余裕があるのに突然の依頼。でもお答えしないとなりません。
で神戸の部屋でやっています。もう寝ないと大変です。
また朝になりそうです。でも明日は神戸レッスンです。また今日も寝れません。
昨夜は中国の新聞の連載の原稿もおせおせで仕上げていたのです。。
今度は日本の新聞です。たのしみにね。

また明日ゆっくり書きます。書きたいことは山ほどニュースもありますのでまた来てね!
Posted by: kaoruko
11月22日発売の25ansウエディングのフラワー号の取材打合せがありました。

ありがたいことにトップアーティストの饗宴ということで私と土屋王子のコラボ企画です。

ここは銀座の土屋さんサロン。
担当は梅沢さんです。

打ち合わせ前にくつろぐ私たち。

年に1度のフラワー号は昨年も今頃私の6ページにもわたる特集をしてくださり、ありがたい限りでした。
さらに25ansウエディングからだしてくださった「KAORUKO花スタイル」もありました。

今回はさらにさらに進化したKAORUKOが久々に土屋さんとのコラボで凄いパワー炸裂の撮影をお見せします。

テレパシーで話せる相手との仕事ほどよい作品ができることはない、今日も私たち、そんな感じの打ち合わせで編集者梅ちゃんは汗。

私がこんな感じの技法でこういうふうにこうしてああして・・・というと土屋さんは「わかった北極の感じ」とか普通に聞いていたら突拍子もない比喩をします。がそうそうそう!とその本質をお互いわかるから話もトントンと進みます。
ページからはオーラが出ること間違いなしの感じですね。

皆さんも楽しみにしていてね。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
話はそれますがこの土屋さんのサロンがいま発売中のモダンリビングの取材されているそうです。
ほら、こんな風に。

素敵ですよね。お祝いの胡蝶蘭が無くなったのでようやく土屋さんのセンスの良さのサロンの全貌が写真デモお分かりいただけるかと思います。

早速カオラーの何人かはここに予約を入れていったそうです。初回カウンセリング入れてカットが3万円だそうですが新規も入れるそうですよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そしてそのあとは、帝国ホテルにて副編集長の博多さんとランチ。ガールズトークでした。
写真を撮るのを忘れました。

デモデモ

先日の杉山選手がもったカサブランカの揺れるブーケが世界に配信されテニスの試合だというのにユリのブーケを持った姿の写真ばかり・・・
博多さんが責任編集してくれた「KAORUKO花スタイル」も実は表紙を開けるとこれと同じカサブランカの揺れるブーケなのですよね。
KAORUKO定番の一番人気ですが、乙女の心ならず、人の心を打つ何かがあるのだわね〜〜と不思議なこのブーケの話になりました。普通のユリのブーケは昔ぽかったりださかったり、重かったりだけどKAORUKOのは違うのよね・・・とう意見で一致。

私ご指名の花嫁さんでもこのブーケがダントツ人気。まるで私がこれしか作れないかのように^^

(今までこのKAORUKOのユリの揺れるブーケを持って花嫁になった人は杉山愛選手の世界配信のニュースの写真を見てきっと誇らしかったに違いない・・)


本当に不思議なKAORUKOのゆりの揺れるブーケなのでした。

Posted by: kaoruko
本日は神様から勲章をいただきました。ということらしいです。 何かと言うと、「名誉利き酒師酒匠」という称号です。
そもそもこれは、日本文化の普及、発展に貢献されて国際的に活躍している方を国内外から任命憲章し日本文化および、文化を表す日本酒(酒はお国柄の文化を表すものという考え)
をさらにこれからも世界へと後継していく日本を代表する役目とのことです。名誉会長はしおじいこと塩川正十郎様。
受賞者はIOC国際オリンピック委員会副委員長猪谷様を委員長とする評議員の協議を経て選定されるとのこと。そして日本の酒つくり最古の神様のくすのかみさまの神社の神事を経て勲章が授与されるという流れです。
くすの神様からの任命という認識だそうです。
ありがたや〜

今年の受賞者はご覧のとおり、おなじみコロンビア大使パトリシアカルディナス様、バーレーン大使、アルバニア大使、そして能楽師梅若家の方、扇千景様
奈良県知事、はじめ早々たる顔ぶれで「いいのかしらん私」状態ですが、ありがたいことです。

コロンビア大使と♡


表彰される登壇したところ。

神事の後に、表彰式、そしてパーティーです。
パーティーの最後はチャリティーオークションです。
私はプリザの揺れるブーケを出しました。
扇元国土交通大臣は御主人さまのくまどりです。
歌舞伎の後の汗だらだらの時にそのまま顔を写し取ることをくまどりというそうで、お勉強になりました。で、ひいき筋はこういうのはたまらなく高値がつくそうです。そういうお宝を出されました。

私の揺れるブーケも値が高くつき、これらのすべてはチャリティーですので寄付となります。「国境なき父親の会」という子供たちが夢の持てる国境なき世界の創造の形成を目的にされ、世界の子供は自分の子供というスローガン、甘やかさず、自律させる企業環境の構築を目指すということでしたので賛同させていただき。
落札された方にサインをする私です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日は全日本ブライダル協会の理事会があり、その足で三越本店レッスン、その足でこの授賞式に駆けつけました。
間に合いました。神事には間に合わなかったけど。。。

国際的に活躍して日本の文化貢献をしている人ということだそうだけど、それはともかくとして、名誉利き酒師酒匠の勲章って、さぞかしのんべ〜がもらうなどという印象ですよね。
ちゃんと説明しないと、私が利き酒ができるくらい日本酒を知り尽くして飲み続けたかの如く・・・笑・汗^^
名誉受賞者は毎年ご招待されるらしいので、楽しそうです。
日本中のおいしい酒、珍しいお酒がふるまわれました。
今後海外へ活動の時は日本酒を持参しないとね。

デモ考えてみれば本当に酒はその国の文化を表すのですね。確かに。


Posted by: kaoruko
ブライダルプリザーブドコース一挙公開です。
いよいよ一般公開までカウントダウンです。
今はプレスタートをしていまして全国からいろいろなお花の先生やプリザの先生や一般のOLさん、主婦の方たちが習いに来ています。多いのはプリザを習っていたけど協会にも所属していたけどワンパターンで差別化もない。。。KAORUKOのこのコースは今までならったこともみたこともなく飾るのが楽しみ!今までは習っても同じのばかりたまって困ったけど…全然違う!と。

10月15日発売の花時間プリザや16日発売のぷりふら、下旬発売のぷりぷりにKAORUKOのプリザ満を持して本格的プリザ革命の取材記事が掲載されます。実は。

それまで今このブログ読者や今までのほかのコースの生徒さんかなりの優遇でご案内をしています。
優遇いよいよ締切です。駆け込みはお早めに”こんなに幸せ笑顔になるレッスンですもの。他に類を見ないですよね。地元で話題になること確実のレッスンですね。


楽しそうな笑い声が聞こえるでしょ?運も好転しないわけがないですよね。

今日もまた「会社休んできちゃった」とOLさんたちも。

KAORUKO先生に出会って会社を休む確率が増えた・・・いったいどうしたんだろうと上司が思っているけど、いままで休みは定休しかとったことがなかったのでま、いいかなと。^^ですって。

こんなにも幸せになる笑顔のレッスンは日常が変わりますよね。

こちらは揺れるブーケjaldの生徒さんです。
プリザのブーケがかわいくできました。幸せ笑顔です。

三越本店レッスンです。フラワーデザインコース上級と、珍しいバラを使うローズコースです。
本日は早朝から太田市場に行き仕入れました。
たくさんのかわいいころころしたバラたちです。

フラワーデザインの方はこういうのを積み重ねていくと先日私が東レPpoテニスにてロイヤルボックスの花をいけたように、そういうことに発展していきます。
これもむずかしそうな個性的な花ばかりを市場で集めてみました。
楽しいですね。今後は月一くらいは早朝の市場に行こうかと思います。

今まであうんの呼吸で私の好みや品種を揃えてくださる市場の担当の人と仲良しになっていますが、それはそれとして。。。

Posted by: kaoruko
山野愛子ジェーンせんせいのブログを読んでいたら、アメリカで活躍されている日本人の美容の先生のお言葉ということで以下が記されてあった。


〜山野愛子ジェーン先生のブログより〜
「教えて下さい。育てて下さいでは伸びない。学びたい、育ちたい
という気持ちがなければ身につかない。」

とあった。


本当にそうだ、その通りだ。
耳の痛い人はたくさんいるだろう。
何事も自分なのだ。

そこに行けば、そこにいれば、なんだか育つような気がする、育てていただく、ではないのだ。
さらに言えばそこにいれば凄い人になるような気がする・・・ありえないそんなこと、ただいるだけでは。

自分がどうなのか?
そこをわからない人が実に多い、そういう人はいつまでたっても伸びない。いつまでたっても。

自分で育つ、学ぶという貪欲さがないからだ。何のためになにをやっているんだろという人。

足があるからくる、時間があるから費やす、手があるから手伝う、
では駄目ということ。
本当にそうだと思ったから皆さんにも。肝に銘じて思い当たる人は省みてください。


Posted by: kaoruko
決勝戦入場の際に持つ選手たちのブーケをスタンバイです。センターコートの入場口の階段上ではいつものことながら警備が厳重です。杉山愛選手のユリの揺れるブーケだけでなくほかの選手のブーケも持って今から行きます〜

階段を下りていまから選手たちも入場で大勝負です。

シャラポワはユニフォームに合わせてピンクとい黄色のブーケ、となりのエキゾチックな赤と黒のブーケは対戦相手のヤンコヴィッチので、赤いユニフォームに合わせて。


こちらは試合後のお疲れ様、おめでとうございますの写真です。
 


WTA野ホームページでシャラポワがKAORUKOの上記の揺れるブーケを持って入場するシーンが見れます。
最終日の3日の決勝戦の日のフラワーコーディネートです。
ブルーの生花とブルーのフロールエバーのプリザーブドです。
テニスだから丸く、そして花火のように、そしてスポンサーたちの色はこの大会はブルーだし、私の定番の美しい表現の一つでもあるので。。


記者会見の花は日本の大会なので黒と赤のローズメリアをプリザで作りKAORUKOブランドのうるしボールに挿し、そして生花のダリアを華やかに。

秋篠宮殿下のためのお花を決勝戦の日は各国大使館やスポーンサー企業の社長たちのた目の花にリニューアル。優勝トロフィーが日本ならではのうるしの赤と黒なので、そこからプリザのメリアを黒と赤で大作にも入れてみました。
 
 



*この大会の担当フラワーデザイナーとして選手たちの写真掲載が許可されています。が、秘蔵プライベート写真の中から差し支えなさそうな公開写真を選んでおります。

Posted by: kaoruko
本日はものすごい昨日の杉山選手引退の最終試合のニュースが新聞テレビと大きく取り上げていました。
朝日新聞一面にトップで写真に私の揺れるブーケと持った杉山愛選手の写真が掲載されていたことに驚き、そして他の各新聞もほとんどが99パーセントその時のカサブランカの揺れるブーケをもった写真であったことには私も本当に驚くとともにうれしくなりました。

テニスの引退で準優勝ともなれば、通常はラケットをふっている試合写真やトロフィーを掲げている写真が選ばれることです。

なのになのに、ロイター通信までもがこの写真で世界に配信されたのです。

KAORUKOの揺れるブーケここにあり。。。

日本の女優さんもたくさん手がけてきましたが、それはそれでありがたく、通常ならありえない凄いことですが、世界中の人が知っている杉山選手やシャラポワは
世界にその映像が流れるのですものね。。

そして先ほどのNHKのサンデースポーツも杉山選手引退後生出演の特集の間じゅう、その写真が背景にドカンと大きく壁紙になっていました。

私の作ったカサブランカの揺れるブーケです。
本当に私もうれしいです。

私の心をこめてピュアにおつくりした花がこうしてマスコミが終日彼女を追いかけて試合中も数え切れない撮影をしていたのに、この写真がそろいもそろって選んでいただけたのは、何か花が語っていたのだと思わずにはいられません。ひとの心に響き、心に何かを感じさせる役割があったとしたら冥利に尽きます。


私は黒子。こういう国際試合は私は表には出ません。あくまで花を通しての私です。私はいつもグランドの影やモニターをとおして、そして仮設プレハブのアトリエでひたすら作業をしています。
早朝の誰もいないテニスコートでその日の花をアレンジします。

選手が戦いに出て行くために階段を降りてテニスコートの降り立った時に初めて目に入る位置に私の花がおかれます。

だから毎日早朝から心をこめて花を生けさせていただきました。

私の花はいつもコートのその位置、選手たちが走りボールを追いかけるその位置で選手たちに愛を注ぎます。
見守ります。

試合後のインタビュールームの花も選手たちを讃え、励まし、ねぎらうための花ですから今日はどんな花でお迎しようと考えながら挿していきます。

ロイヤルボックスは皇后陛下や秋篠宮さまをお迎えするお花である以外の日も企業のVIPもお迎えします。
各国大使館の大使も観戦します。
日本を代表して恥ずかしくない品位の花をと心がけます。

そして選手レストランは疲れを少しでも癒していただけるようにと、一輪のプリザにあのクマちゃんをちょこんとさします。毎日少しづつ無くなって行きました。汗・・でも選手たちがかわいいと思いさわり、お国に連れて行くのであれば本望と無くなったテーブルは補充をしました。

黒子としての私の熱い10日間でした。

選手たちの挑む姿美しい純真な姿にお役に立てるように頑張りました。
心打たれました。ジャンル道は違えどそこに見る真摯な姿は私の生きている世界と同じだと思いました。
だから気持ちもわかります。だから私は黒子に徹し選手がすべて終わるまでお声かけもしないようにはち合わせも初日のパーティー以降はしないようにします。
余計な挨拶や気を使わせては本望でないからです。
だれもいない朝に手直しをして選手たちが闊歩する時間はアトリエにこもります。

最終日に私のブーケを持ち入場する時も余計なお声かけもせずに透明な存在になって手渡します。

私も自分が大勝負の時、精神を集中し自分の世界に入り、自分と天と繋がろうと意識を集中し無の境地になるためにそう言う精神状態を一番知っているからです。

透明な存在になってブーケをさりげなく渡します。
デモ作成途中は私の大勝負だから、ブーケに向き合いながら選手を思い描き心をこめて込めてこめるのです。
私の思いをブーケに託します。

そうしてラストを飾った選手のブーケ。
敗者はベンチにそのブーケを置いて無言でカバンを肩にかけて戻るのです。戦いあとの彼女たちの汗や涙をベンチで私の花が見ているのです。
どんなに頑張ったか、セットごとのため息も聴いているのです。

勝った選手は階段を元気に駆けあがってきます。
だから初めてその時私はお声をかけます。
「おめでとうございます!」って。
そして昨日のシャラポワも杉山選手も花の作り手の私へと初めて笑顔を向けてくれるのです。
比ではない苦労ですが僭越ながら道は違えど登って行く過程においてはおそらく共通の思いを通しこししてきているから、たぶんブーケを見たとき持った時、私のすべてを読み取るのだと思います。

だから、笑顔と笑顔だけで通じる何かがあったように思います。

土俵際の思いをしながら人はどれだけ頑張っていけるか?辛い毎日を走りつづけていけるか?ひたすらひたむきにそればかりをまい進していけるか?
私も花の道ではおそらく、そんなアスリートみたいな毎日を過ごしていると思います。
そこを通りこさないと先へは行けないのです。
気がついたら今がありました。でもやってきたことは毎日コツコツとめの前のことを挑戦してきただけです。気がつくととんでもない所に立っていた・・・・とはいちろう選手もテレビで言っていました。でも本当にそうだと私も重ねます。
比ではないですが花の世界ブライダルフラワーの世界においての私の話です。

だから、私にも僭越ながらありがたいことに今回神風が吹くように私にとってもうれしい展開光栄なこと運びが訪れたと信じています。

花は黒子です。
幸せのお手伝いであり、人様を癒したり慰めたり勇気付けたり、泣く姿や笑う姿を眺めたり、それでいいのです。

私も黒子なのです。
私の花が私の思いを運んでくれます。

長くなりました。写真はまた明日!
Posted by: kaoruko
杉山愛選手お疲れ様でした!
本日杉山選手が入場時のテニスコートにもって入ったこのブーケはKAORUKO定番の「カサブランカの揺れるブーケ」でした。
そして試合後の引退セレモニーではこのブーケをもってテニスコートを一周しファンたちに手を振りブーケを振り最後のごあいさつをされました。

そして引退インタビューでは何と「こんなウエディングのブーケをはやくもてるように頑張ります!」と、ブーケのお話ばかりをされたので私もびっくりで嬉しくなりました。
引退式やインタビューが何回も行われたのでもう話しつくしたという笑いの前ふりで、そしてこのブーケの話ばかりをされました。


(注;私はこのテニスの担当フラワーデザイナーなので主催者側とのお話で、選手を含めて写真をブログホームページなどに使用できます。)

杉山選手がセンターコートをファンに惜しまれて退場しマスコミにもみくちゃになりながら足早に消えていったその先に私はいました。
そして「お疲れ様!」とお声掛けをして、写真を撮りました。
杉山選手の目には涙でした。私も涙が出ました。

昨日書いたようにこんな純粋にストイックに努力努力で生きてきて皆に尊敬される杉山選手を神様がほっとくわけない・・・と誰しもが感じたシングルリタイヤ。
本当に本日は素晴らしいふさわしい最後でした。
本当に国民に夢を勇気をありがとう!の気持ちをこめて。。この大会にかかわるどなたも「彼女は素晴らしい清らかで、努力家だ」と口々に。私も最後の花を担当させていただき光栄です。


これは試合終了直前に引退セレモニーのために再度ブーケを手直ししてスタンバル私。

さて、こちらはシングルス優勝のシャラポワです。
シャラポワも本当に素晴らしいお人柄だと誰もが言います。周りの方々への配慮がきめ細かくて、優しくて、こーとでのあの絶叫プレイ「カモン」とは異なる魅力であふれています。これはやはり優勝後にセンターコートから惜しまれて退場したあとの階段上です。

ブーケの詳細はまた明日書きます。

かけあがってくるシャラポワにおめでとうと言いながら、
「私があのブーケを作ったのですよ」というと、「本当?すごく素敵だった、本当にありがとう」という感じで
心からの対応をしてくださり、写真も。
一応英語で会話ね。^^シャラポワのユニフォームとトータルコーディネートです。
他の選手の皆さんもトータルコーディネートです。



そしてクルム伊達公子選手は解説に本日。でも早朝コートの花を作成していたら練習に来られましたので写真を。^^

松岡修造さんも熱い解説でしたが、写真は撮る暇なかった。でも昨年のがあるからね^^


その後私は山野ホールで細川佳代子様の知的障害の方のファッションショーへと駆けつけ・・
ショーにはフィナーレしか間に合わなかったので楽屋に行きごあいさつ。
ジ鳩山総理もコペンハーゲンからの足でサプライズ登場、そうそうたる方々がボランティアで出演されているこの模様もまた詳しくは後日。

とにかく疲れがどっとでて、ブログも朦朧としてきましたので明日もれっすんがありますから、本日はこれまでね。
明日本日の素敵なお花やさらに濃い写真をお見せします。

本当に杉山選手、シャラポワとともにこの10日間をテニスの森で過ごし(私は花をやっただけだけど私なりの挑戦と命をかけて命を削る毎日でした)
いろいろな学びと感動がありました。
シャラポワ、杉山選手ありがとう!!私の花で華を添えられて幸せ

・・・公認カメラマンの写真にはシャラポワが私のブーケを持って歩いているシーンなどあるのでまた後日ご紹介します。

とにかく眠い、もう寝る。

Posted by: kaoruko
本日の記者会見はこんな感じです。ピンクのかわいいガーベラとテニスボールでキッチュな感じのコーディネートです。

(東レppo公認カメラマンの写真より)
杉山愛選手が見事勝ち進んだあとにここで記者会見をしました。報道ステーションではドアップで愛ちゃんの顔にこのピンクのガーベラが写っていました。^^
(試合の様子は私の感想は後半書きます)

テニスコートのフラワーコーディネートはこんな感じです。華やかに可愛くね。
なんともいえない癒し効果もありそうでしょ。かわいいとふっと気が抜けるような。

ここで戦う選手たちへ心をこめて。


こちらはスポンサールームです。企業のVIPたちがくつろぐお部屋です。
いよいよの準決勝の本日からこんなお部屋も。。こちらも可愛かったり、秋の感じだったりといろいろなテーブルを作りました。



明日のTBSの生中継に先駆けて、本日も録画中継が行われるので急きょテレビがコートを映すときに花をなめながらズームしていくという設定を言われて、さささっとおつくりして運ぶ私たち。
本日夜中の2時からもうすぐ録画オンエアーです。ここはもみじにしたので映るから見てね。


そう、そして毎日こんな風に各局のニュースのテレビカメラが張り付きます。

なんてったってシャラポワと杉山愛選手が連日の進出なので大にぎわいです。



明日はTBSで15時半から生中継だそうです。
私の花も写りますよ。テニスコートサイドの本日ピンクのガーベラだったのを明日はKAORUKOらしいテイストん序進化版で行きます。テレビを見た人が分かるようにね。


そしてナントナント明日は、決勝戦の選手入場の時に楽しみにしていてください!

KAORUKOの揺れるブーケを持って登場しますよ。
しかもKAORUKOらしいヒット作や自信作を心をこめておつくりします。

花嫁に作るように、その選手のイメージにあわせてね。
トータルコーディネートをしていきます。つもり。
で、画面いっぱいの私のブーケを見てくださいね。

KAORUKO先生は強運だというコメントが来ていた。
今年は杉山選手が引退最後の試合とあってマスコミが連日報道し、私の揺れるブーケもドアップで映り、杉山選手にブーケが花で華を添えている。
そして、シャラポワも2年ぶりの来日でけがで故障を克服したあととあって話題であり、さらに完全復活というように連日の圧勝にマスコミがこれまた押し寄せている。

しかも明日はこの話題の二人がまさかの決勝進出ということで、わきにわき、これまたKAORUKOの揺れるブーケをこの世界のスターたちが持って歩くのだテニスコートを。

計算してもできないこと。
先方からのご依頼でテニスに別段興味のない私が担当し出したものの、お蔭様で観戦通になりました。
それに、昨年は25周年とあって皇太子殿下今年は杉山選手引退とあって皇后陛下、そして秋篠宮さまの御来臨のためのお花を担当させていただいた。

「でもKAORUKO先生は休まず努力しているから運を引き寄せる、奇跡も起きる」というコメントに転じていた。
ありがとう、分かっていただいてうれしい。

私は今日このコメントを読む前に昼間杉山選手の勝利をそう感じていた。

あれだけがんばってがんばって走り続けてきた杉山選手がシングルスリタイヤしたが、あれで最後なわけない、人生を誰より頑張って生きてきた人へ神様があのような終わり方を用意するわけがない。有終の美を用意するはずだ。。だとすると、ダブルスは決勝進出に行ったりしてと思っていた。
体調不良で寝込んでいた彼女は今日不死鳥のごとく復活して観戦していても奇跡的な動きとした言いようもないマジカルな玉さばきというのか、ものすごかった。
神様はちゃんといる。ちゃんと見ている。こうでなければいけない。と感じながらドキドしてみていた。
努力は裏切らない。
どう生きてきたかは運やチャンスや奇跡となって現れる。

シャラポワも物凄い迫力は変わらずで、接戦の接戦でかなり凄い。最後はうぉ〜〜〜と雄たけびはいつもよりすごくCGを見ているようなジャンプしながらバシンと消える魔球を打ち「カモン!!!」とこぶしを握りしめていた。やー本当にすごい、生で目の前で見る彼女たちのプロの試合は最高です。^^


明日ではお楽しみに!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
というわけで昨日告知のBIAにはいけませんでした。なぜなら担当フラワーデザイナーとしてブーケを用意ししてスタンバイということもあったので。。。

では明日”













Posted by: kaoruko
KAORUKOアトリエのご紹介です。^^
びっくりですか?いえいえ、ここは、有明テニスの森の中に仮設されたKAORUKOアトリエです。

大変ありがたいことにKAORUKOアトリエをこんな風に用意までしていただき至れりつくせりの作業体制をいただいています。

というわけでこの東レパンパシフィックオープンの終わる3日までの間は、KAORUKOアトリエはここに移動。
毎日つめて作業をしたり、緊急な依頼にこたえます。○○選手のためのマスコミ取材の時に揺れるブーケを持たせて・・・とかなど。
ちなみに私のアトリエのななめ前は海外マスコミのスタッフルームがあり、多国籍で言語が飛び交います。

たまにこのアトリエをのぞき、花が素敵だと話しかけられて、私たちも英語で対応していますが、汗^^

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
そして本日は山野美容専門学校で夜講義を担当しました。

約100名近い学生さんにブライダルフラワーの授業です。
そしてかわいいピンクの花たちでミニブーケなどを作ります。
皆さんかわいいかわいいと言いながら作り終えた後は私の著書にサイン会と写メです。



クマちゃんブーケも大人気。そして私も年甲斐もなくかわいいといわれてこんなふうに。。^^

明日はいよいよ準決勝です。
杉山愛選手もシャラポワも明日また熱い戦いをするでしょう。花を作り終えた後は観戦もしながら、緊急の要望におこたえできるようにとスタンバイします。

そして夜はBIAのブライダルコーディネーター養成講座の修了式に講師として参加です。


Posted by: kaoruko
昨日一昨日の皇后陛下、秋篠宮殿下のご来臨のためのフラワーデザインもお見逃しなく!
↓↓・・進みの早いKAORUKOブログです↓↓


本日はシャラポワが快勝でした。
花時間さんも来てくれて、本日は一緒にシャラポワ観戦までしてしまいました。^^

シャラポワはこのインタビュールームで記者会見を試合後しました。その直後私もまだ温かいイスに座り真似をします。^^
 
本日の記者会見の机の花はプリザのメリアです。
KAORUKO考案技法のかわいいかわいいメリア。
これをたくさん机に転がします。そして中央のシャラポワのお顔のところははじけるようなこれもKAORUKO弾むブーケをシャンデリアガラスに横にして。。

シャラポワの昨日今日のウェアはピンクでしたから。。ってわけでもなく朝これをセットするので、シャラポワのコスチュームが何色だなんて知るはずもないのです。
早く写真が楽しみです。

先日のこのブルーのプリザに決めてデザインした時もクルム伊達公子選手はこのようにブルーのコスチューム。まるでトータルコーディネートのようです。

(東レPPOテニスの担当フラワーデザイナーとしてHP上、ブログ、すべてに写真を使用をできることになっています。上の2枚は東レppo公式カメラマン写真より)

本日のニュースzeroを見ていたら、「明日は杉山選手ダブルスで登場です」という告知の時に上記の写真のさらに日本テレビさんが取材撮影された、わたしのこのブーケがドアップで映り、画面いっぱいのブーケにパープルのKAORUKOリボンがはっきりKAORUKOとわかりました。うれしい^^
みなさんもわかったかしら?

そのせいか?ブログの閲覧件数がいつもの平均の3倍です。いつかソロモンに出た時は、アッというまに1万件突破でしたがそれに近いかんじ。、テレビの力は大きいですね。あんなリボンがうつっただけですよ。私はバラエティーやきわもんはお断りしているので、時たま見れるということでブランド価値が上がったかな?
デモあのお花かわいい〜と思って検索してくれていたとしたらめちゃうれしいな。。

さて、いよいよ明日からますます面白くなりますね。
明日は杉山選手とシャラポワです。
↓↓↓↓、の写真もお見逃しなく!




Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2009-10 >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006