【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2010/08/01
Category: General
Posted by: kaoruko
ご心配おかけしておりますが、諸事情によりブログ更新が数日出来ませんのでお知らせいたします。
秘書室
Category: General
Posted by: kaoruko
昨日はブログの更新がなくてご心配をおかけしました。
実は具合悪いんです。でも過密スケジュールのため休めない私はいつも病院の薬を飲みながら働かないとなりません・・・
でとうとう夜家にたどり着いた私は吐き気と悪寒でもう寝るしかないという状態。
めったに吐き気はない人生なのですが・・・
なんでしょ?夏風邪でしょうかね。
でも今日はまた薬を飲みながらのたくさんのプロジェクト会議です。
朝はキンツリさんとの韓国ツアー、次はKAORUKOブランド造花の開発会議、次はKAORUKOブランドのウエディングドレスのバイヤー会議、次はJTBさんのKAORUKOヨーロッパツアー・・・次は三越本店のレッスン。。。うぅ吐き気が。。

というわけで全て壮大なKAORUKOにまつわるプロジェクトが発足なので、このたびKAORUKOトラベルツアー担当マネーージャーとドレスプロジェクト担当、海外事業部、それぞれ優秀なマネージャーがつきましたので、私も楽になりましたがそれでもKAORUKO本人が行かないとならない私の脳味噌の会議があるので。。。

脳味噌をパカッとはずして「ハイこれ」と渡して私は寝ていられたらいいのにね〜と思うのです。。

なんだかどうなっていくのか?KAORUKOプロジェクト。。今までの私の積み重ねがいろいろなジャンルで花開きだしていてこれは楽しくもあり面白くもあり、また私の先行投資資金は脳味噌と私の体。
お金があって組織があって人脈もあってという方がたがブランディングと脳味噌とキャラクターとを求めてやってきてくださる。
さてKAORUKOはどう料理されますか?

KAORUKOにまつわるいろいろなこと。
今40代の私はKAORUKOブランドこれからあと数十年私が普通に生きていればどういう展開になるかが楽しみです。

がんばって体だけは気をつけないとなりませんね。
みなさんも数十年ごしをお楽しみにね。

でも進みは今までよりさらに加速度を増して早いですから目を離せませんよ〜|

Category: General
Posted by: kaoruko
みなさん、熱中症は大丈夫ですか?

私はなんだか今日は2回ほど具合悪くなりました。。。熱中症とまではいかないですが、軽くそんな感じです。

いつも何年も車で移動の私はこの7月に上海万博に出演したときにあまりの暑さ(ここ数週間の東京の感じです。でも湿気がさらにこの暑さにプラスして凄いのが上海でした)に一日で差し入れのペットボトルの水及びジュースや健康飲料を10本つまり5000ミリリットル飲みほしたくらい体の危機を感じました。
慣れている人はさほどではないのでしょうが、立っていても首や胸に流れる汗、頭の中からも汗が流れてまぶたにしたたりおちる。。
倦怠感、少しの吐き気、頭痛、腹痛、・・・一歩を出すのが苦しい・・・どよんと体が重くなる・・・
今日もそんな感じでした。

昨夜はとある理由で某所で睡眠は4時間くらいだった。睡眠不足の上に今日は朝から電車、歩き、タクシーで地方を移動移動だったから「先生顔色が蒼白ですよ」と言われたけど一回目はけっこうすぐなおったから次の打ち合わせ場所に一人で行った。

タクシーにのった時にメイルをしていたからきもち悪くなったのかもしれないと思ったけど、何だか家についても治らない。

あわててソーメンをゆでて氷をたくさん汁に入れてごくごく汁を飲みながらソーメンを食べた。
そしてご飯に私の元気のもと〜長ネギ一本をラー油とごま油と塩を入れてかきまぜたもの〜をのせて卵黄ものせて食べてみた。

だんだん蘇ってきた。
へたなおかずを食べるより・・・いや、何もする気はしないからクーラーの中でこれだけをひたすら流し込んだ。

ら30分くらいで元気になった。
気持ち悪いのも治ってきた。だる〜〜いのも治った。
へんなの。


でも不思議なのは、私のこの夏はいているサンダルのはなお(というのかしら?あれなんていうの?)
がプツッときれてはけなくなり、私をこれ以上歩かせないように力が働いたこと。
こんなところ、何の前触れもなく切れる?
しかも打ち合わせ先からタクシーで最寄の駅まで移動し、駅につき、電車嫌だな・・・秘書もいなくて一人だし、なんだか具合悪いし・・・いやだいやだとタクシーを降りたくないと思っていたら突然プツッと切れたんです。
プツッと。
見えない誰かが見えないはさみで切ったかのように、なにもしないでプツッとです。

それでやむなくある長距離をそのまま、そのタクシーに乗らざるを得なかったということ。
でもあのまま歩いて電車で移動していたらきっと倒れていたかもしれないね。

家につくころはドロ〜ントすっかり泥のように具合悪くなっていましたから。





Posted by: kaoruko
先日のブライダルフェアです。
この熱い暑い毎日だからこそ
清涼感あふれるスタイルをデザインしました。
スタイリッシュにね。






そして
ここはどこかと言うと南青山一丁目のエリシュオンハウスです。

ここが入口です。閑静な高級住宅街の一角にあります。

ここはエントランスを入ると広がるお庭です。
お庭でもウエディングやデザートブュッフェができますよ。

そして左へいくと入口に続き、右に行くとガラス張りの方はブライダルサロンとしてウエディングプランナー達がお客様とお打ち合わせをしたりオフィスがあったりです。
かわいいでしょ。



一瞬家政婦は見たのドラマに出てくる社長の家という感じで実際は個人の家だったんですよ。

広いバンケットの他にチャペルも併設、そしてメルヘンなブライズルームと、個室も7個もあります。

ゆったりとした邸宅ウエディングができるのです。

南青山4丁目のKAORUKOハウスはイタリア建築の世界的歴史的建造物(プリツカ賞受賞の名誉ある素晴らしい建物で個性的)

ですが、こちらは本当の邸宅ですね。
こんな家に住みたいですよね。
イタリア建築の4丁目のKAORUKOハウスはコンテンポラリーで、こちらの青山一丁目はモダンとクラッシックの共存の感じです。

ありがたいことに私はこの日本で一番スタイリッシュでおシャレ、ファッションの発進の青山という地でこんなにもご縁が生まれまして、ましてやウエディングの激戦地区でもありますが、異なるテイストでKAORUKO両方プロデュースです。
お客様も好みもまったくわかれるから私はそれぞれにあわせて、両方一生けん命させていただきます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
こういうアレンジメントのやり方は私が2003年日本人初と言うことで、パリコレを担当するときにパリに滞在している時、多くのラグジュアリーホテルに泊まった時のこと。イヤその前だった、あれは確か2000年か2001年のことでした。
パリのフォーシーズンズホテルジョルジュサンクに滞在していましした。

エントランスを入り今まで見たことも無いアレンジメントの度肝を抜かれましたのをよく覚えています。

アメリカから来た新進気鋭のフラワーアーティストが手掛けていると聞きました。

で彼の本も買いました。

でホテル中写真を撮りまくりました。田舎者です。私。

で、こんなのははっきりいって花瓶に束ねたものを斜めに生け込んでいるだけでテクニックもデザイン性もすばらしいというものではないし、やってみれば簡単なのだけど、これを思いつくのが凄いわけです。
(注意:上記の写真はそのままずばりではないですよ、私流にしていますよ)

でそれからというもの世界中で真似が横行し、日本の花の雑誌もこぞって載せていた。私が見た数年後だったけど。ブームになってから。

でも、この凄いのは簡単にまねできそうだけど、その微妙な角度や、花のバランス、色合いなどで全く田舎くさいものもできあがる(多くの真似の写真をいろいろなホテルや花屋さんので見かけるが)
本場を見たものとしては全く違う。センスと迫力が。

それを思い出して今回のこのブライダルフェアはこのやり方をKAORUKO流にアレンジしてみました〜

パリに行くたびにここに泊まることが多い。
スパも素晴らしいし。

そして花やメインダイニングの圧巻と言ったら無い。
そして世界中のセレブも普通にすれ違う。一番最近行った時は長年シャネルのモデルを務めていたアジア系のあの彼女が颯爽と歩いていた。





週末のウエディングのお打ち合わせの素敵なお二人です。
秋のウエディングのお二人。本日はお嬢様のお誕生日でした。
ですのでプランナーの熊谷とサプライズでプレゼントをお渡しすることに!

このプリザのプレミアムローズはKAORUKOからのプレゼントです。

偶然にもお洋服の色とおそろいでお互いビックリ^^


KAORUKOハウスのウエディング。
こだわリのお二人はさて?
どんなウエディングでしょうか?
ブログ密着開始です。お楽しみにね。

かわいいエピソードを一つ。

お嬢様は美容師さんで、そこに彼がお客様でいらしていたそうです。
出会いの時に彼は「いちろーみたいに」とリクエストしたところ、「えっ?!イチゴ?!」と驚いたそうです。
そのあとの笑いは目に見えますね。
で赤い糸が結ばれたというわけ。でウエディングケーキはイチゴをたくさん盛って盛って。。

こんな話は序の口。本当にこだわる、素敵なウエディングプロデュースはまたまたKAORUKO腕の見せ所。
「こんなのみたことなあ〜い!」とお友達がうらやましがるフラワープロデュースです。

ブログ読者のみなさんもお楽しみに^^

08/21: 深いイ話

Posted by: kaoruko
BIAブライダル事業振興協会の修了式です。
8日間の熱い勉強を過ごし見事テストに合格したみなさんが塩月弥栄子会長から直々に一人一人修了証書を授与されます。
100人近い受講生にまるで学校の卒業式のように一人一人手渡しされお声をかけてくださり握手をしてくださいます。
ご高齢にもかかわらずこれは凄いことです。


このようにみなさん緊張の厳かな中での証書とバッジの授与です。


私も担当講師として前方の来賓席に座らせていただき見守りました。

上手の前方は理事各位の方がたと人材育成委員の方々です。

塩月弥栄子会長の授与に引き続き人材育成委員会の会長でいらっしゃるホテルオークラの清原社長からの御言葉はとても素晴らしいお話でした。後半書きます。




弊社からはKAORUKOブライダルフラワーアカデミーの50代の座間講師とブライダルフラワープロデューサー新人研修スタッフの20代新卒の平野理奈が受講しました。

全国から集結のみなさんと熱い8日間を一流講師陣の講義を缶詰で聴けてこれは本当に何事にも変えられない素晴らしい体験だと思います。

生まれ変わったように・・・・なれるでしょうか・・さて。


一流にはわけがあるのです。
そこまで行きつくためののり超えてきた、昼夜365日それだけをやり続けてきエキスパート、極めたその道のトップの方がたの積み重ねてきた貴重なすべて・・・これをを聴くだけでなく五感で感じることができるという講義です。

いつもブライダルフラワーを業界を代表して担当させていただいていますが、今回他の講義もいくつか拝聴しましたが、イヤ本当に凄い8日間だと実感。
こんな講義はおそらくみたこと無いくらい凄いです。
まぁ、言ってみればブライダルのエリート養成カリキュラム。ブートキャンプのようなかんじでしょうか^^



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
人材育成委員長  ホテルオークラ社長清原様のお話


熱い8日間を勉強し、これだけの講義を学んだと言うことをみなさん自信を持ってください。
でも、自信を持ちすぎてはいけません。
たくさん失敗してたくさん怒られて、たくさん恥をかいてください。
と言われました。

そしてご自身はまだ駆け出しのホテルマンの頃、失敗して叱られて、転んで恥をたくさんかきましたがそれが今の自分のためになっていると。

恥をかくこと、人前で転ぶことは誰でもうれしいことではない、でもあるとき柔道の記事を読み、柔道は受け身であり、いかに転ぶかである。それが上達の道。
それを読んで自分は受け身で学んでたくさん転んでたくさん恥をかこうと思って頑張ってきたと。

言われました。私も思います。
私も滅私奉公ということがいかに大切かを思います。
自分を主張せず、はいはいと素直に聞きながら失敗して失敗して恥かいて学ぶこと。


本当に下っ端からコツコツコツコツ、叱られ叱られ、失敗をし、恥をかき、落ち込み・・これがいかに大切かを私も一番いつも思います。



私もそこを通ってここまで来ました。
私なんてまだまだですが、各界の一流のさらに頂点に上り詰めた方がたは例外なくここをちゃんとやってきた方々です。
そこの継続が力になり、そこを逃げずに自己逃避自己憐憫せずに自分の向き合い乗り越えて自分を成長させてきたか?ということ。


私も数えきれないほどの涙と落ち込みがありました。
失敗ばかりの本当にダメなやつの代名詞のようなのが私でした。

でもなんとかここまでこれたのはある段階でそこに気がついたからです。

頑張るしかないのです。やるしかないのです。
楽して給与もらえるわけはない、楽して成功できるわけはない。苦しみの方が多いのです。
(でも苦しみは付きものでも、好きなことの苦しみはやがて癒しにもなるとはワタベ会長の談。)

「頑張った自分に自信を持ってください、でも自信を持ちすぎないでください」:とはまさに!である。


そして塩月先生は一人一人に握手をされ「頑張ってね:」の他にも時折「忘れないでね」と言われた。


忘れないでね。。。。


この言葉の深さを私は感じる。
私もいつも思う。生徒やスタッフや弟子をみていて。
人はすぐ変わる、人はすぐ忘れる。
実に残念だと思う。
忘れないで進める人はほんの一握りだ。
この忘れないでね。の深い意味を心にしみとれたのは果たしてどれだけの人がいたかはわからない。

今の気持ち、初心の気持ち、素直な気持ち、純粋な気持ち、勉強したこと、積み重ねたこと、失敗したこと、恥をかいたこと・・すべて忘れないでね。。。なのだ。

私もいつも心で自分のスタッフ生徒弟子に祈るような気持ちで見つめるからとても深さが伝わった。

でもそこから先は誰でもない自分自身の問題なのである。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


他にもワタベ会長、高見社長、江口教授はじめ講師陣が見守るなか最後は懇親パーティーでお祝でした。
















Category: General
Posted by: kaoruko
明日はBIAの熱い夏の終演。セミナー修了式です。受講生のみなさんはすでにテストも受け明日は論文だそうです。
大学生のような日々ですね。

私も修了式には講師陣として出席します。
そして修了証書を会長でいらっしゃる塩月弥栄子先生から一人一人手渡しされるという名誉な感動を得るのです。

明日は修了式に行く前は久々に市場に行き花を見ます。
それからアトリエにて土曜日のウエディングの仕込み制作に顔出しして、それから向かいます。

Posted by: kaoruko
B毅措卉痛/優屮薀ぅ瀬觧業振興協会の年に一度のブライダルコーディネーター(ウエディングプランナー)養成講座です。
すでに第一線で何年も活躍の全国の津々浦々のホテル式場ハウスの中堅の方がたがさらなる向上や最前線の学びを求めて今年も約100名ほど終結。

本日は僭越ながらKAORUKOがブライダルフラワー界を代表してブライダルフラワーのセミナーをいたしました。

パワーポイントを使い時間がたりないくらいの素敵なウエディングの映像をご覧にいれオリジナルウエディング=テーマウエディングの真髄をご披露、レクチャーいたしました。上海ステージさながらに汗だくになりながら熱弁をふるわせていただきました。

最後はみなさん殺到の写真攻めです。サインはあらかじめ約100名分を書かせていただき配布しましたので。。。



上海再び〜
KAORUKOブランドの造花も近日発売になります。
そしてこれらの三位一体のドレスも・・・
またお楽しみに〜
KAORUKOモデルチームです。^^


そして最後はお約束の私のブーケのマジックショーです。世界広しKAORUKOしかできないブーケマジックショーです。見た人は分かりますね。^^

みなさん食い入るように見てくださいます。
そして今年は上海万博のプチ再現もいたしました。
モデルちゃんたちも登場して。。。
一目瞭然でトータルコーディネートや三位一体のかわいさなどをお見せいたしました。




終了後に野田専務理事とも。



モデルちゃんもテーブルコーディネートもどうぞ写真お好きにお撮りくださいね〜という私。

フラワーショーのテーブルコーディネート再現しました。

テーブルの写真が今無いのですが、こんな感じの講演でした。

こうして全国の第一線で活躍のコーディネーター、プランナーがお勉強し持ち帰り実践で役立てます。

KAORUKOから流行が生まれると言っていただけるのですが、当たり前でないブライダルフラワー、新しい提案、デザインを常にこうして発信し続けることはとても努力が要ります。
そしてこうしてレクチャーを闘魂入魂で行いみなさんのお役に立つようにと心をこめて講演させていただくのです。出し惜しみしていても仕方ありません。

みなさんがんばってくださいね〜

Posted by: kaoruko
明日はBIAのKAORUKOブライダルフラワーセミナーです。

前期のホテルオークラに続き、後期はホテル日航で開催です。

全国のホテル式場ハウスなどのブライダルに携わる方々20代から50代までが熱い夏を戦っています。
勉強しているのです。
どんなジャンルでも、もう知ってる、もうわかってる、もうやってるから・・・的な人は中途半端な人。
本当の上に行く人は常に学ぼうと向上心いっぱいです。

ブライダルコーディネーター、ウエディングプランナーとして第一線で活躍している人達ばかりが聞き逃すまいとこの夏このようにパワーアップのためのセミナーを受講しています。

井の中の蛙である自分にならないように頑張ってほしいものです。

私も私のできる限りの全てをお見せして全てをお伝えしていきます。

闘魂入魂KAORUKOセミナーここにあり〜
Category: General
Posted by: kaoruko
明日からまた熱い夏が再び。何かと言うとB毅舛離屮薀ぅ瀬襯魁璽妊ネーター(ウエディングプランナー)セミナーの後期が始まるのです。

私の講義は18日です。^^

そういえば、前期の講義でマーケティングの第一人者、江口教授の講義でのこと。

ご自身は絶対に一目見てブランドとわかるバッグや服を身につけないそうだ。

なぜなら自分の価値はこれくらいですといって歩いているようなもんだから。と。

わかるわかる!と私もうなずいた。

そうよね。ブランドのバッグや時計は値段がひとわかり。
十数万から数百万と値がついていたとしても、その値段が公にわかるだけに、「あの人○円のあの時計?あのバッグ?」と人はそう言う目で見ているということを私もある段階から思うようになったから良くわかるとうなずいた。

私も昔はブランドの時計、バッグ、宝石を必ずつけていたけど、KAORUKOとして認知され出すと「○○が好きなんですね」とか言われたりすると、別にこれが最上級に良いと思っているわけではないけど・・・と心で呟く。
そして、自分のその時点での精一杯の背伸びであったりしても自分が進化向上すると上には上があるという上の世界を知りだすと、それらをひっこめたくなったりする。
なぜなら欧米日本の本当のセレブはおいそれとあまり高級ブランドのそれらを持たないということを知る。本当の金持ちは一目でわかるそういうものは持たないものだと上には上の・・のジャンルに方がたから教えてもらったりした。

でも人はその時にそれで判断する。

だから時計も宝石もバッグもほとんどブランドとわかるものは避ける。KAORUKO先生の時計は○○とかたちまち広がるし、それが最上級にそれしかというわけでもないという自分がいたときにわかりやすいブランドはつけるのをやめようと思ったものだ。

いや自分ブランドとか、あとは1000円でも気に入ればそういうものを自信をもって持つ自分がいる。ファッションやトレンドを反映したものとか。むしろそのほうが心地よい。

いつか著書にも書いたけど、エルメスの皮のは高くて持てないけどでも持ちたいという女性の心理をついた数万円の布のバッグが(幼稚園バッグのようなあるいは体操服入れのような)ひところ大ブームでものすごくおおぜいのひとが持っていた。本当に持っている人はこれが大好きで素敵なのかな?と不思議に感じた。

皮の方の数十万〜数百万を持ってたとしてもあの人何色を○個持っているのねとか揶揄されるのを見てきた。
好きで持つ人はそれでいいんだけど、他人が確かにそう言う目でわかりやすいブランドを持参しているとその人の価値をそれで決めてしまうというのを垣間見てきた。

だから自分のことからも周りの観察からも江口先生のポリシーはとても良く理解できた。

エルメスくらいの価値に見られたい、ヴィトン、シャネル・・・くらいの価値に見られたい・・あるいはそれにふさわしい私なのよと。?
そう分析を聞けば、そうかもしれない。

(講義を聴講するまえにごあいさつした時、私は韓国で買った3000円のそこらへんのバッグ・・・バラメリアが装着されているお花のかわいいバッグで一目ぼれしたから・・・を肩から下げていて良かったと〜と胸をなでおろしたものだ)

その程度の価値ですよと自分で言っているようなものだから持たないという主義主張。
潔よくて心地いい。


Posted by: kaoruko
ツイッターを続々とまわりの友人知人が始めている。KAORUKOさんもやったほうがいいよ、いろいろ宣伝にもなるし〜とかお勧めされていた。

が素朴な疑問を抱いていたら、やはり私の疑問に思うようなことと同じ用なことが昨日ニュースで書かれていた。

フォローする人とされる人が明確に表示されて誰でも見ることができるし、フォーローアー何人と記載されているという点は、フォロアーの人数の数万人という人、数十人、数人という段階がいろいろあり、その人の人気度、交友関係みたいなものが出てしまうらしい。なんだか解せない。
それと、つぶやきに反応が返ってきてにぎわうツイートと誰も相手にしてくれなくて、寂しい・・・あるいは決まった数人くらいで、そのやりとりしかない人間関係を露呈しているようなものとツイッターがストレスになり心を病むくらいいのことが書かれていた。

ふむふむ。。。
まぁもう少し吟味してから私もはじめようかどうしようか考えてみよう。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今発売中の25ansウエディング着物号にKAORUKO取材ページが掲載されています。

これはKAORUKOハウスで行われたウエディングです。みなさんはもうおわかりですね。
「始まりウエディングです。」新しい春の息吹の始まり、結婚という始まり、新生活、赤ちゃんご懐妊、全て新しい始まりのこの佳き日を始まりということでウエディングを構築しました。
Posted by: kaoruko
花時間の撮影がありました。
朝の7時〜某場所にて。
何の撮影かもまだ言えません。言いたくてうずうずとしていますが、そしてお見せしたくて仕方ありませんが、まだ我慢です。

発売までお待ちください。
内緒内緒〜

カンパケ後に。。。。
私の右から編集部の高梨さん、小川編集長、私、花時間おなじみの美しい写真のカメラマン山本さん、柳さんです。



肝いりの撮影、弾丸撮影でした。さてなんでしょうか?
花時間始まって以来の企画だそうです。

創刊以来初めての花時間初の試みをKAORUKOでということでありがたや〜〜〜です。

本当に発売を楽しみにしていてください。発売は9月7日です。

*誌面でもおなじみのカメラマン山本さんの写真は本当にきれいいでした。
でも山本さんも、きれいだ、たのしくなっちゃうと、僭越ながらKAORUKOの花に感動してくださり、闘魂入魂で撮影をしてくださいまして、私も感激です。

しまいには私の一眼レフをオートで撮っていたらカメラかしてと言われて微調整して撮影までしてくださり、その画像ったら本当に美しく撮れていて感激でした。!

本当に発売を楽しみにね。

花時間肝いりの特集でござんすから。光栄ですぅ〜
Posted by: kaoruko
25ansウエディングの今発売中の号にKAORUKOハウスでの素敵なカップルのウエディングが取材掲載されています。ごらんくださいね。(下をクリック)
ワンちゃんがリングドッグとして活躍したあの楽しいウエディングです。
Category: General
Posted by: kaoruko
先日のブライダル産業新聞にKAORUKOの新境地が大きく取り上げられています。





暑かった、熱かった。
三食、一汁三菜で日の出とともに起き・・・の2日間です。
いろいろ勉強になりました。


でも帰る途中で思わずこんなにガリガリくんをこんなに買ってしまいました。ダメな私。

いつかも私がガリガリくんを久々にかったとブログに書いたら「KAORUKO先生がガリガリくんを?」と驚かれたり親しみを感じたりのコメントをいただきましたが、それからというもの(私のブログのせいではないけど・・・おこがましい)
いろいろな番組で「この夏猛暑でガリガリ君がバカ売れ」と特集をしていました。

ガリガリ君最高ですよね〜。。。


明日は撮影の前日作業・・仕込みです。
Category: General
Posted by: kaoruko
今日はとあるところにきています。
まだ言えませんが、冷房のないところで暑い中頑張っています。暑いのが大嫌いの私は上海でのあの暑さを体験したら昨今の都内の暑さはmだかわいいものだと思っています。
冷房のないところでTシャツを着て汗をかくことは意外と爽快かもぉ。
上海万博で一生分の汗をかいたと思いますが、引きつづき〜。。。詳しいことはまた!
Category: General
Posted by: kaoruko
今日はとあるところにきています。
まだ言えませんが、冷房のないところで暑い中頑張っています。暑いのが大嫌いの私は上海でのあの暑さを体験したら昨今の都内の暑さはmだかわいいものだと思っています。
冷房のないところでTシャツを着て汗をかくことは意外と爽快かもぉ。
上海万博で一生分の汗をかいたと思いますが、引きつづき〜。。。詳しいことはまた!
Posted by: kaoruko


大阪とんぼ返りでした。
15時25分の飛行機で行きレッスンをして最終便の22時10分の飛行機で帰ってきました。
非常に疲れますが、タイムイズマネー・・だらだらやってられらない私は一日を有効に使いいろいろなことをしてから大阪へと。


みなさん今日のレッスンは少し難しかったみたいです。フラワーデザインの上級くらいのレッスン。ハランの葉組で直線を表現してみました。エキゾチックな夏の花たちで。。

フラワーデザインは★の数ほどいろいろデザインはあるからこういうレッスンも自分の引き出しに入るといろいろなことが表現できるようになります。

↓の用ンあKAORUKOのブライダルの「万人受け」するような素敵な色合いで素敵なかわいい〜的なデザインもそれはそれでTPOですね。


Posted by: kaoruko
遅くなりました〜KAORUKOフラワーショーのショーの方の模様です。



パーティーの模様は来賓の方など先日ご紹介しました。たくさんのたくさんの方がいらしてくださり超満員でした。




ショーの模様です。私のデモンストレーションは割愛します。上海万博と同じ感じなので。

ショー始まりのごあいさつです。
ブーケを組むシーンのみで・・・



こちらは私の担当した花嫁さん達にきていただきKAORUKOプロデュースの極意を体験された方がたの生の声です。

左は帝国ホテルのゆかさん、右はフォーシーズンズの恭子さんです。ブログ読者ならおなじみのうっとり素敵なお二人でしたね〜




ショーフィナーレで舞台全員モデルちゃんです。



上海万博でのかわいい〜を再現なども。





こんな感じでした。ざっとご紹介でした。
Category: General
Posted by: kaoruko
100歳以上の高齢者が次々に本当は生きていなかったとか行方不明だけど誰も気にも留めてなかったとか言うニュースに石原都知事も「日本人も落ちるところまで落ちたね、世も末だ」と話されていたのをテレビで見た。
また外国のメディアも「長寿国は大ウソだった」と報道し、世界の人々は街角インタビューで「日本てそんないい加減なひと達なの?」みたいなある種のショックをうけたとたくさんの国の人が言っていた。

経済だけでなくこんなことまでも「日本という国はとんでもない国だったのか・・・かつて隆盛を極めていたあの国は」と言われ、もはやそれは否定しようのない現実を帯びているということが、この国の一員としてとても悲しい・・・

人がいなくなっても誰も気にも留めない、生きているのか死んでいるのかさえも気にも留めないなどという事実があちこちであるだなんて。知っていたにせよ
弔いもせず、届け出もせずだなんて。



Category: General
Posted by: kaoruko
本日は朝からホテルオークラにてB毅措卉痛/優屮薀ぅ瀬觧業振興協会の夏に一度のブライダルコーディネーター(ウエディングプランナー)養成講座に顔だしをしました。私もこの養成講座のブライダルフラワーの講師なので後ろの隅でいわばスタッフの一員として聴講です。

マーケティングの第一人者でいらっしゃる江口教授の講義を拝聴しいつものことながら本当〜〜〜にためになる素晴らしい講義でした。9時〜です。

「努力と成果は一致する」だから成功している人はみな絶対努力をしているという力説始めとてもわかりやすく「ブランド戦略」についてアッというまの講義でした。

江口教授とは久々の再会でしたが本質を極めた本物のその道のエキスパートの方は違います。

全国から集まったホテル式場ハウスなどのみなさんです。

わたしのブライダルフラワーの講義は18日です。ブライダルフラワーの真髄をお見せします。!

ハイそして・・その後は駆け足で・・・・オークラでランチをいただいた後は青山へと。


花時間さんの取材を受けました。先日もKAORUKOフラワーショーにおいでいただいた編集長始めチームのみなさんです。


ナント凄いお話になっています。
まだ言えませんが「花時間」始まって以来の某・・・企画だそうです。
大変ありがたいことです。KAORUKOさんだから・・・KAORUKOさんしか・・KAORUKOさんだけの・・・・
という内容だそうです。驚きのページ構成ですのでお楽しみに!



そしてそれからは青山1丁目にそびえたつ本物の大邸宅エリュシオンハウスにてウエディングプランナーたちのセミナーをしました。

ここエリュシオンハウスでもKAORUKOのブライダルフラワーが始まります。
百数十組のウエディングをこちらのプランナーたちが担当。KAORUKOはオリジナルウエディングを手掛けていきます。

ここはイタリアンレストランにもなっているのでみなさんもお気軽にきてね。
KAORUKOイズムはもうすぐ始まります。


そしてそれから駆け足で木更津の母校へと。
30年ぶりの再会の西君です。
イヤ今はこの若さで西教頭先生です。お隣はバレーボール部の監督です。
バレーボール部が関東大会出場ということでエールを送りに母校へと行ったのです。(私はテニス部でしたが)

30年のときを経て再会
西君とは木更津高専時代のクラスメートで、「にしがはちバンド」というサザンオールスターズの曲を西君が桑田さんになりきって歌い、私は原ボー役で実はキーボードとコーラス??なんていまでは信じられないような時代もあったのでした。
コンサートとかもやりファンとかもいたのですよ。地元の。^^
懐かし〜などと言いながら。。。同窓会に出たこともなり私だったから。


そしてそれからはKAORUKOアトリエにて23時までお仕事に戻り、次々とやってくる撮影や取材の事前制作などをしたのでした。



何も変わってない校舎。テニスボールを追いかける私、マラソンコースを走る私、プールサイドにたたずむ私、この門をくぐる私。。いろいろな私が時空を貫きそこここにいたのをみた気がした。

あの頃の未来に自分はたっている、。あの頃の夢はかなえたのかな?なりたい自分になっているかな?
などと「夜空のむこう」(スマップ)のフレーズのような言葉が私に降りてきた。

未来は永遠に果てしなく、どんな自分になっているのかも想像すらつかなかったあの頃の自分。
あの頃の私にあったらいまなにを言おう。
あなたの数年後はこうで数十年後はこうで・・と語ろうか?
あのころの自分の恥ずかしくない人生を送って行きたいこれからも。。。

まぎれも無く流れていた30年あまりの時間は一瞬のようでもあった。
 


Posted by: kaoruko
今日は某筋からのご招待でエグザイルのコンサートにお招きいただいていました・・ある意味好きですので楽しみでもありましたが、ナント屋外だというではありませんか・・・汗・・・・やめた・・・熱いのは辛い・・・・。。。エグザイルとゆずのゆうじんさんが、お会いして以来好きになってしまった今の私・・・^^また機会はあるでしょう〜

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
BIA社団法人 ブライダル事業振興協会の夏に一度のブライダルコーディネーター(ウエディングプランナー)養成講座が始まりました。

今年はNPO法人全日本ブライダル協会のほうのウエディングプロデューサー、プランナー養成講座は諸事情から開催は無いのですが、私は毎年両方の協会のブライダルフラワーの講師もおうせつかっていますが、今年はそういうわけでBIAのみのブライダルフラワーの講師をブライダル業界を代表しておうせつかりました。

今回はホテルオークラにて前半4日間開催されます。全国の津々浦々のホテル式場プロデュース会社のオーナーや中堅の方がたが勉強に真剣に参加。
それに何と言っても凄いのは日本を代表する各界の一流講師陣に圧倒されます。
(私のブライダルフラワーも僭越ながら・・・ですが、私なんかはまだまだの未熟者・・・)

井の中の蛙ではなくこうして勉強に参加し広い視野で自分の行っている仕事を省みることは大切です。また都内の一流ホテルはもとより全国のホテル式場、ハウスなどで働くウエディングプランナーどうしの情報交換による自分の仕事を客観的にみるという機会も大切です。




私も時間を見つけては他の先生がたの講演を拝聴しますが、本当に質の高さと奥の深さと、超一流具合の中身の本質度に驚いています。


レジュメもこんなに厚く2センチくらいもあります。そして各講師のこういうプロフィールに続きお宝ものの詳しい講義内容が細かく書かれています。


ホテルオークラの国賓級や迎賓館、皇室の方がたへのプロトコールの奥義秘伝の講義や小笠原流礼法宗家ご本人の講義、ワタベ会長ご本人によるグローバル時代のブライダル戦略、リッツカールトン日本社長によるホスピタリティーサービスとコミュニケーション、ネット社会の事業戦略、国学院大学教授による神道挙式、ブライダル産業新聞社長による業界の話、披露宴の価値創造の技法、ブライダル新戦略などなど・・・そしてもちろん通常良くあるヘアメーク、和装、ドレス、カラー、写真、ビデオ、そして花・・・などあらゆるジャンルにわたり網羅されています。しかもこれだけの講師陣は驚くばかりですが、みなさんがそれぞれ本当に質の高い講義をされるのには私も18日のKAORUKOのブライダルフラワーの講義に身が引き締まります。

そして合計で前半後半と8日のこの講義を通して約100名のこの参加の方々は同期として縦横の繋がりを深めます。

本日は私は自分の18日の講義に先立ちいくつかの講義を聴講しましたが、ホテルオークラという会場で開催だけあり、普通では聞けないプロトコールなど本当に実践でされている方々の話は深みがありました。外国からの教科書で机上の話では無いだけにです。

明日は私は花時間さんとのお打ち合わせと、撮影下見、そして新たに始まるKAORUKOウエディングの会場にてウエディングプランナーセミナーをいたします。


Posted by: kaoruko
今日はフローリストの撮影がありました。
フローリストでKAORUKO連載ページの撮影です。ついにベールを脱ぐか?あの秘伝の作り方・・・・てな感じです。



それからJTBトラベルさんが「KAORUKOと行く●●ツアー」という話の企画にいらっしゃいました。キンツリさんがKAORUKOといくアジアんな旅上海に引き続き韓国」企画があるのだけど、なんと今度はJTBさんからのお話。私はみなさんと諸外国に行き満喫できるのが仕事の一つとなるわけでこれはこれで楽しそう〜です。

そしてそれから・・・


三越本店レッスンです。
フラワーデザイン専科はフラワーデザインの奥義を追求、デザインのバリエーションを夏の花でエキゾチックに。
ローズコースはプリザでスタイリッシュに。
フラワーアレンジメント初級はKAORUKOブランド定番のスタイルを。パリのカラー水をつかって。ZENスタイルは和と洋の融合をプリザのブルーとキラキラ枝KAORUKOオリジナルをつかい。中級はハランを使い和とようの融合を。


7月は上海万博のあとということもあり、レッスンの写真掲載ができないでいたら写真があちこちいってしまい、ついに掲載できなくてごめんなさい。
今日から8月レッスンをちゃんと掲載していきます。まずは三越から。

明日はちょっとしたお楽しみがあります。さて?

08/03: 人として

Category: General
Posted by: kaoruko
最近我が子への虐待事件が相次ぎ胸が痛いと思っていたら、今度は親がいつ死んだかわからないとか、生きているかどうかもわからないとか数十年あっていないからしらないとか・・・家族というものについていったいどうなっているのだ????とやり切れませんよね。

家族という最小単位の社会でうまくやれない人は社会でもうまくできるわけない・・・
ようはどう折り合いをつけながらいろいろな気持ちを抱えつつも赦し受け入れ尽くすかだと思います。
納得できないとかゆるせないとかいう勉強を家族の中でするのだと思います。
一番近いわがままを言いあえるなかだからこそ、どう受け入れるか?
それが自分の人生にも跳ね返ってくる。人間勉強なのだと。
親との関係、子供との関係・・いろいろな学びがありますね。

だからこういう事件は本当に人としてどうなのか?と頭をかしげる日々です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
本日はホテルオークラを自分ちの会議室のように一時間刻みでいろいろなセクションの人や取材が訪れ忙しかったです。
明日はBIAの夏のセミナーがホテルオークラで始まります。だから今宵はホテルオークラにいます。

私もブライダルフラワー講師としておうせつかったので明日は朝、初日ですが顔だしだけしようかとおもいます。

フラワーショーの写真がまだ報告できていません。。。それとレッスン今月は勘弁です!
ごめんなさい。上海万博のあとでレッスン写真をリアルタイムに掲載できないでいたら、もうデーターを探すとこから始まるので、もう無理無理・・・8月のレッスンはちゃんと掲載します。
出演待ちのみなさん〜お許しを。

そして明日は某プロジェクト会議です。



Posted by: kaoruko
夏はやっぱりビシソワーズ。

子供が小さいころから
スープものは欠かせない我が家は夏になると冷製スープ。
時間があるときに作りボールに入れて冷蔵庫に冷やしといてあげると子供たちは勝手に冷蔵庫から取り出し、キンキンに冷えたジャガイモの冷たいポタージュやかぼちゃの冷たいポタージュを皿に好きなだけ入れて生クリームをタラリ〜ンとのノ字にかけて飲んでいます。私の「KAORUKO流アールドヴィーヴィルな暮らし」(DHC出版)からかれこれ5,6年前に出した本にもそのKAORUKO流レシピが書かれていますが。
体に良くておいしくて好きなだけ飲めて元気になりますよ。(飲むというよりかなり濃いからドロロ〜ンと食べる)
今日もジャガイモを10個くらいと玉ねぎ2個と米をぐつぐつ煮込み、ドロドロしてきたらミキサーでつぶし、こしてからウェイパーを入れて、牛乳を入れて、煮込み、後は冷やすだけ。直前に生クリームは好みで。きゅうりのみじん切りなどを振りかけてザクザクいただいてもオツです。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
昨日に引き続き山野理事長の講演でおもしろかった話

GNPが今こそ大切です!
日本が世界第2位の座を中国に渡し・・・だなんていうニュースで良く聞くGNP(国内総生産)ではなく・・・


元気でニコニコぽっくり

だそうです。


元気でニコニコぽっくり逝くというのが老後の理想の逝き方ですね。と。

うぅ^^

おもしろすぎる。
ジェーン先生のお父様で初代山野愛子先生のご長男だけあって、さすが言うことが違う、視点が違う。
人生の機微を語りながらこんなお茶目な話をまじめに聞かせてくださるだなんて。。
ふむふむ。

フラワーショーの写真はまた膨大なのが来たから、その中からちかじか掲載します。
お楽しみに。


Posted by: kaoruko
先ほど隅田川の花火中継番組で大鼓の大倉先生が花火とのコラボで出ていらっしゃいました。メイルで仲間配信のお知らせをいただいてさっそく外出先のテレビから拝見・・・素晴らしいの一言でした。KAORUKOの花とコラボの話はまだまだKAORUKO精進しないとなりません・・・
花火と大鼓の互角のエネルギーのはじけあい、本当にすごかった。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨日の山野流着装サマーシンポジウムで山野理事長の講演がとても面白くとても勉強になりましたので、ここで少しだけご紹介いたします。


【LIFEとは?〜生命、人生、一生、・・・・というような意味。】

構成される字を見たときにLはLIVING暮らし、EはEND終わり、とも見える。その中に挟まれているのはIFもし、もしも、もしかしたら・・・・

これは転じて人生は全て選択である。朝起きたときからもう少し寝ようか?起きようか?歯を先に磨こうか?顔を先にしようか?どの洋服を着ようか?・・・・一日はすべて選択の積み重ね。人生とは自分で自分の人生を一日のうちでも毎日でも選択していることになる。
ならばもし選択を間違えたら?
人生は下り坂と登り坂がある。
下り坂こそまたチャンスである。
人生は登り坂もあれば下り坂もある。
下り坂こそ助走をつけてなお高いところへと行く素晴らしい坂だと初代山野愛子先生はいつもおっしゃっていたそうだ。

そして人生のおもしろいのは「まさか」という坂もあると。
日々選択して道を間違えなければ「まさか!」と言う坂がやってくる。「まさか、こんなことが私の人生におきるだなんて!」と。


【人生はクルクル寿司】
食べたいと思うネタが流れてきても考えているうちにさっと流れて行ってしまう。もう二度と来るかは分からない。誰かにとられてしまうかもしれない。
ラッキーかアンラッキーかはその場でつかむ。
自分次第。
考えてモタモタ吟味しているうちにチャンスは逃してしまいついてない・・となることも多い。チャンスがきたと思ったらサッと自分でつかむ。
その場でつかむことが大切。
その場でつかむ訓練をするにはクルクル寿司は人生の訓練にはいい。

【老後どういうくらしぶりをしているか・・・夢をかなえたり金持ちになっている人は若いときにちゃんと考えて努力していた人】

【虫は下ばかり向いている。人間は上を向いて歩けるんだ。辛い時でも上を向いて歩こう。虫では無いんだから】

以上


私はこれは
〜笑う話ではなくて・・・・苦労の末にご自分で成し遂げた方は日々すべてが天からの教えであると受け止めるものです。
僭越ながら私レベルでもあーここにも教えが転がっていると私も良く思います。だから一瞬一瞬に教えがあると読み取るお力があるのだと思います。


〜まさか!とマイナスのまさかではなくて喜びにあふれるまさかで自分の人生を満たしたいですね!



Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2010-08 >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006