【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


アーカイブ

You are currently viewing archive for 2010/10/01
KAORUKOハウスでのウエディングの様子は素敵すぎなので写真を撮りすぎて、その中から選定し加工しアップし、文章を書くと約4時間はかかります。
でも素敵なカップルのこの瞬間とその時の世界に一つの二人のためのKAORUKOの花をたくさん残しておきたくて毎回ウエディングの後はこうしてあけがたまでやっています。

やっと加工し終わりました〜。ここまで2時間半だわ。

今日は連日の忙殺のためにこの辺にいたします。
素敵な模様は明日掲載しますね!

今日はちょっくら雑誌の掲載記事でもみていておくんなはれ。



今発売中のプリティープリザーブドという本です。


上海万博の記事が大きく掲載されています。
ぜひご覧ください!
先日発刊された「ブライダル産業新聞」です。
この記事がセンセーショナルだったようで、各位からお電話とかいろいろいただき驚きました。

私が上海万博で
「かわいい」の表現のためのドレスをセレクトしてKAORUKOの三位一体のブーケドレスとして中国で発表し日中で話題になり取引したいという声が相次いだのはこのブログ読者なら記憶に新しいと思います。
 
このドレスもいよいよ販売ですが、私としては思いがけずにこれらの上海万博をきっかけにKAORUKOのドレスが出るということから日本のいろいろなメーカーさんから声がかかりまして、本格的にKAORUKOブランドのドレスが誕生する見込みです。

まだ言えませんがなんだか面白い運命の展開です。


よ〜やります。私。


これはなにかって?

「フローリスト」という雑誌のKAORUKO連載ページの撮影です。

今月は今年のKAORUKOのマイブーム『蝶々』
先日の東レPPOテニスでも伊達公子選手もお誕生日に手にしたり、テニスコートを飾ったり、センスの良い流行の先端のお仕事をしている花嫁さんたちのブーケに入れたりしたあれです。
 

ブーケを撮り終わり私の顔写真を撮るというので、「だったら髪の毛につけちゃおうっかな〜」と言って遊び出した私に「良いですね〜」と編集部のみなさん。


「「フローリスト」は花雑誌の老舗本で、全国の大御所の先生や組織や花屋さんなどのネットワークが確実に見ている本なので、「全国の花の先生がたを敵に回しませんかねぇ・・まったくKAORUKOよくやるわとドンビキで・・まっ、いっか」
と私。

というわけで、この号はこんな私が掲載されます。汗


お疲れ様〜と編集部のみなさんと。


撮影終了後、普段着にお着替えしてもまだつけている私。
なんだかとるのがもったいなくて〜。。ととうとう、この日は夜の東京オペラシティーコンサートホールの観覧に行くまでこれでお仕事。
さすがにコンサートにはさすがの私も。。汗


どうかしら?

かわいい?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今年の年明けのパリコレはどのメゾンも蝶々と鳥の羽だった。
私はいつもヨーロッパに何回か行くので、その際の町並みやファッションなどからインスピレーションを得る。
ファッション雑誌を見ても蝶々や鳥の羽。

ある日見つけた鳥の羽で出来た蝶々たち。
ビビビときて早速これらを日本に持ち帰り多くの花嫁さんやコーディネートにつかった。

だから連載ページにも登場させてみた。


「KAORUKO先生は花業界でもトレンドやファッションから、女の子たちの心をわしずかみにしている作品が多いですね。」
「誰が見てもKAORUKOイズムとわかり、で誰の真似でも無い新しくて斬新だから」

とありがたいことに、昨年の終わりに「フローリスト:」編集長から言われて、お話をいただき、こんなKAORUKOページが誕生。
先月はリボンメリアとともに上海万博での模様を掲載。今月は〜と東レの蝶々もあるし、こんなふうに遊んでみました。












終日レッスンの後に25ansウエディングとフラワー号のKAORUKOページについて編集会議がありました。

おなじみのメンバー。。。編集長以下みなさんと。



デジカメから取り込めなくてこんな感じで写メってみました。


25ansウエディングは毎号なにかしらKAORUKOの取材ページ等がありまして、大変ありがたい限りです。

またわくわくする話で楽しかったです。

素敵なウエディングがたくさんあります。ブログでご紹介出来るのは限られているからなかなかいくつかしかご紹介出来ませんが、そういう沢山の素敵なウエディングをこれからも取材していただいたオリジナリティーあふれるものが誌面にでていきますよ〜


今日はKAORUKO隠れ家カフェにて。。。





昨日は今発売中の25ansウエディングのKAORUKO見開き2ページの密着取材の帝国ホテルの花嫁さんをご紹介しましたが、こちらは
同じく
いま発売中のフローリストです。

フローリストはKAORUKO連載ページがあります。
そして今月はこのように大ヒット大人気のKAORUKO考案のリボンメリアをご披露しています。
昨年のば25ansウエディングフラワー号の取材でデザイン提案していらい全国的大ヒットのこのデザインですが、今年の上海万博にももちろん日本のかわいいスタイルということで私が披露し大人気。
そのKAORUKO考案デザイン技法のリボンメリアです。




こちらは上海万博に一緒に同行した雑誌Rayの専属読者モデルの八木麻衣子ちゃん。

インターネットテレビニモテレビもレギュラーですが、日本テレビの読モの番組にも最近出ているみたいです。
今発売中の25ansウエディング会場準備号です。
KAORUKOの取材ページが見開きでこのようにドカンと出ています。小林真央さんの表紙のこの25ansウエディングを是非書店で買って見てね!

ブログ読者なら覚えていますね。あの素敵なキュートな帝国ホテルの花嫁さんです。


こんなに取材記事が大きく掲載されるのは、このウエディングの花嫁さんたちと花嫁さんのトータルコーディネートが素敵だからですね〜きっと。^^手前味噌ですが・・・
本当に素敵な花嫁さんでした。
美、色へのこだわりの鋭い審美眼の花嫁さんのリクエストに私もオートクチュールのデザインを。
本当に当たり前のありきたりの誰でも同じどこでも見たことあるようなというスタイルでは無く自分らしさにこだわった花嫁さんの気持ちに応えて私も頑張らせていただきました!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ノーベル賞の日本人受賞者のインタビューでどなたかが言われていました。


「努力をしなければ幸運には巡り合えない。」

というようなことを。

「われわれ研究者だけでなく、人生とはそういうものではないかと思います」

と。

ほんとほんと。

私も思うけど、
人生は甘くない。そこそこの努力にはそこそこの結果が来るわけでは無く、プラマイ0またはマイナス評価が待っている。
でもやってやってやり続ける、努力努力また努力の先には夢は叶い幸運がやってくる。
あきらめないこと
努力し続けることが幸運への道なのですよね。
それしかないと私も思います。



東レパンパシフィックテニスの舞台裏の裏導線をお見せします。厳戒態勢厳重チェック体制でとても厳しく一般の人は絶対入れない仕組みです。それは


こちらは選手達のプライベート控室に向かう廊下です。
ここはセキュリティーチェックは3のIDカードがないと入れません。
世界の強豪達が普段着でフラッとしていたらり、マネージャー達とくつろいでいたり、試合の時はユニフォームを着て颯爽とここからあらわれます。
この正面がセンターコートに続く廊下だから、その廊下で試合直前は最後のストレッチなどしたりされています。




そう、センターコートへの入口の廊下です。ここは2のIDが内と入ることはできません。これは最終日試合に降りていく選手に渡すKAORUKOの揺れるブーケです。出番をここでひそかに待ついたいけなブーケ達。



インタビュールームです。ここは3,4、のIDを持つ人だけ入れます。
ここは選手たちは試合が終わるとここにきて記者会見を受けます。毎日私は異なるデザインでコーディネートしました。



ここはロイヤルボックス入口です。表玄関は警備、警官がたくさん立っていますが、裏導線も厳しくチェック。ここは1のIDを持つ人だけ許されます。
皇室のかたはじめ、世界の大使、VIP達がご招待でこちらにいらっしゃいます。

皇室の方がご来臨の時は宮内庁からの方がた、警官、SP、白バイ、爆弾処理車、など物々しく配備されます。


厳しいチェックはこうして一日中いまして、決してどんな人でも顔パスはあり得ません。




こちらは、KAORUKOアトリエです、この大会期間中に有明コロシアムにありがたいことにKAORUKOアトリエが併設されます。
そこまでしていただいてKAORUKOフラワーコーディネート担当を歓待してくださりありがたいばかりです。


アトリエの中はこうしてブーケを制作したり、パソコンで事務仕事をします。



こちらは同じく外国からのメディア等のコントロールルーム的なハウスです。
メディアの方がたのくつろぐ部屋はまた別途コロシアムの中に部屋がちゃんと用意されています。


できあがったブーケを颯爽と??運ぶ私と、それをテレビカメラが密着取材をしています。



こちらは朝の花の生け込みをしているころにコロシアムの天井が開きます。光がさし込みます。



ブーケを運ぶ時に出くわしたTBSのキャラクターです。


そして私のIDカードは1,2,3,4です。こんな人や会社はめったにありません。KAORUKOはセンターコート、ロイヤルボックス、インタビュールーム、選手レストラン、スポンサールームの全ての花を手掛けることをおうせつかっていますので、どこでも入れます。この重みを受け止めてお手伝いの勉強参加の生徒さんやスタッフも有難く出這入りをいたします。

このパスカードを常時携帯しています。

こちらはピンクのプリザの揺れるブーケです。蝶々を飛ばして・・・

かわゆす?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
喉の痛みも何とか抗生剤と鎮痛剤のお陰でしのいでいます。

明日はレッスンデーです。








東レパンパシフィックテニスの決勝戦、最終日です。
テレビで見てくださいましたか?

戦う選手たちへのエールを私の花を心ををこめて癒しも込めて10日間テニスコートサイドはじめ大会のトータルコーディネートを担当いたしまして魂を込めさせていただきました。本日は選手が挑む前に華やかに彩るブーケの担当です。

杉山愛さんは今年は大会のトーナメントアドバイザーとして列席。選手たちに堪能な英語でインタビューしたり、今日の決勝戦では優勝、準優勝の選手にKAORUKOのカサブランカの揺れるブーケを渡しました。その深イイ話は後半書きます。


松岡修造さんです。毎年いらしてやはりTBSの中継などされます。
ちょうどコロシアム入りされた時に私が選手入場のブーケを運ぶ時点でばったり。
ごあいさつをして、今年もツーショット^^
ナント、あり得ない偶然?
見て下さい。数あるブーケの中で私がちょうどこのタイミングに運んでいたプリザのこの色のブーケが松岡さんの服やネクタイとおそろい?トータルコーディネートで打ち合わせして並んだ見たいでしょ?^^

相変わらずにとてもさわやかでとてもかっこよくて本当〜〜〜〜〜に素敵な松岡さん。すっかり私は初めてお会いして以来大ファンですぅぅ。目が♡になっている私。汗

不死蝶ブーケをお作りしたクルム伊達公子選手、中高年に勇気をありがとう!私もがんばろ。



これはカサブランカの揺れるブーケ。昨年杉山愛選手が引退式で持たれて世界中に配信され、朝日新聞一面を飾ったあのブーケ。
今年は優勝者に杉山さんが渡すというので、「それならもうこれしかないでしょう!」と、私が考えた演出は「杉山さんからの愛と幸せのブーケ、夢と希望のブーケの勝利ブーケの橋渡し」ということです。^^
勝手に言ってます。杉山さんにもそう言っちゃいました。


この階段の下でスタンバイ。杉山愛さんのために昨年お作りしたのがもういちねんだなんて。
早い、胸がキュンとします。

そしてたくさんの花嫁さんもこのKAORUKOブランドのカサブランカの揺れるブーケを持ち幸せになりました。


表彰式で杉山さんが渡しています。ちゃんとした報道カメラマンの写真が来たらまた掲載します。

物凄いマスコミの数と、シングルスは観客もほぼ満席でした。


ダブルスの優勝直後にコート裏にて。とても私のブーケが素敵だと喜んでくださいました。左のはこれもKAORUKOブランドから発売されるかわいいユリの妖精です。



シングルス優勝の C.ウォズニアッキ 選手。世界ランキング2位でもうすぐ一位の大スターですよ。




選手入場シーンです。こちらはプリザの揺れるブーケです。








シングルス入場はこちらはKAORUKOブランドでもうすぐ誕生するアーティフィシャルフラワーです。



本日は朝からテレビの密着でした。
東レppoのスポンサーのTBSとインターネットテレビのニモテレビです。



今年の大会のインスピレーションでたくさん使った蝶々のアレンジメントを作り込ムシーンを撮ります。


 ちょうちょぅ・・かわゆす。蝶々ほしい?KAORUKOから販売しちゃおっかな?またはやらせちゃおっかな。

モデルのしのちゃんです。
上海万博にも行ったしのちゃんが再び。



蝶々をTBSの中継では番組の始まりシーンはこうして裏からリ花と蝶をなめながら全体の絵を撮ります。ひらひら映るのです。





こちらは記者会見ルーム。


ハイお約束のポーズです。^^汗

今日はね。決勝戦。だから和テイスト満載のKAORUKO ZEN スタイルにしました。
KAORUKOブランドの漆ボールにこんな風にデザイン。
なぜかというと、トロフィーが日本の大会とあって漆塗りの赤と黒のトロフィーなのです。





ロイヤルボックスの花のお手入れも。
そこのシーンも密着しています。



「ここの入り口から、皇室の方や各国大使、スポンサーのVIPの方がたがいらっしゃるので、おもてなしの花として心をこめてお迎えする花を作るんですよ〜と説明中。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
優勝者に渡すブーケは杉山愛選手が昨年もったあのKAORUKOブランドの定番を愛と幸せの勝利ブーケとして今年も作り、橋渡しをしました。

これ以外に幾つものブーケを作るわけですが、選手が何色のユニフォームを着てくるかは知らされていませんが、本当に怖いくらい、適合するのです。

シングルスの選手にはKAORUKOブランドから新発売のアーティフィシャルフラワーのブーケを初披露として、赤と、白のキャスケードを用意しました。

そうしたら、ナント、
サンバイザーまで赤と白!!
あり得ない怖すぎとスタッフたち。

昨年のシャラポワもピンクンに黄色のプリザをしたらドンピシャだったわけで。


連日この10日間は有明コロシアムのKAORUKOアトリエに詰めていたので、明日は少しゆっくり寝て、それから午後はウエディングの打ち合わせです。






昨日のランチのご紹介。
25ansウエディングの博多副編集長です。久々ですがまた今後のわくわくするいろいろなことについてお話に花が咲きました。



ここは表参道のブルガリです。
イル・カフェです。完璧なトータルコーディネートのインテリア、テーブルコーディネート、食事、デザートまで全て。
シャネルベージュもアルマーニもそこへ行けばそのブランドの哲学が五感で伝わるのがレストランやカフェ空間。


私の花とそっくりだったこのデザート。おいしかったです。



さて、本日の東レパンパシフィックテニスです。TBSのこのキャラクターと。KAORUKOアトリエに近くにいたので思わず。


これは昨日伊達選手の独占インタビューの時においたデザインです。
超可愛いでしょ?蝶かわいい??^^


こちらは今日の記者会見です。和と洋の融合スタイルにて。


こちらは昨日のセンターコートのデザインです。
金と赤です。



明日はいよいよ決勝戦です。
TBSが中継をします。
明日はたくさん蝶を飛ばすコーディネートに使用かと考えています。
TBSの中継やスポーツニュースでピンクの不死蝶が映ると思うので是非みなさん見てね!

選手がコートに入場してくる階段の入り口とテニスコートの角におきますよ。

そして決勝戦入場シーンはKAORUKOの揺れるブーケを選手が持って入場です。ダブルス4人とシングルス2人で合計6個のいろいろな揺れるブーケがご覧いただけます。プリザ、生花、KAORUKO考案の造花です。


そして最後の優勝の人にはKAORUKOブランドのあの!あれが登場します。あの人から渡されるのです。
見て下さいね!
おたのしみに!


昨年の杉山愛選手


今日はこんな感じの共通点がありました。
あり得ないくらいの酷似?私のいけたフラワーアレンジメントの花の表現とビジネス会食で行ったブルガリでのお食事のデザートがこんなにも同じだなんて!
このランチの話は明日掲載します。今日はお約束ののびのびになっている東レパンパシフィックテニスのKAORUKOご指名フラワーコーディネートをご覧に入れます!




こちらはロイヤルボックスです。昨年は皇后陛下、秋篠宮殿下のご来臨にあわせてイメージをデザインして心をこめてお迎えいたしました。
さて、今年はこんな感じです。


まずは、水彩画を溶かしたような感じかしら?秋色を清らかにアレンジしてみました。そばで見ていた生徒さんが「お祓いを受けた後のように先生の花を見て、また先生のつくる姿を見てすがすがしい気持ちになりました」と。みなさんはこれいかがですか?


毎年こうしてKAORUKOの紹介パネルがおかれます。大変ありがたいことです。皇室の方はじめ、各国大使(世界を代表して参加の選手たちのお国をあげての応援にいらっしゃいます)
TBSや東レ始めスポンサーのVIPの方たちがご覧になります。



こちらは数日前のものです。
夏の終わりと秋の始まりの融合とでもいいましょうか。。。




こちらは貴賓質、来賓室におかれる花達です。KAORUKO ZENスタイルです。



東レパンパシフィックテニスは、日本で行われる大会として、長年の歴史の中で、優勝準優勝の方に送られるトロフィーは赤と黒の漆で出来たものです。
私もこの大会のフラワーコーディネートの約8割は和と洋の融合という観点の作品を表現することにしています。全てKAORUKOにお任せですが、私はそう考えて世界からの選手やVIP、皇室の方をお迎えするようにしています。


こちらは昨日のものです。センターコートですね。


本日の作品はまた明日お見せいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
大会主催者の方がたが「今年のテーマは?いつも素晴らしい花を楽しみにしています」とお声かけをしてくださる。

和と洋の融合の他に「不死鳥改め不死蝶・・・伊達さんの素晴らしい復活、不死身、蘇り・・です。しかも私の用意した蝶々の色があり得ない奇跡的に伊達さん始め今回の選手の方がたはこの色を使っている・・・と」

「不死蝶!!!」とけっこううけています。

本日の写真にはありませんが、さかのぼってみてみてね。

明日もありあけころしあむにつめています。

明日は本日のランチミーティングについてブログでご紹介します。お楽しみに!







Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2010-10 >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006