【ご注意】このブログに登場される著名人の肖像(写真)、名称(名前)等の使用は、全てご本人または所属事務所にその使用及び掲載の許諾を頂いております。したがいまして、著名人に関する上記の内容を含むパブリシティー権を、ご本人または所属事務所、及びKAORUKOの許可なく無断使用することは、法律で禁じられていますので、ご注意下さい。【メッセージ送信】皆さんからの書き込みができるようになりました。 「コメントを書く」から書き込みをしますと、KAORUKO先生にメッセージが届きます。 ただしこのブログ上では公開はされません。 お返事は個人的にはできませんことをご了承下さい。
「KAORUKOの揺れるブーケへの思い」
「KAORUKOが開拓したブライダルフラワープロデューサーというお仕事」
プロフィール
KAORUKO
ブライダルフラワープロデューサー(フラワーデザイナー・ウエディングプロデューサー)

  • BIA(社)ブライダル事業振興協会(塩月弥栄子会長)
    ブライダルコーディネーター養成講座ブライダルフラワー講師
  • 調査研究委員・少子未婚化対策委員

ブライダルフラワーの第一人者としてカリスマ的人気

日本におけるオリジナルウエディング時代の到来とともに、お客さまと一組一組お会いして、コンサルティング、企画、デザイン、プロデュースを提供するブライダルフラワープロデューサーという新しいジャンルを切り拓いた
1992年以来通算2万組のカップルにおあいし手掛けてきた実績をもとに現在では、日本の花業界では初めて、ホテルにこのノウハウを提供するコンサルティング、CM露出を含めたブランド契約を開始
また、独自で考案発明の「揺れるブーケ」は21世紀のブーケ革命といわれ多くのテレビ番組の特集や女性誌でも特集され、各界のセレブウエディングも手掛けるなど美意識の高い女性から圧倒的な支持を得ている。
人材育成にも力を入れ、日本におけるブライダル業界でのブライダルフラワーの講師を担当。
個人でもブライダルコンサルタント・プロデューサー養成のための、ブライダルフラワープロデューサースクールも1999年より開校、その卒業生は広くブライダル業界で活躍中
海外国内でのショー・エンターテーメント・国際芸術文化貢献
YUMI KATSURA グランドコレクションを1999年より担当し多くの女優を手掛ける
2003年、日本人初のパリコレのフラワーコーディネートを担当しローマコレクションも東洋人初担当
NY、モナコ、中国、ハワイ、ハンガリー、など世界のショーでも活躍
シャネル ベージュアランデュカス東京とのコラボレーションや富士屋ホテル130周年記念ディナーショー・日本を代表する音楽家や美容家、写真家との共演など活躍の巾を広げ、東レPPOテニスにご来臨の皇太子殿下の花を手掛けるなどブライダルフラワー以外の起用も多い
世界で活躍しているからこそいきついた日本人としてのアイディンティーに洋花を融合させる独自の感性で確立したジャパニーズフラワーアレンジメントはKAORUKOスタイルとして評価を得ている
中国では外国人初の新聞連載をもち日本を代表してブライダルフラワーの指導にあたるなど日本の芸術文化の交流にも貢献している
KAORUKOブランド
取り扱い
  • 三越日本橋本店5階ブライダルサロン
  • 三越ブライダルインデックス巻頭ページ
KAORUKO直接レッスン
三越本店カルチャーサロン・横浜プライベートサロン・大阪NHKカルチャー・読売神戸文化センター・木更津ローズ&マリーアトリエ
著 書
  • 「KAORUKO花スタイル」(アシェット婦人画報社 25ansウエディング)
  • 「KAORUKOのアール・ドゥ・ヴィーヴルなくらし」(DHC出版)
  • 「KAORUKO Style Flower Arrengements」(誠文堂新光社)
  • 「夢をかなえる仕事術 〜幸せを呼ぶ法則〜」(誠文堂新光社)
  • 「ハッピーセラピーKAORUKOの幸せを呼ぶ法則」(KKロングセラーズ)
  • 「Wedding Plannerへの道〜幸せを呼ぶ法則〜」(オータパブリケイションズ)
  • 「花人・薫子の世界」(芳賀書店)
  • 「KAORUKOのフラワーフィール 〜幸せを呼ぶ法則〜」(モデラート)
  • 「あした薫子」著者:山下美砂子(文芸社)
主なテレビ出演・雑誌取材
メディアページ参照


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 177 | 178 | 179 | 180 || Next»
Posted by: kaoruko
本日は、三越本店のカルチャーサロンのKAORUKOレッスン日。

世界のフラワーデザインフレッシュフラワーコースです。
30人の生徒さんを一揆にご指導の日。といっても、手抜きはしません。
一工程の度に端から端まで、一人ずつ手を加えます。私もものすごい集中力で一人一人の作品に向き合うので、30人を何往復しても、「さっきはこうだったけどここを直したからほらよくなったわね」などと、伝えると、全部覚えているんですか?ト皆さん驚愕されます。

そういうわけで、終わる頃には汗だくですが、この日のためにOLの皆さんが仕事を切り上げたりして、駆けつけてくださり、とても楽しみにしているとのことですから、私としても、昨日ロンドンから駆けつけるくらい(笑)気合を入れております。

いつも元気をもらった!とか、楽しい、癒されると、みんなキラキラしてお帰りになる姿に接し、なんだか、花をとうして、何を学ぶのか?・・・・そう、「心」を私はお伝えすればいいんだと、思いながら。。。今日も楽しく。

プロコースとは違って、趣味からはじめるコースだから私も優しくご指導いたします。
でも、いつも基本〜応用まで一回で2度美味しいレッスンにしています。
楽しい、素敵、+技術もしっかりレベルアップを目指して!!

さあ、レッスンの開始です!まずは私のレクチャーを目の前で見るためにみんな集まって三越日本橋本店カルチャーサロンは新館9階にある素敵な空間。生徒さんは、どんどん増えて、満員御礼。キャンセル待ちの半年待ちです。ありがとう。私も頑張るからねっ。突然ですが!!!この写真不思議ではないですか?『先生のオーラでしょうか?』と夜遅くまで本日のこのブログの為に写真を取り込む作業をしてくれていた秘書の上村が言いました。本当、後光がさしているのかしら?ひょっとして私って観音様??なんて私たちって幸せなやつって言われそう。デモなんでしょう?マイクで、こうして授業です。真剣なまなざしの皆さん。この用に一人一人回ります。。。作品て、その人らしさが出るんです。同じ花使っても。だから面白い。今日の作品たち。テーマは<パリのあじさいを使ってマスアレンジ>
・・・KAORUKOのマイブームのあじさい(詳しくはこのブログをさかのぼってね)を使って。
 *あじさいホワイト、グリーン、*芍薬(しゃくやく)ホワイト*スモークツリー*KAORUKOブランドリボン

マス(かたまり)で、もっこり丸く、パリっぽく入れた後は、応用編として、マス+ラインとして、流れも挑戦。

あじさいは、1本数千円もするし、あじさいもスモークツリーもオシャレな花は普通にどこでも取り扱っていないので、このレッスンはいつもこんな風に、めずらしい花や、センス溢れる花たちをふんだんに使うンです。

皆さんの喜ぶお顔に私もうれしく、ロンドンから戻ってきた甲斐がありました!
明日はまた残してきた仕事を続けるためにパリへ旅発ちマス。!!

・・・・んなわけないか。お疲れ様!!
KAORUKO



Category: General
Posted by: kaoruko
さっき成田に着き、自宅へ。

予定を変更して、今回は、短い旅となりました。
明日は三越本店のカルチャーさんの生徒30人の日。皆会社帰りにKAORUKOレッスンを楽しみにしてくれているから、休むわけにはいきません。

今回は、ロンドンのみ。
また報告は、順次いたしますです。

今日は、帰国後、早速この間の出来事を各セクションごとが報告に。
会議会議。ふmmふmm。ふmmふmm。。
といった感じでした。その後、機内までやっていた執筆の仕上げ。明日、12時に編集者がとりにいらっしゃるというから。。。

さっき終わったからこれを書いてますが、さすがに、もう寝ます。明日もだって、8時から絶え間なくアポがはいっているのです。

ロンドンは終日晴れ。花々が咲きほこり、とても美しい毎日でした。(着いた日は、イングランド戦のまっ只中で、町中WooWooWoowoooooと盛り上がっていましたよ。)詳しくはまたね。

写真とってきましたので、明日からお楽しみに!!
KAORUKO


Posted by: kaoruko
ロンドン、パリに行ってきます。!ホテルのパソコンなどから、もし、余裕があったら、書き込みしますね。一応のぞきににきてくださいね。!
出発前の私、玄関アプローチにて。
         昨日おこった不思議な話

かねてより、「魔法使いみたい!」ト言われることが多いのです。私の著書を読んでくださった方はお分かりでしょうが、思った事、念じたことが現実になります。イメージで、描いたことが、目の前に現れる速度が、このごろますます加速していて、KAORUKOさんの求心力は、凄いと私の近くにいると、皆さん驚きます。

昨日のことです。
おそらく講演をして、パワーやオーラを出しながら、頑張るのですが、その流れで帰宅した時のことです。。。。こういうときは、いつもよりパワー炸裂という感じです。空気が動くようなかんじだと、皆が言います。

昨日のセミナーの帰りに、KAORUKOブランドのライセンシーの会社の人たちと、次回の新作の宝石デザインについて会議に。
KAORUKOブランドのいつもつけている、3連の桜のモチーフのピアスが、もう3ヶ月もなくて、なくしたんだとあきらめ、この人たちになくしたとも言えずに(KAORUKOが広告塔として、このピアスをつけるのが、いわばライセンシーとのお約束。)真剣に初めて真剣に、「出てきますように!!」とあせって心にイメージして、目の前にあるかのごとくイメージしました。

そしてもうひとつ。
ある開発中の素敵なもの(まだ内緒ね)を実は今特許申請しまして、コレが申請できたかどうかで、特許申請中と商品に印刷できるのですが、どうなったか?ということを尋ねられ、うーむ、確認しなきゃ、と思い、自宅へ。
ナント!私のいつも原稿を書く机に行ったらそのピアスがあるではありませんか!?そして、私がつくやいなや、ファクスから、ダダダーッと、特許申請書類が届いたのです。!
答えがまたやってきたんです。
ピアスにについては、実は、書斎を今日掃除していたお手伝いさんが棚の上から、ザザーッと、いろいろ落ちてきて、そこに、もう使っていないカチューシャと一緒になって袋に入れてあったというのです。それで、机に置いといてくれたというわけです。
絶妙なタイミングで、現れたピアス。更に、3日前から探していた保健証も一緒に落ちてきたって!
凄い凄い!!今日は3つも引き寄せたわ!!とルンルンしていたけど、コレって単にちゃんと整理してればよかっただけか?と冷静にシラッとも一瞬なったり。(汗)

こんなことが、よくおきます。
あの人、元気かな?と思うと、電話がなってその人だったり、何年も会っていない人を思い浮かべて、歩いていたら、あうはずもない街角で、1秒ずれていたらあえない出逢いをしたり、あれ食べたいわね。と話していると、ぴんぽーんと届いたり、これらの出来事はいわば入門編。こういうことが日常茶飯事におきだしたら、意識をしていくと、あら不思議、!!どんどんイメージしたことが現実になってきますよ。
それでは又、!!行ってきマース。
KAORUKO

06/13: (社)日本ホテル協会セミナー講師の日

社団法人日本ホテル協会の幹部育成セミナーの講演の日。全国の日本をリードするホテルの方たちが会員の明治42年設立された協会です。会場は京王プラザホテル42階。


ありがたい事に105名の定員オーバーとの事。がんばらなくっちぁ!テーマは「集客・成約率・客単価の向上を促進させるセールス・マインド」などというテーマでした。・・KAORUKOが一生懸命やってきたことをお伝えすればいいのだと、臨みました。皆様真剣なまなざしで聞いてくださいました。ありがとう  後方スクリーンは、極上セレブウエディングの密着シーン(同じものがKAORUKO公式ホームページに。クリックしてね。)  私も一生懸命でした。右にあるのは、KAORUKO発明デザインの宝石のブーケの引きずるブーケ。ドレスのようにブーケもトレーンを長ーく引いたらどんなに素敵でしょう!と考えました。昨日のヴァンサンカンの撮影もコレです。こんなの見たことなーい!!が今の時代のキーワードと考える私。  1時間10分の締めはKAORUKOの発明ゆれるブーケのデモを。巡業のように地方のホテルなどのブライダルショーでもいつもやらせていただいているので、作る早さに磨きがかかって記録更新中。(笑い)今日は、5分もかからなかったみたい。手から鳩を出すようだとよく言われます。  講演も無事終了して、控え室でホッ。。  コレはKAORUKOオリジナルの宝石のトレーリングブーケ(この名前も命名した、・・)記念に新居に飾っておけるのもコンセプト

  こんなに長くて素敵なこのブーケは女優オーラのお手伝いにお役立ち・・・後方は、窓の景色、さすが42階。ニューヨークのような景色です。京王プラザホテルは老舗の歴史に更にリニューアル効果で、洗練が加わりました。  本日活躍のブーケたち。お疲れ様!  

KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花story  vol4

わざわざ行くレストラン   シェ松尾松涛にて 2003

ミシュランの三ツ星レストランはパリから8時間もかかるこだわりの一軒家も多く、わざわざ行くレストランも多いらしい。   1度聞いただけではたどり着けない、渋谷とは思えぬ閑静な住宅街松涛にある、わざわざ行くレストラン、シェ松尾。オーナのこだわりで見つけたというツタの絡まる旧家屋。歴史を刻んだこのレストランは数々のお忍びの来客をもてなしてきた。
このレストランにあった花を、という雑誌の依頼から訪れた私が迷うことなく選んだ花たち。ブラックティー、ロワイヤル、ショコラ、チナス、、、秋の優しい光に美しく溶けたボルドー色の花たち。溢れるようにこぼれるようにアレンジしてみた。
KAORUKO

セレブの愛読書ヴァンサンカンのウエディング誌の撮影です。
横浜ランドマークタワーの超高層階に位置する横浜ロイヤルパークホテル66階、知る人ぞ知る300屬猟狭覯撻蹈ぅ筌襯好Εートルームです。天皇陛下や、世界のVIPがお泊りになるこの部屋。私はここが大好きで、これぞという作品撮りに、使わせていただいていました。それが、このホテルで、KAORUKOのウエディングの花ができるようになったから不思議なご縁を感じます。

ドアを開けるとリチャードギアが紅いバラを背中に隠して、私へ差し出してくれた。。。。こんな感じなんですこの部屋は。まさに映画プリティーウーマンの世界。

優しい光が入り込む部屋のガラスのテーブルに合う花たち。ベージュや、ホワイトのバラにあじさいやスモークツリーをあわせて。エレガントだけど透明感を意識して。コレがリビングの全景スゴーク広いでしょ?  ナフキンにはKAORUKOブランドのリボンをあしらって。KAORUKOブランドウエディングの証。  本番前に最終チェック。このシャンデリアも素敵  KAORUKOのショットも撮るということで。・・私の背中の丸い木のむこうには、キングスダブルベットルームや、大理石のお風呂、ガラス張りのトイレroomかなり広いパウダールームへ続ク大きな廊下が広がる    お疲れ様・・左から横浜ロイヤルパークホテル広報笑顔の素敵なの釜本さん、私、知的で優しいヴァンサンカンウエディングの博多さん、横浜の名士ハマフローリストの吉田社長、信望厚い素敵な横浜ロイヤルパークホテルの笹井営業部長、カメラマンさん素敵にとってくれてありがとう、ほんわか明るいスマイルアンドアソシエイツの菊岡さん  このショットは、さっきのガラスのテーブルを背にして。まだこーんなに広い。この花は、KAORUKOブランドで売っているRUCOパールというジャラジャラパールと、ダイアモンド形のクリスタルを使って。女心をくすぐるデザインもKAORUKO流  次の撮影のブーケを作っています。出来上がったブーケを手にくつろぐ私。ネッ素敵でしょ。反対側からガラステーブルを臨む。    さっきの説明の広い廊下です。廊下側からリビングを見てみるとこんなかんじ。生まれたてのブーケも一緒に モデルちゃんの撮影。「ブーケはこう持つのよ、わーきれいね」  コレは初公開KAORUKO直筆デザイン画。KAORUKO流のスタイリングで。   デザイン画どうりに仕上げてくださったのは、ヘアーメイクは、トニータナカ先生のチーム。さすがセレブの御用達チーム。ドレスは、やっぱりYUMIKATSURA..ヘアーにつけたのは、ローズメリア。こんな風にとても大きくポンとつけるのを去年からいろいろな雑誌の取材のたびに掲載し、流行がうまれたの。今日は、ジュリア、ケリー、ブルゴーニュ、というバラたちで。手のブーケは、これぞ!KAORUKO流。コレも去年流行をうみだしたといわれる、パールをトレーンのように長く引きずり、ゆれるブーケにしたKAORUKO命名トレーリングブーケ。KAORUKOだけのオリジナル。KAORUKO関連で、手に
入ります。   無事撮影が終わり編集部の博多さんとハイ!チーズ!絵になってるわね。後ろのモデルちゃんが。    うーん残念。暗い・・・いつも黒子で頑張ってくれているKAORUKOスタッフで、せっかく撮ったのに ・・・  人物撮りの巨匠カメラマンと。ポラで、見たら最高に美しい写真になっていて、感激!  突然ですがさっきの部屋の窓からは横浜が360度一望できるの。私の作品も見てみて。   ほっと一息お茶してます。かわいいブーケを子供の用に大切にそばに寝かせて。 
7月14日発売の25ans ウエディングをこうご期待!!
また、8月31日のKAORUKOフラワーショーに25ansウエディングを見てショーにいらしてくださった方に抽選で、一組さまにこのロイヤルパークホテルの宿泊券をプレゼントいたしまする。
(この部屋じゃないけど ) 是非来てね!!!!!KAORUKO 


                                   
KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花Story vol3


麗しの紫スウィートピー/2006東京グランドコレクション                                         


春の到来を告げるスウィートピー。
和名は麝香草。(じゃこうそう)
名のごとく魅惑的な香りだ。
時に妖しい香りは、花束に顔をうずめて、思い切り深呼吸したくなる・・・そんな香り。
こんな紫色はめずらしいけど、今年一番に恋した相手。
KAORUKO

Posted by: kaoruko
とても遠くてとても大変な場所にあるのに、わざわざ行きたくなる場所がある。

ロンドンも、観光客がかならすガイドブック片手にいく中心地のストリートにある、軒並ぶショップを卒業したら、地下鉄を乗り継いだ、例えばコベントガーデンの幾筋ものいりこんだ小道にある、こだわりのセレクトショップなどへ、わざわざ行きたくなるものだ。
このごろ私は、そういうところで、きらっと光る何かを買ったりするのが楽しみだ。来週からのロンドン、パリへの、仕事と私事への旅が目前のせいか、こんなことを考えたり。。。

話は飛ぶが、今日は自宅サロンレッスン日。
生徒さんはわざわざ遠くからここに来てくれる。KAORUKOがまだ旗揚げしたばかりの頃は、都内の一等地、オシャレで交通の便も良い場所として、代官山や恵比寿、青山などにマンションをかりたりして、お教室にしていた。月日を経た今、都内からも関東全域からも、北海道も沖縄も東北も四国も、皆さん、ここ横浜自宅サロンに来てくれるのだ。横浜駅からもたくさん乗り継いで、小高い丘にある、KAORUKOサロンへ。いったい何回のりついで、どれだけの時間を費やしてここまでたどりつくのだろう。羽田からだってたいへんだ。

デモ、わくわくする、ドキドキする、癒される、元気になる、月曜日から頑張れる、運もあがる、、、、と、みなさん口々に言い、はつらつとして帰っていく。
花をとうして、何を学びにきているのだろう。
でもうれしい事だ。わざわざ来たくなる場所として、KAORUKOハウスがあることが。
KAORUKO

Category: General
Posted by: kaoruko
  数日前に作曲家の渡辺俊幸先生のお話を書きました。

先生のブログにKAORUKOが登場してますのでご覧下さい。http://www.toshiyuki-watanabe.com

さだまさしさんのCDを音楽プロデューサーとして、担当されていて、そのさだまさしさんの話題と、8月公開の『UDON』讃岐うどんの話らしい・・・の音楽担当されていて、その映画の本広克行監督の話に挟まれた形で、KAORUKOが登場しています。ブログの輪がこうやって広がっています。われながら良いタイトルでしょ?今日のタイトル。言い当て妙。
これらの『わ』の漢字はどれも、ブログにあてはまりますね。

そもそも、ブログをはじめまス。と宣言してはや、2年凍結していました。・・・というのも、戸惑いでした。KAORUKOは神秘のヴェールをかけた方が。。。と。作品で勝負ということで。

でも、このごろ、KAORUKOがテレビにでたり、執筆をしたり(スピリチュアル系や道徳系や、私の半生や)と同時に、KAORUKOに癒されたとか、花の作品もだけどKAORUKOのライフスタイルや、生き方に興味を持ってくださる女性が増えました。 
また、ブライダルフラワーのKAORUKOがリビングの花も提案し、パリで出会ったアール・ドゥ・ヴィーヴルの提唱を日本に伝える役目として、だったら、KAORUKOの毎日を、こんな事やって考えて生きてますみたいな事をお伝えしていくべきかしら?と。

自分が始めたら以外と、アーティスト仲間もされていて、面白いですね。表現する生業の立場として、ブログも一種の作品になってしまうようで、手が抜けずに、没頭してしてしまったりして。
「KAORUKO先生いつ寝てるんですか?」と何年も尋ねられますが、ますますねれないわ。・・でも意外とブログ書き込みを逆算して、夜の仕事をセーブしたり・本末転倒ですね。(汗)
KAORUKO



玄関前青空アトリエにて。(笑)わー素敵なあじさい!ヨーロッパから届いたばかりなの。くすんだ微妙な色合いに大感激!。。。一年で、数千本は注文する(グリン、ホワイト、ボルドー、秋枯れ、紫、ブルー、etc...).
   今日の午後からは、特別レッスン日。秋田から、短期集中で、生徒さんがきてるので、土曜日もやることに。   そこへ飛び入りで入れたラッキーな千葉の生徒さんサロンでのレッスン風景。癒しの音楽を聴きながら・・もちろん渡辺俊幸先生のvoice of Heaven〜  作品を手に幸せそう。左は、まだ、入会2回目の初級のゆれるブーケの恵さん。右は、秋田のKAORUKOをめざす天使ライセンスのもりえさん。いずれも生花。泊り込みで、がんばって(ホテルに)美しいゆれるブーケが上達上達!  恥ずかしいからと。でもブーケはきれいね。  もーりんさんのプリザーブドの揺れるブーケのレッスン中。この手つきがKAORUKO流。。手取り足取り伝授します。ゆれるブーケは・花嫁の歩みに合わせてドレスやベールと一緒にゆれる・ドレスがブーケ越しに透けて見える透明感、そぎ落とした洗練・どこからの視線にも美しい立体感  KAORUKOサロンは今日は曇り。日本の紫陽花が咲いてます。












KAORUKOアール・ドゥ・ヴィーヴル花story vol 2

パリで恋したあじさい    パリの花市場にて


かれこれ4年越しの恋煩いだ。
パリで一目ぼれしたあじさい。
日本と違って、いたるところオシャレに存在しているあじさい。切花使用だから庭の紫陽花と違って長持ちするしおしゃれで、圧倒的に美しい。
日本でも通年輸入で入るようにはなっているけど、まだまだ知られていない。大好きだから何かと使う私。
「日本で、かおるこ先生が一番注文して、使っていますよ」と、ヨーロッパからのあじさい輸入業者の人が言いました。
流行はここから生まれる。。。だって恋しちゃったんだもん
KAORUKO
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 177 | 178 | 179 | 180 || Next»
Facebook   KAORUKO Facebook
ページはじめました。
多くの「いいね!」
お待ちしています。
KAORUKO Facebook

(個人)KAORUKO SUGIMOTO個人 facebookへのアクセスはこちらから・・
お友達を見る・お友達になる・・・・お友達リクエスト・いいね!ボタンお待ちしています。
(アーティスト)KAORUKOの活動は、facebookページ(ファンページ)をご覧下さい・・
多くのいいね!お待ちしています。


KAORUKO 密着取材です!
KAORUKO密着取材

〜Wedding Park
『Editor’Choice』 トレンド情報チラ魅せ
うえぱ編集部ちょい得Diary より〜

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(新郎新婦編)
http://www.weddingpark.net/diary/88

●フラワーデザイナーKAORUKOに
 密着取材!(ブーケ編)
http://www.weddingpark.net/diary/87

KAORUKOウエディング
ご注文・ご相談 お問合せ先
メールはこちらをクリック
03-6447-2287









カレンダー
< 2019-07 >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

25ansウエディング
結婚準備スタート
2011秋

発売中


25ansウエディング
ドレス2011春夏

発売中

2011年2月15日開催
KAORUKOブーケドレスショー
読者15組30名様
ご招待

百日草のはなよめ
2011年2月号

発売中

フローリスト 2
FLORIST
2011年2月号

発売中

25ansウエディング
ブライダルフラワー
vol.7

発売中

フローリスト 1
FLORIST
2011年1月号

発売中

25ansウエディング
結婚準備スタート号
2011春

発売中

フローリスト10
2010年10月号

2010.09
ウェディングブーケ
&花飾り Vol.17


2010.09
花時間10月号
22年秋号


2010.07.22
25ansウエディング
ドレス2010秋冬


2010.07.02
25ansウエディング
花嫁のきものvol.4


2010.05.08
フローリスト 6
FLORIST


2010.05
25ansウエディング
大人婚ol.3 冬


2010.03
25ansウエディング
2010秋
BOOK in BOOK



2009.11
25ansウエディング
ブライダルフラワーvol.6



2009.11.07
花時間プ・リ・ザ
Volume 4



2009.10
25ansウエディング
2010春



2009.9
フローリスト 10
2009年10月号



2009.9
ヴァンサンカン
2009年10月号



2009.7.22
25ans ウエディング
ドレス2009秋冬


2008.12
25ansウエディング
ブライダルフラワー


2008.05.07
花時間
2008年 06月号


2007.03.06
25ansウエディング
エディターズBLOG

KAORUKO
花・癒し・幸せ
壁紙が出来ました。

KAORUKOの幸せを呼ぶ法則―ハッピー・セラピー
KAORUKOの
幸せを呼ぶ法則
-ハッピー・セラピー
(ムックの本)

KAORUKO流アール・ドゥ・ヴィーヴルな暮らし
KAORUKO流
アール・ドゥ・
ヴィーブルな暮らし


「花も花なれ、人も人なれ」(角川書店) 「花も花なれ、
人も人なれ」
角川書店

渡辺俊幸ベストMelodies 渡辺俊幸
ベスト
~Melodies~

神奈川新聞 経済面 ざ・社長
神奈川新聞
経済面
ざ・社長

25ansウエディング
25ansウエディング
168頁・169頁掲載
KAORUKOフラワー
コレクション2006